サンティーニ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2015年3月27日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主有限会社 ターフ・スポート
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績 2戦[0-1-1-0]
総賞金410万円
収得賞金0万円
英字表記Santini
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
オリジナルスピン
血統 ][ 産駒 ]
Machiavellian
Not Before Time
兄弟 インカンテーションソルモンターレ
前走 2018/01/14 3歳未勝利
次走予定

サンティーニの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 中京 7 3歳未勝利 芝1600 157124.723** 牡3 56.0 松若風馬羽月友彦500(-4)1.36.3 0.135.0④④④リバティハイツ
17/12/24 阪神 6 2歳新馬 芝1800 9887.032** 牡2 55.0 松若風馬羽月友彦504(--)1.50.5 0.634.1ダノンマジェスティ

サンティーニの関連ニュース

 12月24日の阪神6R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、今年の皐月賞馬アルアインの全弟ダノンマジェスティ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が和田竜二騎手に導かれて完勝。単勝1.4倍の断然の人気に応えた。タイムは1分49秒9(良)。



 内の5番手に控えていたダノンマジェスエティは直線で大外に持ち出されると、一気の差し切り勝ちを収めた。ダート重賞6勝のインカンテーションの半弟サンティーニ(3番人気)が逃げ粘って、3馬身1/2差の2着。さらにクビ差の3着には道中2番手につけていたボルティモアが入った。オークス馬シンハライトの半弟で2番人気だったシンハラージャは4着。

 ダノンマジェスティは、父ディープインパクト、母ドバイマジェスティ、母の父エッセンスオブドバイという血統。



 ◆和田竜二騎手「調教で少し掛かるところを見せていたので心配しましたけど、しっかりと折り合ってスローペースにも対応してくれました。外に出してから左へ行く若い面を見せましたが、これはトモがしっかりとしてくれば違うでしょう。能力は高いと思うので、長い目で見ていきたいですね」



★24日阪神6R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

サンティーニの関連コラム

関連コラムはありません。

サンティーニの口コミ


口コミ一覧

独断レース回顧(12/24版)

 マリオおっさん 2017年12月25日(月) 21:24

閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 0

阪神
1R→ほぼ平均ペース。未勝利でこのペースだと力がある先行馬に分があった。そして4着までの力が少し抜けていた。そして、5・6着は着を拾った感。
2R→やや早いペースだった。1200mでこれぐらいのペースだと先行馬が残るのは分かる。ただ、勝ち時計を見る限り、レベルが低いレースだったか。
3R→やや早いが、短距離としてはそこまでのペースではない。逃げ馬がバテただけで2〜5番手の馬で決着。マイティスピリットはまた出負けしてまた敗北。能力はあるが、噛みあわせが難しいのか。そして内容が良かった馬が上位独占したあたり、大敗組は今後も厳しいか。
4R→きれいなイーブンペース。コース形態的に先行馬が粘るところに内回りでしんがり一気を決めたウインラナキラ。長めの距離が合っているのか。そして、2着が謎の逃げを打った馬の逃げ粘りであることも考えるとレベルも疑問。
5R→障害戦。あまり触れないレースなので回顧も軽く、メメニシコリは使いすぎか。レベルはそこそこありそう。
6R→まずはサンティーニのゲートセンスの高さが光った。ペースは超スロー。この展開で差しきったダノンマジェスティはかなりの大物感。シンハラージャも展開を考えると悪くない内容。やはりこの2頭が力があったレース。
7R→短距離としてはやや早い程度のペース。逃げたバレーロは普段と違う脚質のせいか、出負けしたカムカムを含む3頭に差された。ただ、このメンバーなら力上位ではあったか。全体的なレベルは相変わらず低め。
8R→前後半が完全なイーブン。ラボーナは鞍上が変わったのが悪かったのか、前回がフロックなのか…。内容的には勝ち馬より2・3着馬のほうが濃い感。
9R→スローペース。前回同様に早めに動いたアドマイヤアルバだが、また詰めの甘さを露呈してしまった。能力はあるだけにきっかけ一つで化けそうだが。差し切ったサンラモンバレーは内容はいいが、相手がアドマイヤアルバ以外弱かったのもある。
10R→ここは大逃げが見られたが、逃げ馬でやっと平均ペース、後続はスローペース。ビートブラックの天皇賞の再現かのように、番手のガンコが抜け出し、ラヴィエベールはまたまた2着。展開が向けばいつでも圧勝する力はあるが。サトノリュウガはもっと馬体の成長がほしい。
11R→スローペース。菊花賞組に疲れを心配したが、全くその心配はいらなかった。さらには能力的に4着までの力が違った。
12R→雨が降り出したが、それでもハイペース。結果先行勢は苦しくなった。粘ったラインシュナイダーが一番の好内容。先行馬の巻き返し要注意。
中山
11R→有馬記念。別の日記で詳しめに。ただ、スローペース。キタサンブラックは有終の美を飾る悠々の逃げ切り。ただ、今後の競馬界を担う2着以降で同じく引退のクイーンズリング、スワーヴリチャードによる斜行があり、結果が乱れた。被害馬のシュヴァルグラン、トーセンビクトリー、サクラアンプルールは不利がなければもう少し上位には入れていたか。

サンティーニの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サンティーニの写真

投稿写真はありません。

サンティーニの厩舎情報 VIP

2017年12月24日2歳新馬2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンティーニの取材メモ VIP

2018年1月14日 3歳未勝利 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。