注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

エアロヴェロシティ(競走馬)

注目ホース
エアロヴェロシティ
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年9月8日生
調教師P.オサリバン(香港)
馬主N.ヨン
生産者
生産地
戦績 1戦[1-0-0-0]
総賞金9,878万円
収得賞金0万円
英字表記Aerovelocity
血統 (No Data) (No Data)
(No Data)
(No Data) (No Data)
(No Data)
兄弟
前走 2015/03/29 高松宮記念 G1
次走予定

エアロヴェロシティの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18246.541** セ7 57.0 Z.パートP.オサリ524(-16)1.08.5 -0.134.3ハクサンムーン

エアロヴェロシティの関連ニュース

 香港ジョッキークラブが『2016年 香港国際諸競走』(12月11日、香港・シャティン競馬場)の選出馬を発表した。馬名の前の3桁の数字はレーティング。 【香港ヴァーズ】(4R、GI、3歳以上、芝・右2400メートル、優勝賞金940万5000香港ドル=約1億3400万円、発走予定時刻14時=日本時間15時)123ハイランドリール 牡4歳 アイルランド・A.オブライエン厩舎118シルバーウェーヴ 牡4歳 フランス・P.バリー厩舎117ビッグオレンジ セン5歳 イギリス・M.ベル厩舎117イラプト 牡4歳 フランス・F.グラファール厩舎117サトノクラウン 牡4歳 日本・堀宣行厩舎116ヘレンハッピースター セン5歳 香港・J.ムーア厩舎114ガルリンガリ セン5歳 フランス・C.バランドバルブ厩舎114ワンフットインヘヴン 牡4歳 フランス・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎112フレイムヒーロー セン7歳 香港・L.ホー厩舎110ベンジニ セン7歳 ニュージーランド・A.ブル厩舎110イースタンエクスプレス セン4歳 香港・J.サイズ厩舎108アンティシペーション セン5歳 香港・A.クルーズ厩舎115ヌーヴォレコルト 牝5歳 日本・斎藤誠厩舎109スマートレイアー 牝6歳 日本・大久保龍志厩舎 【香港スプリント】(5R、GI、3歳以上、芝・右1200メートル、優勝賞金1054万5000香港ドル=約1億5000万円、発走予定時刻14時40分=日本時間15時40分)119エアロヴェロシティ セン8歳 香港・P.オサリバン厩舎119ラッキーバブルズ セン5歳 香港・K.ルイ厩舎119ペニアフォビア セン5歳 香港・A.クルーズ厩舎118ノットリスニントゥーミー セン6歳 香港・J.ムーア厩舎117アメージングキッズ セン5歳 香港・J.サイズ厩舎117ビッグアーサー 牡5歳 日本・藤岡健一厩舎117レベルデイン 牡7歳 オーストラリア・G.ポルテッリ厩舎117サインズオブブレッシング セン5歳 フランス・F.ロオー厩舎116プロフィタブル 牡4歳 イギリス・C.コックス厩舎116レッドファルクス 牡5歳 日本・尾関知人厩舎116ストラスモア セン5歳 香港・A.ミラード厩舎114グラウル セン4歳 イギリス・R.フェイヒー厩舎112ピュアセンセーション セン5歳 アメリカ・C.クレメント厩舎112スーピージョッキー セン8歳 香港・A.ミラード厩舎 【香港マイル】(7R、GI、3歳以上、芝・右1600メートル、優勝賞金1311万香港ドル=約1億8700万円、発走予定時刻15時50分=日本時間16時50分)119エイブルフレンド セン7歳 香港・J.ムーア厩舎119コンテントメント セン6歳 香港・J.サイズ厩舎119ロゴタイプ 牡6歳 日本・田中剛厩舎118ジャイアントトレジャー セン5歳 香港・R.ギブソン厩舎117ビューティーオンリー セン5歳 香港・A.クルーズ厩舎117ヘレンパラゴン 牡4歳 香港・J.ムーア厩舎117ネオリアリズム 牡5歳 日本・堀宣行厩舎116パッキングピンズ セン6歳 香港・P.イウ厩舎115ビューティーフレーム セン6歳 香港・A.クルーズ厩舎115クーガーマウンテン 牡5歳 アイルランド・A.オブライエン厩舎115ロマンチックタッチ セン6歳 香港・A.クルーズ厩舎115サトノアラジン 牡5歳 日本・池江泰寿厩舎115サンジュエリー セン5歳 香港・J.サイズ厩舎112ジョイフルトリニティ セン4歳 香港・J.ムーア厩舎 【香港カップ】(8R、GI、3歳以上、芝・右2000メートル、優勝賞金1425万香港ドル=約2億300万円、発走予定時刻16時30分=日本時間17時30分)129エイシンヒカリ 牡5歳 日本・坂口正則厩舎124モーリス 牡5歳 日本・堀宣行厩舎119デザインズオンローム セン6歳 香港・J.ムーア厩舎118ブレイジングスピード セン7歳 香港・A.クルーズ厩舎118ステファノス 牡5歳 日本・藤原英昭厩舎117ラブリーデイ 牡6歳 日本・池江泰寿厩舎116ミリタリーアタック セン8歳 香港・C.ファウンズ厩舎115ガンピット セン6歳 香港・C.ファウンズ厩舎115ポテムキン セン5歳 ドイツ・A.ヴェラー厩舎115シークレットウェポン セン6歳 香港・C.イプ厩舎114エリプティク 牡5歳 フランス・A.ファーブル厩舎109ホースオブフォーチュン セン6歳 香港・A.ミラード厩舎107ヘレンスーパースター セン6歳 香港・A.クルーズ厩舎112クイーンズリング 牝4歳 日本・吉村圭司厩舎 『2016年 香港国際諸競走』は12月8日(木)に枠順抽選会が行われる。 なお、JRAは11月24日に上記の香港のGIレース4鞍の馬券を発売すると発表した。発売方法はインターネット投票に限定(「A−PAT会員」及び「即PAT会員」が対象)。「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売する(独立プール方式での発売のため日本国内独自のオッズとなる)。発売開始時刻は12月11日(日)の午前10時。発売締切時刻は各レースの発走予定時刻の4分前まで。

香港国際競走の前哨戦の結果〜エイブルフレンドは4着2016年11月20日() 18:47

 11月20日(日)に香港・シャティン競馬場で『2016年 香港国際諸競走』(12月11日、香港・シャティン競馬場、スプリント・マイル・カップ・ヴァーズのGI・計4レース)の前哨戦3レースが行われた。

 ジョッキークラブカップ(GII、芝・右2000メートル)はN.ローウェラー騎手騎乗の4番人気シークレットウェポンが優勝。2番人気のミリタリーアタック(2013年クイーンエリザベスII世Cの優勝馬)は3着、1番人気のデザインズオンローム(2014年香港C優勝)は最下位の9着に敗れた。

 ジョッキークラブマイル(GII、芝・右1600メートル)はZ.パートン騎手騎乗の2番人気ビューティーオンリーが差し切り勝ち。1番人気のサンジュエリーは3着。

 ジョッキークラブスプリント(GII、芝・右1200メートル)はH.ボウマン騎手騎乗の8番人気ノットリスニントゥミーが優勝。1番人気のラッキーバブルスが2着。3番人気のエアロヴェロシティ(2014年香港スプリント&2015年高松宮記念などの優勝馬)は3着。

 なお、昨年モーリスが勝った香港マイルの3着馬でレース中に右前脚の腱を損傷し、オーストラリアで長期の休養&リハビリを行っていた地元香港のアイドルホースであるエイブルフレンド(2015年の世界ランク5位=芝マイル部門では1位)はこのジョッキークラブスプリントで復帰し、4番人気で4着だった。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】アーサー好追い切り51秒0! 2016年03月25日(金) 05:11

 1週間の密着取材で高松宮記念の勝ち馬を探り出すGI企画『東西現場記者走る』の3日目。大阪サンスポの川端亮平記者(33)は、好追い切りを披露したビッグアーサーに注目した。前走後にひと息入れた効果で動き、気配は文句なし。重賞2連勝中と勢いに乗る福永騎手の手綱で、初タイトルに手が届くかもしれない。

 藤田菜七子騎手が浦和で待望の初勝利を飾った24日、栗東では初タイトルを狙うビッグアーサーが追い切りを行った。

 冬に逆戻りしたような寒風が吹く坂路に登場。序盤から行きっぷりがよく、頭を上げる場面もあったが、何とか我慢して直線に向く。鞍上の左ムチに呼応し、ラスト1ハロン12秒0と踏ん張ってフィニッシュ。走りやすい馬場ながら4ハロン51秒0と時計も優秀だ。動きを見届けた藤岡調教師は納得の表情で切り出した。

 「前半は我慢させる、思った通りの調教ができた。体の張りも素晴らしくて文句なしの状態」

 昨秋のスプリンターズSは次点で除外。その後も思うように賞金を加算できなかったが、腹をくくって前走のシルクロードS5着後にひと息いれた決断が吉と出た。指揮官は「たまっていたであろう疲れが抜けた」と好仕上がりにうなずく。

 舞台設定もいい。昨年の岡崎特別(中京芝1200メートル、1000万下)は、1分8秒6(稍重)でV。同日に行われた高松宮記念を制した香港のエアロヴェロシティが1分8秒5の勝ち時計で、0秒1差しかなかった。“机上の空論”で片付けられない裏付けがある。

 ビッグアーサーは、3歳夏に小倉への輸送中に馬運車で暴れ、馬栓棒が右トモ(後肢)に刺さる大けがを負った。今ではその影響を感じさせないが、以前コンビを組んでいた藤岡康騎手は「条件戦のときはコーナリングを含めて左回りの方がよかった」と証言。担当の犬山助手も「中京で勝ったときが一番強かった」と振り返る。左回りのキャリアは1戦ながら“サウスポー”の可能性が高いのだ。

 今回、初めて手綱を取る福永騎手は、20日阪神の阪神大賞典(シュヴァルグラン)、21日中山のフラワーC(エンジェルフェイス)と重賞2連勝中だ。新たな相棒に「去年くらいから、この馬が短距離界を引っ張っていくと思っていたからね」と好印象を持っている。無冠の大器が、殻を破るときが来たようだ。 (川端亮平)

★高松宮記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【高松宮記念】ブラヴィッシモ軽快11秒9 2016年03月24日(木) 15:19

 ブラヴィッシモは特別登録の時点で除外対象だったが、エアロヴェロシティダンスディレクターの突然の回避により、出走がかなった。鞍上も須貝厩舎と関わりが深い、ダンスを予定していた横山典騎手がスライドと、最もツイている存在といえるだろう。

 栗東坂路で、ハツラツとした動きを披露。テンからキビキビとしたフットワークを見せて、14秒2−13秒2−12秒1と加速。一杯に追われたラスト1Fはさらに脚勢を増し、11秒9でフィニッシュした。

 「(除外なら)六甲Sに出走するつもりだったが、マイルはこの馬には少し長い。こちらはGIなので当然相手は強いが、6Fのほうが合っているので持ち味は発揮できると思う。前走でも差のない競馬をしているし、楽しみ」と須貝調教師。

 その前走・阪急杯では3/4馬身差の3着と、決して軽視はできないラッキーホースだ。

(夕刊フジ

★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【高松宮記念】アイル49秒7!松山「すごかった」 2016年03月24日(木) 05:11

 春のスプリント王を決める高松宮記念の追い切りが23日、東西トレセンで行われた。前哨戦の阪急杯を逃げ切ったミッキーアイルは栗東の坂路で併せ馬を行い、自己最速となる4ハロン49秒7の好時計で圧巻の動きを披露。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』だ。美浦では、一昨年の最優秀短距離馬スノードラゴンが坂路をパワフルに駆け上がった。

 連覇がかかっていた香港馬エアロヴェロシティに続き、上位人気が確実だったダンスディレクターの回避が23日朝に発表された。混戦模様の中、ミッキーアイルが4ハロン49秒7の自己最速タイムを計時。存在感を示した。

 「すごかった…。前走時の追い切りと比較しても、すごく素軽くなっているなと感じました。休み明けの前走を使った上積みもあります」

 落馬負傷で休養中の主戦・浜中騎手に替わり、前走時の調教から手綱を取る松山騎手が、しびれた腕をさすった。

 坂路でダノンマッキンレー(1000万下)とスタート直後から体をあわせ、一歩も譲ることなく併入。全体の時計が優秀な上、ラスト1ハロンも12秒3と抜群だった。

 「全休日明けに追い切ったのはレース当日まで中3日のいつものパターンを大事にしたから。50秒を切るとは思わなかったけど、時計の速い馬場だったからね」と音無調教師。前週が3日間開催で火曜(22日)は全休日のため、ミッキーアイル以外の関西馬は木曜追いだが、レースまでのリズムを崩したくないとの考えで水曜追いとなった。

 レースレコードで逃げ切った前走・阪急杯の最終追い切りでも、4ハロン50秒3の好時計で調教評価は『S』。今回はそれを上回る内容だった。

 3年前の新馬戦2着後、逃げのスタイルでGI・NHKマイルCまで5連勝。控える競馬を試みた昨年は高松宮記念3着を含め5戦未勝利だった。「去年はわざと行かせない競馬をさせていたが、持ち味が出ないと分かったので、今年の阪急杯では積極的に行くことで本来の走りをさせてみた」とトレーナー。「今回も同型の枠順や出方次第だが、発馬五分で行かせれば一番速いと思う」と堂々の逃げ宣言だ。(正木茂)

[もっと見る]

【高松宮記念】データ分析2016年03月23日(水) 05:06

  *過去10年が対象

 ◆短距離重賞実績 連対20頭中、勝ち馬9頭を含む17頭に芝1600メートル以下で重賞勝ちの実績があり、うち15頭は重賞を2勝以上していた。

 ◆短距離GI実績 連対16頭に芝1600メートル以下のGIで3着以内の実績があった。

 ◆阪急杯組が中心 阪急杯から参戦した馬が10年中9年で連対し、5勝2着4回。その9頭の阪急杯での着順は、勝ち馬全5頭を含む8頭が5着以内。同組以外の11頭は全て前走が芝重賞で、うち8頭がそこで連対していた。

 ◆中3週以内 連対15頭が中3週以内。残る5頭のうち、2頭は前走がシルクロードS1着で、もう3頭は前年に芝GIを勝っていた。

 ◆5〜6歳が主力 5歳が最多の9連対で、6歳が6連対で続く。7歳以上は【3・0・3・47】で、優勝したキンシャサノキセキ(2010、11年)、エアロヴェロシティ(15年)には、芝1200メートルのGIで連対が2回以上あった。

 ◆牝馬はGI勝ちが必要 牝馬は【1・2・2・31】で、連対した3頭には牡馬を相手にGIを勝った実績があった。

◇結論◇

 トップ評価はミッキーアイル。NHKマイルCを含めて芝1600メートル以下で重賞を5勝し、最重要ステップの阪急杯で1着と臨戦過程も理想的だ。ハクサンムーンは高松宮記念とスプリンターズSでともに2着、スノードラゴンは一昨年にスプリンターズSを制し、高松宮記念でも2着とスプリントGIの実績が光る。シルクロードSを勝ったダンスディレクター、夕刊フジ賞オーシャンSを制したエイシンブルズアイも悪くない。 (データ室)

★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアロヴェロシティの関連コラム

閲覧 577ビュー コメント 0 ナイス 2

 香港競馬最大のイベント、香港国際競走(HKIR=Hong Kong International Races)に向けたトライアル3レースがいよいよ明日20日に迫りました。史上最高の質と量になるであろう日本勢を迎え撃つ地元、香港勢の大勢が決する必見の3レースです。レース映像は若干の時差がありますが、香港ジョッキークラブのホームページで見られますので、日本の皆さんも是非ご覧になってください。
 トライアル3レースは第6レースの中長距離のジョッキークラブ・カップ(馬會盃。G2、沙田芝2000m。日本時間16時30分発走)を皮切りに第7レース、ジョッキークラブ・マイル(馬會一哩錦標。G2、沙田芝1600m。同17時05分)、第8レース、ジョッキークラブ・スプリント(馬會短途錦標。G2、沙田芝1200m。同17時40分)の順に行われます。12月10日もほぼ同じ時間帯に発走しますので、日本のファンの皆さんにとっても投票のトライアルには絶好のチャンスでしょう。本番当日の投票行動(選挙みたいですね、笑)を念頭に置いて日本国内のレースとともに楽しんで頂ければ、と思います。それではトライアル3レースを発走時間の順に展望しましょう。

【ジョッキークラブ・カップ】
 出馬表を一瞥すれば寂しい思いに襲われます。というのは、昨季、香港ダービーを勝ち、その勢いを駆って春最大のレース、クイーンエリザベス2世カップ(英語略称:QE2、中国語略称:英女王盃)で日本代表のラブリーデイ(朗日清天)、ヌーヴォレコルト(新紀録)、サトノクラウン(里見皇冠)をまとめて負かした昨季の香港馬王(年度代表馬のことです)、ワーサー(日本国当地では「ワーザー」とも表記されているようですが、当地ではこちらの発音が主流。中国語馬名:名月千里)の名前を見ることができないないからです。泥田のような不良馬場だった英女王盃を良馬場並みの2分01秒3で駆け抜けた次走、長距離王決定戦のチャンピオンズ&チャーターカップ(G1、沙田芝2400m)で3着と敗れた後、激走の疲れからでしょうか、脚部不安に見舞われ、ここトライアルどころか本番も間に合わない状態です。ワーサーが無事であれば、今年の香港カップは世界の名手、秋の天皇賞に続いてR.ムーアを鞍上に迎えた昨年の“日本馬王”モーリス(滿樂時)との対決に世界中が沸いたはずですが、モーリスも香港カップがラストラン。夢に終わってしまいました。
 さて、ワーサーを欠いた香港中長距離陣営を率いるのはもう一頭の香港馬王、デザインズオブローム(英文表記から言えばデザインズオブローマなのでしょうが、ロームで既に定着してしまったので、仕方なくロームを使うことにします。中国語馬名:威爾頓)です。2013/14季の香港クラシック三冠で第一レグの香港クラシック・マイル(香港經典一哩)こそ、のちに世界最高のレーティングを得たマイル王、あのエイブルフレンド(步步友)に名を成さしめ2着と敗れたものの、1800mと距離が伸びた香港クラシック・カップ(香港經典盃)、香港ダービー(香港打吡)ではきっちりとエイブルフレンドに借りを返して、そのシーズンの香港馬王に輝きました。その後も不動の中長距離王として香港に君臨しましたが、前々季3月のドバイ遠征から歯車が狂い始め、帰港後の英女王盃では4着。立て直したはずの昨季も7戦1勝、G1一つの平凡な成績にとどまりました。
 ワーサーの台頭もあって、6歳となったデザインは完全な脇役となってしまいましたが、今季の復帰戦に距離不適のマイル、シャティン・トロフィー(沙田錦標)を選ぶと昨季のクラシック2冠馬、サンジュエリー(首飾太陽)、安田記念に挑戦したコンテントメント(詠彩繽紛)らマイラー陣を一蹴して古豪復活の狼煙を上げました。香港では長期休養明けに敢えて本来の距離適性よりも短いレースを使って、馬を覚醒させる戦術がしばしば使われます。本来の距離に戻ったここは6歳馬とはいえ不動の中心に推したいと思います。4歳クラシック三冠の後に挑戦した英女王盃で、その年のジャパンカップをぶっこ抜いたエピファネイア(神威啓力)を寄せ付けず、福永祐一騎手をして「あの馬はモノが違う」と言わしめた力の7割が戻っていれば、ここでは負けようがないとみます。
 スペースの制限もあるので、この後は詳説を割愛しますが、デザインと同じく長距離の古豪で今季、同じローテーションでここに臨むG1馬、ブレージングスピード(将男)が対抗。以下は新興勢力のシークレットウエポン(天才)は今季2戦で着差、着順とも順調に上げてきており、ここでではブレージングとの逆転も。同様にアンティピテーション(期惑)は中国語馬名が語っているように期待の惑星。格上挑戦ではありますが、前走のササ・レディーズパースで一番人気に押され、3着を確保したイースタンエキスプレス(東方快車)の順に評価したいと思います。もう1頭、注意が必要なのは雷神とも異名をとる香港一、世界一のジョッキー、あのJ.モレイラ(莫雷拉)騎乗のミリタリーアタック(軍事出撃)。ミリタリーは今季初出走ですが、モレイラへの乗り替わりは何とも不気味、彼の腕をもってすれば3、4着に滑り込んでもおかしくありません。

【ジョッキークラブ・マイル】
 香港から世界のマイル王へと大出世を遂げたエイブルフレンドの名前がありません。というのも、ジョッキークラブ・カップで説明したように、香港の調教師は長期休養明けに距離適性よりも短いレースに敢えてぶつけ、馬を覚醒させる戦術をとることがよくあり、明日はジョッキークラブ・スプリントに回ったからです。昨季の復帰戦も1200mにぶつけて見事に勝っています。そのエイブルフレンドはスプリントで詳述することにして、ジョッキークラブ・マイルです。
 エイブルフレンドが抜けたマイル戦線、混沌とした群雄割拠の戦国時代が続いています。並みいる群雄の中から一昨季、エイブルフレンドに食い下がって2着を3度続け、昨季のこのレースを勝ったビューティーフレーム(美麗大師)を軸馬に指名します。もちろん、デザインのような1着固定までの力の差はありませんので、あくまで軸馬です。昨季のこのレースを勝った後は、ちぐはぐなレースを続け、前走まで勝ち星をあげることはできませんでしたが、ここを目標に今季は2戦叩いて復帰戦のセレブレーション・カップでは1+1/4の2着、前走のシャティン・トロフィーではあのデザインに半馬身と着差を詰めて虎視眈々をここを狙ってきました。
 続いて、前走ササ・レディーズパースで2着のヘレンパラゴン(喜蓮奨星)、今季休み明けでG3を勝ち、前走もG2で2着と急上昇中のジョイフルトリニティ(壮思飛)と香港で千勝爺と異名をとるトップ・トレーナー、J.ムーア厩舎の二騎。前季のクラシック三冠の2冠馬で休み明けを一回叩いたサンジュエリーとビューティーフレームと同厩、同馬主のビューティーオンリーまで。ことしの安田記念に挑戦したコンテントメントは復調途上、G1馬、ジャイアントトレジャーはあくまで本番狙いとここでは軽視することにします。

【ジョッキークラブ・スプリント】
 さて、最も頭の痛いエイブルフレンドの取捨です。無敵を誇った世界のマイル王、エイブルも去年6月のロイヤルアスコット挑戦から歯車が狂いはじめ、昨季は使い始めのプレミア・ボウル(G2、沙田芝1200m)こそ鬼足の追い込みで勝ったものの、主戦場のマイルに転じてからは本来の姿を取り戻すことなく2戦続けて3着。あのモーリスとの一騎打ちとなったチャンピオンズマイルではジャイアントレジャーにも先着を許す体たらくでした。その後、脚部に故障を発生。一時は引退説もささやかれましたが、放牧先がない香港からオーストラリアまで輸送されて長期休養に入りました。この一戦は昨季の復帰戦とはまったく事情が異なります。熱心に調整が続けられていますが、11月11日のバリアートライアル(地方の能力検定のようなゲートを使った実践型調教。HKJCのホームページで映像を見ることもできます)では、やはり往年の迫力を感じることはできませんでした。ここでは相手までの評価とします。
 一方、世界最高のレベルと層の厚さを誇る香港スプリント陣営は日本でもおなじみの古豪が順調な調整を見せています。昨年の高松宮記念を勝ったエアロヴェロシティ(友瑩格)です。既に8歳となりましたが、香港馬はセン馬がほとんどで、去勢された馬は競走寿命が長くなるので、8歳といっても日本の8歳と同じものと考えてはなりません。高松宮記念連覇を目指して来日しながら、レース直前に疝痛を発症し帰港。その後も惨敗と昨季はたった3戦1勝と不本意なシーズンでしたが、5か月ぶりの前走は1+1/4差の3着と着実な復調ぶり。11月8日のバリアトライアルでは1着と上昇ぶりを見せています。逃げ馬が絶好の1枠を引き当て、ここは昨季の不遇を拭きとばして本番に復活の狼煙をあげる大一番と見ました。オーナーのダニエル楊毅氏とは昵懇の仲ではありますが、それを割り引いても堂々の本命に自信をもってお薦めできます。
 これに続くのは新興勢力の筆頭、ラッキーバブル(幸運如意)。香港競馬界一の人格者としてい慕われる呂健威調教師に重賞勝ちをもたらし、春のスプリント王決定戦、チェアマンズ・スプリントではオーストラリアの怪物、シャタクア(尚多湖)に肉薄した2着の力は今季復帰戦のプレミア・ボウルでさらに磨きがかかりました。
 この2頭を軸に香港スプリントの勝馬、ペニアフォビア(幸福指数)、ラッキーバブルに次ぐ新興勢力、アメージングキッド(華恩庭)しぶといドンダネル(誰可拼)までを相手に挙げます。

甘粕代三氏の予想はこちらからご覧いただけます。

※次回のコラムは11月24日(木)公開予定になります。

===================
★こちらもあわせてお読み下さい。
日本と香港を股にかけて活躍する「香港競馬のスペシャリスト」が海外プロ予想家第2弾としてデビュー決定!
===================

■甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。
卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、
同台北開設支局長などを務める。中国留学中に香港競馬を初観戦、
94年ミッドナイトベットの香港カップ制覇に立ち会ったことから
香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を
日本から香港に。香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、
テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)
駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月18日(金) 11:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 1,665ビュー コメント 0 ナイス 2

2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク

さらには安田記念リアルインパクトヴィクトリアマイル・ホエールキャプチャフェブラリーSでのグレープブランデー。これらG1勝ち馬の共通点をご存知だろうか? 年齢を付け加えればピンと来る方もいるかも知れない。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡4)
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡5)
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン(牡6)

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック(牡4)
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー (牡5)
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク(牡6)

これらのG1ホースは、すべて2008年生まれ、同一世代の短距離G1勝ち馬だったのだ。

[もっと見る]

2016年03月23日(水) 23:40 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第344話高松宮記念(謎解き編)
閲覧 1,896ビュー コメント 0 ナイス 3

第344話 「高松宮記念」


12年 34.5-35.8 =1.10.3 ▼1△1△8 平坦戦
13年 34.3-33.8 =1.08.1 ▼2▼2△6 平坦戦
14年 34.5-37.7 =1.12.2 △2△7△6 消耗戦 不良
15年 34.0-34.5 =1.08.5 △2▼3△3 平坦戦 稍重

中京コース自体消耗戦コースではないというのもありますが、近年のスプリントG気魯謄鵑らガンガンに飛ばしていハイペースという展開が減少していると思います。
単純にそういったタイプの馬が以前に比べて減ったのが要因だと思います。
(マイル〜中距離路線の馬は香港G気任睛力ですがスプリント路線の馬は惨敗するケースが目立ちます。生粋のスプリンターがあまりいないということなのでしょう)
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
カレンチャン    【瞬1平5消4】
ロードカナロア   【瞬3平6消3】
コパノリチャード  【瞬2平3消1】
エアロヴェロシティ 【瞬0平0消0】
2着馬
サンカルロ     【瞬2平3消1】
ドリームバレンチノ 【瞬1平5消6】
スノードラゴン   【瞬3平10消4】
ハクサンムーン   【瞬1平6消4】

コース適性【瞬2平5消3】(推測)に近いタイプの馬が多く連対しています。
ここは狙い目でしょう。

今年のレースのポイントはハクサンムーンミッキーアイル
どちらの馬も昨年の高松宮記念以降低迷してましたが前走では逃げて好走して今回という状況。
ハナに拘る場合近年よりもハイペースになる可能性があります。
テン33秒前後でも上りを使えそうな馬、平坦戦〜消耗戦での実績、という馬が好走確率が高いと思われます。
そうなると良馬場であれば高齢馬はおそらく不利でしょう。

イチオシはダンスディレクター
【瞬3平5消3】で消耗戦は2-1-0-0とパーフェクトで展開不問。
高速馬場だろうが重馬場だろうが堅実に差して来る馬で前走初重賞制覇だが一気にここも突破可能とみます。
とここまで書いて出走回避とのこと…残念。
ならばビッグアーサー。
ここ数戦は不運もあってチグハグな内容でしたがちょっと間を開けた今回はチャンスが回ってきた印象。
福永Jへの乗り替わりで福永Jもようやく復調気配、流れは良さそうだ。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ビッグアーサーエイシンブルズアイアルビアーノ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年04月01日(水) 17:36 【ウマニティ】
先週の回顧〜(3/28〜3/29)kmプロが2週連続100万超払い戻しを達成!
閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、第45回G1高松宮記念が29(日)に中京競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1高松宮記念ストレイトガールダイワマッジョーレが5.1倍の1番人気、続いて3番人気がミッキーアイルで5.2倍、4番人気エアロヴェロシティが6.5倍、5番人気がコパノリチャードで7.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
  
注目のスタートでは1人気のダイワマッジョーレが出遅れ、どよめきが起こる中、内からアンバルブライベンがハナを主張し、2番手にエアロヴェロシティ、続いてハクサンムーンリトルゲルダミッキーアイルワキノブレイブローブティサージュと先行集団を形成。中団からはコパノリチャードサクラゴスペルサドンストームオリービントーホウアマポーラと続き、後方からはレッドオーヴァルストレイトガールマジンプロスパーショウナンアチーヴアフォードと追走して、最後方にダイワマッジョーレの態勢。3コーナーを過ぎると好位に付けていたハクサンムーンが外に出して進出を開始。内アンバルブライベン、外ハクサンムーンと2頭がレースを引っ張って直線コースへ差し掛かります。
 
直線に入ると最内の進路を取ったアンバルブライベンは一杯になり、外からハクサンムーンが単独先頭に躍り出ます。その後ろからはミッキーアイルエアロヴェロシティが続き、他馬は横一線の状態。残り200mを通過、先頭を行くハクサンムーンのリードは1馬身、その後ろからミッキーアイルエアロヴェロシティの2頭が続き、後続はかなり離されて3頭が抜け出します。残り100m、やや脚色鈍ったハクサンムーンエアロヴェロシティが一完歩ごとに差を詰めるとゴール前で捉えてGI制覇。高松宮記念史上初となる外国馬による勝利となりました。勝ちタイムは1分8秒5(稍重)。半馬身差の2着にハクサンムーン、そこからハナ差の3着にミッキーアイルが入っています。
 
公認プロ予想家では馬っしぐらプロ岡村信将プロサウスプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
 
28(土)阪神10Rで単勝130.6の大穴◎ダイヤノゲンセキの単勝1点勝負!130万6000円のビッグヒットとなりました!この他にも29(日)中京2Rで『展開○』と狙ったビクトリーミノルの単勝を1万円的中させ、22万8000円の払い戻し!週末トータル回収率300%、収支プラスは124万6000円を達成!先週に続き、2週連続の週末トータル100万超を達成!!絶好調のkmプロから目が離せません!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週はG3毎日杯で◎ダノンリバティ、G2日経賞で◎アドマイヤデウス、G3マーチステークスイッシンドウタイと3重賞を仕留めたスガダイプロ。この他にも29(日)の阪神2Rレモンイエロー(85.5倍)、阪神12R◎▲△の印で単勝4.3倍、馬連84.9倍、3連複132.4倍を仕留め、4万3120円を払い戻すなど好調予想を幾度となく披露し、週末トータル的中率44%、回収率131%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
29(日)阪神8Rで『2頭が抜けていると予想、2頭を1着2着に固定した三連単でヒモあれに期待』と評し、◎サトノユニコーンベックからの3連単を的中!5万9060円を払い戻しました!28(土)阪神3Rではキンシャサノキセキのダート変わりを狙い撃ち、見事的中!週末トータル回収率123%を記録しています。
  
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
29(日)阪神2Rで本命に単勝85.5倍の大穴レモンイエローを抜擢!▲アサカオペラとの馬連131.4倍を3300円的中させ、43万3620円を払い戻しました!この他にも勝負レースに指定した28(土)中京10Rを○◎▲の印で8万800円を払い戻し!阪神8Rでも○◎の1点勝負で18万2000円を払い戻すなど的中を重ね、週末トータル回収率120%、収支プラス14万7170円の好成績を収めました!
 
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。


「TCK007」

[もっと見る]

2015年03月31日(火) 20:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】第101回大会が開幕!4月に入り春競馬もヒートアップ!!
閲覧 212ビュー コメント 0 ナイス 4

気付けば3月の最終日。1年の4分の1が経過したことになります。うーん、早すぎる……。日曜日の最終レースが終わると、次の週末が待ち遠しくなるものですが、あまりにさっさと時が流れるように感じるのも困りものですよね。そうこうしているうちにダービーが終わり、アッという間に有馬記念の日を迎え、思わず「早いな〜」と漏らす。毎年これを繰り返しているような気がします。我ながら、いつまで経っても成長しないわけだ(苦笑)。

先週は高松宮記念を香港馬のエアロヴェロシティが制し、ドバイでは日本馬が未勝利に終わり、世界の壁を痛感させられる瞬間が続きましたね。そんななかウマニティでは予想コロシアムの第101回大会がスタート。1週目の日程が終了しました。大会成績のトップに立っているのは『競馬予想・戎社さん』です。2位『うまじくさん』に2.7の予想偏差値差を付ける格好になっています。

競馬予想・戎社さんは土曜中山2Rですさまじい的中劇を見せてくれました。5→1→8番人気で決まった3連単7万馬券を1点的中。716万7000円の払戻しを達成したのです。この一撃で開幕週終了時点の1位を決めるとともに、高額払戻ランキングのトップにも立つことになりました。うーん、素晴らしい! 優勝をするためにはさらなる的中が必要になってきますので、2週目以降の競馬予想・戎社さんの立ち回りに注目したいと思います。

※詳しくは「大会成績」ページをご覧ください。

なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、いくらすごい配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位〜10位:  5万ポイント
11位〜20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2015年03月30日(月) 16:41 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』3/28〜3/29の結果(高松宮記念GI・日経賞GII)
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 4

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

3月29日(日)に行われました中京11Rの「高松宮記念GI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【18位】 エアロヴェロシティ(6.5倍)
2着:総合ポイント【5位】☆ハクサンムーン(16.8倍)
3着:総合ポイント【3位】◎ミッキーアイル(5.2倍)

第4グループ・総合ポイント18位のエアロヴェロシティが1着、第2グループ・総合ポイント5位のハクサンムーンが2着、第2グループ・総合ポイント3位のミッキーアイルが3着という結果でした。

馬券は◎ミッキーアイルからの3連複ながしで的中となりました。凄馬出馬表では上位勢は拮抗していましたが、第2グループ〜第3グループ間にはっきりと溝が存在していましたので馬券構築しやすい分布でした。エアロヴェロシティは日本初出走で指数がなかったのですが、おさえて良かったです(^^♪

【3連複フォーメーション】
16

1,15,17,18

1,3,4,6,8,9,13,15,17,18

計30点 払い戻し14000円

続いて3月28日(土)に行われました中山11Rの「日経賞GII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】▲アドマイヤデウス(5.4倍)
2着:総合ポイント【3位】△ウインバリアシオン(7.3倍)
3着:総合ポイント【7位】☆ホッコーブレーヴ(14.8倍)

第2グループ・総合ポイント5位のアドマイヤデウスが1着、第1グループ・総合ポイント2位のウインバリアシオンが2着、第3グループ・総合ポイント7位のホッコーブレーヴが3着という結果でした。

馬券は◎フェノーメノ、○クリールカイザーを中心とした3連複でしたので的中とはなりませんでした。「上位7頭から中心を選びつつも混戦模様」という見立ては間違ってなかったとは思うのですが、◎○が飛んで▲☆で決まるとは…。こちらは予想が噛み合いませんでしたm(__)m


【3複2頭軸流し】

◎○=▲☆+2,3,7,11
5,9=2,3,4,6,7,11 (6点)

【3複フォーメーション】

○=▲☆=2,3,4,6,7,11
5=4,6=2,3,4,6,7,11 (9点)


計15点 払い戻し0円

今週も週末重賞の凄馬出馬表を開催当日14時に公開致します。宜しくお願い致します!
 

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアロヴェロシティの口コミ


口コミ一覧

12/11(日)海外競馬成績

 涼風帝王 2016年12月12日(月) 00:41

閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 2

12/11(日)海外競馬成績
◆海外全体:【大敗】
的中レース:0/10R 回収率:0%
出:100,000円 入:0円 収支:-100,000円

◆シャティン(香港):【大敗】
的中レース:0/10R 回収率:0%
出:100,000円 入:0円 収支:-100,000円

 teriko-ルール 2016年03月22日(火) 21:14
香港で買う高松宮記念とドバイワールドカップ
閲覧 201ビュー コメント 0 ナイス 2

香港のエアロヴェロシティが出る関係、香港で高松宮記念が買える。
控除率とオッズが日本と違うのが最高。ここぞと、大口買いをするぞ。

その上、ドバイワールドカップまで買える。

何と、今週は至福の時。

ドゥラの4連単とモレイラのラストインパクトの 馬券の大口買いと、ムーアのリアルスティールの4連複を買って応援するぞ。

[もっと見る]

エアロヴェロシティの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

エアロヴェロシティの写真

エアロヴェロシティ

エアロヴェロシティの厩舎情報 VIP

2015年3月29日高松宮記念 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エアロヴェロシティの取材メモ VIP

2015年3月29日 高松宮記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。