ニシノウララ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ニシノウララ
写真一覧
現役 牝3 青鹿毛 2015年2月28日生
調教師伊藤大士(美浦)
馬主西山 茂行
生産者村上 欽哉
生産地新冠町
戦績 3戦[1-0-0-2]
総賞金1,230万円
収得賞金400万円
英字表記Nishino Urara
血統 リーチザクラウン
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
クラウンピース
パラディナ
血統 ][ 産駒 ]
Rahy
Khumba Mela
兄弟 ニシノカチヅクシニシノヒナマツリ
前走 2017/11/04 京王杯2歳ステークス G2
次走予定

ニシノウララの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/04 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 114442.385** 牝2 54.0 戸崎圭太伊藤大士454(-2)1.22.5 0.634.1タワーオブロンドン
17/10/01 中山 9 サフラン賞 500万下 芝1600 94411.744** 牝2 54.0 幸英明伊藤大士456(-4)1.35.7 0.534.9レッドレグナント
17/08/06 新潟 6 2歳新馬 芝1400 1771414.041** 牝2 51▲ 野中悠太伊藤大士460(--)1.23.7 -0.334.9アーモンドアイ

ニシノウララの関連ニュース

 ◆武豊騎手(アサクサゲンキ3着) 「状態は前回よりもよかった。ベストは1200メートルかもしれないが、きょうは1400メートルでもいいレースをしてくれたし、やれるよ」

 ◆内田騎手(ピースユニヴァース4着) 「狭いところでも割って入っていけたのは収穫。最後はよく伸びていたし、能力もある。これからいろいろ教えて成長してくれれば…」

 ◆戸崎騎手(ニシノウララ5着) 「前々でリズムよく運べた。直線に向いたときはいい感じだったが、最後はじわじわになった」

 ◆C・デムーロ騎手(トーセンアンバー6着) 「テンションは高かったが、レースではいい脚を使った。気性面で成長してくれば…」

 ◆蛯名騎手(エントシャイデン7着) 「前回みたいなはじける感じはなかった。操縦性はいいので、もう少し距離を延ばして脚をためる競馬を覚えた方がいいのかも」

 ◆M・デムーロ騎手(タイセイプライド8着) 「ハナに行ってペースもそれほど速くなかったが、直線の半ばで息切れしちゃった感じ。久々のぶんかな」

 ◆三浦騎手(マイティーワークス9着) 「落ち着いてゲートもしっかりと出たが、直線の坂でしんどくなった」

 ◆五十嵐冬騎手(モリノラスボス10着) 「芝もこなせる走りだけど、切れ味勝負では厳しかった」

 ◆野中騎手(トキノメガミ11着) 「ダートの方がいいかもしれません」

★4日東京11R「京王杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

【京王杯2歳S】追って一言2017年11月2日(木) 05:05

 ◆アサクサゲンキ・音無師 「ラスト重視の調教で、きっちりと伸びた。持ち前の根性を出せる状態にある」

 ◆エントシャイデン・矢作師 「無理をせずに先着することができた。状態はいいし、距離もマイルぐらいまでなら」

 ◆カシアス・清水久師 「入念に乗って、いい仕上がりになっている。距離延長は問題ない」

 ◆タイセイプライド・西村師 「ちょっと速かったかもしれないけど、これでいい。休み明けだけど仕上がりましたね」

 ◆トキノメガミ・小桧山師 「仕上がりはいい。前走と変わりない状態できています」

 ◆トーセンアンバー・菊沢師 「テンションが高いので控えめの内容。潜在能力は高い」

 ◆ニシノウララ・伊藤大師 「日曜にやって、今週はさらっと。デキはこれまでで一番いい」

 ◆ピースユニヴァース・尾形和師 「具合はいいですよ。前半は出たなりでフワッと進めたい」

 ◆マイティーワークス・菊川師 「引き続き元気いっぱい。東京のこの距離は合う」

 ◆モリノラスボス・桑原義師 「順調な仕上がりだが、これまでと相手が違うので、どこまでやれるか」

京王杯2歳Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯2歳ステークス】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

【KBS京都賞ファンタジーステークス】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

【サフラン賞】レッドレグナントが圧巻の逃げ切り勝ち 2017年10月1日() 14:46

 10月1日の中山9R・サフラン賞(2歳500万下、牝馬、芝・外1600メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のレッドレグナント(美浦・大竹正博厩舎)が単勝2.1倍の支持に応えて圧巻の逃げ切り勝ちを収め、4馬身差で制した未勝利戦に続く連勝を飾った。タイムは1分35秒2(良)。

 ニシノウララが好スタートから一旦先頭に立ったが、レッドレグナントは最内枠から二の脚を利かせてすぐにハナを奪った。直線に入っても脚取りは力強く、6番手から伸びてきたミュージアムヒルに1馬身3/4差をつけて快勝。単勝2.4倍の2番人気で一騎打ちの構図だった相手を、力でねじ伏せた。逃げたのは、デビュー3戦目で初めて。出遅れて後方を追走していたトーセンアンバー(3番人気)が大外から脚を伸ばし、さらにクビ差の3着。

 レッドレグナントは、父ロードカナロア、母エンプレスティアラ、母の父クロフネという血統。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 レッドレグナント)「内枠でポケットの中に入りたくなかったので、少し出してハナに立ちました。折り合いはつきましたし、強かったですね。上を目指せる馬だと思います」

★1日中山9R「サフラン賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】ロックディスタウン、新馬戦V2017年8月7日(月) 05:02

 【新潟】5R新馬(芝・外1800メートル)=ロックディスタウン(美・二ノ宮、牝、父オルフェーヴル

 ◆ルメール騎手 「能力が高く、とても乗りやすい。直線はいい反応ですごく速かったです」

 *半姉に2009年ファンタジーS優勝馬タガノエリザベート(父スペシャルウィーク)、15年クイーンCの覇者キャットコイン(父ステイゴールド

 6R新馬(芝・内1400メートル)=ニシノウララ(美・伊藤大、牝、父リーチザクラウン

 ◆野中騎手 「ゲートが速いですし、2番手で我慢が利いたようにセンスがあります。芝の短いところが合っていますね」

 1R未勝利(芝・外1600メートル)=ダンツセイケイ(栗・山内、牡、父ダイワメジャー

 ◆ルメール騎手 「いいペースでハナに行け、リラックスして走れていた」

 【小倉】5R新馬(芝1800メートル)=キボウノダイチ(栗・松元、牡、父バゴ)

 ◆高倉騎手 「いい勝負根性を見せてくれました。距離は1800メートルから2000メートルくらいがよさそう」

 *少しソエを気にしているため、立て直して次走は秋の見込み。

 6R新馬(牝馬、芝1200メートル)=サイエン(栗・松元、父バゴ)

 ◆富田騎手 「前々で運んでスピードを生かせれば、と思っていました。根性のある馬です」

 *小倉に滞在し、体調がよければ、連闘でフェニックス賞(12日、小倉、OP、芝1200メートル)に挑む。

 1R未勝利(芝1200メートル)=ガゼボ(栗・斉藤崇、牡、父ダイワメジャー

 ◆ホワイト騎手 「エンジンのかかりは遅いが、道中の走りはスムーズだった。直線の長い競馬場も合いそう」

 *2位入線から繰り上がりでの勝利。今後は放牧に出る。

 【札幌】5R新馬(芝1800メートル)=ペプチドオーキッド(栗・木原、牡、父ワークフォース)

 ◆四位騎手 「少しムキになっていたが、初戦だし、2番手で我慢できたから、まずは合格点でしょう」

 1R未勝利(芝1500メートル)=ファストアプローチ(美・藤沢和、牡、父ドーンアプローチ)

 ◆ティータン騎手 「まだメンタル的には成長が必要だが、きょうはポテンシャルの高さで勝てた」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシノウララの関連コラム

閲覧 2,482ビュー コメント 0 ナイス 17



前回の~大阪杯編~では、「(右回りは確かに課題でも、)できるだけ前めのポジションで早めに抜け出すくらいのレースができれば。前に行くか後ろから行くかで、着順も大きく変わりそう」(くりーくプロ)とのイメージを体現するかのような鞍上の見事なマクリが決まったスワーヴリチャードが勝利。また、人気以下の着順に敗れたアルアイン(2番人気3着)への「今回のメンバー相手に勝つにはワンパンチ足りない」(スガダイプロ)、サトノダイヤモンド(3番人気7着)への「瞬発力に秀でたタイプではなく、小回りコースで差しに回っては苦しい競馬になる」(河内一秀プロ)、シュヴァルグラン(4番人気13着)への「2000m前後、ゴール前の直線に急坂があるコースを得意としている馬でなければ高く評価できないレースで、過信禁物」(伊吹雅也プロ)との見解を掲載した当コラム。プロ予想家の週半ば考察や人気馬の取捨判断などの情報を、ぜひ週末の予想にお役立てください。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、4/8(日)G1桜花賞
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイ河内一秀伊吹雅也くりーくの4人にアノ注目馬3頭の見解を直撃!
※見解は全て4/2(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
伊吹雅也プロ・・・埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』において「データ分析」のコーナーを担当する。2018年02月23日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2018-2019』(ガイドワークス)をリリースするなど著者としての活動も精力的に行っている。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。


●各馬へのコメント
ラッキーライラック
 スガダイ これまで4戦4勝。いずれも危なげのないレースでの完勝だったし、前走のチューリップ賞では阪神JFで2、3着だった馬との着差も広がった。前走の馬体重はプラス10kgだったけど、あれは丸々成長分だな。見た目は全く太目感はなかったし、もっと増えてもいいぐらいに思えた。前走後も順調なようだし、この馬が中心で仕方ないだろうね。あとは馬券的に人気との兼ね合いがどうかって感じかな。桜花賞は1番人気の馬が3連敗中。強い馬が取りこぼすケースも少なくないからね。
 くりーく この中間もしっかりと乗り込まれ、1週前追い切りでは先行した馬を直線で一気に抜き去る凄い脚(併走馬の鞍上が驚くほど)を見せており、私も順調に調整されてきているとみています。今年初戦のチューリップ賞時は追い切りでもまだ余裕のある動きに見えましたが、レース当日は馬体重10kg増ではあったもののスガダイさんも指摘の通り太め感はなく筋肉の張り、気合い乗りいずれも良く見せていました。レースでも後ろを待って追い出す余裕のある勝ち方で、力の違いを見せてくれました。馬に関しては文句のない仕上げですから、あとは不安があるとすればジョッキーがG1で断然の1番人気馬に乗ったことがない点くらいではないかと思っています。
 伊吹雅也 レースの傾向を考えても、特に逆らう理由がないんですよね。2013年以降の桜花賞には「中山を除く中央場所の重賞やオープン特別で連対経験のある馬が中心」「重賞以外のレースで2着以下に敗れたことがある馬は割り引き」「阪神JFの好走馬を除くとキャリア5戦以上の馬は不振」といった特徴があるんですけど、この馬はすべての条件をクリアしています。断然の1番人気になるでしょうし、少なくともWIN5はこの馬を中心視すべきなんじゃないでしょうか。ただし、桜花賞は内寄りの枠に入った馬が苦戦していることでも知られているレース。馬番が1~5番だった馬は1996年1着のファイトガリバーを最後に連対例なし、1997年以降は[0-0-4-99](複勝率3.9%)、2013年以降に限っても[0-0-1-23](複勝率4.2%)という有様です。この馬も極端な内枠を引くようだと、波乱の目があるかもしれません。
 河内一秀 指数的にも2戦目のアルテミスSこそ、超ハイレベルだったデビュー戦から下げてしまい、標準レベルのパフォーマンスに留まったけど、その後の2戦は水準以上のレベルで順調に指数を伸ばしながらの完勝だった。レース内容にも安定感があり頭一つ抜けた存在と言えるんじゃないかな。


アーモンドアイ
 河内一秀 デビュー戦こそ内回りの1400mという舞台で差し届かなかったけど、その後の2戦は圧倒的な末脚での圧勝で、指数的にも水準以上のレベルを記録しているね。ただ、デビュー以来、馬体重が減り続けていることもあってか、3ヵ月の休み明けでの本番直行となった点が今回に関しては最大のポイントだと思う。中間の状態面はどう?
 くりーく この中間は目立つ時計が出ていないところが気になっています。1週前追い切りは濃霧の中で行われたため映像もなく時計も分からないので何とも言えませんが、新馬、未勝利の頃は好時計が出ていたタイプで、中間にそういった時計が記録されていないのは気掛かりです。また、個人的には濃霧の中の追い切りというのもマイナス材料※と考えていますので、人気以上の評価はしない予定です。前走は道悪で出遅れながらも、直線一気の脚での差し切り勝ちで確かにインパクトのある勝ち方でしたけど、出遅れたことにより他の馬と別の競馬をしたことと、時計の掛かる馬場がうまくハマったという感じにも見えて、良馬場ではどうかという印象もありますしね。
※この点(濃霧での追い切り)に関しては、今週の個人コラムのラストで見解を述べていますのでそちらをご覧下さい。
 伊吹雅也 加えて、今回はラッキーライラックと同等の支持を集めてしまう可能性もあるじゃないですか。もしそんなオッズが形成されるようであれば、私は逆らってみようと思っています。“JRA、かつ重賞を除くレース”において2着以下となった経験がある馬は2013年以降[0-2-1-54](複勝率5.3%)。近年の桜花賞で好走を果たした馬の大半は、デビュー戦からトントン拍子で勝ち上がってきているんですよ。この馬が新馬で先着を許したニシノウララは、現在のところ500万下ですら3着以内に入れていません。未勝利やシンザン記念で負かした馬たちも、微妙と言えば微妙なラインナップ。「この馬に勝たれたら仕方ない」という姿勢で買い目を組むのもひとつの手でしょう。ただ、データ的には・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月1日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年11月01日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(70)
閲覧 2,791ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年11月03日(金) 京都11R KBS京都賞 ファンタジーステークス
【“JRA、かつ芝、かつ出走頭数が13頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-30](複勝率28.6%)
●なし [0-0-0-14](複勝率0.0%)
→少頭数のレースでしか好走経験のない馬は不振。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ芝、かつ出走頭数が13頭以上のレース”において連対経験があるのは、アーデルワイゼコーディエライトダイシンステルラニシノウララペイシャルアスモズスーパーフレアレグルドールの7頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1400m外×キンシャサノキセキ×無条件
→複勝率4.2%、複勝回収率12%


▼2017年11月04日(土) 東京11R 京王杯2歳ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2012年以降)】
●5番手以内 [4-5-5-31](複勝率31.1%)
●6番手以下 [1-0-0-27](複勝率3.6%)
→先行力が高くない馬は過信禁物。また、前走の条件が“JRAの重賞”以外、かつ前走の単勝人気順が3番人気以下だった馬は2012年以降[0-0-0-25](複勝率0.0%)なので評価を下げましょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

ニシノウララの口コミ


口コミ一覧

京王杯出馬表

 サブ垢ロー 2017年11月3日(金) 18:42

閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 0

ブログのコピペ
https://regi mag.jp/blog/111


調教判定がだいぶ変わった。
このレース自体はやらない。予想だけ。
下に詳細をコピペしときます。

下で近158レース。まずは全体的に見て

HB判定 複勝率40%超えてる ◎1タワーオブ 〇6カシアス ▲8アサクサ
調教 複勝率50%超え ◎2トーセンアンバー 〇1タワーオブ
位置 好調 内 8アサクサゲンキ 10ピースユニヴァース 外 トーセンアンバー ニシノウララ
前  複勝率30%超え ◎8アサクサゲンキ ▲カシアス 〇マイテイワークス
後  複30%越え ◎1タワーオブ

騎手 複50%越え ルメール 厩舎 下に貼っときました。


京王杯2歳S 2010-2017年 
HB新聞 ◎勝ちなし。複勝率は42% 42頭中10頭しか馬券ならず。無印も拾うのが賢明。
調教 42頭中16頭馬券に。マンベンなく
前 42頭中7頭 前は余り成績よろしくない
後 42頭中12頭 
位置取 内・中 が好調
脚質は先行勢が複44%と好調。


1番タワーオブロンドン ルメール×藤沢厩舎 を嫌うならば (最強コンビで無碍に嫌えない)

8番 アサクサゲンキ 前▲6番カシアス 調教▽5番 タイセイプライド

穴は10番ピースユニヴァース 3番 マイテイーワークス 


10番は福島・新潟ときて距離短縮東京コース。
距離短縮もあるだろうけどロジユニ産駒ということで東京かなり走りやすいコース体系なのだろう。
自分はもうこの馬に糞内田が乗ってる時点でレース自体を買う気起きない。糞パクでなければ買ってただろう。
糞パクでもいいというならば抑えといても面白い1頭だと思う。

3番はキンシャサ産駒・2歳までのキンシャ産駒は侮れない。去年のモンドキャンのもフェアリーSのペルーがもキンサ産駒。
現にこのレースの種牡馬キンサ(1-2-0-3)相性良い

予想は
◎カシアス(キンサ産駒)
〇アサクサゲンキ
▲タワーオブロンドン
△タイセイプライド
注エンドシャイ
穴3.10


2は兄弟みても1600m以上の成績しかケッカ残してなく消したいのだが調教判定◎ついてしまって取捨に悩みレース見返しても悩ましい。
2歳なので東京でそんな差し差しも決まる思えないので悩ましいので京王杯はケンの要因。


買わないので更新は致しません。

 しんすけ46 2017年11月3日(金) 17:32
京王杯2歳ステークス
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 5

いやぁ~、何とかクラシックだけ当たったんでタコ助回避。
でもマイナスだ・・・。でもこの組み合わせで馬連10倍超えは美味しいな♪

◎⑨エントシャイデン
△①タワーオブロンドン
△④ニシノウララ
△⑤タイセイプライド
△⑩ピースユニヴァース

馬連⑨ー①・④・⑤・⑩への4点へ300円。

毎回書くけど2歳戦はわっかりましぇ~ん。
ブランボヌールの下なんで距離短縮はプラスでしょう。
馬場も荒れて来てるので外枠も良いかな?
鞍上が不安材料だけど・・・。
重賞勝馬が距離延長?なんで切ってしまいました。
小倉2歳組はタワーオブロンドンに歯が立たなかったし
函館2歳ステークスの2着馬もその後良いとこ無いしね。

めちゃんこめちゃんこめっちゃんこ♪あ~られ音頭でクピピッピ♪
今日はアラレちゃんバージョンでお送りしております

[もっと見る]

 モズ@ 2017年10月31日(火) 00:06
ファンタジーS出走予定馬の前走振り返り
閲覧 184ビュー コメント 0 ナイス 8



【アマルフィコースト】

中京2歳S 1着

12.8 - 11.4 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.5

8頭立ての単独5番手で
道中も一定ペースを保てる楽な追走。

要所での加速は良かったが、
終いは外へ寄れ気味で伸び脚が若干物足りず。



【アルモニカ】

阪神新馬戦(芝1400) 1着

12.4 - 11.0 - 11.8 - 12.3 - 11.8 - 11.4 - 11.5

2F目で逃げ馬を単独で行かせて
2番手から12.3の地点で前との差を詰める運び。

展開としては向いた感じで、
後続の追走も遅く恵まれた部分は多い。



【アーデルワイゼ】

もみじS 2着

12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 11.6 - 11.4

道中は勝ち馬と並んで走っていたが、
直線で相手の瞬発力に全く敵わず3馬身差の2着。

ラスト1Fも11.4くらいで
そんなに伸びている印象は受けない。



【コーディエライト】

新潟2歳S 2着

13.1 - 11.2 - 12.3 - 12.7 - 12.3 - 11.4 - 10.4 - 11.2

やや中弛み加減の逃げになったが、
折り合いがつき終いのトップスピード勝負にも対応。

最後は脚色が落ちてしまい
末脚の持続力には少し不安を感じる走り。



【スズカフェラリー】

りんどう賞 3着

12.3 - 10.9 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.6 - 11.5

出遅れに加えて残り200からまともな進路がなく、
3番手から完璧に運んだ勝ち馬を捕えきれず。

直線でスムーズなら2着は堅かったが、
勝ち馬を交わせたかは微妙。



【スノーガーデン】

京都未勝利戦(芝1200) 1着

12.1 - 10.8 - 11.2 - 11.5 - 11.5 - 12.1

先団が固まって飛ばす流れを
離れた後方2番手からの追走。

終いの伸び脚は良く見えたが、
周りの脚色が落ちているのでそう見えた感じはある。



【トンボイ】

阪神新馬戦(芝1200) 1着

12.7 - 11.8 - 12.3 - 11.5 - 11.3 - 11.3

他馬もしっかり付き合う形の緩逃げで1着。

後続が伸びなさ過ぎの感もあり、
この一戦だけでは何とも言えない。



【ニシノウララ】

サフラン賞 4着

13.0 - 11.5 - 12.0 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 11.5 - 11.4

勝ち馬の後ろをついていくが、
最後は完全に脚が上がって失速。

実力負けのようには映る。



【ペイシャルアス】

カンナS 1着

11.9 - 10.6 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.8

道中のペースが上がりきらない中での
瞬発力勝負を最内4番手から差し切り勝ち。

京都1400に繋がる競馬ではないような気がする。



【ベルーガ】

札幌新馬戦(芝1200) 1着

12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.4 - 12.1 - 11.5

バーチャルライン引いてるのに公式はめちゃくちゃ。

レースは3~4角緩々の運びから
直線でベルーガだけが違う脚で抜け出す形。

レベルはかなり微妙だが、
走りの雰囲気としては悪くなさそう。



【ボウルズ】

サウジアラビアRC 10着

12.3 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7

前を追いかける気持ちが強すぎるのか、
向正面で抑えきれずに外側へ斜行。
道中はずっと掛かり通しで最後は余力もなく後退。

見直しは利く内容だが、
気性が改善されないことには狙いにくい。



【モズスーパーフレア】

小倉2歳S 7着

11.8 - 10.2 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.2

速い脚を使う競馬が合わないのか良い所なく失速。

度外視できる内容ではあるが、
あまり前向きにもなれないような。



【レグルドール】

ひまわり賞 1着

12.0 - 10.5 - 11.6 - 12.1 - 11.7 - 11.7

2番手追走から12.1の所で逃げ馬との差を詰める運びで、
後半3Fは11.7前後のペースを保つような競馬。

条件やレベルは違うが、
展開的にはカンナSに近いのかなと思う。






前走の内容から狙ってみたいのは、

アマルフィコースト、コーディエライト、
スズカフェラリー、ベルーガの4頭。

ベルーガの新馬戦が評価しづらい一戦だったので、
あとは追い切りの動きなどを見て考えたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニシノウララの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ニシノウララの写真

ニシノウララ

ニシノウララの厩舎情報 VIP

2017年11月4日京王杯2歳ステークス G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニシノウララの取材メモ VIP

2017年11月4日 京王杯2歳ステークス G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。