注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

メイケイペガスター(競走馬)

注目ホース
メイケイペガスター
写真一覧
抹消  青毛 2010年1月15日生
調教師木原一良(栗東)
馬主名古屋競馬 株式会社
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績21戦[3-1-2-15]
総賞金8,897万円
収得賞金2,025万円
英字表記Meikei Pega Star
血統 フジキセキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ミルレーサー
ストームホイッスル
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ラークホイッスル
兄弟 ドラゴンストームリリカルホイッスル
前走 2016/04/24 オアシスステークス OP
次走予定

メイケイペガスターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/04/24 東京 10 オアシスS OP ダ1600 1681524.7810** 牡6 56.0 柴田善臣木原一良504(+4)1.37.8 0.836.6⑩⑩ブライトライン
15/07/26 中京 11 中京記念 G3 芝1600 1671319.1916** 牡5 56.0 津村明秀木原一良500(-6)1.34.7 1.336.5スマートオリオン
15/06/13 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 16125.939** 牡5 56.0 津村明秀木原一良506(+4)1.36.4 0.636.6⑤⑤キョウエイアシュラ
15/05/17 東京 12 BSイレブン 1600万下 ダ1600 1671417.361** 牡5 57.5 浜中俊木原一良502(-8)1.36.3 -0.336.3マノワール
15/04/25 京都 11 錦ステークス 1600万下 芝1600 8556.137** 牡5 57.0 四位洋文木原一良510(+2)1.33.0 1.034.9⑦⑧カバーストーリー
14/12/13 阪神 10 六甲アイラS 1600万下 芝1400 157133.719** 牡4 57.0 四位洋文木原一良508(+2)1.21.5 0.535.6⑩⑦ミッキーラブソング
14/11/16 京都 10 修学院S 1600万下 芝1600 14459.759** 牡4 58.0 四位洋文木原一良506(+6)1.33.3 0.733.5⑭⑭アルバタックス
14/10/18 京都 11 清水S 1600万下 芝1600 11797.222** 牡4 57.0 四位洋文木原一良500(-4)1.33.2 0.233.7⑥⑦フルーキー
14/06/15 東京 10 多摩川S 1600万下 芝1600 188167.348** 牡4 58.0 横山典弘木原一良504(+2)1.33.6 0.535.7④④シャイニープリンス
14/05/17 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1581519.784** 牡4 56.0 横山典弘木原一良502(-2)1.20.2 0.534.6⑤⑤レッドスパーダ
14/05/04 新潟 11 谷川岳S OP 芝1600 16236.5410** 牡4 56.0 藤岡佑介木原一良504(0)1.35.9 0.732.3⑯⑯サンレイレーザー
14/02/08 京都 11 すばるS OP ダ1400 167148.039** 牡4 56.0 藤田伸二木原一良504(-2)1.22.7 1.035.9⑥⑦ベストウォーリア
14/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16595.7215** 牡4 56.0 藤田伸二木原一良506(+10)1.34.8 2.336.4エキストラエンド
13/11/23 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 18489.043** 牡3 56.0 藤田伸二木原一良496(+12)1.33.3 0.134.0サトノギャラント
13/05/26 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183527.6611** 牡3 57.0 藤田伸二木原一良484(-8)2.24.9 0.635.8⑬⑥キズナ
13/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 181133.6109** 牡3 57.0 藤岡佑介木原一良492(+4)1.58.9 0.935.1⑱⑱⑱⑱ロゴタイプ
13/03/16 阪神 11 若葉S OP 芝2000 118102.718** 牡3 56.0 藤岡佑介木原一良488(-2)2.01.8 1.136.6⑩⑥レッドルーラー
13/02/10 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 10785.641** 牡3 56.0 横山典弘木原一良490(-8)1.46.0 -0.233.8ゴットフリート
13/01/19 京都 10 若駒S OP 芝2000 9115.343** 牡3 56.0 武豊木原一良498(0)2.01.9 0.234.2⑨⑨⑨⑨リヤンドファミユ
12/10/06 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 12672.0111** 牡2 55.0 川須栄彦木原一良498(-8)1.35.4 0.734.2⑨⑧テイエムイナズマ

⇒もっと見る


メイケイペガスターの関連ニュース

 2013年の共同通信杯・GIIIを勝ったメイケイペガスター(牡6歳、栗東・木原一良厩舎、父フジキセキ、母ストームホイッスル)は、5月19日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は中京競馬場で乗馬となる予定。

 メイケイペガスターは21戦3勝。獲得賞金は8897万4000円(付加賞含む)。4月24日、オアシスS10着が現役最後のレースとなった。

メイケイペガスターの競走成績はこちら

【共同通信杯】血統診断2016年02月10日(水) 05:02

 過去5年の連対馬のうち4頭がその後にGIを勝っている。東京の芝1800メートルという小細工のきかない舞台だけに、GI級の血統、能力を感じさせる馬を選びたい。

 登録馬全てがサンデーサイレンス系だけに、当然最も注目されるのがディープインパクト産駒。なかでもハートレーの血統構成が優秀だ。母ウィキッドリーパーフェクトは米2歳GI(AW1700メートル)の勝ち馬で、スピード十分で完成度も高い。

 ディープと母の父エーピーインディ系の配合はハートレー以外に目立った活躍馬は見当たらないが、この母系にはディープと相性のいいストームキャットの血が入っている。スピード、瞬発力、パワー全てに秀でており、距離も1800〜2000メートルが最適だ。

 キングオブアームズも魅力的。母アーマインはケンタッキーオークス2着馬で、古馬になってGIアップルブラッサムH(ダ1700メートル)を勝った。ダンジグ系の母の父とディープの配合にはGI7勝馬ジェンティルドンナがいる。完成はまだ先だが、将来性十分だ。

 スマートオーディンは兄弟に目立った活躍馬こそいないが、祖父フジキセキの産駒がこのレースと好相性。父ダノンシャンティは2010年の2着馬で、13年にメイケイペガスター、14年にイスラボニータと連勝している。

 マンハッタンカフェ産駒は、もまれ弱いタイプが目立つだけに少頭数の競馬は大歓迎だろう。イモータルは叔父にBCターフなどGI4勝のシロッコがおり、底力十分。リスペクトアースもドバイミレニアム(ドバイワールドCなどGI4勝)やティンバーカントリー(プリークネスSなどGI3勝)と同じファミリーで、すんなり行ければ面白い。(血統取材班)

★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【中京記念】レースを終えて…関係者談話2015年07月27日(月) 05:07

 ◆浜中騎手(ダローネガ3着) 「バテずにきているんですが、じりじりなんですよね。ボコボコの(馬場)状態もよくなかったかも」

 ◆川田騎手(エールブリーズ4着) 「2角で(メイケイペガスターがきて)力んだのでリズムを重視しました。よく頑張ってくれました」

 ◆福永騎手(カオスモス5着) 「上手に走っていたけど、1400メートル限定かな。切れる脚も使えなかった」

 ◆武豊騎手(アルバタックス6着) 「折り合いを最優先。ラスト50メートルで鈍ったけど、このメンバーでもやれるね」

 ◆川須騎手(レッドアリオン8着) 「リズムよく走れたが、坂を上ってから脚が鈍った」

 ◆幸騎手(ナリタスーパーワン9着) 「外々を回しているので伸び切れなかった」

 ◆松山騎手(ゴールドベル10着) 「リズムよく運べた。直線は内を狙えばよかった」

 ◆中谷騎手(オツウ11着) 「完璧な位置を取れた。もう少し切れるかなと思ったけど…」

 ◆パートン騎手(トーセンレーヴ12着) 「4角まではいい感じでいけたが、意外と伸びなかった」

 ◆ルメール騎手(ネオウィズダム13着) 「少し距離が長い。1400メートルがベスト」

 ◆太宰騎手(ミッキードリーム14着) 「いいポジションを取れたけど、時計がかかった方がいいですね」

 ◆小牧騎手(オリービン15着) 「勝ち馬の後ろにいたけどね。気の弱さなのかな…」

 ◆津村騎手(メイケイペガスター16着) 「3、4角で余力がなかった」

★26日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中京記念】スマートオリオンがマイルでも重賞V! 2015年07月26日() 15:46

 26日の中京11Rで行われた第63回中京記念(3歳上オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円、サマーマイルシリーズ第1戦)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の6番人気スマートオリオン(牡5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が早め先頭から押し切ってV。1年4カ月ぶりの重賞2勝目を飾った。タイムは1分33秒4(良)。

 完全に新境地を開拓した。前走のパラダイスSを制して復活を遂げたスマートオリオンが一気にマイルの壁も突破。早め先頭から押し切る横綱相撲で夏のマイル王に名乗りを上げた。

 レースは予想通りカレンブラックヒルが先行策。オリービンカオスモススマートオリオンなどが好位に続くが、3コーナー手前で加速がついたメイケイペガスターが一気に外から押し上げて先頭を奪う。さらにエールブリーズもこの動きに反応して前に行き、4コーナーではカレンブラックヒルメイケイペガスターエールブリーズスマートオリオンも加わり、4頭が横並びの形で直線へ。この争いから抜け出したスマートオリオンが先頭に立つと、他の先行馬は食い下がるものの、なかなか前との差は詰められない。馬群を割って伸びてきた13番人気の伏兵アルマディヴァンが急追したが、クビ差まで迫ったところがゴール。スマートオリオンが押し切り、関東馬のワンツーとなった。2着からクビ差の3着に3番人気のダローネガが入っている。

 スマートオリオンは、父グラスワンダー、母トロピカルレディー、母の父ウイニングチケットという血統。北海道日高町・いとう牧場の生産馬で、大川徹氏の所有馬。通算成績は23戦7勝。重賞はGIII夕刊フジ賞オーシャンS(2014年)に次いで2勝目。鹿戸雄一調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに中京記念は初勝利。

 M.デムーロ騎手は「(一昨年12月に)中山1200メートルで勝ったとき、すごくスピードがあって強かった。前走も、1400メートルで勝ってたね。すばらしいポジションで、すごく頑張った。最後だけ止まったけど、問題なかった。強かった。(25日に4コーナーで外へ行って)3回失敗したね。(馬場の)内は悪いけど、まだ速かったから」と前日の失敗を糧にした重賞Vに笑顔を見せていた。

★26日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中京記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2015年07月25日() 13:22

 中年の星の宇宙飛行士・油井亀美也さんは70年生まれの45歳。え、45歳でもう中年て言われちゃうの〜って密かに思ってしまった同世代のあなた(俺)、しっ!

 1番手はカレンブラックヒル

 最近は調教の動きもすっかり安定してきたようで、22日には秋山騎手を背に力強いフットワークを披露。ゴール前で左手前に替えると一段と鋭さを増してフィニッシュした。隙のない好仕上がり。

 メイケイペガスターはCWコースで単走。追い切りでは折り合いを欠くようなこともなく、存分にタメを利かせてラスト1Fは強烈な伸び。脚の回転が速く、こちらもかなりのデキだ。

 カオスモスは23日、福永騎手を背に栗東坂路で4F49秒0!! 坂路大将のネロを追いかけ、互角の手応えでフィニッシュしてみせた。モタれる面ものぞかせず、パフォーマーぶりは健在だ。(夕刊フジ

★中京記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【中京記念&函館2歳S】東西調教ウオッチャー 2015年07月24日(金) 05:06

 今週の東西調教ウオッチャーは重賞2レース、中京記念と函館2歳Sを取り上げる。栗東から大阪サンスポの森本、片山両記者、美浦から東京サンスポの藤沢記者、函館からは大阪サンスポの渡部記者が参加。調教の動きから狙える馬をピックアップした。

 片山 水曜朝の栗東は湿気がひどくて、熱帯のジャングルにいるみたいだった。行ったことないですけどね。

 森本 ええかげんなやっちゃな。ワシもあの蒸し暑さには参ったが、それをものともせずに中京記念に出走するカレンブラックヒルが、坂路でええ動きを見せた。馬なりで4ハロン51秒7−12秒2のシャープさ。それと甲乙つけがたい動きを披露したのがレッドアリオンや。

 片山 確かに併せ馬で相手を置き去りにしたラストの機敏さ、加速力はすごかった。橋口弘調教師はオリービンと2頭使いだけど、あの追い切りの内容からすると「やっぱりこっち」という気がする。穴っぽいのはメイケイペガスター。折り合いがついて、かつての“暴れん坊”も随分、大人になった感じ。共同通信杯の勝ち馬で、もともと能力は高く、一発の可能性はありまっせ。

 藤沢 スマートオリオンは馬なりで好時計をマーク。終始、楽な手応えのまま併せ馬で半馬身先着しました。久々に勝った前走から状態はさらに上向いていると思います。

 渡部 函館2歳Sのブランボヌールは併せ馬で持ったまま、相手を5馬身引き離し、文句なしの追い切りでした。中竹調教師も自信を持ったみたいですよ。あとマコトルーメンの動きも目をひきました。穴馬はこれでしょう。

★中京記念の出馬表はこちら★函館2歳ステークスの出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイペガスターの関連コラム

閲覧 1,258ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯」


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータル、キングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル。
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年07月29日(水) 17:39 【ウマニティ】
先週の回顧〜(7/25〜7/26)河内プロが抜群の安定感!的中率34%・回収率161%!
閲覧 180ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、26(日)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスが、中京競馬場でG3中京記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館2歳ステークスメジェルダが先頭で直線コースへ。先頭はメジェルダでリードは半馬身、2番手に、最内からコスモフレンチ、中ドナルチアヒルダ、外からはまくり気味に進出したブランボヌールの態勢。残り200mを通過、ここで外からブランボヌールが一気にメジェルダを捉えて先頭に躍り出るとぐんぐんリードを広げていきます。残り100m、抜け出したブランボヌールは完全にセーフティリード、後続は粘るヒルダ、大外からはメジャータイフーンが一気の脚で追い込んで2番手争い。結局、早めに抜け出したブランボヌールが2着に3馬身半差をつける完勝劇!世代初の重賞ウイナーにとなりました。2着にメジャータイフーン、そこからクビ差の3着にヒルダが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロシムーンプロが的中しています。
 
G3中京記念はポンとスタートを決めたカレンブラックヒルがレースを作るかと思われたところで、外からメイケイペガスターが仕掛けて先頭へ。さらには3コーナー手前で今度はエールブリーズメイケイペガスターを交わして先頭に代わって直線コースへ。先頭は直線で外目に持ち出されたエールブリーズでリードは半馬身、直後にスマートオリオン、最内カレンブラックヒルと3頭が横に並んでの叩き合い。残り200mを通過、ここでエールブリーズは後退し、カレンブラックヒルスマートオリオンの争いにカオスモスも加わります。残り100m、ここでスマートオリオンカレンブラックヒルを競り落として単独先頭に立つと、内を突いたアルマディヴァン、大外からはダローネガあたりも差し込みますが、2番手争いまで。距離延長で新味を見せたスマートオリオンがオーシャンステークス以来となる重賞制覇を飾りました!クビ差の2着にアルマディヴァン、そこからクビ差の3着にダローネガが入っています。
 
公認プロ予想家では馬っしぐらプロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
勝負レースに指定した26(日)福島11Rで単勝22.0倍サクラアルディード(カツラギ予想勝率35.2%)からの3連複79.3倍、3連単582倍を的中!26万1830円を払い戻しました!この他にも25(土)勝負レースに指定した函館8R福島11Rを筆頭に的中を連発!週末トータル的中率34%、回収率161%、収支プラス26万8160円の好成績を収めました。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
26(日)中京11R中京記念GIIIで『難解レース。ダローネガの3着付け』とコメントし、馬連170.7倍、3連単2565.9倍を見事的中!27万3360円を払い戻しました!週末トータル回収率255%、収支プラス19万1580円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
26(日)福島11Rで『右回り1800は悪くない条件だし、力もある。不向きな障害レース惨敗後の人気落ちで妙味はある感。』と狙った◎サクラルディード(22.0倍)の単複を的中!函館3Rでは『初ダートは合いそう。揉まれない大外枠もプラスだろう。』とコメントした◎ノワールギャルソン(20.2倍)の単複を的中!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率34%、回収率135%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
26(日)福島11Rで『福島も時計が掛かりだしてきた。レース展開的にも差し、追い込み馬優勢のレースとなる。立て直されて、前走とは真逆の展開が予想される』と◎ヒストリカルを本命に抜擢!○サクラアルディードとの馬連30.8倍を本線で的中させ、7万9400円を払い戻しました!
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

2015年05月19日(火) 18:16 【ウマニティ】
先週の回顧〜(5/16〜5/17)シムーンプロが的中率57%、回収率294%と絶好調!
閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、第10回G1ヴィクトリアマイルが17(日)に東京競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1ヴィクトリアマイルヌーヴォレコルトが2.2倍の1番人気、続いて2番人気がディアデラマドレで5.5倍、3番人気レッドリヴェールが7.8倍でここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは大外からミナレットが絶好のスタートを決めて先頭に立ちます。2番手にケイアイエレガント、続いてレッドリヴェールリトルゲルダストレイトガールヌーヴォレコルトと先行集団を形成。中団からはベルルミエールカフェブリリアントハナズゴールショウナンパンドラタガノエトワールウエスタンメルシースイートサルサが追走。そこから2馬身程間があいてアルマディヴァンディアデラマドレバウンスシャッセメイショウマンボと続いて最後方にスマートレイアーの態勢。飛ばして先頭を行くミナレットが刻んだペースは前半600mを34秒3(参考)。緩みにない流れで大逃げの様相となり、馬群は縦長の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はミナレットでリードは6馬身、離れた2番手に単独追走するケイアイエレガント、その後ろからはリトルゲルダでその後方は横一線の団子状態。残り400mを通過しても依然逃げるミナレットのリードは5馬身ほどで2番手もケイアイエレガントの形で2頭が完全に抜け出して場内からはどよめきが上がります。残り200mを通過しても逃げるミナレットの脚色はなかなか衰えず、差を詰めてきたケイアイエレガントと2頭での追い比べ。残り100mを通過、ここでようやくミナレットに並びかけたケイアイエレガントが先頭に変わると、エンジンかかったストレイトガールが鋭い差し脚で猛追。抜け出したケイアイエレガントをゴール寸前で捉えて悲願の初GI制覇を飾りました。アタマ差の2着にはケイアイエレガント、そこから1馬身3/4差の3着にミナレットが入っています。勝ちタイムは1分31秒9(良)。
 
公認プロ予想家の中ではスガダイプロサラマッポプロが的中を記録しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(日)京都10Rで『折り合い面から1200で新味が出そう。』と評した単勝23倍の◎ジャストドゥイングをはじめ、東京12Rの『1走走ったことのあるダートでの敗戦は外々を回るロスの多い競馬。上手く立ち回れば可能性はある。』と狙った◎メイケイペガスターなど中穴での的中を連発!週末トータル的中率57%、回収率294%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『昨年のこのレースでは、直線で上手く捌けず、ほとんどまともに追えない状況だったが0.1秒差の3着。条件さえ整えば香港スプリントでも上位を争えるほどの実力馬。』と評価した◎ストレイトガールの単勝、▲ケイアイエレガントとの馬連368.8倍、ワイド54.1倍を的中!17万2940円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『前走は大敗していますが4角から直線入ってすぐの脚色は悪くなく、着差着順ほど状態が悪いとは思わない、調教の動きもなかなか良くこのオッズは妙味十分』と◎ストレイトガールを本命に抜擢し、×ケイアイエレガントとのワイド54.1倍を的中!京都8Rでは単勝52.1倍の大穴、◎ボールドジャパンからのワイド320.4倍、126.6倍を的中!週末トータル回収率122%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
17(日)京都9Rで◎○△の印で3連単258.2倍を2500円的中!64万5500円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率129%、収支プラス21万2300円をマークしています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


「TCK007」

[もっと見る]

2014年02月15日() 00:00
濃霧注意報〜共同通信杯(2014年)展望〜
閲覧 123ビュー コメント 0 ナイス 4

「またかよ……」という声が全国から聞こえてきそうな、再びの大雪。
これにより、東京の土曜開催はあっさりと中止に追い込まれてしまいました。
2週連続変則開催となると調子を崩す馬も少なからず居そうですし、
馬を管理する陣営にとっても、予想する我々にとっても、頭の痛い天気だと言えます。

今週は先週に引き続き、3歳重賞の共同通信杯に触れてみようと思ったのですが、
雪の影響が果たしてどこまで残るのか……。
天気は徐々に回復してくるようですので、恐らく開催自体は予定通り行われるものと思われますが、
馬場状態がどうなるのかとか、枠の有利不利の具合はどうかとか、
不透明な要素が多くある中での予想を強いられることになりそうです。

コラムを書く上でも、こうした要素があるというのは非常に困ります。
それでも少しでも正解に近いところに辿り付けるよう、頑張って綴っていきたいと思います。



先週行われたきさらぎ賞と同様に小頭数になりがちですが、その分質の高いメンバーが集まる当レース。
一昨年……12年には後の皐月賞馬ゴールドシップと後のダービー馬ディープブリランテがワンツーを決めるなど、
春の大舞台にも大きな影響力を持つレースと言えます。

舞台そのものは2歳秋に行われている東スポ杯2歳Sと同じなのですが、
近年の好走馬の名前を見ると何だか違和感が。
昨年の勝ち馬であるメイケイペガスターはともかく、12年の勝ち馬ゴールドシップと11年の勝ち馬ナカヤマナイト
今や完全に"中山巧者"として扱われているこの2頭が勝ち切っているというのは面白い点ですよね。
馬券圏内の3着馬まで見てみると、昨年の2着馬ゴットフリートと3着のマイネルストラーノは共に中山の重賞・OPの好走馬。
12年の2着馬ディープブリランテも中山のスプリングS、皐月賞を好走していますし、
11年の2着馬ユニバーサルバンクと3着のディープサウンドもまた、古馬になってから中山で好走しています。
東京の重賞でありながら、中山的なスタミナや持続力が求められる不思議なレースと言えるでしょう。

その一方で、メイケイペガスターや09年の勝ち馬ブレイクランアウトのような、
ハマると恐ろしく斬れる末脚を使うタイプの馬も好走していることから、
"中山っぽい"馬か、"キレッキレ"の馬のどちらかを狙うのが良さそうです。

"中山っぽい"というイメージでまず目に付くのはピオネロ
父のネオユニヴァースの血は中山でやたらと輝きますし、本馬自身、1月の京成杯で4着に頑張っています。
極端な瞬発力勝負になると分が悪そうですが、前述したようなレース質のここなら前走以上が狙えそう。
道悪競馬だった札幌2歳Sで最後伸び切れなかったように、雪の影響が強く残った時がどうかですが、
昨夏の函館ほどの特殊な馬場になることは稀。
血統的には適度に時計の掛かる馬場の方が合っていそうですし、馬場適性に関してはそれほど心配しなくていいのかも。

父、母父がいずれも中山の重賞を勝っているマイネルフロストも"中山っぽい"1頭。
近走は馬券に絡めていませんが、2走前はピオネロの項でも触れた、超の字の付く道悪馬場だった札幌2歳S。
前走のラジオNIKKEI杯は4ヶ月ぶりの競馬で、前崩れの流れの中を積極的に好位で進めてしまったもの。
馬場やローテ、展開を考えると、いずれも力負けと判断していいのか悩むところです。
今回は調教の動きからも叩いた上積みを感じますし、ロス無く運べる内枠も引きました。
東京のデビュー戦で強い走りを見せているように、舞台変わりもプラス材料。
多くの点で前走以上の条件が整っているのは不気味。逃げてペースを作るようなことになれば尚怖い存在になりそうです。

上記2頭のような中山っぽさは感じませんが、このレース向きのスタミナを持っていそうなのがサトノアラジン
自身はまだ1600〜2000mまでしか経験していませんが、全姉のラキシスは京都外回り2200mや、阪神内回り2200mといった、
比較的タフな舞台で実績を積み上げてきた馬。
本馬も新潟外回りコースのデビュー戦で、姉のようなじわーっとした伸び方で勝利しているだけに、
血統の見た目以上にタフな持続力を秘めている可能性があります。
ただ、こうした個性を生かすのに必須と言える先行競馬の経験がないというのはマイナス材料。
岩田騎手に乗り替わったことで前向きな競馬が出来れば、結果もまた変わってきそうなのですが。

同舞台の東スポ杯2歳Sを制しているイスラボニータも、今回は評価が難しそう。
フジキセキ×母父コジーン血統はマイラーっぽく、スタミナはあまり感じませんし、
"キレッキレ"と言えるほど末脚に破壊力があるわけでもありません。
現時点での完成度とレースセンスは一枚上と言えそうですが、
それだけで1kg重い斤量&大外枠という不安材料をカバー出来るかどうか。
3ヶ月ぶりの実戦で前走以上の走りが出来るようならば、春の活躍も大いに期待できそうですが……。
最終結論の予想印に関わらず、走りに注目したい1頭と言えます。

"キレッキレ"というイメージに近いのは、ハマった時のガリバルディ
2走前の未勝利戦では、他馬よりも1秒以上速い上がりの脚で差し切り勝ちを決めています。
前走の福寿草特別はコーナー4つの内回りコースでジリジリとしか伸びませんでしたが、
勝った阪神外回りに近い今回の舞台ならば伸びが違う可能性があります。
半兄姉のマルカシェンクザレマの戦績からも見て取れるように、人気ではあまり信頼できない母系ではありますが、
程良いオッズに落ち着くようならば思い切って狙ってみる手もアリでしょう。

末脚に威力があるのはショウナンワダチも同様ですが、
こちらは父ショウナンカンプ×母父クロフネという、短距離寄りの血統がどうしても引っ掛かるところ。
レースぶりからは1800mくらいならこなしそうですが、当レース好走馬のイメージからは少しズレる気がします。
それならば、スタミナ満点の母系出身で、地味に2戦連続上がり最速のローハイドの方が妙味がありそう。
ここまで戦ってきた相手が弱めな分人気上位馬との比較は難しいですが、相手なりに走りそうなイメージもあり……。
ヒモ候補として注目してみたいですね。



トーセンスターダムバンドワゴンが抜けた人気だったきさらぎ賞よりもオッズがバラけそうな今回。
人によって見方がかなり変わりそうで、様々な予想が飛び交いそうな一戦になりそうです。
天気のおかげで頭は痛いですが、そうやって「あーでもない、こーでもない」と悩むのも競馬の醍醐味。
頭痛を快楽に変えるような、会心の的中を目指して頑張っていきましょう。

[もっと見る]

2013年05月28日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜181万馬券的中の☆まんでがんプロ!ダービーも的中!
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、26(日)に東京競馬場でG1東京優駿(日本ダービー)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1日本ダービーの最終オッズは、キズナが単勝2.9倍で1番人気。差が無く3.0倍でロゴタイプが2番人気。以下6.1倍でエピファネイア、7.6倍でコディーノと続き、5番人気ヒラボクディープから単勝20倍以上を付ける4強の構図となりました。
迎えたスタートは各馬まずまずといった様子で大きな出遅れは無し。内からアポロソニック、外からサムソンズプライドの2頭が出を窺いますが、これをアポロソニックが制してハナへ。3番手以下には、ペプチドアマゾンフラムドグロワールロゴタイプクラウンレガーロらで好位集団を形成。中団にエピファネイアコディーノミヤジタイガタマモベストプレイヒラボクディープメイケイペガスターらが続きます。後方にかけてはラブリーデイマイネルホウオウキズナテイエムイナズマアクションスターが位置取り、最後方にレッドレイヴンの態勢で向う正面へ。
ここで抑えが効かなくなったメイケイペガスターが押し上げていき、一気に先頭へ。先頭メイケイペガスターに代わった馬群は、前半1000mを60秒3の平均ペースで通過していきます。有力どころは、ロゴタイプが中団グループの前方、、コディーノエピファネイアが直後の中団、キズナは依然後方のままで3〜4コーナーを回ります。
直線を向いてアポロソニックが再び先頭に立ち、2番手集団は横に広がって一斉に追い出しを開始。ペプチドアマゾンロゴタイプが伸びを見せ、その後ろからはエピファネイアコディーノも迫ります。
しかし、ロゴタイプコディーノは直線半ばを迎えたところで伸びひと息で一歩後退。残り100mで3分どころからエピファネイアが、ペプチドアマゾンアポロソニックを交わして先頭に躍り出ると、大外からはキズナが鋭い伸びで猛追。ゴール直前でエピファネイアキズナが馬体を並べますが、勢いは完全に外のキズナ。結局1/2馬身差でキズナが抜け出してV。2着にはあと僅かのところで戴冠を逃したエピファネイアがそのまま入り、そこから1馬身1/4差の3着にはロゴタイプペプチドアマゾンとの際どい争いを制した8番人気アポロソニックが入っています。勝ち時計は2分24秒3。(良)

公認プロ予想家の中では、導師嵐山プロ☆まんでがんプロ仲谷光太郎プロサラマッポプロ栗山求プロが的中をマークしました。

その他では3連単プリンスプロ夢月プロkmプロdream1002プロ3連複プリンセスプロがスマッシュヒットを見せています。


☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
26(日)京都8Rで▲◎△で3連単181万2780円馬券を見事的中!G1日本ダービーも馬連2点勝負で5000円分的中を記録。土日トータルでは、回収率422%・収支151万7280円のプラスを記録しています!

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
こちらも26(日)京都8Rで3連単181万2780円馬券を的中しています!週末のトータルでは、回収率657%・収支159万1390円プラスのトップ成績をマーク!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
25(土)東京5Rで、単勝51.3倍のマイネオレンジ一点勝負的中をマーク!51万3000円払戻しのホームランとなりました。26(日)東京8Rでも13万7000円のスマッシュヒットを記録しています。土日トータル成績は、回収率186%・収支41万4000円のプラスをマークしました!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
26(日)東京4Rで3連単29万7670円馬券的中のスマッシュヒットを披露!週末のトータルでは、回収率122%・収支10万5970円のプラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
25(土)東京7Rで単勝一点的中し、17万9000円の払戻しを記録すると、京都8Rでは○△◎で3連複1000円分的中を披露!こちらも17万6800円のスマッシュヒットとなりました。土日トータルでは、回収率125%・収支7万9960円のプラスを記録。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
26(日)京都5Rで馬連208.0倍を的中し、12万4800円払戻しのスマッシュヒットを記録。G1日本ダービーでも、馬連&3連複のW的中をマークしました。

他には、3連複プリンセスプロ馬単マスタープロが土日トータル100%超の好成績を収めています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1・安田記念!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご期待下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年05月25日() 20:29 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 ダービー編
閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 17

みなさん、こんにちは。

久しぶりの執筆です。サボりすぎました(涙)

さて、今週は4強ムードのダービーですが、
調教過程に工夫が見られる2頭を本線に狙いたい。

まずはJCの外国馬か?と思わせる東京競馬場での最終追い切りで、
この奇策がプラスに出ると見てコディーノを本命。
中間のウッドの動きも目立ち、人気的にも狙い目。

相手は調教内容一変のメイケイペガスター
時計の出やすいCWだったが、2週連続でビッシリ追い、好時計。
坂路でバタバタだった前走とは見違える動きで、調教の変化に注目。

あとは引き続きウッドで動いているロゴタイプと、
坂路では動かないタイプだが、今週の動きが良かったキズナは人気でも押さえる。


ダービーデーは早起きして競馬場で生観戦です。
ダービー以外でも、目黒記念のクリールカイザーカフナ
シンボリルドルフCのカネトシマーシャルアーデントラロメリアなど、
調教好走組を応援してきます!

歴史の残る名勝負に期待ですね♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイペガスターの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

メイケイペガスターの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

メイケイペガスターの写真

メイケイペガスター

メイケイペガスターの厩舎情報 VIP

2016年4月24日オアシスステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイケイペガスターの取材メモ VIP

2015年7月26日 トヨタ賞中京記念 G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。