注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ジャングルクルーズ(競走馬)

注目ホース
ジャングルクルーズ
ジャングルクルーズ
写真一覧
現役 セ8 鹿毛 2009年3月6日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主窪田 芳郎
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績27戦[4-6-5-12]
総賞金12,891万円
収得賞金2,200万円
英字表記Jungle Cruise
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
フィヨルドクルーズ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ライラアラウィ
兄弟 スペースクルーズサウスポールツアー
前走 2017/02/18 ダイヤモンドS G3
次走予定

ジャングルクルーズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 154640.3812** セ8 56.0 四位洋文藤沢和雄514(0)3.36.5 1.335.0⑨⑨⑦⑧アルバート
16/12/03 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 135621.646** セ7 56.0 四位洋文藤沢和雄514(+12)3.48.9 1.536.2⑪⑪⑪⑨アルバート
16/09/04 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 13578.333** セ7 56.0 四位洋文藤沢和雄502(-8)2.41.8 0.735.8⑦⑦⑧⑥ヤマカツライデン
16/08/06 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 144513.763** セ7 56.0 四位洋文藤沢和雄510(-2)2.40.1 0.335.5⑤⑤⑧⑤モンドインテロ
16/05/29 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1881829.3911** セ7 56.0 内田博幸藤沢和雄512(-8)2.31.3 0.734.7⑭⑭⑭⑬クリプトグラム
16/04/23 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 6222.426** セ7 56.0 内田博幸藤沢和雄520(+10)2.27.4 1.235.3④⑤⑤⑤モンドインテロ
15/11/29 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1824166.9174** セ6 57.0 北村宏司藤沢和雄510(0)2.25.0 0.333.9⑬⑭⑪⑮ショウナンパンドラ
15/08/29 札幌 11 オールスタ2 1600万下 芝2000 14587.841** セ6 58.0 J.モレイ藤沢和雄510(+4)2.00.5 -0.235.6⑦⑦⑨⑥ミエノワンダー
15/02/08 東京 10 早春S 1600万下 芝2400 13223.829** セ6 57.0 北村宏司藤沢和雄506(+4)2.30.4 1.837.2⑤⑤④④メイショウカドマツ
14/11/22 東京 10 南武特別 1000万下 芝2400 175106.041** セ5 57.0 北村宏司藤沢和雄502(0)2.26.1 -0.334.5⑤④④ストーミング
14/10/12 東京 8 3歳以上500万下 芝2400 165102.411** セ5 57.0 北村宏司藤沢和雄502(-4)2.25.2 -0.135.0⑦⑧⑦④タイセイグルーヴィ
14/09/06 札幌 8 3歳以上500万下 芝2000 16123.312** セ5 57.0 福永祐一藤沢和雄506(+4)2.00.9 0.036.2⑥⑥⑤コーディリア
14/03/09 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 157122.013** セ5 57.0 北村宏司藤沢和雄502(-2)2.01.9 0.835.7⑥⑥④マイネルミラノ
14/02/24 東京 8 4歳以上500万下 芝2400 16113.922** セ5 57.0 北村宏司藤沢和雄504(+8)2.26.8 0.234.0⑭⑬⑬⑪アナンジュパス
13/11/24 東京 6 3歳以上500万下 芝2400 17113.512** セ4 57.0 R.ムーア藤沢和雄496(-4)2.25.9 0.035.0⑩⑩⑩⑧ローレルラスター
13/11/09 福島 8 3歳以上500万下 芝2000 16471.913** セ4 55△ 杉原誠人藤沢和雄500(-2)1.59.2 0.635.0⑨⑩⑨⑦マグメル
13/10/27 新潟 6 3歳以上500万下 ダ1800 12223.316** セ4 55△ 杉原誠人藤沢和雄502(0)1.54.9 0.737.8⑨⑧⑧⑧アテンファースト
13/10/14 東京 7 3歳以上500万下 芝1800 136910.743** セ4 57.0 北村宏司藤沢和雄502(-8)1.48.5 0.433.1⑥⑥⑥ホロウクラウン
12/12/24 中山 7 3歳以上500万下 芝2000 18473.614** 牡3 56.0 内田博幸藤沢和雄510(0)2.03.5 0.434.8⑱⑱⑰⑭コスモユッカ
12/11/25 東京 6 3歳以上500万下 芝2400 18112.615** 牡3 55.0 横山典弘藤沢和雄510(+2)2.25.3 0.535.0アナンジュパス

⇒もっと見る


ジャングルクルーズの関連ニュース

【ダイヤモンド】追って一言

2017年02月16日(木) 05:01

 ◆カフジプリンス・甲斐助手 「状態は良好。ペースが上がったときについて行ければ勝ち負け」

 ◆キングルアウ奥村豊師 「ハンデ(51キロ)は軽いし、行く馬もいないので長所のスタミナを生かせれば」

 ◆サイモントルナーレ・藤田騎手 「3000メートル以上のレースに乗るのは初めてなので、先輩方に話を聞いてしっかり乗ってきたい」

 ◆サムソンズプライド・杉浦師 「流れに乗れなかったステイヤーズSでもそれなりに走れたように持久力はある」

 ◆ジャングルクルーズ・津曲助手 「3000メートル超は前走が初めてだったが、うまく我慢が利いていた。東京替わりは歓迎」

 ◆トウシンモンステラ・村山師 「距離が課題だが、ハンデを生かしてうまく立ち回れれば」

 ◆トーセンレーヴ・フォーリー騎手 「乗り込んできてどこまで良くなっているかですね。距離適性はあると思う」

 ◆ファタモルガーナ・荒川師 「先週も今週も動きは良く、状態はいい」

 ◆フェイムゲーム・北村宏騎手 「ジャパンCを使う前より中身がしっかりしている。走れる状態にある」

 ◆フェスティヴイェル・畠山師 「オープンの壁は厚いので」

 ◆プレストウィック・武藤師 「冬場にしては体に柔軟性があっていい雰囲気」

 ◆プロレタリアト・小島茂師 「体の動きも、息も良くなっている」

 ◆ヘイローフォンテン・石毛師 「状態はいい」

 ◆ムスカテール・友道師 「9歳でも元気で毛づやもいい」

 ◆ラブラドライト・斉藤崇師 「状態はよかった頃に近づいている」

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ダイヤモンド】レース展望 2017年02月14日(火) 16:59

 東京はフェブラリーSウイークに入ったが、土曜にも伝統の長距離重賞ダイヤモンドステークス(GIII、芝3400メートル)が組まれている。年間唯一の施行となる3400メートル戦に古豪と新星、さらにスタミナ自慢の格下馬が参戦。ハンデも絡んで馬券的な妙味もたっぷりある。

 注目は何といってもフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)だろう。今年で4年連続の参戦となるが、過去3年は1、1、2着。昨年は伏兵トゥインクルの大駆けに屈したが、舞台適性の高さは疑う余地もない。ハンデは昨年より0.5キロ軽い58キロ。一昨年は58キロを背負った天皇賞・春でゴールドシップのクビ差2着に好走している。この相手なら、トップハンデタイでも譲れないところだ。

 一方、平地最長距離レースのステイヤーズSを連覇しているのがアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)。GIでは壁に当たっている印象だが、長丁場のGIIでは安定している。東京コースでは3勝を挙げており、昨年のアルゼンチン共和国杯ではフェイムゲームに先着して2着。当時はフェイムゲームより1キロ軽い斤量だったが、今回は同じ58キロとなっただけに、互角の戦いが見込まれる。頼れる鞍上ライアン・ムーア騎手とのコンビで3度目の重賞Vを狙う構えだ。

 重ハンデの2頭に食い込むとすれば、カフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)だろう。菊花賞日経新春杯ともうひと伸びを欠いている現状だが、まだまだ成長の余地を残す4歳馬。ハンデは据え置きの54キロで、経験を積みながら地力をつけているだけに、上積みが期待できる。

 明けて9歳となったファタモルガーナ(栗東・荒川義之厩舎、セン)も健在だ。昨年のステイヤーズSではアルバートにクビ差2着と食い下がり、スタミナに衰えがないことを証明した。ダイヤモンドSも過去3度挑戦して6、2、3着と実績十分。ハンデは56キロだが、見せ場以上も期待できる。

 一昨年のジャパンCで4着の実績があるジャングルクルーズ(美浦・藤沢和雄厩舎、セン8歳)=56キロ、ステイヤーズS4着で見せ場があったプレストウィック(美浦・武藤善則厩舎、牡6歳)=54キロ、万葉S(京都芝3000メートル)で2度の2着があるラブラドライト(栗東・斉藤崇史厩舎、セン8歳)=51キロ=なども長丁場の実績があり、好走の期待がかかる。また、成績的に大きな変わり身こそ見込めないが、藤田菜七子騎手と昨年の目黒記念以来となるコンビを組むベテラン、サイモントルナーレ(美浦・田中清隆厩舎、牡11歳)=48キロ=の参戦も話題を呼びそうだ。

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】特別登録馬2017年02月13日(月) 17:30

[もっと見る]

【ステイヤーズ】クルーズ初マラソン克服に手応え 2016年12月02日(金) 12:09

 ジャングルクルーズは札幌のOP丹頂S3着以来、3カ月ぶりのレースになる。除外が見込まれた先週のジャパンCは直前で出走が可能になったが、「騎手のことまで考えて、無理はしなかった」と、藤沢和調教師は1週待機を選択した。その分、乗り込みは入念で、「腰に疲れが残るタイプだから、間隔を空けてやったほうがいいんだ」とニッコリ。

 思えば昨年のジャパンC4着馬。「お母さんも長い距離で強かったし、実際、札幌の2600メートルでいい走りを見せていたからね」。初のマラソンレースも克服へ手応え十分だ。

(夕刊フジ)

ステイヤーズSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ステイヤーズ】厩舎の話2016年12月02日(金) 05:03

 ◆アルバート・ムーア騎手 「状態は良さそう。去年勝っているレースなので何も問題ない。楽しみ」

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「動きは良かった。スタミナはある」

 ◆カムフィー・池上和師 「うまく我慢ができて、リズム良く走れていた」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「ダート調教はいつも動くタイプ」

 ◆サムソンズプライド・杉浦師 「寒い季節がいい馬で中山も合う」

 ◆ジャングルクルーズ・藤沢和師 「仕上がりはいい。初めての距離になるが、問題ない」

 ◆タマモベストプレイ・南井師 「時計を要したが、先週もしっかりと追って、元気はいい」

 ◆ファタモルガーナ・荒川師 「動きも反応も良く、ひと叩きの効果がうかがえるね」

 ◆プレストウィック・武藤師 「けいこはいい感じに動いていた。距離は問題ない」

 ◆プロモントーリオ・北村宏騎手 「(去勢手術明けで)つかみ切れない部分はあるが、動きはまずまず」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「今回は坂路追いに替えた。距離は問題ないだろう」

 ◆マドリードカフェ・荒川師 「ここが目標。長距離でも右回りなら動けるタイプ」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「しっかりとやれた。右回りはスムーズ。距離もおそらく大丈夫」

ステイヤーズステークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ステイヤーズ】追って一言2016年12月01日(木) 05:03

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「動きは良かった。馬場状態など少し助けは欲しいが、3600メートルはいいと思う」

 ◆カムフィー・池上和師 「うまく我慢が利いてリズム良く走れていた。前走の反動もなくいい状態」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「ダート調教はいつも動く。今回は別定戦(56キロ)なので、そのあたりがどうかな」

 ◆サムソンズプライド・杉浦師 「寒い時季がいい馬で、中山も合う。相手は強いが、前々でレースを運んでどこまで」

 ◆ジャングルクルーズ・藤沢和師 「仕上がりはいい。初めての距離だが問題ないし、楽しみはある」

 ◆タマモベストプレイ・南井師 「時計を要したが、先週もしっかり追ってあるし、元気はいいね。すんなり先行してしぶとさを生かしたい」

 ◆ファタモルガーナ・荒川師 「動きも反応も良く、ひと叩きの効果がうかがえる。得意の長丁場で蛯名騎手に任せるだけ」

 ◆プレストウィック・武藤師 「いい感じに動いていた。前回は馬混みに入れず掛かったので、内枠が欲しい。距離は問題ない」

 ◆プロモントーリオ・北村宏騎手 「動きはまずまずで、仕上がりは悪くない。(去勢手術明けで)つかみ切れない部分はあるが、どんな競馬ができるか」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「今回は坂路追い。昨年4着なので、距離は問題ないだろう」

 ◆マドリードカフェ・荒川師 「休み明けを叩いてここが目標。長距離でも右回りなら動ける」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「相手が思ったほど動かなかったが、しっかりとやれた。右回りの方がスムーズだし、距離も恐らく大丈夫」

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャングルクルーズの関連コラム

閲覧 333ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバートフェイムゲームファタモルガーナの3頭。
第2グループ(黄)は、カフジプリンスラブラドライトの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ムスカテールサイモントルナーレの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間で目立つのは総合ポイント3位のファタモルガーナカフジプリンス間の2.1の溝、その他では大きな溝はない分布となっています。

私の本命は◎カフジプリンスにしたいと思います。ご存知の方も多いと思いますが、とにかく出脚、反応が鈍く置かれてしまう馬ですが、一方で札幌の阿寒湖特別で見せた持続力、ラストの坂でもグイグイ伸びてくるパワー、スタミナは素晴らしいものがあります。今回の3400mへの距離延長と広い東京コース変わりは間違いなく絶好の条件です。

以下、○アルバート、▲フェイムゲーム、△ファタモルガーナムスカテールジャングルクルーズプレストウィック、☆フェスティヴイェルと印を打ちます。

【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点

アルバートフェイムゲームは58キロですし、ここは強気に頭固定でいきたいと思います!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月07日(水) 11:24 ター坊
『凄馬出馬表&馬券検討』12/3〜12/4の結果(チャンピオンズカップ・ステイヤーズステークス)
閲覧 136ビュー コメント 0 ナイス 0

12月4日(日)に行われました中京11Rの「チャンピオンズカップG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】サウンドトゥルー(15.9倍)
2着:総合ポイント【2位】△アウォーディー(2.2倍)
3着:総合ポイント【9位】アスカノロマン(40.4倍)

第3グループ・総合ポイント11位のサウンドトゥルーが1着、第1グループ・総合ポイント2位のアウォーディーが2着、第3グループ・総合ポイント9位のアスカノロマンが3着という結果でした。

このレースは完敗でした。期待した◎コパノリッキーは早々と手応えがなくなり、13着に惨敗。ペースが流れたとはいえ、この結果はちょっと予想外でした(+_+) 競馬は難しいです、、。

【3連単フォーメーション】
11

2,5,12,14

2,4,5,6,7,9,12,14

11

2,4,5,6,7,9,12,14

2,5,12,14

56点 払い戻し0円


続いて12月3日(土)に行われました中山11Rの「ステイヤーズステークスG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(1.3倍)
2着:総合ポイント【3位】△ファタモルガーナ(17.4倍)
3着:総合ポイント【2位】▲モンドインテロ(3.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第2グループ・総合ポイント3位のファタモルガーナが2着、第3グループ・総合ポイント2位のモンドインテロが3着という結果でした。

こちらは、凄馬出馬表的には1→3→2位で万々歳な結果。しかし......。人気もワン・ツー・スリーということで、私には一生獲れないであろう決着に(苦笑)。◎ジャングルクルーズは+12キロということで少し重めもあったでしょうか。いずれにしても、人気上位勢の死角を見つけようとした時点で負けのレースでしたね(+_+)


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
6=3,8,13=1,2,3,4,5,7,8,11,13(21点)払い戻し0円

[もっと見る]

2016年12月03日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第229回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ステイヤーズステークス G2
閲覧 538ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ステイヤーズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバート1頭。
第2グループ(黄)は、モンドインテロから1.0ポイント差(約1馬身差)内のファタモルガーナまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、タマモベストプレイ1頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

各馬間の差に目を向けると、上位勢に1.0ポイント程度の開きが乱立する珍しい配置となっています。ただ、長距離戦だけに、中距離で過去にマークした指数が評価されている馬などには注意が必要で、今回の条件での上昇度がポイントになってくるレースとみています。

そんな中、今回の私の◎はジャングルクルーズとしました。横綱競馬をするであろう○アルバートが作る、後半タフな流れで外から差してくる馬を狙いたいレース。開催初日なので、決め打ちするしかありませんが、馬場的にも“エアレーションあるある”の開幕週の差し馬場状態になっているとみて本命視します。3000m超のレースは初めてですが、近2走北海道の長距離戦でマークした指数と安定した末脚に期待。○アルバートを倒しに行こうとする上位人気勢がコケるような展開になれば、この馬の一角崩しのシーンがあるのではとみています。
▲にモンドインテロ。重賞ではこれまで人気以下の着順(全て東京)しかとったことがない点は気になりますが、さすがに今回は馬券には絡めるのでは。人気妙味はまったくないものの、これ以上印は下げられない印象で3番手評価。
☆にカムフィー。適性は証明済みですが、その分こちらも人気してしまいそうで、それでいて今年は大外枠。最後の直線は別として、道中外々を回らされるような展開になると厳しいかもしれませんが、それを割り引いてもこの舞台では堅実に走ってきそうな一頭です。
そして、今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
6=3,8,13=1,2,3,4,5,7,8,11,13(21点)

[もっと見る]

2016年11月30日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年11月30日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(23)
閲覧 1,879ビュー コメント 0 ナイス 1

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月03日(土) 中山11R スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス
【前年以前のステイヤーズステークスにおいて連対経験がなかった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●5位以内 [4-5-3-18](複勝率40.0%)
●6位以下 [0-0-0-44](複勝率0.0%)
→既にこのレースで優勝を争った経験がある馬と、前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークした馬に注目したい一戦。特別登録を行った馬のうち、2015年以前のステイヤーズステークスにおいて連対経験があるのはアルバートカムフィーファタモルガーナの3頭だけ、前走の上がり3ハロンタイム順位が5位以内なのはアルバートジャングルクルーズの2頭だけでした。


▼2016年12月03日(土) 中京11R 金鯱賞
【前走の着順別成績(2012年以降)】
●4着以内 [2-2-4-7](複勝率53.3%)
●5着以下 [2-2-0-36](複勝率10.0%)
→現在の施行時期に移った2012年以降は前走好走馬が堅実。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が4着以内なのは、ヴォルシェーブデニムアンドルビートルークマクトパドルウィールの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 17:00 スガダイ
【スガダイのG1番付&今週の注目馬情報先取りV.I.Pパック】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 2,764ビュー コメント 0 ナイス 5

 特別企画の「2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラム」はなかなか好評を博しているみたいだね。ウマニティにとってはありがたい話だし、自分にとっても刺激になる。ここでは、スガダイ担当の2レース目となるジャパンカップ出走予定馬の寸評をお伝えしていくので、おおいに活用してほしい。僕のコラムのコンセプトについては、前回の天皇賞(秋)分をご参照あれ。
 では、ジャパンカップの番付を発表していこう。

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 16:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 1,695ビュー コメント 0 ナイス 4

一流半とも言われていた外国馬を相手に、国内最強級が束になっても手も足も出せなかった、開設当初のジャパンカップ。今年で36回目となるジャパンカップは、その立場が完全に逆転。現在は“国内古馬と3歳馬の比較”が焦点のレースとなっている。ジャパンカップという名称は名ばかりか。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


先に外国馬について語っておこう。先に述べたとおり、1981年の開設から17年ほどは猛威を奮ってきた外国馬も、1998年以降は2002年ファルブラヴ(中山芝2200m施行)と2005年アルカセットの2勝だけ。とくに2006年ディープインパクトが走って以降は、延べ39戦して1度も馬券に絡めず、掲示板どころか、2桁着順(10着以下)でなければ健闘と言えてしまう部類。開設当初のジャパンカップとはまるで別レースのようになってきた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ジャングルクルーズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 9

明日は東西で重賞が行われますけど、
東京の1Rと9Rに今季のPOG馬が登場する事もあって、ややイレ込み気味です。


東京1Rのコロニアルスタイルは抜けた人気になるかもしれません。
前走は外枠から砂を被らない競馬をしたので、
内めの枠を引いた今回もしっかり走る事ができれば、将来的にも楽しみな存在になると思います。

鞍上はフェブラリーSが一世一代の大勝負となる津村騎手!
土曜の1Rをスカッと制して、幸先のいいスタートを切ってもらいたいです。


東京9R・フリージア賞には、トリコロールブルーとマイネルズイーガーが登場。

トリコロールブルーは脚元があまり丈夫じゃないので、休み休みのローテになってしまいますが、
直線の長い東京コースでなら本領発揮してくれるのではないでしょうか。

マイネルズイーガーの方は試練の大外枠に入ってしまいました。
東京コースの瞬発力勝負も不向きなんですけど、
今週の追い切りで古馬をあおる動きを見せていたようなので、ひょっとしたら…という思いもあります。


それでは、明日の重賞の展望です。


【京都牝馬ステークス】

◎ウインファビラス

伏兵のウインファビラスが本命ですので、
ここは複勝1点の馬券で勝負します。

大外枠に入ってしまいましたが、近2走は着順以上に内容の濃い走りをしていました。
特に、前走・ニューイヤーSは内枠からロスの少ない競馬が出来たとはいえ、
そこそこのメンバーがそろっていた牡馬混合オープン特別での3着確保は価値があると思います。

前走は残り100mあたりから脚が鈍っていましたし、
母・サマーエタニティは1200m・1400m専門の馬でしたから、
初めての1400m参戦でも対応可能、と判断しました。


【ダイヤモンドステークス】

◎アルバート

ムーア騎手騎乗で人気が被る可能性が高そうですが、
関東圏の3000m以上のレースであれば、アルバートが断然の存在だと思います。

天皇賞(春)へ向けた叩き台ですから、7・8割程度の仕上がりで出てくるんでしょうけど、
相手に恵まれた今回は58kgであっても主役の座を譲らないでしょう。

○フェイムゲーム
▲ジャングルクルーズ
△カフジプリンス

相手筆頭は3度目のダイヤモンドS制覇を狙うフェイムゲーム。
去年は道悪に泣きましたが、良馬場で走れる今回は脅威です。

ジャングルクルーズは2015年のジャパンカップ4着の走りが忘れられません。
東京コースでこそのジャングルポケット産駒ですし、56kgなら。

日経新春杯で◎を打ったものの、想定よりも走れなかったカフジプリンス。
右回りよりも左回りの方が良い、と陣営もコメントしていますし、
約1年ぶりにコンビを組む川田騎手で新味が出れば、巻き返しても不思議ないと思います。

 ムーンホーセズネック 2017年02月16日(木) 23:02
競馬検討 追い切り ダイヤモンドステークス
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 10

ダイヤモンドステークス

アルバート 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

カフジプリンス 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

サキモントルナーレ 長め、単走、動き軽快、集中して

サムソンズプライド 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、置かれる

ジャングルクルーズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ファタモルガーナ 坂路、単走、動き軽快、集中して

フェムゲーム 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

フェスティヴイェル 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、やや置かれ

プレストウィック 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

プロレタリアト 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ムスカテール 坂路、単走、動き軽快、集中して

ラブラドライト 長め、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年02月13日(月) 23:22
競馬検討 ダイヤモンドステークス
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 13

ダイヤモンドステークス

アルバート 
カフジプリンス
キングルアウ
サイモントルナーレ
サムソンズプライド
ジャングルクルーズ
トーセンレーヴ
トウシンモンステラ
ファタモルガーナ
フェムゲーム
フェスティヴイェル
フジマサエンペラー
プレストウィック
プロレタリアト
ヘイローフォンテン
ムスカテール
ラブラドライト

アルバート1択(^^)

[もっと見る]

ジャングルクルーズの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 10:57:39
12/10未勝利
1着 ジャングルクルーズ(横山典騎手)
「力通りでしたね。今日は押せ押せで動いていきました。勝ちましたけど、まだまだこれから良くなって来る馬です」

ジャングルクルーズの写真

ジャングルクルーズ
ジャングルクルーズ

ジャングルクルーズの厩舎情報 VIP

2017年2月18日ダイヤモンドS G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ジャングルクルーズの取材メモ VIP

2016年12月3日 ステイヤーズS G2 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。