注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マイネルメダリスト(競走馬)

注目ホース
マイネルメダリスト
マイネルメダリスト
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年4月18日生
調教師田中清隆(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者新冠伊藤牧場
生産地新冠町
戦績54戦[6-9-7-32]
総賞金21,481万円
収得賞金5,200万円
英字表記Meiner Medalist
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ツクバノーブル
血統 ][ 産駒 ]
アサティス
ハンキダイヤ
兄弟 ツクバコンサートブリッサ
前走 2017/03/25 日経賞 G2
次走予定

マイネルメダリストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 16816652.71615** 牡9 56.0 大野拓弥田中清隆492(-4)2.36.7 3.938.3⑫⑫⑭⑮シャケトラ
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 1723367.0159** 牡9 56.0 吉田隼人田中清隆496(-8)2.13.5 1.636.7⑭⑭⑯⑯タンタアレグリア
16/12/03 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 13711135.11111** 牡8 56.0 柴田大知田中清隆504(+4)3.49.4 2.037.0⑦⑧⑧⑨アルバート
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1559215.51414** 牡8 54.0 柴田大知田中清隆500(0)2.34.9 1.535.3⑤⑤⑤シュヴァルグラン
16/09/25 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1244269.81211** 牡8 56.0 松岡正海田中清隆500(+10)2.13.9 2.036.1⑦⑦⑧⑨ゴールドアクター
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18713255.21816** 牡8 58.0 柴田大知田中清隆490(-2)3.18.5 3.237.8④④④⑧キタサンブラック
16/03/20 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 115565.985** 牡8 56.0 和田竜二田中清隆492(-12)3.06.8 1.035.9⑤⑤⑤⑦シュヴァルグラン
16/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 162446.8135** 牡8 55.0 柴田大知田中清隆504(0)3.40.7 2.939.4⑦⑦⑧⑤トゥインクル
16/01/24 中山 11 AJCC G2 芝2200 16816129.71512** 牡8 56.0 柴田大知田中清隆504(+10)2.13.2 1.236.6ディサイファ
15/12/05 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 1623113.6134** 牡7 56.0 柴田大知田中清隆494(-4)3.46.9 1.036.3⑨⑧⑤⑤アルバート
15/11/08 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18816168.01714** 牡7 56.0 柴田大知田中清隆498(+6)2.35.9 1.935.0⑮⑮⑰⑰ゴールドアクター
15/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1881640.81317** 牡7 56.0 柴田大知田中清隆492(0)2.31.4 1.735.7⑭⑮⑬⑯ヒットザターゲット
15/04/25 東京 11 メトロポリタ OP 芝2400 125549.1104** 牡7 56.0 大野拓弥田中清隆492(-6)2.24.9 0.134.6⑦⑦⑦⑦ムスカテール
15/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1268153.01211** 牡7 57.0 柴田大知田中清隆498(0)2.32.2 2.036.2⑧⑦⑦⑨アドマイヤデウス
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 1747206.81514** 牡7 57.0 柴田大知田中清隆498(+2)2.14.5 0.934.5⑩⑪⑭⑭クリールカイザー
14/12/06 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 155933.5912** 牡6 57.0 柴田大知田中清隆496(+8)3.49.4 1.637.2⑨⑩デスペラード
14/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 187138.0518** 牡6 56.0 蛯名正義田中清隆488(-2)2.33.0 2.536.6⑨⑨⑧⑦フェイムゲーム
14/09/28 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 1871519.3818** 牡6 57.0 蛯名正義田中清隆490(+2)2.13.2 1.035.2⑫⑬⑩⑨マイネルラクリマ
14/06/01 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1671416.281** 牡6 54.0 蛯名正義田中清隆488(-2)2.31.0 -0.034.4⑪⑪⑪⑩ラブイズブーシェ
14/04/13 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 181216.964** 牡6 54.0 蛯名正義田中清隆490(-10)2.24.2 0.034.1⑦⑧⑨⑨タニノエポレット

⇒もっと見る


マイネルメダリストの関連ニュース

 2014年目黒記念・GIIを勝ったマイネルメダリスト(美浦・田中清隆厩舎、牡9歳、父ステイゴールド、母ツクバノーブル、母の父アサティス)が3月30日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後はJRA馬事公苑で乗馬になる予定。

 マイネルメダリストは通算成績54戦6勝。獲得賞金は2億1481万円。先週の日経賞15着がラストランになった。

マイネルメダリストの競走成績はこちら

【日経賞】特別登録馬2017年03月20日(月) 17:30

[もっと見る]

【AJCC】レースを終えて…関係者談話2017年01月23日(月) 05:03

 ◆柴山騎手(ルミナスウォリアー4着) 「前半は自分のリズムで走らせた。切れ味勝負ではきついので(勝負どころから)外を回して上がって行った」

 ◆田辺騎手(ワンアンドオンリー5着) 「内めから勝ち馬の後ろをうまくついて行けた。僕が乗った中では今回が内容的にもよかった」

 ◆矢野師(ナスノセイカン6着) 「3コーナー手前で(6)番(ルミナスウォリアー)が来て、引くに引けない感じで、結果的に外を回す形になってしまった」

 ◆津村騎手(シルクドリーマー7着) 「4コーナーでも手応えは十分で、重賞でもやれます」

 ◆松岡騎手(ショウナンバッハ8着) 「具合も良く、リフレッシュできていた。ブリンカー効果で右に行く面も改善されていた」

 ◆吉田隼騎手(マイネルメダリスト9着) 「前半は進んで行かなかったけど、最後まで頑張っています」

 ◆柴田善騎手(クラリティスカイ10着) 「ずっとハミをかんでいた」

 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト11着) 「上手に競馬できたが、最後で手応えがなくなった」

 ◆吉田豊騎手(クリールカイザー12着) 「外からいい感じで行けたが、後続についてこられたぶん、抵抗できなかった」

 ◆石川騎手(ヤマニンボワラクテ14着) 「ペースが上がったときに、モタついた」

 ◆横山和騎手(サイモントルナーレ15着) 「少し時計がかかればよかったけど、頑張っています」

 ◆大野騎手(ホッコーブレーヴ16着) 「(直線で)接触して右あぶみが外れてしまった。馬の雰囲気が良かっただけに、もったいなかった」

★22日中山11R「アメリカジョッキークラブカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【AJCC】厩舎の話2017年01月20日(金) 05:05

 ◆クラリティスカイ斎藤誠師 「動きはいいし、好調。距離にも対応できそう」

 ◆クリールカイザー・相沢師 「2週連続でしっかりとやれた。条件としては一番いい」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「結構動けていたし、元気いっぱい」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「坂路で追ったが動きも時計もいい。うまく末脚を生かせれば」

 ◆シルクドリーマー・黒岩師 「息遣いは問題ないし、状態もいい」

 ◆シングウィズジョイ・ルメール騎手 「2000メートルがベストで(2200メートルは)ぎりぎりだけど、直線が短い小回りの中山コースなら」

 ◆ゼーヴィント・木村師 「(調教は)真っすぐ走らせるのが狙いで、その意図はクリアできた。仕上がりは悪くない」

 ◆タンタアレグリア・蛯名騎手 「けいこはしっかりとやっている。次につながる競馬ができれば」

 ◆ホッコーブレーヴ・松永康師 「久々の不安はない」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「順調にきている」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「中間は調教を少し強くやっている。体は意識的に絞った」

 ◆ミライヘノツバサ・伊藤大師 「中1週だからこれくらいで十分。引き続き状態は良さそう」

 ◆ヤマニンボワラクテ・松永幹師 「具合はいい。適性は2000メートルあたりなので、この距離はいいと思う」

 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「いい動きでした。力を付けています」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「(実戦で)いい頃の走りが戻ってきたので頑張ってほしい」

AJCCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】追って一言2017年01月19日(木) 05:04

 ◆クリールカイザー・相沢師 「2週連続でしっかりとやれた。ここが目標の一戦。条件としては一番いい」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「結構動けていたし、元気いっぱい」

 ◆シルクドリーマー・黒岩師 「動きはズブさがあったが、息遣いは問題ないし、状態もいい。距離適性はありそう」

 ◆ホッコーブレーヴ・松永康師 「年齢的に追い切り後に疲れが出やすくなったので坂路で。年末でも使える状態だったし、久々の不安はない」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「併走遅れは気にならないし、順調にきている。前走は道中で掛かって前に行ってしまったので参考外」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「中間は調教を少し強くやっている。前回がぼてっとしていたので意識的に絞った」

 ◆ヤマニンボワラクテ・松永幹師 「具合はいいですよ。適性は2000メートルあたりなので、この距離はいいと思います。中山も合うので」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「単走でしたが、動きは良かったです。(実戦で)いい頃の走りが戻ってきましたし、頑張ってほしい」

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アメリカジョッキークラブカップ】特別登録馬2017年01月17日(火) 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルメダリストの関連コラム

閲覧 799ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、モンドインテロから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアルバートまで2頭。
第2グループ(黄)は、フェイムゲームから1.0ポイント差(約1馬身差)内のムスカテールクリールカイザーワンアンドオンリーレコンダイトまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、シュヴァルグランから同差内のヴォルシェーブショウナンバッハマイネルメダリストコスモロビンまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位勢にははっきりとした差が無く、混戦模様。第3G→第4G間に1.9ポイントの開きがありますが、これは重賞戦歴の有無によるものとも考えられます。ハンデ戦らしくどこからでも狙えそうな一戦ではないでしょうか。

そんな中、今回の私の◎はレコンダイトとしました。毎年前走非重賞戦組が馬券に絡んでくる印象のアルゼンチン共和国杯。今年はその組から、春の目黒記念で4着に健闘したこの馬を狙ってみたいと思います。昨年のアルゼンチン共和国杯では10着に敗退も、雨で悪くなった内を突く形になってしまい、結果的に内枠が仇となったレースで度外視可能。蛯名騎手に乗り替わっての積極的な競馬に期待します。
○は目下の充実ぶりが中間の調教からも伝わってくるモンドインテロ。▲に前走1600万下連対組から末脚に期待のヴォルシェーブ。☆に今の馬場だけ微妙も好調時と遜色ない動きに見えたクリールカイザーを上位評価。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの○▲☆への3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
12=1,6,13=1,2,3,5,6,8,11,13,14,15(24点)


登録済みの方はこちらからログイン

2016年05月04日(水) 14:37 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/30〜5/1)ジョアプロが新潟1Rで57万超の払い戻し!
閲覧 806ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、1(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)の1番人気はゴールドアクターで3.8倍、2番人気がキタサンブラックで4.5倍、続いて3番人気シュヴァルグラン6.4倍、4番人気フェイムゲーム7.4倍、5番人気サウンズオブアース8.3倍、6番人気アルバート9.9倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはポンッと好スタートを決めたキタサンブラックが先手を奪うとヤマニンボワラクテカレンミロティックサウンズオブアースが好位を取って1週目のホームストレッチに入ります。先頭はキタサンブラックでリードは1馬身、2番手にヤマニンボワラクテ、続いてカレンミロティックサウンズオブアースマイネルメダリストアドマイヤデウスシュヴァルグランゴールドアクターと先行集団を形成。中団からはトーホウジャッカルトーセンレーヴサトノノブレスファタモルガーナタンタアレグリアと追走。後方からはフェイムゲームトゥインクルファントムライトと続いて最後方にレーヴミストラルの態勢。
 
先頭を行くキタサンブラックが刻んだペースは前半1000mを1分1秒8のスローペース。各馬じっと我慢して折り合いに専念しながら向こう上面をすぎると後方グループのトゥインクルサトノノブレスが仕掛けて進出、一気に各馬のペースが上がって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はキタサンブラックでリードは1馬身、2番手に4角で一気にスパートした1番人気のゴールドアクター、内にカレンミロティック、外からはトーホウジャッカルも脚を伸ばします。残り200mを通過、先頭を行くキタサンブラックに馬体を併せる形でカレンミロティックが並びかけると2頭が抜け出しての叩き合い。人気のゴールドアクタートーホウジャッカルは脚色一杯で間をあけられる形。残り100mを通過、火花散る2頭、内キタサンブラック、外カレンミロティックの激しい叩き合いはゴール前まで続きましたが、僅かに内キタサンブラックカレンミロティックの追撃をハナ差凌いで優勝しました!勝ちタイムは3分15秒3(良)。2着にカレンミロティック、そこから1馬身1/4差の3着にゴール前脚を伸ばしたシュヴァルグランが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロが○◎で本線的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
30(土)新潟1Rで『人気ないが気合のりよく動きも良い』と評した単勝30.1倍の伏兵▲エイシンフランキーが1着に入り、▲△◎の印で3連単3808倍、馬連387倍を本線的中!57万4320円を払い戻しました!同日の東京7Rでも『A評価。人気ないが動き良い』とコメントしたナイアガラモンローの単勝、3連単を的中させ、12万8670円を払い戻しました!週末トータル回収率183%、収支プラス51万7780円をマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
30(土)東京6Rで◎×△の印で単勝、馬連、3連複を的中させ、10万4960円の払い戻し!同日の東京4Rでも◎イスズブライトの単勝29.8倍、▲コスモリシャールとの馬連185.6倍、3連複389.4倍を的中させ、10万2880円を払い戻しました!週末トータル回収率170%、収支プラス21万5670円をマークしています。
  
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
30(土)東京10Rで馬連741倍を300円、ワイド56倍を1000円、3連複3582倍を200円的中させ、99万5200円払い戻しのビッグショット!!週末トータル回収率303%、収支プラス103万4820円をマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
1(日)京都11R天皇賞(春)G1で◎カレンミロティックキタサンブラックと印を打ち、3連単を見事的中!24万2730円を払い戻しました!
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年03月20日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第170回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜阪神大賞典 G2
閲覧 617ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「阪神大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、カレンミロティックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアドマイヤデウスタマモベストプレイタンタアレグリアまでの4頭。
第2グループ(黄)は、トーホウジャッカルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアドマイヤフライトまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、シュヴァルグランから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルメダリストまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

この出馬表からは上位4強、その下には1.4ポイント、1.9ポイント、1.3ポイントなどそれぞれのグループの境目に適度な開きが生じている少頭数ながらメリハリの効いた配置となっていることが見て取れます。

今回は◎トーホウジャッカルとしたいと思います。まだまだ仕上がり途上の印象ですが同じく長期休養明けで臨んだ昨年の宝塚記念のことを思えばここは中心視でいいのではと考えています。
この馬もそうですが、当初から有力視していた目下好調○アドマイヤデウス、去年より相手楽な印象の▲カレンミロティックが揃って好枠を引きましたので、今回の私の馬券はこの3頭のみで構成しようと思います。


【3単フォーメーション】

◎→○▲→○▲
3→1,2→1,2(2点)

【馬単流しマルチ】

◎⇔○▲
3⇔1,2(4点)


計6点

[もっと見る]

2016年02月16日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年02月16日号
閲覧 3,930ビュー コメント 0 ナイス 4

▼2016年02月21日(日) 東京11R フェブラリーステークス
【前走の距離別成績(2009年以降)】
●1800m未満 [1-1-0-57](複勝率3.4%)
●1800m以上 [6-6-7-33](複勝率36.5%)
→根岸ステークスなど、1800m未満のレースを経由してきた馬は過信禁物。また、前年か同年、かつJRA、かつダ1800m以上の重賞かオープン特別において優勝経験がない馬も2009年以降[0-5-4-76](複勝率10.6%)と勝ち切れていません。

▼2016年02月20日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【前走の距離別成績(2012〜2015年のスワンステークス、ファンタジーステークス)】
●1400m以下 [2-3-6-70](複勝率13.6%)
●1400m超 [6-5-2-21](複勝率38.2%)
→京都芝1400m外で施行されているスワンステークスとファンタジーステークスは、前走で今回よりも長い距離のレースに出走していた馬が堅実。今年から施行時期とコースが変わったこのレースも、同様の傾向になる可能性が高いと思います。

▼2016年02月20日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【中山芝のレースにおける連対経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [8-8-5-46](複勝率31.3%)
●なし [0-0-3-50](複勝率5.7%)
→好走馬の大半は、東京芝ではなく中山芝のレースに十分な実績があった馬。特別登録を行った馬のうち、中山芝のレースにおいて連対経験があるのは、エバーグリーンカムフィーネオブラックダイヤファタモルガーナフェイムゲームホッコーブレーヴマイネルメダリストの7頭だけです。

▼2016年02月21日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【JRA、かつダート1600m以上のレースにおける優勝経験の有無別成績(2007年以降)】
●あり [9-6-7-36](複勝率37.9%)
●なし [0-4-2-63](複勝率8.7%)
→ダ中距離のレースを勝ち上がってきた馬に注目したい一戦。特に京都ダ1800mのレースで優勝経験がある馬は2007年以降[4-2-1-8](複勝率46.7%)、中山ダ1800mのレースで優勝経験がある馬は2007年以降[3-4-2-8](複勝率52.9%)と、より安定していました。

▼2016年02月21日(日) 小倉11R 小倉大賞典
【馬番別成績(2012年以降)】
●1〜7番 [4-4-2-18](複勝率35.7%)
●8〜16番 [0-0-2-33](複勝率5.7%)
→枠順が最大のポイント。外寄りの枠に入ってしまった馬は評価を下げるべきでしょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2016年01月14日(木) 19:02 みんなの競馬コラム
【日経新春杯】攻略ポイント by馬券のエース
閲覧 857ビュー コメント 0 ナイス 6

『 銑H嵜裕ぁ戞悖粥Γ戯佛蓮戞愍茲蠡悗錣螢淵掘戮攻略のカギ
※データは全て過去11年を参照。

≪傾向≫
/裕ぁ1-3-2-5】馬券内55%
⊃裕ぁ5-1-0-5】5勝、馬券内55%
人気【1-3-1-6】馬券内36%

★意外と期待できない前走G義函4-2-0-13】(連絡みしたのは7着以内馬(1ケタ着順)だけ)
×ダービーフィズ×ダコール(2ケタ着順で両方消し)
★前走2500m以上の距離短縮組も不振【4-2-2-32】
マイネルメダリストアドマイヤフライト

≪好走条件≫
・クラス関係なく前走3着以内馬【10-9-4-11】(33頭中23頭)
・『乗り替わりナシ』で前走3着以内【6-6-3-11】馬券内58%(過去11年中10年で連対)
・54〜56kg+5歳馬+前走連対=【3-3-1-4】
※今年は該当ナシだが、4歳のシュヴァルグランがほぼ近いと言ってよいでしょう♪

≪凡走条件≫
・前走ダート戦馬【0-0-0-8】※今年は該当ナシ
・休み明け2戦目【0-0-1-22】※今年は該当ナシ
・前走ステイヤーズS【0-0-0-10】
×マイネルメダリスト
・8歳馬以上【0-0-0-18】
×マイネルメダリスト×ダコール×コスモロビン×メイショウカンパク×メイショウウズシオ
・番枠より外【0-0-1-22】
・前走、条件戦の5着以下【0-0-0-6】

≪血統≫
ゴールドアリュール産駒3年連続馬圏内 ※今年は該当ナシ
母父トニービン ○アドマイヤフライトサトノノブレス

【見解】
G兇粒笋砲蓮∩袷G義箸盧磴┐覆い掘G兇離好謄ぅ筺璽S組も壊滅のことから
「格よりも勢い、デキ」と言ってよいだろう。
毎年連対に絡む『前走3着以内』は今年は3頭しかいない上、
『 〜H嵜裕ぁ戞悖粥Γ戯佛蓮戞愍茲蠡悗錣螢淵掘拜瓦討両魴錣謀て嵌まる
シュヴァルグランを本命にせざる負えない。

今年は登録馬13頭中7頭が過去きたことのない条件に該当し残るは6頭
『前走3着以内』3頭は
シュヴァルグラン
アドマイヤフライト(▼前走2500m以上)札幌からの休み明けは昨年と同じで問題ナシ
サトノノブレス(昨年も書いたが、この馬は58kgを背負って好走したことがない)
フライトは騎乗が福永じゃないのもマイナス。ノブレスは和田が乗るかも大事☆///

それ以外は
プロモントーリオ(関東馬【0-0-1-13】)
ベルーフ(中1週【0-0-1-4】だが、前走は除外と考えるとOKかも!?)
レーヴミストラル

マイナス条件のないのは
シュヴァルグランレーヴミストラルの2頭のみ



執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年11月08日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第136回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アルゼンチン共和国杯 GII
閲覧 186ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、サトノノブレスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドアクターまで。
第2グループ(黄)は、フラガラッハから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプロモントーリオニューダイナスティマイネルフロストレコンダイトメイショウカドマツまで6頭。
第3グループ(薄黄)は、ヒラボクディープから同差内の、サイモントルナーレヴァーゲンザイルラブイズブーシェまで4頭で、以下は第4G(灰)となっています。

ハンデ戦ですので仕方のないところではありますが、昨日の京王杯2歳Sに引き続き何ともメリハリのない配置......。

中心視は総合ポイント上位の中から、○ゴールドアクターでいきます。本命◎にしなかったのは枠が理由。今の馬場なら不利にならない可能性もありますが、15番枠より外は2着1回のみというレース傾向を考えると3連系の軸としては信頼の○という位置付け。

あとは今回はそこそこ絞れるこんなデータ(↓)から、その他の有力馬を見ていこうと思います。

・前走G1以外で6番人気以下かつ5着以下だった馬は好走0

今年該当するのは、サイモントルナーレサトノノブレスニューダイナスティフラガラッハプランスペスカマイネルフロストマイネルメダリストメイショウカドマツラブイズブーシェレコンダイトヴァーゲンザイルの11頭。

近10年どころか手元の資料では近13年で好走例なしとなっています(そんなこと言っていると十何年に一度が今年起こって裏切られるというのがデータの怖さですが......(・_・;)、そこを気にしてると明日になってしまいますので今回は活用することに決めます)。
凄馬出馬表上位のサトノノブレスはじめフラガラッハマイネルフロストなどもこのデータに引っかかっている点も今回のポイントとなりそうで、第2Gはプロモントーリオのみ、その下を見渡してもヒラボクディープと第4Gの数頭が残る状況。

◎はヒラボクディープ。「前走から斤量増で今回57kg以上」の好走データに当てはまるこの馬に逆転まで期待。あとは▲ロンギングダンサー、☆プロモントーリオ、△レーヴミストラルと印を回します。

そして今回の私の馬券は、◎○から印馬への3連複3点を中心に◎からの馬連を組み合わせた決め打ち小点数勝負で楽しみたいと思っています。


【3複2頭軸流し】
◎○=印
10,15=8,13,18 (3点)

【馬連流し】
◎=印
10=8,13,15,18 (4点)


計7点

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルメダリストの口コミ


口コミ一覧
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 8

日経賞

アクションスター 往年の力?

アドマイヤデウス 力はあるのだが

ゴールドアクター 力は別格

シャケトラ 再度

ジュンヴァルカン ここに入って

ショウナンバッハ スランプ

ツクバアズマオー 距離延長はプラス

ディーマジェスティ リフレッシュして、力示すか

トーセンレーヴ 往年の力?

ナスノセイカン 再度

フェルメッツァ ここに入って

プランスペスカ 往年の力

マイネルサージュ 再度

マイネルメダリスト 往年の力

ミライヘノツバサ 再度

モンドインテロ もう一押しが

ヤマカツライデン 現状厳しく

レインボーライン 相手なり

レコンダイト 距離延長はプラス

ゴールドアクターかな(^^)

 たま 2017年03月09日(木) 19:30
次走報
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 3

★君子蘭賞 (3月25日)
ヤマカツグレース


★大寒桜賞(3月25日、中京、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
デュパルクカズマ 西浦勝一(栗東)
アドマイヤウイナー

★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
アドマイヤデウス
アクションスター
マイネルサージュ
ミライヘノツバサ
レコンダイト
ショウナンバッハ
ナスノセイカン
シャケトラ
マイネルメダリスト

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
トラスト 中村均(栗東)
サトノアーサー 川田 池江泰寿(栗東)
アルアイン 松山 池江泰寿(栗東)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)
テイエムヒッタマゲ 福島信晴(栗東)
クリアザトラック 四位 角居勝彦(栗東)
キセキ シュタルケ 角居勝彦(栗東)



★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール
ウォーブル
ミッシングリンク


★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アロゲート(米=ボブ・バファート厩舎)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー 武豊(栗・松永幹)東京大賞典2着
ゴールドドリーム モレイラ(栗・平田)
ラ二(栗・松永幹)


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス  モレイラ(栗・友道)
ワーザー(香港年度代表馬)



★ドバイシーマクラシック(3月25日、メイダン、GI、芝2410m)
ポストポンド
ハイランドリール
サウンズオブアース


★ゴドルフィンマイル(25日・メイダン、ダート1600m)
カフジテイク


★ドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダート1200メートル)
ディオスコリダー(栗・高橋)


★UAEダービー(3月25日、メイダン、GII、ダ1900メートル)
エピカリス(美・萩原)ヒヤシンスS優勝
アディラート 武豊 ヒヤシンスS2着



★マーチS(3月26日)
ベルーフ
インカンテーション
ディアデルレイ

★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン
センチュリオン
メイショウスミトモ
サングラス
バスタータイプ
シルクドリーマー



★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
メラグラーナ 戸崎
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
シュウジ 川田(栗・須貝)阪急杯8着
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ 田辺(栗・鮫島)シルクロードS6着
ヒルノデイバロー(栗・昆)阪急杯2着
ラインスピリット
レッツゴードンキ
トーキングドラム
クリスマス
ナックビーナス
レッドアリオン

★名古屋大賞典 (3月30日)
モルトベーネ(栗・松永昌)
クリソライト(栗・音無)
ケイティブレイブ福永(栗・目野)
オールブラッシュ(栗・村山)
ドリームキラリ(栗・矢作)


★アザレア賞 (4月1日)
アドマイヤロブソン
スティッフェリオ
アドミラブル ミルコ 音無


★山吹賞 (4月1日)
ニシノオラクル
グローブシアター 内田 角居


★コーラルS (4月1日)
サウススターマン
スマートアヴァロン


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グレーターロンドン(美・大竹)東風S優勝
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着
テイエムタイホー
サンライズメジャー
クラレント
クラリティシチー
ダンツプリウス
ロイカバード
ダイワリベラル

★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)
ラプソディーア 武豊 友道康夫(栗東)


★伏竜S (4月2日)
パレスハングリー

★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着
サクラアンプルール(美・金成)中山記念2着
アンビシャス(栗・音無) 中山記念4着
ヤマカツエース
スズカデヴィアス
モンドインテロ
ステファノス

★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン
デニムアンドルビー
タッチングスピーチ
アドマイヤリード

★ニュージーランドT (4月8日)
ランガディア
スズカメジャー

★大阪―ハンブルクC (4月9日)
ムーンクレスト
ファインニードル


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
ソウルスターリング ルメール 藤沢和雄(美浦)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
ミスエルテ 川田 (栗・池江)
リスグラシュー 武豊 矢作芳人(栗東)
カラクレナイ 松下武士(栗東) G フィリーズレビュー優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ショーウェイ
ミスパンテール 昆貢(栗東)
ライジングリーズン 奥村武(美浦)
ディアドラ 橋田満(栗東)
レーヌミノル 本田優(栗東)
ゴールドケープ 荒川義之(栗東)
リエノテソーロ 武井亮(美浦)
ヴゼットジョリー 中内田充正(栗東)
アロンザモナ 西浦勝一(栗東)



★マリーンC (4月12日・船橋、ダート1600m)
ワンミリオンス
タマノブリュネット



★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ
ナムラアラシ 伊丹S 1着



★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着
ペルシアンナイト
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
ダンビュライト 武豊 音無秀孝(栗東)
クリンチャー 宮本博(栗東)
コマノインパルス 菊川正達(美浦)
マイスタイル 昆貢(栗東)



★福島民報杯 (4月16日)
マイネルフロスト
マイネルミラノ



★橘S (4月22日)
アズールムーン


★福島牝馬S (4月22日)
ワンブレスアウェイ
シャルール
ウキヨノカゼ
フロンテアクイーン




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ
プロディガルサン

★青葉賞(4月30日)
マイネルスフェーン
ポポカテペトル
イブキ 奥村武(美浦)


★端午S (4月30日)
グッドヒューマー




★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
アルバート(美・堀)ダイヤモンドS優勝
ラブラドライト
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★かきつばた記念 (5月3日)
グレイスフルリープ


★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア
サウンドトゥルー


★プリンシパルステークス(5月6日)
スイーズドリームス 横山典 須貝尚介(栗東)


★ブリリアントS (5月7日)
モズライジン


★新潟大賞典(5月7日)
ムスカテール
メートルダール

★NHKマイルカップ(5月7日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)
レッドアンシェル 庄野靖志(栗東)
キョウヘイ 宮本博(栗東)


★都大路S (5月13日)
ダノンメジャー


★ヴィクトリアマイル (5月14日)
スマートレイアー


★メイS S (5月20日)
タイセイサミット




★マーメイドS (6月11日)
マキシマムドパリ


★函館スプリントS (6月18日)
レヴァンテライオン

★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

[もっと見る]

 人参好 2017年01月22日() 02:55
AJCC
閲覧 80ビュー コメント 2 ナイス 3

今週は月〜金まですべて飲み・・・疲れた1週間でした
最近記憶をなくしたりするのが多いです・・
特に焼酎ロックを飲むと物忘れが・・・ 通勤カバンをラーメン屋椅子に置き忘れたこともあって実にヤバかった。
幸い見つかり懲戒回避されましたが今週はタクシーの中にジムへ通うバック(靴とか水筒とか)をどうも置き忘れた模様です。木曜日になくしているはずなのですが土曜に気づくとは・・はあ
当然乗ったタクシーは覚えていませんw

ではAJCC

馬場状態
 夏の高速馬場に比べれば1秒程度かかる馬場、逃げ天国ではない
 内外の差はなさそう
 先行、差しが優位で追込みは展開次第か 
コースレイアウト
 中山芝は3コーナー手前から下りで仕掛けが速くなるケースが多く、長い脚が必要
 3,4,5,6枠がよく1枠は何故か厳しい

展開
 逃げたいのがクリールカイザーで続くのがミライヘノツバサ、シングウィズジョイ、リアファル 
クラリティスカイ、ワンアンドオンリー
 ゼーヴェントが中団か

ミライヘノツバサ
 迎春Sの内容が濃い 前半59.7を2番手で早い仕掛けには対応しそうだ

クラリティスカイ
 金杯が先行不利な流れの中で2着 上り36.6で3着を引き離したものでタイム的評価が難しい
 ミライヘノツバサよりもオッズ的に触手を引かれるが・・・

マイネルメダリスト
 ピーク過ぎたか

シングウィズジョイ
 秋華賞での2着も展開恵まれの感。牡馬で内枠でもまれそう

ホッコーブレーブ
 9歳は厳しい

ルミナスウォリアー
 前走はツクバアズマオーより上りが速い 後からなので展開の助けがいりそう

ワンアンドオンリー
 穴人気になってますね 調教も動いたからでしょうか
 田辺Jが乗りますし・・田辺J今年は100勝超えるペースですね。
 先行勢の中ではミライ、クラリティの方が魅力的ですが・・

タンタアレグリア
 久々、盾では後方でしたがもともとは中団あたりにつけるタイプ
 
シルクドリーマー
 高速京都で馬券に。馬場向かなそうです

ゼーヴィント
 セントライトでも好走しているように会いそうですが勝ちきれるかな?

ナスノセイカン
 後ろからになりそうで左回りを徹底的に使っています。ここは次回開催への叩きかな

ショウナンバッハ
 昨年3着も、最近はパットしません。
 左回り実績多 

リアファル
 屈腱炎から前走5着
 その前走のレースはあまりレベルは?勝ったヤマカツが他馬をねじ伏せた感じ。
 叩き効果があればですが、本馬はスローで4Fスパートタイプ。仕掛けが速くなる今回適用できるか?

マイネルフロスト
 ワンアンドオンリー世代ですね。ここでは?

ヤマニンポワラクテ
 重賞では恵まれないと力足りなさそう

サイモントルナーレ
 さすがに11歳ではつらいか

クリールカイザー
 大外で臨戦過程に勢いなし



 ◎ゼーヴヴィント
  人気でも仕方ないか・・・
 〇クラリティースカイ
  黒船xスペシャルウィークで距離は持ちそうです。
  前走あたりもずぶそうで、距離は持ちそう
 ▲ルミナスウォーリアー
  後からですが今の馬場はあいそう
 △ミライヘノツバサ
  前走本条件での勝
 △タンタアレグリア
  力は上位


といったんは投稿したのですが中山芝2200のスペシャリストであるミライヘノツバサを
◎にして
 
 〇ゼーヴヴィント
 △クラリティースカイ 
 ▲ルミナスウォーリアー
 ◎ミライヘノツバサ
 △タンタアレグリア

にしてみます
靴とバックと水筒とTシャツとタイツと短パン 買える分あたって〜 

[もっと見る]

マイネルメダリストの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マイネルメダリストの写真

マイネルメダリスト
マイネルメダリスト

マイネルメダリストの厩舎情報 VIP

2017年3月25日日経賞 G215着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルメダリストの取材メモ VIP

2017年3月25日 日経賞 G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。