ユニバーサルバンク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ユニバーサルバンク
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2008年4月16日生
調教師松田博資(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績28戦[3-7-1-17]
総賞金16,364万円
収得賞金3,475万円
英字表記Universal Bank
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
ヴィクトリーバンク
血統 ][ 産駒 ]
ドクターデヴィアス
ライトバンク
兄弟 パントクラトールサンヴィクトワール
前走 2015/01/25 アメリカジョッキーC G2
次走予定

ユニバーサルバンクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 17611205.61411** 牡7 56.0 丸田恭介松田博資476(-8)2.14.4 0.834.5⑩⑪⑫⑬クリールカイザー
15/01/05 京都 11 万葉S OP 芝3000 1371117.477** 牡7 56.0 川田将雅松田博資484(+6)3.09.0 0.534.0⑥⑦⑥⑧ステラウインド
14/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 16475.7211** 牡6 56.0 戸崎圭太松田博資478(+8)2.00.8 0.735.5⑦⑦⑦⑥オーシャンブルー
13/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 138138.242** 牡5 56.0 田辺裕信松田博資470(-4)3.45.8 0.635.7⑦⑦⑦⑤デスペラード
13/11/10 京都 10 アンドロメダ OP 芝2000 156118.252** 牡5 56.0 川田将雅松田博資474(+8)2.02.4 0.336.1⑤⑤⑧⑨ラウンドワールド
13/08/04 函館 11 札幌日経OP OP 芝2600 108105.834** 牡5 56.0 四位洋文松田博資466(+4)2.41.6 0.137.2⑤⑥⑤セイカプレスト
13/07/07 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 168168.2414** 牡5 56.0 吉田豊松田博資462(-2)2.00.6 1.737.4⑤⑤マイネルラクリマ
13/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 181169.2137** 牡5 56.0 川田将雅松田博資464(-12)2.30.2 0.635.3④④ムスカテール
13/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1859188.11513** 牡5 58.0 川田将雅松田博資476(-6)3.16.6 2.438.5④④フェノーメノ
13/04/07 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 131110.5411** 牡5 57.0 A.シュタ松田博資482(+26)2.30.2 1.637.5レッドデイヴィス
12/09/23 中山 11 オールカマー G2 芝2200 164819.463** 牡4 56.0 N.ピンナ松田博資456(-10)2.15.8 0.336.0⑦⑦⑤ナカヤマナイト
12/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 188166.245** 牡4 57.0 C.ウィリ松田博資466(-2)2.31.0 0.434.7⑦⑧⑦⑤スマートロビン
12/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1847134.1136** 牡4 58.0 田辺裕信松田博資468(-4)3.15.3 1.535.2④④④ビートブラック
12/04/08 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 1471216.361** 牡4 56.0 田辺裕信松田博資472(+8)2.26.3 -0.236.8⑥⑥⑥⑥メイショウウズシオ
12/03/24 中山 11 日経賞 G2 芝2500 144695.71112** 牡4 55.0 田辺裕信松田博資464(-4)2.39.6 2.237.2⑪⑫⑬⑬ネコパンチ
11/12/10 小倉 11 中日新聞杯 G3 芝2000 18247.138** 牡3 56.0 福永祐一松田博資468(-6)2.00.0 0.435.5⑫⑪⑫⑬コスモファントム
11/11/12 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 13334.321** 牡3 54.0 福永祐一松田博資474(+6)2.00.4 -0.134.1④⑤⑤④トップゾーン
11/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1824120.2119** 牡3 57.0 田辺裕信松田博資468(+6)3.04.2 1.435.9④⑤⑧⑧オルフェーヴル
11/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 184813.3411** 牡3 56.0 田辺裕信松田博資462(0)2.12.1 1.835.9⑤⑥⑤⑤フェイトフルウォー
11/05/29 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 1881725.71110** 牡3 57.0 福永祐一松田博資462(-10)2.33.0 2.537.9④⑤オルフェーヴル

⇒もっと見る


ユニバーサルバンクの関連ニュース

 年末の大一番・有馬記念の3連単5240円を◎△▲で当て、返す刀で公営版グランプリ・東京大賞典の3連単560円も◎○△でゲットした。配当は控えめだったが、馬券をまとめて獲ることができたし、おかげさまで余裕のある年末年始を過ごすことができた。2013年の年間的中率もトップだったそうな。14年は午(うま)年。アクセル全開で突っ走りたい!

 賢さと器用さを備えた(7)ユニバーサルバンクが、重賞初制覇を飾る。

 有馬記念で有終の美を飾ったオルフェーヴルと同期で、2011年の共同通信杯京都新聞杯で2着がある実力馬。リズムを崩していた時期もあったが、秋から本来の姿に戻っている。

 前走のステイヤーズSは中団の外でしっかり折り合い、直線でデスペラード有馬記念7着)に突き抜けられてもしぶとく伸びて2着を確保。連対距離が1800メートルから3600メートルと非常に守備範囲の広いオールラウンダーで、鞍上の意のままに動ける操縦性と、さまざまな舞台に対応できる適応力の高さが最大の武器。その特性は小回りの中山でこそ生かされる。

 初コンビを組む戸崎騎手は「いい馬ですよね。器用な面があるから、そのあたりを生かせれば」とイメージを膨らませている。移籍初年度の昨年は3月からの騎乗だったが、113勝でリーディング5位。1月から参戦の今年は「金杯から勢いに乗っていきたい」とヤル気十分だ。

 調整が難しくなる年末年始の変則日程だけが懸念材料だったが、CWコースでクビを使いながら重心の低いフォームで駆け抜けた3日の最終追い切りを見て不安はなくなった。名手・戸崎に導かれるユニバーサルバンクで初笑い。馬単(7)⇔(8)、(7)⇔(16)、(7)⇔(3)を本線に(7)から(4)(5)(9)へ。ひと昔前の中山金杯では1987年トチノニシキ(錦)、89年ニシノミラー(鏡)など馬名にカネ偏の文字が入った馬が勝つケースが多かった。ユニバーサルバンク(銀行)なら文句なしだ。

★中山金杯の出馬表はこちら

【中山金杯】「順調」ユニバーサルバンク12秒02014年1月4日() 05:05

 重賞初制覇を狙うユニバーサルバンクは、CWコースで単走追い。外ラチ沿いをスムーズに回りながら、徐々にペースアップ。ゴール前はしっかり追われて、5ハロン72秒9−12秒0で駆け抜けた。

 「いくらか太くは映るけど、牡馬らしくなった面もあるのだろう。調整は順調にきているよ」と松田博調教師は笑顔。前走のステイヤーズS(3600メートル)は2着だったが、「少しハミをかみながら追走していたから。2000メートルくらいの方がいいかな」と距離短縮を歓迎していた。

★中山金杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

【ステイヤーズS】末脚一閃!デスペラード圧勝 2013年12月1日() 05:04

 第47回ステイヤーズステークス(30日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内3600メートル、1着本賞金6000万円=出走13頭)JRA平地最長距離の名物レースは、横山典弘騎乗の1番人気デスペラードが、5番手追走からメンバー最速となる上がり3ハロン35秒4の末脚で突き抜けて圧勝。重賞初勝利を挙げた。タイム3分45秒2(良)。今後は未定だが、有馬記念(22日、中山、GI、芝2500メートル)参戦の可能性もある。3馬身半差の2着に4番人気ユニバーサルバンク、3着には前年覇者の11歳馬トウカイトリックが入った。

 3600メートルの舞台で、無尽蔵のスタミナを証明した。昨年3着の1番人気デスペラードが最後の急坂でライバルを突き放し、2着ユニバーサルバンクに3馬身半差をつける圧勝。昨秋の芝転向から9戦目で念願の重賞初制覇を飾った。

 「最後はいい脚だった。少し気難しいところがありそうな馬で初騎乗の前走は乗り方を失敗したが、きょうは2回目でうまくコンタクトできた」

 前走のアルゼンチン共和国杯(6着)からコンビ2戦目で、好結果を出した横山典騎手は満面の笑みを浮かべた。

 定位置の最後方ではなく、5番手を進んだ。前2頭が離して逃げる展開にも、鞍上は「馬とケンカせず、自分のペースを守った」。人馬一体で最終4コーナーを回り、直線半ばで先頭に立つと、みるみる後続を突き放していった。「あの位置で競馬できたのは収穫。さすがですね」と安達調教師は名手の手綱さばきを絶賛。厩舎としてもエスポワールシチーのラストラン、1日のJCダートへ弾みがついた。

[もっと見る]

【札幌日経OP】ユニバーサルバンク先着12秒22013年8月2日(金) 05:05

 昨年の産経賞オールカマー3着などがあるユニバーサルバンク(栗・松田博、牡5)は、函館ダートコースでローハイド(牡2、新馬)と併せ馬。直線で外に持ち出すと6ハロン84秒7、3ハロン38秒9−12秒2をマークした。一杯に追われる相手に対し、先輩の貫禄を見せつけるように軽く追われただけで1馬身先着。松田博調教師は「使ってきているので状態は安定しているが、以前よりも調教で動くようになってきた。血統的に奥手のタイプだし、距離も長い方がいい」と七夕賞14着からの巻き返しを期待していた。

★札幌日経OPの出馬表はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・春】最新ナマ情報2013年4月27日() 05:03

◆「今までで一番」〔3〕デスペラード

 阪神大賞典2着の(3)デスペラードは、栗東坂路を1本上がってから、ポリトラックコースを軽く流した。「何事もなく順調。馬は今までで一番充実していると思うよ。枠は理想的な内枠で何より。馬ごみが嫌いなタイプなので、行きたい馬を行かせてソロッと後ろから…」と安達調教師。浜中騎手も「ゴールドシップを見ながらになると思う」と、後方からの競馬に徹するつもりだ。

◆条件「バッチリ」〔1〕トーセンラー

 (1)トーセンラーは栗東CWコースをキャンターで半周したのちに、坂路で4ハロン74秒5。感触を確かめた荻野調教助手は「具合はいいよ。前走は久々でいくらか引っ掛かっていたけど、今度は折り合いの心配はないし、ジョッキー(武豊騎手)も手の内に入れている。枠はロスなく回れるいいところ。バッチリだね」と笑顔。前走の京都記念で2年ぶりの勝利を挙げた勢いは侮れない。

◆母に捧ぐ激走V〔12〕フォゲッタブル

 (12)フォゲッタブルは栗東の角馬場から坂路に移って4ハロン64秒1。「きょうの動きにも躍動感があった。いい状態をキープしている」と川合調教助手。手綱を託される和田騎手は「レースで乗るのは初めてだけど、思い切って競馬するだけ。調教ではそれほど難しいタイプじゃない。集中力を最後まで持続させて、どれだけ粘れるか。母の後押しがあれば…」。1997年天皇賞・秋の覇者で、今月23日に急死した母エアグルーヴのDNAが息子の激走を呼ぶか。

◆輸送も心配なし〔4〕ジャガーメイル

 香港ヴァーズダイヤモンドSで連続2着の(4)ジャガーメイルは午前4時に美浦を出発し、午後に京都競馬場に到着した。「しっかり調教を積んでいるし、いい状態。輸送も心配していません」と橋本調教助手。天皇賞・春は2009年5着、10年1着、12年4着と3戦してすべて掲示板で、「このレースは崩れていませんからね」と期待を込めて送り出す。

◆ジャンボ見習う〔5〕マイネルキッツ

 2009年の覇者(5)マイネルキッツは午前4時に美浦を出発し、京都競馬場へ。「土曜輸送だと渋滞に巻き込まれるかもしれない。順調にきたし、(5)番枠もラッキーだよ」と国枝調教師は話した。10歳の古豪は10年は2着、11年は6着で、春の盾は4度目。「キッツもジャンボ尾崎を見習わないとな」と、トレーナーは66歳でスコア62のエージシュート(年齢以下のスコアで18ホールを回る)を達成したベテランのプロゴルファーを引き合いに出し、愛馬の奮起をうながした。

◆馬体絞れて一変〔9〕ユニバーサルバンク

 栗東CWコースでキャンターを行った(9)ユニバーサルバンクは、休み明けで26キロ増だった前走の大阪−ハンブルクC(11着)を叩いて、明らかに馬体が引き締まってきた。松田博調教師は「体はだいぶ絞れている。今週の追い切りはすばらしい動きだったし、すごく調子がいい。それに折り合いがつく馬だから、今回の距離に大きな魅力を感じる」とガラリ一変のムードだ。

◆元気一杯に登坂〔15〕カポーティスター

 今年に入って日経新春杯を制し、前走の日経賞でも2着と充実ぶりが目立つ(15)カポーティスターは、栗東坂路でリズミカルな走りを見せた。渋田調教助手は「本当に元気。きょうのキャンターも良かったね。今週の追い切りで、ボクは併走馬に乗っていたんだけど、こちらも止まってはいないのに、カポーティスターにはあっさり突き放された。強い相手と戦って体に実が入ってきたよ」とさらなる成長をアピールした。

◆「駐立問題なし」〔17〕レッドデイヴィス

 大阪−ハンブルクCで復活の勝利を挙げた(17)レッドデイヴィスは、栗東坂路を4ハロン65秒7で登坂。その後、ゲートで駐立の確認を行った。調教に騎乗した北村友騎手は「駐立は問題なかったし、変わりなくきています。正直、内枠が欲しかったが、外枠からでもロスなく立ち回れるようにしたい」と話した。

◆ゲンのいい〔8〕枠〔18〕ムスカテール

 近3走の重賞で(2)(2)(3)着と堅実な走りを見せる(18)ムスカテールは、栗東で坂路1本のメニューを消化した。大外〔8〕枠(18)番枠からスタートすることになったが、友道調教師は「3200メートルもあるからね。どこかで内に入れられるでしょう。それにアドマイヤジュピタで勝った時(2008年)も大外((14)番)だったから」。09年皐月賞アンライバルド((16)番)も含め、友道厩舎のGI2勝はともに〔8〕枠。ゲンのいい枠から大金星を狙う。   

 天皇賞・春の枠順 ★PCはこちら ★スマホはこちら

[もっと見る]

【菊花賞】最新ナマ情報2011年10月23日() 05:06

 ◆心身ともにピーク (14)オルフェーヴル

 皐月賞、ダービーを含む重賞4連勝中の(14)オルフェーヴルはレース前日の22日、坂路4ハロン60秒7、ラスト1ハロン14秒7で3冠達成に向けての調整を終了した。集中力があり、闘志を内に秘めた走りで、心身ともピークの状態。「何のトラブルもなくここまで来ることができました」と安堵の表情を見せた川合調教助手は「競馬に注文がつかなくなったし、スタミナもあるので距離も全く心配していません」とキッパリと言い切る。史上7頭目の3冠馬誕生へ、態勢は万全だ。

 ◆不安なく大舞台へ (13)ウインバリアシオン

 ダービー、神戸新聞杯でいずれも2着の(13)ウインバリアシオンは、2歳未勝利のメイショウヒショウの外に馬体を併せてポリトラックを1周し、さらに坂路を1本上がる熱のこもった前日調整を行った。「本当にいい感じできている。どこも不安がなく大舞台に臨めるのは何より」と松永昌調教師が言うように最高の状態に仕上がった。22日は東京メーンのGIII富士Sを僚馬のエイシンアポロンがV。ラスト1冠奪取に向けて厩舎の勢いも増している。

 ◆脚どり軽く状態○ (11)サダムパテック

 (11)サダムパテックは坂路を4ハロン67秒5で上がった後、ポリトラックでキャンター1周を消化。気負った様子はなく、気分よく走る姿に精神面の成長がうかがえる。「脚どりが軽いし、いい状態ですね。この中間に短期放牧に出した効果で、馬はすごくリラックスしています」と西園調教師はうなずく。鞍上の岩田康騎手は秋華賞アヴェンチュラで制し、22日の京都でも4勝と絶好調。頼もしい限りだ。あとは馬場。「早く回復してほしい」とトレーナーは良馬場を祈っていた。

 ◆まじめなら好勝負 (5)フェイトフルウォー

 セントライト記念で重賞2勝目を挙げた関東馬(5)フェイトフルウォーは22日、初めてとなる関西圏への輸送を無事に終了。京都競馬場に到着してから少しテンションが上がっていたが、馬体には張りがあり体調は心配ない。「馬運車でも悪さはしなかったし、輸送は問題なかった。あとはこれからうるさくならなければ。気ムラな馬だが、まじめに走れば、好勝負できると思います」と堀井厩務員。平常心でレースに臨めるかがポイントだろう。

出走馬

 ◆春と別馬デキ万全 (1)トーセンラー

 セントライト記念2着の(1)トーセンラーは角馬場で体をほぐしてからCWでキャンター調整。前日からの雨で馬場が重くなっていたが、フットワークは軽やかだ。藤原英調教師は「オルフェーヴルは抜けている存在だし、負かすのは簡単ではない」と2冠馬に敬意を表しながらも「使うだけだった春と違って、こちらも勝負できるような調教をしてきたから」とデキに自信を見せる。京都外回りは、オルフェーヴルウインバリアシオンをくだしたきさらぎ賞を含め2戦2勝。坂の下りを利用して自慢の末脚が爆発するか。

 ◆先行策で一発狙う (17)フレールジャック

 4戦3勝とまだ底を見せていない(17)フレールジャックは坂路をキャンターで1本。「状態は前回よりいいので、あとは折り合いですね」と田代調教助手は体調の上積みを強調する。神戸新聞杯(3着)では後方で折り合いに専念したが、友道調教師が「(今度は)ある程度前に行くと思うし、外枠のほうがかえってスンナリいけると思う」と先行策をにおわせている。この馬の出方が展開のカギを握りそうだ。

 ◆スタミナ勝負自信 (8)ベルシャザール

 ダービー3着、セントライト記念4着と世代上位の力を持つ(8)ベルシャザールは坂路でラスト2ハロンを28秒6−13秒8で伸ばした。「きれいなフォームで上がっていたね。不安なくここまできたことを最終調整で確認できた」と松田国調教師は胸を張る。「ダービーで前に行って残ったのはこの馬だけですから」と松田国師はスタミナ勝負にも自信を抱いている。

 ◆叩いた上積み大!! (4)ユニバーサルバンク

 セントライト記念11着(4)ユニバーサルバンクは午前5時の開場一番にCWでラストをサッと伸ばした。松田博調教師は「前回は帰厩からレースまでの日数が少なく乗り込み不足だったが、今回はしっかり調教が積めている。内めの枠もいいし、バテるタイプじゃないから距離も問題ない」と期待の口ぶり。田辺騎手は土曜の富士Sエイシンアポロンで勝ちリズムがよく、「度胸がすわった騎乗ができる騎手」とトレーナーは一発を託す。

出走馬

[もっと見る]

⇒もっと見る

ユニバーサルバンクの関連コラム

閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に阪神競馬場でG2神戸新聞杯が、中山競馬場ではG2産経賞オールカマーがそれぞれ行われました。
G2神戸新聞杯は、スタートしてまずフミノポールスターが外枠から押して出ていき1コーナー入り口で先頭に立ち、メイショウカドマツが2番手を確保して隊列が決まると、この2頭が引っ張り縦長の展開に。人気の各馬は、マウントシャスタが中団馬群の後方、1番人気に推されたゴールドシップがさらにその後方からとなり、馬群が途切れてヒストリカルは後方3番手からの競馬となって3、4コーナーへ。ここで先行2頭と好位、中団グループの差が詰まって馬群は凝縮。迎えた直線でまず抜け出しを図ったのはメイショウカドマツブレイズアトレイルユウキソルジャーの3頭。2列目からはゴールドシップロードアクレイムらが外を回していい手応え。勢い十分のままゴールドシップユウキソルジャーらを交わすとそのまま2馬身半突き抜けて快勝。ゴールドシップが抜けだした後を追うように伸びたロードアクレイムが2着。直線でインを突いたマウントシャスタが3着に入り、ここまでが菊花賞への切符を手に入れています。
公認プロ予想家の中では、岡村信将プロきいいろプロ河内一秀プロが的中しています。
一方のG2産経賞オールカマーは、一日中降り続く秋雨の中での競馬となりました。馬場状態は重まで悪化する中、まず好発を決めたのは大外のコスモファントム。しかし、内の各馬も先手を主張し、結局コスモラピュタルルーシュラッキーバニラサンテミリオンダイワファルコンが好位グループを形成。コスモファントムを挟んで、中団グループにナカヤマナイトユニバーサルバンクらが位置取り、ダコールは後方からの競馬。3、4コーナーでコスモラピュタラッキーバニラを外から持ったままの手応えでダイワファルコンが交わすと、ナカヤマナイトも手応え十分に2番手に進出。直線を迎えての後方各馬の伸びはいまいちで、抜け出したダイワファルコンナカヤマナイトの2頭とそこから2、3馬身離れたルルーシュユニバーサルバンクの4頭の争いの様相に。ゴール前の攻防は、最後にナカヤマナイトダイワファルコンを競り落として決着。。3着争いはユニバーサルバンクが、一旦単独3番手に抜け出した内のルルーシュを差し返す根性を見せて入っています。公認プロ予想家の中では、山崎エリカプロ導師嵐山プロ伊吹雅也プロMK.YOSHIプロスガダイプロサラマッポプロが的中予想を披露しています。
他にも先週は、kmプロdream1002プロ霧プロ仲谷光太郎プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → kmプロ
22(土)中山4Rは本命◎にアドバンスヘイローを指名し、3連単1000円分的中で27万1100円のスマッシュヒットを記録。土日トータルでは、回収率252%、収支16万5800円のプラスを達成!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
22(土)中山11 Rは◎○の本線決着で3連単600円分を的中し、16万7400円の払戻しに成功。土日ともに的中率40%を超える安定感を見せた先週は、土日トータル回収率142%、収支12万8720円のプラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
22(土)阪神12Rは△◎の馬連的中で6万3500円の払戻しに成功。23 (日)産経賞オールカマーでは◎○の本線で馬連3500円分的中!こちらも6万オーバーの払戻しとなりました。土日トータルでは回収率165%、収支6万5250円のプラスをマークしました。

☆☆☆注目プロ → スガダイプロ
23(日)産経賞オールカマーでは◎ナカヤマナイトダイワファルコンの予想で的中を記録。馬連&3連複計2万8810円の払戻しとなりました。土日トータルでは、回収率108%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → 仲谷光太郎プロ
22(土)阪神3Rは◎ワキノネクサスからの3連単200円分を的中。10万4260円の払戻しに成功しています。

☆☆☆注目プロ → 霧プロ
22(土)阪神で的中率50%を記録するなどコンスタントに的中を重ね、土日トータルでは回収率105%を記録しました。


※全レースの結果速報はこちら


さあ、いよいよ今週は秋競馬もG1戦線に突入!
秋のG1シーズンもウマニティが誇る公認プロ予想にご期待下さい。


「ユータ」


登録済みの方はこちらからログイン

2011年9月14日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第138話セントライト記念(謎解き編)〜
閲覧 216ビュー コメント 0 ナイス 3

第138話 「セントライト記念」

06年 35.5-61.3-36.3 =2.13.1 ±0▼4△11 平坦戦
07年 34.3-62.1-35.6 =2.12.0 ▼4△1±0 平坦戦
08年 36.0-62.9-35.7 =2.14.6 ▼8±0△3 瞬発戦 稍重
09年 35.7-60.4-35.9 =2.12.0 ▼1△3△2 平坦戦
10年 34.8-59.1-37.0 =2.10.9 △2△2△6 消耗戦

昨年はヤマニンエルブの大逃げにより上がり37.0秒と超前傾ラップになったレースでかなりレアケースだと思います。
時計もかなり速く馬への負担も相当あったのでしょう。
勝利したクォークスターも2着のヤマニンエルブも以降1戦したのみでなかなか復帰出来ないようです。
5着だったダークシャドウや最下位だったコスモヘレノスの方が以降は活躍してたりします。
レース単体とすれば昨年は面白かったですが馬への負担を考えればスローペースも決して悪くはないなと感じます。

話しをセントライト記念に戻しまして・・・
08年は雨で稍重だったせいか前半〜中盤がスローの流れで▼8が生じた瞬発戦となっていますが基本的にこのレースは大きな加速が生じない平坦戦になりやすいです。
中山芝22コースは外回りコースでコーナーのRが緩く2コーナー回ってから下り坂が続くため道中のペースが緩みにくいコース設定となっています。
道中で持続的に脚を使うため最後の800m区間で大きな加速が生じにくい平坦戦になるということです。
持続脚
まずはこれが必要。

次に位置取りですが基本的には先行有利です。
脚を溜める区間があまりないコースなのでラストで爆発的な末脚を使えません。
それでいて直線が短いので前の方でじわじわ伸びた馬が勝ちやすいと言えるでしょう。
但し、先行有利なのですが逃げ馬はそれほど有利とはなっていません。
過去10年を見ても逃げ切り勝利は04年のコスモバルクだけとなっています。
持続的なペースで逃げてきた馬にとっては最後の4コーナーのRとラストの急坂が厳しいのではないかと思われます。
4コーナー回ってからもう一伸び出来る先行馬の方が有利となるのでしょう。

中山芝22コースは外枠有利。
このコースは5枠より外枠の方が内枠よりも有利となっています。
厳密に言えば「内枠の差し馬がかなり不利」ということです。
上記に書いた通り大きな加速が生じにくいコースなので内で閉じ込められた差し馬は不発に終わるケースが多いのだと思われます。
持続ペースのレースなので4コーナーでブレーキ踏んだらまずアウトで内枠の馬の方がブレーキを踏む可能性は高いはずです。
外を回した馬の方がスムーズに走れるので距離ロスよりもスムーズさが重要ということです。
なので内枠の馬でも先行できればそれほどマイナスにはならないと思われます。

最後に中山芝22コースはリピーターを買うべし
これはセントライト記念のみならず他のレースでも言えることなので覚えておいて損はないでしょう。
このコースはかなり特殊なコースなので好走可能な適性の幅が他のコースに比べると狭いです。
過去に好走歴のある馬は特注と言えます。
→今年の登録馬ではルイーザシアター、ヴァーゲンザイルマイネルメダリストの3頭が3着以内経験があります

今年の登録馬を見るとサダムパテックベルシャザールがいてこれらが人気になるでしょう。
サダムパテックは弥生賞は勝っていますが危険な人気馬の気がします。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ユニバーサルバンクヴァーゲンザイルベルシャザール
持続脚+先行となるとユニバーサルバンクかなと。
あ、また田辺Jですか。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ユニバーサルバンクの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ユニバーサルバンクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ユニバーサルバンクの写真

ユニバーサルバンク

ユニバーサルバンクの厩舎情報 VIP

2015年1月25日アメリカジョッキーC G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ユニバーサルバンクの取材メモ VIP

2015年1月25日 アメリカジョッキーC G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。