会員登録はこちら
東京優駿 G1   日程:2018年5月27日()  東京/芝2400m

東京優駿ニュース

ウオッカの子タニノフランケルが圧勝! 阪神6R
 15日の阪神6R(芝2000メートル)で1番人気のタニノフランケル(栗・角居、牡3)が逃げ切りで4馬身差の圧勝を飾った。「楽にハナに行けたし、手応え通りラストまで伸びてくれて強かった。伸びしろも大きいです」と幸騎手はにっこり。父は英国産で現役時14戦全勝(うちGI10勝)のフランケルで、母ウオッカは2007年、母の父タニノギムレットは02年の日本ダービー馬という超良血だ。次走は日本ダービー(5月27日、東京、GI、芝2400メートル)の出走権獲得を目指し、トライアル・プリンシパルS(5月5日、東京、OP、芝2000メートル)か同日の京都新聞杯(京都、GII、芝2200メートル)が候補。親子3代の日本ダービー制覇へ夢が広がった。★タニノフランケルの競走成績はこちら
2018年4月16日(月) 12:01

 960

プレミアム皐月賞回避 「無理せず」全力でダービー目標に
 4戦全勝で弥生賞を制した昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアム(栗・中内田、牡3)が登録のある皐月賞(15日、中山、GI、芝2000メートル)を回避することが決まった。中内田調教師が5日、右前脚挫跖(ざせき)による調整不足のためと説明した。 「残念です。先のある馬ですし、無理はせずに日本ダービー(5月27日、東京、GI、芝2400メートル)を目標に調整していきます」。3月30日に異変がわかってから数日間は経過を観察し、症状は改善されているが、陣営は仕上がり途上と判断。クラシック第1戦を見送る決断に至った。 「回避についてオーナーに理解をいただきました。感謝しています。日本ダービーに全力で行けるように仕上げていきます」。放牧には出ず、在厩で調整を進めてダービーを目指す。 大本命馬が不在となった皐月賞は、弥生賞2着のワグネリアン(栗・友道、牡)や、フジテレビ賞スプリングSを制したステルヴィオ(美・木村、牡)、ビートたけし(71)が命名したことで話題のすみれS勝ち馬キタノコマンドール(栗・池江、牡)などが中心となりそうだ。★ダノンプレミアムの競走成績はこちら★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月6日(金) 05:01

 1,542

【京都記念】昨年の日本ダービー馬レイデオロ信頼
 ≪展望≫ 昨年の日本ダービー馬で、ジャパンCでも2着になったレイデオロが復帰戦を迎える。長距離輸送に不安はなく、コース形態も問わない。スムーズに立ち回れれば好結果が出せるだろう。 昨年の皐月賞勝ち馬アルアインを対抗格にした。前走は馬場状態が悪く、距離が長かった。良馬場、2200メートル戦で巻き返す。▲ディアドラは牡馬相手でも瞬発力はひけを取らない。先行してしぶとい△△モズカッチャンに、△クリンチャー、△クロコスミア、△ミッキーロケットまで。
2018年2月5日(月) 12:00

 1,294

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る