ウメノファイバー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1996年5月5日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主梅崎 敏則
生産者斉藤 安行
生産地新冠町
戦績16戦[4-0-0-12]
総賞金23,899万円
収得賞金4,575万円
英字表記Umeno Fiber
血統 サクラユタカオー
血統 ][ 産駒 ]
テスコボーイ
アンジエリカ
ウメノローザ
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンデイクテイター
ウメノシルバー
兄弟 オールドミネイトルドゥーテ
前走 2000/12/17 サンスポ阪神牝馬特別 G2
次走予定

ウメノファイバーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
00/12/17 阪神 11 サン阪神牝特 G2 芝1600 141133.8106** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁450(0)1.34.9 1.135.3⑫⑬⑨トゥザヴィクトリー
00/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 174814.9512** 牝4 56.0 O.ペリエ相沢郁450(-4)2.14.1 1.334.2⑩⑪⑫⑫ファレノプシス
00/10/15 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 137117.8411** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁454(+14)1.49.8 1.534.7トゥザヴィクトリー
00/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1871310.1812** 牝4 56.0 後藤浩輝相沢郁440(-6)1.34.7 0.834.9⑭⑭フェアリーキングプ
00/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1871484.8124** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁446(0)1.21.3 0.334.1⑬⑬スティンガー
99/11/28 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 152220.6812** 牝3 53.0 蛯名正義相沢郁446(+2)2.28.1 2.637.7⑪⑪⑬⑭スペシャルウィーク
99/10/24 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185108.544** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁444(+16)1.59.5 0.236.6⑬⑭⑩⑥ブゼンキャンドル
99/05/30 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1881616.971** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁428(+12)2.26.9 -0.034.6⑪⑬⑮⑭トゥザヴィクトリー
99/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1861121.886** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁416(-4)1.36.3 0.836.9⑨⑥⑦プリモディーネ
99/02/21 東京 11 クイーンC G3 芝1600 16127.721** 牝3 54.0 蛯名正義相沢郁420(+6)1.36.6 -0.134.6レッドチリペッパー
98/12/06 阪神 11 阪神3歳牝S G1 芝1600 133313.186** 牝2 53.0 柴田善臣相沢郁414(-2)1.38.9 1.939.1⑧⑧⑧スティンガー
98/11/14 東京 11 京王杯3歳S G2 芝1400 98918.561** 牝2 53.0 蛯名正義相沢郁416(-2)1.22.8 -0.135.4⑥⑦ロサード
98/09/26 札幌 11 札幌3歳S G3 芝1800 1481344.387** 牝2 53.0 山本康志相沢郁418(+6)1.51.7 1.438.1⑩⑨⑦マイネルプラチナム
98/08/02 函館 11 函館3歳S G3 芝1200 164790.7154** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)1.11.7 0.636.7⑯⑩リザーブユアハート
98/07/26 函館 6 2歳新馬 芝1000 88818.851** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)0.59.1 -0.335.6クリムゾンクローバ
98/07/12 函館 6 2歳新馬 芝1200 105512.157** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(--)1.13.6 1.338.2⑤④エイシンコールマン

ウメノファイバーの関連ニュース

 祖母が1999年のオークスウメノファイバーという厩舎ゆかりの血統。母はJRA未勝利だったが、笠松に転厩して3連勝した。ここまで入念に併せ馬で乗り込んでいる。1週前にはWコースで、日曜新潟5Rでデビューするタマワイドベガウメノファイバーの子)に2馬身先着と上々の動きを見せた。相沢調教師は「素直な気性をしているし、現時点でいうことはないね。体形的に短い距離が向いていそう」と期待している。

【天皇賞・秋】ヴェルデ、8枠17番2013年10月25日(金) 05:08

 ヴェルデグリーンは大外の〔8〕枠(17)番に決まった。「ウメノファイバーと同じ“ピンクのサウスポー”だね」と相沢調教師。オークスなど重賞を3勝した祖母ウメノファイバーは、東京の京王杯3歳S、オークスをピンク帽の〔8〕枠でV。「枠はどこでもいいと思っていたけど、ここならゲートに入ってすぐスタートになるはず。内枠でごちゃつくより、かえってよかった」と、不利とされる大外枠をプラスにとらえている。

★天皇賞・秋の枠順はこちら

[もっと見る]

ウメノファイバーの子ノーブリー快勝 2012年1月22日() 12:15

 22日の小倉5Rメイクデビュー小倉(芝1800メートル)は、藤岡康太騎手騎乗の4番人気ノーブリー(牡、父アドマイヤムーン、母ウメノファイバー、母の父サクラユタカオー、栗東・藤岡健一)が快勝。タイム1分52秒0(稍重)。

 オークスなど重賞3勝を挙げた活躍馬ウメノファイバーの子ノーブリーが豪快な競馬で勝利を収めた。

 レース序盤は中団に控えたノーブリーだが、レース中盤で一気に進出し、先頭に立った。直線では人気のスターマインらの追撃を振り切り、1馬身1/4差でデビュー戦を飾った。

[もっと見る]

ウメノファイバーの孫がデビュー勝ち 2010年12月25日() 12:28

 25日の中山5Rメイクデビュー中山(芝2000メートル)は、松岡正海騎手騎乗の3番人気ヴェルデグリーン(牡2歳、美浦・相沢郁厩舎)が快勝。勝ちタイムは2分6秒4(良)。

 1/2馬身差の2着は1番人気インプレザリオ、1馬身差の3着には4番人気アサクサポイントが入った。

 3・4コーナー中間で仕掛け、先頭グループに入ったヴェルデグリーン。直線でも鋭い脚で伸びて先頭に立ち、後方から追い込んだインプレザリオらの追撃も振り切った。

 勝ったヴェルデグリーンは父ジャングルポケット、母レディーダービー、母の父スペシャルウィークという血統。母の母には99年オークス(GI)を制したウメノファイバーがいる。

 また、中山4Rメイクデビュー中山(ダ1200メートル)はスマイルダンサー(牝2歳、美浦・尾形充弘厩舎)が2番手から直線で抜け出し、デビュー勝ちを飾った。

[もっと見る]

【メイクデビュー中山】ヴェルデグリーン2010年12月25日() 05:03

 【5R】祖母のウメノファイバーは’99オークス馬。相沢厩舎ゆかりの血統だ。レース前日は坂路を1本登坂して体調を整えた。「けいこの動きはいいし、ここまで順調に来ている。ウメノファイバーが持っていたバネのような体の柔らか味を持っている。初戦から期待したいね」と相沢調教師は好勝負を見込んでいる。

[もっと見る]

ウメノファイバーの関連コラム

閲覧 1,399ビュー コメント 0 ナイス 8



 普段はディープな競馬ファンであることを極力隠し、”普通の競馬好き”という皮を被って生活している私ですが、先週辺りから普段は全く競馬に触れていない方々から、「そろそろダービーだっけ?」と聞かれることが増えました。
 その都度、出走馬の見解や血統など諸々を熱く語りたくなる衝動を抑えて、「はい、そうですよ(にっこり)」などと無難な返答を繰り返しているわけですが、1年を通してこんな現象が発生するのは、ダービーと有馬記念の時くらい。関係者、ファンのみならず、ごくごく一般の方にとっても特別なレースなんだなぁと実感します。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 私ももう20年以上競馬を観てきていますが、ダービーウィークの高揚感、当日発走直前の何とも言えない緊張感、そしてレースが終わった後の余韻……これらは何度でも何度でも体感したくなってしまいます。そこに”予想的中”というメインディッシュが加われば、より忘れられない一日になるのは間違いないでしょう。
 今回もまたコラム執筆を通して納得いく最高の結論を導き出せることを祈りつつ……気合を入れて日本ダービー展望、まいります。



 ダービーを考える上で毎年難しい問題として挙がるのが、”皐月賞の結果が直結するか否か”という点。先週のオークス桜花賞組による上位独占という結果だったのは記憶に新しいところですが、皐月賞とダービーでは求められる適性がまるで違うために、両レースで全く違う結果になることもしばしば。昨年の皐月賞1~3着馬がダービーでは揃って圏外に沈み、皐月賞5,6着馬と青葉賞勝ち馬が上位に……といった、極端な逆転現象も発生しています。
 今年の皐月賞は昨年ほどの大荒れではなかったものの、1着が7番人気馬、2着が9番人気馬、3着が8番人気馬という、普通に考えれば十分に波乱と言えるレベルの決着。勝ったエポカドーロは着差的にも完勝と言える内容ではありましたが、逃げ馬3頭が道中後続を大きく離すという特殊な展開だったことも考えると、各馬の力量差がしっかりと出た結果とは言えないように感じています。昨年のような、敗れた馬による逆転、もしくは別路線の馬の台頭があるような予感がしてなりません。

 ……とは言っても、クラシックで2馬身差を付けて勝つというのはなかなかできない芸当。エポカドーロの能力の高さは認めるべきでしょう。非常に高いレースセンスを生かして理想的な立ち回りができていたというのも勝因ではあるのでしょうが、勝負所の手応え、追ってからの反応の速さ、刻んだラップも高い評価ができるもの。7番人気というのは少し過小評価されていたように思いますし、これからも中距離路線の一線級で活躍できる馬になるはず。
 ただ、ダービーの舞台でどうかという点に関しては、イメージが少々ズレるというのが正直なところ。父オルフェーヴルという血統面に加え、前半から回転の速いフットワークは小回りでこそ最大のパフォーマンスを発揮できるという印象。ここまでの連対は全て小回り・内回りコースでのものですし、短距離色の濃い母系から2400mへの距離延長も歓迎ではなさそう。東京の長い直線で末脚勝負となると分が悪いように思います。

 皐月賞2着馬サンリヴァルも懐疑的な目で見てしまう1頭。
 新潟のデビュー勝ち以降は全て中山でのレースを選択している上、余裕残しの仕上がりだった弥生賞を叩いて、皐月賞では-12kgというかなりしっかりした仕上げ。ダービーよりも皐月賞の方に照準を合わせていた感が強くあります。
 血統面は父ルーラーシップ、母母にオークス馬のウメノファイバー……一見すると東京は合いそうに映りますが、このウメノファイバーから連なる牝系の出身馬は何故か小回り巧者が多数。近親にAJCCやオールカマーを勝った中山巧者ヴェルデグリーンがいることからも、東京よりは中山寄りの適性の持ち主と見ていいのではないでしょうか。昨年ダービーで着順を落とした同父のダンビュライトと似たイメージもあり、好走するにはかなり高いハードルを越える必要がありそう。

 同3着のジェネラーレウーノもレースぶりが悪かったとは思いませんし、むしろその粘り腰は評価されるべきところ。ですが、そうした粘りで勝負するタイプであるが故に、ある程度の瞬発力も求められるダービーでは苦戦を強いられそう。
ここ数週の東京の高速馬場に対応できそうな血も持ってはいますが、本馬のレースぶりからはそうした”軽さ”はあまり感じられず……また違った条件で狙ってみたい存在と言えます。

 では、皐月賞組で巻き返しの可能性が高そうなのは……と考えた時、一番よくあるパターンなのが、”人気で凡走した”馬。昨年ワンツーだったレイデオロスワーヴリチャードも、このパターンに近い馬だったと思います。
 特に今年の皐月賞は後方からいい脚を使いつつも届かなかった馬が多く、その中にダービーでの逆転を果たす馬がいても不思議ではなさそう。
 
 その中でも真っ先に名前が挙がるのは、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

ウメノファイバーの口コミ


口コミ一覧

☆仔と孫同時出陣!(^^)!☆

 ユウキ先生 2015年9月4日(金) 21:13

閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 2

1999年のオークス馬ウメノファイバー♪

その9番仔となる『タマワイドベガ』

そして!

ウメノファイバーの4番仔のジョイチャイルドを母に持つ『シュートラヴ』

揃って今週の新馬戦にデビューします!!

ウメノファイバーとしては仔と孫の初陣を温かく見守る形☆

お母さんとしておばあちゃんとして(*^-^*)

 TERAMAGAZI 2013年10月27日() 01:24
【天皇賞(秋)】トウケイヘイロー1着固定3連単→4、7、13 
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 2

【第148回 天皇賞(秋)】G1完全攻略【結論】

サイレンススズカ

90年代に競馬を見てきた者にとって特別な馬だ。

70年代のテンポイントがそうであったように。


オープン特別→中山記念→小倉大賞典→金鯱賞→宝塚記念→毎日王冠

全て逃げ切りで怒涛の5連勝!!

金鯱賞は菊花賞馬で重賞3勝を含む4連勝中のマチカネフクキタル、重賞2勝を含む5連勝中(後に香港国際Cを勝つ)ミッドナイトベッドを相手に11馬身差(1,8秒差)でレコードタイム圧勝!!

初のG1挑戦となった宝塚記念では2頭の天皇賞馬エアグルーヴとメジロブライト、そしてステイゴールドを下してG1初優勝!!

続く毎日王冠は史上最強メンバーと言われ、当時無敗だったエルコンドルパサー(ジャパンカップ、凱旋門賞2着)とグラスワンダー(有馬記念2連覇)に影さえ踏ませぬ逃げで大楽勝!

そして運命の98年11月1日。天皇賞(秋)を迎える。

サイレンススズカは単勝1、2倍の圧倒的1番人気。

武豊とサイレンススズカはいつものように抜群のスタートで快調に飛ばし、後続を突き放した。競りかけることの出来る馬は1頭もおらず3コーナーでは2番手に10馬身、さらにそこから3番手までが5馬身と後続を大きく引き離しての逃走劇だった。

そう、いつもと同じ。

4コーナーでさらに加速すれば、栄光の盾のゴールが待っているはずだった…。

しかし悲劇というものは往々にして唐突にやって来る。テンポイント然り…。

3コーナーを過ぎたところで突然の失速。左前脚手根骨粉砕骨折発症により、競走中止となってしまう…。そして予後不良という悲しい現実…。

武豊は15年前のサイレンススズカの無念を晴らすためトウケイヘイローで、大逃げを打つ。

サイレンススズカが到達することの出来なかった盾の栄光を手にするために。

トウケイヘイロー絶対本命!アタマで買います!!


【馬券になった馬の主要な前走】

毎日王冠  →【4・3・2】

宝塚記念  →【3・2・1】

札幌記念→  【2・0・2】

京都大賞典 →【1・0・1】

オールカマー→【0・1・0】

3歳限定重賞→【0・2・1】

毎日王冠と宝塚記念で、50%を占めている。

→札幌記念から4頭、京都大賞典から2頭、オールカマーから1頭だけ。

※06年アドマイヤグルーヴは、京都大賞典4着→天皇賞(秋)3着

※06年スウィフトカレントは、オールカマー4着→天皇賞(秋)2着

京都大賞典、オールカマーは、4着以内が絶対条件

【3歳馬】

※04年ダンスインザムードが、秋華賞4着→天皇賞(秋)2着

※08年ディープスカイが、(ダービー1着→)神戸新聞杯1着→天皇賞(秋)2着

※12年フェノーメノが、(ダービー2着→)セントライト記念1着→天皇賞(秋)2着

※10年ペルーサが、(ダービー6着→)毎日王冠5着→天皇賞(秋)2着

ダンスインザムードは桜花賞馬。ペルーサ以外は全てG1馬だった。

※ダービー9着→毎日王冠7着でペルーサより実績が劣るコディーノは、来ても3着止まり。


【G1・G2実績】

10頭の優勝馬の内、6頭がG1馬だった。

※ゼンノロブロイは、ダービー2着、天皇賞(春)2着の実績。


残る3頭の内、カンパニーはG2・5勝、トーセンジョーダンはG2・3勝、ヘヴンリーロマンスもG2・2勝の実績。

※トゥザグローリーは、G2・3勝&G3・2勝の実力馬(京都大賞典は6着だが、0秒4差の僅差)

【血統的考察】


サンデー系以外で強い血はトニービン

凱旋門賞馬トニービンは、95年サクラチトセオー、97年エアグルーヴ、98年オフサイドトラップと3頭の勝ち馬を輩出しています。

トニービンの仔の産駒では、11年1着トーセンジョーダン(ジャングルポケット)、09年カンパニー(ミラクルアドマイヤ)と2頭の勝ち馬が出ています。

また10年3着アーネストリー、12年3着ルーラーシップの母父はトニービンです。

ジャングルポケット(父トニービン)産駒ヴェルデグリーン

ヴェルデグリーンはジャングルポケット×スペシャルウィークで、父、母父ともにダービー馬。クラシックディスタンス(2400m)にフィットする配合。

しかも母母ウメノファイバーはオークス馬。ウメノファイバーの父は天皇賞(秋)馬サクラユタカオー。さらに7代母トキツカゼは、牝馬ながら皐月賞馬でダービー2着。

ハーツクライ産駒ジャスタウェイ

ハーツクライの母アイリッシュダンスは重賞2賞馬。トニービン×リファール(ND系)で、

欧州系のタフな底力と類い稀なスピードとパワーに溢れるリファール(ダンシングブレーヴの父)という配合。

そのアイリッシュダンスにサンデーサイレンスを付けて産まれたのがハーツクライ。ジェンティルドンナが2着に敗れたドバイシーマクラシック1着、ダービーはキングカメハメハの2着、宝塚記念2着、ジャパンカップ2着で、有馬記念では先行して当時無敗の3冠馬ディープインパクトの翔ぶような差し脚を完封して優勝。

ハーツクライはディープインパクトを初めて敗った馬です。

ハーツクライのスピードを受け継いだジャスタウェイは全15戦中、8戦が上がり最速という鬼脚を持っています。G3を3戦連続上がり最速で2着。全2勝(実はまだ2勝馬!)はマイルで、1800mの毎日王冠も2年連続2着止まり。10ハロンは距離が少し長いですが、2着、3着ならありそうです。

不安なのはジェンティルドンナ。ディープインパクト産駒は、過去6年(08年が初仔)で、馬券圏内に来たことは一度もありません。

※東京芝2000mのリーディングサイアーはディープインパクトですが、なぜか天皇賞(秋)には縁がないのです。(競馬7不思議の1)

※ダービー、オークス、安田記念、ヴィクトリアマイルを勝っているのに、天皇賞(秋)では馬券になっていません。

ジェンティルドンナ。1着どころか3着も外す可能性大です!

【最終結論】

1着固定3連単

11トウケイヘイロー&武豊

→4、6、7、9、13

→4、6、7、9、13、1、8、17


東京4R【2歳新馬戦】芝2000m

このレースは必見です!!

ラングレー(ディープインパクト×ストームキャット)
今年の「サンデーR」イチ推し。ダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサンと同じ配合です。

ベルキャニオン(ディープインパクト×フレンチデピュティ)
今年の「金子真人HD」イチ推し。無事ならキズナを敗ってダービー馬になっていた可能性の高い弥生賞馬カミノタサハラの全弟。

ゼウスバローズ(ディープインパクト×ルーソヴァージュ)
ダービー馬ディープブリランテの全弟。世界の角居厩舎。

この3頭が来年のクラシック戦線で活躍するのは間違いないです!!

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2013年10月23日(水) 20:55
【天皇賞(秋)】トニービンの血→爆ヴェルデグリーン 
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 2

【第148回 天皇賞(秋)】G1完全攻略
第1回【血統的考察】

東京10ハロンは、スピードの持続力とタフな底力が要求されるハードなコース。
マイラー系の好走もあるが、基本的には、クラシックディスタンス(2400m)を勝てる馬が勝つレースと言えます。

過去10年の連対馬30頭中、13頭がスピードと底力のある父サンデーサイレンス系ですが、
勝ち馬に限って見ると、04年ゼンノロブロイ、05年ヘブンリーロマンス、06年ダイワメジャーとサンデーサイレンスの直仔ばかり。

サンデーサイレンスの仔の産駒は、07年2着アグネスアーク(アグネスタキオン)。08年2着ダイワスカーレット(アグネスタキオン)、同年3着ディープスカイ(アグネスタキオン)。10年2着ペルーサ(ゼンノロブロイ)。11年2着ダークシャドウ(ダンスインザダーク)、同年3着ペルーサ、同年4着ブエナビスタ(スペシャルウィーク)。12年フェノーメノ(ステイゴールド)、同年4着ダークシャドウ、同年5着カレンブラックヒル(ダイワメジャー)
2着馬は5頭もいるのに勝ち切れていません。
※勝ち馬は10年のブエナビスタ(スペシャルウィーク)ただ一頭だけ。
(ブエナはG1・6勝の歴史的名馬だから例外と見ていいでしょう)

東京コースG1を多く勝っているディープインパクト産駒もステイゴールド産駒もダイワメジャー産駒も天皇賞(秋)は、未勝利!!!

サンデー系以外で強い血はトニービン
凱旋門賞馬トニービンは、95年サクラチトセオー、97年エアグルーヴ、98年オフサイドトラップと3頭の勝ち馬を輩出しています。

トニービンの仔の産駒では、11年1着トーセンジョーダン(ジャングルポケット)、09年カンパニー(ミラクルアドマイヤ)と2頭の勝ち馬が出ています。
また10年3着アーネストリー、12年3着ルーラーシップの母父はトニービンです。

血統的考察からのイチ推しは「トニービンの血」を持つ馬。
ジャングルポケット(父トニービン)産駒ヴェルデグリーン

ヴェルデグリーンはジャングルポケット×スペシャルウィークで、父、母父ともにダービー馬。
クラシックディスタンス(2400m)にフィットする配合。

しかも母母ウメノファイバーはオークス馬。

ウメノファイバーの父は天皇賞(秋)馬サクラユタカオー。

さらに7代母トキツカゼは、牝馬ながら皐月賞馬でダービー2着。

ヴェルデグリーン。アタマから狙えます!!!!!!!

明日は、【前走(ステップレース)からの考察】を書きます。
ご覧下さい。


JRAから先週の10万馬券証明書が発行されたので掲載しときます。(今年、4枚目)

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

ウメノファイバーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ウメノファイバーの写真

投稿写真はありません。

ウメノファイバーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ウメノファイバーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。