注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ウメノファイバー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1996年5月5日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主梅崎 敏則
生産者斉藤 安行
生産地新冠町
戦績16戦[4-0-0-12]
総賞金23,899万円
収得賞金4,575万円
英字表記Umeno Fiber
血統 サクラユタカオー
血統 ][ 産駒 ]
テスコボーイ
アンジエリカ
ウメノローザ
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンデイクテイター
ウメノシルバー
兄弟 オールドミネイトルドゥーテ
前走 2000/12/17 サンスポ阪神牝馬特別 G2
次走予定

ウメノファイバーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
00/12/17 阪神 11 サン阪神牝特 G2 芝1600 141133.8106** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁450(0)1.34.9 1.135.3⑫⑬⑨トゥザヴィクトリー
00/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 174814.9512** 牝4 56.0 O.ペリエ相沢郁450(-4)2.14.1 1.334.2⑩⑪⑫⑫ファレノプシス
00/10/15 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 137117.8411** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁454(+14)1.49.8 1.534.7トゥザヴィクトリー
00/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1871310.1812** 牝4 56.0 後藤浩輝相沢郁440(-6)1.34.7 0.834.9⑭⑭フェアリーキングプ
00/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1871484.8124** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁446(0)1.21.3 0.334.1⑬⑬スティンガー
99/11/28 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 152220.6812** 牝3 53.0 蛯名正義相沢郁446(+2)2.28.1 2.637.7⑪⑪⑬⑭スペシャルウィーク
99/10/24 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185108.544** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁444(+16)1.59.5 0.236.6⑬⑭⑩⑥ブゼンキャンドル
99/05/30 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1881616.971** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁428(+12)2.26.9 -0.034.6⑪⑬⑮⑭トゥザヴィクトリー
99/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1861121.886** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁416(-4)1.36.3 0.836.9⑨⑥⑦プリモディーネ
99/02/21 東京 11 クイーンC G3 芝1600 16127.721** 牝3 54.0 蛯名正義相沢郁420(+6)1.36.6 -0.134.6レッドチリペッパー
98/12/06 阪神 11 阪神3歳牝S G1 芝1600 133313.186** 牝2 53.0 柴田善臣相沢郁414(-2)1.38.9 1.939.1⑧⑧⑧スティンガー
98/11/14 東京 11 京王杯3歳S G2 芝1400 98918.561** 牝2 53.0 蛯名正義相沢郁416(-2)1.22.8 -0.135.4⑥⑦ロサード
98/09/26 札幌 11 札幌3歳S G3 芝1800 1481344.387** 牝2 53.0 山本康志相沢郁418(+6)1.51.7 1.438.1⑩⑨⑦マイネルプラチナム
98/08/02 函館 11 函館3歳S G3 芝1200 164790.7154** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)1.11.7 0.636.7⑯⑩リザーブユアハート
98/07/26 函館 6 2歳新馬 芝1000 88818.851** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)0.59.1 -0.335.6クリムゾンクローバ
98/07/12 函館 6 2歳新馬 芝1200 105512.157** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(--)1.13.6 1.338.2⑤④エイシンコールマン

ウメノファイバーの関連ニュース

 スティンガートゥザヴィクトリーフサイチエアデールウメノファイバーなどそうそうたるメンバーが顔をそろえた1999年の桜花賞を制したプリモディーネ。その産駒のナツメ(仏=小林智厩舎)が今月6日、仏リール郊外のクロワゼ・ラロッシュ競馬場、第3Rルーベ賞(芝2500メートル)でうれしい初勝利を挙げた。売り出し中の若手騎手ピエール・バジル騎手を背に道中4番手から直線で抜け出し、ゴール板をさっそうと先頭で駆け抜けた。

 2013年産のナツメは、ノヴェリストやシロッコなど数々の活躍馬を送り出したドイツの名種牡馬モンズンとプリモディーネの間に誕生した栗毛の3歳牝馬。14年秋のアルカナ・オクトーバーセールで樋口稔氏が代理人を通じて落札し、仏シャンティーの小林智厩舎に入厩。今年3月11日にデビューした。初戦は10着と敗れたが、2戦目は6着と着順を上げ、ルーベ賞で通算3戦目のレースを迎えていた。

 「父の産駒らしくスタミナが豊富で、古馬のように競走センスのある馬。パンとしてくればさらに走れそうです。馬体はまだ弱いところがあるので、あまり急がず、じっくりと調教していきたい。名門牝系の貴重な血統で繁殖牝馬としての価値も高いですし、競走成績で箔(はく)をつけるのが調教師の私に与えられた仕事です」と管理する小林智調教師は話している。ナツメの次走は8月4日、クレールフォンテーヌ競馬場の条件戦となる見込みだ。

 なお、今年20歳となったプリモディーネは米独仏で繁殖生活を過ごしたのち、現在は北海道へ帰国しており、故郷のサンシャイン牧場で穏やかな余生を過ごしている。(在仏競馬記者)

【京王杯2歳S】快速ボール!栃木県産馬8頭目重賞V 2015年11月08日() 04:03

 第51回京王杯2歳ステークス(7日、東京11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝1400メートル、1着本賞金3600万円=出走18頭)蛯名正義騎乗の2番人気ボールライトニングが3番手の外から抜け出し、デビューから2連勝で重賞初制覇を飾った。栃木県産馬の重賞Vは、1984年のグレード制導入以降で8頭目。タイム1分22秒6(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気アドマイヤモラールが入り、1番人気シャドウアプローチがさらにハナ差の3着だった。

 デビュー戦快勝から1カ月。ボールライトニングが重賞も制した。

 「けいこの感じから走りそうだと思っていた。自然と(早く)ハナに立つ形になり、何とか押し切ってくれた」

 蛯名騎手は驚くことはないとばかりに話す。

 大外(18)番枠から3番手の外につけ、残り約100メートルで先頭へ。2着争いを尻目に余裕を持ってゴールを駆け抜けた。

 栃木県産馬の重賞制覇は1984年のグレード制導入以降で8頭目。同馬の半姉で、2008年の小倉2歳Sで同じ宮本厩舎に重賞初Vをもたらしたデグラーティア以来となる。「姉も重賞を勝ったのは大外枠だった」と宮本調教師は感慨深げだった。

 順調なら次走は朝日杯フューチュリティS(12月20日、阪神、GI、芝1600メートル)だ。 (藤沢三毅)

★7日東京11R「京王杯2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

ボールライトニング

 父ダイワメジャー、母デフィニット、母の父デヒア。栗毛の牡2歳。栗東・宮本博厩舎所属。栃木県・恵比寿興業株式会社那須野牧場の生産。馬主は(株)グリーンファーム。戦績2戦2勝。獲得賞金4363万7000円。重賞初勝利。京王杯2歳ステークスは、宮本博調教師が初勝利、蛯名正義騎手が1998年ウメノファイバー、99年ダイワカーソンに次いで3勝目。馬名は「火の玉」。

[もっと見る]

【京王杯2歳S】ボールライトニングが無傷で重賞V! 2015年11月07日() 15:46

 7日の東京11Rで行われた第51回京王杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝1400メートル、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、蛯名正義騎手騎乗の2番人気ボールライトニング(牡、栗東・宮本博厩舎)が好位追走から抜け出してV。無傷の2連勝で重賞勝ちを決めた。タイムは1分22秒6(良)。

 大外枠もキャリア不足も問題なし。2番人気に推されたボールライトニングがデビュー2戦目であっさりと重賞Vを成し遂げた。

 レースはレッドラウダがハナを切り、その後ろは横に広がったが、サイモンゼーレが外から2番手につける。さらに人気のシャドウアプローチキングライオントウショウドラフタボールライトニングなども好位集団を形成。3番人気のレッドカーペットはスタートで大きく立ち遅れて後方からの競馬を余儀なくされた。直線に向いてもレッドラウダは軽快に逃げたが、馬場の真ん中からボールライトニングが力強い脚いろで伸びる。粘るレッドラウダをかわし、猛追する差し馬を退けて1馬身1/4差で快勝。デビュー戦に続き、1400メートル戦で無傷の2連勝を飾った。蛯名騎手は16年ぶりの京王杯2歳S制覇。接戦になった2着争いは、わずかに外から伸びた6番人気アドマイヤモラールが確保している。さらにハナ差3着が1番人気のシャドウアプローチだった。

 ボールライトニングは、父ダイワメジャー、母デフィニット、母の父Dehereという血統。栃木県・恵比寿興業株式会社那須野牧場の生産馬で、(株)グリーンファームの所有馬。通算成績は2戦2勝。重賞初勝利。宮本博調教師は京王杯2歳S初勝利。蛯名正義騎手は1998年ウメノファイバー、99年ダイワカーソンに次いで3勝目。

 栗東まで駆けつけて最終追い切りにまたがって感触をつかんでいた蛯名騎手は「調教に乗った感じ、走りそうだと思っていたので、期待に応えられてよかったです。あまり(ペースが)速くないので、いい形で直線までこれました。初めての長い直線だったので、あまり早く先頭に立ちたくなかったのですが、どんどん外から来て、自然とハナに立つ形になったものの、何とか押し切ってくれました。(距離については)2000メートルくらいまではもつと思います。賞金も加算できたので、余裕をもったローテーションを組めますね」と今後に向けた手応えを十分に感じている口ぶりだった。

★7日東京11R「京王杯2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】シュートラヴ2015年09月04日(金) 05:01

 祖母が1999年のオークス馬ウメノファイバーという厩舎ゆかりの血統。母はJRA未勝利だったが、笠松に転厩して3連勝した。ここまで入念に併せ馬で乗り込んでいる。1週前にはWコースで、日曜新潟5Rでデビューするタマワイドベガウメノファイバーの子)に2馬身先着と上々の動きを見せた。相沢調教師は「素直な気性をしているし、現時点でいうことはないね。体形的に短い距離が向いていそう」と期待している。

[もっと見る]

【めざせクラシック】アラバスター、札幌2歳S決定2015年08月26日(水) 05:03

 デスク 16日札幌の新馬戦(芝1800メートル)を勝った阪神JF覇者レーヴディソールの初子アラバスターの次走が正式に決まったみたいだな。

 宇恵 札幌2歳S(9月5日、札幌、GIII、芝1800メートル)にエントリーします。松田博調教師は「調教はそんなに動けていなかったが、実戦に行って良さが出た。前に行けて、追ってからもしっかりとしていた。上積みがあるし、今度はもっと動けるだろう」と手応え十分です。

 川端 札幌2歳S組では、7月19日に函館で新馬戦(芝1800メートル)を勝ったアドマイヤエイカンが先週、函館競馬場に入厩。今浪厩務員は「初戦のときよりしっかりして、前向きさも出てきた。競走馬らしくなってきた」と成長ぶりに目を細めていました。

 デスク 函館にはエリザベス女王杯を制したリトルアマポーラの娘も入厩していたよな。

 川端 クィーンアマポーラは先週、ゲート試験に合格。27日に栗東に向けて出発します。仲田助手は「すごく素直で頭もよさそう。走る牝馬の特徴ですね」とうなずいていました。

 デスク 最後は美浦で締めてもらおうか。

 芳賀 今週の新潟2歳Sにペルソナリテを送り込む相沢厩舎の情報を。厩舎ゆかりのオークス馬ウメノファイバーの血を引く期待馬2頭が、新潟の最終週にデビューします。まず子供のタマワイドベガは、9月6日の新潟芝1800メートルを田辺騎手で予定。「先週の追い切りは思った以上の動き。馬体のバランスもいい」と相沢師も期待を寄せています。

 デスク もう1頭は孫か。

 芳賀 そうです。シュートラヴは田辺騎手で9月5日の新潟芝1400メートルへ。「バネがあって乗り味がいい」と楽しみにしていました。

[もっと見る]

【オークス】馬体回復!キャット、府中で化けるぞ! 2015年05月20日(水) 05:08

 ヴィクトリアマイルで飛び出した2000万円馬券の興奮が冷めやらぬGIロード。今週は3歳牝馬の頂上決戦・オークス(24日、東京、芝2400メートル)が行われる。桜花賞が波乱だっただけに、2冠目も多くの馬にチャンスがある状況だ。注目はキャットコイン。桜花賞は展開不利ながら、7着まで追い上げた。クイーンCなど2戦2勝を誇る東京コースで樫の女王を目指す。

 得意の東京で反撃だ。キャットコインは全休日明けの19日、北Bコースをゆったりと周回。落ち着きがあっていい雰囲気だ。

 「栗東に滞在して臨んだ前走はいい経験になったと思います。短期放牧から帰ってきてからは、隣の厩舎(伊藤大)の人に『(以前より)すごく落ち着いているね』と言ってもらえました」

 担当者の佐竹調教厩務員の表情は明るい。馬体重の維持が難しいタイプで桜花賞では428キロまで減ったが、8日の帰厩時は436キロまで回復。「汗をかく時期なので2月のクイーンC(440キロ)のようにはいかないでしょうが、馬体の維持はできています。1週前の動き(13日、美浦Wコース5ハロン66秒4)も抜群に見えた」と仕上がりは順調だ。

 デビュー4戦目の桜花賞で初黒星を喫したが、キラリと光るものを見せた。超スローペースのなか、ゴチャついて後方2番手まで下がり、さらに大外を回るロス。それでも7着まで追い上げた。佐竹調教厩務員は「他馬より距離を走っていたと思いますが、それでも2着馬とは0秒2差。7着まで来たことはすごいし、自信になった」と能力を再認識した。

 美浦で調整ができ、クイーンCなど2戦2勝の東京で戦えるのはプラス材料。今回はあらゆる面で条件が好転する。

 「追い切りで息が上がらないし、折り合いがつくので距離も大丈夫。東京では中団で流れに乗る競馬ができていますし、あの競馬ができれば」。

 大逆転で樫の女王へ。チャンスは十分にある。 (板津雄志)

★クイーンC優勝馬はオークスと好相性

 距離は違うが、同じ東京コースで行われるクイーンCの勝ち馬は、オークスで活躍することが多い。最近では2012年ヴィルシーナが2着、11年ホエールキャプチャが3着と好走。さかのぼれば、1999年ウメノファイバー、04年ダイワエルシエーロが樫の女王に輝いている。ちなみに桜花賞ではウメノが6着、ダイワが7着。同7着のキャットコインはローテーションや成績面で、この2頭と重なる。

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウメノファイバーの関連コラム

関連コラムはありません。

ウメノファイバーの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ウメノファイバーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ウメノファイバーの写真

投稿写真はありません。

ウメノファイバーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ウメノファイバーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。