ウメノファイバー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1996年5月5日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主梅崎 敏則
生産者斉藤 安行
生産地新冠町
戦績16戦[4-0-0-12]
総賞金23,899万円
収得賞金4,575万円
英字表記Umeno Fiber
血統 サクラユタカオー
血統 ][ 産駒 ]
テスコボーイ
アンジエリカ
ウメノローザ
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンデイクテイター
ウメノシルバー
兄弟 オールドミネイトルドゥーテ
前走 2000/12/17 サンスポ阪神牝馬特別 G2
次走予定

ウメノファイバーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
00/12/17 阪神 11 サン阪神牝特 G2 芝1600 141133.8106** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁450(0)1.34.9 1.135.3⑫⑬⑨トゥザヴィクトリー
00/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 174814.9512** 牝4 56.0 O.ペリエ相沢郁450(-4)2.14.1 1.334.2⑩⑪⑫⑫ファレノプシス
00/10/15 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 137117.8411** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁454(+14)1.49.8 1.534.7トゥザヴィクトリー
00/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1871310.1812** 牝4 56.0 後藤浩輝相沢郁440(-6)1.34.7 0.834.9⑭⑭フェアリーキングプ
00/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1871484.8124** 牝4 56.0 佐藤哲三相沢郁446(0)1.21.3 0.334.1⑬⑬スティンガー
99/11/28 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 152220.6812** 牝3 53.0 蛯名正義相沢郁446(+2)2.28.1 2.637.7⑪⑪⑬⑭スペシャルウィーク
99/10/24 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 185108.544** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁444(+16)1.59.5 0.236.6⑬⑭⑩⑥ブゼンキャンドル
99/05/30 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1881616.971** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁428(+12)2.26.9 -0.034.6⑪⑬⑮⑭トゥザヴィクトリー
99/04/11 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1861121.886** 牝3 55.0 蛯名正義相沢郁416(-4)1.36.3 0.836.9⑨⑥⑦プリモディーネ
99/02/21 東京 11 クイーンC G3 芝1600 16127.721** 牝3 54.0 蛯名正義相沢郁420(+6)1.36.6 -0.134.6レッドチリペッパー
98/12/06 阪神 11 阪神3歳牝S G1 芝1600 133313.186** 牝2 53.0 柴田善臣相沢郁414(-2)1.38.9 1.939.1⑧⑧⑧スティンガー
98/11/14 東京 11 京王杯3歳S G2 芝1400 98918.561** 牝2 53.0 蛯名正義相沢郁416(-2)1.22.8 -0.135.4⑥⑦ロサード
98/09/26 札幌 11 札幌3歳S G3 芝1800 1481344.387** 牝2 53.0 山本康志相沢郁418(+6)1.51.7 1.438.1⑩⑨⑦マイネルプラチナム
98/08/02 函館 11 函館3歳S G3 芝1200 164790.7154** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)1.11.7 0.636.7⑯⑩リザーブユアハート
98/07/26 函館 6 2歳新馬 芝1000 88818.851** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(0)0.59.1 -0.335.6クリムゾンクローバ
98/07/12 函館 6 2歳新馬 芝1200 105512.157** 牝2 53.0 山本康志相沢郁412(--)1.13.6 1.338.2⑤④エイシンコールマン

ウメノファイバーの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ウメノファイバーの関連コラム

関連コラムはありません。

ウメノファイバーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 2

【第148回 天皇賞(秋)】G1完全攻略【結論】

サイレンススズカ

90年代に競馬を見てきた者にとって特別な馬だ。

70年代のテンポイントがそうであったように。


オープン特別→中山記念→小倉大賞典→金鯱賞→宝塚記念→毎日王冠

全て逃げ切りで怒涛の5連勝!!

金鯱賞は菊花賞馬で重賞3勝を含む4連勝中のマチカネフクキタル、重賞2勝を含む5連勝中(後に香港国際Cを勝つ)ミッドナイトベッドを相手に11馬身差(1,8秒差)でレコードタイム圧勝!!

初のG1挑戦となった宝塚記念では2頭の天皇賞馬エアグルーヴとメジロブライト、そしてステイゴールドを下してG1初優勝!!

続く毎日王冠は史上最強メンバーと言われ、当時無敗だったエルコンドルパサー(ジャパンカップ、凱旋門賞2着)とグラスワンダー(有馬記念2連覇)に影さえ踏ませぬ逃げで大楽勝!

そして運命の98年11月1日。天皇賞(秋)を迎える。

サイレンススズカは単勝1、2倍の圧倒的1番人気。

武豊とサイレンススズカはいつものように抜群のスタートで快調に飛ばし、後続を突き放した。競りかけることの出来る馬は1頭もおらず3コーナーでは2番手に10馬身、さらにそこから3番手までが5馬身と後続を大きく引き離しての逃走劇だった。

そう、いつもと同じ。

4コーナーでさらに加速すれば、栄光の盾のゴールが待っているはずだった…。

しかし悲劇というものは往々にして唐突にやって来る。テンポイント然り…。

3コーナーを過ぎたところで突然の失速。左前脚手根骨粉砕骨折発症により、競走中止となってしまう…。そして予後不良という悲しい現実…。

武豊は15年前のサイレンススズカの無念を晴らすためトウケイヘイローで、大逃げを打つ。

サイレンススズカが到達することの出来なかった盾の栄光を手にするために。

トウケイヘイロー絶対本命!アタマで買います!!


【馬券になった馬の主要な前走】

毎日王冠  →【4・3・2】

宝塚記念  →【3・2・1】

札幌記念→  【2・0・2】

京都大賞典 →【1・0・1】

オールカマー→【0・1・0】

3歳限定重賞→【0・2・1】

毎日王冠と宝塚記念で、50%を占めている。

→札幌記念から4頭、京都大賞典から2頭、オールカマーから1頭だけ。

※06年アドマイヤグルーヴは、京都大賞典4着→天皇賞(秋)3着

※06年スウィフトカレントは、オールカマー4着→天皇賞(秋)2着

京都大賞典、オールカマーは、4着以内が絶対条件

【3歳馬】

※04年ダンスインザムードが、秋華賞4着→天皇賞(秋)2着

※08年ディープスカイが、(ダービー1着→)神戸新聞杯1着→天皇賞(秋)2着

※12年フェノーメノが、(ダービー2着→)セントライト記念1着→天皇賞(秋)2着

※10年ペルーサが、(ダービー6着→)毎日王冠5着→天皇賞(秋)2着

ダンスインザムードは桜花賞馬。ペルーサ以外は全てG1馬だった。

※ダービー9着→毎日王冠7着でペルーサより実績が劣るコディーノは、来ても3着止まり。


【G1・G2実績】

10頭の優勝馬の内、6頭がG1馬だった。

※ゼンノロブロイは、ダービー2着、天皇賞(春)2着の実績。


残る3頭の内、カンパニーはG2・5勝、トーセンジョーダンはG2・3勝、ヘヴンリーロマンスもG2・2勝の実績。

※トゥザグローリーは、G2・3勝&G3・2勝の実力馬(京都大賞典は6着だが、0秒4差の僅差)

【血統的考察】


サンデー系以外で強い血はトニービン

凱旋門賞馬トニービンは、95年サクラチトセオー、97年エアグルーヴ、98年オフサイドトラップと3頭の勝ち馬を輩出しています。

トニービンの仔の産駒では、11年1着トーセンジョーダン(ジャングルポケット)、09年カンパニー(ミラクルアドマイヤ)と2頭の勝ち馬が出ています。

また10年3着アーネストリー、12年3着ルーラーシップの母父はトニービンです。

ジャングルポケット(父トニービン)産駒ヴェルデグリーン

ヴェルデグリーンはジャングルポケット×スペシャルウィークで、父、母父ともにダービー馬。クラシックディスタンス(2400m)にフィットする配合。

しかも母母ウメノファイバーはオークス馬。ウメノファイバーの父は天皇賞(秋)馬サクラユタカオー。さらに7代母トキツカゼは、牝馬ながら皐月賞馬でダービー2着。

ハーツクライ産駒ジャスタウェイ

ハーツクライの母アイリッシュダンスは重賞2賞馬。トニービン×リファール(ND系)で、

欧州系のタフな底力と類い稀なスピードとパワーに溢れるリファール(ダンシングブレーヴの父)という配合。

そのアイリッシュダンスにサンデーサイレンスを付けて産まれたのがハーツクライ。ジェンティルドンナが2着に敗れたドバイシーマクラシック1着、ダービーはキングカメハメハの2着、宝塚記念2着、ジャパンカップ2着で、有馬記念では先行して当時無敗の3冠馬ディープインパクトの翔ぶような差し脚を完封して優勝。

ハーツクライはディープインパクトを初めて敗った馬です。

ハーツクライのスピードを受け継いだジャスタウェイは全15戦中、8戦が上がり最速という鬼脚を持っています。G3を3戦連続上がり最速で2着。全2勝(実はまだ2勝馬!)はマイルで、1800mの毎日王冠も2年連続2着止まり。10ハロンは距離が少し長いですが、2着、3着ならありそうです。

不安なのはジェンティルドンナ。ディープインパクト産駒は、過去6年(08年が初仔)で、馬券圏内に来たことは一度もありません。

※東京芝2000mのリーディングサイアーはディープインパクトですが、なぜか天皇賞(秋)には縁がないのです。(競馬7不思議の1)

※ダービー、オークス、安田記念、ヴィクトリアマイルを勝っているのに、天皇賞(秋)では馬券になっていません。

ジェンティルドンナ。1着どころか3着も外す可能性大です!

【最終結論】

1着固定3連単

11トウケイヘイロー&武豊

→4、6、7、9、13

→4、6、7、9、13、1、8、17


東京4R【2歳新馬戦】芝2000m

このレースは必見です!!

ラングレー(ディープインパクト×ストームキャット)
今年の「サンデーR」イチ推し。ダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサンと同じ配合です。

ベルキャニオン(ディープインパクト×フレンチデピュティ)
今年の「金子真人HD」イチ推し。無事ならキズナを敗ってダービー馬になっていた可能性の高い弥生賞馬カミノタサハラの全弟。

ゼウスバローズ(ディープインパクト×ルーソヴァージュ)
ダービー馬ディープブリランテの全弟。世界の角居厩舎。

この3頭が来年のクラシック戦線で活躍するのは間違いないです!!

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

ウメノファイバーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ウメノファイバーの写真

投稿写真はありません。

ウメノファイバーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ウメノファイバーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。