キタサンブラック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

キタサンブラックの関連ニュース

 天皇賞・春連覇をはじめGI5勝を誇る昨年の年度代表馬キタサンブラック(栗・清水久、牡5)が、今年いっぱいで現役を引退することを20日、清水久調教師が発表した。

 「オーナーと協議した結果、年内の天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の3走をもって引退することになりました」

 引退後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることも決まっており、「惜しまれる声もあるかもしれませんが、元気なうちに次の大きな仕事として、種牡馬入りすることとなります」と調教師は話した。

 年度代表馬として臨んだ今年は、大阪杯、天皇賞・春とGIを2連勝。しかし、続く宝塚記念ではまさかの9着に敗れ、凱旋門賞挑戦プランは実現しなかった。

 主戦の武豊騎手は「残りの3走で騎乗できることを楽しみにしています。これが最後のシーズンになるので、いい結果でラストを飾りたいですね」とコメントした。

★「引き際の美学を大切に」

 北島三郎オーナーは20日、愛馬の引退についてコメント。「今まで、けがもせずよく頑張ってくれた、本当にたくましい彼です。まだまだ走ってくれると思いますが、引き際の美学を大切にしたい。花を咲かせたまま、今年いっぱいで引退と決めました」と決意の理由を語った。また「終わりは始まり。彼の新しい道を応援して頂きたい」と締めくくった。



キタサンブラックの競走成績はこちら★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

キタサンブラックは今年限りで引退 2017年10月20日(金) 11:31

 歌手、北島三郎の所有馬でGI・5勝を挙げているキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)が、今年限りで引退することが10月20日、発表された。秋は予定通りGIの3レース、天皇賞・秋(29日、東京、芝2000メートル)、ジャパンC(11月26日、東京、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、芝2500メートル)に臨む。

 ◆清水久詞調教師「オーナーと協議した結果、年内の天皇賞(秋)ジャパンC有馬記念の3走をもって引退することになりました。ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、元気なうちに次の大きな仕事をして、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることとなります。これまでたくさんのご声援、ありがとうございます。残り3戦に悔いのない仕上げで臨み、キタサンブラックの元気な姿をファンの皆さまにお見せしたいと思います」



キタサンブラックの競走成績はこちら★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・秋】キタサン、半馬身先着12秒9 2017年10月19日(木) 05:02

 《栗東》宝塚記念9着以来のキタサンブラック(清水久、牡5)はCWコースで6ハロン80秒9−12秒9。ジョーストリクトリ(OP)に半馬身先着した。「順調です。折り合いも問題なかったですし、これだけの馬ですからね。やるごとに馬体の張り、つやが変わってきています」と清水久調教師。

 宝塚記念4着シャケトラ(角居、牡4)はCWコースで5ハロン66秒1−12秒6。馬なりで僚馬と併入した。「まだ体に余裕があったので、しっかり負荷をかけた」と辻野助手。

 産経賞オールカマー2着ステファノス(藤原英、牡6)はCWコースで3頭併せ。外に4馬身先着、内と併入し、6ハロン84秒5−12秒0をマークした。「1回使って素軽くなっている」と藤原英調教師。

 《美浦》毎日王冠で8着に敗れたソウルスターリング(藤沢和、牝3)は、Wコースで3頭併せ。5ハロン70秒5−12秒9で僚馬2頭と併入した。「きょうはこれで十分。来週はルメールで追い切る。ひと叩きされたことで、ガス抜きができた」と藤沢和調教師は満足げな表情を見せた。

 札幌記念1着サクラアンプルール(金成、牡6)はWコースで一杯に追われたが、5ハロン68秒0−13秒3で僚馬に1馬身遅れた。「まだ重いね。でも、これでしっかり変わってくれれば」と金成調教師。

キタサンブラックの競走成績はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・秋】春秋盾制覇へ!キタサン戦闘モード 2017年10月18日(水) 10:39

 春秋盾制覇へ、キタサンブラックが栗東CWコースで弾んだ。力の要る馬場も気にせず、6F80秒5−66秒1−52秒4−38秒7−12秒8を余力残しでマーク。6Fで4馬身先行していたNZT馬ジョーストリクトリ(3歳OP)に直線外から並びかけ、グイッとクビほど抜け出した。

 「予定は79〜80秒台。折り合いに問題はなかったし、重い馬場でこの時計ならいいんじゃないですか。宝塚記念は、あれ以上走ると体が壊れると思ったのか、自分でレースをやめていた。いい夏休みを過ごして、(帰厩後は)追うごとに体の張りや毛ヅヤが変わってきた」と、清水久調教師はドッシリ構えている。(夕刊フジ)



★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【菊花賞】ミッキースワローさらに上昇 2017年10月18日(水) 05:04

 セントライト記念を制したミッキースワローが、さらに調子を上げている。「あんなに(末脚が)切れるとは思わなかった。競馬でうまくいきすぎた感じだね」と菊沢調教師は謙遜するが、皐月賞アルアインに1馬身3/4差をつけたのは能力の証しだ。「前走後、少し体は減ったが、動き自体は問題ない」とトレーナー。一昨年、セントライト記念を勝ち、同じように追加登録料200万円を支払って菊花賞馬に輝いたキタサンブラックに続きたいところだ。



菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞(秋)】特別登録馬2017年10月15日() 17:30

[もっと見る]

【天皇賞・秋】キタサンブラック、動き良し12秒3! 2017年10月13日(金) 05:03

 《栗東》宝塚記念9着以来のキタサンブラック(清水久、牡5)はCWコースで一杯に追われ、6ハロン78秒9−12秒3。清水久調教師は「動きは良かったですね。順調にきています。(2週あるので)みっちり仕上げていきたいですね」と力を込めた。

 同4着シャケトラ(角居、牡4)はCWコースで5ハロン71秒4−11秒9。「体に余裕はありますが、競馬までには体を作ってくれると思います」と辻野助手。

 《美浦》宝塚記念1着サトノクラウン(堀、牡5)はWコースで僚馬ネオリアリズム(牡6)の外に併せ、5ハロン66秒9−12秒8(馬なり)で併入。「動きに重い感じはあるけど、普段の放牧明けに比べて状態は良さそう」と森助手。香港GIクイーンエリザベス2世C1着以来のネオについては「蹄も体も問題なくきている」と同助手。

 札幌記念勝ちのサクラアンプルール(金成、牡6)はWコースで濃霧の中、僚馬と馬なりで併入(時計は不明)。「前走後も美浦で調整して体は緩めていない。状態はすごくいい」と金成調教師。

[もっと見る]

【京都大賞典】武豊、同一重賞V記録9勝目! 2017年10月10日(火) 05:07

 第52回京都大賞典(9日、京都11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・外2400メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権 =出走15頭)4番人気のスマートレイアーが直線で内を突いて、一気の差し切り。重賞4勝目を挙げた。タイム2分23秒0(良)。天皇賞・秋の優先出走権を得たが、当初の予定通りエリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)に向かう。武豊騎手は京都大賞典9勝目で、同一重賞の最多勝記録を樹立。また、これがJRA・GII100勝目となった。1番人気のシュヴァルグランは3着に敗れた。

 記録づくしの勝ち星に武豊騎手の笑みが弾けた。狙いすました“イン突き”で、7歳牝馬スマートレイアーをエスコート。並み居る牡馬を切り捨て、エリザベス女王杯へ弾みをつけた。

 「(脚を)ためにためたので、ラストはすごい脚を使ってくれた。あとは進路さえあればという感じでした」

 スタート直後に進路が狭くなったが、名手は慌てない。「いろいろ考えていました。先手をとることも、きょうのような競馬も」。すぐ後方で折り合いに専念。前半1000メートル通過が59秒9とやや速いペースの中、エネルギーを蓄え直線へ。開幕週で、きれいな馬場の内側を強襲し、上がり最速(3ハロン33秒4)でまとめてかわし去った。

 武豊騎手にとって京都大賞典は重賞初制覇(1987年トウカイローマン)の思い出のレース。昨年のキタサンブラックに続く連覇となり、このレース9勝目。自身が持つ同一重賞勝利記録を更新した。さらに、JRA・GII100勝目のおまけつきだ。本人は「素直にうれしい」と涼しい顔だが、ファンの声援の大きさが記録の偉大さを物語る。

 本番への前哨戦を快勝し、大久保調教師も「前でも後ろでもどこでも競馬ができるので、(鞍上に)任せました。最高の結果」と名手に最敬礼だ。満点回答に「改めて折り合いに心配がないことがわかりましたし、これで最大の持ち味である切れ味を発揮できる」と胸を張った。

 7歳を迎えたが、重賞4勝目と衰え知らず。それでもGIの頂には、届いていない。

 「GIをとれる馬だと思っています。反動が出ないように。あとは厩舎として、態勢を整えていきたい」と、グッと力を込めたトレーナー。いよいよ、積み重ねた実績が花開く。その先に、悲願のタイトルが待っている。 (山口大輝)



★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!



スマートレイアー 父ディープインパクト、母スノースタイル、母の父ホワイトマズル。芦毛の牝7歳。栗東・大久保龍志厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬。馬主は大川徹氏。戦績27戦9勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金4億8830万500円(うち海外845万6500円)。重賞は2014・16年サンケイスポーツ杯阪神牝馬S、16年東京新聞杯に次いで4勝目。京都大賞典大久保龍志調教師が初勝利、武豊騎手は1987年トウカイローマン、89・90年スーパークリーク、91・93年メジロマックイーン、96年マーベラスサンデー、05年リンカーン、16年キタサンブラックに次いで9勝目。馬名は冠名+層。

[もっと見る]

【京都大賞典】7歳牝馬スマートレイアーが重賞4勝目 2017年10月9日(月) 15:42

 10月9日の京都11Rで行われた第52回京都大賞典(3歳以上オープン、GII、芝・外2400メートル、別定、15頭立て、1着賞金=6700万円)は、武豊騎手騎乗の7脚牝馬で4番人気のスマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎)がV。タイムは2分23秒0(良)。これで天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得したが、当初の予定通り、次走のエリザベス女王杯(11月12日、京都、芝2200メートル)でGI初制覇を目指す。また、武豊騎手にとって、JRA・GIIの勝利数は通算100勝となった。



 ラストインパクトがハナを奪い、マキシマムドパリトーセンバジルが続く展開だった。サウンズオブアースは6番手あたりでレースを進め、スマートレイアーは後方4番手。シュヴァルグランは後方2番手を追走し、3〜4コーナーにかけてまくっていた。トーセンバジル(6番人気)が直線でラストインパクトをかわして先頭に立ったが、直線で内を突いたスマートレイアーがグングンと脚を伸ばし、1/2馬身差をつけて差し切った。外から追撃してきたシュヴァルグラン(1番人気)がさらにクビ差の3着。道中、中団の前めにつけていたミッキーロケット(3番人気)が4着で、サウンズオブアース(2番人気)は13着。

 スマートレイアーは、父ディープインパクト、母スノースタイル、母の父ホワイトマズルという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は大川徹氏。通算成績は27戦9勝(うち海外1戦0勝)。重賞は2014、16年サンケイスポーツ杯阪神牝馬S・GII、16年東京新聞杯・GIIIに次いで4勝目。京都大賞典は、大久保龍志調教師は初勝利。武豊騎手は1987年トウカイローマン、89、90年スーパークリーク、91、93年メジロマックイーン、96年マーベラスサンデー、05年リンカーン、16年キタサンブラックに次いで9勝目で、同一重賞9勝は史上初。



 ◆武豊騎手「(道中は)ためにためていたので、ラストはすごい脚で、直線の半ばでは“進路さえできれば(勝てる)”と思いました。7歳なので今年がラストチャンスのつもりで乗っています。なんとかエリザベス女王杯で結果を出したいですね」



★9日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

世界ランク、キタサン&サトノクラウンが25位タイ 2017年10月7日() 05:01

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)がロンジンワールドベストレースホースランキングを発表した。1位は134ポンドのアロゲート(米=B・バファート、牡4)、2位は132ポンドのウィンクス(豪=C・ウォーラー、牝6)で前回と変わらず。凱旋門賞を制したエネイブル(英=J・ゴスデン、牝3)は128ポンドに評価を上げて3位に浮上した。日本馬はキタサンブラック(栗・清水久、牡5)とサトノクラウン(美・堀、牡5)の25位タイ(121ポンド)が最上位。

キタサンブラックの競走成績はこちら★サトノクラウンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【京都大賞典】シュヴァル激走!予定より速い時計に 2017年10月6日(金) 05:04

 3日間競馬の最終日に行われる京都大賞典(9日、GII、芝2400メートル)の追い切りが5日、東西トレセンで行われた。栗東では、天皇賞・春2着の実績があるシュヴァルグランが坂路で僚馬に1馬身先着。好仕上がりを印象付けた。ミッキーロケットサウンズオブアースはサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』評価。美浦では目黒記念勝ち馬のフェイムゲームも順調に調整を終えた。

 実りの秋に向け、始動戦から絶好のムードが漂う。重賞2勝のシュヴァルグランが、坂路をパワフルに駆け上がり、4ハロン53秒5をマーク。見届けた友道調教師が、体調の良さに胸を張った。

 「4ハロン55秒くらいの予定だったけど、それだけ具合がいいということでしょう。何の不安もなく、順調にきています」

 坂路で僚馬ロイヤルパンプ(1600万下)を3馬身ほど追走してスタート。残り300メートル付近で内から馬体を併せ、ラスト1ハロンは12秒7で1馬身先着した。全体時計は当初の予定よりも速くなったが、無理なく出したもので心配は無用だ。

 昨秋は春のダメージが残り、始動が11月のアルゼンチン共和国杯(1着)にずれ込んだが、今年は青写真通りにきている。「昨年とは全然違う」とトレーナーもきっぱり。先々週、先週と2週連続でCWコースで負荷をかけられてきた。

 今春の天皇賞では、キタサンブラックには及ばなかったものの、凱旋門賞にも出走したサトノダイヤモンドを退けての2着。天皇賞・秋で始動するキタサンとは、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)で対決するだけに、友道師の言葉にも力が入る。

 「初戦からいい形でレースにいける。いい結果を残して、ジャパンCに弾みをつけたいね」

 今秋は打倒キタサンブラックを果たして、悲願のGI奪取へ−。始動戦で負けるわけにはいかない。 (斉藤弘樹)

★重賞トップ12勝ミルコが手綱

 シュヴァルグランと初コンビを組むM・デムーロ騎手は、先週のスプリンターズSレッドファルクスでV。今年JRA重賞12勝は、ルメール騎手の11勝を抑えて単独トップとなっている。大レースでの勝負強さはピカイチだ。



京都大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

キタサン、天皇賞・秋へ1馬身半先着! 2017年10月5日(木) 05:00

 GI5勝馬で宝塚記念9着のキタサンブラック(栗・清水久、牡5)が4日、始動戦の天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)に向けて栗東トレセンのCWコースで3頭併せを行った。馬なりで6ハロン79秒8−12秒4をマーク。2頭に1馬身半先着した。「上がり重点で、動きは良かったです。思った通りにきています」と清水久調教師は順調さを伝えた。天皇賞・秋の後はジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)を予定している。

[もっと見る]

【京都大賞典】レース展望 2017年10月2日(月) 19:16

 関西圏の競馬は、今週から京都に舞台が移る。3日間開催の最終日となる9日のメインは京都大賞典(GII、芝・外2400メートル)。前日に東京競馬場で行われる毎日王冠と同様、1着馬には天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる前哨戦だ。また、ここをステップにジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)を目指すトップホースもエントリーしており、目が離せない一戦となる。

 シュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)が阪神大賞典アルゼンチン共和国杯に次ぐ重賞3勝目を狙う。前走の宝塚記念は8着。稍重の馬場が合わなかったこともあるが、初めてハナを切って勝負に出たレースで、この敗戦を悲観する必要はない。その前の春2戦は、阪神大賞典、天皇賞・春でともに2着に好走。サトノダイヤモンドキタサンブラックといった現役最強クラスと好勝負を演じており、特に天皇賞・春では有馬記念阪神大賞典で後塵(こうじん)を拝したサトノダイヤモンドに初めて先着を果たした。昨春以降に積み上げたGI2着1回、3着2回の戦績は胸を張れる。昨秋も4カ月半の休み明けでアルゼンチン共和国杯を制しており、鉄砲も利くタイプ。京都の芝2400メートルでは日経新春杯2着を含む【1・1・0・0】の良績がある。昨年3着に敗れたジャパンCで悲願のGI勝利を飾るためにも、ここは負けられない戦い。前週のスプリンターズSレッドファルクスを連覇に導いたミルコ・デムーロ騎手が初めて手綱を取る点も興味深い。

 前走の目黒記念で2年3カ月ぶりの復活勝利を挙げたフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)は、引き続きクリストフ・ルメール騎手とのコンビで重賞6勝目に挑む。京都の外回りコースでは、一昨年の天皇賞・春でタイム差なしの2着に好走した実績の持ち主。前走が3カ月半の休み明けだったように、レース間隔があいても苦にしない。前走はトップハンデ58キロを背負っての勝利で、今回は斤量が1キロ減って57キロになる点も魅力だ。

 昨年のジャパンCなどGIで3回、ほかの重賞で4回の2着があるサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)は、17度目の重賞挑戦で今度こそタイトルを手にするか注目される。ドバイシーマクラシック6着以来、5カ月ぶりの実戦だった札幌記念は勝ち馬から0秒3差の4着と、休み明けとしては上々の滑り出し。例年、涼しくなるこの季節から調子を上げてくるタイプで、このレースでも一昨年に2着に入っている。引き続き横山典弘騎手とのコンビ。今秋の最大目標となるジャパンCの前に、ぜひとも3年6カ月ぶりとなる勝利をマークしたい。

 同舞台の日経新春杯で重賞初勝利を挙げたミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は昨秋の神戸新聞杯で、のちに菊花賞有馬記念を連勝するサトノダイヤモンドを相手に、タイム差なしのクビ差2着まで迫った実力馬。春のGI・2戦は、大阪杯7着、宝塚記念6着と好結果を残せなかったが、成長が見込める4歳馬だけに巻き返しが期待される秋だ。

 他にも、重賞で10戦連続、5着以内に好走しているスマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎、牝7歳)、昨年の天皇賞・春でキタサンブラックと約4センチのハナ差の死闘を演じて2着だったカレンミロティック(栗東・平田修厩舎、セン9歳)、前走の新潟記念で7着ながら、着差は0秒2と着順ほど負けていないトーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)も上位を狙える力がある。

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都大賞典】目指すはJC→有馬 シュヴァル確勝期す 2017年10月2日(月) 17:04

 3日間開催の最終日、9日は京都で「第52回京都大賞典」(GII、芝2400メートル)が行われる。昨年はキタサンブラックが堂々と押し切りジャパンC優勝へつなげたが、今年確勝を期すのが、今春の天皇賞2着馬シュヴァルグランだ。

 その春天はキタサンのレコード駆けに屈したものの、3着サトノダイヤモンドをクビ差抑えて連対した。宝塚記念は不慣れな逃げで8着だったがダメージは残らず、秋へ順調。先週28日には新コンビのデムーロ騎手を背にCWコース6F84秒0で駆け抜け、半妹ヴィブロスに1馬身先着した。

 「動きはいいね。去年は宝塚記念(9着)の疲れが残り、このレースを使えなかったから。順調なのが何より」と、友道調教師も目を細める。

 大目標はキタサンとぶつかるジャパンC(11月26日)→有馬記念(12月24日)。強敵不在の前哨戦は「この舞台は合っているし、いいレースを見せないとね」と、楽に勝ちたい。(夕刊フジ)

京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

キタサンブラック、天皇賞へ追い切り12秒92017年9月23日() 05:00

 昨年の年度代表馬で、宝塚記念で9着に敗れたキタサンブラック(栗・清水久、牡5)が22日、栗東トレセンのCWコースで併せ馬を行った。馬なりで6ハロン82秒3−12秒9をマークし、ブラックマイスター(3歳未勝利)と併入。「まだまだレースまで時間がありますし、じっくりと調整していきます」と清水久調教師は語った。

 天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)で始動して、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の3戦を予定している。

★キタサンブラックの競走成績はこちら

[もっと見る]

68件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。