最新競馬ニュース

香港ジョッキークラブは3月22日、5月7日(日)香港シャティン競馬場で行われるチャンピオンズマイル(G1・芝1600m)の登録馬を発表した。登録した日本馬は下記の通り。 ソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳) ネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳) リアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳) レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝5歳)

[もっと見る]

香港GI・QE2世Cなどに日本馬が登録2017年03月22日(水) 17:28
シュウジ香港GI挑戦へ!須貝師「前向きに」2017年03月21日(火) 05:00
【香港ダービー】ラッパードラゴンが初の「4歳シリーズ」完全制覇2017年03月19日() 18:06
【京都記念】サトノクラウン香港遠征のダメージなし2017年02月09日(木) 15:09
【香港クラシックマイル】登録馬2017年01月17日(火) 11:35
エイシンヒカリ、14日に香港から帰国2016年12月14日(水) 05:01
モーリスは“神の領域”!香港C圧勝劇に地元紙絶賛2016年12月13日(火) 05:01
【香港カップ】世界のモーリス圧勝で有終GI6勝!2016年12月12日(月) 05:11
【香港カップ】ヒカリ有終飾れず…大逃げも10着2016年12月12日(月) 05:10
【香港カップ】ヒカリ有終飾れず…大逃げも10着2016年12月12日(月) 05:10

⇒競馬ニュース一覧

つちやまさみつの香港レポート

 昨年のJRA賞年度代表馬モーリスが、昨年香港マイルを制した地で、今年の始動戦を迎える。先週の日本調教馬3頭以上に現地では高い評価を集めており、当日は単勝オッズ1倍台もありえると見られている。  実際に、モーリスの香港での調整は昨年の香港マイルと比較しても、驚くほどに順調に進められている。具体的には、昨年は運動前からとにかく発汗が目立っていたのに対し、今回はそれが適度なレベルに収まっていることと、到着翌日からコースで調教が行われ、追い切りも香港マイルは金曜日の朝にようやっとできたのが、今回は木曜日の朝に消化することができた。芝コースに入って、4ハロンのキャンターの後、1ハロンのダクを挟んで、残り6ハロンから徐々に加速し、半マイルを54秒0 − 2ハロン23秒4のタイムで馬なりでまとめた。  手綱を取ったジョアン・モレイラ騎手も「調教師の指示で今日は脚を伸ばすような調教ができた。状態はとてもハッピー。競馬...

[もっと見る]

土屋真光の香港競馬現地レポート 2016APクイーンエリザベス2世C2016年04月22日(金) 20:05

香港競馬予想家ランキング

JRA競馬レース情報