最新競馬ニュース

 【香港27日=山口大輝】クイーンエリザベス2世カップ(30日、シャティン、GI、芝2000メートル)に出走する日本馬ネオリアリズム(美・堀、牡6)が、シャティン競馬場の芝コースで追い切りを行った。初騎乗のジョアン・モレイラ騎手(33)を背に、軽快な動きを披露。枠順も(6)番枠に決定し、初GI制覇に向けて視界は良好だ。 降りしきる雨もお構いなしに、さっそうと駆け抜けた。ネオリアリズムが軽快な最...

[もっと見る]

【香港QEII】ワーザー、連覇へ気合6ハロン80秒02017年04月28日(金) 05:02
【香港QEII】ネオリアリズムは芝で4F56秒82017年04月27日(木) 18:31
【香港QEII】ネオリアリズムは馬番5番、6番ゲート2017年04月27日(木) 15:49
【香港QEII】ネオリアリズム陣営が話題2017年04月27日(木) 05:01
【安田記念】英国馬2頭と香港馬2頭が予備登録2017年04月26日(水) 15:37
【沢田康文の欧州リポート】30日香港GIに仏から刺客…鞍上はペリエ2017年04月26日(水) 05:00
【香港QEII】ネオリアリズムをワーザー警戒2017年04月26日(水) 05:00
【香港QEII】ネオリアリズム、二千で大チャンス!2017年04月25日(火) 05:01
【香港QEII】ネオリアリズムが香港に到着2017年04月23日() 10:03
【香港QEII】ネオ順調、国内最終追いで12秒52017年04月21日(金) 05:00

⇒競馬ニュース一覧

つちやまさみつの香港レポート

 昨年のJRA賞年度代表馬モーリスが、昨年香港マイルを制した地で、今年の始動戦を迎える。先週の日本調教馬3頭以上に現地では高い評価を集めており、当日は単勝オッズ1倍台もありえると見られている。  実際に、モーリスの香港での調整は昨年の香港マイルと比較しても、驚くほどに順調に進められている。具体的には、昨年は運動前からとにかく発汗が目立っていたのに対し、今回はそれが適度なレベルに収まっていることと、到着翌日からコースで調教が行われ、追い切りも香港マイルは金曜日の朝にようやっとできたのが、今回は木曜日の朝に消化することができた。芝コースに入って、4ハロンのキャンターの後、1ハロンのダクを挟んで、残り6ハロンから徐々に加速し、半マイルを54秒0 − 2ハロン23秒4のタイムで馬なりでまとめた。  手綱を取ったジョアン・モレイラ騎手も「調教師の指示で今日は脚を伸ばすような調教ができた。状態はとてもハッピー。競馬...

[もっと見る]

土屋真光の香港競馬現地レポート 2016APクイーンエリザベス2世C2016年04月22日(金) 20:05

香港競馬予想家ランキング

JRA競馬レース情報