会員登録はこちら
高松宮記念 G1   日程:2018年3月25日() 15:40 中京/芝1200m

高松宮記念の歴史と概要


2010、11年の優勝馬キンシャサノキセキ

もともとは夏の中京開催を彩る芝2000mの名物G2だったが、1996年のG1昇格にともない距離が芝1200mに短縮されるとともに3月に移動。春の最強スプリンターを決める一戦となった。G1昇格を受けて国内のトップスプリンター大挙出走するようになり、G1として最初に行なわれた第26回(1996年)の勝ち馬フラワーパークは、秋のスプリンターズステークスも制して春秋スプリントG1連覇を達成。この馬のほかにも、第31回(2001年)のトロットスター、第33回(2003年)のビリーヴ、第39回(2009年)のローレルゲレイロ、第42回(2012年)のカレンチャン、第43回(2013年)のロードカナロアらが、春と秋のダブルタイトル獲得に成功している。また、第30回(2000年)のキングヘイロー、第35回(2005年)のアドマイヤマックス、第37回(2007年)のスズカフェニックス、第44回(2014年)のコパノリチャードのように、クラシック戦線や中距離路線では花開かずも、短距離に矛先を変えてG1ホースに上り詰めた例も少なくない。過去に2連覇を果たしたのは、第40~41回(2010~2011年)のキンシャサノキセキのみとなっている。

▼2013年はロードカナロアが1番人気に応えて優勝。春と秋のダブルタイトル獲得に成功。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第48回
2018年3月25日
中京 芝1200m
ファインニードル 牡5 1:08.5 川田将雅 高橋義忠 全着順を
見る
第47回
2017年3月26日
中京 芝1200m
セイウンコウセイ 牡4 1:08.7 幸英明 上原博之 全着順を
見る
第46回
2016年3月27日
中京 芝1200m
ビッグアーサー 牡5 1:06.7 福永祐一 藤岡健一 全着順を
見る
第45回
2015年3月29日
中京 芝1200m
エアロヴェロシティ セ7 1:08.5 Z.パートン オサリバ 全着順を
見る
第44回
2014年3月30日
中京 芝1200m
コパノリチャード 牡4 1:12.2 M.デムーロ 宮徹 全着順を
見る
第43回
2013年3月24日
中京 芝1200m
ロードカナロア 牡5 1:08.1 岩田康誠 安田隆行 全着順を
見る
第42回
2012年3月25日
中京 芝1200m
カレンチャン 牝5 1:10.3 池添謙一 安田隆行 全着順を
見る
第41回
2011年3月27日
阪神 芝1200m
キンシャサノキセキ 牡8 1:07.9 U.リスポリ 堀宣行 全着順を
見る
第40回
2010年3月28日
中京 芝1200m
キンシャサノキセキ 牡7 1:08.6 四位洋文 堀宣行 全着順を
見る
第39回
2009年3月29日
中京 芝1200m
ローレルゲレイロ 牡5 1:08.0 藤田伸二 昆貢 全着順を
見る
第38回
2008年3月30日
中京 芝1200m
ファイングレイン 牡5 1:07.1 幸英明 長浜博之 全着順を
見る
第37回
2007年3月25日
中京 芝1200m
スズカフェニックス 牡5 1:08.9 武豊 橋田満 全着順を
見る
第36回
2006年3月26日
中京 芝1200m
オレハマッテルゼ 牡6 1:08.0 柴田善臣 音無秀孝 全着順を
見る
第35回
2005年3月27日
中京 芝1200m
アドマイヤマックス 牡6 1:08.4 武豊 橋田満 全着順を
見る
第34回
2004年3月28日
中京 芝1200m
サニングデール 牡5 1:07.9 福永祐一 瀬戸口勉 全着順を
見る
第33回
2003年3月30日
中京 芝1200m
ビリーヴ 牝5 1:08.1 安藤勝己 松元茂樹 全着順を
見る
第32回
2002年3月24日
中京 芝1200m
ショウナンカンプ 牡4 1:08.4 藤田伸二 大久保洋 全着順を
見る
第31回
2001年3月25日
中京 芝1200m
トロットスター 牡5 1:08.4 蛯名正義 中野栄治 全着順を
見る
第30回
2000年3月26日
中京 芝1200m
キングヘイロー 牡5 1:08.6 柴田善臣 坂口正大 全着順を
見る
第29回
1999年5月23日
中京 芝1200m
マサラッキ 牡6 1:08.0 藤田伸二 増本豊 全着順を
見る
第28回
1998年5月24日
中京 芝1200m
シンコウフォレスト 牡5 1:09.1 四位洋文 栗田博憲 全着順を
見る
第27回
1997年5月18日
中京 芝1200m
シンコウキング 牡6 1:08.0 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第26回
1996年5月19日
中京 芝1200m
フラワーパーク 牝4 1:07.4 田原成貴 松元省一 全着順を
見る

歴史と位置付け

1967年に3歳(旧4歳)以上で争われる別定重賞として創設された「中京大賞典」が高松宮記念の前身で、1971年に高松宮殿下から優勝杯を賜ったのを機に「高松宮杯」に改称された(回次はこの年からカウントされるようになる)。舞台は中京競馬場の芝2000mで、長らく条件変更のないまま夏の中京開催を代表するレースとして定着。1984年のグレード制導入時にはG2にランクされた。従来、JRAには短距離戦のビッグレースが設けられていなかったが、1990年に芝1200mで行われる秋のスプリンターズステークスがG1に昇格。この路線のレベル上昇が顕著になったことを受けて春シーズンにも王者決定戦を作ろうという声が高まり、1996年にG1昇格かつ800mの距離短縮、さらには開催時期の前倒しという高松宮杯の大幅リニューアルが施された。中京競馬場初のG1であり、以来スプリンターズステークスと双璧を成す短距離戦の頂点に君臨するようになる。1998年に「高松宮記念」に名称変更。2011年からは「グローバルスプリントチャレンジ」の対象レースに加わり、第45回(2015年)は香港から勇躍参戦したエアロヴェロシティが、外国調教馬初の勝利を飾っている。

開催時期

第1~16回は6月下旬、第17~25回は7月上旬。G1に昇格した第26回から5月中旬~下旬に移行し、第30回からはさらに約2カ月繰り上げられ、春の中京開催最終日(3月下旬)に固定されるようになった。

競走条件

第1~29回は3歳(旧4歳)以上、第30回以降は4歳(旧5歳)以上が出走可能。負担重量規定は、第1~25回が別定、第26回以降が定量。斤量は57kg(牝馬2kg減)。コースは第1~25回が中京芝2000m(一部、阪神芝2000m、京都芝2000mで代替開催あり)、第26回以降が中京芝1200m(一部、阪神芝1200mで代替開催あり)。外国産馬は1989年から、地方競馬所属馬は1996年から、外国調教馬は2001年からそれぞれ出走可能となった。JRA所属馬は同年の阪急杯ならびにオーシャンステークスで1着になった馬に対し、地方競馬所属馬は前記2レースならびに「グローバルスプリントチャレンジ」シリーズの諸競走で2着以内に入った馬に対し、優先出走権が与えられる。

その他

2000mのG2時代は歴史的名馬クラスの参戦も多く、第4回(1974年)はハイセイコーが61キロを、第7回(1977年)はトウショウボーイが62キロの酷量を背負い、それぞれ貫禄勝ちを収めている。ちなみに、トウショウボーイは単勝元返しでの勝利だった。

年表

1967年「高松宮杯」の名称でレース創設(前身は「中京大賞典」)。第1回を施行。舞台は中京芝2000m
1979年阪神芝1200mで施行
1984年グレード制導入。G2に格付け
1989年混合競走となり外国産馬の出走が可能に
1993年京都芝2000mで施行
1996年G1に昇格。距離を中京芝1200mに変更。指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
1998年競走名を「高松宮記念」に改称
2001年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2011年グローバルスプリントチャレンジ」シリーズ」の対象レースに。阪神芝1200mで施行
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月21日(
福島牝馬ステークス G3
2018年4月22日(
読売マイラーズカップ G2
サンスポ賞フローラS G2

競馬番組表

2018年4月21日(
1回福島5日目
2回東京1日目
3回京都1日目
2018年4月22日(
1回福島6日目
2回東京2日目
3回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る