フラワーパーク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1992年5月8日生
調教師松元省一(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者高橋 啓
生産地平取町
戦績18戦[7-2-1-8]
総賞金36,393万円
収得賞金7,605万円
英字表記Flower Park
血統 ニホンピロウイナー
血統 ][ 産駒 ]
ステイールハート
ニホンピロエバート
ノーザンフラワー
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンテースト
フアイアフラワー
兄弟 ダンディテリオスフラワーカーペット
前走 1997/12/14 スプリンターズS G1
次走予定

フラワーパークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
97/12/14 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16119.434** 牝5 55.0 田原成貴松元省一476(-12)1.08.8 1.035.6⑧⑦タイキシャトル
97/11/22 中京 11 CBC賞 G2 芝1200 15594.644** 牝5 57.0 田原成貴松元省一488(-2)1.09.0 1.135.5⑤⑥スギノハヤカゼ
97/10/25 京都 11 スワンS G2 芝1400 1661115.076** 牝5 57.0 田原成貴松元省一490(+10)1.21.3 0.634.8⑥⑥タイキシャトル
97/05/18 中京 11 高松宮杯 G1 芝1200 186122.218** 牝5 55.0 田原成貴松元省一480(+4)1.08.9 0.934.8⑭⑫シンコウキング
97/04/20 京都 11 シルクロード G3 芝1200 165101.414** 牝5 57.0 田原成貴松元省一476(0)1.07.6 0.733.8エイシンバーリン
97/03/02 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 147114.224** 牝5 57.0 田原成貴松元省一476(+4)1.35.3 0.335.9オースミタイクーン
96/12/15 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 118112.311** 牝4 55.0 田原成貴松元省一472(-16)1.08.8 -0.035.2エイシンワシントン
96/11/23 中京 11 CBC賞 G2 芝1200 14114.222** 牝4 57.0 田原成貴松元省一488(+24)1.07.4 0.134.3エイシンワシントン
96/06/09 東京 11 安田記念 G1 芝1600 172410.559** 牝4 56.0 田原成貴松元省一464(-4)1.33.8 0.735.7⑥④トロットサンダー
96/05/19 中京 11 高松宮杯 G1 芝1200 137105.631** 牝4 55.0 田原成貴松元省一468(0)1.07.4 -0.434.1ビコーペガサス
96/04/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 14585.041** 牝4 54.0 田原成貴松元省一468(+2)1.07.6 -0.133.7ドージマムテキ
96/03/23 阪神 11 陽春S OP 芝1200 14465.532** 牝4 53.0 村山明松元省一466(-6)1.08.5 0.233.8⑥⑥エイシンワシントン
96/02/24 阪神 10 うずしおS 1500万下 芝1400 128111.511** 牝4 54.0 村山明松元省一472(+2)1.21.0 -0.334.5ハセノライジン
96/01/20 京都 11 石清水S 1500万下 芝1600 16594.023** 牝4 54.0 村山明松元省一470(-10)1.35.9 0.335.9④⑤ムツノアイドル
95/12/24 阪神 9 千種川特別 900万下 芝1400 13573.211** 牝3 52.0 村山明松元省一480(-4)1.21.9 -0.236.6ハギノエンデバー
95/12/03 中京 10 恵那特別 500万下 芝1200 162410.751** 牝3 53.0 村山明松元省一484(-4)1.08.8 -0.735.1ヤクモエンジェル
95/11/11 新潟 5 3歳未勝利 芝1600 18488.041** 牝3 53.0 村山明松元省一488(-2)1.38.9 -0.237.8サクラミヨシノ
95/10/29 新潟 12 3歳未勝利 芝1600 1771311.2510** 牝3 53.0 村山明松元省一490(--)1.37.1 0.737.3キョウワグレイト

フラワーパークの関連ニュース

関連ニュースはありません。

フラワーパークの関連コラム

関連コラムはありません。

フラワーパークの口コミ


口コミ一覧
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 1

データが示す絶好調デムーロよりも「勝負強い」騎手。"接戦"になれば勝率85%!勝負師・ウチパクは黙ってアタマで買え!─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年03月10日 08時00分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2805.html


コンマ1秒の争いが日常茶飯事となる競馬において「接戦に強い」というのは、極めて重要なステータスだ。
「結果がすべて」「勝てば官軍、負ければ賊軍」ではないが、やはり1つのレースに「勝つ」のと、惜しくも「敗れる」のとでは、その後の競走生活に大きな影響が出ることは述べるまでもないだろう。
 例えば、昨年の最優秀3歳牝馬シンハライトは実に接戦に強い馬だった。デビュー戦こそ2着馬に1馬身1/4差をつけての完勝だったが、その後は「クビ差」や「ハナ差」の接戦を尽くモノにして結局6戦5勝で引退。桜花賞こそハナ差で敗れたが、ほんの僅かな差で勝利を積み重ね、歴史に残る名牝に登りつめた。
 そんな、いわゆる「勝負根性」が強い存在は、何も競走馬だけではなく騎手にもいる。
 競馬ファンの間で今でも語り草になっているのは、1996年のスプリンターズS(G1)だ。田原成貴騎乗のフラワーパークと、熊沢重文騎乗のエイシンワシントンが壮絶な叩き合いを演じ、最終的にはわずか1僂虜垢覗絢圓坊廓曚上がった。
 その結果、敗れたエイシンワシントンは初G1制覇が夢と散り、勝ったフラワーパークはその年の最優秀短距離馬に選出されている。
 そんな歴史的接戦は最後の最後、ゴールする瞬間に田原騎手がフラワーパークの頭をグイッと押し込んだ"執念"が勝利を呼び込んだと後の写真判定で判明し、「さすが田原」と当時のファンの間でも大きな話題となった。
 一方、現役騎手で「勝負強い」といえば真っ先に上がりそうなのが、現在リーディングトップを走るM.デムーロ騎手だろう。


次のページ デムーロ騎手を大きく上回る真の“ど根性騎手”

 3月9日現在31勝を上げ、絶好調モード継続中のデムーロ騎手。先週の大阪城S(OP)でまたも"メインジャック"を達成し、面白いように勝ち星を重ねている。だが、本当に勝負強い存在はハナ差やクビ差といった「接戦」でこそ、その真価を発揮する。
 かつての田原成貴や、シンハライトのように。
 そういった意味で今年、デムーロ騎手が2着馬と「クビ差以内」の接戦、つまりはクビ差、アタマ差、ハナ差になった際、どういった成績を収めているのか調べてみた。
 その結果は11勝7敗。勝率にすると61%というまずまずの結果が出た。クビ差以内はタイム差でいえば、ほぼ「タイム差なし」といった状況。わずかな要因で勝敗がひっくり返る極限状態の中での勝率61%は、やはりここ一番で「勝負強い」といえるのではないだろうか。逆にいえば、接戦に持ち込めば39%でしか負けないのだ。
 また、有力馬に騎乗していた証ともいえる「1馬身差以上の勝利」が31勝中18勝を占めていた。そういった意味でもデムーロ騎手は、ただ勝負強いだけでなく「馬質にも恵まれている」といえるだろう。だからこそのリーディング首位でもあるということだ。
 だが、そんな今年のデムーロ騎手を大きく上回る真の"ど根性騎手"がいる。トップを5勝差で追いかけるリーディング2位の内田博幸騎手だ。
 内田騎手の成績を見て1着の26勝以上に目を奪われるのが、わずか5回しかない2着の数だ。内田騎手はリーディング2位でありながら、1着2着の連対率になると27位まで後退する。


次のページ 内田騎手「クビ差以内」の勝率

 だが、逆に述べると「勝てる時に、きっちりと勝ち切っている」からこそ、このような極端な成績が出るともいえる。
 そこでデムーロ騎手と同じように2着馬と「クビ差以内」の接戦での成績を調べてみたところ、なんと11勝2敗。勝率は驚愕の85%。つまり内田騎手は「クビ差以内」の接戦に持ち込んだ場合、まだ2回しか負けてなく85%で勝つということだ。
 ちなみに内田騎手は半馬身差や3/4馬身差を含めた2着馬と「1馬身未満」の接戦でも16勝3敗、勝率84%という驚愕の成績を残している
 まさに"神懸った"接戦での勝負強さを発揮している内田騎手。ちなみに3着以内率でも20位と内田騎手は「連複系」の馬券の軸には推しにくいが、逆に「単勝系」なら抜群の信頼感があるようだ。内田騎手の馬を軸に考える時は、思い切ってアタマ固定もアリだろう。
 果たして内田騎手は、このままリーディング争いでもデムーロ騎手との"接戦"に持ち込めるのだろうか。2人の「勝負強い騎手」に注目だ。

 ルトランブル 2016年9月27日(火) 22:51
スプリンターズステークスを考える2
閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 6

ビッグアーサーが危なげなく勝ちそうな

今年のスプリンターズステークス。

前走58キロを背負ってあの競馬。

マイナス材料を探すと初の中山コースぐらい。

ビッグアーサー優勝を後押しするデーターがある。

今年のスプリンターズステークスは50回メモリアル。

G1レースに昇格以降記念のレースでは

偶然なのか全て1番人気馬が優勝している。


第30回
優勝フラワーパーク(1番人気馬)

第40回
優勝テイクオーバーターゲット(1番人気馬)

第50回
優勝ビッグアーサー?(1番人気馬?)


ビッグアーサーに騎乗する福永騎手は

第40回のときメイショウボーラで惜敗。

初優勝はこの馬になりそうな感じがする。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2015年10月11日() 11:49
【毎日王冠】「騎手の乗り替わり」「社台の思惑」から予想し... 
閲覧 100ビュー コメント 2 ナイス 24

【先週の回顧】
G1のスプリンターズSの勝ちタイムが1レース前の1000万条件を逃げ切り勝ちしたキャレモンショコラより
遅かったということでレベルの低いG1だったという評論家、予想家が少なくないですが、
競馬はタイムを競うモノでなく1番最初にゴール板を駆け抜けた馬が勝つモノ。

競走なら駆け引きや思惑が混在して勝ちタイムが遅くなることもあるワケです。

勝ったストレイトガールは強かったし、G1に9度目の挑戦で初連対したサクラゴスペルも、
4コーナー12番手から上がり32秒8で3着に追い込んだウキヨノカゼも何ら恥じることのないレースです。

ただ、オリンピックや世界陸上の100m決勝が10秒台では盛り上がらないのは確か。
「電撃の6ハロン」スプリントG1なので好タイム勝ちの方が良かったでしょうが…。

----------------------------------------------------------------

【G2毎日王冠】
13頭中10頭がディープインパクト産駒。残る3頭も全てサンデー系なので、
「血統的考察」では母、兄弟、母父で比較するしかないのですが、

サンデー系との配合は(過去5年)
----------------------------------------------------------------

ND系(エアソミュール・クラレント)
→エイシンヒカリ・ステファノス・ダノンシャーク・クラレント・グランデッツァ
(※クロフネはヴァオスリージェント系ですが遡ればND系)

ミスプロ系(カレンブラックヒル・タッチミーノット・ミッキードリーム・スピルバーグ)
→スピルバーグ・ディサイファ・トーセンスターダム・アンビシャス

グレイソブレン系(エアソミュール)
→イスラボニータ

----------------------------------------------------------------
と全く絞り決めません。

ヴァンセンヌの母フラワーパークは高松宮記念・スプリンターズSの
スプリントG1・2勝馬。

クラレントの母エリモピクシーの全姉エリモシックはエリ女馬。
兄リディル(父アグネスタキオン)はG2・2勝馬、
弟レッドアリオン(父アグネスタキオン)は重賞2勝馬、
弟サトノルパン(父ディープインパクト)は先週の1600万道頓堀Sを快勝して勢いがある。

ディサイファの近親にはG1・4勝馬グラスワンダー。

エイシンヒカリはディープインパクト×ストームキャット(キズナ・アユサン・ラキシス)のG1配合で、近親に種牡馬サザンヘイロー、米G1・3勝馬ジェネラルチャレンジ。

アンビシャスの近親に凱旋門賞馬ソーマレズ、米G1・3勝馬ラッシュラッシーズ。

スピルバーグの兄は米G1馬フラワーアレイ、全兄はマイルG1馬トーセンラー。

----------------------------------------------------------------

今回は「騎手の乗り替わり」「社台の思惑」で予想します。

一番疑問なのは、

「なぜ、ルメールがリアルインパクトに乗るのか?」

リアルインパクトは11年に3歳でG1安田記念を勝ち、同年の毎日王冠は2着。
安田記念は戸崎で毎日王冠は岩田が騎乗しています。
(※この時、戸崎はまだ地方競馬所属で遠征して来てJRA初G1優勝した思い出深い馬)

戸崎が乗るのはリアルインパクトと同じ社台の大手一口クラブ「キャロットF」のステファノス。

ルメールはアンビシャスでプリンシパルS(ダービートライアル)→ラジオNIKKEI賞を連勝しながらの
乗り替わり。
(※ルメール騎乗で確実に勝ちたいから出走権利がありながらダービー回避して
ラジオNIKKEI賞に出走した説あり)

アンビシャスの馬主は社台と関係が深い近藤英子氏(リンカーン、カンパニー、ヴィクトリー)

「アンビシャスにはミルコを乗せるからルメールはリアルインパクトに回すよ」

そんな会話があったかもしれません。

「なぜ、全国リーディングジョッキー福永(社台のお気に入り)は、5戦連続騎乗し安田記念で2着した
ヴァンセンヌや、香港遠征までしてG1クイーンエリザベス2世Cで2着したステファノスでなく、
人気薄のグランデッツアに乗るのか?」

ヴァンセンヌとグランデッツアは「社台RH」
ステファノスは「キャロットF」の馬。

安田記念、香港で勝てなかった福永は下ろされたのでしょうか?

(※グランデッツアも桜花賞馬マルセリーナの弟で、レベルの高かった鳴尾記念5着(勝ち馬は宝塚記念馬になるラブリーデイ)、七夕賞1着と全く目がないワケではないですが…)

ヴァンセンヌには代打騎乗(ゴールドシップの宝犁念、天皇賞春など)が得意な横山典。

ステファノスは関東リーディング(全国2位)で先週ストレイトガールで
スプリンターズS優勝でノッてる戸崎圭太。

社台の勝負がかり(思惑)は、

----------------------------------------------------

◎ヴァンセンヌ(社台RH)横山典
〇ステファノス(キャロットF)戸崎圭太
爆リアルインパクト(キャロットF)ルメール

▲アンビシャス(社台と密接な近藤英子氏)ミルコ
注グランデッツア(社台RH)福永

△イスラボニータ(社台RH)蛯名
(笑)マーティンボロ(吉田和美氏=キャロットF系・吉田勝己社長の妻)

----------------------------------------------------

安田記念10着大敗の汚名を晴らしたい岩田騎乗のG1馬ダノンシャーク

重賞6勝馬で13年の3着馬クラレント

13年1着のエイシンフラッシュと同じ香港G1クイーンエリザベス2世C(2着)から臨戦のステファノス。

今回は人気馬はヒモにしてアナから責めます!!

サイレンススズカの再来(になって欲しい)エイシンヒカリは勝つか?どこにも無いか?の馬。

サイレンススズカの無念を晴らして天皇賞秋を勝つためにここは負けられない。
(※勝って優先権か、最低でも2着で賞金加算しないと出走除外濃厚)
(※アンビシャスも同じ立場)

個人的感情としてはエイシンヒカリに勝って欲しいですが。

-------------------------------------------------------------
◎5ヴァンセンヌ
〇11ステファノス
▲9ダノンシャーク
注13エイシンヒカリ
爆10リアルインパクト
△3クラレント
△4ディサイファ
△7アンビシャス

[もっと見る]

フラワーパークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フラワーパークの写真

投稿写真はありません。

フラワーパークの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

フラワーパークの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。