ザレマ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2004年3月21日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主吉田 照哉
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績33戦[4-7-5-17]
総賞金23,197万円
収得賞金6,225万円
英字表記Zarema
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
シェンク
血統 ][ 産駒 ]
Zafonic
Buckwig
兄弟 マルカシェンクガリバルディ
前走 2010/03/14 中山牝馬ステークス G3
次走予定

ザレマの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 168167.1312** 牝6 56.0 安藤勝己音無秀孝536(+4)1.48.6 1.036.6ニシノブルームーン
10/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1659100.61314** 牝6 55.0 M.デムー音無秀孝532(-12)1.39.4 4.539.3⑦⑩エスポワールシチー
10/01/31 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 15464.823** 牝6 56.0 安藤勝己音無秀孝544(+6)1.36.5 0.134.8ヒカルアマランサス
09/12/20 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 184817.099** 牝5 55.0 北村友一音無秀孝538(-6)1.21.1 0.735.7⑧⑧キンシャサノキセキ
09/11/22 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1861113.8511** 牝5 55.0 内田博幸音無秀孝544(+4)1.33.8 0.634.3⑤⑥カンパニー
09/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 188167.635** 牝5 55.0 内田博幸音無秀孝540(+14)1.33.4 0.134.5④④アブソリュート
09/09/13 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 16237.521** 牝5 54.0 内田博幸音無秀孝526(-12)1.32.1 -0.235.2アップドラフト
09/08/16 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 14463.412** 牝5 55.0 安藤勝己音無秀孝538(+6)1.48.4 0.235.6ピエナビーナス
09/06/21 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 16235.9310** 牝5 55.0 安藤勝己音無秀孝532(+6)2.01.0 0.835.3⑦⑧⑧⑦コスモプラチナ
09/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 183518.144** 牝5 55.0 安藤勝己音無秀孝526(-2)1.33.8 1.434.2⑩⑪ウオッカ
09/04/11 阪神 10 阪神牝馬S G2 芝1400 184810.232** 牝5 55.0 安藤勝己音無秀孝528(+2)1.21.6 0.234.2⑥⑤ジョリーダンス
09/03/15 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16113.514** 牝5 55.0 安藤勝己音無秀孝526(+2)1.49.5 0.436.3④④キストゥヘヴン
09/02/01 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 14454.613** 牝5 54.0 安藤勝己音無秀孝524(0)1.35.3 0.236.0チェレブリタ
08/12/07 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 165912.361** 牝4 54.0 柴田善臣音無秀孝524(-2)1.34.7 -0.034.8カレイジャスミン
08/11/16 京都 12 ドンカスター 1600万下 ダ1800 145710.0511** 牝4 56.0 C.ルメー音無秀孝526(+4)1.52.6 2.738.3⑫⑫⑪⑧エプソムアーロン
08/10/26 東京 11 テレビ静岡賞 1600万下 芝1800 11337.743** 牝4 56.0 柴田善臣音無秀孝522(-12)1.46.2 0.534.8⑥⑥⑥シンゲン
08/08/17 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 1411----** 牝4 55.0 安藤勝己音無秀孝--0000 ------ヤマニンメルベイユ
08/08/02 新潟 11 新潟日報賞 1600万下 芝1600 168156.024** 牝4 56.0 柴田善臣音無秀孝534(+8)1.33.0 0.233.4⑥⑦バトルバニヤン
08/06/22 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 128114.226** 牝4 54.0 和田竜二音無秀孝526(-2)2.06.1 2.639.5⑥⑦⑦⑤トーホウシャイン
08/05/17 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1771434.387** 牝4 55.0 蛯名正義音無秀孝528(-10)1.21.4 0.633.3⑩⑫スーパーホーネット

⇒もっと見る


ザレマの関連ニュース

 09年のGIII京成杯AHを制したザレマ(栗・音無、牝6、父ダンスインザダーク)が17日付で競走馬登録を抹消された。今後は繁殖馬になる(繋養先は未定)。14日の中山牝馬S(12着)が最後のレースとなった。通算成績は33戦4勝で、獲得賞金は2億3197万8000円。

【中山牝馬S】ザレマ、ラストラン飾る2010年3月11日(木) 05:03

 ザレマがラストランへ向けて、坂路をパワフルに駆け上がってきた。併せ馬で3馬身先着。4ハロン51秒9(ラスト1ハロン13秒1)と時計も文句なし。騎乗した東田調教助手は「動きは良かったね」と笑顔が弾けた。フェブラリーS(14着)は不慣れなダートで度外視。同助手は「最後だし、何とか良馬場でやりたい。1800メートルさえクリアできれば」と力強く続けた。

[もっと見る]

【フェブラリーS】ザレマ順調12秒82010年2月12日(金) 05:03

 《栗東》京都牝馬S3着のザレマ(音無、牝6)は、単走で坂路4ハロン55秒7−40秒2−12秒8(馬なり)。「15−15くらいで入って、終いに仕掛ける程度。そんなに強くやる気もなかったし、予定通りやね。動きも良かったし、ここまで順調や。あとは来週ビシッとやったら体も引き締まるはず」と音無調教師は笑みを浮かべた。

 年末のカペラSで重賞初制覇のミリオンディスク(荒川、牡6)は、年明け初戦の根岸S(6着)を使ってGI初挑戦。坂路4ハロン56秒8−42秒2−14秒0(馬なり)。前走から間隔が詰まっているため軽めの調整に終始した。「前走後も変わりなく順調。来週は様子を見ながらだが、そこそこやる予定。今回は距離よりもレース展開がポイント」と荒川調教師。

[もっと見る]

【京都牝馬S】見せ場十分2着ロケーション2010年2月1日(月) 05:01

 第45回京都牝馬S(31日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走15頭)7番人気の関東馬ベストロケーションが重賞初挑戦で2着と健闘した。2番手でレースを進め、絶好の手応えで直線へ。逃げたザレマと激しい叩き合いを繰り広げ、ヒカルアマランサスの大外強襲には屈したが、重賞馬のザレマをハナ差競り落とした内容は評価できる。「折り合いもついたし、頑張ってくれた。慣れていけば、このクラスでも十分やれるんじゃないかな」と木幡初広騎手も昇級戦での好走に手応えを感じていた。

[もっと見る]

【京都牝馬S】ザレマ惜敗3着2010年2月1日(月) 05:01

 第45回京都牝馬S(31日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走15頭)一昨年2着、昨年は3着だったザレマは今年も3着に惜敗した。ハナを切って前半1000メートルを61秒7と先行馬ペースに持ち込んだが、勝ち馬の決め手に屈した。安藤勝己騎手は「もうひとつ最後で伸び切れないのが、この馬(の弱点)なんだね。最後は止まっていないが…。馬場も(稍重より)硬い方が良かった」と振り返った。

[もっと見る]

【マイルCS】充実一途!好気配ザレマ本命2009年11月22日() 05:10

 《本紙の狙い》ザレマを本命に推す。9月の京成杯AHを好タイムで快勝。5歳秋を迎え、待望の重賞初制覇を果たした。心身とも充実し、本格化したといっていい。余裕残しだった富士S(5着)をステップに、仕上がりは文句なし。先行差し自在の脚質で、マイル戦は【2・2・1・4】ですべて5着以内と堅実。右回りのマイルはベストの舞台で、どんな展開になっても対応できるのは大きな武器だ。好条件の揃った今回は、牡馬相手のGIでも互角以上のレースができる。キャプテントゥーレが相手の筆頭。マイルのGIでもスピード負けせず、その先行力は侮れない。1番人気のカンパニーは1800〜2000メートル向きだけに▲の評価にとどめた。

確定枠順へ

★最新ナマ情報

(3)マルカシェンク 天気が気になる

 (3)マルカシェンクは角馬場→CWでキャンター調整。追い切り後の気配はいい意味での平行線だ。「体付きは前走よりもいいし、太め感もないよ。レースが近づくと自分で体も作るしね。あとは天気、雨がどれだけ降るのか? 小雨程度ならええんやけど…」と河内調教師は当日の予報を気にしていた。

(4)カンパニー ラス闘へ万全&(11)ザレマ

 音無厩舎の2頭はともに坂路1本登坂して最終調整を終えた。マイルCSがラストランとなる(4)カンパニーは4ハロン63秒5−46秒4−15秒0。「変わらずここまで順調に来られました。ここ2走のレース前と同じ感じで馬がピリッとしている。やることはやりました」とは沢調教助手は晴れやかな表情を見せた。

 (11)ザレマは4ハロン60秒0−43秒8−14秒6。「追い切った後もいい感じで来ている。マイルは安定して走れるし、競馬しやすいと思う。あとは天気だけ」と竹中調教助手は当日の空模様を気にかけていた。

(5)スマイルジャック 好状態キープ

 (5)スマイルジャックフィフスペトルと同じ馬運車で午前4時に京都入り。午後からは歩様のチェックを行った。「毎日王冠の頃に比べればずいぶん、デキは良くなったし、前走後も高いレベルでキープできている。枠もちょうどいい所に入ったので楽しみ」と梅沢調教厩務員。

(7)アブソリュート 輸送遅れも元気

 昨年の勝ち馬ブルーメンブラットと同じ7番が当たったアブソリュートは午前4時に美浦TCを出発。3連休の渋滞の影響もあって通常より2時間ほど遅い午後3時過ぎに京都競馬場へ到着した。馬運車を降りて馬房に入っても投草を頬張る元気の良さ。「事故とかあって少し渋滞していたが、特に問題はなかった。体は前走と同じ(474キロ)ぐらいで出られると思う。東京新聞杯は不良で勝っているので、道悪でも苦にしないでしょう」と釘本調教厩務員は好勝負を見込む。

(9)キャプテントゥーレ 道悪は大歓迎

 (9)キャプテントゥーレは金曜に続き、レース前日も馬場入りをせず長めの乗り運動を行った。週中から徳江調教助手は「少し時計がかかる方がいいので雨が降るのはプラス」と話していただけに、雨の降り出しが早まれば好都合だ。

(10)スズカコーズウェイ 能力通用する

 (10)スズカコーズウェイは角馬場→ポリトラックでキャンター1周。追い日よりも気配は確実に上向いてきた。「前走は少し太めだったから、叩いていい感じになっている。中間も予定通りメニューをこなせたし、体も締まってきた。まだ大きい所(GI)は勝っていないが、通用する能力はあるよ」と橋田調教師は期待を寄せる。

(12)ヒカルオオゾラ 状態&雰囲気◎

 (12)ヒカルオオゾラは坂路で4ハロン58秒4−42秒8−14秒2で大きめのキャンターを1本。「意識的に大きめを乗ったが、気負うこともなくいい感じです。前走は馬場が悪く、前へ進んでいかなかったので稍重ぐらいまでなら何とか我慢するかな。落ち着きがあって雰囲気はいい」と吉村調教助手。

(13)マイネルファルケ 逃げて持ち味

 (13)マイネルファルケアブソリュートより少し早く到着。ドシッと落ち着いて雰囲気はまずまずだ。「輸送に時間はかかったけど、馬運車の中でもおとなしかったので全然問題ない。抑えると行きたがったしまうので、やっぱりハナに行かないと持ち味が生きない。枠はもう少し内が欲しかったが、頑張ってもらいたい」と岩部調教厩務員

(14)ストロングガルーダ 初GI楽しみ

 金曜に京都入りした(14)ストロングガルーダは装鞍所でのスクーリングを兼ねて約1時間の乗り運動を消化。馬っぷりの良さが目を引く1頭だ。「初めての場所で環境が変わると少し気にしていたが、きょうで2日目なのでこれで落ち着いてくると思う。このメンバーに入ってどこまでやれるか。来年の見通しが立つ競馬をしてほしい」と千島調教厩務員は初GIでの走りを楽しみにしていた。

(16)サンカルロ 陣営成長を実感

 昨年、マイルCSを制した吉田豊騎手で挑む(16)サンカルロは馬運車を降りて馬房に入っても、キョロキョロする様子もなく落ち着いていい感じだ。「普段からおとなしい馬です。特に変わった所はないけど、春よりも逞しくなった」と神原調教厩務員は成長を実感。

(1)エヴァズリクエスト&(15)サプレザ ともに軽め調整

 外国馬2頭はともに京都ダートで軽めの調整を行った。(1)エヴァズリクエストのラーキン調教助手は「金曜にやったのできょうは軽め。馬はとてもいい感じだし、3、4番手でレースできればチャンスはある」と上位進出を狙う。(15)サプレザのコレ調教師は「ここまで予定通りに来たので満足している。本当は6、8番が良かった。JRAが希望の枠をくれなかったことが不満だ」と笑わせた。「あとは全幅の信頼を寄せるオリビエ(ペリエ)に任せる」とマイルCS2勝の名手の手腕に託す。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ザレマの関連コラム

閲覧 350ビュー コメント 0 ナイス 7

第246話 「クイーンS


08年 36.2-36.4-35.5 =1.48.1 △1▼3△7 平坦戦
09年 35.5-36.8-35.9 =1.48.2 ▼3±0△2 平坦戦
10年 36.2-36.4-35.0 =1.47.6 ▼2▼6△8 瞬発戦
11年 35.1-35.2-36.3 =1.46.6 △2▼1△2 平坦戦
12年 35.8-36.3-35.1 =1.47.2 ▼3△1△1 平坦戦

10年以前は8月開催だったこのレースですが昨年は7月の2週目開催に変更となりました。
今年は更に早くなって開幕週の開催に変更となりました。
単純に内枠先行有利にはなるでしょう。

(注)
【追記】
今年は函館開催でした。
ちょっと考え直して出直してきます。
すいません。

過去5年では平坦戦4回で瞬発力はあまり問われないレース。
やはり小回り平坦向きのレースになるのでしょうか。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヤマニンメルベイユ 【瞬3平4消1】
ピエナビーナス   【瞬1平3消1】
アプリコットフィズ 【瞬1平2消0】
アヴェンチュラ   【瞬2平1消0】
アイムユアーズ   【瞬2平2消1】
2着馬
レジネッタ     【瞬1平2消0】
ザレマ       【瞬6平3消0】
プロヴィナージュ  【瞬2平5消1】
コスモネモシン   【瞬3平2消0】
ラブフール     【瞬5平2消1】

やはり瞬発戦平坦戦両方に実績のある馬というのが狙い目となります。
札幌コースはローカルの中でもコーナーのRが緩いので小回り適性よりも平坦戦実績を重視したい感じです。

あとは(開幕週とはいえ)札幌の洋芝なのでパワーは必要でしょう。
上記の連対馬10頭中アプリコットフィズザレマコスモネモシン以外の7頭には札幌or函館or福島コースでの勝利経験がありました。
ザレマも勝利経験はありませんが福島牝馬S3着の実績がありましたし、アプリコットフィズコスモネモシンの2頭に関しては札幌or函館or福島コースでの出走経験がありませんでした。
この辺りは注意が必要でしょう。
今年の登録メンバーで札幌or函館or福島コースで勝利経験がある馬は
アイムユアーズオールザットジャズスピードリッパークィーンズバーンキャトルフィーユ
の5頭です。
マイファーストラヴコスモネモシン
の2頭には2着の経験があります。
ということで多くの馬がこの条件をクリアしてしまうので他のファクターをみてみましょう。

【年齢別成績】
3歳   3-1-1-10 勝率20.0% 連対率26.7% 複勝率33.3%
4歳   0-1-2-16 勝率 0.0% 連対率 5.3% 複勝率15.8%
5歳   1-3-2-19 勝率 4.0% 連対率16.0% 複勝率24.0%
6歳   1-0-0- 8 勝率11.1% 連対率11.1% 複勝率11.1%
7歳以上 0-0-0- 1 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%

3歳馬が優勢という傾向です。
斤量が軽いことが要因だと思います。
但し、3歳馬優勢とはいえ馬券になったのは4番人気以内だった馬(連対となれば2番人気以内)というのは注意が必要でしょう。
(今年の3歳馬は人気はあまりなさそうだが…)

あと、開幕週を重視するなら昨年の1レースだけを参考にすると
・母父キングマンボ系(ワンツーはエルコンドルパサー
・中央では阪神中山の急坂コース勝利経験あり
という馬が1〜3着となっていました。

今年の登録メンバーは適性のある馬ばかりという印象。
今年の一番のポイントはマルセリーナの取捨選択ではないかと思います。
札幌or函館or福島コースでの出走経験がない馬で外回りコースの桜花賞を勝った馬。
普通に考えて軽視したいところですが前走マーメイドSで久々の勝利。
内回りコースの▼4△3△2の平坦戦でした。
桜花賞馬ではありますが古馬になって中距離の内回り向きにシフトしている可能性も考えられます。
(というよりも本来の適性がこっち向きだったかもということ)
マルセリーナは4勝のうち3勝は阪神コース。
しかも勝利した桜花賞は11.8-11.3-12.0-12.1と上がりの掛かるレースでした。
半弟のグランデッツァ(父タキオン)が札幌2Sの覇者という血統構成などからするとパワーは十分あるはずでこの舞台は向いているかも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クィーンズバーンマルセリーナアイムユアーズ
これだけマルセリーナのことを書いておきながら本命はクィーンズバーン(汗)
逃げ切りを期待。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2010年9月8日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第61話京成杯AH(謎解き編)〜
閲覧 165ビュー コメント 0 ナイス 0

第61話 「京成杯AH」

いよいよ競馬も秋シーズンに突入し戦いの場を中央に移してのレースとなります。
今週は重賞が3つもあり秋華賞TRの紫苑Sもありますが自分の好みとして京成杯AHにしました。

05年 34.4-22.8-36.1 =1.33.3 △2▼2△14 平坦戦
06年 34.3-22.4-35.3 =1.32.0 △4▼2△3 平坦戦
07年 35.1-22.7-34.8 =1.32.6 ±0△1△1 消耗戦
08年 32.8-23.1-36.2 =1.32.1 ±0△3▼1 平坦戦
09年 34.1-22.7-35.3 =1.32.1 △1△2△1 消耗戦

秋の中山は野芝100%の高速馬場となっています。
このレースは開幕週ということもあってとにかく流れが速い。
08年はテンの3Fが32.8秒と「スプリント戦かよ」と突っ込みを入れたくなるほどの激流まで存在します。
中盤もほとんど溜めを作らないので近5年では瞬発戦は一度もなく平坦戦か消耗戦となっている。
しかも最大加速は▼2なので消耗戦テイストなレースがほとんどということになる。
「スピードの持続と我慢比べ」
レース質からすればこれが今回の鍵になると思われます。

過去5年の連対馬で09年のザレマ以外の馬は全て消耗戦での連対経験がありました。
ザレマも連対経験はありませんでしたが福島牝馬Sで0.1秒差3着という実績はありました。
「消耗戦での連対経験はあった方がベター」といえそうです。

開幕週の高速レースで平坦消耗戦となると脚を溜めることが困難になるので後方一気ではまず届かない。
激流となった08年でさえ勝利したキストゥヘヴンは4角で8番手と中団に付けています。
4角10番手以下の馬は「あって3着」で「前走4角10番手以下の馬は割引」が必要でしょう。

あと、舞台は中山芝1600なので当然「内枠有利」になります。
脚質に関係なく内と外ではかなり差があります。

1〜4枠 4-5-2-26 勝率10.8% 連対率24.3% 複勝率29.7%
5〜8枠 1-0-3-35 勝率2.6% 連対率2.6% 複勝率10.3%

外枠で唯一連対したのはやはり08年のキストゥヘヴン
外枠の連対条件は
・テンの3Fが32〜33秒台になるほどの激流
・中盤溜めが存在する瞬発戦
・少頭数
の3パターンだと思われます。

枠順が発表されていないのではっきりとは言い切れませんが登録メンバーでこの条件にあてはまりそうなのはキャプテンベガです。
しかし、今年のメンバーだと波乱の匂いを感じます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ファストロックキャプテンベガキョウエイストーム
サンスポの出走予定馬を見ると3頭全て騎乗の名前が空白・・・。
出走してくるかどうかも微妙だな。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ザレマの口コミ


口コミ一覧
閲覧 22ビュー コメント 8 ナイス 0

今年は芝路線からの転戦組の登録がありますね。
去年はあまり考える必要のなかった
フェブラリーSでの検討過程の要素。

リーチザクラウン
レッドスパーダ
スーパーホーネット
ローレルゲレイロ
ザレマ

血統的な適性でいえばリーチザクラウンとレッドスパーダが上位でしょうか。
特にレッドスパーダは近親にCurlinというもの凄い名馬がいます。
ローレルゲレイロはどちらかというと地方の深いダートに血統的な
適性がありそう。

注意しないといけないのは米国のダート(土)と日本のダート(砂)は全く違います。
陣営が安易に血統的な適性があるからフェブラリーSでもいけるとの思いで
何か確信があるのか、それとも試行の意味合いが強いのか?

つまり僕が思うのはフェブラリーSの舞台、府中のダート1600で
芝転戦馬が来るのは実は一番ダート適性のないと言われる馬、

芝転戦組のダート適性があると言われる馬に
「隠蔽されてしまう」真の芝適性馬が来ると思ってるんです。
逆説的に言うとダート適性の無い馬です。
隠蔽されるからには人気薄の芝馬。
でも毎年そんな馬は出ない。

今年はスーパーホーネットが近いイメージだと思うのですが
休み明け。叩きの度合いも強いです。
矢作厩舎だし。でも珍しくこの馬は鉄砲実績はあったような・・・
人気薄を条件に狙ってみてもいいかも。

ちなみにザレマは一回ダートの出走があります。
2.7秒差の惨敗をしています。

そうなると今年も芝転戦組はやや苦しいということになる。
スーパーホーネットの仕上がり具合では要注意としましょうか。

ただ、今年は絶好の標的となる大きな存在がいます。
エスポワールシチーがどんな競馬を見せてくれるのかに
焦点は定まっていると思います。

仮にエスポワールシチーが圧倒的な強さを見せた展開に
なった時、つまりエスポワールシチーに潰された他の有力馬では
なく、勝ちにいかなかった馬がしんがりタラタラ進出して
最後チョイ差しで5馬身離れた2着なんてのもありうる予想も
アリかと思うのです。

でも本心はこのエスポワールシチーを脅かす、互角の叩きあいを
してくれるような一頭を探したい気持ち。

狙いは、瞬発力競馬をしてきた上がりの際立った差し馬と
いうスタンスでアプローチしていこうかなと。

 Hideki.S 2009年11月21日() 00:09
マイルCS…展開妄想劇
閲覧 23ビュー コメント 2 ナイス 0

今夜は会社の仲間達と少し飲んできました。
外は恐らく気温2℃か1℃…寒い!

帰宅してマイルCSの枠順眺めてます。。。

それにしても力が拮抗していて何がきてもおかしくないような
今年のメンバー構成^^:

それほど速くないペースはマイネルファルケがハナ行きそうかな?
2番手に早くもザレマorキャプテントゥーレ…
カンパニーは内々で4、5番手。。。

外国馬2頭は後方待機。

外人騎手の乗ったトレノジュビリーとフィフスペトルが
早めの進出!
4コーナー先頭はザレマとキャプテン・・・
カンパニーが徹底して内から馬群を捌いていく。

内からカンパニーが抜けてきたところ、
真ん中から外国馬2頭が凄い脚〜!
大外からスズカとスマイルが…ああっ!
う〜ん。わけわからん(><)

[もっと見る]

ザレマの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ザレマの写真

投稿写真はありません。

ザレマの厩舎情報 VIP

2010年3月14日中山牝馬ステークス G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ザレマの取材メモ VIP

2010年3月14日 中山牝馬ステークス G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。