注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

サンライズベガ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年4月23日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主松岡 隆雄
生産者下河辺牧場
生産地門別町
戦績41戦[6-6-11-18]
総賞金24,585万円
収得賞金6,200万円
英字表記Sunrise Vega
血統 アドマイヤベガ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ベガ
オーパスワン
血統 ][ 産駒 ]
Theatrical
ティルティング
兄弟 ピサノキャニオンアッチッチ
前走 2012/07/08 七夕賞 G3
次走予定

サンライズベガの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/07/08 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16713100.41616** 牡8 56.0 松岡正海音無秀孝504(+10)2.02.9 1.837.7⑦⑧⑧⑪アスカクリチャン
12/06/10 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1859203.81816** 牡8 57.0 中舘英二音無秀孝494(-14)1.49.1 2.436.5④④トーセンレーヴ
11/12/10 小倉 11 中日新聞杯 G3 芝2000 181176.91515** 牡7 57.0 吉田隼人音無秀孝508(+4)2.00.9 1.336.7⑦⑦⑧⑧コスモファントム
11/11/20 新潟 11 福島記念 G3 芝2000 181224.7915** 牡7 57.0 吉田隼人音無秀孝504(-4)2.01.4 2.336.8アドマイヤコスモス
11/08/28 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 117927.192** 牡7 56.0 北村宏司音無秀孝508(-8)1.59.1 0.034.1ナリタクリスタル
11/07/31 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 1861215.0715** 牡7 56.0 秋山真一音無秀孝516(+8)1.59.1 1.837.8⑤⑧イタリアンレッド
11/07/10 中山 11 七夕賞 G3 芝2000 172425.8915** 牡7 56.0 北村宏司音無秀孝508(+4)2.01.9 1.436.5④⑥イタリアンレッド
11/05/28 京都 11 金鯱賞 G2 芝2000 1661122.679** 牡7 57.0 北村友一音無秀孝504(+6)2.04.2 1.837.2⑦⑧⑪⑫ルーラーシップ
11/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 167138.743** 牡7 56.0 秋山真一音無秀孝498(-10)1.58.6 0.235.1セイクリッドバレー
11/02/05 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1651019.761** 牡7 55.0 秋山真一音無秀孝508(+2)1.45.3 -0.034.8④④④バトルバニヤン
11/01/23 中山 11 AJCC G2 芝2200 115512.8511** 牡7 57.0 F.ベリー音無秀孝506(+8)2.15.7 1.536.5トーセンジョーダン
10/10/16 東京 11 アイルランド OP 芝2000 14456.236** 牡6 57.0 松岡正海音無秀孝498(0)1.59.9 0.734.1⑦⑧⑧トーセンジョーダン
10/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 101118.174** 牡6 57.0 松岡正海音無秀孝498(-6)2.11.5 0.135.2シンゲン
10/08/29 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 17358.943** 牡6 55.0 松岡正海音無秀孝504(+6)1.58.4 0.033.9ナリタクリスタル
10/08/01 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 188165.637** 牡6 55.0 松岡正海音無秀孝498(-2)1.58.4 0.535.6ニホンピロレガーロ
10/07/11 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 16596.313** 牡6 55.0 松岡正海音無秀孝500(-4)2.00.5 0.135.3⑫⑫⑨⑥ドモナラズ
10/04/04 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 122216.4310** 牡6 57.0 和田竜二音無秀孝504(+8)2.00.3 0.836.0テイエムアンコール
10/03/13 中京 11 中京記念 G3 芝2000 1881726.5114** 牡6 55.0 池添謙一音無秀孝496(0)2.02.3 0.335.5④④④シャドウゲイト
09/09/12 阪神 10 朝日CC G3 芝2000 168166.425** 牡5 56.0 池添謙一音無秀孝496(+2)2.00.4 0.434.7キャプテントゥーレ
09/08/30 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 183610.962** 牡5 54.0 池添謙一音無秀孝494(+6)1.59.6 0.033.3ホッコーパドゥシャ

⇒もっと見る


サンライズベガの関連ニュース

 サマー2000シリーズの開幕戦となる七夕賞(GIII、芝2000メートル)が12日、福島競馬場で行われる。混戦ムードが漂うハンデ戦だが、レコンダイトは5歳を迎えて一気に本格化。重賞初制覇に王手をかけている。先週のラジオNIKKEI賞を快勝したアンビシャスに続き、今週も音無厩舎の精鋭が福島で初タイトルをゲットする。

 夏の福島の開幕を飾った“後輩”に続く。同じ音無厩舎の3歳馬アンビシャスが、5日のラジオNIKKEI賞で重賞初制覇。今週は軌道に乗った5歳馬レコンダイトが、同じ福島のハンデGIIIで初タイトル奪取に挑む。

 「放牧に行っても太くなって帰ってこないところは、アンビシャスと似ているね。今年、いい成績を残しているように、この馬も使いつつ強くなっている」と音無調教師はうなずく。

 休養明け2戦目となった今年3月の但馬S(1600万下)を勝ってオープン入り。続く大阪−ハンブルクC(OP)でクビ差2着後、前走の目黒記念(GII)でも2着と重賞でも首位を争う実力を見せつけた。半姉はオークス馬サンテミリオンで、2010年のセレクトセール当歳にて7000万円(税抜き)で落札された良血馬が、ようやく本領を発揮してきた。

 さらに3走前から手綱をとるミルコ・デムーロ騎手が本格化をあと押し。以前は先行脚質だったが、「中団か、もっと後ろからしまいを生かす競馬で能力を引き出してくれた」と、今春の牡馬2冠を制した名手を称賛する。

 1週前追い切りで僚馬のクランモンタナに遅れたが、坂路4ハロン51秒7の自己最速タイをマーク。「調教は走るほうじゃないからね。いい状態はキープしている」と指揮官は状態に太鼓判を押す。「ハンデは1キロ増と思ったが(55キロで前走と)変わらなかった。直線の長いところを使ってきたので、(小回りの)福島はどうかだが、距離はベスト(2000メートルは過去3勝)だからね」と力を込める。

 オーナーの金子真人ホールディングスは、ラブリーデイデニムアンドルビーでワンツーを決めた宝塚記念に続いて、先週はウリウリでCBC賞をV。その追い風にも乗るレコンダイトが、みちのくで躍動する。 (森本昭夫)

★七夕賞の登録馬(想定騎手入り)はこちら

★音無厩舎の2頭出し

 レコンダイトの他に、音無厩舎はクランモンタナも七夕賞に出走させる。「ここにきて、良くなっている。馬体重が470キロ台なら」と音無調教師。こちらも重賞初Vの期待がかかる。ちなみに、今回同様に2頭出しだった2010年の七夕賞は11番人気のドモナラズが優勝して、1番人気のサンライズベガは3着だった。今年は果たして…。

サマー2000シリーズ

 七夕賞から2000メートルの重賞計5戦で獲得ポイントを競う。優勝馬陣営には褒賞金として馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が贈られる。

【3歳新馬】ネオヴァシュランが逃げ切り勝ち 2015年03月14日() 11:48

 14日の阪神4R3歳新馬(ダート1800メートル)は、武豊騎手騎乗の1番人気ネオヴァシュラン(牝、栗東・須貝尚介厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分54秒4(稍重)。

 発走直前に人気の一角だったエンパイアブルーが他馬に蹴られ競走除外になるアクシデント。ややスタートが遅れた一戦はネオヴァシュランが先手を取り、デンコウシュクワンダーヴィグルーがその直後に続く。さらにグランアトスマルイチウラノスらが好位集団を形成した。ネオヴァシュランはマイペースで逃げて直線も粘りをみせるが、デンコウシュクが外からじわじわと迫る。懸命に粘ったネオヴァシュランが何とかクビ差しのぎ切ってゴール。人気に応えて新馬勝ちを決めた。2着は9番人気のデンコウシュク。2着から5馬身離れた3着には7番人気のカフジエンパイアが入っている。

 ネオヴァシュランは、父エンパイアメーカー、母ピサノキャニオン、母の父サンデーサイレンスという血統。おじサンライズベガはGIII小倉大賞典の勝ち馬。

 武豊騎手は「スタートが速いし、スピードの違いでハナへ。道中は子供っぽくて物見も激しかったのですが、慣れればいろんな競馬ができると思います。能力がありますね」と素質に太鼓判を押していた。

★14日阪神4R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】ネオヴァシュラン2015年03月14日() 05:00

 【阪神4R】叔父に2011年の小倉大賞典を勝ったサンライズベガ。半兄キャニオンバレー(父シンボリクリスエス)はダート中距離を中心に準オープンで活躍中だ。体質的な弱さからデビューが遅くなったが、入厩後の動きは目立つ。1週前に52秒4、今週は51秒6と坂路で好時計を連発している。陣営も「初戦から楽しみ」と話しているように、500キロ台の大型馬でもいきなり好勝負になる。

[もっと見る]

【3歳新馬】しぶとく粘ったゴマスリオトコがV! 2015年03月07日() 11:05

 7日の阪神3R3歳新馬(ダート1200メートル)は、松若風馬騎手騎乗の5番人気ゴマスリオトコ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)がいったん前に出られながら差し返してV。タイムは1分12秒7(稍重)。

 内からゼクトが先頭に立ち、その外にゴマスリオトコビバリーヒルズが続く。その後ろにホオキパビーチモズアリュールセイマイスターなどが追走するが、4コーナーでは前の3頭が後続をやや離す形。直線に入ると、ゼクトをかわしてゴマスリオトコが先頭に立つが、手応え十分のビバリーヒルズがかわす。そのまま突き放すかと思われたが、ビバリーヒルズは鞍上の叱咤にもかかわらずモタついてしまい、逆にいったんかわされた内のゴマスリオトコはしぶとく伸び返す。結局、ゴマスリオトコが差し返して、クビ差でV。2着は2番人気のビバリーヒルズで、6馬身差の3着に6番人気のホオキパビーチが入っている。

 ゴマスリオトコは、父オレハマッテルゼ、母アッチッチ、母の父アフリートという血統。おじサンライズベガはGIII小倉大賞典の勝ち馬。

 松若騎手は「そこそこゲートを出てくれたので、いいポジションにつけることができました。直線は2着馬に一旦は前に出られましたが、よく差し返してくれましたし、根性のある馬ですね。もう少し距離が延びても対応できそうですし、まだ伸びしろがあると思います」とゴマスリでなく根性で差し返したパートナーを称賛していた。

★7日阪神3R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉大賞典】58キロでもブラックヒルが快勝 2015年02月22日() 15:31

 22日の小倉11Rで行われた第49回小倉大賞典(4歳上オープン、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円)は、秋山真一郎騎手騎乗の3番人気カレンブラックヒル(牡6歳、栗東・平田修厩舎)が早め先頭から押し切ってV。5度目の重賞勝ちを決めた。タイムは1分48秒3(重)。

 58キロを背負っても、ここでは負けられない。GI馬の貫禄を見せたカレンブラックヒルが積極的な競馬で快勝。重馬場を力強く押し切り、重賞5勝目を勝ち取った。

 レースは外からメイショウナルトが気合をつけて先行策。カレンブラックヒルは2番手に控え、ハナノシンノスケウインマーレライマデイラなどが続く。雨降りの重馬場だったが流れは速く、メイショウナルトは4コーナー手前で早くも失速。代わって先頭に立ったのはカレンブラックヒルで、道悪をものともせずに後続を振り切って逃げ込みを図る。早めに2番手に追い上げたマイネルミラノは逆に脚いろが鈍り、外からコスモソーンパークダコールが猛追したが、カレンブラックヒルがそのまま押し切ってV。1/2馬身差の2着が6番人気コスモソーンパークで、さらに1/2馬身差の3着に11番人気のダコールが入っている。

 カレンブラックヒルは、父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー、母の父Grindstoneという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、鈴木隆司氏の所有馬。通算成績は17戦7勝。重賞はGIIニュージーランドT、GI・NHKマイルC、GII毎日王冠(2012年)、GIIIダービー卿チャレンジT(14年)。平田修調教師は小倉大賞典初勝利。秋山真一郎騎手は11年サンライズベガに次いで2勝目。

 秋山騎手は「道中の手応えは良かったです。ただ、道中でちょっと他の馬の邪魔をしてしまったのは、よろしくなかったですね…。直線は馬が頑張ってくれたし、馬のプライドを守れたのはよかったです。もともと、デキさえ良ければもっともっと速く走れる馬ですから、これからも期待しています」といつも通りクールな表情でレースを振り返っていた。

★22日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ビッグロマンス、サンライズベガ登録抹消2012年07月14日() 05:01

 2010年の交流GI全日本2歳優駿を勝ったビッグロマンス(美・小笠、牡4)が、13日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は11戦3勝(うち地方2戦1勝)で、獲得賞金5504万3000円(うち地方3900万円)。重賞は1勝で、今年6月の安達太良S9着が最後のレース。今後は岩手の盛岡競馬へ移籍する予定。

 11年の小倉大賞典(GIII)を勝ったサンライズベガ(栗・音無、牡8)は14日付で抹消。通算41戦6勝で総獲得賞金は2億4585万3000円。8日の七夕賞16着が最後のレースとなった。今後は小倉競馬場で乗馬となる予定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズベガの関連コラム

閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 1

第324話 「新潟記念」


10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦
11年 36.1-48.9-34.1 =1.59.1 ▼5▼3△11 瞬発戦
12年 35.8-48.7-33.1 =1.57.6 ▼8▼6△16 瞬発戦
13年 35.6-48.6-34.7 =1.58.9 ▼5▼6△17 瞬発戦
14年 35.6-47.2-35.2 =1.58.3 ▼2▼6△13 瞬発戦

近年は大荒れ傾向にあった新潟記念ですが昨年は1番→5番→3番人気で決着していて比較的固めの決着となりました。
昨年とその前で違うのはレースの上りが35秒台と遅かったこと。
これはテン〜中盤が速くなかなか厳しい展開になったのが要因で前半1000mは例年よりも1秒以上速かったです。
単純に馬の底力や能力が問われたレースになったと思われます。
今年はどういう展開になるのか?
マイネルミラノが展開の鍵を握りそうなメンバー構成。
前走2番人気で挑んだ函館記念ではハイペースで逃げて8着に沈んでいるのでもう少しゆっくり行きたいと思っているかも?
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ナリタクリスタル  【瞬7平3消1】
ナリタクリスタル  【瞬7平4消2】
トランスワープ   【瞬6平2消1】
コスモネモシン   【瞬5平3消0】
マーティンボロ   【瞬5平3消0】
2着馬
トウショウシロッコ 【瞬8平4消0】
サンライズベガ   【瞬5平5消1】
タッチミーノット  【瞬6平2消0】
エクスペディション 【瞬4平5消1】
クランモンタナ   【瞬8平4消0】

コース適性は【瞬9平1消0】なので瞬発戦実績はまず必要でしょう。
但し、ロングスパート戦になりやすいレースなので平坦戦実績もある程度必要。
【瞬9平1消0】というよりは【瞬7平3消0】ぐらいでしょうか。

このレースはサマー2000シリーズの一つのレースであり前走小倉記念、函館記念、七夕賞のいずれかだった馬の成績は4-4-4-31となっており馬券の中心はこの組でしょう。
ここでポイントになるのは前走の展開と着順です。
前走のレースが瞬発戦だった場合、4着以内だった馬が新潟記念で3勝しています。
4着以内だった馬の成績は3-0-0-6。
6〜9着だった馬の成績は0-1-2-5とまずまずなので2〜3着であれば巻き返しは可能と言えそうです。
そして前走が平坦戦or消耗戦だった場合、4着以内だった馬は新潟記念では1頭も馬券になっていません。
4着以内だった馬の成績は0-0-0-8。

つまり、前走がサマー2000シリーズだった馬はそのレースが瞬発戦だった場合着順はある程度信用出来て平坦戦か消耗戦だった場合は疑ってかかるべしということになります。
今年は小倉記念は平坦戦、函館記念は消耗戦、七夕賞は平坦戦でした。
ということはその3つのレースでほどほど(5〜9着ぐらい?)に負けている瞬発平坦タイプの馬が狙い目となりそうです。
今年のメンバーでは
アーデントアルフレード、クランモンタナ
の3頭か。
次点ではパッションダンスマイネルミラノ
の2頭。
今年は3歳馬アヴニールマルシェマジェスティハーツダコールなど前走サマー2000シリーズ以外の馬が何頭か人気になりそうで上記の馬でも勝負出来そう。

イチオシはクランモンタナ。
昨年の2着馬で適性は十分。
このレースはナリタクリスタルサンライズベガといったリピーターが出やすいレースですしディープ×トニービンという血統もここはばっちり合いそう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クランモンタナアーデントパッションダンス

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2014年09月03日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第287話新潟記念(謎解き編)
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 3

第287話 「新潟記念」


09年 36.6-49.5-33.5 =1.59.6 ▼8▼5△18 瞬発戦
10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦
11年 36.1-48.9-34.1 =1.59.1 ▼5▼3△11 瞬発戦
12年 35.8-48.7-33.1 =1.57.6 ▼8▼6△16 瞬発戦
13年 35.6-48.6-34.7 =1.58.9 ▼5▼6△17 瞬発戦

直線で連続加速が生じる瞬発戦というのがスタンダードなレースでしょう。
但し、このレースのポイントはラスト4F目から11秒台に突入するということ。
コーナー2回の2000m戦というのが特殊でスタートしてから最初のコーナーまで948mとかなり長い。
これによって「コーナーまでにあの位置を」という様なポジション争いの可能性は低くテンは緩めになりやすい。
3〜4コーナーの下り坂の影響もあって早めのスパートが開始されるということだと思われます。

では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ホッコーパドゥシャ 【瞬7平7消0】
ナリタクリスタル  【瞬7平3消1】
ナリタクリスタル  【瞬7平4消2】
トランスワープ   【瞬6平2消1】
コスモネモシン   【瞬5平3消0】
2着馬
サンライズベガ   【瞬4平4消1】
トウショウシロッコ 【瞬8平4消0】
サンライズベガ   【瞬5平5消1】
タッチミーノット  【瞬6平2消0】
エクスペディション 【瞬4平5消1】

過去5年では4番人気以内の馬が1頭も絡まないという荒れっぷり。
コース適性は【瞬9平1消0】となっていますがロングスパート戦がポイントでもあるので瞬発戦実績だけではなく平坦戦実績も同時に重要という傾向です。
ナリタクリスタルサンライズベガというリピーターもいるのも注意ですね。
新潟芝2000m重賞で1度でも馬券になったことがある馬は人気がどうであれ押さえておきたいところ
今年の登録馬では
アスカクリチャンアドマイヤタイシダコールユールシンギング
の4頭。

このレースは瞬発力、持続力、高速馬場がポイントになるはず…なんですが…
ここ2年の勝ち馬がトランスワープコスモネモシン
とてもそんな感じの馬とは思えません。
どちらかといえば内回り小回りコース巧者で中山芝18〜20得意の馬という印象。
これが今のスタンダードなのか「たまたま」の2年だったのか、どう考えるかが重要となりそうです。

トランスワープコスモネモシンを狙え、という考えで行くと私のイチオシはアロマカフェ
内回り小回りコース巧者だが東京も1-4-1-8(複勝率42.9)と悪くはない成績。
こういう馬が来たりするのは近年の新潟記念かなと。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アロマカフェステラウインドアスカクリチャン

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年08月29日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第201話新潟記念(謎解き編)〜
閲覧 177ビュー コメント 0 ナイス 4

第201話 「新潟記念」


07年 35.1-47.2-35.5 =1.57.8 ▼1▼9△19 瞬発戦
08年 35.7-47.5-34.3 =1.57.5 ▼4▼8△11 瞬発戦
09年 36.6-49.5-33.5 =1.59.6 ▼8▼5△18 瞬発戦
10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦
11年 36.1-48.9-34.1 =1.59.1 ▼5▼3△11 瞬発戦

過去5年では瞬発戦が4回となっているがユメノシルシアルコセニョーラホッコーパドゥシャ、ナリタクリスタルという勝ち馬の名前を見ても分かる通り決して「斬れ者タイプ」の馬が勝利しているレースではありません。
実際上がり1位の馬の成績は1-1-0-4と1勝のみで以外の4勝は上がり4位以下の馬となっています。

このレースはラスト4F目から11秒台のラップに突入するロングスパート戦になる傾向にあります。
通常ロングスパート戦になると平坦戦になりやすいのですが新潟では直線が長いので瞬発戦になります。
ロングスパート戦なのに瞬発戦になる、というのがこの新潟記念であまり他のコースにはない傾向といえるでしょう。
このためナリタクリスタル、サンライズベガトウショウシロッコ、などのリピーターが存在するレースとなっています。
(今年登録のあるナリタクリスタル、セイクリッドバレーの2頭は過去馬券になっているので当然注意が必要でしょう)

では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ユメノシルシ    【瞬1平10消1】
アルコセニョーラ  【瞬5平2消0】
ホッコーパドゥシャ 【瞬7平7消0】
ナリタクリスタル  【瞬7平3消1】
ナリタクリスタル  【瞬7平4消2】
2着馬
トウショウヴォイス 【瞬2平0消0】
マイネルキッツ   【瞬7平1消1】
サンライズベガ   【瞬4平4消1】
トウショウシロッコ 【瞬8平4消0】
サンライズベガ   【瞬5平5消1】

ロングスパート戦+瞬発戦ということで瞬発戦平坦戦の両方で実績のある馬が連対している傾向です。
ラップ的にはラスト4F目から11秒台に突入しラスト1Fは12秒台というレースでの実績馬が多い感じです。

あと、血統的にはやはりグレイソヴリン。
過去5年では馬券になった15頭中8頭はグレイソヴリン持ちの馬となっていました。
「瞬発力」よりは「持続力」が重要ということなのでしょう。
そういう意味では過去馬券にはなっていませんがキンカメ産駒も適性があると思われます。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ナリタクリスタルセイクリッドバレーアスカクリチャン
素直にリピーター馬券で。
3番手はマイネイサベル(父グレイソヴリン系)と迷ったが…。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年02月01日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第171話小倉大賞典(謎解き編)〜
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 5

第171話 「小倉大賞典」

07年 35.5-35.3-36.0 =1.46.8 △4▼4▼1 平坦戦
08年 35.8-36.0-35.9 =1.47.7 ▼2△1△3 平坦戦
09年 35.0-35.0-34.9 =1.44.9 △1▼3△4 平坦戦
11年 35.0-35.1-35.2 =1.45.3 ▼1△2±0 平坦戦

見事なまでのワンペース平坦戦となっています。
テン、中盤、上がりのどれを見ても大きな数字の差がありません。

平坦適性(持続的な脚)、小回り適性

この2点が重要でそれ以外のファクターは軽視してもいいと思います。
ハンデ戦ということもあってハンデが人気に影響されるかもしれませんがこれだけ加速(ギア上げ)が不要のレースであればあまり関係ないでしょう。
そしてアサカディフィートが9歳、10歳で連覇していたり昨年は7歳馬のワンツーだったりで「年齢」も軽視していいでしょう。
瞬発力=斬れが不要なので高齢馬でも通用できます。
むしろ高齢馬の経験がプラスに転じるレースかもしれません。

過去の連対馬のラップギアを見てみると


アサカディフィート 【瞬1平13消1】
エイシンドーバー  【瞬4平5消1】
アサカディフィート 【瞬1平15消1】
マルカシェンク   【瞬3平2消0】
サンライズマックス 【瞬3平3消0】
ヤマニンキングリー 【瞬3平3消0】
サンライズベガ   【瞬5平4消1】
バトルバニヤン   【瞬7平4消0】

アサカディフィート以外は瞬発戦平坦戦両方のレース実績がある馬ばかりです。
この手のタイプの馬を主にピックアップし過去好走歴の多い
・芝1800〜2000m重賞連対経験
・小回り実績
の2点を加えるとある程度絞り込めるのではないかと思います。

条件に当てはまる馬はマヤノライジンダイシングロウ、キタサンアミーゴの3頭。
次点ではコスモファントムマイネルスターリーキングトップガンオースミスパークブロードストリートエーシンジーライン辺りになるでしょうか。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
キタサンアミーゴキングトップガンマイネルスターリー
持続脚となるとやっぱりグレイソヴリンな訳で。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年08月24日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第132話新潟記念(謎解き編)〜
閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 5

第132話 「新潟記念」

06年 35.0-47.5-34.7 =1.57.2 ▼2▼11△18 瞬発戦
07年 35.1-47.2-35.5 =1.57.8 ▼1▼9△19 瞬発戦
08年 35.7-47.5-34.3 =1.57.5 ▼4▼8△11 瞬発戦
09年 36.6-49.5-33.5 =1.59.6 ▼8▼5△18 瞬発戦
10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦


基本的には1分58秒前後の高速瞬発戦というレース。
・▼10前後の大きな加速
・連続した加速
の2点が生じやすい傾向にあります。
大きな加速に対応できる瞬発力とそれを持続できるスタミナ(長く脚が使える)というのがセットで必要なレースだと思われます。
それを象徴するのが血統。
過去5年の馬券になった15頭中8頭にはグレイソヴリン系の血が入ってました。
グレイソヴリンの血を持つ馬には注意が必要でしょう。
→サンライズベガ、セイクリッドバレーの2頭が該当

中盤が47秒前半だった06〜08年は上がり上位の差し馬が上位に入線しているが中盤が緩んだ09〜10年は先行馬が上位に入線している。
直線が長いので「前走の上がり」などに目が行くが、上記の通りある程度展開(特に中盤の速さ)に左右されるためそこは重視しなくてもいいでしょう。
今年のメンバーは逃げ馬不在、しかも先行馬も少ないのでスローの可能性が高く特に重視するファクターではないと思います。
→中心もしくは穴馬は先行馬、サンライズベガ、ミッキーペトラ辺りか?

近年では枠順に偏りがあります。
新潟開催も後半になり内の馬場も痛んできてます。
そえに加えて新潟コースはコーナーのRがきついため基本内枠でトビの大きな馬はマイナス要因となります。
過去5年では1〜2枠の馬は3着以内なし。
好成績なのは3〜4枠の中枠、過去5年では実に11頭も馬券になっていて複勝率は50%を超えています。
→3〜4枠は有利かも?

あとは斤量。
ハンデ戦ということもあって斤量で若干差が生じてきます。
そもそもこのレースはサマー2000シリーズの一つのレースであり前走七夕賞、小倉記念、函館記念という馬が多いです。
しかもそれらのレースも全てハンデ戦となっています。
そこで上位に入線した馬は基本斤量が重くなる訳で・・・


今回増 1-1-1-12 勝率6.7% 連対率13.3% 複勝率20.0%
同斤量 4-2-4-33 勝率9.3% 連対率14.0% 複勝率23.3%
今回減 0-2-0-28 勝率0.0% 連対率 6.7% 複勝率 6.7%

斤量の変わらない馬の方が好成績となっています。
これは新潟記念というレースが七夕賞や小倉記念とは求められる適性が異なるためそれらのレースで凡走に終わった馬の巻き返しがあるということが要因だと思われます。
→同斤量の馬は、オペラブラーボ、サンライズベガ、ナリタクリスタル、プティプランセス、ホワイトピルグリムミッキーペトラヤマニンキングリーワルキューレの8頭

全てにおいて名前の挙がったサンライズベガが◎候補。
あとは3〜4枠に入ればというところ。
近走大敗続きだがこのレースは過去3着、2着と適性の高いレースだけに巻き返しは可能でしょう。
(人気も過剰に巻き返す可能性もありますが・・・)

もう1頭プティプランセスを挙げたい。
1000万を勝ったばかりの馬だが前走同舞台でなかなか良い勝ちっぷり。
好調さと軽いハンデで格をカバー出来るかもしれません。
父はキンカメですがキンカメはグレイソヴリンに匹敵する持続脚の馬が多い。

セイクリッドバレーは新潟大賞典の勝ち馬でもあるし当然このレースでの適性は高い。
しかし、前走1600mである関屋記念を使ったというのがちょっと気にかかる。
軸とすれば不安。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
サンライズベガ→プティプランセス→エオリアンハープ
キンカメ祭りで。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年07月27日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第127話小倉記念(謎解き編)〜
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 6

第127話 「小倉記念」

06年 34.7-47.8-35.3 =1.57.8 ±0▼1△1 平坦戦
07年 34.9-48.5-35.3 =1.58.7 ▼2±0△5 平坦戦
08年 34.8-48.1-35.0 =1.57.9 ▼3△1△3 平坦戦
09年 34.7-47.8-35.8 =1.58.3 ▼1△2△6 平坦戦
10年 34.3-48.4-35.2 =1.57.9 ▼6△1△5 瞬発戦

昨年はラスト4F目まで12秒台のラップとなりレース傾向からすればレアケースの瞬発戦。
基本的にはロングスパート平坦戦になりやすい。
テンの3Fは34秒台とやや速く、向正面からゴールまでの超ロングスパート戦になることもあるのでローカル小回りコースにも関わらず中団からの差し馬の活躍が目立つ。


逃げ  0-0-0- 6 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%
先行  1-3-2- 9 勝率 6.7% 連対率 26.7% 複勝率 40.0%
中団  3-1-2-25 勝率 9.7% 連対率 12.9% 複勝率 19.4%
後方  0-0-1-20 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 4.8%
マクリ 1-1-0- 0 勝率50.0% 連対率100.0% 複勝率100.0%

但し、例年は小倉開催の3週目に行われていたこのレースですが今年は開幕週に変更となっている点に注意が必要。
先行争い激化でテンの3Fが33秒台にでもなれば話は別ですが前の馬が有利な可能性が高いと思われます。

ポイントは
・高速馬場(持ち時計)
・持続脚
・前有利


私の一押しはサンライズベガ。
今年2月の小倉大賞典の勝ち馬でもあり小倉コースは2-0-1-1と相性良し。
ここ2走は金鯱賞は不良馬場、七夕賞は荒れ馬場と流れに乗れず大敗続きだが開幕週で一変可能でしょう。
持続脚ということで血統的にはグレイソヴリン系の馬の好走率が高いレースですがこの馬の父はアドマイヤベガ
アドマイヤベガは母父にトニービンを持つ種牡馬。
瞬発力では他のサンデー系種牡馬には劣りますが持続脚勝負なら十分好戦可能でしょう。
昨年の勝ち馬のニホンピロレガーロの父もアドマイヤベガとなっています。

人気の一角イタリアンレッドは前走の七夕賞はハマッタ印象が強い。
荒れた外差し馬場で52kgの軽い斤量での差しきり。
持続脚があって小倉は得意コースでもあるので好戦可能だとは思いますが、前走の様に後方待機策では差し損ねるケースが考えられ人気ほどの信頼は置けないでしょう。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
サンライズベガコスモファントムキタサンアミーゴ


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンライズベガの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

サンライズベガの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  お茶目な悪魔   フォロワー:2人 2011年5月8日() 17:43:11
ローカルで買い
1:
     フォロワー:0人 2010年7月12日(月) 22:02:58
10/07/11 福島 七夕賞 GIII 芝2000 良
出遅れ。最後よく伸びている。

サンライズベガの写真

投稿写真はありません。

サンライズベガの厩舎情報 VIP

2012年7月8日七夕賞 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンライズベガの取材メモ VIP

2012年7月8日 七夕賞 G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。