コスモネモシン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  青鹿毛 2007年3月11日生
調教師清水英克(美浦)
馬主有限会社 ビッグレッドファーム
生産者富田 恭司
生産地様似町
戦績33戦[3-6-4-20]
総賞金21,241万円
収得賞金5,325万円
英字表記Cosmo Nemo Shin
血統 ゼンノロブロイ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
デュプレ
血統 ][ 産駒 ]
Singspiel
Child Prodigy
兄弟 プラントアゲンオウケンハナミズキ
前走 2014/01/25 京都牝馬ステークス G3
次走予定

コスモネモシンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
14/01/25 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 1661137.61015** 牝7 56.0 丹内祐次清水英克476(+6)1.34.1 1.134.2⑨⑨ウリウリ
13/12/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 1881645.3133** 牝6 55.0 丹内祐次清水英克470(-4)2.02.3 0.234.8④④④④フーラブライド
13/11/23 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 182338.589** 牝6 55.0 松岡正海清水英克474(+4)1.33.6 0.433.6⑫⑭サトノギャラント
13/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 135738.2104** 牝6 54.0 柴田大知清水英克470(+4)1.49.0 0.233.0ホエールキャプチャ
13/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 143465.3101** 牝6 52.0 松岡正海清水英克466(+4)1.58.9 -0.034.2⑨⑩エクスペディション
13/07/28 函館 11 クイーンS G3 芝1800 83341.477** 牝6 55.0 丹内祐次清水英克462(-10)1.50.6 1.238.0アイムユアーズ
13/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1661245.6916** 牝6 53.0 丹内祐次清水英克472(-12)2.01.7 3.138.2⑥⑥⑥⑨トウケイヘイロー
13/06/09 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 144669.41313** 牝6 55.0 和田竜二清水英克484(+22)2.00.7 1.336.0④④④④マルセリーナ
12/09/02 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 183582.21713** 牝5 54.0 丹内祐次清水英克462(-20)1.58.4 0.832.7⑯⑯トランスワープ
12/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 144511.0614** 牝5 55.0 柴田大知清水英克482(+20)1.48.4 1.236.1アイムユアーズ
12/04/21 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16126.942** 牝5 54.0 丹内祐次清水英克462(-6)1.46.3 0.234.3⑫⑫⑬⑫オールザットジャズ
12/03/11 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 167139.356** 牝5 55.0 丹内祐次清水英克468(-8)1.51.1 0.536.2⑭⑭⑪⑪レディアルバローザ
12/01/29 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 16357.747** 牝5 54.0 丹内祐次清水英克476(+12)1.34.6 0.835.5ドナウブルー
11/12/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 165108.433** 牝4 55.5 丹内祐次清水英克464(+4)1.59.6 0.234.8⑨⑨⑨⑦フミノイマージン
11/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 1871310.452** 牝4 54.0 丹内祐次清水英克460(+4)1.46.3 0.134.7ダイワファルコン
11/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1371016.184** 牝4 55.0 津村明秀清水英克456(-4)2.00.7 0.334.2⑩⑩⑨⑥トーセンジョーダン
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 1481438.0102** 牝4 55.0 丹内祐次清水英克460(+6)1.46.6 0.034.8⑬⑬⑬⑦アヴェンチュラ
11/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 17510114.81311** 牝4 55.0 松岡正海清水英克454(+2)1.33.2 1.336.2アパパネ
11/04/23 新潟 11 福島牝馬S G3 芝1800 163510.652** 牝4 54.0 丹内祐次清水英克452(+6)1.45.7 0.333.9⑧⑦フミノイマージン
11/04/02 阪神 12 中山牝馬S G3 芝1800 182433.1133** 牝4 55.0 松岡正海清水英克446(-14)1.45.9 0.535.0⑦⑧レディアルバローザ

⇒もっと見る


コスモネモシンの関連ニュース

 夏の新潟開催を締めくくるのは新潟記念(6日、GIII、芝・外2000メートル)。荒れるハンデ重賞として知られ、昨年のマーティンボロが勝つまで1番人気が12連敗していた。過去10年を見ても、アルコセニョーラコスモネモシンなど波乱の主役は牝馬。今週は紅一点のスイートサルサが激走する。

 高配当をゲットするには牝馬を狙え! 新潟記念はサマー2000シリーズ5競走の中で、17勝と牝馬が最も勝っている。過去10年では3勝しており、中でも2008年に16番人気で勝ったアルコセニョーラは3連単102万8690円を、13年に10番人気で勝ったコスモネモシンは3連単55万8010円を、それぞれ演出。今年はただ1頭の牝馬、スイートサルサが波乱を巻き起こす。

 前走のヴィクトリアマイルミナレットの逃げに翻弄されて、後方から伸びきれず12着。巻き返しに菊川調教師は自信をのぞかせる。

 「使う予定だった中山牝馬Sを(右肩跛行で)取り消して、福島牝馬Sを勝ってくれたけど、そこから中2週でGI。流れが向かなかったのも確かだけど、ローテーションもきつかった」

 春の疲れを休養でリフレッシュさせ、この一戦に向けて仕上げてきた。2日の追い切りはWコース5ハロン66秒9、ラスト1ハロン12秒9をマーク。「目いっぱいじゃないけど、それなりに時計も出ていい動きでした」と、状態はアップしているようだ。

 新潟は開催終盤で、先週あたりから差し馬の活躍が目立つ。アルコセニョーラヤマニンアラバスタ(05年Vの牝馬)、コスモネモシンも中団もしくは後方から差し切りを決めた。スイートサルサも33秒台の末脚が武器で長い直線を生かす。

 「東京で走っているし新潟も勝っている。牡馬が相手で骨っぽいけど、今回の結果次第で秋の選択肢が広がるからね」

 秋に再びGIにチャレンジするためにも、菊川師に気合が入る。夏競馬の最後に新潟からドカンと大きな万馬券の花火をスイートサルサがぶち上げてくれそうだ。 (柴田章利)

新潟記念の出馬表はこちら

コスモネモシンが引退 繁殖入り2014年1月30日(木) 14:44

 昨年の新潟記念など重賞2勝をあげたコスモネモシン(美浦・清水英克厩舎、牝7歳)が30日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は33戦3勝。重賞勝ちは2010年GIIIフェアリーSと、前記新潟記念の2勝だった。獲得賞金は2億1241万8000円(付加賞含む)。25日の京都牝馬S15着がラストランとなった。

 今後は北海道新冠郡のビッグレッドファーム明和に移動。繁殖牝馬となる。

[もっと見る]

【愛知杯】伏兵フーラブライド3連勝で重賞初V! 2013年12月14日() 15:48

 14日の中京11Rで行われた第51回愛知杯(3歳上牝馬オープン、GIII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=3500万円)は、酒井学騎 14日の中京11Rで行われた第51回愛知杯(3歳上牝馬オープン、GIII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=3500万円)は、酒井学騎手騎乗の12番人気フーラブライド(4歳、栗東・木原一良厩舎)が直線で差し切り重賞初制覇。タイムは2分2秒1(良)。

 勢いに乗った上がり馬が、一気に重賞の壁まで突破した。500万下、1000万下を連勝して格上挑戦に踏み切った伏兵フーラブライドが、50キロの軽ハンデを生かして堂々の差し切り勝ち。並み居る実績馬を破って、大金星をあげた。

 レースはセキショウが外からハナを切り、ウエスタンレベッカマコトブリジャールが2、3番手に続く。人気のスマートレイアーは5番手のインを追走した。平均ペースで流れ、ハンデ戦らしく4コーナーを回ったところで各馬が一団となって直線へ。好位からウエスタンレベッカが抜け出しを図るが、4番手からコスモネモシンもこれに並びかける。さらにキャトルフィーユもしぶとい伸びを見せるが、これらを外から一気に差し切ったのがフーラブライド。初勝利までに13戦を要した遅咲きの鹿毛馬が、力強いフットワークで突き抜けた。3/4馬身差の2着が14番人気のキャトルフィーユ。さらに1/2馬身差の3着が13番人気のコスモネモシンで、5着までに入った馬がすべて8番人気以下という大波乱の決着となった。

 フーラブライドは、父ゴールドアリュール、母ヒカルカリーナ、母の父メジロマックイーンという血統。北海道登別市・青藍牧場の生産馬で、吉田和子氏の所有馬。通算成績は26戦5勝。重賞初勝利。木原一良調教師、酒井学騎手ともに愛知杯初勝利。

 酒井騎手は「仕掛けていくと力むので、そっと出して、馬の後ろに入れると我慢してくれました。外から馬が来た時に追い出しましたが、うまく脚をためることができたぶん、しっかりと伸びてくれましたね。馬も力をつけています」とにこやかにレースを振り返っていた。

★14日中京11R「愛知杯」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【次走報】コスモネモシン、府中牝馬Sへ2013年9月12日(木) 05:01

 ★…紫苑S2着リボントリコロール(美・菊沢隆、牝3)は、予定通り秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)へ。

 ★…セントウルS11着モグモグパクパク(美・高橋祥、牡3)は、信越S(10月6日、新潟、OP、芝1400メートル)へ。

 ★…新潟記念勝ちのコスモネモシン(美・清水英、牝6)は、府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)へ。僚馬で丹頂S7着コスモロビン(牡5)は、北海道・ビッグレッドファーム明和で放牧中。次走はアルゼンチン共和国杯(11月3日、東京、GII、芝2500メートル)。

 ★…京成杯AH10着ルナ(美・杉浦宏、牡4)は、カシオペアS(10月27日、京都、OP、芝1800メートル)など関西のレースが視野に。12着インパルスヒーロー(美・国枝栄、牡3)は、富士S(10月19日、東京、GIII、芝1600メートル)か、スワンS(10月26日、京都、GII、芝1400メートル)。

 ★…NHKマイルC勝ち馬でダービー15着後は休養しているマイネルホウオウ(美・畠山吉、牡3)は、14日に北海道・ビッグレッドファーム真歌から帰厩。予定通り、毎日王冠(10月6日、東京、GII、芝1800メートル)で復帰する。僚馬アカンサス(牝5)は、アイルランドT(10月13日、東京、OP、芝2000メートル)か、府中牝馬S

[もっと見る]

【新潟記念】ネモシンV!松岡「天才騎乗」で導く 2013年9月2日(月) 05:06

 第49回新潟記念(1日、新潟11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝・外2000メートル、1着本賞金4000万円=出走14頭)サマー2000シリーズの最終戦は、松岡正海騎乗の10番人気コスモネモシンが、中団から力強く伸びてV。重賞2勝目は、3年8カ月ぶりの勝利だった。タイム1分58秒9(稍重)。2着はエクスペディション、3着はファタモルガーナ。1番人気のニューダイナスティは5着に敗れた。シリーズは22ポイントを獲得したトウケイヘイローが優勝した。

 もがいていた人馬が、恵みの雨で復活を遂げた。6歳牝馬コスモネモシンが、タフな芝コースで牡馬を一蹴。2010年フェアリーS以来、3年7カ月21日ぶりとなる勝利を重賞で飾った。

 「最後の脚は持っているし、折り合いに一番気をつけて乗った。こういう馬場は得意なので先に抜け出せればと思った」

 派手なガッツポーズを決めた松岡が、してやったりの表情で振り返る。

 2年4カ月ぶりの手綱に「マイネイサベル府中牝馬Sなど重賞3勝)くらい能力がある馬。いい意味で変わっていない」と手応えをつかんでいた。後方の内で折り合って直線でも内を突き、逃げるエクスペディションをクビ差かわした。

 今年の重賞3勝目を「天才騎乗」と自画自賛する松岡は「こういうこと言っちゃうのがダメなんだよな」とちゃめっ気たっぷりに笑う。夏競馬は8勝にとどまったが、「秋に頑張りたい」と反撃への足がかりとする。

 「ジョッキーがうまく乗ってくれました。信じるものは勝つ」と人馬をたたえる清水英調教師も復活の兆しを感じていた。前走時の追い切りはWコース入りを40分も嫌がったが、今回は坂路に替えてスムーズに入った。そして朝からの雨。「(元騎手で)調教助手の(嶋田)高宏が工夫してくれた。ハンデは軽いし、こういう馬場はいいと思った」とうなずく。

 牡馬ではダンスインザモアが重賞勝利間隔で5年8カ月ぶりのVを決めているが、牝馬では最長(1984年以降)。消長の激しい牝馬を復活させたのは陣営の努力にほかならない。

 次走は未定ながら「もうひと花さかせたい」とトレーナー。雨模様だった競馬場には最終レースが終わるころ、雲の切れ間から青空が顔を出してきた。ネモシンの明るい未来を示しているかのようだった。 (森田実)

★1日新潟11R「新潟記念」の着順・払戻金はこちら

コスモネモシン

 父ゼンノロブロイ、母デュプレ、母の父シングスピール。青鹿毛の牝6歳。美浦・清水英克厩舎所属。北海道様似町・富田恭司氏の生産馬。馬主は(有)ビッグレッドファーム。戦績29戦3勝。獲得賞金は1億9712万4000円。重賞は2010年GIIIフェアリーSに次ぐ2勝目。清水英克調教師、松岡正海騎手ともに新潟記念は初勝利。

[もっと見る]

【新潟記念】6歳牝馬ネモシン3年8カ月ぶりV 2013年9月1日() 16:04

 1日の新潟11Rで行われた第49回新潟記念(3歳上オープン、GIII、芝2000メートル、14頭立て、1着賞金=4000万円、サマー2000シリーズ第5戦)は、松岡正海騎手騎乗の10番人気コスモネモシン(牝6歳、美浦・清水英克厩舎)がゴール前で差し切り、3歳年明けのフェアリーS以来、実に3年8カ月ぶりの勝利で波乱を巻き起こした。タイムは1分58秒9(稍重)。

 不振にあえいでいた6歳牝馬が、夏の新潟でアッと驚く大変身を遂げた。混戦のハンデ戦を制したのは、伏兵コスモネモシン。狙いすましたイン待機策から、直線で鮮やかに差し切って久々の重賞Vを飾った。

 逃げる姿勢を見せる馬がいない中、意を決したようにエクスペディションが先頭に立つ。同枠、同厩舎のニューダイナスティが2番手につけて、トレイルブレイザーサンシャインなどが好位を追走。淡々とした流れになって、直線に向いてもエクスペディションが内ラチ沿いでしぶとい粘りを見せる。外に持ち出した差し馬は伸びを欠き、唯一前に襲いかかったのがコスモネモシンだった。道中は最内で折り合いに専念。直線でバラけた馬群の内から抜け出すと、エクスペディションに馬体を併せての叩き合いに持ち込んで、ゴール前でクビ差かわした。8番人気エクスペディションが2着に粘り、早めに仕掛けた7番人気のファタモルガーナが3着。

 コスモネモシンは、父ゼンノロブロイ、母デュプレ、母の父Singspielという血統。北海道様似町・富田恭司氏の生産馬で、(有)ビッグレッドファームの所有馬。通算成績は29戦3勝。重賞はGIIIフェアリーS(2010年)に次いで2勝目。清水英克調教師、松岡正海騎手ともに新潟記念初勝利。

 松岡騎手は「折り合いの難しいところがあるので、そこだけ注意していました。こういう馬場は得意だったので、よかったです。(内の馬が粘っていたが)先に前に出られれば、と思っていたので、何とか出てくれました。もともと能力が高かった馬ですし、これがいいきっかけになればと思います。(自分自身は)夏がダメだったので、秋は頑張ります」と人馬とも夏のラストウイークに存在感をアピールしていた。

★新潟11R「新潟記念」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモネモシンの関連コラム

閲覧 237ビュー コメント 0 ナイス 3

第287話 「新潟記念


09年 36.6-49.5-33.5 =1.59.6 ▼8▼5△18 瞬発戦
10年 36.2-47.9-34.3 =1.58.4 ▼3▼1△12 平坦戦
11年 36.1-48.9-34.1 =1.59.1 ▼5▼3△11 瞬発戦
12年 35.8-48.7-33.1 =1.57.6 ▼8▼6△16 瞬発戦
13年 35.6-48.6-34.7 =1.58.9 ▼5▼6△17 瞬発戦

直線で連続加速が生じる瞬発戦というのがスタンダードなレースでしょう。
但し、このレースのポイントはラスト4F目から11秒台に突入するということ。
コーナー2回の2000m戦というのが特殊でスタートしてから最初のコーナーまで948mとかなり長い。
これによって「コーナーまでにあの位置を」という様なポジション争いの可能性は低くテンは緩めになりやすい。
3〜4コーナーの下り坂の影響もあって早めのスパートが開始されるということだと思われます。

では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ホッコーパドゥシャ 【瞬7平7消0】
ナリタクリスタル  【瞬7平3消1】
ナリタクリスタル  【瞬7平4消2】
トランスワープ   【瞬6平2消1】
コスモネモシン   【瞬5平3消0】
2着馬
サンライズベガ   【瞬4平4消1】
トウショウシロッコ 【瞬8平4消0】
サンライズベガ   【瞬5平5消1】
タッチミーノット  【瞬6平2消0】
エクスペディション 【瞬4平5消1】

過去5年では4番人気以内の馬が1頭も絡まないという荒れっぷり。
コース適性は【瞬9平1消0】となっていますがロングスパート戦がポイントでもあるので瞬発戦実績だけではなく平坦戦実績も同時に重要という傾向です。
ナリタクリスタルサンライズベガというリピーターもいるのも注意ですね。
新潟芝2000m重賞で1度でも馬券になったことがある馬は人気がどうであれ押さえておきたいところ
今年の登録馬では
アスカクリチャンアドマイヤタイシダコールユールシンギング
の4頭。

このレースは瞬発力、持続力、高速馬場がポイントになるはず…なんですが…
ここ2年の勝ち馬がトランスワープコスモネモシン
とてもそんな感じの馬とは思えません。
どちらかといえば内回り小回りコース巧者で中山芝18〜20得意の馬という印象。
これが今のスタンダードなのか「たまたま」の2年だったのか、どう考えるかが重要となりそうです。

トランスワープコスモネモシンを狙え、という考えで行くと私のイチオシはアロマカフェ
内回り小回りコース巧者だが東京も1-4-1-8(複勝率42.9)と悪くはない成績。
こういう馬が来たりするのは近年の新潟記念かなと。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アロマカフェステラウインドアスカクリチャン

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年9月3日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜嵐山プロ、kmプロ、佐藤洋一郎プロらがスマッシュヒットを記録!
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、31(土)に函館競馬場でG3札幌2歳ステークスが、1(日)には小倉競馬場でG3小倉2歳ステークス、新潟競馬場でG3新潟記念の3重賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G3札幌2歳ステークスは、横殴りの大雨の中不良馬場でスタート。重く非常に時計の掛かる極悪馬場を、逃げたマイネグレヴィルと、レッドリヴェールの2頭が抜け出して直線の叩き合いに。直線半ばを過ぎて外のレッドリヴェールマイネグレヴィルを競り落とすと、最後盛り返す粘り腰を見せたマイネグレヴィルをクビ差封じて優勝。7馬身離れた3着には、4角3番手内のポジションから粘り込んだハイアーレートが4着以下を大きく離して入っています。
公認プロ予想家の中では、夢月プロスガダイプロ導師嵐山プロ仲谷光太郎プロが的中をマークしています。
1(日)に行われたG3小倉2歳ステークスは、ハナを切った1番人気ベルカントが先頭のまま直線へ。2番手グループからホウライアキコが内を通って徐々に差を詰めて、内外分かれての叩き合いに。残り100mを切ってホウライアキコがぐいっと前に出て1馬身1/4差をつけてV。2着はベルカントホウライアキコの直後の位置取りから直線最内を伸びたラブリープラネットが3着に入っています。
公認プロ予想家の中では、伊吹雅也プロ岡村信将プロ河内一秀プロサラマッポプロ他計9名が的中をマークしています。
一方のG3新潟記念は、逃げたエクスペディションを直線を向いてコスモネモシンが追う展開。残り200m手前でこの2頭が横並びとなると、後続勢はやや離されて苦しい展開。馬場の中ほどを伸びたファタモルガーナが懸命に末脚を伸ばしますが3着まで。エクスペディションコスモネモシンの叩き合いは、伏兵コスモネモシンがクビ差制して3年7か月ぶりの勝利を飾っています。
その他ではkmプロ佐藤洋一郎プロ3連単プリンスプロきいいろプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
31(土)小倉11Rで馬連398.7倍を○◎的中し、23万9220円を払戻し!さらに、1(日)の新潟4Rでも◎○☓で馬連&3連複計41万6940円払戻しのスマッシュヒットを記録!土日トータルでは回収率106%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
31(土)の函館10Rで3連単1618.3倍馬券を200円分的中。32万3660円の払戻しをマークしました!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
31(土)函館10Rで単勝&3連単をゲットし計17万9430円払戻しのスマッシュヒット。1(日)には小倉7Rで3連単10万1610円馬券的中を記録しています!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
31(土)新潟6Rで14万6000円払戻しのスマッシュヒットを記録!1(日)新潟2Rでも14万5000円の払戻しをマークした先週は、土日トータル回収率100%を達成しています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
1(日)の新潟6Rで馬連&単勝を的中。計10万1900円の払戻しをマークしています!

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
1(日)函館7Rで3連単10万3550円馬券を的中。

他には、仲谷光太郎プロ(135%)、シムーンプロ(119%)、河内一秀プロ(109%)、霧プロ(106%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年7月24日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第246話クイーンS(謎解き編)〜
閲覧 270ビュー コメント 0 ナイス 7

第246話 「クイーンS


08年 36.2-36.4-35.5 =1.48.1 △1▼3△7 平坦戦
09年 35.5-36.8-35.9 =1.48.2 ▼3±0△2 平坦戦
10年 36.2-36.4-35.0 =1.47.6 ▼2▼6△8 瞬発戦
11年 35.1-35.2-36.3 =1.46.6 △2▼1△2 平坦戦
12年 35.8-36.3-35.1 =1.47.2 ▼3△1△1 平坦戦

10年以前は8月開催だったこのレースですが昨年は7月の2週目開催に変更となりました。
今年は更に早くなって開幕週の開催に変更となりました。
単純に内枠先行有利にはなるでしょう。

(注)
【追記】
今年は函館開催でした。
ちょっと考え直して出直してきます。
すいません。

過去5年では平坦戦4回で瞬発力はあまり問われないレース。
やはり小回り平坦向きのレースになるのでしょうか。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヤマニンメルベイユ 【瞬3平4消1】
ピエナビーナス   【瞬1平3消1】
アプリコットフィズ 【瞬1平2消0】
アヴェンチュラ   【瞬2平1消0】
アイムユアーズ   【瞬2平2消1】
2着馬
レジネッタ     【瞬1平2消0】
ザレマ       【瞬6平3消0】
プロヴィナージュ  【瞬2平5消1】
コスモネモシン   【瞬3平2消0】
ラブフール     【瞬5平2消1】

やはり瞬発戦平坦戦両方に実績のある馬というのが狙い目となります。
札幌コースはローカルの中でもコーナーのRが緩いので小回り適性よりも平坦戦実績を重視したい感じです。

あとは(開幕週とはいえ)札幌の洋芝なのでパワーは必要でしょう。
上記の連対馬10頭中アプリコットフィズザレマコスモネモシン以外の7頭には札幌or函館or福島コースでの勝利経験がありました。
ザレマも勝利経験はありませんが福島牝馬S3着の実績がありましたし、アプリコットフィズコスモネモシンの2頭に関しては札幌or函館or福島コースでの出走経験がありませんでした。
この辺りは注意が必要でしょう。
今年の登録メンバーで札幌or函館or福島コースで勝利経験がある馬は
アイムユアーズオールザットジャズスピードリッパークィーンズバーンキャトルフィーユ
の5頭です。
マイファーストラヴコスモネモシン
の2頭には2着の経験があります。
ということで多くの馬がこの条件をクリアしてしまうので他のファクターをみてみましょう。

【年齢別成績】
3歳   3-1-1-10 勝率20.0% 連対率26.7% 複勝率33.3%
4歳   0-1-2-16 勝率 0.0% 連対率 5.3% 複勝率15.8%
5歳   1-3-2-19 勝率 4.0% 連対率16.0% 複勝率24.0%
6歳   1-0-0- 8 勝率11.1% 連対率11.1% 複勝率11.1%
7歳以上 0-0-0- 1 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%

3歳馬が優勢という傾向です。
斤量が軽いことが要因だと思います。
但し、3歳馬優勢とはいえ馬券になったのは4番人気以内だった馬(連対となれば2番人気以内)というのは注意が必要でしょう。
(今年の3歳馬は人気はあまりなさそうだが…)

あと、開幕週を重視するなら昨年の1レースだけを参考にすると
・母父キングマンボ系(ワンツーはエルコンドルパサー
・中央では阪神中山の急坂コース勝利経験あり
という馬が1〜3着となっていました。

今年の登録メンバーは適性のある馬ばかりという印象。
今年の一番のポイントはマルセリーナの取捨選択ではないかと思います。
札幌or函館or福島コースでの出走経験がない馬で外回りコースの桜花賞を勝った馬。
普通に考えて軽視したいところですが前走マーメイドSで久々の勝利。
内回りコースの▼4△3△2の平坦戦でした。
桜花賞馬ではありますが古馬になって中距離の内回り向きにシフトしている可能性も考えられます。
(というよりも本来の適性がこっち向きだったかもということ)
マルセリーナは4勝のうち3勝は阪神コース。
しかも勝利した桜花賞は11.8-11.3-12.0-12.1と上がりの掛かるレースでした。
半弟のグランデッツァ(父タキオン)が札幌2Sの覇者という血統構成などからするとパワーは十分あるはずでこの舞台は向いているかも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クィーンズバーンマルセリーナアイムユアーズ
これだけマルセリーナのことを書いておきながら本命はクィーンズバーン(汗)
逃げ切りを期待。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2011年4月8日(金) 21:00 ター坊
〜ター坊の注目予想家紹介〜 先週好結果のプロ!
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 3

桜花賞は絶好調の公認プロ予想家軍団にまかせろ!


先週の公認プロ予想家軍団は、
大波乱となった中山牝馬Sで244万馬券的中させてブ厚い帯封をゲットしたdream1002プロとkmプロや、
人気薄のダークシャドウが突っ込んだ大阪杯で驚異の的中を見せたスガダイプロなど、
プロの名に恥じない見事な予想をお届けしました。

今週の桜花賞も公認プロの予想にお任せください。

それでは、今週オススメの公認プロ予想家を抜粋してご紹介しますので、
ぜひご注目ください。


↓中山牝馬Sで244万6260円を大的中!◎dream1002プロ

先週は大波乱となった中山牝馬Sで、
244万6260円を大的中させる衝撃の予想を披露。

10番人気、14番人気、13番人気馬の激走を見抜いた予想力は見事です。

さらに先週は、21万馬券、5万馬券など合計6本の万馬券を的中の快挙。

今週も攻撃予想から目が離せません。

▼dream1002プロの予想はこちらをチェック!(PC)


↓回収率1052%、171万3500円の特大プラス!◎kmプロ

先週のkmプロは、
中山牝馬Sにて13番人気3着のコスモネモシンを本命に3連複28万5120円を大的中! 

なんと171万720円の払い戻しを獲得しました。

これぞkmプロの真骨頂、今週も要チェックです。

▼kmプロの予想はこちらをチェック!(PC)


↓衝撃の完全予想!大阪杯を◎○△で大的中!◎スガダイプロ

先週は勝負レースの大阪杯を◎○△で大的中!

ヒルノダムールの本命はともかく、
8番人気のダークシャドウに○を打った予想は圧巻!

馬連6910円(5点)、3連複1万390円(4点)、ワイド1650円(1点)的中と、
まさに常勝男の本領発揮、このレースだけで10万円を超える払戻を獲得しました。

先々週の高松宮記念とスプリング的中に続く好成績で、
重賞成績は的中率44.7%、回収率161%、プラス20万8460円の好成績を記録。

驚異的な好成績を記録する重賞予想は今週も大注目です!

▼スガダイプロの予想はこちらをチェック(PC)


↓的中率38%、回収率152%!神の阪神予想は必見!◎古澤秀和プロ

先週は得意の阪神開催で的中率38%、回収率152%、12万4600円のプラスを達成!

とにかく当たる阪神予想は参考になること間違いありません!

▼古澤秀和プロの予想はこちらをチェック!(PC)


↓中山牝馬Sで28万5120円的中!◎☆まんでがんプロ

先週の中山牝馬Sは、
13番人気3着コスモネモシンを◎、
14番人気2着フミノイマージンを▲に指定し、
3連複28万5120円を的中させました。

勝負強い予想は今週も必見です!

▼☆まんでがんプロの予想はこちらをチェック!(PC)


今週も帯封獲得なるか? 

桜花賞はどんな的中を見せるのか? 

最強の公認プロ予想家軍団に注目です!



※リンク先はすべてPCのみです。モバイルの方は、お手数ですがトップページのプロ予想DXからアクセスしてください。

[もっと見る]

2011年4月3日() 10:50 ター坊
〜ター坊の注目予想家紹介〜 土曜好結果のプロ!
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 2

出た〜!

衝撃の244万6260円馬券的中!

土曜に行われた中山牝馬Sは244万馬券が飛び出す大波乱でした。

しかしそんな大波乱レースを仕留めたのが、
Dream1002、km、☆まんでがんプロ達…

衝撃の土曜結果をご覧ください!


☆☆☆ 日曜の注目プロ ☆☆☆


→dream1002プロ

土曜は中山牝馬Sの244万6260円馬券を的中!

10番人気のレディアルバローザに○
13番人気のコスモネモシンに▲を打つ攻撃予想での快挙でした。

日曜も必見です!

▼dream1002プロの予想はこちらをチェック!(PC)


→kmプロ

大波乱の中山牝馬Sでは、
13番人気のコスモネモシンに◎をうち、
3連複28万5120円を的中!

払戻額は171万720円に達しました!

▼kmプロの予想はこちらをチェック!(PC)


→☆まんでがんプロ

中山牝馬Sを勝負レースで提供。

13番人気3着のコスモネモシンに◎をうち、
3連複28万5120円をズバリ的中!

▼☆まんでがんプロの予想はこちらをチェック!(PC)


→古澤秀和

得意の阪神予想が大爆発!
的中率41%、回収率200%でプラス12万400円を獲得!

▼古澤秀和プロの予想はこちらをチェック!(PC)


→岡村信将プロ

土曜は阪神6Rで8番人気カーマインの単勝をずばり的中させ、
7万7200円を獲得するなど好成績でした。

▼岡村信将プロの予想はこちらをチェック!(PC)


→【U指数】3連単プリンス

小倉10R芝桜賞39万9260円的中!

▼【U指数】3連単プリンスの予想はこちらをチェック!(PC)


→【U指数】3連複プリンセス

回収率179%でプラス3万5100円獲得!

▼【U指数】3連複プリンセスの予想はこちらをチェック!(PC)


→【U指数】馬単マスター

的中率43%、回収率208%達成!

▼【U指数】馬単マスターの予想はこちらをチェック!(PC)


【U指数】をマスターする3名も、それぞれが見事な予想を披露しました。


以上です。

日曜もぜひご期待ください。


※リンク先はすべてPCのみです。モバイルの方は、お手数ですがトップページのプロ予想DXからアクセスしてください。

[もっと見る]

2011年4月1日(金) 23:07 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 4月2・3日分
閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 14

みなさん、こんにちは!

多忙につき、重賞の予想だけの簡易版です。
やはり関東馬を贔屓しちゃいます♪

土曜阪神11R 日経賞
トゥザグローリー
ペルーサ
ビッグウィーク
ローズキングダム
堅い予想でつまらないが。

土曜阪神12R 中山牝馬S
ワイルドラズベリー
レディアルバローザ
ヒカルアマランサス
コスモネモシン
CWで終い切れる調教連発のワイルドラズベリー本命。ハンデも手頃。
相手はDPで馬なりで好時計を出したレディアルバローザ
単穴は斤量は不安だが、DPでは引き続き動いているヒカルアマランサス
人気薄ではポリトラックで好時計連発のコスモネモシン

日曜阪神11R 産経大阪杯
ダイワファルコン
ダークシャドウ
キャプテントゥーレ
リディル
格下だがウッドで動いている関東の4歳馬2頭に期待。

日曜阪神12R ダービー卿チャレンジ
ダンツホウテイ
キョウエイストーム
スマートステージ
ブリッツェン
本命はCWで引き続き動いているダンツホウテイ
対抗はコースは不安だが調教はウッドで動いているキョウエイストーム
単穴は出来は平行線だが決め手のあるスマートステージ
人気薄では美浦ウッドで引き続き動いており、斤量減が魅力のブリッツェン


斤量を背負う実績馬の取捨が難しそうですね^^;

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモネモシンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 10ビュー コメント 0 ナイス 0

枠順も確定してますし、前日でもありますので全頭ざっといきましょう。

(1)コスモネモシン
桜花賞は9着とはいえ0.4秒差の競馬。着順ほどは負けておらず、自身もそれなりに脚は使っている。
スローの内枠で窮屈な競馬を強いられた部分もあり、悲観するほどの内容ではない。
ただし、時計のかかる馬場や上がりのかかる競馬で差し込んでくるタイプのようにも思え、今の府中でパンパン馬場だと厳しい。
血統的にもタイプ的にも距離延長はむしろ好材料。不良馬場での勝ちもあり、雨で馬場が悪化するようなら一気に浮上の余地がある。

(2)アグネスワルツ
前走のフローラSの2着は相手に恵まれた感もあったが、骨折明けで5ヶ月ぶりを考えれば上々の内容。
楽に先手が取れ、スピードがあって折り合いも付く。スローに落として終いもうひと伸びするセンスの良さも評価できる好素材だが、
さらに距離が延びるこの舞台で同じような競馬ができるかは不安なところ。
血統的にも2000mぐらいまでがギリギリな感もあり、馬場が渋ってスピードが殺されるようだと不安も増す。

(3)アプリコットフィズ
5着に敗れた桜花賞は、楽に好位を進みながらも直線伸びきれずに完敗の形。
初の関西遠征で体調面にも問題があったのかもしれないが、終いもバテているわけではなく、スローの瞬発力勝負にも対応しきれなかった部分がありそうだ。
今回も同じような流れになると苦しくなるが、血統的にはこの舞台でこそと言える馬でもあるし、実績のある府中に戻って自分の形でスパートできれば逆転があっても驚けないところ。
ただし、これ以上馬体が減るようだと割引き。

(4)ショウリュウムーン
桜花賞のゴール前で最も脚色が目立ったのがこの馬。
直線半ばでラチ沿いから外に持ち出すという窮屈なレースを強いられながら、0.2秒差まで詰めた内容は高く評価できるもの。
重馬場専用タイプでは? との評価も覆し、速い時計への対応力を示せたことも大きな収穫であったと言え、
雨が降ったら降ったで、アパパネを破ったチューリップ賞での成果が大きく活きてくることになる。
掛かるタイプでもないし、脚質的にも血統的にも府中の2400mは絶好の舞台。上位陣をまとめて負かす可能性は十分にある。

(5)ギンザボナンザ
コスモネモシン同様、桜花賞7着は0.4秒差。
メンバー中2位の上がりを使って追い込んではきたものの、ゴール前では前と同じ脚色になってしまったのを見ると、意外と長い脚が使えないタイプとも思える。
未勝利勝ちは府中だが、クイーンCは1.2秒差の7着。500万とオープン勝ちはともに中山でのものであり、小回りで一瞬の脚を活かす競馬が合っているのかもしれない。



ちょいと中断。
続きはまたあとで。

 ふれいず 2010年4月9日(金) 17:47
【今週のレース展望】〜桜花賞〜
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 0

週明けの時点での特別登録場を見て、その週の注目レースや注目馬についての展望をしていこうと思っています。
今週は既に枠順が確定しちゃったりもしておりますが、これはあくまで展望という感じで。

さぁ、いよいよ春のクラシック第一弾となる桜花賞。
今年が二世代目となるキングカメハメハの産駒が4頭、ゼンノロブロイの初年度産駒が3頭登録しており、今をときめく新鋭種牡馬の産駒が目に付く。
こういった年のクラシックは、その年のトレンドともいえる種牡馬がクラシック戦線を席巻する場合も多いため、これらの産駒には注目してみたいところ。

そんな中、キングカメハメハ産駒初のGI馬となったアパパネが1番人気になりそうではあるが、この馬とてまだ重賞1勝であり、そもそも今年のメンバーの中には重賞2勝以上の馬はゼロ。
前哨戦でも1番人気が全て敗れ去っているように(クイーンCは1番人気が勝利だが)、混戦と見た方が良さそうな感も。

<注目馬>
・アパパネ
阪神JF勝ち馬であり、実績的にはもちろんNO.1。
今回も栗東で調整されており、美浦からの長距離輸送がないのはかなりの好材料。
未勝利を勝ち上がったばかりのショウリュウムーンに敗れた前走には満足できないが、余裕残しのステップレースでもあっただろうし、切れ味を身上とするこの馬には厳しい馬場でもあった。
前述の通り、今年のトレンドであるキングカメハメハ産駒ということも加味すると、最有力候補と見て間違いないところか。

・アプリコットフィズ
2歳女王アパパネとの未対戦組で言えば、やはりこの馬に注目したい。
3戦2勝、負けたレースも新馬勝ち後の重賞2着と、実績的にも上位と遜色はなし。
スッと前に付けられるスピードがあり、追ってからもしっかり伸びる。
かなりの魅力を秘めた馬ではあるが、関東圏でのレース経験しかなく、今回初めてとなる長距離輸送も課題。
ここを楽に突破するようであれば、かなりの大物かも……?

・オウケンサクラ
最後のチャンスとも言えた前走のフラワーCできっちり結果を残し、桜の切符を手に入れた。
その前走で負かした相手はフェアリーS勝ちのコスモネモシン。
好位から楽に抜け出しての完勝劇で、新たな味を引き出せたのも視界が明るい。
しかしながら、チューリップ賞で権利を獲る事ができず、前走は余計な一戦であったのも否定できないところ。
中1週〜中1週〜中2週と、押せ押せのローテーションでGIに臨むのは正直不安が残る。

・ラナンキュラス
新馬から2連勝後、重賞戦線に入って4・4・2着。今ひとつパンチ不足な感は否めないところだが、どんな相手とやってもキッチリ上位に来る安定性は魅力とも言える。
母は桜花賞を含めGI3勝のファレノプシスでもあり、母仔制覇なるかにも注目が集まる。

・ショウリュウムーン
3戦目でようやく未勝利を勝ち上がり、返す刀で2歳女王を叩き切ったチューリップ賞は衝撃的。
ただし、共にやや重〜重馬場での連勝でもあり、重の鬼という可能性も否めず…。

・アニメイトバイオ
ゼンノロブロイ産駒の筆頭格はこの馬か。阪神JFの2着馬でもあり、ここ3戦全て2着と安定性は抜群。
相手関係が楽と思えた前走でのレース内容には不満も残るが、休み明けで+14キロでもあったし、スイスイと楽に先行してしまったことで、末が甘くなってしまったのも事実。
一叩きで絞れ、自慢の決め手を活かせる展開になれば。

・コスモネモシン
アプリコットフィズを破ったフェアリーSが11番人気。フロックとの見方もあったかもしれないが、ひと息入れたフラワーCでもオウケンサクラの2着と好走。
ごちゃつく不利がありながら、最後までしっかり伸びての2着確保は立派な内容であり、混戦になれば一発あっても不思議はない。



現時点では実績上位のアパパネが優勢と見るが、ずば抜けた本命馬とは思えない。
相手の筆頭としては、安定味のあるラナンキュラスや自在性のあるオウケンサクラあたりを推したいところだが、穴ならコスモネモシンに魅力を感じる。
未知の魅力を秘めるアプリコットフィズ、ローテ面で不安が残るオウケンサクラの取捨がカギとなりそうだが……。

[もっと見る]

コスモネモシンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

コスモネモシンの写真

投稿写真はありません。

コスモネモシンの厩舎情報 VIP

2014年1月25日京都牝馬ステークス G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コスモネモシンの取材メモ VIP

2013年12月14日 愛知杯 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。