注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

メイクアップ(競走馬)

注目ホース
メイクアップ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2011年2月26日生
調教師谷潔(栗東)
馬主岡 浩二
生産者タイヘイ牧場
生産地新ひだか町
戦績32戦[4-4-9-15]
総賞金10,359万円
収得賞金1,350万円
英字表記Makeup
血統 オレハマッテルゼ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
カーリーエンジェル
エンプレスマティルダ
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
Reine Mathilde
兄弟 マイネルヘンリーターンベリー
前走 2017/01/29 節分ステークス
次走予定 2017/02/26 関門橋ステークス

メイクアップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/29 東京 10 節分S 1600万下 芝1600 134451.9124** 牡6 54.0 蛯名正義谷潔484(+12)1.33.9 0.333.5グレーターロンドン
16/08/28 札幌 12 WASJ4 1000万下 芝1800 1481311.561** 牡5 58.0 永森大智谷潔472(-10)1.50.5 -0.134.4⑤⑥④④ランドオザリール
16/08/13 札幌 11 STV賞 1000万下 芝1500 14344.838** 牡5 57.0 福永祐一谷潔482(0)1.29.2 0.434.4⑦⑦⑥ウインムート
16/07/24 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 138126.623** 牡5 57.0 戸崎圭太谷潔482(0)2.00.2 0.535.6⑧⑧⑨⑨カルヴァリオ
16/07/02 函館 12 洞爺湖特別 1000万下 芝2000 1271012.645** 牡5 57.0 菱田裕二谷潔482(+4)2.03.8 1.137.1⑤⑥バイガエシ
16/06/19 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 128126.643** 牡5 57.0 蛯名正義谷潔478(0)1.35.4 0.534.7ダノンメジャー
16/05/28 東京 10 葉山特別 1000万下 芝1600 13698.352** 牡5 57.0 戸崎圭太谷潔478(-4)1.33.9 0.033.8④④ジョーアラタ
16/01/31 中京 11 中京スポーツ 1000万下 芝1600 12553.314** 牡5 57.0 松若風馬谷潔482(+2)1.37.4 0.235.1⑥⑥⑤アルテ
16/01/16 京都 10 花見小路特別 1000万下 芝1600 145818.693** 牡5 57.0 酒井学谷潔480(+2)1.34.0 0.134.0⑥⑤ブランドベルグ
15/12/19 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1600 16233.713** 牡4 57.0 A.アッゼ谷潔478(+6)1.36.7 0.233.9⑨⑧⑧ヴィルジニア
15/11/28 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 14574.522** 牡4 57.0 C.ルメー谷潔472(-2)1.35.0 0.233.6⑥⑥ケントオー
15/11/15 京都 10 ドンカスター 1000万下 芝1600 14116.443** 牡4 57.0 C.ルメー谷潔474(+8)1.35.0 0.135.0⑦⑦ブラックムーン
15/11/01 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 10776.953** 牡4 55△ 義英真谷潔466(-4)1.35.5 0.133.4⑥⑥ケントオー
15/10/03 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 1581419.0612** 牡4 57.0 内田博幸谷潔470(-2)2.00.8 1.336.9ダイワレジェンド
15/09/05 札幌 12 日高特別 1000万下 芝2000 16126.8210** 牡4 57.0 岩田康誠谷潔472(-4)2.03.4 1.238.0⑥⑤ネオリアリズム
15/07/26 函館 10 松前特別 1000万下 芝2000 8442.413** 牡4 57.0 岩田康誠谷潔476(+8)2.04.2 0.336.3レイヌドネージュ
15/02/22 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 14466.449** 牡4 54.0 福永祐一谷潔468(0)2.01.3 0.534.9ダノンジェラート
15/02/01 京都 10 松籟S 1600万下 芝2400 134414.067** 牡4 54.0 酒井学谷潔468(0)2.25.6 0.936.7アドマイヤスピカ
14/12/27 中山 10 グレイトS 1600万下 芝2200 131116.155** 牡3 55.0 大野拓弥谷潔468(0)2.14.0 0.536.3⑤⑤④マイネルディーン
14/12/07 阪神 7 3歳以上1000万下 芝2000 7116.141** 牡3 56.0 内田博幸谷潔468(+4)2.03.8 -0.134.4ピオネロ

⇒もっと見る


メイクアップの関連ニュース

【小倉大賞典】特別登録馬

2017年02月13日(月) 17:30

ワールドオールスタージョッキーズの騎乗馬が一部変更に2016年08月25日(木) 15:58

 8月27日(土)と28日(日)に札幌競馬場で行われる「2016ワールドオールスタージョッキーズ」の各参加騎手の騎乗馬が以下のように決定した。25日時点で第4戦に一部変更が出ている。

 左から騎乗馬、負担重量、ジョッキー。末尾のA〜Dは近走の成績等によりJRAがグループ分けしたもの。

 【第1戦】

(27日、9R、3歳以上500万下、芝2600メートル)

アグリッパーバイオ  58キロ 武豊 D

アドマイヤロワ  58キロ 永森大智 B

ウインブルースカイ  56キロ C・ウィリアムズ C

ウォーターミリオン  56キロ 川田将雅 C

エアワイバーン  56キロ 内田博幸 A

オペラハット  58キロ J・スペンサー B

セルバンテス  58キロ 蛯名正義 A

タケルラムセス  58キロ 岩田康誠 A

ディスピュート  56キロ 戸崎圭太 C

デルマサリーチャン  56キロ J・モレイラ D

トーセンナチュラル  56キロ E・ウィルソン D

フェンガリ  58キロ C・デムーロ D

ララエクラテール  58キロ C・ルメール B

ロードグリッター  58キロ M・デムーロ B

 【第2戦】

(27日、11R、3歳以上1600万下、芝2000メートル)

ウインオリアート  56キロ J・スペンサー D

ウインフェニックス  58キロ 武豊 B

サクラボールド  58キロ J・モレイラ B

サトノレオパード  58キロ C・ルメール D

ダイヤモンドダンス  58キロ E・ウィルソン B

トウカイオーロラ  58キロ 岩田康誠 C

パリカラノテガミ  58キロ 蛯名正義 C

フェスティヴイェル  58キロ M・デムーロ D

フェルメッツァ  58キロ C・ウィリアムズ A

ベルニーニ  58キロ 永森大智 D

ヤマイチパートナー  58キロ 戸崎圭太 A

レッドシャンクス  58キロ 内田博幸 C

レッドルーファス  58キロ C・デムーロ B

ワールドレーヴ  58キロ 川田将雅 A

 【第3戦】

(28日、10R、3歳以上1000万下、芝1200メートル)

アヴァール  56キロ 岩田康誠 D

アドマイヤスカイ  58キロ C・ルメール C

イキオイ  58キロ 永森大智 C

イッテツ  58キロ 武豊 A

オウケンビリーヴ  54キロ 戸崎圭太 B

クリノハッチャン  56キロ M・デムーロ C

グレイスミノル  56キロ E・ウィルソン A

クロムレック  58キロ C・ウィリアムズ B

ケッキセヨ  58キロ 蛯名正義 D

サザンライツ  58キロ C・デムーロ A

スズカプリオール  58キロ 内田博幸 D

マジックシャトル  58キロ J・モレイラ A

レヴァンタール  58キロ J・スペンサー C

レオパルディナ  56キロ 川田将雅 B

 【第4戦】

(28日、12R、3歳以上1000万下、芝1800メートル)

イレプレイスブル  58キロ 戸崎圭太 D

オウケンブラック  58キロ J・スペンサー A

クインズミラーグロ  56キロ C・ルメール A

ショウナンハルカス  58キロ C・デムーロ C

シングンジョーカー  58キロ 内田博幸 B

ディアコンチェルト  58キロ 蛯名正義 B

ハツガツオ  56キロ J・モレイラ C

ハッピーユニバンス  56キロ 岩田康誠 B

マイネルネーベル  58キロ 武豊 C

メイクアップ  58キロ 永森大智 A

メイショウテッサイ  58キロ 川田将雅 D

ランドオザリール  58キロ C・ウィリアムズ D

レトロクラシック《回避》→ルグランパントル《補欠繰り上がり》  56キロ→58キロ E・ウィルソン C→グループ分け評価は不明

ロッカフラベイビー  56キロ M・デムーロ A

[もっと見る]

【セントライト】レースを終えて…関係者談話2014年09月22日(月) 05:05

 ◆三浦騎手(ステファノス4着) 「馬場の悪いところで脚を取られたときに、手応えがなくなった。もったいない競馬だった」

 ◆エスポジート騎手(ラングレー5着) 「本当は外に出したかったが、(1)番枠だったので内々の経済コースを通った。最後は脚が上がったが、能力は感じさせた」

 ◆松岡騎手(メイクアップ6着) 「残り100メートルあたりで脚いろが一緒になったが、レース内容は良かった」

 ◆丸山騎手(ダイワリベラル7着) 「返し馬やレース中も、まだ子供っぽさを見せていた」

 ◆吉田豊騎手(ショウナンラグーン8着) 「スタートしてから二の脚がつかず、休み明けでモタモタしていた」

 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト9着) 「久々のせいか、(追ってからも)全然反応がなかった」

 ◆安田助手(ワールドインパクト10着) 「輸送で体が(12キロ)減っていたのもあり、この馬本来の力が出せなかったようだ」

 ◆柴山騎手(クラリティシチー11着同着) 「いい感じで折り合って走れたが、追ってからの反応がなかった。久々なのか、距離なのかはわからない」

 ◆北村宏騎手(サトノフェラーリ13着) 「1、2コーナーで寄られ、2、4コーナーでも前に入られてポジションが悪くなった」

 ◆古川騎手(サングラス14着) 「初めての距離で前半から競られた。着順ほど負けていないけどね」

 ◆松田騎手(エアアンセム15着) 「前走時のような雰囲気がなかった。こんな馬じゃないよ」

 ◆大野騎手(ヨッヘイ16着) 「少し気負って走っていた」

 ◆津村騎手(アルテ17着) 「相手が強かったようだ」

 ◆田辺騎手(オウケンブラック18着) 「前々の指示だったが、最後は止まった」

★21日新潟11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントライト】厩舎の話2014年09月19日(金) 05:06

 ◆アルテ・北出師 「競馬は上手になっているが、相手が強い」

 ◆イスラボニータ・栗田博師 「全体的に実が入ったし、春よりも落ち着いている」

 ◆エアアンセム・松田騎手 「体に緩さが残っているが、素質は高い。これから良くなってくる」

 ◆オウケンブラック田中剛師 「背中と腰がしっかりしてきた」

 ◆クラリティシチー・上原師 「しっかりとリフレッシュできた。距離は克服してくれると思う」

 ◆サトノフェラーリ・藤沢和師 「相手は強くなるが、新潟で勝っているのは強み」

 ◆サングラス・谷師 「気性面が成長。距離に対応できる調教を積んできた」

 ◆ショウナンラグーン・大久保洋師 「ひと夏越して成長。本番に向けていいステップになれば」

 ◆ステファノス・三浦騎手 「久々を感じさせない仕上がり。リズムよく運びたい」

 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「前に馬を置くと頑張って走る。体もしっかりしてきた」

 ◆タガノグランパ・菱田騎手 「2400メートルをこなしているので、折り合って運べれば」

 ◆デルカイザー・藤沢和師 「距離が延びるのはいい。力もついてきた」

 ◆トゥザワールド・池江師 「秋初戦に向けて、時計、動きとも言うことない」

 ◆マイネルフロスト・柴田大騎手 「春よりも体はがっちりした。久々でも仕上がりはいい」

 ◆メイクアップ・谷師 「使うたびに良化しており、どこまでやれるか」

 ◆ヨッヘイ・大野騎手 「以前に比べて、トモに力がついた」

 ◆ラングレー・広岡助手 「今週はビシッと追った。馬は大きく成長している」

 ◆ワールドインパクト・友道師 「ダービーは暑さがきつかった。この秋はしっかり仕上げることができた」

★セントライト記念の枠順はこちら

[もっと見る]

【セントライト】追って一言2014年09月18日(木) 05:05

 ◆アルテ・北出師 「競馬は上手になっているが、ここは相手が強い。力試しの一戦」

 ◆エアアンセム・松田騎手 「スパッと動けるかと思ったが、まだ体に緩さが残っている。素質は高いので、これから良くなってくる」

 ◆オウケンブラック田中剛師 「背中と腰がしっかりしてきた。距離、コースは問題ありません」

 ◆サトノフェラーリ・藤沢和師 「動きがよく順調。相手は強くなるが、前走は新潟で勝っているからね」

 ◆サングラス・谷師 「春当時の気の悪さは解消。距離克服のため、普段からCWコースで長めを乗ってきた」

 ◆スズカヴァンガード・小島茂師 「追い切りは力のある馬を相手に断然の内容。体の使い方がよくなっています」

 ◆ステファノス・三浦騎手 「乗り込み豊富で、息遣いからも久々を感じさせない。内回りなのでリズムよく運びたい」

 ◆ダイワリベラル・菊沢師 「前に馬を置くと頑張って走る。追い切りでも最後まで集中して走れていた。体もしっかりしてきた」

 ◆タガノグランパ・菱田騎手 「ラストで左右にもたれ気味でしたが、競馬では大丈夫。折り合って運べれば」

 ◆デルカイザー・藤沢和師 「奥手の血統で、距離が延びるのはいい。力もつけてきた」

 ◆メイクアップ・谷師 「中1週なので坂路でサッと。使うたびに良化しており、どこまでやれるか」

 ◆ヤマノウィザード・富岡助手 「帰厩して日は浅いが、調教は動いている。背丈が伸びて体も大きくなった」

 ◆ヨッヘイ・大野騎手 「2週続けて追い切りに乗ったが、トモに力がついてよくなってきた」

 ◆ラングレー・広岡助手 「やりすぎるとテンションが上がるが、今週だけはビシッとやっておきたかった。馬は成長している」

 ◆ワールドインパクト・友道師 「ダービーは厳しいローテで暑さもこたえた。今回は時間をかけてしっかりと(馬を)作れた」

★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【セントライト】皐月賞馬イスラボニータ始動 2014年09月15日(月) 17:10

 今週の新潟日曜メーンは、菊花賞トライアルの第68回セントライト記念(GII、芝・内2200メートル)。1〜3着馬に菊花賞(10月26日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権が与えられる。

 皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡)がここから始動する。前走のダービーは距離の2400メートルが不安視されながらも、勝ったワンアンドオンリーから3/4馬身差の2着。2冠達成はならなかったが、皐月賞馬の実力は見せた。ダービー後は北海道千歳市の社台ファームで心身の成長を促しながらじっくりと充電。この秋に備えてきた。8月13日に美浦トレセンに帰厩し、先週までにトラック&坂路コースで6本の追い切りを消化。順調な仕上がりを見せている。この後、3歳馬同士で戦う菊花賞に参戦するか、それとも適距離を求めて天皇賞・秋(11月2日、東京、GI、芝2000メートル)へ参戦するかは今回のレース内容の結果で検討される予定。3カ月半ぶりの実戦になるが、クラシックウイナーとして、このメンバーでは負けられない。

 トゥザワールド(栗東・池江泰寿厩舎、牡)もイスラボニータと同様に、ダービー(5着)以来の実戦となる。弥生賞1着、皐月賞2着で、ワンアンドオンリー、イスラと並んで世代トップクラスの能力の持ち主。ここ2週は栗東CWコースで長めから追い切られ、力強いフットワークで抜群の動きを見せている。久々でも体調面には一点の曇りもない。春の悔しさを晴らして、菊本番へ望みをつなげたいところだ。

 マイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡)は前走のダービーで3着に健闘。経済コースをロスなく走って100%の力を出し切った。使い込んで調子を上げていくタイプだけに、久々は多少の割り引きは必要だが、大崩れしないのがこの馬のセールスポイント。最終追い切りの動きが良ければ、力は出せると判断していいだろう。

 青葉賞勝ちのショウナンラグーン(美浦・大久保洋吉厩舎、牡)はダービー6着。初めての強敵相手だったが、末脚はみどころ十分だった。夏場は放牧に出さず、函館競馬場に移動してじっくりと調整。体がひと回り大きくなったのも好材料だ。

 ワールドインパクト(栗東・友道康夫厩舎、牡)はダービーでショウナンと同様に初めて世代トップクラスと戦い、10着と壁にはね返され。しかし、当時はまだ芯が入っておらず、馬体に緩さが残っていたことを考慮すれば、悲観する内容ではない。デビュー前から厩舎の期待は相当高かった逸材だけに、秋初戦でどんな競馬をするか、真価が問われる一戦となる。

 ダービーで見せ場たっぷりの4着に奮闘したタガノグランパ(栗東・松田博資厩舎、牡)は、1400メートルのファルコンS勝ちの実績があるぶん、不当に低く評価されていた感。左回りは中京で2戦2勝、東京のダービーで4着と、3戦とも中身が濃い。新潟で行われる今年はチャンス十分だろう。

 ラジオNIKKEI賞2着で賞金加算に成功したクラリティシチー(美浦・上原博之厩舎、牡)は大崩れしないのがセールスポイント。初めての距離を克服すれば、ここでも上位争いが期待できる。

 このほかにも、白百合Sで厳しい展開を克服したステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡)や、ここに来て地力強化が目立つメイクアップ(栗東・谷潔厩舎、牡)、弥生賞4着の実績があるエアアンセム(美浦・伊藤正徳厩舎、牡)なども侮れない存在だ。なお、登録のあるハギノハイブリッド(栗東・松田国英厩舎、牡)は次週の神戸新聞杯に向かう公算が大きい。

★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイクアップの関連コラム

閲覧 458ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、28(日)に新潟競馬場でG3新潟2歳ステークスが、札幌競馬場でG3キーンランドカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G3新潟2歳ステークスは好スタートを切ったイブキを制してアピールバイオが先手を奪って直線コースへ。逃げるアピールバイオは内を空けた進路取り、その内をすくってイブキサンライズソア、直後にキャスパリーグマイネルパラディと先団はズラッと横一線での追い比べ。残り200mを通過、ここでサンライズソアアピールバイオを交わしてイブキが先頭に立ちますが、その直後、外から福永騎手の右ムチに応えてヴゼットジョリーが一気に加速!あっという間にイブキを捉えるとゴールまで力強く伸びきって優勝!1馬身1/4差の2着にゴール前追い込んだオーバースペック、そこからクビ差の3着にイブキが入っています。

公認プロ予想家ではKOMプロら6名が的中しています。


G3キーンランドカップは絶好のスタートを決めたアクティブミノルが押して先手を主張しますが、これを楽々交わしてシュウジが先頭で直線コースへ。先頭は逃げるシュウジでリードは2馬身、続いてファントムロードアクティブミノル、外からナックビーナスが前を追います。残り200mを通過、依然先頭は逃げるシュウジファントムロードアクティブミノルはここで一杯となって単独2番手にナックビーナス、外からはブランボヌールレッツゴードンキも良い脚で追い込んできます。残り100m、ここでシュウジの脚色が鈍るとブランボヌールが豪快なストライドでグングン加速!ゴール前でシュウジをきっちり捉えて函館2歳ステークスとなる重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にシュウジ、そこから半馬身差の3着にレッツゴードンキが入っています。

公認プロ予想家ではKOMプロら6名が的中しています。


☆☆☆注目プロ →霧プロ
27(土)小倉5Rで単勝21.9倍の◎アオアラシの単勝、馬連57.4倍、3連複224.6倍を的中させ、9万5520円を払い戻し!翌日の新潟4Rでも大穴◎パーソナルブルー(単勝52.4倍)を本命に抜擢!単勝、馬連を仕留め9万2720円を払い戻しました!週末トータル142%、収支プラス13万3990円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レ−スに指定した27(土)新潟12Rで◎ケルベロストルセドールの2頭軸流しで3連複638.9倍を的中!そして再び勝負レースに選択した札幌11Rでは△◎▲の印で単勝、馬連、ワイドを的中させ、3万2520円を払い戻し!週末トータル156%、収支プラス6万5630円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
28(日)新潟4Rで◎パーソナルブルーの単勝を1万円的中させ、52万4000円の高額払い戻しを達成!同日の勝負レースに指定した札幌12Rでは『ズブい馬なので追える地方騎手が適任。距離延長も好感持てる。』と狙った◎メイクアップの単勝を的中!11万1500円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス27万円を記録しています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
勝負レースの札幌11RキーンランドカップG3で『ブランボヌールはマイルでも健闘していたが、やはりベストは1200。斤量差があれば3歳馬でも楽に通用する。』と本命に推した◎ブランボヌールの単複を仕留め、2万1600円を払い戻し!この他にも新潟2Rレジーナフォルテ(単勝27.8倍)、新潟4R(3連複405倍)をはじめ、コンスタントに好調予想を披露し、週末トータル回収率135%、収支プラス7万7150円をマークしています。

この他にも栗山求プロ(186%)、サラマッポプロ(128%)、はははふほほほプロ(121%)、覆面ドクター・英プロ(118%)、きいいろプロ(108%)、シムーンプロ(106%)、KOMプロ(103%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2014年04月29日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年04月29日号
閲覧 198ビュー コメント 0 ナイス 5

▼2014年05月03日(土) 東京11R テレビ東京杯 青葉賞
【血統別成績(2008年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-4-5-32](複勝率30.4%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [1-2-1-55](複勝率6.8%)
→サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が圧倒的に優勢。このうち、前走がJRAのレース、かつその前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬は[5-3-5-22](複勝率37.1%)とより堅実でした。特別登録を行った馬のうち、父がサンデーサイレンス系種牡馬、かつ前走がJRAのレース、かつその前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしているのは、アドミラルシップウインマーレライナンヨーマークファーガソンマイネルフロストメイクアップラングレーワールドインパクトの8頭です。

▼2014年05月04日(日) 東京11R スイートピーステークス
【前走の距離別成績(2009年以降)】
●1800m未満 [0-0-1-24](複勝率4.0%)
●1800m以上 [5-5-4-40](複勝率25.9%)
→前走が桜花賞だった馬を含め、近年は距離延長組が不振。また、前走がJRA、かつ新馬や未勝利のレースだった馬も2009年以降[1-0-1-18](複勝率10.0%)と信頼できません。

▼2014年05月04日(日) 京都11R 天皇賞(春)
【前走の着順別成績(2004年以降)】
●3着以内 [9-8-9-72](複勝率26.5%)
●4着以下 [1-2-1-71](複勝率5.3%)
→大敗からの一変は期待しない方が良さそう。一方、前走の着順が3着以内、かつJRAG気5着以内となった経験がある馬は2004年以降[6-7-5-34](複勝率34.6%)と安定しています。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が3着以内、かつJRAG気5着以内となった経験があるのは、アドマイヤラクティウインバリアシオンキズナゴールドシップバンデラストインパクトの6頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』などさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

メイクアップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 4

≪攻略ポイント≫【小倉大賞典】小倉1800m

【傾向】
ローカル重賞ということで「荒れる」ことを希望する方も多いと思います^^
傾向としては前走〔2ケタ着順〕からの巻き返しはあるが、〔2ケタ人気馬〕は不調(^o^;)
プラス前走OP・条件戦の〔1着馬〕は来るが、重賞の〔1着馬〕は3着以内ナシ★
アベコベなこんな項目が荒れる原因でしょうね?

≪好走条件≫
◎1.2.3枠(近6年では3着以内18頭中12頭がθ嶇箸茲蠧癲傍佞烹掘Γ枯箸蓮0-1-0-11】

≪凡走条件≫
×ハンデ53kg以下【0-0-0-26】
×牝馬【0-0-0-15】
×前走から-3kg以上斤量減【0-0-0-9】
×前走OPの2ケタ着順【0-0-0-7】
▼た裕ぐ焚爾裡敢佛蓮0-0-1-21】
▼前走重賞で人気以下【0-0-2-22】
======凡走条件のある馬======
×ケイティープライド(2つ)▼クランモンタナ×デウスウルト(2つ)▼ダコール
×メイクアップ(2つ)▼コスモソーンパーク×タイセイサミット(3つ)

≪年齢≫
4歳【2-2-2-20】
5歳【3-3-3-34】
6歳【1-1-3-32】
7歳以上【4-4-2-41】
4・5歳の好走率が高いですが、近5年で見ると6歳以上が3着以内15頭中7頭と約半数
斤量56キロ以上・6歳以上の関西馬に注目。
・フルーキー・ヒストリカル・ダコール・クランモンタナ
≪凡走条件≫のない○フルーキー○ヒストリカルが特注

≪血統≫
近5年ではディープ産駒が馬券内5回、勝率22.2%連対44.4%複勝率55.6%と抜群
続いてダイワメジャー3頭・キンカメ産駒2頭と続く。
今回は該当血統が多いですね(^o^;) コース相性としてはディープに肩を並べる
スペシャルウィーク・マツリダゴッホ産駒がいれば要警戒。
○マイネルハニー○クラリティスカイ(母父)

≪危険な人気馬!≫
過去12年で高確率を誇る単勝1ケタ台の4歳馬のうち、「小倉初出走」の馬は【1-1-0-5】

【総括】
昨年は≪凡走条件≫2つ以上に当て嵌まる馬が約半数とかなり絞れた状態で
人気は割れながらも単勝1ケタ倍率の↓Νタ裕で呂世韻之茲泙蠅泙靴燭
今年は切れる馬も少なく難解。
近4年必ず1頭は馬券内に来る条件としては
☆1枠
☆父サンデー系(ディープ含む)*母父ミスプロ系 ○ダコール○タイセイサミット
☆上がりレベル1位〜3位の馬≪LAP一致度≫

う〜ん、馬番発表と指数待ちのところが大きいですね(^o^;)
過去12年3着以内36頭中 美浦2頭、栗東34頭 と馬券はほぼ関西馬が独占。
事前の人気では関東馬に人気集中してますが、前走G気らココというローテの馬も
【0-0-0-2】と馬券内はまだありませんがどうでしょうね??

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://www.relax-myodani.jp/ 馬券Aで〔検索〕も可

=第2次永久会員募集=
データ☆能力指数☆タイムLAPの3面から、より『根拠』の強い理論で馬券力UP♪

 ムーンホーセズネック 2017年02月13日(月) 23:40
競馬検討 小倉大賞典
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 14

小倉大賞典

クラリティスカイ
クランモンタナ
ケイティープライド
コスモソーンパーク
ストロングタイタン
スピリッツミノル
タイセイサミット
ダコール
ダノンメジャー
デウスウルト
バドルウィール
ヒストリカル
フルーキー
ベルーフ
マイネルハニー
マルターズアポジー
メイクアップ
レッドソロモン
ロードヴァンドール

ロードヴァンドール?

[もっと見る]

 landr 2016年12月29日(木) 10:04
2016_2016年の注目馬を笑う用〜古馬編
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 3

2015年12月に走った馬で、2016年に期待できる馬のメモ書き。穴馬を押さえることが目的なので、キタサンブラックやゴールドアクターみたいな当たり前に安い馬はメモしていません。
→コメント(2016年はどうだったか)

△キャンベルジュニア 昇級促通用とは言わないが、そこそこやれる結果
 →重賞1番人気になったりもしたが、現状は準オープン。まあ2017年は勝てるでしょう
〇ブラックムーン 前残り内容でよく差し込んできている
 →準オープン勝ち抜き、オープン特別を勝つ。新春は金杯から。順調。
△フォンタネットポー タイムはともかく、一貫ラップでまとめ方が上手い
 →逃げ足は堅実なのだが、ピークアウトかしまいが持たない現状。
〇カリスマサンスカイ 1頭だけ次元の違う足。出足つけば相当強い
 →2月に15番人気で穴を空ける(買えていなかったが)。今月登録抹消。お疲れさまでした。
×コナブリュワーズ この条件は走る。上位とは差がない。
 →引退してしまいました・・・
△アイアムナチュラル 逃げて、最後にもう一度足を使っている。でもこれはボウマンが上手いのかも
 →復帰戦となった11月に穴を空ける。ただし2016年は未勝利。
×エバーシャルマン ぶち抜き。昇級通用するレベル
 →毎度、人気だけはかっさらっていくものの通用していない。中京専用なのかもしれない。
△ゼウスバローズ ここで差して来れる馬
 →8月に穴を空けたが、以降休養中。ただ穴馬ではなくて軸馬として狙っていたので物足りなくも。
×レジメンタル ここで差して来れる馬
 →2016年は未勝利でした・・・
×ルアノヴァ スローをぶち抜いたこの馬は強い。時計も早い
 →引退してしまいました・・・
△ウォーターショパン 時計、差し脚共に優秀
 →1000万を勝ちこれから!という時に引退してしまいました・・
△コロマンデル 時計、差し脚共に優秀
 →今月2回目の500万勝ち。去年と一緒な流れ。
△ダノンブライト この足が使えるなら、次は勝てる
 →確かに次は勝てたが、その次が勝てず。
△タガノスカイ この足が使えるなら、次は勝てる
 →次が11月の福島になるとは・・・
△モンドアルジェンテ しっかりした末脚。昇級通用
 →今月2回目の500万勝ち。だが、なかなか順調に使えないようで。
〇タガノカムイ むちゃくちゃ上がりかかる展開で前残り。地力あり
 →500万→1000万→降級な流れ。結構おいしい馬。次は順当に勝てるでしょう。
×ファインドヌーヴ 前が残れない展開でしぶとく着確保
 →引退してしまいました・・・
◎シャルール 持続力有。昇級通用
 →重賞2着2回で立派な成績。ただG1での、見せ場もなく大崩れするのは何とかならんか。
△サクセスグローリー OP通用
 →通用どころかいまだに準OP。1400ばかりだがこの時の1800に戻してほしい。
△シゲルカガ いくらなんでも前が速すぎ。ハナ奪えること健在
 →逃げは健在だが、最近は負けすぎで厳しいか。
△シホウ 今回は相手が悪かっただけ。この馬も差し脚は繰り出している
 →2016年未勝利だが、衰えているわけではなさげなのでどこかで来るだろう。
△アンミ 激流に飲み込まれただけ。普通に勝てる
 →500万は勝てたが先細り。前には行けているのだけど。
×ウインレーベン もう少しテンを緩められれば逃げ切り可能
 →2016年未勝利。この馬も先手は取れるのだけどなあ。
△メイクアップ 明らかに位置取りの差。ペース早まればこの馬だったはず
 →地味に複勝馬券の星だったが、WSJSで勝ってしまったので妙味が失せた。
〇ティーエスネオ どこかで息を入れることができれば。(最後失速)
 →逃げ健在で強い。来年はOPに行けるでしょう。
△マテンロウハピネス 勝ち馬には屈したが、理想的な逃げはできている
 →現1000万。さすがに1000万では上位だが・・・
△エルドリッジ 1頭だけ足が違う。ハマった可能性もあるが、復調ならば。
 →500万は勝てたものの、休養が長い。
〇パフォーマプロミス 時計的に昇級通用
 →休養長いが、ようやく新春競馬に出てきますよ。人気するだろうけど。
◎ケントオー 力はつけている。京都替わりで。
 →準オープンとオープン特別勝ったのだから大したもの。金杯は十分勝機あり。
〇カレンリスベット 締まったペースを作り出す。これは穴をあける馬
 →このメモを読み返していれば、先々週取れただろうに・・・
〇サクラアンプルール 次は勝てる上りと堅実さ(ただし、勝ちきれない馬?
 →勝ちきれないどころか、2016年に3勝もするとは思わなかった
△ヒルノデイバロー 平均ペースを12.2で耐えきったことは評価
 →芝に路線変更して、追い込み馬になるとは思わなかった。なぜダートに戻さないのだろう?
△アトム 軽ハンデ馬にやられただけ。実力は見せている
 →なぜか門別に行ってしまいました・・・芝では悪くなかったのだけど。
△アドマイヤゴッド 1頭だけ違う足。昇級通用
 →降級しても苦しい。ただ、ムラっぽいので穴を空ける可能性は引き続きあり。

[もっと見る]

メイクアップの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

メイクアップの写真

メイクアップ

メイクアップの厩舎情報 VIP

2017年1月29日節分ステークス4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイクアップの取材メモ VIP

2017年1月29日 節分ステークス 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。