注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マラムデール(競走馬)

注目ホース
マラムデール
マラムデール
写真一覧
抹消  栗毛 2011年2月26日生
調教師松田国英(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績25戦[3-2-2-18]
総賞金6,053万円
収得賞金1,300万円
英字表記Malhamdale
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
フサイチエアデール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ラスティックベル
兄弟 フサイチリシャールライラプス
前走 2017/01/14 愛知杯 G3
次走予定

マラムデールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 1522104.5154** 牝6 50.0 鮫島克駿松田国英450(+2)2.01.8 0.436.0⑥⑦⑤⑤マキシマムドパリ
16/12/18 阪神 9 元町S 1600万下 芝1600 1561085.31210** 牝5 55.0 A.シュタ松田国英448(0)1.35.9 0.534.2⑨⑩ロイカバード
16/11/19 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 184726.677** 牝5 55.0 田辺裕信松田国英448(+2)1.35.0 0.334.4④⑦エテルナミノル
16/09/03 新潟 11 長岡S 1600万下 芝1600 9119.148** 牝5 55.0 石川裕紀松田国英446(+2)1.34.5 0.833.9クラウンロゼ
16/07/02 中京 11 豊明S 1600万下 芝1600 9898.244** 牝5 55.0 C.ルメー松田国英444(-4)1.33.8 0.233.5タガノエスプレッソ
16/05/07 京都 10 六波羅特別 1000万下 芝1600 10446.331** 牝5 55.0 戸崎圭太松田国英448(-8)1.34.0 -0.034.2⑥⑥ショウボート
16/04/03 阪神 6 4歳以上500万下 芝1600 15467.941** 牝5 54☆ 鮫島克駿松田国英456(+8)1.33.4 -0.333.6グレイスミノル
16/01/23 中京 12 西尾特別 500万下 芝2000 147118.558** 牝5 55.0 鮫島克駿松田国英448(+4)2.02.5 0.335.4⑧⑨⑨⑨アンジュドボヌール
16/01/16 中京 10 庄内川特別 500万下 芝1400 181113.066** 牝5 55.0 鮫島克駿松田国英444(+6)1.21.2 0.234.6⑧⑥ダノンブライト
15/12/20 中京 12 豊川特別 500万下 芝1600 1681647.9103** 牝4 55.0 鮫島克駿松田国英438(-8)1.36.5 0.134.1ルグランパントル
15/07/04 函館 10 恵山特別 500万下 芝1800 156109.748** 牝4 55.0 吉田隼人松田国英446(+4)1.49.8 0.935.9⑤⑦⑨⑨ハツガツオ
15/05/31 京都 7 4歳以上500万下 芝1800 182322.194** 牝4 55.0 池添謙一松田国英442(+6)1.45.9 0.234.8テーオービックバン
15/03/14 中京 7 4歳以上500万下 芝1600 162426.31012** 牝4 55.0 菱田裕二松田国英436(-2)1.38.2 1.035.1⑦⑬⑭スズカシャーマン
15/02/21 小倉 8 4歳以上500万下 芝1800 162311.865** 牝4 54.0 吉田隼人松田国英438(+2)1.48.5 0.535.4⑦⑦⑧⑧フェイトカラー
15/01/17 京都 12 4歳以上500万下 芝1600 165919.097** 牝4 54.0 藤岡佑介松田国英436(+4)1.35.2 0.835.3⑬⑫バンザイ
14/12/13 阪神 12 3歳以上1000万下 芝1600 1181127.678** 牝3 54.0 和田竜二松田国英432(0)1.36.8 0.834.4⑥⑥タマラマ
14/11/23 京都 8 3歳以上500万下 芝1400 18128.669** 牝3 52△ 松若風馬松田国英432(-4)1.21.4 0.534.4⑬⑬エイシンペペラッツ
14/08/03 札幌 9 小樽特別 500万下 芝1200 168162.914** 牝3 52.0 三浦皇成松田国英436(-2)1.08.7 0.434.5⑦⑦アリュージョン
14/07/12 函館 10 下北半島特別 500万下 芝1200 10222.513** 牝3 52.0 岩田康誠松田国英438(+10)1.09.9 0.634.0⑤⑤ツクバジャパン
14/03/08 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 135732.856** 牝3 54.0 D.バルジ松田国英428(-2)1.35.1 0.835.2④⑤ハープスター

⇒もっと見る


マラムデールの関連ニュース

 ◆岩田騎手(マキシマムドパリ1着) 「乗りやすいし、賢いですね。『外にうまく持ち出してくれ』という(松元)先生からの指示だった。その通り乗れましたね」

 ◆津村騎手(サンソヴール2着) 「(勝ち馬に内外)離れて来られたのがね…。頑張っていますよ」

 ◆藤岡康騎手(クインズミラーグロ3着) 「(重い馬場で)伸び切れなかった」

 ◆鮫島駿騎手(マラムデール4着) 「イメージ通りに乗れましたが、軽い走りをするタイプで(重い馬場は)得意ではなかった」

 ◆横山和騎手(アンジェリック5着) 「ダメだと思っていたけど、緩い馬場は大丈夫でした。一瞬は夢を見た」

 ◆北村友騎手(クリノラホール7着) 「オープンでもやれそうな感じはある」

 ◆幸英騎手(プリメラアスール9着) 「左回りでスタートから終始外へ張るような感じだったので…」

 ◆フォーリー騎手(シャルール12着) 「(敗因は)馬場としか考えられない」

 ◆四位騎手(ヒルノマテーラ13着) 「いつもの行きっぷりがなかった」

【愛知杯】厩舎の話2017年01月13日(金) 05:05

 ◆アンジェリック・大和田師 「ズブくなっているので距離延長は大丈夫。スムーズなら」

 ◆ウインリバティ・緒方助手 「状態面は変わりない」

 ◆カゼルタ・高橋康師 「いい頃のデキに戻っている」

 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「中2週でも状態はまずまず」

 ◆クリノラホール・谷師 「今の勢いなら期待できそう」

 ◆ゴールドテーラー・河内師 「叩いて上向いている」

 ◆サンソヴール・和田郎師 「前走でベストの体重に戻ったし、動きも良かった」

 ◆シャルール・松永幹師 「休み明けですが、仕上がりは実にいい」

 ◆ダイワドレッサー・鹿戸師 「前走は度外視していい内容。疲れもなさそう」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「うまく末脚を使えれば」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「テンションを上げすぎないように調整」

 ◆マキシマムドパリ・吉田助手 「気持ちも体もいい感じ。あとは良馬場で」

 ◆マラムデール・松田師 「ハンデ50キロを生かしたい」

 ◆リーサルウェポン・佐藤助手 「デキは上々だ」

 ◆レーヴデトワール・斉藤崇師 「休み明けはポッテリと映るが、今回はすっきりしている」

愛知杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【愛知杯】追って一言2017年01月12日(木) 05:03

 ◆アンジェリック・大和田師 「ズブくなっているので距離延長は大丈夫。スムーズなら」

 ◆ウインリバティ・緒方助手 「状態面は変わりない」

 ◆カゼルタ・高橋康師 「いい頃のデキに戻っている」

 ◆クリノラホール・谷師 「調教ではきっちり動いてくれる。今の勢いなら期待できそう」

 ◆ゴールドテーラー・河内師 「叩いて上向いている」

 ◆サンソヴール・和田郎師 「前走でベストの体重に戻ったし、動きも良かったね」

 ◆ダイワドレッサー・鹿戸師 「前走は度外視していい内容だし、疲れもなさそう」

 ◆ヒルノマテーラ・昆師 「今週は馬なり調整。うまく末脚使えれば」

 ◆プリメラアスール・鈴木孝師 「テンションを上げすぎないように調整」

 ◆マキシマムドパリ・吉田助手 「気持ちも体もいい感じ。あとは良馬場で」

 ◆マラムデール・松田国師 「ハンデ50キロを生かしたい」

 ◆リーサルウェポン・佐藤助手 「デキは上々」

 ◆レーヴデトワール・斉藤崇師 「休み明けはポッテリと映るが、今回はすっきりしている」

愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【愛知杯】特別登録馬2017年01月08日() 17:30

[もっと見る]

【ターコイズステークス】特別登録馬2016年12月11日() 17:30

[もっと見る]

【POG2歳入厩情報】栗東(5月13日現在)2013年05月13日(月) 19:29

アカイツバサ(牝2、父スウィフトカレント、母ラスブライティア、栗東・境直行

アサケマツカゼ(牡2、父シンボリクリスエス、母ローズオブダイヤ、栗東・大橋勇樹

アルマセクレタ(牡2、父シンボリクリスエス、母アグネスキフジン、栗東・西浦勝一

アロハエコモマイ(牝2、父マンハッタンカフェ、母リリウオカラニ、栗東・高野友和

イダス(牡2、父スクリーンヒーロー、母テンザンローズ、栗東・領家政蔵

インフラレッドレイ(牝2、父マヤノトップガン、母ソラーラ、栗東・西橋豊治

ウイットウ(牝2、父スウェプトオーヴァーボード、母マヤノプレム、栗東・鹿戸明

ウインスプラッシュ(牡2、父マツリダゴッホ、母デルフィーネ、栗東・加用正

ウェザーストーム(牡2、父ケイムホーム、母アバンダンメント、栗東・川村禎彦

エイシンオルドス(牝2、父フジキセキ、母アルカイックレディ、栗東・坂口正則

エミネントレコード(牡2、父ネオユニヴァース、母エミネントピークス、栗東・西浦勝一

オートロンシャン(牝2、父クロフネ、母ティーアイディップ、栗東・松永昌博

オールパーパス(牡2、父ダイワメジャー、母ストラテジー、栗東・中竹和也

カーマンライン(牡2、父ゴールドアリュール、母グレインライン、栗東・今野貞一

カリス(牝2、父シンボリクリスエス、母サムソンフェアリー、栗東・鈴木孝志

カレンマタドール(牡2、父マンハッタンカフェ、母ラシャルマンテ、栗東・安田隆行

キエレメムーチョ(牡2、父シンボリクリスエス、母ディマクコンダ、栗東・佐々木晶)

キンググレー(牡2、父チチカステナンゴ、母クイーンブルー、栗東・領家政蔵

クールオープニング(牡2、父マンハッタンカフェ、母ファレノプシス、栗東・橋口弘次)

クールジョジョ(牝2、父ステイゴールド、母ビクトリアメーク、栗東・目野哲也

クールルーシー(牝2、父ケイムホーム、母ソフトワルツ、栗東・目野哲也

クラウンデピュティ(牡2、父クロフネ、母オートサンデー、栗東・日吉正和

クリノカメハメハ(牡2、父キングカメハメハ、母ハッピーシャトル、栗東・池添兼雄

クリノジュロウジン(牡2、父タニノギムレット、母タニノティアラ、栗東・川村禎彦

クリノフクロクジュ(牡2、父タニノギムレット、母ドサンコサンデー、栗東・谷潔

ケイティーズスター(牝2、父ネオユニヴァース、母ケイティーズベスト、栗東・角田晃一

コウエイタケル(牡2、父ステイゴールド、母ケイアイエリザベス、栗東・山内研二

コウエイユニバース(牝2、父ネオユニヴァース、母クラッシーシャーロット、栗東・五十嵐忠)

コウエイロンド(牡2、父マーベラスサンデー、母コウエイマーベラス、栗東・山内研二

コーリンベリー(牝2、父サウスヴィグラス、母コーリンラヴィアン、栗東・柴田政見

サカジロキングオー(牡2、父スクリーンヒーロー、母ミヤジニキータ、栗東・浜田多実)

サトノバリアント(牡2、父キングカメハメハ、母ミルフィオリ、栗東・安田隆行

シゲルイガ(牡2、父アドマイヤジャパン、母マイネオルビット、栗東・柴田政見

シゲルイズミ(牝2、父クロフネ、母ヤマカツダンサー、栗東・西橋豊治

シゲルイブリ(牝2、父ストーミングホーム、母シゲルコラバ、栗東・小原伊佐)

シゲルイワキ(牡2、父スターリングローズ、母ヴィゼ、栗東・柴田光陽

シゲルイワシロ(牝2、父スタチューオブリバティ、母シングフォアジョイ、栗東・柴田光陽

シゲルカワチ(牝2、父ダイワメジャー、母フェアバンクス、栗東・服部利之

シゲルクシロ(牝2、父スズカマンボ、母フレンチフレイバー、栗東・飯田明弘

シゲルコウズケ(牡2、父ジャイアントレッカー、母フミノタカラ、栗東・日吉正和

シゲルタンバ(牝2、父マーベラスサンデー、母キドニーグリル、栗東・服部利之

シゲルトカチ(牡2、父マイネルラヴ、母パッションメイト、栗東・飯田明弘

シゲルブシュウ(牡2、父ファンタスティックライト、母シゲルユウボウカブ、栗東・武田博

シゲルヤシュウ(牡2、父アポインテッドデイ、母タカミプリムラ、栗東・西橋豊治

シシャモオージ(牡2、父タイキシャトル、母テンザンストーム、栗東・松永昌博

シュヴァリエ(牝2、父フレンチデピュティ、母タニノカリス、栗東・山内研二

シンゼンタイガ(牡2、父ノボジャック、母ルスナイオブカラー、栗東・飯田明弘

シンゼンマオー(牡2、父アドマイヤジャパン、母トウジュ、栗東・飯田明弘

スペランツァデーア(牝2、父マンハッタンカフェ、母ウェイクアップマギー、栗東・牧田和弥

タイセイジャスミン(牝2、父プリサイスエンド、母スカーレットオハラ、栗東・大橋勇樹

タガノウォーリア(牡2、父アルデバラン2、母タガノシャルマン、栗東・本田優

タガノサムソン(牡2、父メイショウサムソン、母タガノラピス、栗東・浜田多実)

タガノハヤテ(牡2、父ゴールドアリュール、母アイチャンルック、栗東・五十嵐忠)

タガノベルーガ(牝2、父ネオユニヴァース、母スペリオルパール、栗東・宮徹

タガノロマリア(牝2、父コンデュイット、母タガノピアース、栗東・加用正

ダンシングバトー(牝2、父クロフネ、母ダンシングスナーク、栗東・柴田政見

ダンスールクレール(牡2、父ブラックタイド、母スーパーバレリーナ、栗東・松永昌博

ダンツキャノン(牡2、父タニノギムレット、母アイコチャン、栗東・谷潔

ダンツセントール(牡2、父アドマイヤジャパン、母カサブランカリリー、栗東・谷潔

ツィンクルソード(牡2、父デュランダル、母ツィンクルブライド、栗東・松永昌博

ディープウォーカー(牡2、父ファンタスティックライト、母キタノサング、栗東・小野幸治

デリッツァリモーネ(牡2、父キングカメハメハ、母ドルチェリモーネ、栗東・石坂正

デンコウウノ(牡2、父メイショウオウドウ、母ツリー、栗東・武田博

トットコ(牡2、父ケイムホーム、母セレスアドラーブル、栗東・庄野靖志

ドリームカイザー(牡2、父キングカメハメハ、母サルガソシー、栗東・飯田雄三

ナムラアッパー(牡2、父カンパニー、母ナムラハル、栗東・野村彰彦

ナムラマサシゲ(牡2、父カンパニー、母ナムラシゲコ、栗東・目野哲也

ヌーヴェルミシオン(牡2、父フレンチデピュティ、母サンドヴィーナス、栗東・佐藤正雄

パープルパルピナ(牡2、父タイキシャトル、母スパイシーソース、栗東・野村彰彦

パレスハリケーン(牡2、父ブラックタイド、母スイートテンダイヤ、栗東・佐山優

バンブーカッサーノ(牡2、父スウェプトオーヴァーボード、母ブリトン、栗東・岩元市三

ピークトラム(牡2、父チチカステナンゴ、母タッチザピーク、栗東・橋口弘次)

ピオネロ(牡2、父ネオユニヴァース、母クルソラ、栗東・松永幹夫

ヒュウガ(牡2、父オペラハウス、母ナイストップクイン、栗東・作田誠二

ファイトバック(牡2、父アドマイヤジャパン、母トウホープログレス、栗東・領家政蔵

ファイナルカヨ(牝2、父タニノギムレット、母ティファイファイ、栗東・飯田雄三

フェブノヘア(牝2、父ヨハネスブルグ、母ミヤジマッドレー、栗東・川村禎彦

プレイズペスカ(牡2、父マツリダゴッホ、母マイネマスカレード、栗東・松永昌博

プロクリス(牝2、父キングカメハメハ、母ライラプス、栗東・松田国英

ベラフォレスタ(牝2、父ゼンノロブロイ、母ラスリングカプス、栗東・石坂正

マダムリシェス(牝2、父サクラバクシンオー、母ワイキューブ、栗東・安田隆行

マミーテイラー(牝2、父ゼンノロブロイ、母ジンジャーパンチ、栗東・須貝尚介

マラムデール(牝2、父フレンチデピュティ、母フサイチエアデール、栗東・松田国英

ミヤジカールソン(牡2、父キングカメハメハ、母ケイアイバラード、栗東・本田優

ヤマニンアリエッタ(牝2、父シンボリクリスエス、母ヤマニンファビュル、栗東・山内研二

ラインハート(牝2、父ステイゴールド、母チェルカ、栗東・須貝尚介

ラッキーハナチャン(牝2、父ネオユニヴァース、母ファンドリオボッコ、栗東・柴田光陽

リラヴァティ(牝2、父ゼンノロブロイ、母シンハリーズ、栗東・石坂正

レッドリヴェール(牝2、父ステイゴールド、母ディソサード、栗東・須貝尚介

ワールドマッチ(牡2、父コンデュイット、母パーフェクトマッチ、栗東・中竹和也

ワイドアミーゴ(牝2、父サウスヴィグラス、母スイートブーケ、栗東・加用正

[もっと見る]

マラムデールの関連コラム

閲覧 818ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は14(土)にG3愛知杯が、15(日)にG3京成杯、17(火)にG2日経新春杯がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯プリメラアスールがレースを引っ張って直線コースへ。すぐさま逃げるプリメラアスールを馬なりで交わしてサンソヴールが先頭!内からはクインズミラーグロマラムデール、外からアンジェリックがこれを追います!残り200mを通過、態勢変わらず逃げ込みを図るサンソヴール、しかしここで大外からマキシマムドパリがエンジン点火、1頭違う脚で猛追してきます!残り50m、ここであっさりサンソヴール捉えると最後は流して余裕の1着!5歳で嬉しい初重賞制覇となりました!1馬身半差の2着にサンソヴール、そこから1馬身差の3着にマラムデールが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他9名が的中させています。
 
 
G3京成杯メリオラが先頭で直線コースへ。逃げるメリオラのリードは半馬身、2番手にベストリゾート、後続は固まってポポカテペトルバリングラアサギリジョーコマノインパルスが並んで追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで外からまくるように進出したコマノインパルスが一気に前を捉えて先頭!さらには大外からガンサリュートが良い脚で追い込んで2頭が抜け出しての追い比べ!ゴール前は激しい叩き合いとなりましたが、わずかにコマノインパルスガンサリュートの追撃を振り切り、重賞初制覇となりました!クビ差の2着にガンサリュート、そこから半馬身差の3着にマイネルスフェーンが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ他7名が的中しています。
 
 
G2日経新春杯ヤマカツライデンが先頭で直線コースへ。逃げるヤマカツライデンのリードは2馬身、2番手に抜群の手応えでミッキーロケット、これをマークするようにシャケトラ、やや間があいてモンドインテロの態勢。残り200mを通過、逃げるヤマカツライデンを捉えたミッキーロケットシャケトラの2頭が抜け出して激しい叩き合い!内ミッキーロケット、外シャケトラ!ゴール前まで続板壮絶なデットヒートは僅かに内ミッキーロケットがハナ差シャケトラを抑え込んで優勝しました!ハナ差の2着にシャケトラ、そこから2馬身差の3着にモンドインテロが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他7名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
14(土)中山7Rで『潜在能力は高い。B着怖がり馬がやっと引き当てた外枠。激変!』と狙った単勝137.4倍の大穴◎ダイワチャーチルからの3連複3970倍を200円的中させ、79万4040円を払い戻しました!この他にも17(火)京都9Rで3連単2468倍、16(月)中京12Rで◎マイネルツィールの単複、3連複349倍を400円的中させ、19万9780円を払い戻すなど冴えわたる予想を披露!週末トータル回収率215%、収支プラス81万9220円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ゼット1号プロ
14(土)中山2Rで◎○▲の本線決着!単勝22.3倍、ワイド40.7倍、3連複75.3倍を仕留め、16万310円を払い戻しました!17(火)の京都4Rでも13万6750円を払い戻すなど的中を連発させ、週末トータル回収率196%、収支プラス59万9120円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
14(土)京都8Rで『距離短縮に期待を寄せるスターリーウインド。ロスの多い競馬になった前走と一変して直線怒涛のキレを魅せる筈。』と狙い打ったスターリーウインドが見事1着!◎▲△の印で3連単408倍を300円的中させ、12万2580円を払い戻しました!同日の京都12Rでも◯◎△の印で3連単1418倍を的中させました!週末トータル回収率168%、収支プラス11万6380円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
14(土)京都11Rで単勝22.8倍の伏兵◎トーキングドラムの単複を仕留め、4万4800円を払い戻し!この他にも勝負レースに指定した15(日)中山9Rで◎アールプロセスの単複を仕留め、4万1600円払い戻すなどコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率156%、収支プラス14万7020円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロ山崎エリカプロろいすプロシムーンプロきいいろプロサウスプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
  
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第239回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜愛知杯 G3
閲覧 834ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は愛知杯 G3の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、マキシマムドパリアンジェリックリーサルウェポンの3頭。
第2グループ(黄)は、サンソヴールクインズミラーグロシャルールの3頭。
第3グループ(薄黄)は、マラムデールプリメラアスールまでの8頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間はおろか唯一の大きな溝が最下位のプリメラアスールダイワドレッサー間の2.3だけ、、。稀に見る超大混戦のレースです。

私の本命は◎マキシマムドパリとします。昨年はF・ヴェロン騎手が騎乗、出負けからリズム悪く、チグハグな競馬となりながらも4着。重賞と言えど、実質1600万下なのではないかという今年のメンバー構成なら普通に走れば勝負圏内です。岩田騎手が調教に乗るあたり、勝負気配も漂っています。相手には前2走とは調教内容が一変している◯シャルール、意外と流れ向きそうな▲ヒルノマテーラを上位に取り、以下△クリノラホールクインズミラーグロプリメラアスールカゼルタリーサルウェポンと印を打ちます。


【3連複1頭軸流し】
11

1,3,5,7,10,12,14

計21点

波乱十分に見えるレースですが、意外と堅く収まるのでは?という気がしています。

[もっと見る]

2016年04月06日(水) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(4/2〜4/3)ジ ョ アプロが日曜中山12R▲○◎的中で50万オーバーを記録!
閲覧 545ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、3(日)に中山競馬場でG3ダービー卿チャレンジトロフィーが、阪神競馬場でG2産経大阪杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ダービー卿チャレンジトロフィーは、好発を決めて1番人気のキャンベルジュニアが最内枠からハナを奪い、サンライズメジャーロゴタイプといったところが先団を形成。4コーナー手前からロゴタイプが早めに動き出しを図るとテイエムタイホーエキストラエンドも連れて進出を開始します。迎えた直線、内をかなり開けた状態で4コーナーを出た先頭のキャンベルジュニアロゴタイプに外から交わされ失速。2〜3頭分ぽっかり開いた内を突いて、するすると抜けて伸びてきた5番人気マジックタイムロゴタイプに迫り、残り100mを通過。さらに後方からは、マジックタイムが抜け出した後を縫うように2番人気サトノアラジンも追撃します。結局、ゴール直前でロゴタイプを内から競り落としたマジックタイムが重賞初Vを飾っています。クビ差2着のロゴタイプから1馬身1/4差の3着にはサトノアラジンが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロほか3名が的中しています。
 
G2産経大阪杯は、楽に先手をとったキタサンブラックに、1〜2コーナーで意欲的に押し上げたアンビシャスが2番手に続く形で向こう正面へ。ヌーヴォレコルトイスラボニータショウナンパンドララブリーデイタッチングスピーチあたりは直後の4~8番手あたりを追走する形。一旦ペースが緩んだところで馬群は一気に密集し、3~4コーナーを通過していきます。先頭キタサンブラック、これをがっちりマークする形で2番手アンビシャスの態勢は変わらずのまま、外から早めにマクったショウナンパンドラが直線入り口で3番手に押し上げ直線の攻防へ。好位からはヌーヴォレコルトラブリーデイイスラボニータが追い出されますが、先に抜け出していたキタサンブラックアンビシャスショウナンパンドラとの差はなかなか縮まらず。残り50mで逃げるキタサンブラックを競り落としたアンビシャスが優勝。重賞2勝目を挙げています。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから1馬身1/4差の3着にショウナンパンドラが入っています。
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロ霧プロはははふほほほプロサラマッポプロら13名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
3(日)中山12Rを、▲ガッサンプレイキタサンサジンタケルラグーンの予想で仕留め、単勝173.3倍、馬連182.1倍、3複625.9倍など計50万4320円払戻しのビッグヒットを記録しています。他にもコンスタントに的中を積み重ねた先週は週末トータル的中率63%、同回収率220%、収支41万7320円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
3(日)阪神6Rで◎マラムデールグレイスミノルラバニーユの予想を披露し、馬連&3連単計23万4730円払戻しのスマッシュヒット!土日ともにプラス収支達成の先週は週末トータル回収率151%、収支10万5870円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMさん(育成プロ)
育成プロデビューの初日2(土)にいきなりのロケットスタート!阪神4Rで◎△△3連単(1263.1倍)含む17万1670円払戻しを筆頭に阪神7R中山12Rなど随所に好調予想を披露し、いきなり回収率256%、収支24万5800円プラスをマークしました!
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
2(土)阪神4Rで◎▲からの3連単1263.1倍含め単勝・馬連・3連複と合わせ計16万5970円払戻しのスマッシュヒットを記録。週末トータル回収率160%、収支12万1300円プラスを達成しています。
 
この他にも栗山求プロ (228%)、馬単マスタープロ(218%)、3連単プリンスプロ(157%)、ゼット1号プロ(149%)、3連複プリンセスプロ(130%)、岡村信将プロ(114%)、河内一秀プロ(114%)、西野圭吾さん(育成プロ)(110%)、夢月プロ(108%)、サラマッポプロ(103%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。



ユータ

[もっと見る]

2014年03月07日(金) 14:00
濃霧注意報〜チューリップ賞(2014年)展望〜
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 4

インフルエンザに感染してしまい、先週のコラムはお休みさせて頂きました。申し訳ございません。
丸1週間苦しみ続け、ようやく熱は下がって参りましたが、体力がなかなか追い付いて来ず……。
まだ学生だった約10年前にも感染しているのですが、こんなに長引いた記憶はありません。
ウイルスの種類にも左右されるのでしょうが、体力の低下や加齢も回復力に影響している気がします。
まだ若いと言える側だと自分では思っている(強がり)のですが、身体の方は着実に向こう側へ突き進んでいる様子。
……うーん、そろそろ真面目に"適度な運動"というのを考えなければならない時期なのかもしれませんね。

さて、私が熱にうなされている間に、競馬の舞台は3月の中山&阪神開催へ。
先週の中山記念にも素晴らしいメンバーが揃っていたように、春の主役候補達が一斉に動き出す時期です。
その中でも特に注目したいのは、一生に一度しかないクラシックを目指す3歳馬達のトライアル。
今週は桜花賞、皐月賞、それぞれの最重要トライアルとなるチューリップ賞と弥生賞が行われます。
ここでの結果が本番にも大きな影響を及ぼすことになりそうなだけに、どちらも見逃せませんね。
コラムを書く上でも題材選択に迷ってしまいますが、今回はチューリップ賞の方に触れさせて頂きます。



桜花賞の最重要トライアルということで、毎年世代の核となる存在が春初戦に選んでくるレース。
過去の勝ち馬の中には、ウオッカブエナビスタレーヴディソールといった絶対的な存在の名が見えます。
が、その一方でアパパネジョワドヴィーヴルジェンティルドンナといった圧倒的人気の実績上位馬が、
伏兵の強襲の前に敗れていたりと、意外と波乱の要素も含んでいる様子。
今回もハープスターという、明らかに一枚上の実績を持つ馬が居ますが、
彼女の評価をどの辺りにするかで、狙う券種や配当もだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

さて、そのハープスター
8月の新潟2歳Sでは、今や牡馬路線の核の1頭となったイスラボニータを全く問題にせず、
12月のG1・阪神JFでは首の上げ下げの差で限りなく勝ちに等しい2着。
最後方近くからすっ飛んでくる末脚の威力は牝馬離れしたものがあります。
出走馬の半分以上が条件馬である今回は、黙っていても勝ち負けに加わってきそうな雰囲気があります。

が、そんな本馬にも心配な点が1つ。それは調教の動きです。
松田博資厩舎の所属馬ということで、長めから終い重点の調整を施されることが多いのですが、
この中間も直前の動きもどこかピンと来ません。
阪神JF時も似たような雰囲気でしたが、まだ当時やデビュー時の方が動けていた気がします。
新潟2歳S時に川田騎手が「スタートでも進んでいかず、直線でも進んでいかず」とコメントしているように、
本質的に走ることに後ろ向きなタイプなのかもしれません。
それでもこれまでの3戦は最後になるとちゃんと伸びていますし、実戦でスイッチが入れば問題はなさそう。
ですが、逆にこの後ろ向きさが悪い方へ出てしまうと……他馬へ逆転のチャンスを与えてしまうかもしれません。

その際に浮上してきそうな存在となると、実績的にはエルフィンS勝ちのシャイニーガールが挙げられるでしょうか。
そのエルフィンSは前半行きたがってハナを切る形となりましたが、結果的に楽なペースでレースを支配できました。
馬場が悪く、後続のマークも緩かった等、だいぶ恵まれての勝利だったという印象はありますが、
デビュー時から人気の割にはいい走りを見せてきた馬。今回も相手なりに走ってきても不思議はないでしょう。
ただ、血統を見ると近親には平坦なローカルでの実績馬が多く、本馬自身3走前の中京戦で伸び切れていません。
どちらかと言えば平坦向きの一族である可能性がありそうで、阪神の急坂をどうこなすかが課題となりそうです。

シャイニーガールとは逆に坂を苦にしなさそうなのが、ハーツクライ産駒の関東馬・ヌーヴォレコルト
デビュー戦こそ少しモタつきましたが、その後の2戦は完勝。まだ底を見せたとは言えません。
東京では差して勝利、中京では先行しての押し切りと、戦法に幅があるのも魅力です。
前走で抑えたアドマイヤビジンは1月のOP・紅梅Sを制していますし、本馬もクラス通用の能力は持っているはず。
ただ、先週の芝レースの結果を見ると、大外枠というのは少し競馬がしにくそう。
この枠と初の右回りで、ロスのない位置での立ち回りが出来るかどうか。

かつてクラシックを湧かせたフサイチエアデールを母に持つマラムデールも、圏内突入可能な能力の持ち主。
これまでの良績は1200〜1400mに集中していますが、マイル以上の距離を走った2戦はいずれも馬場が悪かったもの。
母や兄姉達の戦績からも、1400〜1800m辺りに適性がありそうなので、馬場さえ良ければ巻き返しが期待できそうです。
松田国英調教師曰く「腹を括った調整」で臨んでくるそうなので、仕上げも本気モードでしょう。

初の芝でもちょっと注目してみたいのがビートゴーズオン
父がカーリンということでぱっと見は実績通りダート向きの印象なのですが、
これまで日本でデビューしたカーリン産駒で、ダートオンリーの適性を示しているのは意外と少数。
芝とダートの走りが殆ど変わらないタイプか、芝寄りの適性を持つタイプの方が多いように映ります。
加えて本馬の母タドウィガはアイルランドの芝マイル重賞の勝ち馬。
本馬自身も450〜460kg台の、ダート馬らしくないサイズであることから、芝でも走れる可能性はあるはず。
折り合いさえつけばマイルもこなせそうなので、ダートと同等のパフォーマンスを発揮できるなら面白い存在になりそうです。

フェアリーSで3着に逃げ粘ったリラヴァティは、調教の動きが少し良化。
デビュー時からずっと調教では動けない馬でしたが、この中間はいくらか楽に時計が出せるようになっています。
フェアリーSが実質500万条件戦レベルだったことを考えると、いくら重賞実績があるとは言えど強気にはなれませんが、
阪神コースで行われるラジオNIKKEI杯2歳Sを制したアダムスピークが半兄におり、自身の未勝利勝ちも阪神。
現状においてベストと言える舞台に変わるのはプラスではないでしょうか。
前走は押し出される形でハナに立ってしまったので、もう少し溜める形なら。

ハープスター以外のディープ産駒・プリモンディアルミュゼリトルガールは評価に迷う存在。
前者……プリモンディアルは調教の動きが軽快で、デビュー戦も人気に応える快勝でしたが、インパクトはイマイチ。
この時は馬場が悪かったので、良馬場ならばもっと走れる可能性はありますが、今回は様子を見てみたいところ。
相変わらず調教は良く動けていますし、母系の血統も良質なので、どう変わってくるか楽しみではあります。
後者……ミュゼリトルガールは良績が全て東京の1400m。
この条件に限ればなかなかのレベルの走りを見せていますが、マイル戦だったアルテミスSでは全く見せ場を作れず。
母系の血統の脆そうな部分が顔を覗かせている気がします。
それでも、本番の桜花賞に比べると、このチューリップ賞は脆さがある馬でもスムーズなら何とか我慢できるレース。
ハープスター以外のメンバーにそう差を感じない今回ならば見せ場を作れるかもしれません。



こうして改めて見ると、ハープスターの実績だけが目立ち過ぎてて逆に相手探しが難しいレースですよね。
これでハープスターがモタつくなんてことがあれば、結構な配当も期待できそうです。
多分大丈夫だとは思えど、私個人としては巷で騒がれているほど世代の中で抜けた存在と思えないのも確か。
本番前だから……というわけではありませんが、ちょっとヒネた予想をしてみるのも面白そうです。

[もっと見る]

2014年03月04日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年03月04日号
閲覧 213ビュー コメント 0 ナイス 9

▼2014年03月08日(土) 阪神11R チューリップ賞
【JRAの重賞かオープン特別において3着以内となった経験の有無別成績(2007年以降)】
●あり [5-6-4-15](複勝率50.0%)
●なし [2-1-3-66](複勝率8.3%)
→基本的に実績馬が強いレース。特別登録を行った馬のうち、JRAの重賞かオープン特別において3着以内となった経験があるのは、シャイニーガールハープスターマラムデールリラヴァティの4頭だけです。

▼2014年03月08日(土) 中山11R 夕刊フジ賞 オーシャンステークス
【馬番別成績(2009年以降)】
●1〜9番 [5-4-3-33](複勝率26.7%)
●10〜16番 [0-1-2-32](複勝率8.6%)
→外めの枠に入った馬は評価を下げたいところ。また、前走がJRAのレース、かつ前走の4コーナーを5番手以内で通過した馬のうち、その前走で3着以下に敗れていた馬は2009年以降[0-0-1-21](複勝率4.5%)と苦戦しています。

▼2014年03月09日(日) 阪神10R 仁川ステークス
【年齢別成績(2009年以降)】
●4歳 [0-2-0-3](複勝率40.0%)
●5歳 [4-1-3-13](複勝率38.1%)
●6歳 [1-2-2-20](複勝率20.0%)
●7歳 [0-0-0-17](複勝率0.0%)
→比較的若い馬が優勢。また、JRA、かつ1900m以上のレースにおいて優勝経験のない馬は2009年以降[0-2-2-31](複勝率11.4%)と優勝例がありません。

▼2014年03月09日(日) 阪神11R 大阪城ステークス
【血統別成績(2007年以降)】
●父がロベルト系種牡馬 [2-2-2-7](複勝率46.2%)
●父がロベルト系以外の種牡馬 [5-5-5-64](複勝率19.0%)
→ロベルト系種牡馬の産駒は要注意。特別登録を行った馬のうち、父がロベルト系種牡馬なのはスピリタスミッドサマーフェアメイショウサミットの3頭だけでした。

▼2014年03月09日(日) 中山11R 報知杯 弥生賞
【JRA、かつ芝のレースにおける連対率別成績(2008年以降)】
●60.0%以上 [6-5-3-25](複勝率35.9%)
●60.0%未満 [0-1-3-34](複勝率10.5%)
→芝での安定感がポイント。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝のレースにおける連対率が60.0%以上なのは、アズマシャトルウンプテンプエアアンセムキングズオブザサントゥザワールドワンアンドオンリーの6頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。全面的に監修した『ウルトラ回収率 2014-2015(競馬王新書EX006)』(ガイドワークス)も好評発売中。

[もっと見る]

2013年06月13日(木) 18:00 ポグニティ
【POGレポート】ポグニティのスペシャルクラスレポート 柿谷さんが首位グループから抜け出して単独トップへ
閲覧 165ビュー コメント 0 ナイス 4

 みなさんこんにちはー!! ポグニティです! 来週からクラスによってはオーナー数が増えるのでポイントを溜めてる方も多いでしょうねー。僕のクラスではオーナー数は増えないので羨ましい限りです(笑)。
 さて、スペシャルクラスのレポートですが、先週は5名のPOG馬(7頭)が出走と徐々にエンジンがかかってきました。


 それでは早速、ランキングをチェックしていきましょう!
 3名が横並びとなっていた注目のトップ争いですが、マラムデール(1着)、ウインマーレライ(2着)と先週に続き、新馬勝ちを飾った柿谷陽介さんが一歩抜け出す形となりました!!
 続く2位にはアピシウスが出走し、ポイント加算した競馬最強の法則編集部S(♀)さんが入り、3位には新馬勝ちを決めたマイネルギャルソン指名のろいすさんが8位から一気にランクイン!
 その他では、レッドラウディー(2着)、クールオープニング(6着)でポイント加算した日夏ユタカさんが先週同様5位をキープ。カヴァリエール(5着)指名の成澤大輔さんは7位にランクインしています。
 全体を通してやはり注目は首位の柿谷さんですね、これまで指名馬3頭がデビューし、2勝2着1回とほぼ完璧な成績を残しています。その他にも今週デビュー予定のヴァンクウィッシュや調教の動きから評判となっているディープインパクト産駒のレヴアップスピン、すでに函館競馬場入りしているファイトバックなど早期始動馬が続々とスタンバイ!
 一方でブエナビスタの妹、サングレアルアンヴェイルドVodkaの2011など大砲も控えています。POG最強という前評判に違わない素晴らしい馬セレクトですねー。まだまだ序盤ですが、逃げる柿谷さんを誰が捕まえるのか、そんな展開になりそうな予感がしますねー、うーん来週も楽しみです!


 続いて、先週出走した注目馬ランキング上位馬にも目を向けたいと思います。先週はランキング23位のクールオープニング、37位のウインマーレライ、47位のマラムデールなど人気上位馬の出走が多かったですねー。キズナの甥っ子として注目されたクールオープニングは残念な結果でしたが、調教も動いてなかったようにまだまだこれから強くなりそうな印象を受けました、次戦に注目です。
 ウインマーレライは直線で右へ左へ寄れながらも凄い脚でした、粗削りながら秘める能力は相当高そうですね。マラムデールは小柄な牝馬ながら牡馬相手に馬群の狭い所を割ってきました。母譲りの根性、キレでしたねー、戦前は乗り込み不足を懸念されていたぐらいなので伸びしろもありそうです。
 あと、個人的に気になったのは、レッドラウディーです。現地でパドックを見ていたんですが、黒光りする凄い馬体でオーラ出てましたねー、今回は直線でもまだ本気で走ってない感じでしたし、次も好勝負必至じゃないでしょうか。それでは今週はこの辺で失礼します!
 また来週お会いしましょう!!

【ポグニティ】

[もっと見る]

マラムデールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 12

愛知杯

クインズミラーグロ 長め、単走、動き軽快、前向き

マラムデール 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

カゼルタ 坂路、単走、動き軽快、前向き

サンソヴール 長め、単走、動き軽快、前向き

リーサルウエポン 長め、単走、動き軽快、集中して

ウインリバティ 長め、単走、動き軽快、前向き

プリメーラアスール 長め、単走、動き軽快、前向き

ゴールドテーラー 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、置かれる

アンジェリック 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

シャルール 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

マキシムドリパ 坂路、単走、動き軽快、前向き

クラノラホール 坂路、単走、動き軽快、集中して

レーヴデトワール 長め、単走、動き軽快、集中して

ヒルノマテーラ 坂路単走、動き軽快、集中して

ダイワドレッサー 長め、単走、動き軽快、集中して

 ムーンホーセズネック 2017年01月09日(月) 19:58
競馬検討 愛知杯
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 10

愛知杯

アンジェリック 壁あり

アンドリエッテ 復調の兆し

ウインリバティ 頭打ち

カゼルタ ムラあり

クインズミラーグロ ムラあり

クリノラホール 安定し

ゴールドテーラー ムラあり

サブトゥエンティ 力的に不足

サンソヴール ムラあり

シャルール 気楽に走れれば

ダイワドレッサー タイトなコース向きで

ヒルノマテーラ 斤量面で

プリメラアスール 逃げなんぼ

マキシムドリパ 斤量面でどうか

マラムデール 頭打ち

リーサルウエポン 頭打ち

レーヴデトワール 壁あり

クリノラホールか(ρ_・).。o○

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2016年12月12日(月) 22:59
競馬検討 タコーイズステークス
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 12

タコーイズステークス

アットザシーサイド 県内

アルマディヴァン 壁に当たり

ウインファビラス 早熟

ウエスタンメルシー ムラあり

ウキヨノカゼ さて?

ウリウリ スランプ

エテルナミノル 連勝中

エンジェルフェイス 壁に当たり

オツウ 壁に当たり

オーヴィレール 安定はし

カフェブリリアント 力上位

クロコスミア 逃げて

ゴールデンナンバー さて?

サンソヴール ムラあり

ダイワドレッサー 中山向き

ビービーバーレル ダートから?

ブリイトチェリー 壁に当たり

フレイムコード スランプ

ペイシヮフェリス 壁に当たり

マイネグレヴィル 壁に当たり

マジックタイム 力上位

マラムデール 壁に当たり

ヤサカオディール スランプ

レッツゴードンキ ここなら

レッドオリヴィア 再度  

[もっと見る]

マラムデールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  ポグニティ   フォロワー:0人 2013年6月7日(金) 11:36:10
6/8(土)阪神5R・新馬戦・芝1200mに出走です。

マラムデールの写真

マラムデール
マラムデール

マラムデールの厩舎情報 VIP

2017年1月14日愛知杯 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マラムデールの取材メモ VIP

2017年1月14日 愛知杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。