イクスキューズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年4月30日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主岡田 繁幸
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績20戦[3-2-5-10]
総賞金15,248万円
収得賞金2,325万円
英字表記Excuse
血統 ボストンハーバー
血統 ][ 産駒 ]
Capote
Harbor Springs
クリスティキャット
血統 ][ 産駒 ]
Majestic Light
Toll Booth
兄弟 ハバネロキャットトーセンポセイドン
前走 2009/01/10 ニューイヤーS OP
次走予定

イクスキューズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
09/01/10 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 143433.5103** 牝5 54.0 三浦皇成鹿戸雄一470(0)1.35.0 0.135.8⑤④マヤノツルギ
08/12/28 阪神 12 ファイナルS OP 芝1600 1871440.71110** 牝4 54.0 佐藤哲三鹿戸雄一470(-4)1.35.4 0.736.1フィールドベアー
08/12/07 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 163614.798** 牝4 55.0 三浦皇成鹿戸雄一474(+4)1.35.2 0.534.7⑪⑨⑨ザレマ
08/11/16 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 182416.575** 牝4 54.0 内田博幸鹿戸雄一470(+2)1.21.1 0.634.0⑧⑪ヤマニンエマイユ
08/06/15 東京 11 エプソムC G3 芝1800 182323.0714** 牝4 54.0 松岡正海鹿戸雄一468(+2)1.47.8 1.937.0④⑤サンライズマックス
08/05/11 京都 11 都大路S OP 芝1600 1881617.887** 牝4 54.0 武幸四郎鹿戸雄一466(+8)1.35.6 0.534.4⑱⑰フサイチアウステル
08/03/16 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1681511.3510** 牝4 55.0 北村宏司藤沢和雄458(+6)1.49.1 0.736.5ヤマニンメルベイユ
07/12/23 阪神 12 ファイナルS OP 芝1600 186113.716** 牝3 54.0 岩田康誠藤沢和雄452(-12)1.35.0 0.436.2⑤④アンブロワーズ
07/08/12 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 12229.562** 牝3 52.0 田中勝春藤沢和雄464(+16)1.47.0 0.334.8アサヒライジング
07/07/01 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 16367.243** 牝3 56.0 北村宏司藤沢和雄448(-4)1.48.0 0.335.5⑨⑩⑦④ロックドゥカンブ
07/05/06 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 183611.6817** 牝3 55.0 横山典弘藤沢和雄452(-6)1.35.8 1.537.0ピンクカメオ
07/04/22 東京 11 フローラS G2 芝2000 175106.333** 牝3 54.0 北村宏司藤沢和雄458(+6)2.00.9 0.135.6ベッラレイア
07/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 184755.865** 牝3 55.0 北村宏司藤沢和雄452(+6)1.34.7 1.033.5⑮⑯ダイワスカーレット
07/02/17 東京 11 クイーンC G3 芝1600 167146.031** 牝3 54.0 北村宏司藤沢和雄446(0)1.34.5 -0.234.3カタマチボタン
07/01/20 中山 9 菜の花賞 OP 芝1600 118112.013** 牝3 55.0 北村宏司藤沢和雄446(+10)1.35.6 0.134.6⑤⑥ピンクカメオ
06/12/03 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1881616.755** 牝2 54.0 藤田伸二藤沢和雄436(-6)1.33.8 0.734.7⑩⑨ウオッカ
06/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 14693.922** 牝2 54.0 藤田伸二藤沢和雄442(-2)1.21.1 0.834.8アストンマーチャン
06/09/30 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 12793.123** 牝2 54.0 北村宏司藤沢和雄444(+2)1.49.8 0.135.7ナムラマース
06/08/26 札幌 10 クローバー賞 OP 芝1500 11442.311** 牝2 54.0 北村宏司藤沢和雄442(+20)1.29.3 -0.335.8ビービーガルダン
06/07/02 福島 5 2歳新馬 芝1800 148141.711** 牝2 54.0 北村宏司藤沢和雄422(--)1.54.1 -1.137.1コスモエリニュス

イクスキューズの関連ニュース

 強い牝馬は牡馬相手でも強い! ライジングリーズンのまくり一閃だ。

 牝馬は92年にシンコウラブリイが勝ったあと、42頭が挑んで2着2回が最高。一見すると牡馬の壁は厚そうだが、実は重賞ウイナーが挑戦したのは2回だけしかない。そしてその2頭は、00年マルターズスパーブフラワーC)が2着、07年イクスキューズクイーンC)が3着ときっちり好走しているのだ。

 しかも、イクスキューズのハンデが56キロ(牡馬に換算すれば58キロ)と過酷だったのに対し、ライジングは55キロと1キロ恵まれている。今回のメンバー中唯一の重賞ウイナーであり、フェアリーSで下したアエロリット、アネモネSで寄せつけなかったリエノテソーロNHKマイルCでワンツーを決めている。牡馬を負かすための前提条件は整っているのだ。

 桜花賞の疲れが残り、NHKマイルCとオークスを回避したが、「むしろ休ませて正解だった」と、奥村武調教師はニンマリ。「頼りなかったトモ(後肢)がしっかりして、腰に筋肉が乗った。それに、初めてというくらい毛ヅヤも良く見せている。短期間で大きく変わった」と、驚きの急成長を見せている。

 小回り福島の攻略に向けては、トリッキーな中山マイルで3戦3勝と結果を残しているのも頼もしい限り。「コーナーワークがすごく上手。他の馬が加速できないところで小脚を使ってくる。福島はその長所を生かしやすいコースですね。小回りなら1800メートルでも大丈夫」と、指揮官は自信満々だ。さばきやすい少頭数も歓迎で、豪快に抜け出してくる。

 “究極の3連単”はライジングを1着に固定。デビューから【2・3・0・0】の堅実派サトノクロニクルを2、3着に据えた12点で獲る。(夕刊フジ)

ラジオNIKKEI賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【ラジNIK賞】ライジング、デキ上昇&実績一番 2017年06月30日(金) 05:05

 夏の福島開幕週のメインはラジオNIKKEI賞。12頭のメンバーで唯一の重賞ウイナーとなるのが、フェアリーS勝ち馬のライジングリーズンだ。ハンデ55キロは楽ではないが、じっくり立て直したことで状態も上がっており、牝馬として25年ぶりのVを狙う。栗東でも木曜追いの牝馬バルベーラが一杯に追われて、臨戦態勢を整えた。

 本格的に到来した夏競馬シーズンの開幕週に、リフレッシュした牝馬がさっそうと駆け抜ける。メンバー中、唯一の重賞勝ち馬ライジングリーズンが“夏は牝馬”の格言を実証する構えだ。

 「夏、っていうほどまだ暑くないけどね」

 と、笑顔で話す奥村武調教師。だが、「その格言は当たっているかも。相対的に牝馬の方が我慢強いし、だいたい夏負けするのは牡馬の方ですからね」と、格言の根拠を挙げてうなずいた。

 今回は桜花賞8着以来、約3カ月ぶりの実戦。年明けにGIIIフェアリーSを勝ち、さらにオープン特別のアネモネSも制した。賞金的にはNHKマイルCもオークスも楽に出走できる立場だったが、「疲れが取りきれなかった」ため自重。回復に努めた。生涯に1度しか出られないクラシックを見送った英断によって、馬はみるみる良化。今週の追い切りではWコース5ハロン67秒9、ラスト1ハロン13秒2で軽快な動きを見せた。

 「このレースにも間に合えば(使う)、という感じでやってきたけど、休ませたことで本当にいい状態になりました。あとは牡馬相手にハンデ55キロがどうかというだけ」

 調教師は状態の良さを強調し、馬の体調に合わせたレース選択が吉と出ることを願う。問題は、実績があるために背負わされるハンデ。多くの牡馬より重い斤量で走るのは酷だが、フェアリーSで2着に破ったアエロリットNHKマイルCを制したように、牡馬相手に戦える力があることは間違いない。

 「小回りコースで、まくってもいい。乗り方はジョッキーに任せます。流れが向いてこの馬の力を出せれば」

 40歳の若き指揮官が期待を込めて送り出すライジングリーズン。狙うのは、のちにGI馬へと出世したシンコウラブリイ以来、25年ぶりの牝馬Vだ。みちのくの夏の始まりは、かれんな乙女が男たちを一蹴する。 (柴田章利)

ラジオNIKKEI賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

★実績馬出れば結果

 ラジオNIKKEI賞には過去10年で16頭の牝馬が参戦したが、芝の重賞で連対歴があったのは3頭だけ。昨年2着のダイワドレッサー(53キロ)もフェアリーSの2着馬だった。2007年に3着だったイクスキューズは、重賞V&オープン勝ちがあり、ライジングリーズンと互角の実績を持っていたが、実質トップハンデの56キロで0秒3差の惜敗。ライジングリーズンは55キロなら十分にチャンスといえる。

[もっと見る]

【桜花賞】ソウル藤沢和師に聞く「道悪も問題ない」 2017年04月05日(水) 11:28

 −−追い切りは美浦Wコースで5F67秒6

 藤沢和雄調教師「馬なりだけど、良かったね。そう速い時計が出るほうじゃないし、(今年は)一度使わせてもらっているから。前走(チューリップ賞)のあと、すごく穏やかでカイバも食べてくれている。順調だよ」

 −−デビューから無傷の4連勝

 「若い馬で、最初は力んで走っていて心配したけど、今は力も抜けてきた。利口な馬で助かっています」

 −−勝てば04年桜花賞ダンスインザムード)以来の無敗V

 「たくさん応援してもらっているけど、失敗したことも多いんでね。でも、おかげさまで順調にきています」

 −−レース当日は雨の予報も

 「去年の暮れ(阪神JF)のときも、時計の速い馬場じゃなかった。馬場の重いところで育ったような(欧州の)血統だし、道悪でも問題ないと思います」

 −−阪神マイルは阪神JFチューリップ賞と2戦2勝で、文句なしの相性

 「2回走っているけど、前走は以前とは違う競馬で勝ってくれたからね。今は馬もずいぶん穏やかだし、乗り役もしっかりしているから、心配していません。応援してください」

 ■藤沢和雄調教師の桜花賞成績 年  馬名 人気 着順 99 スティンガー    1 (12) 00 レディミューズ   2 (6) 01 ハッピーパス    3 (4) 02 シャイニンルビー  1 (3) 04 ダンスインザムード 1 〔1〕 07 イクスキューズ   6 (5) 11 ダンスファンタジア 3 (7) 

(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新種牡馬連載(2)】マツリダゴッホ 2013年04月02日(火) 14:46

(1)競走成績 日本、香港で27戦10勝。重賞は6勝。4歳時に有馬記念を制している。07〜09年に産経賞オールカマーを3連覇したほか、重賞全6勝がすべて中山で、他の4勝も中山と札幌のみという特異な戦績だった。勝ち星は1800〜2500メートル。早い時期から素質は示していたが、年齢を重ねてから決め手に磨きがかかっていた。

(2)血統 父は不世出の名種牡馬。母の半弟に菊花賞馬ナリタトップロードがいるほか、従兄弟には富士Sを勝ち、マイルチャンピオンシップで2着に好走したダノンヨーヨーがいる。母の父Bel BolideはGIを勝っていない地味な種牡馬だが、ボールドルーラー系の力強さがあり、リボーを内包している点が長所を伝えたようだ。

(3)適性診断 サンデーサイレンス系だけに芝が向くのは確かだが、母方の血はむしろダート向きと言える配合の持ち主。スペシャルウィークフジキセキのように、ダート巧者を出しても何ら不思議はない。母がナスルーラの4×4のクロスを持っており、繁殖牝馬によっては早い時期に活躍する馬も出るだろう。

(4)初年度産駒 初年度から128頭の繁殖牝馬が集まり、実績の割にリーズナブルなSS系種牡馬として注目された。この中には7勝を挙げたオープン馬コスモマーベラスの半弟や、母にイクスキューズ(クイーンC)を持つ牡馬などが含まれている。トップクラスの牧場が所有する繁殖牝馬とも種付けしており、成功する要素は十分だ。

[もっと見る]

【馬名決まりました】美浦(2月28日登録分)2013年03月05日(火) 15:16

セレステ(牝、アッミラーレ、ゲイリーエンジェル、美浦・藤原辰雄

ドミナスイオン(牝、父キングカメハメハ、母マッキールージュ、美浦・斎藤誠

スターオブミューズ(牝、父シベリアンホーク、母スターオブアディラ、美浦・水野貴広

スプリングポイント(牝、父ジャングルポケット、母スプリングドリュー、美浦・柄崎孝

ナムライッポン(牡、父ストーミングホーム、母ナムラハル、美浦・新開幸一

グラスボンズ(牡、父スペシャルウィーク、母グラスレンヌ、美浦・尾形充弘

コウヨウチャンス(牝、父ゼンノロブロイ、母フォーティース、美浦・古賀慎明

リキューズ(牡、父ダイワメジャー、母イクスキューズ、美浦・大江原哲

ボーラトウショウ(牝、父チーフベアハート、母コルサトウショウ、美浦・尾関知人

サイドスティック(牡、父マヤノトップガン、母メジロフランシス、美浦・鹿戸雄一

[もっと見る]

エグジジェの10が6700万円で落札2010年07月13日(火) 11:17

 13日、日本最大の競走馬のセリ市、セレクトセール2010(社団法人日本競走馬協会主催)の2日目が北海道・苫小牧のノーザンホースパークで開催され、この日は当歳馬が上場。エグジジェの2010(牡、父ゼンノロブロイ)がグローブエクワインマネージメント(有)に6700万円で落札された。

 エグジジェはJRA3勝に終わったが、近親に米国産の大種牡馬ボストンハーバーがいる良血。

 ボストンハーバーは米国で96年ブリーダーズC・ジュヴェナイル(米GI)を勝つなど活躍。引退後、日本に種馬として輸入され、07年クイーンC(GIII)優勝馬イクスキューズなどを輩出している。

[もっと見る]

⇒もっと見る

イクスキューズの関連コラム

関連コラムはありません。

イクスキューズの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

イクスキューズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イクスキューズの写真

投稿写真はありません。

イクスキューズの厩舎情報 VIP

2009年1月10日ニューイヤーS3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イクスキューズの取材メモ VIP

2009年1月10日 ニューイヤーS 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。