会員登録はこちら
朝日フューチュリティ G1   2017年12月17日()  阪神/芝1600m

朝日フューチュリティの歴史と概要


2015年の優勝馬リオンディーズ

2歳牡馬・牝馬がマイルの舞台で、スピードと切れ味の完成度を競い合う。第45回(1993年)はナリタブライアンが、第49回(1997年)はグラスワンダーが、それぞれその後の活躍を約束する圧勝劇を演じている。第58回(2006年)はドリームジャーニーが豪快な末脚を繰り出して快勝。のちに有馬記念を勝つことになる同馬が、中山競馬場との相性の良さを早くも見せつけた。第67回(2015年)は、新馬戦を勝ったばかりの1勝馬リオンディーズが、断然人気のエアスピネルを差し切って勝利を飾り、このレースに勝てば「JRA平地G1完全制覇」(当時)だったエアスピネル鞍上・武豊の夢を打ち砕いた。

▼2015年はリオンディーズが勝利。エアスピネル鞍上・武豊の”JRA平地G1完全制覇”(当時)の夢を打ち砕いた。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第68回
2016年12月18日
阪神 芝1600m
サトノアレス 牡2 1:35.4 四位洋文 藤沢和雄 全着順を
見る
第67回
2015年12月20日
阪神 芝1600m
リオンディーズ 牡2 1:34.4 M.デムーロ 角居勝彦 全着順を
見る
第66回
2014年12月21日
阪神 芝1600m
ダノンプラチナ 牡2 1:35.9 蛯名正義 国枝栄 全着順を
見る
第65回
2013年12月15日
中山 芝1600m
アジアエクスプレス 牡2 1:34.7 R.ムーア 手塚貴久 全着順を
見る
第64回
2012年12月16日
中山 芝1600m
ロゴタイプ 牡2 1:33.4 M.デムーロ 田中剛 全着順を
見る
第63回
2011年12月18日
中山 芝1600m
アルフレード 牡2 1:33.4 C.ウィリアムズ 手塚貴久 全着順を
見る
第62回
2010年12月19日
中山 芝1600m
グランプリボス 牡2 1:33.9 M.デムーロ 矢作芳人 全着順を
見る
第61回
2009年12月20日
中山 芝1600m
ローズキングダム 牡2 1:34.0 小牧太 橋口弘次 全着順を
見る
第60回
2008年12月21日
中山 芝1600m
セイウンワンダー 牡2 1:35.1 岩田康誠 領家政蔵 全着順を
見る
第59回
2007年12月9日
中山 芝1600m
ゴスホークケン 牡2 1:33.5 勝浦正樹 斎藤誠 全着順を
見る
第58回
2006年12月10日
中山 芝1600m
ドリームジャーニー 牡2 1:34.4 蛯名正義 池江泰寿 全着順を
見る
第57回
2005年12月11日
中山 芝1600m
フサイチリシャール 牡2 1:33.7 福永祐一 松田国英 全着順を
見る
第56回
2004年12月12日
中山 芝1600m
マイネルレコルト 牡2 1:33.4 後藤浩輝 堀井雅広 全着順を
見る
第55回
2003年12月14日
中山 芝1600m
コスモサンビーム 牡2 1:33.7 D.バルジュー 佐々木晶 全着順を
見る
第54回
2002年12月8日
中山 芝1600m
エイシンチャンプ 牡2 1:33.5 福永祐一 瀬戸口勉 全着順を
見る
第53回
2001年12月9日
中山 芝1600m
アドマイヤドン 牡2 1:33.8 藤田伸二 松田博資 全着順を
見る
第52回
2000年12月10日
中山 芝1600m
メジロベイリー 牡2 1:34.5 横山典弘 武邦彦 全着順を
見る
第51回
1999年12月12日
中山 芝1600m
エイシンプレストン 牡2 1:34.7 福永祐一 北橋修二 全着順を
見る
第50回
1998年12月13日
中山 芝1600m
アドマイヤコジーン 牡2 1:35.3 M.ロバーツ 橋田満 全着順を
見る
第49回
1997年12月7日
中山 芝1600m
グラスワンダー 牡2 1:33.6 的場均 尾形充弘 全着順を
見る
第48回
1996年12月8日
中山 芝1600m
マイネルマックス 牡2 1:36.3 佐藤哲三 中村均 全着順を
見る
第47回
1995年12月10日
中山 芝1600m
バブルガムフェロー 牡2 1:34.2 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第46回
1994年12月11日
中山 芝1600m
フジキセキ 牡2 1:34.7 角田晃一 渡辺栄 全着順を
見る
第45回
1993年12月12日
中山 芝1600m
ナリタブライアン 牡2 1:34.4 南井克巳 大久保正 全着順を
見る
第44回
1992年12月13日
中山 芝1600m
エルウェーウィン 牡2 1:35.5 南井克巳 坪憲章 全着順を
見る
第43回
1991年12月8日
中山 芝1600m
ミホノブルボン 牡2 1:34.5 小島貞博 戸山為夫 全着順を
見る
第42回
1990年12月9日
中山 芝1600m
リンドシェーバー 牡2 1:34.0 的場均 元石孝昭 全着順を
見る
第41回
1989年12月17日
中山 芝1600m
アイネスフウジン 牡2 1:34.4 中野栄治 加藤修甫 全着順を
見る
第40回
1988年12月18日
中山 芝1600m
サクラホクトオー 牡2 1:35.5 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第39回
1987年12月20日
中山 芝1600m
サクラチヨノオー 牡2 1:35.6 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第38回
1986年12月14日
中山 芝1600m
メリーナイス 牡2 1:35.6 根本康広 橋本輝雄 全着順を
見る

歴史と位置付け

1949年、関東の3歳(現2歳)王者を決めるレースとして創設された「朝日盃3歳ステークス」が起源となる。創設当初は中山競馬場の芝1100mで行われていたが、1959年には芝1200m、1962年からは芝1600mへと施行距離が延長されていった。1970年に競走名を「朝日杯3歳ステークス」に変更。1991年、牡馬・牝馬それぞれの3歳(現2歳)王者決定戦を明確にするため、阪神競馬場で行われる牝馬限定戦「阪神3歳牝馬ステークス」を創設。本競走は牡馬・せん馬限定戦として3歳(現2歳)王者を争う一戦に生まれ変わった。2001年、馬齢表示を国際基準へ変更したのに伴い、競走名を「朝日杯フューチュリティステークス」に改称。2004年には出走条件が「2歳牡馬・牝馬」となり、せん馬は出走不可となった。2014年からは、競走内容のより一層の充実を図る観点から、阪神競馬場での開催となっている。

開催時期

第1〜7回、第9回以降は12月初〜中旬に開催されている。第8回は12月23日の開催。1991年に牝馬チャンピオン決定戦「阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)」が生まれて以降は、その翌週の開催が恒例になっている。2004年に出走条件が「2歳牡馬・牝馬」となってからも、牝馬は1週前の阪神ジュベナイルフィリーズを目指すのが一般的だが、2007年(第59回)にはフォーチュンワード、2013年(第65回)にはクリサージュとベルカント、2016年(第68回)にはミスエルテが果敢に牡馬へ挑戦している。

競走条件

2歳牡馬・牝馬が出走可能。1991(第43回)〜2003年(第55回)は2歳牡馬・せん馬のみが出走可能だった。負担重量規定は馬齢重量(牡馬55kg、牝馬54kg)。1995年には特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬の出走も可能となった。地方競馬所属馬は同年に行われる京王杯2歳ステークス、デイリー杯2歳ステークスの1、2着馬に優先出走権が与えられるほか、JRAが実施する芝の2歳重賞で1着になった馬も出走申込ができる。2010年には国際競走に指定され、外国調教馬も出走可能となった。

その他

競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、英語で「未来」「将来」の意味を表す。

年表

1949年「朝日盃3歳ステークス」創設。中山芝1100mで第1回を施行
1959年施行距離を芝1200mに変更
1962年施行距離を芝1600mに変更
1970年競走名を「朝日杯3歳ステークス」に変更
1971年外国産馬が出走可能に
1976年持ち込み馬マルゼンスキーがレコード13馬身差の圧勝で競馬界を震撼させる
1984年グレード制導入。G1に格付け
1991年出走条件を3歳(現2歳)牡馬・せん馬に変更
1995年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2001年馬齢表示の国際基準化に伴い、出走条件を2歳牡馬・せん馬に変更。競走名は「朝日杯フューチュリティステークス」に
2004年出走条件を2歳牡馬・牝馬に変更
2010年国際競走に指定され外国調教馬の出走が可能に
2014年施行条件を阪神芝1600mに変更

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る