メリーナイス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 1984年3月22日生
調教師橋本輝雄(美浦)
馬主浦 房子
生産者前田 徹
生産地静内町
戦績14戦[5-3-0-6]
総賞金20,355万円
収得賞金4,925万円
英字表記Merry Nice
血統 コリムスキー
血統 ][ 産駒 ]
Northern Dancer
Libro D Oro
ツキメリー
血統 ][ 産駒 ]
シヤトーゲイ
メリーブラツト
兄弟 ストロングレガリアミスターミサト
前走 1988/08/21 函館記念 G3
次走予定

メリーナイスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
88/08/21 函館 10 函館記念 G3 芝2000 14712--32** 牡4 59.0 根本康広橋本輝雄494(+24)1.58.6 0.836.3⑧⑧⑦⑥サッカーボーイ
88/04/29 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 18713--414** 牡4 58.0 根本康広橋本輝雄470(-14)3.25.8 4.0--⑮⑮⑬⑭タマモクロス
88/02/21 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1011--12** 牡4 59.0 根本康広橋本輝雄484(+6)2.32.9 0.2--メジロフルマー
87/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16714--3** 牡3 55.0 根本康広橋本輝雄478(+16)-- ------メジロデュレン
87/11/08 京都 10 菊花賞 G1 芝3000 18818--19** 牡3 57.0 根本康広橋本輝雄462(0)3.09.3 1.3--サクラスターオー
87/09/27 中山 11 セントライト G2 芝2200 1267--11** 牡3 56.0 根本康広橋本輝雄462(+2)2.13.9 -0.136.6⑤⑤セントナダラ
87/05/31 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 2438--41** 牡3 57.0 根本康広橋本輝雄460(-2)2.27.8 -1.0--⑤⑥⑧サニースワロー
87/04/19 中山 10 皐月賞 G1 芝2000 20716--87** 牡3 57.0 根本康広橋本輝雄462(-8)2.02.5 0.637.0⑰⑰⑯⑱サクラスターオー
87/03/29 中山 11 フジTVスプ G2 芝1800 1244--29** 牡3 56.0 根本康広橋本輝雄470(+2)1.50.3 1.037.6⑨⑧⑩⑨マティリアル
86/12/14 中山 11 朝日杯3歳ス G1 芝1600 988--21** 牡2 54.0 根本康広橋本輝雄468(+8)1.35.6 -0.235.5ホクトヘリオス
86/10/25 東京 8 いちょう特別 OP 芝1600 777--11** 牡2 53.0 根本康広橋本輝雄460(+4)1.36.1 -0.0--⑤⑤セントナダラ
86/10/04 東京 9 りんどう賞 400万下 芝1600 1022--22** 牡2 53.0 根本康広橋本輝雄456(-10)1.35.5 0.0--⑤④サクラロータリー
86/09/20 函館 7 コスモス賞 OP 芝1700 922--24** 牡2 53.0 根本康広橋本輝雄466(-2)1.46.1 0.535.1⑤⑤⑨⑥ゴールドシチー
86/08/03 函館 3 2歳新馬 芝1000 911--11** 牡2 53.0 根本康広橋本輝雄468(--)0.58.7 -0.034.9サイコーハート

メリーナイスの関連ニュース

 今週の中央競馬は、函館開催最大のレース・函館記念がメイン。サマー2000シリーズの第2戦で、荒れるハンデ戦として伝統を築いてきた。最大の注目は、メンバー唯一のGI馬サトノアレスだ。巴賞を快勝して復調をアピールし、中1週でも元気いっぱい。28年ぶりの3歳馬Vを目指して、古馬の挑戦を受けて立つ構えだ。

 昨年の最優秀2歳牡馬がようやく目を覚ましてきた。今年3戦目となった前走の巴賞を快勝したサトノアレスが、返す刀で函館開催ハイライトの主役を務める。

 「前に並びかけたスピードや反応はさすがだった。馬は傷んでないし、水曜(5日)に乗り出したくらい。上がり目はあると思う」。前走で能力を再認識した津曲助手は、中1週でも上積み十分とアピールする。

 2歳王者として迎えたこの春はスプリングS4着、皐月賞11着。さらにダービーも態勢が整わずに見送りと不振に終わった。しかし、じっくり良化を待ったことで少しずつ体調はアップ。巴賞では春2戦でひと息だったスタートも決まり、最後は自慢の切れ味で初対戦の古馬をねじ伏せた。

 久々のコンビだったルメール騎手は「リラックスして走れていたし、反応も良かった」と語る一方で、「抜け出すとソラを使って(気を抜いて)ブレーキをかける面があったし、パワーアップしてほしいところもある」と課題も挙げた。それだけ良化の余地がある証拠だ。

 グレード制導入後に朝日杯FS(旧・朝日杯3歳S)を勝った2歳王者の函館記念参戦は、メリーナイス(1988年2着)、アドマイヤコジーン(2000年6着)以来3度目。3歳での挑戦は初めてで、盛り上がること間違いない。勝てば3歳馬としては28年ぶりの快挙でもある。

 オーナーの里見治氏は今年も安田記念サトノアラジン)、宝塚記念サトノクラウン)とGI2勝を挙げるなど絶好調。10日のセレクトセールでは、最高額の1歳馬を競り落とした。ハンデは54キロとなったが、相変わらず景気のいいオーナーの勢いも得て、サトノアレスが函館の名物レースで重賞2勝目を飾る。 (板津雄志)

★28年ぶり3歳馬Vなるか

 3歳馬が函館記念を勝つと、1989年のスピークリーズン以来、28年ぶりとなる。ただ、函館開催が札幌開催より先に行われるようになった1997年以降、3歳馬の挑戦はわずか4頭のみ。一昨年は、GIIニュージーランドTを制した3歳馬ヤマカツエースが3着に好走しており、GI馬サトノアレスならさらに上の着順が狙える。

★展望

 函館開催伝統の荒れるハンデ戦。昨年の2歳王者サトノアレスは54キロで、古馬に換算すると58キロで実質トップハンデだが、底力は最上位。斤量も許容範囲内で、主役の座は譲れない。昨年の覇者マイネルミラノはトップハンデの58キロだが、自分のリズムで走れれば、連覇も十分に考えられる。鳴尾記念を制したステイインシアトル、函館巧者のツクバアズマオー、晩成の血が開花したサクラアンプルール、ひと息入れて好気配のルミナスウォリアーといった実力馬に加え、軽ハンデ馬の台頭にも注意を払いたい。

函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【オレのダービー】根本康広2017年05月28日() 05:03

 皐月賞サクラスターオーが戦線離脱した1987年のダービーは、皐月賞3着のマティリアルが1番人気。朝日杯3歳S(現朝日杯FS)を勝っていた根本康広騎手のメリーナイスは4番人気ながら、蓋を開ければ6馬身差の大楽勝だった。

 「あれだけの差をつけられたのはなぜかといわれれば、体形や血統的に2400メートルが合っていたからなのかもしれない」

 第54代ダービージョッキーはそう分析する。勝つためのポイントは「1コーナー10番手以内がセオリー。ダービーは5回乗ったけど、全てその意識で挑んだ。後ろからでは20何頭をさばけない」。セオリー通り、5、6番手のインという絶好の位置から抜け出した。

 ただ、本人はハシノエースで4着だった81年が強く印象に残っている。「NHKでダービー初騎乗のジョッキーとして取り上げられた。結果が伴わず周囲から『それ見たことか』といわれるのが嫌で、やってやろうという気持ちだった。4コーナーでは勝ったと思ったんだけどね」。巧みな位置取りと負けん気の強さが、大一番に強い男の評価を不動のものにした。

[もっと見る]

【ダービー記者ゴルゴ(後編)】根本師に攻略のツボを聞く 2016年05月25日(水) 12:30

 競馬の祭典「第83回日本ダービー」(29日、東京、GI、芝2400メートル)の発走が5日後に迫った。大テキチューを目指すTIM・ゴルゴ松本(49)が美浦トレーニングセンター(茨城県)に潜入した『ダービー記者ゴルゴ』。レジェンド直撃の後編では騎手時代の1987年、メリーナイスで6馬身差Vの離れ業を演じた“ミスターぶっちぎり”根本康広調教師(60)に今年のツボを聞いた。 (構成・内海裕介)

 ゴルゴ松本 お久しぶりです、根本先生。

 根本康広調教師 こんにちは。きょうは(藤田)菜七子の取材かい?

 ゴルゴ いえいえ、先生にダービーのお話を伺いに参りました。先生は騎手時代の87年、メリーナイスで伝説の6馬身ぶっちぎりで優勝。

 根本 31歳のときだから、ずいぶん昔だね。デビュー前は小さくてだるまさんみたいで、走らないと思ったの。そしたら当時、ウチの厩舎(橋本輝雄厩舎)で調教助手だった二ノ宮さん(現調教師)が「根本ちゃん、この馬沈むよ」って。確かに走らせたら良かった。朝日杯3歳S(現FS=1着)は自信あったもの。

 ゴルゴ しかし年明けはスプリングS9着、皐月賞7着。

 根本 ウチの師匠(橋本調教師)は追い込む競馬が好きで、皐月賞は人気のマティリアルをマークしろって言われたんだけど、向こうが動かなくてね。でも最後に脚を使ったから、2400メートルももつって思った。

 ゴルゴ そしてダービーが衝撃の勝ちっぷり。

 根本 師匠が定年間近で、フリーになったらオレはダービーなんて乗れないだろうから最後のチャンスだと思って、師匠に「1コーナー10番手、4コーナー7番手以内につけたい」ってお願いしたの。「前に行くと包まれるぞ」と言われたけど、「大丈夫です、ダービーだと僕の周りはポカッと開きます」って。

 ゴルゴ へえ、それはすごい。確信があったんですか?

[もっと見る]

【宝塚記念】大観衆が悲鳴…大出遅れゴールド15着 2015年06月29日(月) 05:10

 第56回宝塚記念(28日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億5000万円=出走16頭)川田将雅騎乗の6番人気ラブリーデイが2番手から直線で抜け出し、GI初制覇を決めた。タイム2分14秒4(良)。1番人気のゴールドシップはスタートで大きく出遅れ、15着に大敗。史上初のJRAの平地同一GI3連覇はならなかった。

 芦毛の怪物に何が起こったのか。ゴールドシップがゲート内で2度立ち上がって絶望的な出遅れを喫した瞬間、大観衆の悲鳴、落胆の叫びが阪神競馬場を包んだ。時間にして約3秒、10馬身以上のロスで、レースは最後まで後方のまま15着。史上初のJRA平地同一GI3連覇の偉業は、思わぬ形でついえた。

 「あの馬らしいね」。こう切り出した横山典騎手は、「ゲートは落ち着いて入っておとなしくしていた。あと少しというところで、うなってしまって。彼に聞いてみなければ分からない」と振り返った。

 目隠しして真っ先にゲートイン。しばらくはおとなしかったが、内隣のトーホウジャッカルがうるさくすると、それが影響したのか落ち着きを失っていった。最後のラブリーデイが入るといらだちがピークに達し、トーホウを威嚇するように立ち上がって暴れ出した。

 裁決委員の福田正二審判部長によると、最初に立ち上がった際に横山典騎手から「(開けるのを)待ってくれ」と声がかかり、その後、同騎手の「いいですよ」という合図で、速やかにゲートを切った。しかし、開くと同時に再度、立ち上がってしまった。

 須貝調教師は「またほえた。練習ではやらないが、練習と競馬は違うから。普段から突拍子もないことをするが、この馬だけは本当に分からん」と苦い表情。枠内駐立不良で7月20日以降の発走調教再審査を課せられ、今後の見通しも立たなくなった。

 「こんな馬をいつも応援してくれるファンには、これからも見捨てず見守ってくれたら。ごめんなさいね」とトレーナーは頭を下げ、鞍上も「買ってくれたお客さんには悪いけど、こういう面を込みで、この馬の個性と思っていただければ」とファンに向けてコメントを残した。

 強さともろさが同居するゴールドシップ。ファン投票1位が示すとおり、破天荒なキャラクターが人気だが、強すぎる個性があだとなってしまった。 (板津雄志)

★28日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

★売り上げの60.1%

 ゴールドシップから売れた馬券の総額(枠連は〔8〕〔8〕のみ含む)は117億7190万6200円。レースの売り上げ195億7533万7300円の中で占める割合は実に60.1%だった。単勝オッズは1.9倍で、これで1倍台のときは10戦5勝と、半分で期待を裏切っている。

GIでのアクシデント

 GIでの大きな出遅れは、最近では2012年有馬記念で2番人気ルーラーシップ(3着)、14年阪神JFで1番人気ロカ(8着)などがある。1987年有馬記念で3番人気メリーナイス、02年菊花賞で1番人気ノーリーズンは、ともに発走直後に落馬。00年皐月賞で3番人気ラガーレグルスは立ち上がってゲートに挟まり競走を中止。また、オルフェーヴルは12年のGII阪神大賞典の2周目3コーナーで外に大きくふくらみ、ロスが響き2着となった。

発走調教再審査

 ゲートの入りや出が特に悪い馬や、中でじっと立てない馬に課されるゲート試験。合格しないとレースに出走できない。

[もっと見る]

“記憶に残る名馬”サッカーボーイ逝く 2011年10月08日() 05:05

 皇帝シンボリルドルフに続いてまた1頭、昭和の名馬がこの世を去った。1987年阪神3歳S(=現2歳、西の2歳王者決定戦)、88年マイルCSのGI2勝を挙げ、種牡馬としても3頭のJRA・GI馬を輩出したサッカーボーイ(牡、父ディクタス)が7日午前9時25分、北海道安平町の社台スタリオンステーションで蹄葉炎(ていようえん)のため死亡した。26歳だった。

 80年代後半の競馬を彩った個性派が永眠した。栃栗毛の馬体にブロンドのたてがみという容姿に加え、競馬でのド派手な勝ちっぷりでファンを魅了したサッカボーイが、関係者が見守る中で死亡した。

 「ここ数年は蹄葉炎で苦しんでいましたが、つらい思いをしながらも種付けをこなしてくれた偉い馬でした。天寿を全うしたと言えるのではないでしょうか」

 吉田勝己ノーザンファーム代表が最期まで種牡馬として貢献してくれた名馬に感謝の言葉をかけた。

 サッカーボーイと同じ1985年生まれは現在でも「最強世代」と語られる。活躍馬の代表といえば、公営・笠松から移籍して88、90年有馬記念などGI4勝を挙げ、昨年7月3日に死亡した芦毛の怪物オグリキャップ。他にも88年菊花賞、89年天皇賞・秋、90年天皇賞・春を勝ったスーパークリークなどそうそうたる顔ぶれが並んでいた。

 その中でサッカーボーイの存在を大きくさせたのが88年の函館記念だった。メリーナイスシリウスシンボリのダービー馬2頭、2冠牝馬マックスビューティなどレース史上最高メンバーを相手に5馬身差V。芝2000メートルで1分57秒8と、サクラユタカオーが天皇賞・秋でマークしていた1分58秒3を0秒5更新する当時としては驚愕の日本レコードをマークし、主戦を務めた河内洋現調教師も「一番印象に残っている」とベストレースに挙げた。この記録は今でも函館競馬場コースレコードとして残っている。

 同期のライバル、オグリキャップとの初対決となった88年有馬記念では3着に敗退。その後骨折などがあり、結局これが最後のレースとなってしまったが、1年5カ月の競走生活ながら、強烈な印象をファンに与えた。

 自身がマイルから中距離を得意としたにもかかわらず、ヒシミラクル(菊花賞、天皇賞・春、宝塚記念)、ナリタトップロード(菊花賞)といった一流ステイヤーを送り出し、種牡馬としても型にはまらない結果を残したサッカーボーイ。産駒は2歳に5頭、1歳に2頭いるが、この父系から再び、ファンを熱狂させる個性派が誕生することが期待される。

[もっと見る]

函館でオリジナル馬券を発売2010年06月08日(火) 05:00

 来週19日から夏競馬が開幕する。今年はスタンド改修工事が終了し、函館競馬が2年ぶりに開催。1回函館(19日〜7月11日)では新スタンドグランドオープンを記念して、函館場内限定で通常の券面に函館デビューの2歳GI(現朝日杯FS、阪神JF)馬のサクラチヨノオーサッカーボーイナリタブライアンマイネルマックスメリーナイスヤマニンシュクルラッキーゲランの7頭が印刷されているオリジナル馬券を発売する。

 また、名馬招待イベントとして7月4日に2年ぶりにメジロライアンが来場。他にもウイニングチケットビワハヤヒデミホノブルボンなどのお披露目も予定されている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メリーナイスの関連コラム

閲覧 1,042ビュー コメント 0 ナイス 5

"ダービーの勝ち馬を見返すと その時代を思い出す。
映画にもなったメリーナイス
馬券を握りしめたサクラチヨノオー
1点で仕留めた風神&ライアン
今でもNO1LOVE、トウカイテイオー
血統を覆した調教技術、戸山ブルボン
自身の変わり目、ウイニングチケット
"
近年より90年代に名勝負があったように思う。

さて83TH日本ダービー
皐月は▲◎☆で3連単 18-03-11 で70,390円 を的中できた。
http://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.phprace_id=2016041706030811&user_id=f5f90cd996
その皐月が起点レースになることは周知の事実
最近はJRAのHP出走表から各レースを見直せるようになっている(ほぼ全レース)
ありがたいのはパトロールがみられること。
横からと正面からの映像はまったく違う。
時計や指数も大事だが レースを見ることが最も大切なのではないか。

導きだした答えはシンプル
皐月の1〜3着は他馬とかなりの差があるように思える。
余白があり上昇可能な馬を本命とした。


問題は馬券の買い方なのだろう。
当てたいなら 複系なら確率は高くなる。
儲けたいなら 単系となろう。

小生は欲張り。当然 単系で勝負する。
得意技は 2点に絞った【丁半馬券】だが 残念ながらそこまで絞り切れなかった。
というか、検討を積み重ねて どうしても買いたくなった【紐穴馬】が見つかったからだ。

3強?で決まれば仕方なし。(それでもおいしい配当)
本命→薄め が博打の基本
何かが何かに挑めば 両雄並び立たず! 歴史は幾度も証明していることを忘れたくはない。

馬単で3点 (内1点はおさえ)
3連単で9点 (1000倍以上含む)
計12点で勝負する第83回 東京優駿 日本ダービーとなる


登録済みの方はこちらからログイン

2014年05月31日() 22:00 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜 第81回 東京優駿(日本ダービー) 〜 
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 8

玄人目には鋭くゴール手前で伸びてきたワンアンドオンリー
第81回優駿に1番近い印象であった。
しかし週中いろいろと模索、妄想するなかで母父タイキシャトルであり、
2400でもあの脚が使えるのかという疑念に悩まされた。

そもそもレッドリヴェールはなぜダービーなのか?
結果、二冠はならなかったが
世代リーダーはハープスターなのではないか!という自問自答を繰り返した。

イスラボニータフジキセキが奇跡を起した馬とも考えたが
血統とは紐解けば統計論
やはり2000までの馬と考えれば頭の馬券は配当妙味が薄れる。

自在性豊かで差しに構えれば爆発のイメージのトゥザワールド
川田コンピュータが狂ったオークスを考えれば懸念は残る。

まともならこの4頭なのだろうが…

もう30回近いダービーを体験してきた。
メリーナイス
チヨノオー
風神に迫るライアン
柴田マサトウイニングチケット
ホースマンの夢 ダービー
予想家として当てたい!

しかし 天邪鬼
土曜日のあるレース結果で心は決まった。
不動心
馬柱は履歴書と同じ
しかし活字通りに行かないのが
生き物が走る競馬
紐解けば数パーセントの可能性が夢を広げる。

欲に屈した訳ではない。
もし上記4騎に勝てなくとも割って入る馬
ファクターは状態の良さ
みんなが狙ってる勲章
数字以上にタフなレースがダービー

乾坤一擲

丁半は温存して 穴としたい

[もっと見る]

2012年05月04日(金) 15:15 ウマニティ編集長
ウマニティ編集長「岡田大が直撃取材で迫る“プロ予想家の真実”」〜☆まんでがんプロ編〜
閲覧 166ビュー コメント 0 ナイス 24

「あくまで『☆まんでがん=博徒』。若いユーザーさんには好まれないスタイルかもしれませんが、いまのままでいいというのが結論です」(by☆まんでがん

えー、まずですね、エリカちゃんの“仕返しコラム”に対してはノーコメントとさせていただきます(笑)。なにを反論しても、言い訳にしか聞こえないだろうし、誰も信じてくれないだろうし。捨てゼリフ的にひと言、「だいぶ脚色しやがって……」とだけ言っておきましょうかね。チクショウ。

さて、今週より僕の正規のコラムを再開させます。ただし、タイトルが「岡田大がそっと教える“プロ予想家の表と裏”」から「岡田大が直撃取材で迫る“プロ予想家の真実”」に変わっていることからもおわかりのように、若干リニューアルが施されています。というのも、これまでのように“オモテ”と“ウラ”の両面を書ける公認プロ予想家がいなくなってしまったからです。

これから紹介する公認プロのほとんどの皆さんとは直接お会いしたことがあります。一緒に馬券を打ったり、お酒を飲んだりしたことのある方もいます。しかし、偉そうに“ウラ”を書けるほど付き合いが深いわけではありません。第一印象やたまたま目撃したシーンだけで、その方のことを知ったように語ることはできませんので、今回からは「本音直撃インタビュー+味付け少々」という内容に変更することにしました。これまでの“オモテ”の回のみになったと考えていただいて結構です。まずはそのことをご承知おきください。

これまでの“ウラ”の回のような衝撃のエピソードはあまり登場しないかもしれませんが、公認プロそれぞれの過去、競馬に対する意識、成功談と失敗談、自身の性格についてなど、あらゆることを聞いていきますので、きっと興味深い内容になっていくと思います。これからも引き続き、当連載をお楽しみいただけると幸いです。

リニューアル一弾目に登場してもらうのは、第3回プロテストを見事に勝ち抜き、2009年春から公認プロとして活躍している☆まんでがんさんです。勝っておごらず、負けてくさらず。今回は、決して中途半端な勝負はしない、ウマニティ公認プロ予想家陣きっての“博徒”である☆まんでがんの本音に迫ります。そのアツーい“競馬観”“人生観”にご注目ください!

-------------------------------

競馬を始めたキッカケは?

「直接的なキッカケはメジロデュレンユーワジェームスで大荒れになった1987年の第32回有馬記念。ダービー馬メリーナイス、二冠馬サクラスターオーが競走中止になったレースです。枠連しかない時代で1万6300円も付きましたからね。いま考えると、とんでもない馬券でした」

現在のスタイルを築くまでにはどんな試行錯誤がありましたか?

「【丁半】というスタイルは枠連しかない時代にほぼ確立したもので、おそらく 正解に限りなく近い手法だと現在も考えています。『本命から薄め』は博徒の基本だということは周知の事実です。しかし、これ1本ではリスクが高いので、本命から人気どころを押さえることによって、たとえ元取りでも的中率を上げていくことを目指しています。【丁半】はサイコロ用語ですが、イメージ的にはルーレットの赤黒のほうが感覚的に近いですかね」

転機になったレースや出来事はありますか?

「1989年の第14回エリザベス女王杯。断然人気のシャダイカグラが飛んで、最低人気サンドピアリスが勝ったあのレースです。20頭立ての20番人気→10番人気→14番人気で決まったので、もしも当時3連単があれば、G技望綺嚢眷枦になっていたことでしょう。馬連すらない時代だったので私が獲ったのは当然枠連ですが、それでも配当は8460円。若かりし日に大金を手にすれば、のめり込むのは当然かと(笑)」

最も重視している予想ファクターとその利用法は?

「最大重視は時計です。これに、血統や調教などを加えた総合的判断が基本になります。時計=現状の力。血統=今後伸びる背景。調教=上記2つが発揮できるかどうか。これが私の持論です。とくに調教については、『稽古しない力士が強くなるわけがない』『準備もしていないプレゼンで商談がまとまるわけがない』『花束も買っていない&レストランも予約していない男が、狙った女を落とせるわけがな〜い(笑)』と考えています」

現在の1週間の過ごし方は?

「近年は金曜日の夜までなにもしない作戦(笑)。いや、しないようにしている、が正解。先入観が最大の敵ですから」

現在の馬券の年間収支はどれくらいですか?

「ノーコメント。負けている年もあるかも、ということで(笑)」

これまでの最高勝利は?

「レース単位なら、2006年の第67回オークスの約200万円。1日単位なら、中央と大井をハシゴしたある日の約380万円。税務署キライですのでよろしく(笑)」

儲けたお金の使い道は?

「若かりし日は、さらに打つ! それしかない! 現在は夜の街に還元しています」

自分の性格を自己分析してください

「いまだ、夢の扉の向こうになにかがあると信じています。そういう性格です」

競馬以外の趣味は?

「酒、煙草、女……的なふつうのオヤジです。競輪も競艇もやりますよ!」

これまで「やっちゃったな」と思える失敗体験はありますか?

「やはり、最終レースに全部!という定番のパターンですかね(苦笑)」

お酒にまつわるダメエピソードはありますか?

「酒を飲むことも仕事のひとつですから理性を失うことはないです。だから、大きな失敗はあまりありませんよ。ただ、翌朝『使いすぎ!』と反省することは多々あります」

目標にしている予想家や競馬著名人、ライバルはいますか?

「亡き師匠ですね。博打のすべてを教えてくれた、特別な存在の人です」

理想のプロ予想家像・ウマニティのプロ予想家としての目標は?

「ウマニティのプロ予想家陣はキャラクター豊富であり、独自の指数を出している方や 回収率の優れた方に人気がありますが、あくまで『☆まんでがん=博徒』と自認しています。若いユーザーさんには好まれないスタイルかもしれませんが、いまのままでいいというのが自分の結論です。ほかのプロの方たちのようなスタイルは自分には合わないし、真似ようとも思いません。回収率が年間マイナスだとしても それはルール上の数字だと考えています。週72レース予想する人と4〜5レース予想する人の回収率を比べること自体がナンセンスでしょう。
 しかしながら、予想を買う側に立てば、回収率が重要なファクターになるとも認識しています。今後はレースを絞り、数字を変化させていくこと(我慢できれば―笑―)や、提供する予想全レースを【丁半】馬券とすることも検討しています。バーチャルな世界だからこそ、なぜ◎なのかを伝えられる表現を心がけたいですね」

では最後に、ユーザーさんに向けて自己PRを。

「博打は『分相応』が鉄則でございます! 博打で負けて文句を言うなど『言語道断』でございます! そして、博打は『粋』で打つものでございます!」

-------------------------------

ゴーイングマイウェイ。その言葉がピッタリと当てはまる人ですよね。回収率は重要ながら、それだけで優劣は決められない―――そんな持論を聞き、☆まんでがんさんらしいなぁと思いました。ウマニティの予想コロシアムの上限は1レース1万円。でも、☆まんでがんさんが勝負をするときは、その枠に収まらない額を1レースに投じます。事実、僕は万単位の馬券を買い、十万単位の払戻しを受ける姿を、お会いした数回のなかで目撃したこともありますからね。このお方がホンモノの“博徒”であることは保証します。

大きく勝ったことを周囲に言わず、競馬終わりの飲み会の会計のほとんどをこっそり持ってくれたときもカッコ良かったな〜。勝っても負けても潔い。そしてセコくない。そんな姿には、ギャンブラーなら誰もが憧れちゃいますよね。予想スタイルを変えることはないものの、回収率のことも考慮し、予想の提供の仕方を変えていくかもしれないという☆まんでがんさん。決められたルールのなかで、“博徒”としての真骨頂をどうやって見せていくのか? その動向に注目したいと思います!

[もっと見る]

メリーナイスの口コミ


口コミ一覧

第947回toto予想

 藤沢雄二 2017年08月05日() 07:02

閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の札幌戦での敗戦を受けてレッズのペトロビッチ監督が解任されたことで、今年のJ1の監督交代は5チーム目になりました。

何が恐ろしいって、過去5年で3回のリーグ優勝を果たした広島の森保監督、昨シーズンはCSを制して勝負強さを見せつけた鹿島の石井監督、そして昨シーズンは年間最多勝ち点を得たペトロビッチ監督と、おそらく今シーズンの開幕前にはJ1の実績上位の3人の監督が解任されるなんて誰も思わなかったでしょうね。
メリーナイスが落馬して、サクラスターオーが競走中止した有馬記念以上の波乱のシーズンだから、そりゃあtotoを当てるのも至難の業だよね。

々檀棔G大阪【0・2】
∪邵蝓FC東京【1】
新潟ー横浜M【2】
と愿帖執島【0】
C大阪ー札幌【0】
鹿島ー仙台【1】
П栽臓実腟棔1】
柏ー神戸【1】
鳥栖ー清水【0・2】
京都ー岡山【0】
横浜FCー大分【1】
湘南ー松本【1・0】
金沢ー東京V【1・0】

WIN5もそうだけど『当てる』ことと『買う以上はそれなりの配当を狙う』ことの両立は難しい。

全体的に堅めの予想になったけど、穴予想はきイ琉き分け1本勝負。これをクリアできれば、いい配当に手が届きそうだとは思うのだが。

 グリーンセンスセラ 2017年07月17日(月) 22:39
 「伝説のレコード」消滅? 函館 
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 4

JRAに元大物調教師が「裏切られた」と猛抗議!? 函館競馬の超高速化で29年間守られ続けた「伝説のレコード」に迫る"消滅"の危機── ギャンブルジャーナル / 2017年7月15日 17時48分 http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3844.html


「厩舎関係者にすれば、裏切られた思いが強い」

 14日付の『日刊スポーツ』だ。史上初めて4年連続でJRA賞を受賞した名牝メジロドーベルなどを手掛けた大久保洋吉元調教師が、自身の連載コラムで函館競馬場の芝の「高速化」について激しく異を唱えている。

 実際に、先月17日から開幕した函館競馬は初日からレコードが連発。メインの函館スプリントSでは、従来のレコードを1秒も更新する超高速決着となった。

 結局、初週から土日合わせて計5回レコードが更新された"異常事態"に、池添謙一騎手も当日のトークショーで「スピード競馬になってしまった」と語り、騎手会長の武豊騎手も自身の公式ホームページで「土日二日間でレコードが5本!」と驚きの声を綴っている。

 ただ、武豊騎手が「(今後の)馬場の推移を見守っていくつもりです」とコメントしている通り、この時は基本的に速い時計が出やすい開幕週。開催が進むにつれて馬場が痛み「時計が掛かる従来の函館に戻るのでは」と見られていた。

 ところが開幕4週目に入った9日でも2歳新馬がレコードを更新。そんな状況を受けて声を上げたのが大久保元調教師だった。

 師は函館競馬場で使用されている洋芝は本来「良馬場でもクッションの利いた時計の掛かる馬場で、関係者にも好評だった」と話し、今回際の芝状態に対して「ここまで速くなると、ちょっと納得がいかない」と異議を唱えている。


次のページ▶▶▶「JRAは高速決着が故障の原因になることを念頭に置いて馬場管理に当たってほしい」

 また「(従来の)洋芝に合う馬を出走させて結果を求めてきた厩舎関係者にすれば、裏切られた思いが強い」と"現場の声"を代弁。最後には「JRAは高速決着が故障の原因になることを念頭に置いて馬場管理に当たってほしい」とJRAの馬場造園課に対して強く警鐘を鳴らしている。

 元より函館や札幌競馬場は気候の関係上、他の競馬場で使用されている野芝の育成が不安定ということもあって、時計のかかる洋芝が使用されている。派手なタイムこそ出にくいが、例えば「欧州の馬場に近い」という理由で、フランスの凱旋門賞に向かう陣営が前哨戦として札幌のレースを選択するなど、競馬場が持つ1つの"個性"として関係者に親しまれてきた。

 ただ、近年は函館競馬場の高速化が進み「洋芝としての個性が失われつつある」という懸念は競馬関係者だけでなく、競馬ファンからでさえずっと聞かれている。

 大久保元調教師が語るように、馬の故障に繋がる可能性が生まれることももっともだ。だが、ファンからすれば長年守られてきた「最後の聖域」が、ついに"消滅"してしまうのではないかという不安を抱いている人も多いようだ。

「現在、JRAの重賞が行われる芝コースで、平成に入ってから唯一レコードが塗り替えられていないのが、今週の函館記念が開催される函館の芝2000mです。今年は開幕週から高速馬場となりレコードも次々と更新されているので、1988年から守られているレコードタイムが『ついに更新されてしまうのでは』と考えている人も多いようですね」(競馬記者)

 今から29年前、1988年の函館記念は、オールドファンを中心に今でも競馬ファンの間では語り草になっている伝説のレースだ。


次のページ▶▶▶紛れもない“モンスター”の走破時計も危機に
前年のダービー馬メリーナイスを5馬身ちぎり捨て、レコードタイムでレースを制したのは、3歳馬のサッカーボーイ。後にマイルチャンピオンシップを4馬身差で圧勝し、ゲートで暴れて流血した有馬記念でも、先着を許したのはオグリキャップとタマモクロスだけという紛れもない"モンスター"である。

 そんなサッカーボーイが函館記念で記録した1.57.8という走破時計は、当時の函館レコードどころか日本レコードとなる、まさに異次元のタイムだった。

 ただ、そんな29年間も破られていない"スーパーレコード"が、今年破られてしまう可能性は確かに存在しているようだ。

「開幕週で更新された5本のレコードの内、1本は芝1800mでした。実はこれも1988年から29年間破られていなかったレコード。これが更新されたということは、理論的に2000mのレコードも更新される可能性は当然あります。

 今年の函館記念はステイインシアトルやマイネルミラノなど、強力な逃げ先行馬が揃った感がありますし、ペースの速いレースになれば、従来のレコードが更新されるかもしれませんね」(同)

 無論、競馬が続き、競走馬や調教技術が日々進化を遂げている以上、レコードはいつか更新されるものではある。それが「日本競馬の進化の証」という考えもあるだろう。ただ、ファンからすれば、最後に残ったこともあって"あの"サッカーボーイのレコードだけは破られてほしくないという思いもあるようだ。

 現在のところ、函館記念が開催される16日の函館には降雨が予報されているが、果たしてそれが「奇跡の雨」となるのだろうか。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2016年10月27日(木) 12:45
今は我慢の時…〜POG第21節〜
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 12

勝ち星から遠ざかるとモチベーションの置き所にも苦慮するわけで、さらに仕事が忙しめで帰宅が遅くなると、なおさらキーボードを叩くのが億劫になるわけで…。

【出走結果】
・10月22日 東京5R
★ラボーナ 11着 2.07.4・良(1着馬とのタイム差+1.7)
単勝オッズ 3.0倍(2番人気)
【採点:4.0】

主戦場のPOGで指名している★ラボーナでしたが、初戦は12着と大敗しました。
ウマニティPOGでは落札できなかったので、ちょっとドラフト目線で書いてみると“他人の血統”を強奪するのはよろしくないな、と。
主戦場のPOGは2007〜2008シーズンから開催されて今回で10シーズン目になるのですけど、長く参戦している人にはお気に入りの母系がそれぞれあります。特に兄弟馬を毎年指名していると「○○さんはこの馬は指名してくるよね」というのがね。
ラボーナの母のハッピーパスの仔は毎年、指名者が違うので、そういう意味では固有の血統ではないのだけど、でも自分が過去に指名していなければやはり他人の血統なわけで、スタンス的には6位以下で「この順目で誰もいかないのなら取るよ」ぐらいの方がいいのかな、と。
野球じゃないけどFAの目玉みたいな感じで取りに行くとあまりいい結果にならない、それは他者が自分の血統に手を出してきた場合にも言えることですけど。
あと、メンタルを保つためには「誰かインケツのヤツが指名したんだろ」と責任転嫁することですw
もちろんおおっぴらに、公開の日記で該当者を名指しするのはマズイでしょうけど、まあ期待値を下げて生暖かく見守る、そんな感じでいいんじゃないかな。
こうやって書いているということは、そのインケツ氏の目星は立っているのですがww
重ねて言います、公言はしません。ただし、どうしてもというのであればオフレコでなら…ww
(もちろんオフレコではあってもある程度の交流をさせていただいていないと口は割りませんよ)

まあ馬の方はというと、546kgって大きすぎますよね。
幸いにも続戦の方向で中1週で使うみたいですから、そこは長い目で。

・10月22日 東京9R アイビーS
☆ペルシアンナイト 2着 1.49.2・良(1着馬とのタイム差+0.3)
単勝オッズ 2.4倍(1番人気)
【採点:5.5】

東京競馬場でなく新潟に遠征しておいて、こう書く義理がないのは承知だが、やはり牝馬に負けたのは残念だし悔しい。
まあPOGは基本的に育成のゲームであるから過度の勝利至上主義に偏るのは良くないとは思っているけど、ゲームとはいえ勝負事の側面もあるので、やはり目先のレースには勝ちたい。とりわけ今回は勝たなければいけないレースだったので、内容よりも結果が欲しかった。
レース序盤で「引っ掛かった」のが敗因と言われているけど、あれぐらいはどうにかしてくれないと。メリーナイスの菊花賞やメジロドーベルのチューリップ賞ぐらいまでいかないと「引っ掛かった」を敗因にしてほしくはない。

その一方で、ツキのバランスを考えると2着という結果にも一応は納得しなくちゃいけないのかな、と。
というのもシーズンBに入ってから【1-4-4-6/15】という成績なのだが、その裏で我が浦和レッズは9月に入ってから公式戦10連勝の真っ只中。あっちも絶好調、こっちも絶好調というのはさすがに…ね。
POGの方は勝ちから遠ざかってはいるものの、決して停滞しているわけではないので、この状況も受け入れないと。ちょっと「勝ちたい」という思いが強すぎたのかもしれません。


・10月23日 新潟5R
△アルテーロ 3着 1.38.2・良(1着馬とのタイム差+0.7)
単勝オッズ 4.1倍(2番人気)
【採点:6.0】
戦前に懸念されていた材料をクリアした上での3着なら内容はあったと思います。ここは勝ち馬が強かったですね。
レース後はしがらきに放牧に出て、5回京都の最終週の牝馬限定の芝1400mに向かう模様。レースぶりから京都の内回りは合っていそうな印象を受けたのでいい選択ではないでしょうか。

土曜日の萩Sにはヴァナヘイムがスタンバイ。
展望はのちほど書きますが、どうやら“見ている方”がリラックスできるかどうかがカギになりそうです。

[もっと見る]

メリーナイスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

メリーナイスの写真

投稿写真はありません。

メリーナイスの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

メリーナイスの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。