会員登録はこちら
朝日フューチュリティ G1   2017年12月17日()  阪神/芝1600m

特別登録:「U指数」無料公開(会員限定) 〜朝日フューチュリティ2017〜

第69回 朝日フューチュリティ G1

2017年12月17日()阪神11R 芝1600m

天候:
馬場:

会員登録(無料)でご覧頂けます。

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果

予想U指数
My
予想印
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
調教師 戦績 収得賞金 前走
** アイアンクロー 牡2 55.0 斉藤崇史 1-1-1-1 1,000万 17.09.23
ききょうS 5着
** アサクサゲンキ 牡2 55.0 音無秀孝 2-1-1-1 1,950万 17.11.04
京王杯2歳S G2 3着
** イシマツ 牡2 55.0 森秀行 0-0-0-1 110万 17.08.20
クローバー賞 4着
** カシアス 牡2 55.0 清水久詞 2-2-0-0 2,700万 17.11.04
京王杯2歳S G2 2着
** ケイアイノーテック 牡2 55.0 平田修 1-0-1-0 400万 17.11.11
デイリー2S G2 3着
** ケイティクレバー 牡2 55.0 目野哲也 1-1-2-1 400万 17.11.25
京都2歳S G3 3着
** ステルヴィオ 牡2 55.0 木村哲也 2-1-0-0 1,850万 17.10.07
サウジRC G3 2着
** タワーオブロンドン 牡2 55.0 藤沢和雄 3-1-0-0 3,100万 17.11.04
京王杯2歳S G2 1着
** ダノンスマッシュ 牡2 55.0 安田隆行 2-1-0-0 1,200万 17.10.15
もみじS 1着
** ダノンプレミアム 牡2 55.0 中内田充 2-0-0-0 2,050万 17.10.07
サウジRC G3 1着
** ダブルシャープ 牡2 55.0 渡辺薫彦 1-0-1-1 980万 17.10.07
サウジRC G3 6着
** ナムラアッパレ 牡2 55.0 目野哲也 1-0-1-8 400万 17.11.25
京都2歳S G3 6着
** ニシノベースマン 牡2 55.0 森秀行 1-1-1-4 400万 17.12.10
こうやまき賞 6着
** ヒシコスマー 牡2 55.0 清水久詞 2-0-0-1 900万 17.12.03
万両賞 1着
** ファストアプローチ 牡2 55.0 藤沢和雄 1-2-0-1 1,000万 17.09.24
芙蓉S 2着
** フロンティア 牡2 55.0 中内田充 2-0-0-1 1,950万 17.11.11
デイリー2S G2 4着
** ムスコローソ 牡2 55.0 手塚貴久 2-0-0-1 900万 17.11.18
2歳500万下 1着
** ライトオンキュー 牡2 55.0 昆貢 1-0-1-0 400万 17.11.18
2歳未勝利 1着

会員登録(無料)でご覧頂けます。

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

動画はまだ公開されていません

朝日杯FS関連記事

【朝日杯FS】中内田師、ダノンプレミアムに自信!
 今週のメインは2歳馬の伝統GI朝日杯フューチュリティステークス。この大舞台に新馬−重賞連勝のダノンプレミアムを送り込むのが新進気鋭の中内田充正調教師(38)だ。異色の経歴を持つ若手トレーナーを直撃し、同馬の特長、レースへの見通しを聞き出した。 【取材構成・宇恵英志】 −−新馬、重賞と連勝中の最有力候補 「『いいレースを』ではなく『いい結果を』が求められる立場だと思っています。今年はこのレースが目標でした。なかなか思った通りにことは運ばないものですが、無事にここまで運んでいます。この馬の今後のためにもGIのタイトルを取らせたい」 −−長所は 「スタートが良く、最後もきっちりと伸びてくれる。とにかく競馬でしっかりと走ってくれますね。一戦ごとに走りが良くなっています」 −−優等生のイメージ 「のみ込みが早く、教えたことをすぐに覚える賢い馬。ジョッキーが教えてくれていることに対して、きちんと対応しています。まだキャリア2戦ですし、今後、何か見つかるかも知れませんが、今のところは課題はありません」 開業4年目の今年は、11日現在関西リーディング6位、勝率20・8%は全国トップの大躍進。特に2歳戦は23戦10勝、複勝率は69・6%におよぶ −−2歳戦で重賞3勝 「いい馬を預けてもらっているおかげです。厩舎も理想の形に近づいてきました。勝てるときに勝たせるのが仕事。まだ“新米”ですが、これからもレベルアップを図りながら、さらに上を目指していきたいです」 中内田調教師は、小学校6年生のときに見たオグリキャップのラストラン(有馬記念)に感動して乗馬を始め、高校を中退してアイルランドの高校に入学。さらに英国の大学で馬学を学び、フランス(C・ヘッド厩舎)での研修を経て米国の歴史的トレーナー、R・フランケル調教師に師事した。 −−欧米で学んだ何が役に立っているのか 「ピンポイントで言うのは難しいですね。いろいろ経験して今の自分があるわけですから。今まで出会って今の自分にしてくれた人たちは、同じだけ感謝しています」
2017年12月12日(火) 05:05

 1,864

【東西現場記者走る】スマッシュ、一番カナロアに似ている
 阪神ジュベナイルフィリーズを千葉記者が的中し、好評のGI連載『東西現場記者走る』。今週の朝日杯フューチュリティSを担当する東京サンスポの板津雄志(38)は、連続的中を目指して栗東トレセンへ潜入した。初日のターゲットはダノンスマッシュ。父と同じ厩舎に在籍するロードカナロア産駒が、勢いに乗ってGI制覇を果たせるのか、陣営を直撃した。 阪神JFを担当した千葉記者が◎△△で見事に仕留めた。だが、私はGIで2週連続不発。社内では、ジャパンCの的中なんてはるか昔のことになりつつある。何としても当てなければ。 新種牡馬のライバル関係も火花が散る。オルフェーヴルが阪神JFで先にGI馬ラッキーライラックを送り出し、同期のロードカナロアも負けていられない。父が在籍した安田隆厩舎へ行くと、ダノンスマッシュを担当するのは、父も手掛けた岩本助手だった。「女がオルフェーヴルなら、男はカナロアで」と意欲満々。父子GI制覇を狙っている。 安田隆厩舎のロードカナロア産駒は4頭が勝ち上がっているが、岩本助手は「産駒は総じて父似が多く、体の作りがきれいでいて肉付きもいい。奥手だと思うので、3歳になったらもっと良くなるでしょうね」と説明する。すでに32勝(オルフェは10勝)を挙げ、2歳部門の種牡馬リーディングでディープインパクト(48勝)に次ぐ2位なのに、奥手とは驚きだ。 厩舎にいるカナロア産駒では、スマッシュが性格面で一番父に似ているという。「使いながら落ち着いて、集中力も増している。掛からないし、普段から乗り手の思う通りに乗れる馬。賢いという言葉がぴったり」。距離延長も「問題ないでしょう」と言い切る。 状態もさらに上昇ムードだ。1週前追い切りはCWで6ハロン78秒8−11秒6の猛時計。「馬なりですからね。具合は言うことない」と太鼓判を押す岩本助手は、「カナロアのように経験したことを吸収して次のステップへ行ける馬。成長段階でこれだけ走れるのだから、来年はどんな馬になるのか。こんな気持ちになるのは久しぶり」と賛辞を連発する。ちなみに道悪も「めっちゃうまい」そうだ。 最後に、管理馬のチェックを終えた安田隆調教師にも直撃した。 「馬房でじゃれてくるしぐさがカナロアに似ているんですよ。ハードな調教に耐えているし、状態はすごくいい。カナロア産駒の初重賞はやっぱり安田厩舎じゃないと。その方がドラマチックでしょ」 そのドラマを期待したくなってきた。密着初日でダノンスマッシュ◎と結論を出したら、デスクに怒られるだろうか…。★朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載東西現場記者走る 2014年春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材で勝ち馬に迫る。結論はレース当日の紙面で掲載。先週は千葉記者が◎△△で的中し、板津記者も前回担当したジャパンCで5番人気シュヴァルグランを◎に推して3連単1万3340円を仕留めた。
2017年12月12日(火) 05:04

 1,107

【朝日杯FS】新潟2歳S覇者、フロンティア逆襲
 中内田厩舎は、新潟2歳Sの覇者フロンティアも参戦する。1番人気に支持された前走は4着だったが、道中で故障した馬の動きを避けるロスがあっての結果。見限るのは早計だろう。「前走の負けは仕方がないです。道中でアクシデントがあった後、ダラッと走っていましたから。本来はあんな馬ではないですよ。コース替わりは心配していません」と中内田師は巻き返しを期待する。★朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年12月12日(火) 05:03

 1,035

【朝日杯FS】レースの注目点
★唯一の無敗馬ダノンプレミアム、無傷3連勝でGIタイトル手にするか 今年の朝日杯フューチュリティS登録馬18頭のうち無敗馬は、2戦2勝のダノンプレミアム(牡、栗東・中内田充正厩舎)1頭のみ。同馬は新馬→GIIIサウジアラビアロイヤルCと連勝中だが、無傷の3連勝で勝利を飾ることができるだろうか。 Vなら、無敗馬の朝日杯FS制覇は、グレード制が導入された1984年以降、2015年リオンディーズ以来2年ぶり13頭目となる。なお、サウジアラビアロイヤルCの前身であるいちょうS勝ち馬からは、3冠馬シンボリルドルフを筆頭に、GI5勝馬メジロドーベルなど、多くのGIホースが誕生している。 また、ダノンプレミアムに騎乗予定の川田将雅騎手は、初の朝日杯FS制覇がかかっている。同騎手は、昨年、牝馬のミスエルテで参戦し、1番人気で4着という結果だったが、今年は勝利を挙げることができるだろうか。★武豊GI完全制覇に王手かけるか 18度目の挑戦 アサクサゲンキ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)に騎乗予定の武豊騎手が、朝日杯FS初制覇を目指す。同騎手はJRAで実施されるGI競走24レースのうち、22レースで計74勝を挙げており、完全制覇へ残すは2歳GIの「朝日杯FS」と「ホープフルS」となっている。 朝日杯FSには、過去17回騎乗し4度の2着があるが、果たして、GI完全制覇に王手をかけることができるだろうか。なお、武豊騎手はアサクサゲンキに2度騎乗し、GIII小倉2歳S優勝、GII京王杯2歳S3着の成績を残している。★唯一の3勝馬タワーオブロンドン、モハメド殿下はライトオンキューも登録 タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は、18頭の登録馬のうち唯一の3勝馬で、通算4戦3勝の成績である。同馬は、7月29日の新馬戦を勝ったあと、2戦目のクローバー賞では2着に敗れたが、3戦目のききょうS、4戦目のGII京王杯2歳Sと連勝。京王杯2歳Sの勝ち馬は、グレード制が導入された1984年以降の朝日杯FSで22戦5勝、2着6回(勝率22.7%、連対率50.0%)の成績を残しているが、タワーオブロンドンは4勝目をGIの舞台で挙げることができるのだろうか。 また、本邦外居住馬主のH.H.シェイク・モハメドは、タワーオブロンドンとライトオンキュー(牡、栗東・昆貢厩舎)の2頭を登録。同馬主は、外国馬では1996年ジャパンCをシングスピールで制しているが、JRAの馬主として初のGI制覇を遂げることができるだろうか。 なお、今回登録している2頭はダーレー・ジャパン・ファームの生産馬で、タワーオブロンドンはRaven’s pass、ライトオンキューはShamardalの持込馬である。ちなみにRaven’s passは、現役時2008年ブリーダーズCクラシックなどGI・2勝、Shamardalは2005年仏ダービーなどGI・4勝を挙げている。★連覇かかる藤沢和師、今年の2歳戦で4頭がオープン入り 昨年、サトノアレスで優勝した藤沢和雄調教師は、タワーオブロンドン(牡)とファストアプローチ(牡)の2頭で連覇に挑む。今年、同調教師は、12月11日現在、出走させた2歳馬15頭のうち8頭が勝ち上がっており、そのうち4頭がオープン入りを果たしている。朝日杯FSの連覇を決めれば、グレード制が導入された1984年以降、境勝太郎元調教師(1987・88年)以来2人目となるが、今年も藤沢調教師は勝利を挙げることができるだろうか。 また、タワーオブロンドンにはC・ルメール騎手、ファストアプローチにはV・シュミノー騎手が騎乗する予定。特にルメール騎手は、藤沢調教師の管埋馬で、12月11日現在、JRA通算178戦57勝、2着32回(勝率32.0%、連対率50.0%)と高い数字をマーク。重賞レースでもGI3勝を含む9勝を挙げており、今年のオークスとダービーも制している。★活躍目立つ新種牡馬ロードカナロア産駒 ステルヴィオ、ダノンスマッシュが登録 今年の新種牡馬ロードカナロアは、12月11日現在、JRAで32勝を挙げており、1990年以降の新種牡馬の2歳戦勝利数では、2011年ダイワメジャーと並び2位タイとなっている。同産駒は、朝日杯FSにGIIIサウジアラビアロイヤルC2着のステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)ともみじS勝ち馬ダノンスマッシュ(牡、栗東・安田隆行厩舎)が登録しているが、初年度産駒からGIホースが誕生するだろうか。Vなら、新種牡馬産駒の朝日杯FS制覇は2005年フサイチリシャール(父クロフネ)以来12年ぶりとなる。 また、今年の朝日杯FSには、新馬戦開幕週の6月3・4日にデビューした馬が登録しており、ケイアイノーテック(牡、栗東・平田修厩舎)は6月3日の阪神、ステルヴィオは4日の東京でデビューした。6月デビューの朝日杯FS優勝馬は、グレード制が導入された1984年以降5頭いるが、この2頭のどちらかが勝てば、もっとも早いデビューの優勝馬となる。
2017年12月11日(月) 20:25

 1,807

朝日杯FSのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る