注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トーセンレーヴ(競走馬)

注目ホース
トーセンレーヴ
トーセンレーヴ
写真一覧
現役 牡9 鹿毛 2008年3月21日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績29戦[8-0-4-17]
総賞金21,491万円
収得賞金6,425万円
英字表記Tosen Reve
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ビワハイジ
血統 ][ 産駒 ]
Caerleon
アグサン
兄弟 ブエナビスタアドマイヤオーラ
前走 2016/08/21 札幌記念 G2
次走予定

トーセンレーヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 164886.21314** 牡8 57.0 D.ホワイ池江泰寿480(+2)2.04.4 2.738.9⑥⑥⑥⑪ネオリアリズム
16/07/17 函館 11 函館記念 G3 芝2000 161213.5610** 牡8 57.5 D.ホワイ池江泰寿478(-14)2.00.1 1.136.0⑧⑧⑨⑬マイネルミラノ
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1824133.81418** 牡8 58.0 武幸四郎池江泰寿492(+10)3.19.4 4.138.5⑦⑦⑦⑫キタサンブラック
16/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 152316.889** 牡8 56.0 S.フォー池江泰寿482(+2)2.19.5 1.838.1⑤④⑤⑦サトノクラウン
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1651086.7146** 牡7 57.0 H.ボウマ池江泰寿480(+2)2.33.3 0.334.4⑭⑭⑮⑬ゴールドアクター
15/12/20 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 10335.231** 牡7 59.0 H.ボウマ池江泰寿478(-6)1.59.1 -0.034.1⑦⑦⑥⑥スーパームーン
15/11/21 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 1181110.741** 牡7 57.0 H.ボウマ池江泰寿484(+8)2.00.6 -0.033.8⑤⑤⑤⑤トラストワン
15/07/26 中京 11 中京記念 G3 芝1600 161212.0512** 牡7 57.0 Z.パート池江泰寿476(-8)1.34.3 0.935.7⑦⑪⑦スマートオリオン
15/02/22 京都 11 洛陽S OP 芝1600 1661213.793** 牡7 58.0 A.シュタ池江泰寿484(+8)1.33.8 0.234.2⑥⑦レッドアリオン
14/11/30 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 1661226.91011** 牡6 56.0 P.ブドー池江泰寿476(+4)1.34.3 0.735.2シェルビー
14/10/25 東京 11 富士S G3 芝1600 161125.81114** 牡6 56.0 P.ブドー池江泰寿472(-10)1.34.1 0.934.2⑧⑧ステファノス
14/10/05 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 138128.457** 牡6 58.0 藤岡佑介池江泰寿482(+12)1.34.2 0.333.5⑤④オリービン
14/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16359.448** 牡6 57.5 武豊池江泰寿470(-6)1.32.9 0.434.1⑨⑧エキストラエンド
13/03/24 阪神 11 六甲S OP 芝1600 18112.916** 牡5 57.0 A.シュタ池江泰寿476(+8)1.34.2 0.233.8⑤⑦シャイニーホーク
13/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 15347.555** 牡5 56.0 W.ビュイ池江泰寿468(+2)1.47.6 0.335.3⑤⑤⑦⑨ナカヤマナイト
13/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 168169.347** 牡5 57.5 W.ビュイ池江泰寿466(0)1.34.3 0.834.9⑥⑥ダノンシャーク
12/11/25 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 188162.613** 牡4 57.0 C.スミヨ池江泰寿466(-2)1.32.3 0.233.9⑨⑥ヤマニンウイスカー
12/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 168166.2311** 牡4 56.0 N.ピンナ池江泰寿468(0)1.45.8 0.834.4⑤⑤⑤カレンブラックヒル
12/06/10 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18363.711** 牡4 56.0 C.ウィリ池江泰寿468(0)1.46.7 -0.035.2ダノンシャーク
12/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 18116.428** 牡4 56.0 N.ピンナ池江泰寿468(0)1.33.9 0.735.6⑦⑦シルポート

⇒もっと見る


トーセンレーヴの関連ニュース

 ◆池添騎手(ヤマカツエース5着) 「力の要る馬場で逆に折り合いも付いたし、いい形で進められた。復調の兆しが見えた」

 ◆松岡騎手(マイネルフロスト6着) 「緩い馬場が合わないことを考えれば、復調ムードにあるのでは」

 ◆小島太調教師(ダービーフィズ7着) 「具合は良かった。4コーナーをうまくさばけていれば、もう少し上位まであった」

 ◆四位騎手(メイショウスザンナ8着) 「4コーナーでオッと思ったが、最後はオトコ馬との差かな」

 ◆菱田騎手(ハギノハイブリッド9着) 「前に行きたかったが、スタート後に他馬によられてしまい、位置が悪くなってしまった」

 ◆小牧騎手(ヒットザターゲット10着) 「(敗因は)馬場に尽きる。この馬は良馬場じゃないと」

 ◆勝浦騎手(ダンツキャンサー11着) 「3、4コーナーでも食らいつく走りをしてくれた」

 ◆柴山騎手(レッドソロモン12着) 「ゲートを出ていかなくて。きょうの馬場で後ろからだと厳しい」

 ◆蛯名騎手(スーパームーン13着) 「ペースが上がったときに対応できなかった」

 ◆ホワイト騎手(トーセンレーヴ14着) 「3、4コーナーからノメってダメだった」

 ◆丸山騎手(ロジチャリス15着) 「馬場ですね。滑ってグリップが利かず空回りしていた」

 ◆坂井騎手(レッドリヴェール16着) 「馬なりで3番手の位置にいけましたが、結果的に脚がたまりませんでした」

★21日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら

【札幌記念】追って一言2016年08月18日(木) 05:07

 ◆ダンツキャンサー・藤塚厩務員 「馬場が悪かったのでしまい重点で。1回使って落ち着きが増してきた。輸送すると体が減るので滞在競馬も合う」

 ◆ダービーフィズ小島太師 「時計は少し速かったかな。前走でチークピーシズをつけて行きっぷりが良くなった」

 ◆トーセンレーヴ・川合助手 「ゴールを過ぎてからも少し伸ばした。馬場がかなり悪かったので走りにくそうにしていたが、調子自体はいい」

 ◆ネオリアリズム・池田助手 「折り合いとバランスを確認した。折り合い面はよくなって、前走より状態はいい」

 ◆ハギノハイブリッド・松田国師 「2週前は息遣いがまだよくなかったけど、きょうは大丈夫だった」

 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「先週、ピシッとやったことで今週は息遣いがよくなっていた。硬さも気にならない。いい感じでいける」

 ◆マイネルフロスト・松岡騎手 「単走だとそんなに動かないタイプだが、1回使って反応は良くなっている」

 ◆メイショウスザンナ・矢野助手 「日曜に軽くして、これ以上必要ないと思ったので、そんなにやらなかった。抑えていても軽く走っている」

 ◆ヤマカツエース・池添兼師 「時計は速くなったけど、本馬場だからこれくらいは出る。前走後に疲れが出てどうかと思ったけど、コンディションに不満はない」

 ◆レッドソロモン・久保智助手 「先週でできているので、集中させてしまいだけ伸ばした。体を使えて走れていて前走とは全然違う」

★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌記念】特別登録馬2016年08月14日() 17:30

[もっと見る]

【札幌記念】ヒットザターゲット、いい感じ12秒52016年08月11日(木) 05:02

 《函館》昨年2着ヒットザターゲット(栗・加藤敬、牡8)はWコースで5ハロン67秒4−12秒5を計時。「去年に比べれば、うまく負荷をかけられている。いい感じできているので、馬の気分を害さずに向かいたい」と清生助手。

 宝塚記念13着ヤマカツエース(栗・池添兼、牡4)はダートで5ハロン68秒1−12秒3。池添騎手は「前走のダメージがどうかな、と思ったけど、気になるところはなかった。1回しっかりやれば変わる馬。いい形で向かえれば十分やれる」とうなずいた。

 五稜郭Sを勝ってオープン入りしたレッドソロモン(栗・庄野、牡4)は、Wコースで5ハロン69秒5−12秒4。ボナパルト(2歳未勝利)と併入した。「乗りやすくて、追ってからの反応もよかった。パワーもありそうな感じ」と柴山騎手。

 《札幌》エプソムC4着ロジチャリス(美・国枝、牡4)はダートで5ハロン69秒0−12秒4。ミエノドリーマー(1000万下)と併入した。「1週前なのでしっかりとやった。このひと追いで反応が変わってくれば…」と三浦騎手。

 函館記念10着トーセンレーヴ(栗・池江、牡8)はダートで5ハロン71秒7−12秒6。「スムーズに走れていた。前走は57・5キロを背負って馬場にも恵まれなかった。良馬場で走らせたい」と川合助手。

 函館記念12着マイネルフロスト(美・高木、牡5)はダートで6ハロン82秒8−12秒5。「不振続きなので、いろいろ工夫しながら調整。だいぶ反応はよくなってきた」と松岡騎手。

[もっと見る]

【古馬次走報】アングライフェン、小倉記念を予定2016年07月21日(木) 05:01

 ★マレーシアC1着アングライフェン(栗・安田、牡4)は、小倉記念(8月7日、小倉、GIII、芝2000メートル)を予定。

 ★バーデンバーデンC1着オウノミチ(栗・佐々木、牡5)は、川田騎手で北九州記念(8月21日、小倉、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 ★安達太良Sを勝ってオープン入りしたリッカルド(美・黒岩、セン5)はエルムS(8月14日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ向かう。

 ★函館記念7着のホッコーブレーヴ(美・松永康、牡8)は札幌日経オープン(8月6日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。10着トーセンレーヴ(栗・池江、牡8)、12着マイネルフロスト(美・高木、牡5)は札幌記念(8月21日、札幌、GII、芝2000メートル)を目指す。目黒記念14着以来となるネオブラックダイヤ(美・鹿戸、牡8)は札幌日経オープンが目標。

[もっと見る]

【函館記念】レースを終えて…関係者談話2016年07月18日(月) 05:07

 ◆古川騎手(マデイラ4着) 「内枠でロスなく立ち回って一瞬、勝ったかと思ったほど。自分の力は出し切っていると思います」

 ◆ティータン騎手(ネオリアリズム6着) 「うまく折り合いはつきましたが、前の馬が止まらなかった」

 ◆丸田騎手(ホッコーブレーヴ7着) 「状態は良かったんですが、先行馬とはコース取りの差が出ました」

 ◆勝浦騎手(トゥインクル8着) 「やっぱり2000メートルの距離ですかね。手応えの割には止まってないんですが」

 ◆池添騎手(レッドレイヴン9着) 「展開が厳しかったですね。ペースが遅いのは分かっていたんですが…」

 ◆ホワイト騎手(トーセンレーヴ10着) 「4コーナーの不利が痛かった。札幌記念でリベンジしたい」

 ◆小島太師(ダービーフィズ11着) 「先行馬のペースになってしまったし、枠順やきょうのような馬場も良くない」

 ◆松岡騎手(マイネルフロスト12着) 「やっぱり休み明けのぶんですかね。叩いた次に期待です」

 ◆四位騎手(マテンロウボス13着) 「もう少しやれると思っていたけど、条件がかみ合わないと走れないのかな」

 ◆北村友騎手(オツウ14着) 「自分の競馬はできましたが、後続に来られて抵抗できませんでした」

 ◆内田騎手(ファントムライト15着) 「小回りコースの大外枠。うまく好位に入り込めればと思っていたんですが…」

 ◆三浦騎手(フェイマスエンド16着) 「敗因は馬場としかいいようがないです」

★17日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンレーヴの関連コラム

閲覧 1,596ビュー コメント 0 ナイス 10

06年以降定量戦に!13年だけ改修工事の為、函館で施行。※13年除く過去9年データ

≪パーフェクト条件≫
・◎重賞2勝+/裕ぁ疣対濃厚【3-4-0-0】
×重賞1勝はマツリダゴッホ(4歳時)、トーホウジャッカルが該当し共に掲示板を外す
⇒今年は1番人気がモーリス(orヌーヴォレコルト)だろうから、まず連対

≪好走条件≫
・タ裕い4歳馬なら´´着
ヤマカツエースレッドソロモンロジチャリスが該当すれば注目
・東京コースで上がり33.5秒以内の経験のある馬

≪凡走条件≫
・前走がG鏡錣稜蓮0-1-0-12】
・人気以下の関東馬【0-0-2-34】例外はG鞠呂ホエールキャプチャ
・7歳以上で当日人気以下【0-0-0-25】
・番枠より外【1-0-0-31】
・OP、条件戦からの挑戦【0-1-0-21】
・前走G薫焚爾0.6秒以上負けた馬【0-0-0-30】

【見解】
05年ヘブンリーロマンスの札幌記念(人気)1着→天皇賞秋(人気)1着の例があるように札幌記念の『1着馬』に限り、その年の天皇賞(秋)G気暴仭しても【2-0-2-3】と好成績
要するに、優勝する馬は天皇賞でも通用する条件を要する。
1着最低条件)
・GI馬orG2勝馬
・東京巧者(連対率40%複勝率60%以上)
・上がり最速が出せる差し馬タイプで東京での上がり33.5秒以内の経験馬

≪東京巧者≫の条件を満たしているのは6頭
スーパームーン【2-5-4-5】連対&複勝率○ 〔○上がり1800m33.0秒〕洋芝【2-0-0-2】
トーセンレーヴ【3-0-2-4】複勝率○ 〔上がり2400m33.9秒〕洋芝【0-0-0-1】
ネオリアリズム【3-0-0-3】連対率○ 〔○上がり1800m33.3秒〕洋芝【2-0-0-1】
ヌーヴォレコルト【2-0-0-2】連対率○ 〔○上がり1600m33.5秒〕洋芝【初】G鞠
モーリス【1-1-0-1】連対&複勝率○ 〔○上がり1400m33.1秒〕洋芝【初】G鞠
ロジチャリス【3-1-2-2】連対&複勝率○ 〔上がり1800m33.9秒〕洋芝【初】

あくまで、【1着】に固執しての条件だが、
無難にクリアしているのがモーリスヌーヴォレコルト
次いで『格』が足りないがスーパームーンネオリアリズム

04年〜14年は11年連続で勝馬は『関西馬』でしたが
昨年は“『格』が足りない”と名前を挙げたディサイファが勝利!
ただ、“小島厩舎2頭出しの今回、ジンクスを再度ひっくり返すかもしれません♪”と補足説明も(*^^*)
⇒今年は堀厩舎が2頭出し☆今年も関東馬がアツそうですね

【まとめ】
≪凡走条件≫の一切なかった馬は
モーリス
ヌーヴォレコルト
ヤマカツエース〔昨年0.1秒差4着〕
ロジチャリス
レッドリヴェール
レインボーライン
ダンツキャンサー
の7頭。洋芝が初となるモーリスヌーヴォレコルトをどう評価するかですが、堅いと見れば トリガミ濃厚なレースにもなり得ますので、『見』も一考に。

※【見解】で書いた東京上がり=札幌記念でリンクするは私独自の理論ですが、現に近4年3着以内12頭中11頭は上がり指数 銑Π未泙任稜呂箸覆辰討い襪里覗案日記の≪LAP一致度≫に記載します♪必見です(=^x^=)先週関屋記念のように最低2頭は馬券に絡むと思われます。


執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2016年08月14日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年8月14日号】特選重賞データ分析編(8)〜2016札幌記念〜
閲覧 1,586ビュー コメント 0 ナイス 4

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2札幌記念 2016年8月21日(日)札幌競馬場/芝/2000m


<ピックアップデータ>

【“ローカル場の重賞”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [3-3-2-11](複勝率42.1%)
×なし [0-0-1-25](複勝率3.8%)

 2013年を境にレースの傾向が変わった印象。近年はローカル場の重賞において連対経験のある馬が上位馬の大半を占めており、中央場所のビッグレースを主戦場としてきた馬は苦戦しています。昨年も、ローカル場の重賞に出走した経験すらなかったトーホウジャッカルが単勝1番人気の支持を裏切って8着に敗れてしまいました。下半期のG祇鐇を見据えている実績馬ではなく、今年や前年以前のサマー2000シリーズで活躍してきたような馬を重視すべきなのかもしれません。

主な「○」該当馬→・・・

[もっと見る]

2016年07月17日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/函館記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 546ビュー コメント 0 ナイス 4

 本日、荒れるハンデ重賞としておなじみの函館記念を予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家陣きっての穴党として人気を博すいっくんさんです。毎年のようにミリオン馬券をかっ飛ばしている最強のロングヒッターは、この注目の一戦をどのように分析したのでしょうか?
 本命はケイティープライド。「前走は直線で不利を受けて失速したが、今回はある程度先行できるメンバー構成かつハンデにも恵まれたので、突き抜ける可能性は十分」と評価しました。
 対抗は「先行力と上がりのバランスが取れているものの、勝ちきれないタイプゆえに2〜3着候補に持ってこい」のツクバアズマオー。単穴は「すんなり中団が取れれば面白いマテンロウボス。以下、トーセンレーヴマイネルフロストレッドレイヴンマイネルミラノの順に押さえます。
 馬券は3連単FM│⇔↓キΝГ脳”蕕任后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年06月11日() 09:35 競馬プロ予想MAX
【エプソムカップ】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,081ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の安田記念はロゴタイプの復活劇でした。
血統的には、ヴィクトリアマイルからオークス、ダービー、安田記念と全てHaloのクロスを持つ馬が勝利したことになります。「Haloのクロスは切れや俊敏さを与え、何でもできる器用なタイプになる」と望田先生は仰られています。
また、直接Haloをクロスしなくとも、Haloの重要血脈であるNasrullahとBull DogとPharamond→Menowの組み合わせをクロスすれば同じような効用が得られるというのも配合の面白さだと思います。分かりやすいのはディープインパクトで、あの切れはHalo≒Sir Ivor3×5(Royal Cherger≒Nasrullah、Bull Dog=Sir Gallahad、Pharamondが共通)の影響と考えられています。

今回はGI中休み、2つの重賞を簡単に考察してみたいと思います。

「軽いスピード」が活きる
エプソムカップはマイネルスターリーサンレイレーザーというCozzeneの血を引く2頭が穴を空けていることや、トーセンレーヴダノンシャークエイシンヒカリサトノアラジンといった人気のディープ産駒が堅実に走っていることからも、軽いスピードが求められていることが分かります。

ディープ産駒の中ではラングレーが最も適性がありそうです。リアルスティールの全兄ですが、リアルスティールよりは母系のパワーが発現せず、Sir Gaylord≒Secretariat的緩さで若いころは距離をこなしていました。ディープ×Storm Catの配合は多くがそうですが、ラングレーも例外なく、歳を重ねるごとにStorm Catのマイラーらしさが発現してきました。今回出走するディープ産駒の中では最も軽いタイプといえるでしょう。

3枠2頭は少し似たようなタイプで、ヒストリカルはノーザンテーストが入るので、上がりが掛かった方が良いタイプ。上がり34秒5で差し切ったアイルランドTが、最も「らしい」競馬で、6歳となり重賞で勝ち負け出来るほど、もう一段階成長したのもノーザンテーストの影響が大です。アルバートドックは、母ゴールデンドックエーがHyperionが濃いので、ヒストリカル同様に本領発揮は前に負担の掛かるレース。それでも瞬発力勝負となったリゲルSなどで好勝負出来ているのは地力の成せる業で、年齢を重ねるとある程度の位置で競馬が出来るようになるはずです。ジャスタウェイと同じようなパターンですね。

人気3頭については、
ルージュバックは、半弟のケイブルグラムこそズブいタイプに出ましたが、望田先生曰く「Blushing Groomのしなやかさが表現された馬」で、同じくBlushing Groomを引くテイエムオペラオーホエールキャプチャメジャーエンブレムのように美しい走りをします。飛びが大きいので、外枠はプラス、距離延長も歓迎で、このメンバーなら力でねじ伏せる可能性が大です。

フルーキーは切れというよりもデインヒル系らしいパワーで走るタイプで、外回りであればチャレンジCのようにスローから加速力の違いで抜け出す競馬の方が合っているはず。

ロジチャリスダイワメジャー×ロックオブジブラルタルという字面らしく550キロ前後の大型馬ですが、意外としなやかに走ることができ、東京でも大きなパフォーマンスダウンはしません。これは母母のNasrullah4×5や、ルージュバックと同じBlushing Groomの影響と考えられます。また、ダイワメジャー産駒で母系にBlushing Groomを持ちしなやかな走りをする馬という意味ではメジャーエンブレムと被ります。本来こういうパワー型を、ディープ産駒らが牙をむいて待っている東京の重賞で積極的に推す気にはなれないのだが、今回に限っては好枠も引いたし、スピードが活きる重賞であるから推してみたい気もするんですね・・・。

その他ではマイネルホウオウに注目してみたいです。
マイラーにしては少し怠慢で、ダラダラ差してくるタイプ。とはいえ先行できるスピードががりますから、今回の条件は合っていそうです。


重厚な差し馬が好走しやすい
マーメイドSは、開幕2週目の内回りにも関わらず、差し競馬になりやすく、近5年で4角3番手から馬券になったのは50キロだったコスモバルバラと、普通に強いアグネスワルツだけ。軽量の先行馬が揃うことなどが影響しているのでしょうか。
しかも差し馬といっても、重厚な差し馬、特にトニービンの血を持つ差し馬が好走しています。近5年に絞っても、グルヴェイグクリスマスキャロルシャトーブランシュらがいます。フミノイマージンにしたってフーラブライドにしたってパワースポットにしたって、「軽い」差し馬ではありませんよね。

そういう視点を持って出走馬を眺めてみると、いました、そういう差し馬が。
人気ですがシュンドルボンです。父ハーツクライの母父トニービンの斬れの源であるNasrullahとHyperionを母からたっぷりと取り込んだ配合。マイルの時計勝負という不向きな条件だった前走ヴィクトリアマイル9着は、良く走ったといえ、ここは斤量がカギですが確実に巻き返しの可能性大ではないかと思います。

他の人気馬には、なかなか追って良さが出るタイプの馬がいないので、もう1頭上げるとすればタガノエトワールでしょうか。母がトニービンを持つキングカメハメハ産駒は、トニービンの母父Hornbeamのクロスになるので、ドゥラメンテを筆頭にトニービン直仔らしい斬れを持つ馬が多いです。愛知杯はハイペースに付いて行って自滅、牡馬相手のチャレンジカップで掲示板の載れる力の持ち主でもあります。

ヒルノマテーラはHoist the Flag5×5を持つマンハッタンカフェ産駒。同じくHoist the Flagをクロスしたマンハッタンカフェ産駒には紫苑S勝ちのクインズミラーグロがいますし、Ribotの血をクロスしたマンハッタンカフェ産駒にはショウナンマイティのように内回りでアッと言わせるケースが多いです。本馬も外回りのぬるいスローペースに付き合わされていましたが、ここで一変もありそうです。

メイショウマンボも前走は直線で詰まってしまったものの、久しぶりに追ってから走る気をみせたように見えましたし、復活があるならここかもしれません。

----------

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年05月04日(水) 14:37 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/30〜5/1)ジョアプロが新潟1Rで57万超の払い戻し!
閲覧 756ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、1(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)の1番人気はゴールドアクターで3.8倍、2番人気がキタサンブラックで4.5倍、続いて3番人気シュヴァルグラン6.4倍、4番人気フェイムゲーム7.4倍、5番人気サウンズオブアース8.3倍、6番人気アルバート9.9倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはポンッと好スタートを決めたキタサンブラックが先手を奪うとヤマニンボワラクテカレンミロティックサウンズオブアースが好位を取って1週目のホームストレッチに入ります。先頭はキタサンブラックでリードは1馬身、2番手にヤマニンボワラクテ、続いてカレンミロティックサウンズオブアースマイネルメダリストアドマイヤデウスシュヴァルグランゴールドアクターと先行集団を形成。中団からはトーホウジャッカルトーセンレーヴサトノノブレスファタモルガーナタンタアレグリアと追走。後方からはフェイムゲームトゥインクルファントムライトと続いて最後方にレーヴミストラルの態勢。
 
先頭を行くキタサンブラックが刻んだペースは前半1000mを1分1秒8のスローペース。各馬じっと我慢して折り合いに専念しながら向こう上面をすぎると後方グループのトゥインクルサトノノブレスが仕掛けて進出、一気に各馬のペースが上がって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はキタサンブラックでリードは1馬身、2番手に4角で一気にスパートした1番人気のゴールドアクター、内にカレンミロティック、外からはトーホウジャッカルも脚を伸ばします。残り200mを通過、先頭を行くキタサンブラックに馬体を併せる形でカレンミロティックが並びかけると2頭が抜け出しての叩き合い。人気のゴールドアクタートーホウジャッカルは脚色一杯で間をあけられる形。残り100mを通過、火花散る2頭、内キタサンブラック、外カレンミロティックの激しい叩き合いはゴール前まで続きましたが、僅かに内キタサンブラックカレンミロティックの追撃をハナ差凌いで優勝しました!勝ちタイムは3分15秒3(良)。2着にカレンミロティック、そこから1馬身1/4差の3着にゴール前脚を伸ばしたシュヴァルグランが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロが○◎で本線的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
30(土)新潟1Rで『人気ないが気合のりよく動きも良い』と評した単勝30.1倍の伏兵▲エイシンフランキーが1着に入り、▲△◎の印で3連単3808倍、馬連387倍を本線的中!57万4320円を払い戻しました!同日の東京7Rでも『A評価。人気ないが動き良い』とコメントしたナイアガラモンローの単勝、3連単を的中させ、12万8670円を払い戻しました!週末トータル回収率183%、収支プラス51万7780円をマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
30(土)東京6Rで◎×△の印で単勝、馬連、3連複を的中させ、10万4960円の払い戻し!同日の東京4Rでも◎イスズブライトの単勝29.8倍、▲コスモリシャールとの馬連185.6倍、3連複389.4倍を的中させ、10万2880円を払い戻しました!週末トータル回収率170%、収支プラス21万5670円をマークしています。
  
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
30(土)東京10Rで馬連741倍を300円、ワイド56倍を1000円、3連複3582倍を200円的中させ、99万5200円払い戻しのビッグショット!!週末トータル回収率303%、収支プラス103万4820円をマークしています。
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
1(日)京都11R天皇賞(春)G1で◎カレンミロティックキタサンブラックと印を打ち、3連単を見事的中!24万2730円を払い戻しました!
 
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年05月01日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第182回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜天皇賞(春) G1
閲覧 1,638ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「天皇賞(春) G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、フェイムゲームから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサウンズオブアースまで2頭。
第2グループ(黄)は 、キタサンブラックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドアクターまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、サトノノブレスから同差内のアドマイヤデウスカレンミロティックまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位間には最大0.9ポイント程度の差がありますが、決定的な開きは見られず。強いて挙げれば、11位トーホウジャッカル→12位アルバート→13位トーセンレーヴの間に計2ポイント差がありますので、この辺りが線引きでしょうか。

今回の◎はアドマイヤデウスとします。昨年は、折り合いを欠いて途中からポジションを押し上げ、加えてゴールドシップが演出した後半ロンスパ消耗戦の展開も相まって大敗。その昨年から、大外枠→内枠、同3番人気→前日現在10番人気となって迎える同馬に期待してみました。追切も1週前、当週と2週連続良い動きでしたし、叩き3戦目で状態も上がってきていそうな点も好印象。前走(阪神大賞典3着)は着差だけ見てしまうと不満が残りますが、まともに前が詰まってそこから立て直して挽回という内容だったので、思い切って前走度外視で狙ってみようと思います。
○はタンタアレグリア。京都の長距離重賞では外せない印象の蛯名騎手騎乗ということで注目しています。昨年の菊花賞では4着でしたが、外目を通っての4着で当時の1〜3着馬(キタサンブラックリアルスティールリアファル)と遜色ない内容だったと思っていますのでここでも。
▲には58キロを背負っての連続好走と最終追切での好調教が不気味なサトノノブレスを選びます。そして☆にゴールドアクター。△にシュヴァルグランフェイムゲームカレンミロティックキタサンブラックアルバートトゥインクルと印を回します。
そして、今回の私の馬券は◎の単複勝負となりそうな状況ではありますが、当コラムでは◎○▲がいずれも人気薄ですので、一発狙っての3連複勝負で構成してみようと思います。


【3複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
6,11,14=6,11,14=1,2,3,5,6,8,10,11,14,17(22点)

◎○▲=☆=印以外
6,11,14=17=4,7,9,12,13,15,16,18(24点)

計46点

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンレーヴの口コミ


口コミ一覧

7/16 函館記念予想!

 ムトゥー 2016年07月17日() 09:53

閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 2


おはようございます!

函館11レース 函館記念の予想になります!

函館記念は例年内枠が有利のレースで今年も内枠より狙い馬を拾いたく本命◎は▲函璽札鵐譟璽堯ブエナビスタの弟と超良血馬も8歳になったが、昨年秋にはオープンを連勝。3走前には有馬記念で最速上がりを駆使。前々走は重馬場、前走は距離が長すぎたので度外視。2000mは4戦4勝と底を見せていなく、鞍上も函館記念勝利経験など函館と好相性の名手、D・ホワイトを迎えインコースを上手く捌いて突き抜ける

他の印・レースの予想はよかったらこちらをご覧ください!

http://kyuukyokunokeibayosou.net/

 TERAMAGAZI 2016年07月16日() 04:59
【第52回G3函館記念】マイネルミラノの逃げとレッ
閲覧 184ビュー コメント 0 ナイス 16

マイネルミラノの逃げとレッドレイヴンの差し脚勝負!!


【第52回G3函館記念】

函館記念と言えば、何と言ってもエリモハリアーの3連覇!!

3連覇目は巴賞7番人気11着からの勝利ですから単なる洋芝適性だけじゃなくて、非根幹距離の1800mの巴賞より2000mの根幹距離の函館記念に向いていたのでしょうね。

函館記念で一番驚いたのは馬柱の横に書いてるレコードがまだサッカーボーイの1分57秒7ということ!!!!

1988年ですよ。

2頭のダービー馬メリーナイス、シリウスシンボリに勝ったスゴいレースでした。

函館記念は前哨戦である巴賞1着馬が馬群に沈むレースで有名で(笑)
11年のマイネルスターリーから3年連続で、巴賞1着馬が1番人気で馬券圏外に沈んでいます。

昨年の巴賞1着馬マイネルミラノ(8着)、2着馬レッドレイヴン(5着)と揃って馬券に絡めず、勝ったのは『3枠』5番のダービーフィズでした。

今年のマイネルミラノとダービーフィズはエプソムCから(巴賞回避?)
レッドレイヴンは、巴賞1着からの臨戦です。

昨年のマイネルミラノは大外『8枠』18番から果敢に逃げましたが、さすがに4コーナーで、バテて8着惨敗。
レッドレイヴンも『7枠』13番でコースロスが大きく掲示板の5着が精一杯。

1着馬ダービーフィズは『3枠』5番、2着馬ハギノハイブリッドは『2枠』3番、3着馬ヤマカツエースは『1枠』1番。

【3枠→2枠→1枠】の内枠同士で決まったように、函館記念は圧倒的に内枠が有利です。

過去10年の枠連で、『7枠』と『8枠』は1回づつしか連対していません。
(『8枠』は3着が1回。『7枠』は2着が2回だけ)

一方、『2枠』は『2ー2』のゾロ目が2回もあり、合計7回も連対しています!
---------------------------------------------------------------
『枠連』なら『2枠』から。

『3連系』なら【9・6・5】と圧倒的に有利な馬番【1】〜【6】で勝負!
----------------------------------------------------------------

マイネルミラノがまた大外になったらどうしよう?
と心配していましたが、『3枠』6番と今年は、天が味方をしました!

これで、有利に逃げられます!!!!

レッドレイヴンも『3枠』3番。

一方、昨年の優勝馬ダービーフィズが3着が1回しかない『8枠』でしかも
17番と大外から2番目。

巧く出来てますねえ。

トーセンレーヴは名牝ブエナビスタの弟。

ブエナビスタは牝馬でG1・6勝馬。それだけでも偉大ですが、G1・2着が7回もあり、特に2010年のジャパンカップはローズキングダムを1馬身3/4ちぎっており、現行ルールなら降着は無かったでしょう。

他のG1・2着もほとんど僅差か油断負けで、もう少しだけでも本気を出せば、G1・10勝はしていたと確信しています。
(少なくともウオッカ、ジェンティルドンナよりは強いでしょう。ダイワスカーレットとはイイ勝負かなあ)

トーセンレーヴはまだG3を1勝しただけですが、英3冠馬ニジンスキーの血が入ってるブエナビスタの肌に日本最強3冠馬ディープインパクトを配合した超血馬。

有馬記念は6着でしたが0秒3差で着順ほど負けておらず、4コーナー13番手から上がり最速の鋭い脚でゴールに詰め寄った姿には歴史的名牝の姉を彷彿させる気合いと迫力を感じました(ホントか?)

非根幹距離2200mの京都記念と距離が長過ぎた天皇賞春は負けても仕方ない。しかし今年の函館記念は圧倒的に有利な『1枠』2番。
しかも、根幹距離2000mは4戦4勝。
勝つまでは無理でも馬券圏内なら、あるでしょう。

洋芝実績のある『1枠』1番のマデイラも巴賞9着でいかにも来そうな雰囲気(函館記念は、巴賞負け組がけっこう来る)

------------------------------------

◎6マイネルミラノ
○3レッドレイヴン
▲2トーセンレーヴ
注5マテンロウボス
爆1マデイラ
△8ケイティプライド
△10ツクバアズマオー
△マイネルフロスト

------------------------------------------

世の中をぶっちぎるニュースサイト【ブッチNEWS】のリアルタイム馬券コラムもよろしくです!!!

http://urx.red/xbdI

馬券の収支出てますよー(棒読み)

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2016年05月01日() 20:51
【天皇賞・春】ウマニコロシアムに書いた予想です。『 
閲覧 209ビュー コメント 2 ナイス 22

【天皇賞春の反省】

連勝を続け(直近7戦中5勝2着2回)、最重要前走である阪神大賞典2着のシュヴァルグランを軽視し過ぎました。
(オサエには、いれましたが…)

-------------------------

『G1出走実績がない』 

(特に、昨年の有馬記念、ジャパンカップ)

-------------------------

というのが軽視した一番の原因です。

1番人気の不振
(過去10年で、勝ったのはディープインパクトだけ)

さらに過去に遡っても、15年前の無双時代のテイエムオペラオー(連覇め)だけです。

実はそんなに不利ではない(皆が思っている以上に)ゴールドアクターは、1番人気になってしまった呪縛から
抜け出せなかったのでしょうか?

-------------------------

・1番、勝率が良い2番人気

・1番、勝率が高い1枠

-------------------------

その両方にマッチングしたキタサンブラックは『競馬の女神』に愛された競走馬ですね。

『天皇賞春は、マイナーサンデー系が良く来る』
※(例)スズカマンボ、ミスキャスト産駒ビートブラック)


ブラックタイドはディープインパクトの全兄というだけで種牡馬になれた馬で超地味。
(※ディープインパクトは種付け料が高いから、『替わりにブラックタイドを付ける』という意味合い)

キタサンブラックの全キャリアは【5・1・2・1】

一度しか、馬券から外れていない超堅実なのに、

しかし、その1回が、一番重要な3歳クラシック『日本ダービー』で14着惨敗。

--------------------------------------------

・ブラックタイド産駒
・母父サクラバクシンオー(クラシック王道路線では距離がもたないはず)
・ダービー14着大惨敗
・展開、枠順など、『運』に恵まれて勝っているだけ(新聞報道)

-------------------------------------------

これが、
『走っても走っても(結果を出しても)人気が出ない』

原因でしょうか。

とにかく、全キャリアで、1番人気が一度もないのですから。


【自分の予想と人気と結果】

http://umanity.jp/racedata/race_21.php?code=2016050108030411
-------------------------------

◎1キタサンブラック(2人気→1着)

○17ゴールドアクター(1人気→12着)

▲15サウンズオブアース(1人気→12着)

注11タンタアレグリア(10人気→4着)

爆3カレンミロティック(13人気→2着)

☆9トーホウジャッカル(7人気→5着)

△16レーヴミストラル(8人気→10着)

△5フェイムゲーム(4人気→8着)

-------------------------------------

カレンミロティックは、昨年の2着馬で、有利な内枠を引いた先行馬なのに、
なぜ?人気薄だったのでしょうね?

いずれにしても、
G1経験がないから軽視した佐々木大魔神シュヴァルグランをオサエでしか買わなかったので、
馬券は、壊滅でした。

タンタアレグリアがシュヴァルグランを交わしてくれたらなあ…

(※けっこう差があったから無理ですね…)

-------------------------

【ウマニ予想コロシアム】

http://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2016050108030411&user_id=35fe1fee66

-----------------------------

【Yahoo!ブログ】

http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

※天皇賞春の予想全文が書いてあります。

[もっと見る]

トーセンレーヴの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  ターフネス   フォロワー:1人 2011年3月7日(月) 23:18:16
注目ホースが100頭超えのため、
ブックマークならぬホースマークしときます。
私事で使っちゃってゴメンナサイ m( _ _ )m

トーセンレーヴの写真

トーセンレーヴ
トーセンレーヴ

トーセンレーヴの厩舎情報 VIP

2016年8月21日札幌記念 G214着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンレーヴの取材メモ VIP

2016年8月21日 札幌記念 G2 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。