レッドレグナント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レッドレグナント
レッドレグナント
レッドレグナント
写真一覧
抹消  鹿毛 2015年2月3日生
調教師大竹正博(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[4-1-2-15]
総賞金6,379万円
収得賞金2,400万円
英字表記Red Regnant
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
エンプレスティアラ
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ゴールドティアラ
兄弟 ジュンブロッサムトライフォーリアル
市場価格
前走 2020/12/19 ターコイズステークス G3
次走予定

レッドレグナントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/12/19 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 1611241.71611** 牝5 52.0 武藤雅大竹正博 492
(+6)
1.35.5 0.935.9⑬⑬⑪スマイルカナ
20/10/18 新潟 11 信越S (L) 芝1400 1671321.4915** 牝5 51.0 藤田菜七大竹正博 486
(-4)
1.22.2 1.335.0⑬⑭ジャンダルム
20/08/30 新潟 10 朱鷺S (L) 芝1400 181252.31410** 牝5 54.0 武藤雅大竹正博 490
(+10)
1.21.6 0.437.2カテドラル
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 183571.31416** 牝5 51.0 斎藤新大竹正博 480
(-2)
1.35.7 3.038.0メイケイダイハード
20/06/21 東京 10 多摩川S 3勝クラス 芝1400 1571349.8111** 牝5 55.0 武藤雅大竹正博 482
(-4)
1.22.1 -0.034.0レノーア
20/04/19 中山 12 春興S 3勝クラス 芝1600 122233.697** 牝5 51.0 武藤雅大竹正博 486
(+2)
1.34.9 0.236.4レッドサイオン
20/02/16 京都 10 北山S 3勝クラス ダ1800 1471288.41013** 牝5 55.0 池添謙一大竹正博 484
(+2)
1.53.2 4.940.3⑨⑬ベストタッチダウン
19/12/14 中京 11 三河S 3勝クラス ダ1400 163526.31010** 牝4 55.0 横山武史大竹正博 482
(+4)
1.24.8 0.937.7⑥⑥タガノアム
19/11/02 京都 10 貴船S 3勝クラス ダ1400 162329.478** 牝4 52.0 池添謙一大竹正博 478
(0)
1.23.9 0.737.4⑤⑤タマモカトレア
19/09/28 中山 11 秋風S 3勝クラス 芝1600 1271018.577** 牝4 55.0 丸山元気大竹正博 478
(0)
1.33.4 0.534.8モアナ
19/07/28 札幌 10 道新スポ賞 2勝クラス 芝1500 9118.441** 牝4 55.0 池添謙一大竹正博 478
(0)
1.28.1 -0.135.2④④スカルバン
19/05/18 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 18118.9413** 牝4 55.0 戸崎圭太大竹正博 478
(0)
1.21.6 1.134.4⑨⑨モアナ
19/04/28 京都 9 鷹ケ峰特別 1000万下 芝1400 1371110.348** 牝4 55.0 和田竜二大竹正博 478
(-8)
1.21.7 0.434.2⑥⑤ディーパワンサ
19/03/10 中京 12 賢島特別 1000万下 芝1400 171215.075** 牝4 55.0 和田竜二大竹正博 486
(+16)
1.22.2 0.734.6⑨⑨トロワゼトワル
18/10/14 東京 12 神奈川新聞杯 1000万下 芝1400 11811----** 牝3 53.0 田中勝春大竹正博 ---- ------チトニア
18/09/15 阪神 10 瀬戸内海特別 1000万下 芝1400 154716.886** 牝3 53.0 藤岡佑介大竹正博 470
(-4)
1.21.4 0.535.1レッドルドラ
18/07/08 函館 12 かもめ島特別 1000万下 芝1800 8774.537** 牝3 52.0 池添謙一大竹正博 474
(-4)
1.51.5 0.836.5ティーエスクライ
18/06/17 函館 12 北斗特別 1000万下 芝1800 16122.913** 牝3 51.0 池添謙一大竹正博 478
(+6)
1.48.0 0.534.7スティッフェリオ
18/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 1871424.2715** 牝3 55.0 M.デムー大竹正博 472
(-2)
1.34.7 1.635.3⑨⑨アーモンドアイ
18/03/11 中山 11 アネモネS OP 芝1600 13113.922** 牝3 54.0 戸崎圭太大竹正博 474
(+8)
1.35.7 0.235.5ハーレムライン

⇒もっと見る


レッドレグナントの関連ニュース

【ターコイズS】厩舎の話

2020年12月18日(金) 04:54

 ◆アンドラステ・片山助手「徐々に追い切りで動けるように。前走は窮屈になる場面。スムーズなら」

 ◆インターミッション・手塚師「ここを目標に好仕上がり。中山では2割増しの能力を発揮できる」

 ◆クリスティ・野坂助手「動きは“超抜”。メンタル的にも大人になってきています」

 ◆サンクテュエール・藤沢和師「動きは良かった。今回はいい馬場でやれそうだし、この相手なら」

 ◆シャインガーネット・栗田師「馬なりで時計はよかった。休みは長かったが順調にきた」

 ◆シーズンズギフト・黒岩師「稽古はリズムのいい走りだった。コーナーで息が入る中山はいいイメージ」

 ◆スイープセレリタス・藤沢和師「すごく体調がいい。中山の1600メートルで期待したい」

 ◆スマイルカナ・高橋祥師「非常に順調で体調はいい。このコースは枠順の影響が大きいから、いい枠さえ当たれば」

 ◆トロワゼトワル・吉田厩務員「夏場と比べると雰囲気は少し落ちるかな。57キロの斤量は楽ではない。地力でどこまで」

 ◆ビッククインバイオ・牧師「併走相手がまだ本数をやっていない状況だったので大きく先着したというのもあるが、いつも通り変わりなくきている」

 ◆フェアリーポルカ・西村師「ここを目標に調整してきた。距離が短くなるのは好材料。前回と比べて条件は良くなる」

 ◆モルフェオルフェ・大江原師「稽古はしまい重点。状態はいいし、中山も合う。ハンデも52キロだし、自分の競馬ができれば…」

 ◆レッドレグナント・大竹師「動きはいいし、この馬としてはいい状態。レースでコントロールが利くかどうか」

ターコイズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ターコイズS】追って一言 2020年12月17日(木) 04:48

 ◆アンドラステ・片山助手「徐々に追い切りで動けるように。態勢は整ったとみています。前走は窮屈になるところがあり、力を出し切れませんでした。スムーズなら」

 ◆インターミッション・手塚師「ここを目標に仕上がりはいい。中山では2割増しの能力を発揮できるし、ハンデ差も含めて好勝負になっていい」

 ◆クリスティ・野坂助手「動きは“超抜”。馬なりで、しっかりと動けていた。メンタル的にも大人になってきています。どこからでも競馬ができるので」

 ◆サトノダムゼル・堀師「毛づや、馬体の張りも良く、一段階上がった状態。初のマイルも通用すると思います」

 ◆サンクテュエール・藤沢和師「動きは良かった。今回はいい馬場でやれそうだし、この相手なら」

 ◆シャインガーネット・栗田師「馬なりで時計はよかった。休みは長かったが順調にきたので、古馬とどこまでやれるか」

 ◆シーズンズギフト・黒岩師「稽古はリズムのいい走りだった。コーナーで息が入る中山はいいイメージ」

 ◆スイープセレリタス・藤沢和師「すごく体調がいい。中山の1600メートルで期待したい」

 ◆トロワゼトワル・吉田厩務員「夏場と比べると雰囲気は少し落ちるかな。57キロの斤量は楽ではないしね。地力でどこまで頑張れるか」

 ◆ビッククインバイオ・牧師「併走相手がまだ本数をやっていない状況だったので大きく先着したというのもあるが、いつも通り変わりなくきている」

 ◆フェアリーポルカ・西村師「状態はいいよ。ここを目標に調整してきたからね。距離が短くなるのは好材料。前回と比べて条件は良くなるから」

 ◆モルフェオルフェ・大江原師「稽古はしまい重点。状態はいいし、中山も合う。ハンデも52キロだし、自分の競馬ができれば…」

 ◆レッドレグナント・大竹師「動きはいいし、この馬としてはいい状態。レースでコントロールが利くかどうか」

ターコイズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ターコイズステークス】特別登録馬 2020年12月13日() 17:30

[もっと見る]

今週も勝ち星量産へ!菜七子は引き続き新潟で計15鞍に騎乗 2020年10月15日(木) 17:28

 10月17、18日の出走馬が15日に確定した。先週末は5勝を挙げる活躍を見せJRA30勝となり、関東リーディング10位に浮上した藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=は土日ともに引き続き新潟競馬に参戦。勝ち星量産を目指して計15鞍に騎乗する。



 ここ6戦不完全燃焼のレースが続いているも待望の2勝目に期待がかかるエイシンロード(土曜8R)、先週も勝利を挙げた得意の“直千”競馬で一発を狙うリッチクレマチス(土曜11R)、前走14着以外は大崩れのないラキャラントシス(土曜12R)、6度目の騎乗で自身の手綱で勝利に導いたこともあるサノマナ(日曜4R)、4戦ぶりにコンビを組むスパークオブライフ(日曜6R)、全7戦中3戦に騎乗し掲示板を外していないネイチャーカレン(日曜8R)、ここ2戦、重賞とリステッドに果敢に挑戦しているレッドレグナント(日曜11R)、2戦連続騎乗し2戦とも1番人気に応えて勝利を挙げたカミノホウオー(日曜12R)などに騎乗することになっている。2日間の騎乗馬は以下の通り。



10月17日(土)【新潟】◆2R・2歳未勝利ニシノレガシー(牡2、栗東・長谷川浩大厩舎)◆3R・2歳未勝利タガノペカ(牝2、栗東・西園正都厩舎)◆5R・メイクデビュー新潟 2歳新馬シーチェンジ(牝2、美浦・和田勇介厩舎)◆7R・3歳上1勝クラスルクスムンディー(牡5、栗東・寺島良厩舎)◆8R・3歳上1勝クラスエイシンロード(牝4、栗東・奥村豊厩舎)◆10R・粟島特別 3歳上1勝クラスエコロブラッサム(牝3、栗東・荒川義之厩舎)◆11R・飛翼特別 3歳上2勝クラスリッチクレマチス(牝3、美浦・青木孝文厩舎)◆12R・寺泊特別 3歳上1勝クラスラキャラントシス(牝3、美浦・鈴木伸尋厩舎)



10月18日(日)【新潟】◆3R・2歳未勝利ニシノソメイノ(牝2、美浦・武藤善則厩舎)◆4R・3歳上1勝クラスサノマナ(牝3、美浦・栗田徹厩舎)◆5R・メイクデビュー新潟 2歳新馬フォスキーア(牡2、美浦・和田勇介厩舎)◆6R・3歳上1勝クラススパークオブライフ(牝4、美浦・小島茂之厩舎)◆8R・3歳上1勝クラスネイチャーカレン(牡3、美浦・根本康広厩舎)◆11R・信越ステークス 3歳上オープンレッドレグナント(牝5、美浦・大竹正博厩舎)◆12R・妙高特別 3歳上2勝クラスカミノホウオー(牡3、美浦・竹内正洋厩舎)



★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!★「週刊Gallop臨時増刊 丸ごと一冊藤田菜七子VOL.3(電子版)」好評発売中!

[もっと見る]

【古馬次走報】フィエールマン秋はジャパンCが目標 2020年7月24日(金) 04:50

 ★天皇賞・春を連覇したフィエールマン(美・手塚、牡5)は福島県のノーザンファーム天栄で調整中。手塚調教師は「秋の最大目標はジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)。もうひとつGIを勝たせたい。始動戦は産経賞オールカマー(9月27日、中山、GII、芝2200メートル)あたりになるんじゃないかな」と今後のプランを語った。

 ★安田記念4着ノームコア(美・萩原、牝5)は札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)に向かう。鞍上は未定。

 ★ヴィクトリアマイル8着プリモシーン(美・木村、牝5)は、関屋記念(8月16日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。京王杯SC2着ステルヴィオ(美・木村、牡5)はキーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)を視野に入れる。

 ★交流GIII・マーキュリーCを快勝したマスターフェンサー(栗・角田、牡4)は、白山大賞典(9月29日、金沢、交流GIII、ダ2100メートル)、日本テレビ盃(9月30日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)、シリウスS(10月3日、中京、GIII、ダ1900メートル)の3択。

 ★中京記念で重賞初制覇を飾ったメイケイダイハード(栗・中竹、牡5)は関屋記念に向かう。

 ★栗東・藤原英厩舎は以下の通り。鳴尾記念を勝ったパフォーマプロミス(牡8)は京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)で復帰。中京記念9着ディメンシオン(牝6)はキーンランドCへ。オークス9着リリーピュアハート(牝3)はローズS(9月20日、中京、GII、芝2000メートル)に参戦。

 ★エプソムC7着ピースワンパラディ(美・大竹、牡4)は新潟記念(9月6日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。同厩舎で中京記念16着レッドレグナント(牝5)は朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ。

 ★アイビスSDに登録していたメイショウケイメイ(栗・南井、牝4)も朱鷺Sに回る。

 ★ジュライS3着アルドーレ(栗・昆、牡5)はBSN賞(8月29日、新潟、L、ダ1800メートル)へ向かう。

[もっと見る]

【中京記念】厩舎の話 2020年7月17日(金) 04:57

 ◆エントシャイデン・川須騎手 「1600メートルになるのはプラス」

 ◆ギルデッドミラー・松永幹師 「感触を確かめてもらう程度。ハンデを生かしたい」

 ◆ケイアイノーテック・岩田望騎手 「すごく乗りやすくて、楽に時計が出ていました。調子は非常に良さそう」

 ◆ストーミーシー・相田助手 「状態はかなりいい。荒れた馬場でうまく先行できれば」

 ◆ソーグリッタリング・岩崎助手 「息もできていて体も素軽い。使った上積みがあります」

 ◆ディメンシオン・田代助手 「中1週でも元気。今回は条件が合うと思う」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「カナロアの子にしては暑い時期も辛抱しています」

 ◆ハッピーアワー・上籠助手 「ゲートに課題があるので展開の助けは必要です」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「仕上がりはいいので流れ次第。理想は良馬場」

 ◆プリンスリターン・原田騎手 「全体的にふっくらして状態はいいですね」

 ◆ベステンダンク・安達師 「いつも通りの感じ。斤量は問題ないけど周りが軽いのがどうか」

 ◆ミッキーブリランテ・宮内助手 「しまい強めでこの時計ならいい」

 ◆メイケイダイハード・中竹師 「パワータイプなので、荒れた馬場でも速い時計が出た。条件はいいと思う」

 ◆ラセット・庄野師 「いい動き。タメた方がしっかり伸びる。今が充実期」

 ◆リバティハイツ・高野師 「状態はいい。ブリンカーで気持ちに刺激を与えて、奮起を促したい」

 ◆レッドレグナント・大竹師 「順調にきている。ハンデは思ったより1キロ軽かった」

 ◆ロードクエスト・小島師 「稽古では最近になく体を使えていた。今の走りなら、馬場が悪くても走れていい」

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドレグナントの関連コラム

閲覧 2,287ビュー コメント 0 ナイス 6

 今週も「POG分析室」の番外編として、先週と同様にJRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介します。今回は6月15日(土)、6月16日(日)の勝ち馬をご覧いただきましょう。

■2019年06月15日 函館05R 芝1000m
【優勝馬】ブルーパピヨン(U指数74.8)
牝 父マツリダゴッホ/母ブルーピアス 田島俊明厩舎
→母のブルーピアスは現役時代にJRAで3勝をマーク。近親に1999年京成杯オータムハンデキャップ2着のドラゴンライトがいます。函館芝1000mの新馬は年に1~2レースしか施行されていませんが、2012年函館2歳ステークス1着のストークアンドレイなど、このコースで勝ち上がった馬が活躍した例は決して少なくありません。

■2019年06月15日 阪神05R ダ1200m
【優勝馬】ジェネティクス(U指数81.3)
牡 父サウスヴィグラス/母ソラコマチ 西村真幸厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は2000万円。母のソラコマチも現役時代にJRAで新馬勝ちを果たしました。2着のアウトウッズに2馬身半差をつける完勝だったうえ、母や祖母(ブイルージュ)は芝短距離のレースを主戦場としていた馬。今後のレース選択を含め、なかなか楽しみな存在です。

■2019年06月15日 東京05R ダ1400m
【優勝馬】ヴィンカマヨール(U指数75.2)
牡 父ゴールドアリュール/母カラヴィンカ 田島俊明厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は2000万円。母のカラヴィンカは大種牡馬Tapitの半妹ですし、近親に2013年ジャパンダートダービー2着のエーシンゴールドがいます。単勝オッズ38.8倍の10番人気にとどまっていたとはいえ、血統背景は魅力十分。ダートの大舞台に駒を進めてくる可能性もあるんじゃないでしょうか。

■2019年06月16日 函館05R 芝1200m
【優勝馬】オータムレッド(U指数75.8)
牝 父ワールドエース/母ティッカーコード 手塚貴久厩舎
→2018年のセレクトセールで購買されており、価格は4212万円。祖母のティッカーテープはイギリス産馬ですが、アメリカへの移籍後にアメリカンオークス(米G1)などを制しました。近親には2018年メトロポリタンステークス1着のベストアプローチもいます。キズナリアルインパクトスピルバーグなど、現2歳世代はディープインパクト産駒の新種牡馬が目白押し。このワールドエースも侮れません。

■2019年06月16日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】エールヴィオレ(U指数74.7)
牝 父タートルボウル/母クインリーグレイス 武英智厩舎
→2018年のセレクトセールで購買されており、価格は1188万円。母のクインリーグレイスも現役時代にJRAで新馬勝ちを果たしています。管理する武英智調教師は2018年3月に開業したばかりですが、既にイッツクールが2018年ききょうステークスを制覇。厩舎の将来性込みで注目したい一頭です。

■2019年06月16日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】サクセッション(U指数80.5)
牡 父キングカメハメハ/母アディクティド 国枝栄厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は5000万円。全兄のクルーガーは2016年読売マイラーズカップを制したほか、2019年ロンジンクイーンエリザベスステークス(豪G1)では歴史的名牝Winxの2着に健闘しました。長期休養を挟みつつの現役生活となっている分、クルーガーに晩成のイメージを持っている方もいそうですが、もともとデビュー4戦目の2015年京成杯でも勝ち馬とタイム差なしの3着に食い込んでいた馬。順調に使っていければ相当な活躍を期待できるんじゃないでしょうか。

■2019年06月16日 東京06R 芝1400m
【優勝馬】トライフォーリアル(U指数72.8)
牡 父リアルインパクト/母エンプレスティアラ 萩原清厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は3000万円。半姉に2018年アネモネステークス2着のレッドレグナントがいます。祖母は2000年マイルチャンピオンシップ南部杯などを制したゴールドティアラで、近親には2017年大阪杯2着のステファノス、2017年エリザベス女王杯1着のモズカッチャンなど。ちなみに、シルクレーシング所属の現2歳世代は、現在のところJRA5戦5勝とまったく崩れていません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年4月11日(水) 17:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/7~4/8)土日穴馬◎HIT連発のシムーンプロがトータル回収率156%をマーク!
閲覧 1,926ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、8(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞は、アマルフィコーストの出走取消により17頭立てとなる中、4戦無敗のラッキーライラックが単勝1.8倍で1番人気の支持を集め、以下2番人気アーモンドアイ(3.9倍)、3番人気リリーノーブル(7.4倍)、4番人気マウレア(13.5倍)、5番人気フィニフティ(20.1倍)と上位人気を形成して全馬ゲートイン。
ややバラついたスタートでの幕開けのなか、最内枠から出脚良くラッキーライラックが先手を窺う構えを見せ、遅れたプリモシーンは最後方から。先手争いは、押して押して出していったコーディエライトが1F地点手前でようやく制してハナへ。2番手にはツヅミモンが連れて出ていき、これにアンヴァルも続き、4番手ラッキーライラックの態勢となってレースをけん引。レッドサクヤハーレムラインリバティハイツリリーノーブルレッドレグナントスカーレットカラーアンコールプリュと中団にかけて続き、マウレアトーセンブレスフィニフティプリモシーンアーモンドアイは後方集団。最後方にデルニエオールとなって全17頭が3コーナーに突入していきます。
前半4F46.6秒(推定)と平均やや早めのペースで通過していくと、徐々に後続集団が押し上げ、縦長だった馬群はこの辺りでやや凝縮。前を行くコーディエライトを、依然、直後の3、4番手でマークする形のラッキーライラック、2~3馬身後方の中団外々を回るリリーノーブル、最後方から大外を狙うアーモンドアイと、人気3頭は三者三様の位置取りで直線を向きます。
迎えた直線で、まず先頭に立ったのはツヅミモン。これにラッキーライラックが徐々に並び掛け、直後にはレッドサクヤリバティハイツリリーノーブルあたりの伸び。そして大外を通っては、手応え抜群でアーモンドアイが進出をみせます。残り200m手前で先頭に立ったラッキーライラックに、ジリジリと差を詰めるリリーノーブル。しかし、これを外からまとめて交わし去ろうかという一頭の馬影が強襲。あっという間に飲み込んで先頭に立ったのはシンザン記念覇者アーモンドアイでした。結局、前走のリプレイを見るかのような全馬“子ども扱い”の突き抜け方でそのまま1馬身1/4差をつけてV。ここまで4戦無敗の女王ラッキーライラック以下を退け、アーモンドアイが桜の女王に輝いています。2着には1番人気ラッキーライラックが粘り込み、さらにそこから1/2馬身差の3着に3番人気リリーノーブルが入っています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロスガダイプロろいすプロおかべプロほか、計15名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
7(土)の福島1Rで◎テーオールチア(単勝12.7倍)的中の好スタートを切ると、中山4Rの◎シーホース(単勝36.3倍)、福島8Rの◎ノチェブランカ(単勝48.2倍)を仕留めるなどの好調予想を連発。G3ニュージーランドTも◎デルタバローズ(単勝23.2倍)の予想で的中し、大幅プラスを達成!8(日)にも阪神10Rを◎ヤマカツグレース(単勝26.1倍)で的中するなどの活躍を見せ2日間連続のプラスを記録。週末トータル回収率156%、収支14万880円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
7(土)の福島10Rで3連単的中21万7920円払戻しのスマッシュヒット!さらに、中山10Rで同45万1,880円払戻しのビッグヒットをマーク!8(日)にも中山7Rで10万超払戻しを記録した先週は、週末トータル回収率143%、収支31万1,800円プラス(←トップ)の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
8(日)のG1桜花賞を3連複1点勝負的中!他にも、中山5Rなどでも3連複1点的中を披露し、週末トータル回収率トップの220%をマーク!10週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
7(土)は阪神7Rでの◎スペクター(1着)○パーシーズベスト(2着)のW的中などでこの日のプラスを決めると、翌8(日)には福島5Rの◎マルーンエンブレムG1桜花賞の◎アーモンドアイなどの的中を披露し2日連続のプラスを達成。週末トータル回収率102%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
7(土)の阪神3Rでの◎○▲パーフェクト的中、8(日)中山3Rの○◎▲的中、阪神4Rの○▲◎的中、阪神10Rの◎△△的中、勝負レースG1桜花賞の△○◎的中、阪神12Rの◎△▲的中など、随所に好精度◎を披露した先週は、週末トータル回収率100%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
8(日)の阪神10RG1桜花賞などで3連複的中をマークした先週は、週末トータル回収率106%を達成しています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年4月3日(火) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018桜花賞
閲覧 3,581ビュー コメント 0 ナイス 16



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


【優先出走馬】

マウレア(B)
前走時のコラムでも書いたが調教内容がグッと良くなっていた前走は、期待通りの走り。勝ち馬には及ばないものの本来の走りが見られたのではないか。この中間は栗東に滞在して調整されており、1週前の動きを見ると上積みまではないかもしれないが、良い状態をキープできている感じ。

リバティハイツ(C)
12月のデビュー戦から月1ペースでレースを使われてきている。この中間もいつも通り坂路で乗られていて疲れは感じられないが、前走馬体重が8kg減っていたのでこれ以上大きく減ると影響がありそう。

アンコールプリュ(B)
調教の動きはレースを使われるごとに良くなっている感じで、今回の1週前追い切りでは併走相手に手応えでは見劣っていたものの走りは前走以上に見えた。小柄な馬だが、中3週でも1週前に強めに追われているので前走を使われての上積みもありそう。

デルニエオール(D)
これまでそれほど目立つ調教時計が出ていた訳ではないものの2勝して、前走の重賞でも3着という実績はさすが良血馬と言った感じ。ただかなり小柄な馬で、レースを使われるごとにパドックでうるさい面が出てきているし、馬体的にも気持ちの面でも余裕がなくなってきている感じがする。1週前には終い強めに追われているので、何とか状態をキープできているとは思うが、上積みまでは厳しい印象。

ハーレムライン(D)
デビュー戦ではラッキーライラックから1.2秒差の4着で年明けの未勝利戦から3連勝中。11月から使い詰めできているので前走のパドックでは少し細く見えた。うるさい面も時折のぞかせていて、今回は輸送競馬でもあるのでかなり気を使う調整になると思われる。

レッドレグナント(B)
休み明けで+8kgの前走は、パドックでは太め感はまったくなく好馬体での出走となった。レースでは枠に恵まれたところもあるが、逃げて2着に粘り込んだ。直線でもうひと伸び足りなかったところは久し振りの分か。ただゴールしてからもスピードが乗ったまま流していたところには能力を感じたし、この中間も日曜日に坂路でかなり良い時計が出ている。前走を使われての上積みがありそうな馬。


【収得賞金順】

プリモシーン(C)
新馬、未勝利と馬なりでの調教で出走していたが、前走は直前に強めに追っての出走だったことが影響したのかパドックでうるさい面を見せていた。1週前は濃霧の中で追い切られたが、これまでも1週前はそれほど速い時計を出していたことはなく、直前の日曜日に坂路で速い時計というパターン。先週の日曜日には、坂路で速い時計を出していてその点ではいつも通りの調教過程と言っていいだろう。ただ、今回は関西への輸送があるので最終追い切りは軽めでないと当日は前走以上にうるさくなりそうなので、その辺は注意した方が良さそう。

モルトアレグロ(E)
今回で4戦連続関西への輸送。追い切りでもどちらかというとカァーっと行くところがあり、パドックでもセカセカする馬なのでマイル戦は距離が長いだろう。

アンヴァル(E)
追い切りの動きを見ても気の勝ったタイプで、いかにもスプリンターといった感じで距離が長い。

コーディエライト(D)
新潟2歳S時のような時計が近走出ていない。1週前追い切りの動きを見ても終いの伸びが物足りない。

レッドサクヤ(B)
関東でのレースの時はパドックでうるさい面を見せていたが、ここ2戦の京都では普通に歩けていたので関西圏での競馬は良い。間隔も空き、1週前に併せ馬で一杯に追われて先着できているので直前はそれほど強くやることもなさそうで、上積みが見込めそう。

アマルフィコースト(D)
前走はスタート後に落馬競走中止にはなったものの、カラ馬のまま馬群の中でレースには参加していた。それでも鞍上がいないので良いポジションにいながら最後の直線は伸びず。1週前追い切りでは前走以上に終いの時計は出ていたが、走りに力強さがなく動きとしては物足りなく見えた。

ツヅミモン(B)
もともとかなり大きな馬だが、調教では好時計が出ていた馬。間隔は少し空いたもののこの中間も好時計が出ていて状態面で気になるところは特にない。出来は良さそう。


【抽選対象馬(2頭出走可能)】

スカーレットカラー(B)
前走はやや物足りない調教内容だったが、今回の1週前追い切りでは外めを走って前走以上の好時計が出ている。フェアリーS時並みに状態は良さそうで、最終追い切りの動きも気になるところ。

トーセンブレス(E)
この中間は目立つ時計が出ていない。この状態で最終追い切りを迎え、輸送も控えているとくれば上積みは厳しそう。

フィニフティ(A)
この中間も2週前、1週前と引き続き好時計が出ていて調子は良さそう。特に1週前追い切りでは、迫力のある動きで内に併せて先着と内容は前走以上。出走できたら怖い存在。


【除外対象馬】
サヤカチャン(D)
1週前追い切りでは時計は出たが、使い詰めでもう1本足りない感じ。

アリア(D)
間隔が詰まっているため1週前は坂路で追い切られたが、時計的には大きく変わらず。

イサチルルンルン(F)
この中間は速い時計がなく、上積みは厳しい。

シグナライズ(E)
2週前、1週前追い切りと前走と比べると時計も平凡で物足りない。

ラブカンプー(F)
使い詰めで上積みが見込めない。

ファストライフ(E)
今年3戦と詰めて使われ、前走後に速い時計もなく評価は上がらない。



※なおラッキーライラックリリーノーブルアーモンドアイに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。



◇今回は桜花賞編でした。
先週の美浦は濃霧のため追い切りの映像なしや時計が計測できない時間帯があり、調教を参考に予想を組み立てている方々は困ったのではないかと思います。私も調教を予想の柱にしているので、何週間も続いてしまうと困ったことになる一人ではありますが、良い機会なのでたまに起こる濃霧のなかで行われる調教に関して個人的な見解を述べさせてもらいます。まず霧の中を馬に乗って走るということはどういうことか考えてみると、視界が狭くなり周りが何も見えません。前が見えにくい時点で音は聞こえてもいつ前に馬が現れるかもしれないという危険性から思い切り走らせるのは困難で、強めに追い切ること自体ができないのではないかと思います。霧の中を車で運転したことのある方は分かると思いますが、危険と感じた時点でまずスピードは出せません。ライトが付いている車でも反射して見えにくいのに、ライトもついていない人馬ではもっと何も見えないと思います。総論、そんな危険な状況下で追い切りを行っている馬は、思い通りのメニューが消化できていないはずというが私の見解です。輸送などいろいろと先に予定が控えており、いつ霧が晴れるか分からない状況では無理してでも追い切らなければならないのかもしれませんが、霧が晴れて視界が良くなってからや次の日の視界の良い状態まで延期して追い切ったほうが、予定通りの調教ができているという点でまだマシだと考えています。例外もあるとは思いますが、<濃霧=時計なし、映像なし=マイナス>と捉えたほうが一番分かりやすいのではないかと思います。あくまでも個人的な考えではありますが。ちなみに先週の大阪杯に出走した関東馬で濃霧の中で追い切られたミッキースワローメートルダールウインブライトゴールドアクターはそれぞれ5着、10着、12着、16着でした。今週は晴れてくれると良いのですが......。

それでは次回皐月賞編(予定)でお会いしましょう。


桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年4月3日(火) 17:45 覆面ドクター・英
桜花賞2018
閲覧 3,200ビュー コメント 0 ナイス 15



桜花賞が来ると、ああ春だなあと感じます。以前学会で行った京都での川下りで見た桜は美しかったので、また行きたいのですが、留守番役が居なくてなかなか難しそうです。
ちなみに北海道の桜はGWが終わった頃にようやく咲いたりします。馬産地・静内の桜は有名ですが、混み過ぎるので実は一度も行ってません。
先週大阪杯のズバリ的中で補てんすることが出来た人生最初で最後(?)のハワイツアー(家族+準家族の合計8人分)の旅費の更なる上積みを、今週も目指します。WIN5はまた4つ止まりで、手広くいくのが3レース目と4レース目が逆なら917万円ゲットだったのですが......。そうは易々と世界一周旅行にグレードアップ、とはいかないものですね^^;


それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 ラッキーライラック:2歳女王がトライアルのチューリップ賞も完勝して4戦4勝で無敗のまま桜花賞に挑む。前走は早め先頭から余裕の勝利で、率は低いが特大ホームランを出すであろうと予測されてたオルフェーヴルらしい代表産駒。特に死角無し。

2番人気想定 アーモンドアイロードカナロア×フサイチパンドラという良血馬でシンザン記念も鋭く差し切ったが、世間の評価ほど個人的には評価していない。ラッキーライラックを一蹴というのは無いのでは。人気馬で消すならこの馬か。

3番人気想定 リリーノーブル阪神JFでもチューリップ賞でもラッキーライラックには完敗だが、依然この世代上位には居る。

4番人気想定 マウレアアユサンの下で阪神JF3着、チューリップ賞2着と世代上位には居るが、やはりラッキーライラックを倒せる感じはしない。

5番人気想定 フィニフティ:全兄ステファノス同様に中距離向きな感じがあり、新馬勝ちした後にすぐ重賞挑戦だったクイーンCでは終い詰めてきての2着と力をみせた。ラッキーライラックを追いかける群で、上昇度ならこの馬が一番か。

6番人気以下想定
デルニエオール:フィリーズRで3着したがレースレベルが低く、1400mというのも本番に直結しにくく消しでいいのでは。

プリモシーン:3戦2勝とフェアリーSで重賞も制してきたが、使うところが巧いタイプで、ここでやれるかというと厳しいのでは。

レッドレグナント:逃げて好成績を残してきたが強い王者に早めに来られて厳しくなる。

アンコールプリュ:まだまだ上昇する血統で、前走も位置取りが悪すぎての2着でフィリーズR組で買えるのはこの馬だけ。

レッドサクヤ:ディープ産駒らしく京都マイルで勝ってきたが、ここではまだ力足りない。

トーセンブレス阪神JF4着、フラワーCで2着とそれなりに上位には来る馬で、前走後はNHKマイルCを目指すとも言っていたが、出走してきたらヒモにはありでは。

リバティハイツ:トライアルのフィリーズR勝ち馬だが、低レベルだったので要らないだろう。

コーディエライト:新潟2歳SとファンタジーSで2着したが、その後の2戦は二桁着順としぼんでしまい、急な巻き返しは無いだろう。

アンヴァル:母系のアルーリング軍団らしく、スプリンター寄りとみられ要らない。

アマルフィコースト:前走はスタート直後につまづいて落馬したので、消耗していない分、みっちり調教を積んでヒモ穴にいれるか程度か。

サヤカチャンアルテミスSラッキーライラックの2着だった馬だが、負けたのがショックだったのか、ここ4戦二桁着順で要らない。

ハーレムライン:3連勝でアネモネSを制しての参戦となるが、なかなか強い内容で、なめられがちなアネモネS組だがヒモ穴にはいいのでは。

スカーレットカラーフェアリーSでは2着だったが、チューリップ賞では7着と完敗で、もっと距離延びて良さがでるかも。

シグナライズ:フランケル産駒でデビューから5戦連続1番人気だったが、やはり瞬発力いまひとつで桜花賞向きではないのでは。

モルトアレグロ:紅梅S勝ち馬だが、適性はスプリンター寄りと思われ激走は無さそう。

アリア:トライアルのフィリーズRで12着では買えない。

ツヅミモン:新馬勝ちで臨んだシンザン記念アーモンドアイの2着と激走したが、クイーンCでは2番人気12着と惨敗した。540kg近い大型馬でストロングリターン×ダンスインザダークの配合。ダート見てみたい馬。

ラブカンプーショウナンカンプ×マイネルラヴと血統通りスプリンター。

イサチルルンルン:芝ダート兼用のパイロ産駒だが、前哨戦のフィリーズRで14kg減で14着惨敗と立て直しての好走は難しい。

ファストライフスーパーホーネット×チチカステナンゴという面白い配合だが、500万下でも勝てず出走できないだろう。


<まとめ>
最有力 ラッキーライラック

ヒモに リリーノーブルマウレアフィニフティ

穴で アンコールプリュトーセンブレスアマルフィコーストハーレムライン(この中で調教良いものをピックアップか)

危険な人気馬 アーモンドアイ

[もっと見る]

レッドレグナントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 246ビュー コメント 0 ナイス 4

7月19日(日)福島・阪神・函館

函館11R函館記念
◎7.レイホーロマンス  21.5
・3.ミスマンマミーア  21
・1.レイエンダ  21
・12.プレシャスブルー  20.5
・4.ランフォザローゼス (20.5)
・11.スズカロング  20
・5.カウディーリョ  19

阪神11R中京記念
◎15.ギルデッドミラー  20.5
・10.プリンスリターン  19.5
・11.ソーグリッタリング  16.5
・1.ベステンダンク  16
・5.レッドレグナント  15.5
・6.ペプチドバンブー  15.5
・12.ミッキーブリランテ  15.5

福島11R福島テレビOP
◎13.メイショウキョウジ  18
・4.クライムメジャー  18
・14.リコーワルサー  17.5
・8.カルヴァリオ (18)
・2.レジェーロ  17.5
・6.ダノングレース  17.5
・1.アリンナ  17

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【勝負馬券】
(カッコ内は前週までの年間回収率)
単勝◎=1点(90%)

以上

 ゼファー 2020年7月18日() 15:44
第68回 トヨタ賞中京記念GⅢ
閲覧 236ビュー コメント 0 ナイス 9

<馬場状態>

阪神 芝 での開催で違和感が有るが、
連続開催で、14日目・・・さて、どの位馬場が悪いのか?
天気はなんとか雨は避けられそう。

土曜日のレースを観て、

 直線も荒れていてSペースでも上り3F 33秒台は出ない馬場
 思っていたよりも、内が悪くない
 厳しい流れでも、前が残っている

開催後半に観られる、前潰れの大外強襲では無い・・・

恐らく、Mペース以上で流れれば、後ろの組も荒れた馬場に消耗させられ脚が溜まらず、
又、直線も荒れ馬場なので、脚が殺がれてギアが上がらず、届かない
4角で最内をロス無く走れた方が、スタミナが残せるイメージ。

<展開>

4
8
5
1.10.11.17


7.12.15.16
2.3.6.9.12.13.14.18

<馬券>

トロワゼトワル:△
単騎で溜めずに行けば、後ろの馬も脚が溜まらず好走イメージが立つが、
阪神の荒れ馬場分、ラストで息切れし3着。

↑を見ながら、先行出来て、荒れ馬場適性が有る馬から馬券にする。

ソーグリッタリング:◎
先行して、馬場に適性が有り、パワーで推す川田 将雅Jに任せる。

ベステンダンク:〇
1番枠からスッと先行出来て、松山 弘平Jなら任せられる。

プリンスリターン:▲
馬場が今戦にリンクしそうな第29回 アーリントンカップGⅢ で先行して粘った3着が魅力。
最軽量ハンデで、先行すれば粘れて、◎候補だったが、原田 和真Jなので、▲で。

ストーミーシー:★
荒れ馬場も厳しい流れも好物。
パワー騎乗名人の幸 英明Jへの乗り替りも大きな上積み有る。
穴は、この馬!

ギルデッドミラー:△
差しに回りそうで、届いても3着か。

△は、荒れ馬場は不安も、先行出来て、この人気なら3着で抑えておく。

レッドレグナント:△
先行出来て、51㎏なら。

ディメンシオン:△
先行出来て、トロワゼトワルの流れは向く。

メイケイダイハード:△
調教は、絶好調らしい。

[もっと見る]

 セイラ 2020年6月21日() 21:28
細江純子さんはエロおばさん? 
閲覧 3,246ビュー コメント 14 ナイス 124

細江純子さんのツィッターにウケた

強かったカフェファラオ

まだ呑んでないのに…シャブッテル
シャベッテル。コワレタだって(笑)

これならお馬さんのあそこばかり
見てるんじゃないのかな??(笑)




土日の競馬が終わると毎回疲労感が
ドッと出る。集中してるからなぁ?

今日は東京10R3連複取り損ねた(泣)
3連複137.800円も…

1着11番人気 レッドレグナント
2着8番人気 レノーア
3着6番人気 クラヴィスオレア

軸馬レノーアにしようかミュージアムヒルに
しようか悩んでミュージアムヒルに。
相手は全部居たのに(泣)

レノーアはエイトで調教プレミアムだから
メチャ迷って迷って…

あ〜悔しい悔しい

実はオッズを見てないからこうなって
しまった訳で…ミュージアムヒルが2番
人気なら軸馬にはしてなかったのに…

超万馬券取る時は軸馬はレノーアみたいに
8番人気を軸にしないと取れないもんね

ま、今日は万馬券2つショボいけど取れたし
良しとしょーっと

競馬は毎週あるしね!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドレグナントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドレグナントの写真

レッドレグナント
レッドレグナント
レッドレグナント

レッドレグナントの厩舎情報 VIP

2020年12月19日ターコイズステークス G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドレグナントの取材メモ VIP

2020年12月19日 ターコイズステークス G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。