ティーエスクライ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝6 芦毛 2012年3月28日生
調教師武幸四郎(栗東)
馬主田畑 利彦
生産者浦河日成牧場
生産地浦河町
戦績43戦[4-6-5-28]
総賞金8,173万円
収得賞金1,550万円
英字表記T S Cry
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
レイナワルツ
血統 ][ 産駒 ]
ブラックタイアフェアー
レイナロバリー
兄弟 ティーエスネオディナミーデン
前走 2018/07/29 クイーンステークス G3
次走予定

ティーエスクライの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 116796.21111** 牝6 55.0 竹之下智武幸四郎458(-8)1.50.4 4.238.8ディアドラ
18/07/08 函館 12 かもめ島特別 1000万下 芝1800 81153.271** 牝6 55.0 竹之下智武幸四郎466(+10)1.50.7 -0.335.8イストワールファム
18/06/10 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 155996.21514** 牝6 48.0 竹之下智武幸四郎456(-8)2.00.4 1.336.2アンドリエッテ
18/03/24 阪神 10 天神橋特別 1000万下 芝1600 126817.565** 牝6 52.0 小林徹弥武幸四郎464(-4)1.34.6 0.534.8⑦⑦リリーヴィクトリー
18/02/18 京都 9 春日特別 1000万下 芝1800 1281218.967** 牝6 55.0 岩崎翼岩元市三468(-4)1.49.1 0.636.7ストンライティング
18/01/27 京都 10 木津川特別 1000万下 芝1600 116719.967** 牝6 55.0 和田竜二岩元市三472(+6)1.35.5 0.635.5⑦⑦ドゥーカ
18/01/07 京都 12 4歳以上1000万下 芝1600 107726.976** 牝6 54☆ 城戸義政岩元市三466(-2)1.34.5 0.436.0⑦⑧ブランドベルグ
17/12/16 中京 8 3歳以上500万下 芝1600 166128.131** 牝5 54☆ 城戸義政岩元市三468(+2)1.35.2 -0.034.1リライアブルエース
17/12/10 中京 8 3歳以上500万下 芝1600 152211.952** 牝5 54☆ 城戸義政岩元市三466(+8)1.34.2 0.335.2メイショウモウコ
17/11/18 福島 8 3歳以上500万下 芝1800 161214.984** 牝5 54☆ 城戸義政岩元市三458(-4)1.47.6 0.335.7シャンティローザ
17/10/28 京都 7 3歳以上500万下 芝1600 1781629.898** 牝5 55.0 和田竜二岩元市三462(+6)1.36.4 0.936.5⑦⑥ロライマ
17/09/24 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 1881633.6129** 牝5 55.0 菱田裕二岩元市三456(+2)1.34.1 1.434.0⑭⑭モズアスコット
17/09/03 札幌 9 3歳以上500万下 芝1800 144614.664** 牝5 55.0 菱田裕二岩元市三454(+2)1.50.7 0.136.9⑨⑧⑦⑦コーカス
17/07/22 函館 9 3歳以上500万下 芝2000 134515.878** 牝5 54☆ 坂井瑠星岩元市三452(+4)2.02.1 1.635.5⑨⑨⑩⑨タンタグローリア
17/07/01 中京 9 御在所特別 500万下 芝1600 165916.369** 牝5 55.0 和田竜二岩元市三448(-10)1.34.8 0.934.5⑨⑨⑨レオナルド
17/03/26 中京 9 刈谷特別 500万下 芝1600 16125.433** 牝5 55.0 菱田裕二岩元市三458(+4)1.35.8 0.635.1④⑩⑧イレイション
17/03/12 阪神 8 4歳以上500万下 芝1600 13453.832** 牝5 55.0 和田竜二岩元市三454(-10)1.34.4 0.134.1⑦⑦ステファンバローズ
17/02/18 京都 8 4歳以上500万下 芝1600 167133.117** 牝5 55.0 和田竜二岩元市三464(+8)1.36.5 0.335.6⑤⑤ディープエクシード
17/01/28 中京 12 鞍ケ池特別 500万下 芝1600 137117.832** 牝5 55.0 菱田裕二岩元市三456(-4)1.34.4 0.134.5オンザロックス
17/01/21 京都 12 4歳以上500万下 芝1600 157136.333** 牝5 55.0 和田竜二岩元市三460(+8)1.36.2 0.234.9⑨⑩ショウナンタイザン

⇒もっと見る


ティーエスクライの関連ニュース

 ◆国分恭騎手(アンドリエッテ5着) 「手応えが良くなかったので、直線は外に出さずに内を狙ったが、前があかなかった」

 ◆四位騎手(エテルナミノル6着) 「本当は馬の後ろにつけたかったけど大外枠は厳しい。ただ、2戦ともゲートを出たのは収穫」

 ◆モレイラ騎手(アグレアーブル7着) 「もっと前のポジションが欲しかったが、ラチを気にしたので無理に行かなかった。自己条件なら違うはず」



 ◆藤岡康騎手(ハッピーユニバンス8着) 「スタートしていいポジションが取れず、流れ込むような形になってしまった」

 ◆吉田隼騎手(ツヅミモン9着) 「勝負どころで後ろから来られて、前の馬には厳しい展開だった。距離も少し長いかも」

 ◆北村友騎手(リバティハイツ10着) 「休み明けでいつもより気が入っていたし、この距離やコーナー4つの競馬に戸惑っていた」

 ◆竹之下騎手(ティーエスクライ11着) 「小細工なしにある程度のペースで。この相手でよく頑張ってくれた」



★29日札幌11R「クイーンS」の着順&払戻金はこちら

【クイーンS】ディアドラが大外一気の豪快な差し切り勝ち 2018年7月29日() 15:33

 7月29日の札幌11Rで行われた第66回クイーンステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=3600万円)は、昨年の秋華賞馬でクリストフ・ルメール騎手騎乗のディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)が、激しい2着争いを尻目に完勝。ドバイ遠征からの帰国初戦で休み明けだったが、1番人気に応えた。タイムは1分46秒2(良)。2着はフロンテアクイーン(4番人気)、3着はソウルスターリング(2番人気)だった。

 レースはティーエスクライがハナを奪い、ツヅミモンソウルスターリングリバティハイツなどが続く形。3コーナー手前から、中団~後方にいた馬が先行グループとの差を詰めていった。直線で一旦先頭に立ったツヅミモンソウルスターリングがかわしたが、後方2番手を追走していたディアドラが大外から直線で一気に脚を伸ばし、差し切った。中団の後ろから伸びてきたフロンテアクイーンが3馬身差の2着で、ソウルスターリングがさらにクビ差の3着。

 ディアドラは、父ハービンジャー、母ライツェント、母の父スペシャルウィークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は森田藤治氏。通算成績18戦6勝(うち海外1戦0勝)。重賞は2017年紫苑S・GIII、秋華賞・GIに次いで3勝目。クイーンS橋田満調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「勝ったね。コンディションは100%じゃなかったと思うけど、きょうはこの馬の能力が上で、けっこう楽勝だった。反応が良くて切れ味も生かせた。ドバイでいいレースができたので自信はありました。去年も札幌で勝っていて、たぶん、彼女(ディアドラ)は北海道が好きだね」



★【クイーンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【クイーンステークス】U指数的考察2018年7月29日() 10:16

クイーンステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
基本的に指数上位を信頼できるレース。直近5年で2着連対した10頭のうち8頭が指数5位以内。優勝馬は例外なく該当する。

1位→②ソウルスターリング
2位→⑪エテルナミノル
3位→③トーセンビクトリー
4位→⑤フロンテアクイーン
5位→⑩ハッピーユニバンス

<ポイント②>
指数1~3位馬が揃って複勝圏を逃した年はゼロ。なかでも斤量55キロ以下の馬に絞ると、【3.2.3.5】のハイパフォーマンス。

指数1~3位かつ斤量55キロ以下

トーセンビクトリー
エテルナミノル

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は92.1。これを下回る馬は、評価を一枚割り引いたほうがいいかもしれない。

指数92.0以下

アグレアーブル
ツヅミモン
リバティハイツ
ティーエスクライ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】斬って捨てる!2018年7月29日() 10:07

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のクイーンステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1出走かつ今回の斤量56キロ以上の馬は3着以内ゼロの大不振(2008年以降)

ソウルスターリング

前走で1000万下戦に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

アグレアーブル
ティーエスクライ

【人気】
単勝オッズ帯15.0~19.9倍の連対例はなし(1998年以降)
※9時30分現在の15.0~19.9倍

アンドリエッテ
エテルナミノル

【脚質】
前走で重賞勝利あるいはG1に出走していた馬を除き、前走4角2番手以内で通過していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

トーセンビクトリー
ティーエスクライ
エテルナミノル

【枠順】
馬番5番枠と7番枠の好走例はゼロ(函館開催を除く、2008年以降)

フロンテアクイーン
ティーエスクライ

【血統】
父ナスルーラ系で当日3番人気以下の好走例はゼロ(2008年以降)
※9時30分現在の3番人気以下かつ、父ナスルーラ系

ハッピーユニバンス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ツヅミモン
リバティハイツ
ディアドラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】取捨即断!血統アナリシス2018年7月28日() 17:00

日曜日に行われるクイーンステークスの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


アグレアーブル
当該コースと好相性のマンハッタンカフェを父に持つ点は好感が持てる。一方で、サンデーサイレンス系×米国ダート型ミスプロ系の配合馬の当レースにおけるパフォーマンスが今ひとつ。今回の舞台で上位進出するためには、父由来のしぶとさを活かせる馬場あるいは展開がほしい。

ソウルスターリング
フランケル×スタセリタというガチガチの欧州配合でありながら、日本の競馬で実績を残しているのは、父の有する類まれな適応力の賜物だろう。当レースの好走血脈に合致する部分は少ないが、本馬のような血統構成の持ち主の出走例がないのも事実。額面上の洋芝適性だけなら、メンバー随一の存在だ。

トーセンビクトリー
父は当舞台で好成績を残しているキングカメハメハ。当レースと相性の良い、マイルG1馬×サンデーサイレンス系の配合馬である点も好感が持てる。なにより、本馬自身が昨年2着に好走しているのだから、舞台適性の高さは折り紙つき。軽視禁物の1頭と言えよう。

ツヅミモン
マイルG1馬×サンデーサイレンス系の配合馬は当レースと好相性。ただし、父のロベルト系に加え、ニジンスキーの多重クロスも併せ持つ、かなりパワーに偏った血統構成。決め手比べでは分が悪いので、血の良さを存分に活かせる持続質勝負になってほしいところ。

フロンテアクイーン
父はスタミナ血統、対照的に母はスピード&仕上がり早タイプと、双方の弱みを補完した配合が特長の本馬。半面、抜けた要素に欠けるのも事実で、どうしても重賞では最後の詰めが甘くなる。今回の舞台で結果を出すには、父系の特長である洋芝適性の高さを引き出すことが肝要。つまり、上がりを要する競馬、あるいはロングスパートを仕掛けることが必須となる。

リバティハイツ
キングカメハメハクイーンステークスの好走血統のひとつ。ゆえに、父系の舞台適性については文句なし。一方で、3代内の血脈は米G1勝ち馬の母を除くと、欧州型で固められており、速い上がりの決め手比べではワンパンチ足りない印象。血の良さを活かすには、適度に上がりを要する決着が好ましい。

ティーエスクライ
クイーンステークスは瞬発力よりも持続力を求められる舞台だけに、持続力に長けたサンデーサイレンス系を父に持つ点は好材料。ただし、ハーツクライ産駒の当該コースにおける成績はイマイチ。ややダート色の濃い母父ミスプロ系も強調材料に欠ける。当地で勝負強い父母父トニービンの血が騒げば、活路を見出せるかもしれないが……。

アンドリエッテ
ディープインパクトの産駒は札幌芝中距離で好成績。半面、当レースにおける母父ヴァイスリージェント系の成績が停滞気味な点は気がかり。そのあたりを踏まえると、前回並みの結果を期待できるかどうかについては疑問が残る。父のコース相性の良さを評価しての連下扱いまでが妥当ではないか。

ディアドラ
父は名種牡馬デインヒルの血を受け継ぐハービンジャー。その父にスペシャルウィーク×マキャベリアンの肌馬を配することで、優れたスピードの持続力を生み出している。一方で、ややスタミナ色が濃い父系の血脈が影響しているせいか、直線の長いコースの決め手比べではひと押し欠ける。そのあたりを踏まえると、今回の舞台はベストの可能性もある。

ハッピーユニバンス
ジャングルポケット×サンデーサイレンスの組み合わせは、当レースの好走配合のひとつ。ただし、3代内の血脈はスタミナ型に偏りがちで、極端なスピード勝負になった時の不安は残る。血の良さを活かすためには、上がりを要する競馬になるか、自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込みたい。

エテルナミノル
当該コースにおけるエンパイアメーカー産駒、なかでも古馬の成績が芳しくないのは気になるところ。また、母父サンデーサイレンス系の近年の好走馬は、現役時にマイルG1で活躍したスピードタイプを父に持つ馬が大勢を占める。持ち味を活かすためには、時計あるいは上がりを要する競馬が望ましい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】ズバリ調教診断!2018年7月28日() 16:00

日曜日に行われるクイーンステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


アグレアーブル
函館ダで行われた1週前追い切りは、先行しながら3歳未勝利馬に遅れをとる物足りない内容。場所を函館Wに移した最終追い切りも時計こそ及第点だが、頭の高い走りで機敏さを欠く印象。相手強化の重賞では強調材料に乏しい。

ソウルスターリング
前走後はここ目標に在厩調整。2週前に南Wで好時計をマーク。札幌移動後の1週前追い切りは札幌芝で長めからマズマズの時計を記録した。同じく札幌芝で実施した今週の追い切りは3Fから軽めの内容。掛かる仕草を見せるのは相変わらずだが、動き自体は悪くない。良くも悪くも平行線といったところか。

トーセンビクトリー
コンスタントに使われているが、キッチリ乗り込まれているので、少なくとも体調面の不安はない。函館Wで行われた最終追い切りは5Fから余力残しで及第点のラップを計時。ピーク時のような、グイグイと伸びるさまは見られないものの、近2走と比べればマシなほう。及第点のデキとみる。

ツヅミモン
函館入厩後は函館Wで丹念に乗り込まれて、2週前と1週前に及第点のラップを計測。今週も好時計をマークした。若干、前捌きに硬さが見られるものの、ひと追いごとに良くなっていることは明らか。函館→札幌の輸送をクリアできれば、かなりいい状態でレースを迎えることができそうだ。

フロンテアクイーン
最終追い切りは函館Wで併せ馬を実施。好時計をマーク&併走先着を果たした。多少ズブい面を出し、併走馬をかわすまで時間を要したものの、醸し出す雰囲気は上々。動ける態勢にあるとみていい。

リバティハイツ
1週前に函館Wでバランスのとれた好ラップを計時。同じく函館Wで行われた今週の追い切りでも上々の伸び脚を見せた。重心の低さと小気味良い走りが目につき、気合乗りも悪くない。攻め巧者だけに、過剰な評価はできないが、臨戦態勢は整っていると判断したい。

ティーエスクライ
最終追い切りは函館Wで軽めの調整。全体時計こそ平凡だが、終いの脚はしっかりと伸ばしており、大きな問題ではない。とくに悪い点が表面化しているわけではなく、この馬なりに順調ととらえてもいいのではないか。

アンドリエッテ
最終追い切りは札幌ダで併せ馬を実施。余力残しでマズマズの時計を記録&追走併入を果たした。頭の位置は低く、四肢の動きも上々の部類。馬体も悪くなく、いい状態をキープしているのではないだろうか。

ディアドラ
最終追い切りは函館Wで5Fから好時計を記録。重心が低く、四肢と馬体が連動するスムーズな動きには目を見張るものがある。半面、緩めの馬体とコーナーリングでスムーズさを欠いた点は気がかり。及第点の仕上がり具合と思われるが、当日の気配はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

ハッピーユニバンス
函館Wで行われた最終追い切りの気配は活気十分。1週前に上々の時計をマークしている点も好感が持てる。半面、約3カ月の休養明けの割に乗り込み量は少なめ。実戦で最後まで息がもつかどうかの不安は残る。

エテルナミノル
最終追い切りは札幌芝で実施。余力残しでマズマズの時計を記録した。頭の位置は低く、脚元の動きも及第点。馬体の見映えも悪くなく、デキ落ちや疲れは感じられない。力を出せるデキとみていいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ティーエスクライの関連コラム

閲覧 445ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、29(日)に札幌競馬場でG3クイーンSが、新潟競馬場でG3アイビスサマーダッシュがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3クイーンSは、ティーエスクライが2コーナーまでにハナを奪い切って、少し離れた2番手にツヅミモン、そこからまた少し離れて3番手以下集団の隊列で展開。前半1000mを59.1秒(推定)で通過したあたりから徐々に馬群は密集し始め、3~4コーナーにかかてツヅミモンが早くも入れ替わって先頭へ。ソウルスターリングも並び掛けて、この2頭横並びの態勢で直線を迎えます。ほどなくソウルスターリングが先頭に立つと、後続からは、インを突いてトーセンビクトリー、馬群からはエテルナミノル、外を伸びてはディアドラフロンテアクイーンあたりが伸び残り200mを通過。ここから、他馬を置き去りにする一段上の伸び脚を見せたディアドラが、後続との差をみるみる広げていき、最後は3馬身差をつけて快勝。1番人気の支持に応え、重賞3勝目をあげています。2着には4番人気フロンテアクイーンが入り、そこからクビ差の3着には2番人気ソウルスターリングが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ導師嵐山プロ河内一秀プロ他、計8名が的中しています。
 
G3アイビスサマーダッシュは、最内枠から外の進路を確保しようと出していったアクティブミノル、中から3歳軽量牝馬ラブカンプー、外枠勢からはナインテイルズレッドラウダといったところが積極策で序盤レースを引っ張る展開。各馬外ラチ沿いに寄せて横方向の隊列が定まったあたりで、ラブカンプーが単独先頭に。外からナインテイルズも渋太く食い下がり、レジーナフォルテも内から並び掛け、アクティブミノルと外ラチ沿いのレッドラウダペイシャフェリシタの3頭は脚色が鈍って後退。対照的に、馬群の中でも脚が溜まっていた印象の1番人気ダイメイプリンセスは、するするとポジションを上げ上位争いへ顔を覗かせます。ようやく追い出されると、最後はラブカンプーレジーナフォルテの間を割って伸び一気に先頭へ。完全に抜け出したダイメイプリンセスが、そのまま先頭で駆け抜けゴール。1馬身1/4差の完勝で重賞初制覇を飾っています。2着には2番人気ラブカンプーが入り、そこから1馬身1/4差の3着には8番人気ナインテイルズがこちらも早め早めの競馬から粘り込んでいます。
公認プロ予想家では、夢月プロスガダイプロ他、計5名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
28(土)に小倉7R札幌9R札幌10R新潟12Rなどで活躍を披露すると、勢い止まらずの29(日)はさらにプラスを上積み。小倉6Rでの○◎的中、札幌8Rでの◎○的中、札幌9Rでの◎的中、小倉10Rと的中を積み重ね、G3クイーンSG3アイビスサマーダッシュでも両重賞的中と好調ぶりをアピール!土日2日間のトータルでは、回収率166%、収支47万6,580円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
28(土)は、札幌2Rでの◎イナンナ(単勝113.9倍)からの的中を皮切りに、新潟3R、勝負レース指定の札幌7R新潟12Rなどでプラスを積み重ね、回収率200%超の大幅プラスをマーク!続く29(日)も新潟7R小倉11Rなどの的中で連日のプラスを達成しました。週末2日間のトータルでは、回収率トップの176%、収支24万2,700円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
28(土)小倉3Rで◎ピースフルウィーク(単勝27.5倍)から馬単584.7倍×200円を含む、計24万8,490円払戻しのビッグヒットをマーク!29(日)にも新潟4R札幌9Rなどで好調予想を披露した先週は、トータル回収率125%、収支8万2,150円プラスを記録しています。また、2週連続週末回収率プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
28(土)を札幌6Rでの的中、新潟10Rでの的中などでプラスで終えると、29(日)には小倉3R札幌8Rなどで連日の安定した予想を披露しました。週末2日間のトータルでは、回収率129%、収支12万8,200円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
29(日)札幌9Rでの3連単10万3,120円馬券的中、小倉10Rでの3連単29万2,820円馬券的中と、この日2本のスマッシュヒットを披露しています!
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(155%)、おかべプロ(145%←4週連続週末プラス)、蒼馬久一郎プロ(137%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(131%)、サラマッポプロ(130%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年11月22日() 13:17 【ウマニティ】
【マイルチャンピオンシップ】今年のマイルCSで注目したい馬は?byK-MCS
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 4

土曜開催は終日良馬場で気温もこの時期にしては高め。

こうなるとマイルCS発走時点ではパンパンの良馬場の可能性も。

土曜とは少し違った馬場バイアスになる可能性があり、注意が必要である。

まずは土曜開催の復習。

復習レースは3つ。10レースから最終12レースまで。


11/21 京都

10R衣笠特別 1800m 1.47.9

1着マキシマムドパリキングカメハメハ × サンデーサイレンス)
2着ナムラアン(エンパイアメーカー × サンデーサイレンス)
3着ティーエスクライハーツクライ × ブラックタイアフェアー)

11RアンドロメダS 2000m 2.00.6

1着トーセンレーヴディープインパクト × カーリアン)
2着トラストワンマイネルラヴ × デヒア)
3着アルバートドックディープインパクト × アンユージュアルヒート)

12R1000万下 1200m 1.08.5

1着サンシカゴリキアイワカタカ × ジャッジアンジエルーチ)
2着ブレイヴフィートキングカメハメハ × アグネスタキオン
3着モズハツコイクロフネ × サクラバクシンオー


レースの隊列・勝負どころなどを見ていると、ほぼ共通点がある。

a.内ラチ沿いはかなり芝が荒れている。
b.時計の掛かる馬場であった。
c.直線はインベタ1頭分除き、内から3頭以上外目が伸びる。
d.勝ちパターンは、前から3~5頭目くらいの先行集団に居て、直線は外目に持ち出し抜け出すパターン。

また血統背景にも傾向があり、「キングマンボ内包」「トニービン内包」の馬が好走していた。

あと最大の特徴が、「上がり最速馬は1着ではない」という点である。

今の馬場は上がり一辺倒では勝負に参加出来ないという見解としておく。

今の京都芝の馬場バイアスはこんな感じか。

マイルCS優勝馬のコース取りは、先行集団で脚を溜め、直線で外目に持ち出し抜け出す、という風に推測する。

これらを重点に、マイルCSの注目馬を7頭ピックアップ。

キングカメハメハの2ケイアイエレガント
同じく父キングカメハメハの3レッツゴードンキ
脚質がベストに思える5イスラボニータ
イスラと同じく展開向きそうな9レッドアリオン
マイル実績が強烈な10フィエロ
京都実績ならばの14トーセンスターダム
脚質的に展開向きそうな17ロゴタイプ

牝馬2頭、どちらがハナを叩くのか、というのが分かりにくいが桜花賞のイメージで逃げたいならハナはレッツゴードンキか。

仮にそうとするならば、イスラボニータにとっては願ったり叶ったりの展開となりそうな予感。

もしそうでなくとも、この秋3走目という一番脂の乗ったローテにも思えて、この馬が軸馬筆頭と見る。

相手だが、こちらも今秋3走目のトーセンスターダムを抜擢。

母系にトーセンジョーダンがいる血統背景であり、京都実績も素晴らしい。

それでこの人気なら「オイシイ」と見る。

イスラボニータトーセンスターダム。この2頭を中心とした馬券で勝負する。


前年度の1・2着馬がまた今年も馬券圏内に入ってくるのか。
古豪のマイルGI馬が意地を見せるのか。
新興勢力の3歳馬が若き力を見せるのか。

馬券予想、本当に難しい一戦となった今年のマイルCS

さて、結末や、如何に。

執筆者:K-MCS(MYコロシアム>最新予想にリンク)

[もっと見る]

ティーエスクライの口コミ


口コミ一覧
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 2

クイーンSは⑤フロンテアクイーン本命にしました。

得意の1800でロス無く周ってくれれば馬券の要素かて十分やと思います。

相手は札幌開幕週が味方しそうな⑦ティーエスクライにしときます。
この馬も1800得意ですから楽しみです。



アイビスサマーは②ダノンアイリスを選びました。

ウマニティの『ズバリ調教診断』にて、この下から数えた方が早い人気にも係わらず、状態面がトップクラスの様な内容ですからね。穴党なら見逃せませんね。

指数もやたら高いんで今回一番の注目です。


相手は⑯ブロワ。

毎年牝馬が馬券に絡むんですが、本命ダノンも牝馬ですが…
ブロワに関しては千直マスター西田雄一郎J鞍上やし、外枠馬やしで結構香ばしい存在や思います。

 モズ@ 2018年7月27日(金) 21:13
クイーンステークス予想
閲覧 277ビュー コメント 2 ナイス 7



自己条件を予定していた
先行脚質のツヅミモンが一転して出走。

更には内枠に
飛び出しの良さそうな馬が入った事で

外目のティーエスクライが押して逃げて
序盤が少し速まる可能性も出てきた一戦。


当初は序盤からスローで流れる
先行内有利の想定だったが、

外からでもある程度は通用する
中弛みの加速勝負に切り替えて予想したい。





◎ソウルスターリング

阪神JF、チューリップ賞とも
中弛みの展開を差す形で完勝。

チューリップ賞以降は
この形を取れていないため、
復活の余地はまだ残されているはず。



〇ディアドラ

矢車賞や秋華賞の勝ち方からは
後半緩んでの加速勝負が一番合いそう。

改めて振り返ると
末脚の地力はそこまで高くないので、
先行内有利の展開になると
案外伸びない可能性は考えられる。



▲エテルナミノル

好走した愛知杯、函館記念とも
序盤が速い中弛み展開と流れが共通。

序盤から緩く淡々と流れてしまうと
位置取り有利の展開でも
終いキレ負けしてしまいそうなので、

できれば各馬が少し引っ張られてから
緩む展開になってほしい。




ツヅミモン

今回のペース想定なら
買えるタイプの馬かなとは思うが、
単純に力が足りているのか疑問。



リバティハイツ

ツヅミモンと同じく、
ペース適性は感じるが地力に疑問。

追ってモタれる面があるので
そこが解消されないと
終いは甘くなってしまう印象。





前日買い予想。

馬券は◎→〇→▲の3連単と3連複勝負。

ソウルスターリングは
ここで展開が合ってもダメだと
中距離はもう使わないほうが良い気もする。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年7月27日(金) 10:44
クイーンS≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 9

【クイーンS】札幌芝1800m

傾向と言っても普通に3・4歳の
「GⅠ出走馬が強い」レースです。
過去14年の3着以内馬42頭中22頭
(半数以上)が近2走以内に着順関係無く
GⅠ出走した馬☆///

今年は
・ソウルスターリング
・ツヅミモン
・ディアドラ
・リバティハイツ
2005年以外は最低1頭は馬券に絡んでいることからも軸は
上記の4頭のどれかを選べば確率は数段上がる!

≪ステップ≫
◎ヴィクトリアマイル【4-4-2-13】
○オークス【2-1-2-13】
穴パールS出走馬【1-1-2-9】率はそれほどでもないが⑪⑩⑥⑫人気が馬券内

≪好走条件≫
・関東馬の②番人気以内【6-0-0-0】
〇ソウルスターリング?
・GⅠで3着以内実績
〇ソウルスターリング 〇ディアドラ 

≪凡走条件≫
・前走OPの3着以下【0-0-0-13】
・前走1000万クラス条件戦【0-0-0-16】
・牝馬のレースらしく間隔が詰まった馬は危険
連闘・中1週【1-1-0-9】 中2週【0-1-0-19】 中3週【0-1-0-9】
※3着以内に入った馬は前走1着で好調状態のまま勢いに乗って重賞好走。
今年は3頭いるが・アグレアーブル・ティーエスクライは前走≪凡走条件≫条件戦組(^o^;)

≪血統≫
近8年3着以内24頭中8頭に該当するのが母父サンデーサイレンス
〇トーセンビクトリー 〇フロンテアクイーン 〇ハッピーユニバンス
続くのが7頭の父か母父がキングマンボ系
〇トーセンビクトリー 〇リバティハイツ
意外と数は少ないが【1-0-1-0】で100%のディープ産駒
〇アンドリエッテ

【見解】
近年のトレンドは『ヴィクトリアM組』と『マーメイドS組』近4年では【2-3-3-11】
3着以内12頭中8頭はこの組から出ている。さらに出走頭数が前走より減る
レースの関西馬が【2-2-2-5】
〇アンドリエッテ「マーメイドS15頭」
〇エテルナミノル「オークス18頭」
〇ツヅミモン「桜花賞17頭」
〇リバティハイツ「桜花賞17頭」

昨年は◎関東馬で当日2番人気以内【5-0-0-0】に当て嵌まる
アエロリットがいたので、最終1着固定♪
≪マーメイドS≫≪好走条件≫≪血統≫に該当した
〇トーセンビクトリー〇マキシマムドパリを2・3着においての
少点数3連単で会員さんには良い情報提供となりました(*^o^*)
今年もソウルスターリングが該当しそうな感じですが、ルメールがディアドラに乗る分
2番人気に残るかどうかもまだわからなそうですね^^;
マジックマンモレイラが≪凡走条件≫に該当する馬に乗ってくれるのは有難いが
この男だけに持って来てしまうのか?この辺りが配当にも影響しそう。

脚質・馬番による着順傾向もありますが、これは前日の指数表にて!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ティーエスクライの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ティーエスクライの写真

投稿写真はありません。

ティーエスクライの厩舎情報 VIP

2018年7月29日クイーンステークス G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ティーエスクライの取材メモ VIP

2018年7月29日 クイーンステークス G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。