今週の競馬:注目レース

  • スプリンター G1
    10/4(
  • シリウスS G3
    10/3(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 秋のGIシリーズ開幕を告げるスプリンターズSの追い切りが30日、栗東トレセンで行われた。産経賞セントウルSを制し、GI初制覇を目指すダノンスマッシュ(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)は、気合十分に坂路で4ハロン52秒3をマークし、調教評価はただ1頭最高の『S』となった。安田隆師の悲願でもある父ロードカナロアとの親子GI制覇に向けて、万全の態勢だ。



 悲願のGI奪取へ、機は熟した。前哨戦の産経賞セントウルSを快勝したダノンスマッシュが、栗東坂路を軽快に駆け上がる。安田隆調教師が、満足げにうなずいた。

 「本当に元気が良くて、走りたがっている感じ。前走は休み明けのぶん、多少心配な点はありましたが、状態としては最高ですね」

 整地直後の坂路に登場し、首をグッと下げながら、闘志を内に秘めて馬場の真ん中を進んだ。徐々にピッチを上げ、ゴール前で軽く仕掛けられると、鋭く反応して4ハロン52秒3-12秒6。気配の良さを示すようなスピード感あふれるフットワークで、出走16頭でただ1頭、最高の調教評価『S』となった。

 今回と同じく、前走から中2週で臨んだ春のGI2戦(高松宮記念安田記念)は1週前の木曜に時計を出し、当週の水曜追いで挑んだが、思うような結果を残せなかった。そこで今回は「前走からできるだけ間隔をあけたいと思って」(安田隆師)、1週前は速い時計を出さず日曜に坂路4ハロン54秒8と軽めに動き、水曜の最終追いを迎えた。そのかいあって「すごく気持ちが乗って、競馬に向けていい雰囲気です」。メリハリをつけた調整で、心身ともにピークに仕上がっている。

 前走の産経賞セントウルSで、今回のメンバーでは最多となる重賞6勝目。4番手から残り1ハロンで抜け出し、1馬身差で快勝した。芝1200メートルのスプリント重賞5勝は、父ロードカナロアの7勝に次ぐ歴代2位タイ。しかしGIは過去7度挑戦し、1番人気に推されながら末脚勝負で敗れた昨年のスプリンターズS3着が最高だ。

 「(昨年は)キーンランドCで結果を残して挑みましたが、力負けでした。背筋も腰も甘さがありましたが、ここにきて完成されてきました」

 トレーナーが狙うのは、成長した愛馬との一年越しのリベンジ。そして、自身が管理したGI6勝馬ロードカナロアとの、レース史上初となる父子制覇の偉業だ。

 「(GIは)手の届くところに来ているし、ロードカナロアの子で、早く安田(隆)厩舎からGIを取らせたいですね」

 昨年のこのレース3着、春の高松宮記念10着をともに味わった川田騎手と4戦ぶりにタッグ。現役の短距離界トップホースが、頂点をくっきりと視界にとらえた。 (斉藤弘樹)



★偉大なる父…ロードカナロア(父キングカメハメハ)は2010年12月に栗東・安田隆厩舎からデビュー。12年のスプリンターズSでGI初制覇を飾ると、同年の香港スプリント(GI)を日本馬として初制覇。13年は高松宮記念安田記念を制し、秋はスプリンターズS香港スプリントで連覇を達成。GI6勝を含む重賞9勝で、13年にはJRA賞年度代表馬を獲得した。

 種牡馬としてはGI7勝のアーモンドアイなど優秀な産駒を輩出。安田隆厩舎ではダノンスマッシュに加え、高松宮記念3着馬ダイアトニックでも同産駒でのGI初制覇を狙っている。

【スプリンター】ダノンスマッシュ・川田トーク 10月1日(木) 04:50

 --前走を見ての印象は

 「現地(中京競馬場)にいたので、パドックから出てくる馬の状態も確認して、レース前に地下馬道を歩く姿も見ました。春よりいい状態で来ていると確認して、レースもいい内容で勝ち切ってくれたなという印象です」

 --昨年のこのレースは

 「内めの((2)番)枠が当たって、流れ的にも内枠だと少し難しい形のなか、精いっぱい頑張って3着まできてくれました」

 --今春の高松宮記念10着以来の騎乗となる

 「ここ3戦(1、8、1着)も見ていましたが、前回いい雰囲気で競馬に向かって、競馬を終えています。いい状態で来ていると思うので、楽しみです」

 --レースへの意気込みを

 「再び、ダノンスマッシュとともにGIに臨めることをありがたいと思います。オーナー(ダノックス)の気持ちと、先生(安田隆調教師)をはじめ厩舎の方々の思いを背負って精いっぱい、いい競馬をしたいと思います。何とか一番いい結果を得られるように、スマッシュとともに頑張りたいです」

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】グランアレグリア、ルメールびっくり「パワーアップ」 10月1日(木) 04:49

 東西トレセンで取材する記者が、日替わりでGI出走馬の気になる点を関係者に直撃する「俺のチェックポイント」。スプリンターズSの3日目は、東京サンスポの板津雄志記者が安田記念Vのグランアレグリアの追い切りに注目した。美浦Wコースでの併せ馬でしっかり折り合い、心身の進化を証明。高松宮記念2着時より、仕上がりは良さそうだ。

 安田記念アーモンドアイを破ったグランアレグリア。衝撃的な強さだったが、夏の充電期間をへて“ずいぶん大人になったなあ”と感じる。

 体つきはもちろん、特筆すべきは気性面。併せ馬すらやっていない2走前の高松宮記念(2着)、前の馬を追いかけすぎないよう乗り手が必死に抑えていた安田記念のときとは違う。9月24日の1週前追い切り(美浦Wコース84秒6)では併せ馬で力むことなく前の馬を追走できていた。まず藤沢和調教師に春との比較を聞いてみると、頼もしい言葉が返ってきた。

 「高松宮記念の時は体つきも、気持ちの面でもまだ…という感じだったからね。今は穏やかに走れているし、馬体も前走より10キロくらい増えていい体つきになっている」

 最終追い切りも併せ馬。先週同様にWコースでアブソルティスモ(2勝クラス)を3馬身ほど前に見ながら折り合って進み、直線では馬なりで鋭く反応。6ハロン82秒8-12秒6であっさり併入に持ち込んだ。昨年12月の阪神C1着以来の騎乗だったルメール騎手も、師が語る心身の進化を直に感じ取った。

 「体が大きくなっていてびっくり。パワーアップしている。フットワークも反応もすごく良かった。我慢もできて折り合い面も良くなったね」

 安田記念以来の休み明けで息遣いが少し荒かったようだが、それも「少し体に余裕があったからでしょう。このひと追いでトップコンディションになるはず」と鞍上は言い切る。トレーナーも「ルメールも久しぶりに乗って、前走の勝因が分かったんじゃないか」と笑う。アーモンドアイの主戦も務める鞍上に“ウチのも頼もしくなっただろ”といわんばかりだ。

 あとは初の中山がどうかだが、「コーナーがきつい中京よりも中山の方が合う」とルメール騎手。「速いペースを維持して、最後まで絶対に止まらない。アーモンドアイを負かした前回は素晴らしいパフォーマンス。勝つ自信はある」とVサインで締めくくった。

 取材の感触では、2着の高松宮記念より上のデキ。相手関係も当時と変わらないのであれば、父ディープインパクトに初のスプリントGIタイトルを贈る可能性は高そうだ。 (板津雄志)

[もっと見る]

【東西トレセンけいこ総見】スプリンターズS 10月1日(木) 04:48

 斉藤 けいこ総見は今回から、他の原稿で触れられていない馬にスポットライトを当てるようにマイナーチェンジします。秋のGI開幕戦となるスプリンターズSは栗東勢が多数。目についた馬をお願いします。

 正木 CWコースで池添騎手を背にしたエイティーンガールが好ムードやで。「日々、落ち着かせることが目的」と飯田祐調教師が話していたように、正面から入って2コーナーまで歩かせてから、馬なりで5ハロン追い(66秒8-12秒5)やったけど、リラックスして、追えばいつでもはじけそうな素軽さ。ここ2走は札幌の芝調教だっただけに、先週は栗東の芝で好時計をマークし、今週はCWで息を整えた点にも好感が持てる。

 斉藤 そういう意味ではライトオンキューも似ていますね。前2走が札幌ダートでの調教でしたが、「トラック調教だと走りすぎてしまう面もあるが、栗東の坂路ではメリハリのついた調整ができる」と昆調教師。坂路で古川騎手との折り合いもピタリとついて、4ハロン54秒3-12秒4を馬なりで力強く計時しましたよ。

 正木 アウィルアウェイは休み明け3戦目だが、1戦ごとに負荷のかけ方が強くなっており、坂路2本目に先週以上にびっしり追われて4ハロン53秒7-12秒8。目イチで悔いを残さない仕上げに思えた。

 斉藤 主戦の藤岡佑騎手を背に坂路を駆け上がったビアンフェも、前回以上に時計を詰めて4ハロン51秒4。ラスト2ハロンも24秒7(12秒2-12秒5)で、スピードとパワーを見せつけました。

[もっと見る]

【スプリンター】モズスーパーフレア坂路で馬なり 10月1日(木) 04:47

 モズスーパーフレアは松若騎手を背に栗東坂路で4ハロン50秒8-12秒2をマーク。1週前に強い負荷をかけられており、馬なりでしまいの感触を確かめられる程度だった。体のラインは前走時よりシャープで、完全に仕上がった印象だ。

 音無調教師も「(半馬身差2着の)昨年よりもいいんじゃないかな。けさの調整も、ちょうどいい感じだった」と自信の表情を見せる。舞台は連対率10割の中山コース。2018年のファインニードル以来、史上6頭目となる春秋スプリントGI連覇で、ベストスプリンターの座をいただく。

[もっと見る]

【スプリンター】ダイアトニック余力残し4ハロン54秒3 10月1日(木) 04:47

 ダイアトニックは、栗東坂路で併せ馬。ゴール前で仕掛けられて4ハロン54秒3-12秒3をマークし、ケイデンスコール(OP)と併入した。

 「北海道から帰ってきてからも順調です。輸送もあるし、十分に余力を残していきました」と安田隆調教師。前走は重馬場の最内枠で58キロもこたえて15着に大敗したが、春の高松宮記念では不利を受けながら3着(4位入線から繰り上げ)。GIで通用する能力を秘めている。指揮官は「前走は馬場に泣かされました。良馬場なら(ダノン)スマッシュを脅かす存在になると思います」と期待する。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 297ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ききょうステークス・芙蓉ステークス・シリウスステークス・ポートアイランドステークス・スプリンターズステークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年10月03日(土) 中京09R ききょうステークス
【生産者別成績(2017年以降)】
●ノーザンファーム [0-0-1-4](3着内率20.0%)
●ノーザンファーム以外 [3-3-2-13](3着内率38.1%)
→近年はノーザンファーム生産馬が期待を裏切りがち。今年も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝1400m×オルフェーヴル×無条件
→3着内率60.0%、複勝回収率157%


▼2020年10月03日(土) 中山09R 芙蓉ステークス
【父がキングカメハメハ系以外の種牡馬だった馬の、生産者別成績(2016年以降)】
●ノーザンファーム [2-2-1-1](3着内率83.3%)
●ノーザンファーム以外 [0-1-1-16](3着内率11.1%)
→父にキングカメハメハ系種牡馬を持つ馬は2016年以降[2-1-2-1](3着内率83.3%)。一方、父がキングカメハメハ系以外の種牡馬だった馬のうち、ノーザンファーム生産馬でない馬は苦戦していました。


▼2020年10月03日(土) 中京11R シリウスステークス
【“同年6月以降、かつJRAのレース”において1着となった経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [6-5-5-27](3着内率37.2%)
●なし [5-6-6-95](3着内率15.2%)
→夏季競馬以降のレースを勝ち切っている馬は比較的堅実。なお“同年6月以降、かつJRAのレース”において1着となった経験がない、かつ“同年、かつJRA、かつ1600~2000m、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験のない馬は、2009年以降[0-1-1-67](3着内率2.9%)とあまり上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

9月27日() 18:52 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】スプリンターズS2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 405ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第54回 スプリンターズステークス GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

9月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月27日号】特選重賞データ分析編(221)~2020年スプリンターズステークス~
閲覧 1,373ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 スプリンターズステークス 2020年10月04日(日) 中山芝1200m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2015年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [5-3-5-33](3着内率28.3%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [0-2-0-31](3着内率6.1%)

 近年は前走好走馬が優勢。大敗直後の馬は評価を下げるべきでしょう。ちなみに、前走の着順が2着以下、かつ前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上だったにもかかわらず3着以内となった2頭は、いずれも前走のコースが東京芝1600mでした。

主な「○」該当馬→ダノンスマッシュミスターメロディモズスーパーフレアレッドアンシェル
主な「×」該当馬→クリノガウディーダイアトニック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつ中央場所、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験がある」馬は2015年以降[5-5-4-26](3着内率35.0%)
主な該当馬→ダイアトニックダノンスマッシュ

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 21ビュー

おはよ~♪

9月が終わり10月へ。

10日になると改名時期。

48→49へ。

段々お年を召して来ましたなぁ~。

金曜日の夜の予想を楽しみに後2日頑張りましょうね!

今日は畳む洗濯物も無いんで会社行く準備しましょ(^^♪

10月1日(木) 00:17 ちびざるさん
【雑感】やらず嫌いについて・・・・。
閲覧 57ビュー

先週の日曜のメインから神戸新聞杯を回顧。
勝ったのは、コントレイルでした。
五分のスタートからスーッと好位につけました。
道中も好位のインからレースを進めていました。
勝負所で馬群に包まれるシーンもありましたが
福永騎手は慌てず、直線で、前が開くのを待っていました。
直線で、ちょうど一頭分のスペースが開いた瞬間を
見逃さず割って入り抜け出しました。
あとは、ほぼ追われることもなく持ったままゴール。
ほぼノーダメージで完勝でしたね。
強かったの一言でしたね。
福永騎手もほぼ完璧な騎乗でしたね。
これで無敗で菊花賞に向かうわけですが
今のところ、観客を入れての開催になりそうです。
観客の入ったところでどんな精神状態になるかは注目ですね。
これまで通りなのか、テンションが上がってしまうのか。
ここさえクリアできれば、無敗の三冠馬の可能性はも高まると思います。
とにかく菊花賞まで無事に行ってほしいですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、やらず嫌いについて。
これは予想コロシアムのことです。(^^;
先々週までは、マイルールの指数値に従って予想していました。
マイルールの指数値のレースだけ金額を上乗せで予想して、それ以外は
複勝1点て感じでやっていましたが、どうにも結果が出ないので
マイルール無視で少頭数のレースと障害レース以外のレースを金額上乗せで
登録してみたら意外と結果が出たことにびっくりでした。(@_@)
ただ、券種は、馬連、三連複からワイドをメイン(重賞は馬連)に変えましたが・・・。
これまで全レース同じ金額でやったら絶対マイナスだと思いこみ避けてきましたが
やってみると意外でした。まだ始めたばかりなのでビギナーズラックだとは思いますが
暫くはこれで行こうかと思います。
調子こいて地方の予想コロシアムも同じようにして見たらこちらもまずまずの発進でした。
まだ中央も地方も手探り状態ですが、浮上のきっかけになればと思っています。
やらず嫌いはダメだと改めて痛感しています。まずはやってみることですね。(^^;


最後に、スプリンターズステークスについて。現時点での私の注目馬は、グランアレグリアですね。
前走の安田記念は1着でした。
その前走は中団から抜け出す強い競馬でした。
池添騎手の好騎乗もあったと思いますが、
もともと阪神カップを勝っているようにマイラー寄りのスプリンターのように思います。
高松宮記念でも2着(繰り上がり)に好走しています。
中山の千二も阪神カップの内容からも合っているとは思います。
あとは鞍上次第ですかね。今回はルメール騎手に乗り替わるようですが
池添騎手のが合っているようにも思います。
この乗り替わりがどう出るかですね。

[もっと見る]

9月30日(水) 20:35 ノートン(さとしのパさん
スプリンターズステークスとルミアサガ
閲覧 82ビュー

グランアレグリア

モズスーパーフレア

エイティーンガール

ビアンフェ

ダイアトニック
ここの絶対軸はグランしかいないだろ!
相手選びの一戦だが堅くは決まらないだろう。

相手選びは高確率枠の3.4.6
人気関係なくこの枠に入った馬を選ぶ!

ルミアサガは戦闘力が上がらず苦戦中
うまい上げ方があれば教えて下さい、お願いします(笑)

[もっと見る]

9月30日(水) 06:20 しんすけ48さん
シリウスステークス&スプリンターズステークス&凱旋門賞③
閲覧 238ビュー

おはよ~♪

今日が9月の最終日、仮の締め日ですね!

大忙しになりそうが、これは明日になっても変わらんけどね。

疲れた・・・。

閑話休題。

スプリンターズステークスは馬場状態が気になるんでやっぱ週末まではノープランだな。

凱旋門賞はJRAのホームページでお勉強しなきゃなんでこちらも週末で。

と言う訳で週末を楽しみに思いっ切り嫌だけど働いて参りまするぅ~(^^♪

[もっと見る]

9月29日(火) 21:10 穴馬言さん
第54回スプリンターズS(G1)その2
閲覧 348ビュー

過去10回

前走絞り(過去の同レース3着内成績該当馬)

セントウルS組: ◎ダノンスマッシュ・〇メイショウグロッケ・ミスターメロディ・
            ▲ビアンフェ・クリノガウディー

キーンランドC組: 〇エイティーンガール・▲ライトオンキュー・
            △ヤマカツマーメイド△ダイメイフジ

安田記念組;     ◎グランアレグリア

北九州記念組:     ▲レッドアンシェル・△モズスーパーフレア・△アウィルアウェイ

[もっと見る]

9月29日(火) 20:06 ブルースワンさん
スプリンターズS 皆さん気づいてるかもしれませんが・・・
閲覧 622ビュー

2017年
1着8レッドファルクス
2着2レッツゴードンキ
3着6ワンスインナムーン

2018年
1着8ファインニードル
2着9ラブカンプー
3着1ラインスピリット

2019年
1着8タワーオブロンドン
2着7モズスーパーフレア
3着2ダノンスマッシュ

3年連続8番の馬が勝っています。

3年連続一桁馬番の馬で決まってます。

それまで外枠よく絡んでたのに何故(・_・?)

2015年も一桁馬番決着

急に内枠有利になってる。

昨年はド本命ですが

2015年
2着11番人気サクラゴスペル
3着9番人気ウキヨノカゼ

2017年
2着5番人気レッツゴードンキ
3着7番人気ワンスインナムーン

2018年
2着11番人気ラブカンプー
3着13番人気ラインスピリット

結構な人気薄が絡んでます。

今年も一桁馬番で決まるのか

人気馬が一桁馬番になれるかどうか注目です。


     

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 1番人気で7着に終わり、キャリア初黒星を喫したジャパンダートダービーの雪辱を狙うカフェファラオは、美浦Wコース5ハロン69秒1-13秒3を計時し、馬なりで併入。先週24日には新コンビのルメール騎手を背に直線で一杯に追われて同67秒0-12秒2をマークしており、仕上がりは上々だ。

 「休み明けとしては出走態勢は整ったと思います。毛づやがいいですし、落ち着きも出てきている。輸送を挟むのでメンタル面のコントロールをして臨みたいです」と森助手。デビュー3連勝で重賞を制した輝きを取り戻したい。

【シリウスS】追って一言 10月1日(木) 04:45

 ◆キメラヴェリテ・中竹師「ひと夏を越して体にメリハリが出てきた。前々で自分の走りができたら」

 ◆グレートタイム・藤原英師「動きは良かった。力をつけてきているし、今回の条件はいい」

 ◆ダイメイコリーダ・森田師「春の疲れは取れた。もう少し歩様に軟らかさがあればいいが、仕上がりは悪くない」

 ◆ダノンスプレンダー・安田隆師「順調にきていて、動きはいい。まだ緩さはあるが、体はだいぶしっかりしてきた」

 ◆ミツバ・加用師「年齢的に大きく変わっていない。58キロは厳しいし、これぐらいの距離は若い馬の方に分がある」

 ◆メイショウワザシ・南井師「しまい重点だったが1週前にビシッとしたし理想的な調教ができている。コースも合う」

[もっと見る]

【スプリンターズS&シリウスS】レースの注目点 9月30日(水) 16:20

安田記念を制したグランアレグリアが参戦 ディープ産駒初のスプリントGI制覇なるか/スプリンターズS



 安田記念を制したグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、スプリンターズSでスプリント&マイル双方でのGI制覇を狙う。同馬はデビュー以来、芝1400~1600メートル戦に出走してきたが、春の高松宮記念で芝1200メートル戦に初めて出走して2着に入っている。グランアレグリアは、GI馬10頭という豪華なメンバーが揃った安田記念で、2着のアーモンドアイに2馬身半差をつけて勝利を挙げたが、マイル戦に続いてスプリント戦でも頂点に君臨することができるかどうか。なお、グランアレグリアにはスプリンターズS連覇を狙うC.ルメール騎手が騎乗する予定。



 また、グランアレグリアの父ディープインパクトには、産駒初のスプリントGI制覇がかかる。ディープ産駒のスプリンターズSでの最高成績は2016年ミッキーアイルの2着だが、グランアレグリアは同産駒初のスプリントGI制覇を遂げることができるかどうか。



高松宮記念の覇者モズスーパーフレア 史上6頭目の春秋スプリントGI制覇なるか/スプリンターズS



 今年の高松宮記念勝ち馬モズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が春秋スプリントGI制覇を狙う。同馬は中山芝1200メートル戦で5戦3勝、2着2回という成績を残しており、昨年のスプリンターズSでは勝ったタワーオブロンドンから1/2馬身差の2着に入っている。同一年に高松宮記念スプリンターズSを勝てば2018年ファインニードル以来2年ぶり6頭目となるが、モズスーパーフレアは春に続いて秋もスプリントGIを制すことができるかどうか。同馬には松若風馬騎手が騎乗する予定。



 また、昨年の高松宮記念勝ち馬ミスターメロディ(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)もスプリンターズSに出走を予定している。同馬は咋年の高松宮記念後は5戦0勝という成績だが、前走のセントウルSでは3着に入っており、約1年半ぶりの勝利をGIの舞台で挙げることができるか注目される。



セントウルSでスプリント重賞5勝目をマーク 悲願のGI制覇を狙うダノンスマッシュ/スプリンターズS



 ダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)は、秋初戦となったセントウルSを制し、芝1000~1200メートルのスプリント重賞で歴代2位タイの5勝目を挙げた。同馬は国内外でGIに7回出走しているが、昨年のスプリンターズS3着が最高成績となっており、8度目のGI挑戦となるスプリンターズSで初制覇を遂げることができるか注目される。同年のセントウルS勝ち馬は2018年ファインニードル、2019年タワーオブロンドンと2年連続でスプリンターズSを制しているが、ダノンスマッシュは悲願のGIタイトルを手にすることができるかどうか。同馬には川田将雅騎手が騎乗する予定。



★3勝を挙げる安田隆行調教師 父子制覇がかかるロードカナロア産駒2頭を登録/スプリンターズS



 スプリンターズSがGIに昇格した1990年以降、同レースの最多勝調教師は3勝を挙げている安田隆行調教師(栗東)。同調教師は2011年カレンチャン、2012・13年はロードカナロアで同一JRA・GI3年連続勝利を記録した。安田隆行調教師は、今年のスプリンターズSには、セントウルS勝ち馬ダノンスマッシュ(牡5歳)、函館スプリントS勝ち馬ダイアトニック(牡5歳)の2頭を登録しているが、スプリンターズS4勝目を挙げることができるかどうか。なお、2頭はいずれもロードカナロア産駒で、Vなら、レース史上初の父子制覇となる。



 また、ダイアトニックの生産牧場・酒井牧場には1993年エリザベス女王杯ホクトベガ)以来、27年ぶりのJRA・GI制覇がかかる。同牧場はホクトベガの他にも1961年のダービー馬ハクショウ、同年のオークス馬チトセホープ、1987年の桜花賞オークスを制したマックスビューティといったGI級競走勝ち馬を生産している。さて、ダイアトニックは酒井牧場に久々のビッグタイトルを贈ることができるかどうか。なお、同馬には横山典弘騎手が騎乗する予定となっているが、レース当日の年齢が52歳7力月12日の同騎手が勝てば、GI昇格以降のスプリンターズS最年長優勝記録(49歳1力月14日)を更新する。



北九州記念を制したレッドアンシェル サマースプリントチャンピオンの連覇なるか/スプリンターズS



 昨年のスプリンターズSでは、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったタワーオブロンドンが勝ち、サマースプリントシリーズが創設された2006年以降で初めてとなる同シリーズチャンピオンによるスプリンターズS制覇となった。今年のサマースプリントシリーズは、CBC賞3着→北九州記念1着という成績を残したレッドアンシェル(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎)がチャンピオンになったが、タワーオブロンドンと同じように夏の勢いをGI制覇につなげることができるかどうか。レッドアンシェルにはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



 レッドアンシェルは父マンハッタンカフェ、母スタイルリスティックという血統で、父のマンハッタンカフェは芝3200メートルとJRA・GIで最長距離を誇る天皇賞・春の勝ち馬(2002年)。天皇賞・春勝ち馬の産駒が芝1200メートルのGIを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で初めてのこととなるが、レッドアンシェルは長距離の頂点を極めた父と異なる力テゴリーでGIタイトルを手にすることができるかどうか。なお、今年のスプリンターズSには 2006年の天皇賞・春勝ち馬ディープインパクト産駒のグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、2007年の天皇賞・春勝ち馬メイショウサムソン産駒のメイショウグロッケ(牝6歳、栗東・荒川義之厩舎)も登録している。



★今年の芝スプリント重賞で好成績の5歳勢 13年ぶりの3歳馬V目指すビアンフェにも注目/スプリンターズS



 今年実施した古馬の芝スプリント重賞の優勝馬を見ると、9レース中6レースで5歳馬が優勝している。スプリンターズSには、GI馬のミスターメロディ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)、モズスーパーフレア(牝、栗東・音無秀孝厩舎)、セントウルSを制したダノンスマッシュ(牡、栗東・安田隆行厩舎)など7頭の5歳馬が登録しているが、他の世代を破ることができるかどうか。



 また、ビアンフェ(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)には、2007年アストンマーチャン以来、13年ぶりの3歳馬によるスプリンターズS制覇がかかる。ビアンフェは古馬と初対戦となったセントウルSでは5着に敗れているが、前走から巻き返すことができるかどうか。なお、同馬には藤岡佑介騎手が騎乗予定。



ライトオンキューに騎乗予定の古川吉洋騎手 約23年ぶりのJRA・GI制覇なるか/スプリンターズS



 ライトオンキュー(牡5歳、栗東・昆貢厩舎)に騎乗予定の古川吉洋騎手には、1997年阪神3歳牝馬S(アインブライド)以来のJRA・GI制覇がかかる。同騎手は昨年1月の庄内川特別(500万下)で初めてライトオンキューに騎乗(1着)して以降、前走のキーンランドC(2着)まで10戦連続でコンビを組み、5勝、2着2回という好成績を挙げている。ライトオンキューは2017年朝日杯FS(12着)以来、約2年9力月ぶりのGI挑戦となるが、古川騎手は久々のGIタイトルを奪取することができるかどうか。Vなら、グレード制が導入された1984年以降、最長間隔(22年10力月3日)でのJRA・GI制覇となる。なお、デビュー25年目の古川騎手は9月30日現在、中山での騎乗回数が通算69回とそれほど多くないが、中山芝1200メートル戦で8戦3勝(勝率.375)という成績を残している。



 また、ライトオンキューを所有するゴドルフィンは、2018年ファインニードル、2019年タワーオブロンドンで2年連続スプリンターズS制覇を果たしており、2010~13年のジャパンCを4連覇した(有)サンデーレーシング以来、2例目の同一GI3連覇がかかる。



三浦皇成騎手との新コンビで挑むクリノガウディー 人馬とも悲願のJRA・GI制覇なるか/スプリンターズS



 クリノガウディー(牡4歳、栗東・藤沢則雄厩舎)は、通算16戦1勝という成績だが、新馬戦(芝1800メートル)1着以降は重賞競走に出走を続けており、2歳時には朝日杯FSで2着に入っている。同馬は今春の高松宮記念では1位で入線したが、他馬の走行を妨害したため4着に降着となっており、スプリンターズSで悲願のGI制覇を飾ることができるか注目が集まる。今回、クリノガウディーにはJRA・GI90回目の挑戦で初勝利を目指す三浦皇成騎手が騎乗する予定だが、新馬戦以来の勝利をGIで挙げることができるかどうか。Vなら、同馬を管理する藤沢則雄調教師は1999年3月6日の初出走から数えて21年6力月29日でJRA・GI初制覇となる。



★レースの主導権を握るのはどの馬? 重賞で逃げて好走した馬が多数登録/スプリンターズS



 今年のスプリンターズ登録馬には、昨年逃げて2着のモズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)、京王杯SCを逃げ切ったダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)、CBC賞を逃げ切ったラブカンプー(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)、葵S(重賞)を逃げ切ったビアンフェ(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)など逃げて重賞で好走している馬の名前が複数見られる。スプリンターズSでは、2010年のウルトラファンタジーを最後に逃げ切り勝ちはないが、今年のスプリンターズSで、レースの主導権を握るのはどの馬だろうか。



 また、スプリンターズSは、現在実施している牡・牝混合GIレースのなかで、牝馬が最多の8勝を挙げているレース。今年はモズスーパーフレアラブカンプーの他にも安田記念を制したグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、セントウルS2着のメイショウグロッケ(牝6歳、栗東・荒川義之厩舎)など牝馬は9頭が登録しているが、2015年のストレイトガール以来、4年ぶり9頭目の牝馬によるスプリンターズS制覇を遂げることができるかどうか。



★母ダイメイダーク産駒、母ラブハート産駒 2組のきょうだいが登録/スプリンターズS



 今年のスプリンターズSには、母ダイメイダーク産駒のダイメイプリンセス(父キングヘイロー:牝7歳、栗東・森田直行厩舎)、ダイメイフジ(父アグネスデジタル:牡6歳、栗東・森田直行厩舎)、母ラブハート産駒のキングハート(父オレハマッテルゼ:牡7歳、美浦・星野忍厩舎)、ラブカンプー(父ショウナンカンプ:牝5歳、栗東・森田直行厩舎)と2組のきょうだいが登録している。母ダイメイダーク産駒のきょうだいはこれまでに4回対戦して弟のダイメイフジが3勝1敗で勝ち越し、母ラブハート産駒のきょうだいはこれまでに6回対戦して兄のキングハートがすべて先着している。さて、2組のきょうだいはGIの舞台でどんな走りを見せてくれるだろうか。なお、JRA・GIで2組のきょうだいが出走すれば、1994年のジャパンC以来、グレード制が導入された1984年以降で2回目のこととなる。



 また、ラブカンプーに騎乗予定の斎藤新騎手は、レース当日の年齢が19歳7力月26日で、スプリンターズSを勝てば、グレード制が導入された1984年以降のJRA・G1で2番目の年少優勝となる。同騎手のJRA・GI騎乗は2回目となるが、JRA所属騎手として、グレード制導入以降で4人目となる10代のGIジョッキーが誕生するかどうか。



キーンランドCを制したエイティーンガール 池添謙一騎手とのコンビで参戦予定/スプリンターズS



 キーンランドCを制したエイティーンガール(牝4歳、栗東・飯田祐史厩舎)は、今回がGI初挑戦となる。同馬は父ヨハネスブルグ、母センターグランタスという血統で、2018年のJRAブリーズアップセールにおいて1100万円(税抜)で取引され、通算16戦5勝という成績を残している。エイティーンガールは、昨年3月のフィリーズレビュー(芝1400メートル:9着)以外はすべて芝1200メートル戦に出走しているが、スプリント戦での豊富な経験を生かしてGIタイトルを奪取することができるかどうか。Vなら、JRAブリーズアップセール取引馬のJRA・GI制覇は2008年朝日杯FSセイウンワンダー以来、12年ぶり2頭目となる。なお、同馬にはGI昇格以降で最多タイのスプリンターズS2勝を挙げている池添謙一騎手が騎乗する予定。また、エイティーンガールを管理する飯田祐史調教師には2014年の開業以来初のJRA・GI制覇がかかる。



ジャパンダートダービー2着のダイメイコリーダ 巻き返し狙う力フェファラオにも注目!/シリウスS



 ダイメイコリーダ(牡3歳、栗東・森田直行厩舎)が、シリウスSで重賞初制覇を目指す。同馬は初勝利を挙げたデビュー3戦目の未勝利戦以降はダート戦に出走を続けており、前走のジャパンダートダービー(大井)で2着に入っている。今回、ダイメイコリーダには、2回中京競馬で最多の11勝を挙げている松山弘平騎手が騎乗する予定だが、古馬を破って重賞タイトルを手にすることができるかどうか。Vなら、エスケンデレヤ産駒はJRA重賞初制覇となる。



 また、カフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)は、前走のジャパンダートダービーで7着に敗れ、デビュー以来、初めての敗戦となった。同馬は通算4戦3勝という成績で、6月のユニコーンSでは、2着馬に5馬身差をつける圧勝で重賞初制覇を飾っている。今回、カフェファラオはテン乗りとなるC.ルメール騎手とのコンビで出走する予定だが、前走から巻き返して重賞2勝目を挙げることができるかどうか。なお、ここまでのキャリアが4戦のカフェファラオが勝てば、グレート制が導入された1984年以降、最少キャリアでのJRA古馬ダート重賞制覇となる。

[もっと見る]

【古馬次走報】スワーヴアラミスはブラジルCへ 9月29日(火) 21:00

 ★産経賞オールカマーを勝ったセンテリュオ(栗・高野、牝5)は、エリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に参戦する。

 ★神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデ(栗・池江、牡3)、4着ディープボンド(栗・大久保、牡3)、9着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、牡3)は、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)へ向かう。

 ★シリウスSに登録しているスワーヴアラミス(栗・須貝、牡5)は、同レースを自重してブラジルC(10月25日、東京、L、ダ2100メートル)に進む。

 ★宝塚記念5着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰する。

 ★2勝クラスの夕月特別を勝ったソフトフルート(栗・松田、牝3)は、秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に登録する。

 ★札幌記念2着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬で新潟記念16着アイスバブル(牡5)は、幸騎手で京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)、小倉日経OP12着ステイインシアトル(牡9)は、大野騎手でオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)へ。

[もっと見る]

【シリウスS】レース展望 9月28日(月) 16:17

 中京では土曜メインにダートのハンデ重賞、シリウスS(10月3日、GIII、1900メートル)が行われる。例年は阪神競馬場のダート2000メートルで行われるが、今年は舞台が中京競馬場に変わるだけでなく、距離も100メートル短縮された1900メートルで行われる。

 中心はデビューから3連勝でユニコーンSを制したカフェファラオ(美浦・堀宣行厩舎、牡3歳)だろう。前走の交流GIジャパンダートダービーで7着と初黒星を喫したが、3歳世代でトップクラスの能力があるのは間違いない。3勝全てのレースぶりは圧巻で、年長馬相手でも即通用するだけの実力はすでに持っている。前走で騎乗したレーン騎手が「1コーナーでミスステップをして、逆手前で入ってしまった。道中もキックバック(砂をかぶること)に反応していたし、勝負どころで外からプレッシャーをかけられたのも厳しかった」と話したように、敗因ははっきりしている。重賞勝利を挙げている左回りで、改めてその実力を示したい。ハンデも54キロなら問題なさそうだ。

 ジャパンダートダービーで果敢に逃げて2着に健闘したダイメイコリーダ(栗東・森田直行厩舎、牡3歳)が逆転候補の筆頭だ。3戦連続で2着と勝ちきれないが、その安定性は魅力的。ヒヤシンスSでは9着とカフェファラオに完敗したが、ひと夏を越してさらに成長しており、カフェファラオと同じハンデ54キロなら、中央に戻っても再び先着する可能性は十分にある。

 ミツバ(栗東・加用正厩舎、牡8歳)は今回のメンバーではテーオーヘリオスと並び最年長で、実績も経験も一枚上だ。昨年1月の交流GI川崎記念を勝ってから、馬券圏内からも遠ざかっているが、GIIIのここならば好走していい。課題はトップハンデ58キロの克服か。

 グレートタイム(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)は叔父に交流GI東京大賞典などダート重賞を4勝したローマンレジェンドがいる血統で、大成が期待される。古馬になってからは初めての重賞だが、一昨年のジャパンダートダービーで3着の実績があり、ハンデ55キロも手頃。一気に初タイトルを獲得する可能性も十分にある。

 キメラヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡3歳)は鳴尾記念15着からの巻き返しを図る。近3走は芝を使われているが、昨年の交流GIII北海道2歳優駿を勝っているようにダートで活躍していた馬。ハンデ53キロなら侮れない。

 連勝中のダノンスプレンダー(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)は安定した戦績を残しており、確実に差してくる脚が魅力的だ。重賞初挑戦になるが、即通用するだけのポテンシャルは秘めている。初めてのオープンでハンデ55キロに対応できればチャンスはある。

 アルドーレ(栗東・昆貢厩舎、牡5歳)は前走の阿蘇Sでオープン初勝利を収めた。小回りコースも難なくこなし、直線でしっかり脚を使って差し切った。3月のマーチSは12着だったが、当時よりも力をつけている印象で、ハンデ56キロを克服できれば勝機はありそうだ。

 そのアルドーレに3/4馬身差で2着だったのがメイショウワザシ(栗東・南井克巳厩舎、牡5歳)=56キロ。昨年のこのレースは3着に逃げ粘った。今回は中京コースに舞台が替わるが、昨年と同様のローテーションで前進なるか。

 BSN賞5着のエイコーン(栗東・吉田直弘厩舎、牡5歳)=55キロ=は、一昨年の東京大賞典で5着に入った実績がある。昨年は休養を余儀なくされ、復帰した今年も思うような成績が残せていないが、1900メートルへの距離延長で巻き返してくる可能性はある。



シリウスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【シリウスS】急成長の3歳ダイメイコリーダが重賞獲りへ 9月28日(月) 10:45

 秋の中京を締めくくる重賞は「第24回シリウスS」(10月3日)。歴戦の猛者と3歳の新鋭がぶつかる、興味深い構成となっている。

 3歳勢は巻き返しを期すユニコーンS馬カフェファラオも登場するが、秋の大成が期待されているのがダイメイコリーダだ。前走は交流GIジャパンダートダービーに挑戦し、果敢な逃げを打った。マークしてきたダノンファラオにはかわされたものの、他の追撃は許さず1馬身3/4差の2着。断然人気のカフェファラオ(7着)も寄せ付けなかった。

 「前走は惨敗も覚悟していたが、やはり能力は高いね」と森田調教師。鳳雛S、鷹取特別に続いて3走連続2着の安定性で、特に前走は1週前に脚元に不安が生じていたなかでの好走で、年長馬相手の重賞でも十分に好勝負できる下地はある。

 重賞初Vへ、先週の坂路併せ馬は4F54秒3、ラスト1F12秒9。1馬身遅れたものの、「カイ食いがいいので、運動時間をたっぷりとれる。ここへきて、いい筋肉がついてきたね。成長を感じるし、期待している」と仕上がりに不安はない。

 一昨年、3歳でシリウスSを制したオメガパフュームは、同年暮れの東京大賞典を含め、GI3勝馬へと躍進した。コリーダもスターダムへ駆け上がるために、まずはGIIIタイトルをつかみ取りたい。(夕刊フジ)



シリウスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 297ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ききょうステークス・芙蓉ステークス・シリウスステークス・ポートアイランドステークス・スプリンターズステークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年10月03日(土) 中京09R ききょうステークス
【生産者別成績(2017年以降)】
●ノーザンファーム [0-0-1-4](3着内率20.0%)
●ノーザンファーム以外 [3-3-2-13](3着内率38.1%)
→近年はノーザンファーム生産馬が期待を裏切りがち。今年も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝1400m×オルフェーヴル×無条件
→3着内率60.0%、複勝回収率157%


▼2020年10月03日(土) 中山09R 芙蓉ステークス
【父がキングカメハメハ系以外の種牡馬だった馬の、生産者別成績(2016年以降)】
●ノーザンファーム [2-2-1-1](3着内率83.3%)
●ノーザンファーム以外 [0-1-1-16](3着内率11.1%)
→父にキングカメハメハ系種牡馬を持つ馬は2016年以降[2-1-2-1](3着内率83.3%)。一方、父がキングカメハメハ系以外の種牡馬だった馬のうち、ノーザンファーム生産馬でない馬は苦戦していました。


▼2020年10月03日(土) 中京11R シリウスステークス
【“同年6月以降、かつJRAのレース”において1着となった経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [6-5-5-27](3着内率37.2%)
●なし [5-6-6-95](3着内率15.2%)
→夏季競馬以降のレースを勝ち切っている馬は比較的堅実。なお“同年6月以降、かつJRAのレース”において1着となった経験がない、かつ“同年、かつJRA、かつ1600~2000m、かつ重賞のレース”において7着以内となった経験のない馬は、2009年以降[0-1-1-67](3着内率2.9%)とあまり上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

9月29日(火) 16:25 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~日本テレビ盃2020年~
閲覧 899ビュー

 日本テレビ盃は、JBCクラシックのステップレース。実績馬はこの先のJBCクラシックチャンピオンズカップ東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特にブリーダーズゴールドカップが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は白山大賞典やこの後行われるシリウスSへと駒を進めることが多くなりました。

 ただし、上がり馬でも同年のマーキュリーカップの優勝馬がここに出走してくれば有力。過去10年では2013年のソリタリーキングの2着のみですが、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トや2009年のマコトスパルビエロもこのレースの優勝しています。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。同年の帝王賞で3着以内だった馬の過去10年の成績は【4・1・4・0】で3連複の軸馬としては信頼できます。

 1着の該当馬は、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2018年のケイティブレイブ。2着の該当馬は、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2016年と2018年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブ、2019年のノンコノユメです。遡れば2008年も帝王賞でワン、ツーを決めたフリオーソとボンネビルレコードが着順が入れ替わる形でともにこのレースで連対しています。またボンネビルレコードは翌年も帝王賞3着、このレースでも3着でした。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、さらに信頼できます。その成績は過去10年で【2・1・0・0】で、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。2008年のフリオーソもそうです。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに前走で中央のグレードレースで3着以内だった馬の活躍も【2・1・1・0】と目立ちます。1着の該当馬は、2012年のソリタリーキング、2016年のアウォーディー。2着の該当馬はトランセンド、3着の該当馬は2015年のコパノリッキーです。また2008年には、もともと中距離実績があった馬ではありますが、前走1400mのプロキオンSで3着だったサンライズバッカスが、このレースでも3着と善戦しています。それらも十分に信用できるでしょう。

 また、日本テレビ盃は、2003年以降の16年間も1~4番人気馬が1~3着を独占しており、全て馬複3桁配当で決着。さらに恐ろしいことに1番人気が12年連続で3着以内を死守しており、突き詰めると穴馬が馬券に絡んだことはありません。無条件に1番人気を警戒したほうがいいレベルで、最大の穴馬は4番人気馬ということになります。

 しかし、それだとただの数字遊びになるので、4番人気で3着以内だった馬たちを見ていくと、「逃げ馬」という共通項がありました。4番人気ながらこのレースで3着以内だった2012年のマグニフィカ(3着)、2014年のグラッツィア(3着)、2019年のロンドンタウン(2着)は、このレースで逃げた馬でした。また、前記3頭には過去にダートグレード勝ちの実績があることが共通項。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、前記の該当馬が出走していれば、買っておいても損はないでしょう。


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーカップ優勝馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走でダートグレードに出走し、3着以内だった馬。
 
 ●穴馬候補
 ・今回逃げられる可能性が高い馬。
  (ダートグレード勝ちの実績があることが条件)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 21ビュー

おはよ~♪

9月が終わり10月へ。

10日になると改名時期。

48→49へ。

段々お年を召して来ましたなぁ~。

金曜日の夜の予想を楽しみに後2日頑張りましょうね!

今日は畳む洗濯物も無いんで会社行く準備しましょ(^^♪

10月1日(木) 00:10 ユウキ先生さん
☆シリウスSパート3(ダートから菊花賞へ)☆
閲覧 24ビュー

今週のシリウスSに出走予定しているキメラヴェリテ☆

まだ3歳なので53キロの斤量で出走できます!

前走の鳴尾記念では古馬の中へ果敢に挑戦しました!

この秋はこのシリウスSから菊花賞へ参戦するというなかなか見ないローテーションを陣営は発表!

注目です(^^)

[もっと見る]

9月30日(水) 16:04 あらこんさん
★シリウスステークス★
閲覧 83ビュー

★シリウスステークスは…
カフェファラオ、スワーヴアラミス、ダイメイコリーダ、ダノンスプレンダー、グレートタイム、ミツバ、アルドーレ、メイショウワザシから
データから関東馬は消し。重い斤量馬は買い。前走3勝クラス馬は買い。→ ダノンスプレンダー、スワーヴアラミス、ミツバ 。
*今日行われた新人戦は、1番から4番バッターまでが複数安打を放ち、終始リードを保ち6-3で逃げ切り準決勝進出しました☆彡
土曜日に準決、決勝…競馬どころではなくなりました💦

[もっと見る]

9月30日(水) 15:12 山崎エリカさん
日本テレビ盃の予想
閲覧 94ビュー

日本テレビ盃は1番人気が断然
アナザートゥルースは人気に応えられるか?
____________________

日本テレビ盃は、JBCクラシックのステップレース。実績馬はこの先のJBCクラシック→チャンピオンズカップ→東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特にブリーダーズゴールドカップが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は白山大賞典やこの後行われるシリウスSへと駒を進めることが多くなりました。


続きはこちら!
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=12571


予想はこちら!
https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2020093019070311


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

[もっと見る]

9月30日(水) 11:26 グラニースミスさん
ロマンティックが止まらない ~シリウスS GⅢ~
閲覧 100ビュー

先日の新設ケフェウスステークス
ケフェウスは、ギリシャ神話のエチオピアの王で、
カッシオペイア(カシオペヤ座)の夫、アンドロメダー(アンドロメダ座)の父 だったりする。
1着 トリコロールブルー (アンドロメダS3着歴、カシオペアS3着歴)
2着 フランツ (アンドロメダS2着歴)
3着 ワイプティアーズ(スピカS1着歴)

ワンカップとちくわを持って、怒号が飛び交う世界で、
ギリシャ神話と星座に想いを馳せるとは・・・
ロマンティックだなぁ~
夜空を見上げ、「偶然だよなぁ~」とつぶやいたら
今度は、シリウスステークス “ 星 “です。(またロマンティックだなぁ~)

シリウスは、恒星
恒星 → 自ら光を出している星 → 太陽みたいな星
惑星 → 恒星の周りを回っている星のこと → 要するに地球
BOSSのCMで、宇宙人ジョーンズが「この惑星の住人は・・・」正しいわけねぇ

そういえば、今年のプロキオンS、通常は中京開催なのに、阪神に変更
そしてシリウスSは、通常阪神開催なのに、中京に変更
そしてそして、年末の阪神メインが恒例だったベテルギウスSも
4回阪神9日目 → 今年は 6日目に変更です。

2020年10月3日(土)2回中京8日目11R
第24回 シリウスステークス GⅢ
ダート・左 1900m 3歳以上OP (国際)(指定) ハンデ

競馬場変更、距離も変更で、多分中京ダ1900mの重賞は初開催のロマン

【JRA注目レース出走馬情報】 https://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2020/1003_1/horse.html
カフェファラオ → JDD2着馬ダイメイコリーダ対角、ユニコーンSGⅢ1着、ヒアシンスS(L)1着 
スワーヴアラミス → アルデバランS2着、ポルックスS1、未勝利戦1着は中京ダ1900m戦
ダイメイコリーダ → JDD2着
ダノンスプレンダー → 複勝率100%の安定感
グレートタイム → 昨年JDD3着、ユニコーンSGⅢ2着
ミツバ → 8歳馬
アルドーレ → 今回と同舞台中京ダ1900m戦 納屋橋S1着歴
メイショウワザシ → 昨年シリウスS3着

「冬の大三角」 → プロキオン-シリウス-ベテルギウス
「冬のダイヤモンド」 → ポルックス-アルデバラン-プロキオン-シリウス-リゲル-カペラ-ベテルギウス

自然と目に留まるのは、スワーヴアラミス
アラミス → 「ダルタニャン物語」に登場するパリの三銃士の1人。
今度は文学かぁ?

誰か、ロマンティック 止めて、ロマンティック
胸が苦しくなる
惑う瞳に甘く 溺れて
Hold me tight せつなさは
止まらない

では

[もっと見る]

9月30日(水) 06:20 しんすけ48さん
シリウスステークス&スプリンターズステークス&凱旋門賞③
閲覧 238ビュー

おはよ~♪

今日が9月の最終日、仮の締め日ですね!

大忙しになりそうが、これは明日になっても変わらんけどね。

疲れた・・・。

閑話休題。

スプリンターズステークスは馬場状態が気になるんでやっぱ週末まではノープランだな。

凱旋門賞はJRAのホームページでお勉強しなきゃなんでこちらも週末で。

と言う訳で週末を楽しみに思いっ切り嫌だけど働いて参りまするぅ~(^^♪

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 10月3日(
  • 10月4日(
4回中山8日目 2回中京8日目
9

芙蓉ステークス

2歳オープン 芝2000m

9

ききょうステークス

2歳オープン 芝1400m

10

勝浦特別

3歳以上2勝クラス 芝1200m

10

関ケ原ステークス

3歳以上3勝クラス 芝2000m

11

秋風ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1600m

11

シリウスステークス G3

3歳以上オープン ダ1900m

4回中山9日目 2回中京9日目
9

サフラン賞

2歳1勝クラス 芝1600m

9

長久手特別

3歳以上2勝クラス 芝2000m

10

茨城新聞杯

3歳以上2勝クラス 芝1800m

10

白川郷ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1900m

11

スプリンターズS G1

3歳以上オープン 芝1200m

11

ポートアイランドS L

3歳以上オープン 芝1600m

12

外房ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1200m

先週の競馬:注目レース

  • オールカマー G2
    9/27(
  • 神戸新聞杯 G2
    9/27(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ★産経賞オールカマーを勝ったセンテリュオ(栗・高野、牝5)は、エリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に参戦する。

 ★神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデ(栗・池江、牡3)、4着ディープボンド(栗・大久保、牡3)、9着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、牡3)は、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)へ向かう。

 ★シリウスSに登録しているスワーヴアラミス(栗・須貝、牡5)は、同レースを自重してブラジルC(10月25日、東京、L、ダ2100メートル)に進む。

 ★宝塚記念5着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰する。

 ★2勝クラスの夕月特別を勝ったソフトフルート(栗・松田、牝3)は、秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に登録する。

 ★札幌記念2着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬で新潟記念16着アイスバブル(牡5)は、幸騎手で京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)、小倉日経OP12着ステイインシアトル(牡9)は、大野騎手でオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)へ。

産経賞オールカマーVのセンテリュオ、エリザベス女王杯へ 9月29日(火) 13:21

 産経賞オールカマーで重賞初制覇を飾ったセンテリュオ(栗・高野、牝5)は、短期放牧を挟んでエリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に向かう。高野調教師は「大きなハナ差でした。やっと重賞タイトルを勝たせてあげることができて、うれしかったです。2200メートルの距離は合っているし、阪神もいいと思います」と話した。



センテリュオの競走成績はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】センテリュオ豪快差し重賞初V 9月28日(月) 04:56

 産経賞オールカマーが27日、中山競馬場で9頭によって争われ、戸崎騎乗で5番人気のセンテリュオがハナ差の接戦を制して重賞初勝利を飾った。2着は2番人気のカレンブーケドールで、出走した2頭の牝馬がワンツー。1番人気のミッキースワローは5着に終わった。

 ◇

 秋の中山GIIで、牡馬を尻目に女の戦いが繰り広げられた。4歳カレンブーケドールと5歳センテリュオ。ともに重賞初勝利を懸けたハナ差の接戦を制したのは、1歳年上のセンテリュオだ。

 「ゴールしたときは、かわしたか分かりませんでしたが、勝ってくれて馬が力を出し切ってくれました」

 初コンビの戸崎騎手が笑顔で振り返る。道中は後方待機。1000メートル通過64秒3の超スローペースとなり、これを嫌って各馬が動き出してペースアップしたのが幸いした。先に動いたミッキースワローの後ろから進出し、直線でためていた力を解き放つと、粘り込みを図るブーケドールをゴール直前で捕らえた。

 「ペースは遅いと思ったけど、途中から流れてくれて良かった。外々を回って差し切るんだから力がある証拠です」と鞍上は切れ味を絶賛した。

 ホッとした表情を見せたのが高野調教師だ。「めちゃめちゃうれしいです。素質はあるけどデビューが遅かったし、勝てるレースを勝てなかったり、重賞で人気になっても成績を出せなかったり、ここまで長かった」と笑みがこぼれっぱなしだった。

 次走は、昨年4着のエリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)へ向かう。「そこを目標にローテーションを組んできました。昨年の4着はフロックじゃないですし、より状態を上げていきたい」とトレーナーの意気も揚がる。

 5歳秋に開花した遅咲きのディープインパクト産駒。この勢いで、ビッグタイトルも手中に収める。(柴田章利)



★27日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら



センテリュオ 父ディープインパクト、母アドマイヤキラメキ、母の父エンドスウィープ。鹿毛の牝5歳。栗東・高野友和厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績16戦5勝。獲得賞金1億7529万6000円。重賞は初勝利。産経賞オールカマー高野友和調教師が2015年ショウナンパンドラに次いで2勝目。戸崎圭太騎手は14年マイネルラクリマに次いで2勝目。馬名は「煌めき(スペイン)。母名より連想」。

[もっと見る]

【オールカマー】カレンブーケドール4連続2着 9月28日(月) 04:55

 またもや銀メダルだ。重賞初制覇を狙ったカレンブーケドールは、早め先頭から押し切りを図ったが、ゴール寸前で勝ち馬にハナ差かわされた。これでGIを含め、4戦連続5度目の重賞2着。津村騎手は「最後はしのぎ切りたかったが…」と悔しさをあらわにした。



★27日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】人気のミッキースワローは5着 9月28日(月) 04:54

 1番人気のミッキースワローは中団を進んだが、持ち前の鋭い切れ味を発揮できず5着。菊沢調教師は「少頭数で(結果的に)自分から動いていかなければならない流れ。難しい競馬になってしまったからね」と振り返った。



★27日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】レースを終えて…関係者談話 9月28日(月) 04:53

 ◆田辺騎手(ステイフーリッシュ3着)「リズムを維持しながら走れたが、追い出して少しモタモタしていた」

 ◆内田騎手(クレッシェンドラヴ4着)「ペースが遅く、今までと違う形(3番手)で競馬をした。切れ味勝負になったが、この馬も伸びている」

 ◆柴田善騎手(サンアップルトン6着)「(12キロ増で)明らかに体は重いが、今までよりはバランス良く走れていた。次は体も締まってくるはず」

 ◆三浦騎手(ジェネラーレウーノ7着)「休み明けで道中は楽をさせながら走って、(向こう正面で)後ろから来られても反応が良かった。力のあるところは見せられた」

 ◆国枝師(オウケンムーン8着)「久々だったしね。だんだん良くなってくるんじゃないかな」

 ◆小島師(アウトライアーズ9着)「遅い流れから(勝負どころで)急にペースが上がって、この馬には厳しい展開だった」



★27日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 456ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


産経賞オールカマー・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

神戸新聞杯・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

9月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(220)
閲覧 1,704ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カンナステークス・ながつきステークス・神戸新聞杯オールカマーの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年09月26日(土) 中山09R カンナステークス
【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●460kg未満 [0-1-1-48](3着内率4.0%)
●460kg以上 [7-6-6-18](3着内率51.4%)
→馬格のない馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が460kg以上なのは、ニシノアジャストビゾンテノブファロプロトサマニホーキーポーキーの4頭だけです。


▼2020年09月26日(土) 中山11R ながつきステークス
【“前年以降、かつ阪神のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2019年)】
●あり [1-1-1-3](3着内率50.0%)
●なし [0-0-0-9](3着内率0.0%)
→オープン特別となった昨年の上位馬は、阪神のレースに実績があった馬ばかり。このコースが合いそうな“関西馬”を重視すべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山ダ1200m×ゴールドアリュール×関西馬
→3着内率46.7%、複勝回収率161%


▼2020年09月27日(日) 中京11R 神戸新聞杯
【“同年4月以降、かつJRA、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [5-3-2-10](3着内率50.0%)
●なし [0-2-3-37](3着内率11.9%)
→実績馬が優勢。特に皐月賞以降の重賞やオープン特別で連対を果たしている馬は堅実でした。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

9月21日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月21日号】特選重賞データ分析編(220)~2020年産経賞オールカマー~
閲覧 1,585ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 オールカマー 2020年09月27日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【馬番別成績(2014年以降)】
○1~9番 [5-6-6-37](3着内率31.5%)
×10~18番 [1-0-0-29](3着内率3.3%)

 2014年以降に限ると、馬番が10~18番だったにもかかわらず3着以内となったのは、2014年1着のマイネルラクリマのみ。ここ5年はまったく上位に食い込めていません。それほど出走頭数は多くならないかもしれませんが、極端に外寄りの枠を引いた馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中6週以上」だった馬は2014年以降[6-6-6-39](3着内率31.6%)
主な該当馬→カレンブーケドールクレッシェンドラヴフィエールマンミッキースワロー

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 36ビュー

先週の注目馬の結果。


26日(土曜日)

中山
4R ナイトブリーズ…3番人気1着。
12R エンドーツダ…6番人気4着。


27日(日曜日)

中山
6R アポロティアモ…1番人気2着。

中京
7R メイショウベッピン…1番人気1着。



(参考)

中山(土)
6R マスターワーク…3番人気3着。

中京(土)
7R メイショウハリオ…1番人気4着。

中京(日)
6R イッツオールライト…11番人気10着。
10R サンタナブルー…16番人気11着。



(重賞)

オールカマー
カレンブーケドール…2番人気2着。
ミッキースワロー…1番人気5着。

神戸新聞杯
コントレイル…1番人気1着。
ディープボンド…4番人気4着。



(特別)

ルペルカーリア…1番人気4着。
セブンサミット(POG馬)…2番人気5着。



補足で取り上げた2頭(ナイトブリーズ、エンドーツダ)は、1着と4着。
エンドーツダのレースの方は、2着のテオレーマも注目馬の候補でしたが…。

日曜日の参考の2頭、かなりの穴を狙いましたが上手くいきませんでしたね。

9月29日(火) 00:30 穴馬見つけたかもさん
スプリンターズステークス
閲覧 361ビュー

実力馬で決まりそうですが、伏兵馬も多そうで、迷いますが、面白そうです。

堅くおさまるなら
 グランアレグリア、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレア

穴をあけてくれるなら
 アウィルアウェイ、エイティーンガール、ビアンフェ、ミスターメロディ
 メイショウグロッケ、ライトオンキュー

道悪になれば、さらに惑星馬が出てくる気がします。

オールカマーを見ると、少し差し馬にもチャンスが出てきたような馬場の変化もあるような気もします。
天気を気にしながら、週末までゆっくり考えます。

各馬のポイントをYoutubeにまとめましたので、よかったら見てください。
https://youtu.be/TqiNdk-mcQg


 

[もっと見る]

9月28日(月) 17:07 うまなり@48さん
産経賞オールカマーの結果
閲覧 43ビュー

1着 4番 センテリュオ    ○ 

2着 8番 カレンブーケドール △

3着 7番 ステイフーリッシュ ▲

4着 1番 クレッシェンドラヴ △

5着 3番 ミッキースワロー ◎



買い目の基本は3連単5頭BOX、印を見ると的中って思いますよね!!

予想馬の全てが5着までに入っていて外しようがありません。

でもハズレ~><

競馬あるある、こういう時に限って基本を無視して予想上位3頭の馬単BOXを買っているwww

惜しくてもハズレは外れ!!


マイブログ「三日坊主の秘密基地・競馬予想」
https://ameblo.jp/umanari-s48/entry-12628067490.html

[もっと見る]

9月28日(月) 16:02 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 46ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京10R・関ヶ原S(3歳以上3勝クラス芝2000m)
・ショウリュウイクゾ
前走は中京芝2200mのムーンライトハンデキャップを0.2秒差2着に好走したが、勝ったアドマイヤビルゴは別格だったから仕方ないしトップハンデを背負っての2着だから負けて強しの内容であった。
これで昇級してからは[0.2.1.0]と着外が皆無で、特に現在2戦連続2着と現級では実力上位が明らか。
再び中京コースで定量戦なら勝ち負け必至。

★日曜日・中山10R・茨城新聞杯(3歳以上2勝クラス芝1800m)
・サトノセシル
(前々走に続いて2度目の推奨)
前走は4ヶ月ぶりで新潟の糸魚川特別を6着に敗退したが、勝ったレイパパレが別格だったから仕方なかった。
今回の中山コースは2000mだが[1.1.0.0]と現級2着を含めて連対率100%と得意にしてるコースなので叩き2戦目で勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・中山10R・九十九里特別
1着ダノングロワール
単勝390円
複勝150円

★日曜日・中山10R・内房S
9着ラージヒル

これで今年の推奨馬成績は
成績・[29.11.6.40]
勝率・0.337
連対率・0.465
複勝率・0.534

単複回収率(86戦)
単勝・83.1%(7150円)
複勝・66.6%(5730円)
総合・74.8%

《先週の重賞レース◎成績》

★神戸新聞杯(GⅡ)
1着コントレイル
単勝110円
複勝110円

★オールカマー(GⅡ)
5着ミッキースワロー

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔19.14.8.53〕
勝率・0.202
連対率・0.351
複勝率・0.436

単複回収率(94戦)
単勝・51.4%(4840円)
複勝・64.3%(6050円)
総合・57.9%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★長篠S
1着カレンモエ
単勝210円
複勝130円

★ながつきS
4着ウルトラマリン

成績・[24.18.21.60]
勝率・0.195
連対率・0.341
複勝率・0.512

単複回収率(123戦)
単勝・60.4%(7440円)
複勝・83.4%(10260円)
総合・71.9%

[もっと見る]

9月28日(月) 09:48 あらこんさん
★重賞BOX買い結果㊵㊶★
閲覧 251ビュー

㊵神戸新聞杯
*外れ→(-10000)
㊶オールカマー
*外れ→(-10000)
~完敗~ぐうの音も出ません~
☆①~㊶まで
41R中18R的中。(-123100)

[もっと見る]

9月28日(月) 09:26 グラニースミスさん
反省だけなら猿でもできる ~先週の競馬~
閲覧 464ビュー

情熱大陸とか7RULESとか、
輝いている人に焦点を当てる番組を、毎週よく観ています。
成功している人には、自分なりのルールや信じる事があり、
どんな状況下でも、ブレずに頑固に守っているので、仮に失敗しても負けを最小限に留めているように感じます。
多分そのルールは、失敗した経験から作り出されたモノなのだろうとも感じる。

~神戸新聞杯GⅡ~
ディープインパクト以来の偏ったオッズを目にしました。
馬券の相手は、ヴェルトライゼンデとその同枠馬のどっちかで、ほぼ決まりだと・・・
そのまま買えばいいのに・・・
慣れない3連複
3着に ロバートソンキー 
持っていない(汗)

~産経賞オールカマー GⅡ~
唯一2頭いる8枠のカレンブーケドール
同枠馬のオウケンムーンは、同世代としか走ったことのない5歳馬
中山芝2,200m重賞で、セントライト記念2着レイエンダと同じ8枠
カレンブーケドールの複勝、そのまま買えばいいのに・・・
1番人気のミッキースワローとのワイドで撃沈!!
〇父ディープ産駒に勝つのは、これまた〇父ディープ産駒でした。

そもそも11頭以下の少頭数レースに参加しないのが、マイルールなのに
神戸新聞杯で負けて、取り返そうとする心理が働き、
ブレて、さらに負のスパイラルに落ちた。(合掌)

失敗する人は、自分で作ったルールなのに守れずに負けていく。
何度負けても、同じ事を繰り返す。
学習能力なく、カッコ悪い。
反省だけなら猿でもできるよなぁ~
今日は久しぶりの秋晴れ、これだけに救われている感じです。

【JRA注目レース出走馬情報結果】
神戸新聞杯 7頭中、1・2着が的中、3着ロバートソンキー が掲載なし
産経賞オールカマー 8頭中、2・3着が的中、1着センテリュオが掲載なし


では

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ★産経賞オールカマーを勝ったセンテリュオ(栗・高野、牝5)は、エリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に参戦する。

 ★神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデ(栗・池江、牡3)、4着ディープボンド(栗・大久保、牡3)、9着マンオブスピリット(栗・斉藤崇、牡3)は、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)へ向かう。

 ★シリウスSに登録しているスワーヴアラミス(栗・須貝、牡5)は、同レースを自重してブラジルC(10月25日、東京、L、ダ2100メートル)に進む。

 ★宝塚記念5着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡4)は、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)で復帰する。

 ★2勝クラスの夕月特別を勝ったソフトフルート(栗・松田、牝3)は、秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)に登録する。

 ★札幌記念2着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、富士S(10月24日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬で新潟記念16着アイスバブル(牡5)は、幸騎手で京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)、小倉日経OP12着ステイインシアトル(牡9)は、大野騎手でオクトーバーS(10月18日、東京、L、芝2000メートル)へ。

神戸新聞杯2着のヴェルトライゼンデ、菊花賞へ 9月29日(火) 13:25

 神戸新聞杯2着のヴェルトライゼンデ(栗・池江、牡3)は、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)に駒を進める。池江調教師は「骨折で乗り出しが遅かったり、外枠など悪い条件のなか、秋初戦としては合格点を与えられると思います。上積みは大きいし、距離が延びるのもいいので楽しみです」と語った。



ヴェルトライゼンデの競走成績はこちら

[もっと見る]

神戸新聞杯Vから一夜明け~コントレイル 9月28日(月) 13:14

 無傷の6連勝で神戸新聞杯を制したコントレイル(栗・矢作、牡3)は一夜明けた28日朝、栗東トレセンの自厩舎で疲れを癒やした。

 「抜けてくる脚が速かったですね。目いっぱいの競馬をせずに勝てたのは良かったです。息の入りも早かったし、帰ってきてもダメージはなさそうです」と金羅助手は安堵の表情。

 今後は在厩で調整し、史上3頭目の無敗での3冠制覇をかけて菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)に進む。偉業に向けて「うまく調整していきたいです」と気を引き締めた。

★27日中京11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【神戸新聞杯】無敗3冠へ!コントレイル持ったままV 9月28日(月) 05:00

 菊花賞トライアルの神戸新聞杯が27日、中京競馬場で18頭によって争われ、福永騎乗で1番人気のコントレイルが楽に抜け出して無傷の6連勝。1984年シンボリルドルフ、2005年ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗での3冠制覇をかけて、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)へ進む。2着に3番人気のヴェルトライゼンデ、3着に14番人気のロバートソンキーが入り、上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられた。

 ◇

 秋も、主役の座は譲らない。無敗の2冠馬コントレイルが無傷の6連勝を達成。余力十分に2馬身差をつけ、晴れ渡った中京競馬場上空のように視界良好の圧勝だ。

 「勝ててホッとしています。負けていない馬なので、休み明けとはいえ落とすわけにはいかないと思っていた。余力を持って勝つことができて何よりです」

 福永騎手は安堵の表情で汗をぬぐった。中団馬群のインを追走し、3コーナーから進出。直線でもしばらくは包まれた状態だったが、残り300メートルで前があくと、抜群の瞬発力で先頭に躍り出た。鞍上は軽く促しただけで、あとは手綱を持ったまま。ノーステッキで後続を突き放した。

 「進路を探しながら、慌てないことを肝に銘じて乗っていた。もっと早く進路を確保したかったけど、手応えはあったから」という冷静な判断で、矢作調教師=円内=も「道中は中団で囲まれていたのでヒヤヒヤしましたが、折り合いも問題なかったですし、前哨戦としては満点だったと思います」とうなずいた。

 パドック、返し馬での落ち着きこそが成長の証し。「もともと落ち着いていたけど、春よりさらに精神的にどっしりしていた」とトレーナー。馬体重は460キロで日本ダービーから増減はなかったが「そのあたりは父にそっくり。これでいいんでしょう」。着差以上の内容に「春以上のものがあると手応えを感じました」と期待を込めた。

 無敗を保ったまま、いざ菊花賞へ。「在厩調整は初めてのパターン。スイッチが入りすぎないよう、さじ加減に注意してやっていきたい」と指揮官が前を見据えれば、福永騎手も「負けずに行けたので、ぜひ達成できるよう頑張りたい」と力を込めた。シンボリルドルフ、父ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗の3冠達成へ。盤石のレースぶりで王手をかけた。(渡部陽之助)



★27日中京11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら



コントレイル 父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父アンブライドルズソング。青鹿毛の牡3歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道新冠町・株式会社ノースヒルズの生産馬。馬主は前田晋二氏。戦績6戦6勝。獲得賞金5億2785万8000円。重賞は2019年GIII東スポ杯2歳S、GIホープフルS、20年GI皐月賞、GI日本ダービーに次いで5勝目。神戸新聞杯矢作芳人調教師が初勝利。福永祐一騎手は13年エピファネイアに次いで2勝目。馬名は「飛行機雲」。

★単勝最低払い戻し金&単勝支持率…神戸新聞杯での単勝110円は1965年のダイコーター、2005年のディープインパクトに並ぶ最低払い戻し金。単勝支持率72・6%は、ディープインパクト(05年、78・5%)、ダテテンリュウ(1970年、74・5%)に次ぐ史上3位。

★売り上げ新記録…売得金83億9513万7500円(対前年比190・5%)は同レースのレコード。

[もっと見る]

【神戸新聞杯】ヴェルトライゼンデは最速末脚も2着 9月28日(月) 04:59

 3番人気のヴェルトライゼンデは後方からメンバー最速の末脚(上がり3ハロン35秒4)で2着。池添騎手は「よく伸びており、菊花賞が楽しみになった」と前を向いた。

 池江調教師は「ダービー(3着)以来の骨折明けで、熱発でレースもスライド。大外枠で競馬も難しかったことを思えばいい脚を使った。このまま指をくわえて(コントレイルに)3冠を取らせるわけにはいかないので、菊花賞はいろいろ策を練って臨む」と、反撃へ闘志をのぞかせた。



★27日中京11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【神戸新聞杯】14番人気ロバートソンキー粘って3着 9月28日(月) 04:58

 14番人気ロバートソンキーが3着。デビュー4戦目の1勝馬が菊花賞の優先出走権を獲得した。

 「枠も良く、距離が延びても上手にレースをして、ラストもいい脚でした」と伊藤騎手。林調教師は「菊花賞へはオーナーと相談してから」と語った。1991年の2冠馬トウカイテイオーと同じ長浜牧場(北海道新冠町)の生産馬。おもしろい存在になりそうだ。



★27日中京11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 456ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


産経賞オールカマー・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

神戸新聞杯・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

9月25日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ナカヤマフェスタ産駒の取扱説明書/神戸新聞杯展望
閲覧 939ビュー



先週の……ではない、今週の月曜に行われたセントライト記念は本命に推奨したバビットの逃げ切りが決まった。バビットはラジオNIKKEI賞に続いて重賞連勝を飾ると同時に、自身の未勝利戦からの連勝を4に伸ばした。



もっとも、菊花賞に繋がるレースかどうかと問われればかなり微妙だ。2着サトノフラッグ、3着ガロアクリークともに距離が延びて良いタイプではないし、そもそもレース自体迫力を欠くものだった。勝ったバビットも距離が延びるのは問題ないかもしれないが、京都の3000mを逃げ切るのはそうそう楽なことはなく、スタミナに加えて末脚の決め手を問われる京都の舞台よりも持久力を問われる急坂コースの方が良さそうだ。

~地味で人気にならないナカヤマフェスタ産駒

それはそれとして、バビットについてはもう一つ触れておきたいことがある。それはナカヤマフェスタ産駒という点だ。同産駒は決して多いわけではないが、2018年の日経賞を制したガンコを筆頭に、ヴォージュスズカフェスタなど印象的な活躍馬を出している。

特徴はハッキリしており、それは先行してしぶとい脚を使えること、そして地味ゆえに人気にならないことだ。

しぶとさに関しては活躍馬の傾向をみればよくわかる。バビットの逃げ切りを見ても、止まりそうで止まらない、だから強気の仕掛けが合う。

馬券を買う上で重賞なのは、人気にならないという点だろう。思えばバビットの4連勝も、未勝利戦が1番人気だったことを除けば、5→8→4番人気と伏兵の立場でのものだ。

その他の活躍馬を見ても、7勝を挙げたヴォージュはそのうち5勝が4番人気以下、残る2勝も2~3番人気で、1番人気での勝利はなし。ガンコは7番人気で江坂特別を制してから日経賞で重賞を勝つまで4連続好走を成し遂げたが、その間の人気は7→7→2→3番人気と1番人気になることはなかった。

現役馬を見ても、ダートで活躍するスズカフェスタは3勝すべてが6番人気以下という、生粋の穴馬。同じくダート短距離で2勝を挙げているニホンピロランドはその2勝とも7・10番人気という、やはり伏兵の立場でのものだった。バビットともに、この2頭に関しても覚えておけば今後もまだまだ穴をあけるのではないか。

ディープインパクトハーツクライモーリスドゥラメンテといった社台グループの育成馬が多くブランドで人気する種牡馬と比べて、地味な種牡馬はとことん地味になるのが現代競馬。だからこそ馬券では美味しい思いをできるので、今後も覚えておきたい。

神戸新聞杯展望

今週末はG1に向けて重要なG2が東西で行われる。ここでは中京で行われる神戸新聞杯の注目馬を2頭挙げておきたい。もっとも、コントレイルは当然有力で断然人気だろうから、それ以外の馬から選ぶことにする。

ディープボンド

ダービーでは5着に健闘。追って味があるのでタフな中京の舞台は合いそうなタイプ。キズナ産駒はトライアルに強い傾向があるので、ココでは注目したい。

メイショウボサツ

惜しくもダービー出走はならなかったが、長くいい脚を使えるタイプで、今回と同じ中京芝2200mで行われた大寒桜賞勝ちの実績があるのは心強い。エピファネイア産駒は一見かかっているように見えても距離が延びて良いケースが多く、本馬もスタミナを問われる競馬になれば出番があるかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

9月24日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 神戸新聞杯2020 
閲覧 1,034ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月27日(日) 第68回神戸新聞杯(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)

<地方馬>

シンボ(B)中6週
4月から月1ペースで5戦してきたが、ここ2戦とも馬体が増えていて2走前のパドックではまだ緩く見えたほど。前走時は馬体も締まって好馬体に映った。そこから間隔もほど良く空けての出走となるので、あとは本州までの長距離輸送が気になるところ。


<賞金上位順>

コントレイル(B)4ヶ月
この中間はダービー前と同じような2週前が坂路、1週前がCWで長めからという過程。ともに併せ先着を果たしており、皐月賞時の休み明けとの比較でも内容は良いほうだろう。ただし、動きを見ると坂路もCWもフワフワした感じで春のような力強い走りまでは戻っておらず、いかにも休み明けといった感じ。

ヴェルトライゼンデ(C)4ヶ月
熱発で2週前追いは軽めの調整にとどめた。1週前はCW長めからというメニューで併せ先着も、前脚の出が悪い。休み明けと熱発による調整の狂いは多少なりともあるか。

ディープボンド(A)4ヶ月
日本ダービー当時は使い詰めで軽めの調整だったが、今回は休み明けで長めからビッシリ追われている。動きにも力強さがあって状態は良さそう。

マイラプソディ(B)4ヶ月
友道厩舎の馬は基本的にはコースで長めから追い切られることが多いが、この中間は2週前と1週前に坂路で強めに追われていてこの調整過程がどう出るか。休み明けで乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きからは力強さが感じ取れ、春よりも良く見えた。これがレースでも良いほうに出てくれれば、能力のある馬だけに期待も膨らむところ。

ビターエンダー(B)4ヶ月
休み明けのこの中間は2週前、1週前と南Wを併せ馬で追われ、1週前には好時計で先着。追い切りの動きを見ると、左回りのほうが伸び脚が良い印象で今年の中京でのトライアルはこの馬には良さそう。

レクセランス(B)4ヶ月
皐月賞当時もトライアルを使わなかったくらいの馬なので、間隔を詰めて使うことと長距離輸送に不安を感じていたのかもしれない。今回は、休み明けで中京での競馬とこの馬にとってはプラス材料が揃う。この中間は2週前、1週前と追い切りには松山騎手が騎乗して併せ馬でも先着していて、今回はまともな競馬をしてくれそう。

マンオブスピリット(D)4ヶ月
休み明けでこの中間の乗り込み量は豊富。ただ、併せ馬では遅れていて伸び脚もイマイチ。

パンサラッサ(B)3ヶ月
ここ2戦は好走していたものの坂路での時計は物足りない感じだった。矢作厩舎の馬なので、休み明けとしては乗り込み量は少ないものの、坂路での時計は前走時以上に出ていて仕上りは良さそう。

ターキッシュパレス(D)中6週
休み明けを3戦して2勝をはたすも、この中間は間隔に余裕がある割に追い切り時計は平凡で物足りない。

アイアンバローズ(B)4ヶ月
休み明けで乗り込みは入念。週中は2週前、1週前とCWを長めから追い切られ、週末は坂路で時計を出しと、角居厩舎らしい調教内容。最終追い切りに関しては、坂路よりもCWで追い切られるほうがプラスと考えた方が良い。

イロゴトシ(E)4ヶ月
九州産馬にしては坂路で好時計の出ていた馬だが、休み明けのこの中間はこの馬としては物足りない内容。

エンデュミオン(A)中4週
休み明けの馬が多いなか、夏場も使われてきた馬。前走時のパドックで、ふっくらした馬体を披露していて、毛艶も良く当時から状態は良く映った。この中間も、強めに追われており疲れはなさそう。引き続き良い状態を維持できている印象。

グランデマーレ(D)10ヶ月
骨折による長期休養明けで、今回何よりもまず出来が気になるところだが、坂路で乗り込まれて好時計が出ている。ただこれまで、最終追い切りはコースで追われてきた馬で、坂路専門の馬ではないので、骨折後の長期ブランクのことを考えると2週前か1週前にはコースで併せ馬を行うくらいの余裕がほしかったところ。まだ足元のこともあるので、慎重に調整されてきているとの印象が強い。

ファルコニア (B)4ヶ月半
春は一歩足りずクラシック出走は叶わなかった。休み明けのこの中間は乗り込み量豊富で好時計も出ている。1週前追い切りの動きを見ても終いしっかりと伸びており、仕上りは良さそう。

メイショウボサツ(C)4ヶ月
休み明けでこの中間は2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で一杯に追われて入念な調整。中京は3戦2勝と相性の良いコースなので、最終追い切りで坂路好時計をマークしてくるようなら好走も期待できそう。

ディープキング(B)3ヶ月
この中間は乗り込み豊富で2週前、1週前と併せ馬で先着し時計も優秀。1週前は強めに追われてのものであり仕上りが良さそう。

ロバートソンキー(B)中6週
この中間も坂路で好時計が出ていて、1週前追い切りでは坂路で併せて先着。これまでの追い切りでも、併せ馬では併入か先着と遅れたことがなく、キャリアは少ないが素質はありそう。


このコラムからの推奨馬はディープボンドエンデュミオンの2頭を挙げておきます。


◇今回は神戸新聞杯編でした。
いよいよ3冠に向けてコントレイルが始動します。無観客での無敗の2冠馬となり、このまま京都開催も無観客での開催が続くようなら最初で最後の無観客での3冠馬となる可能性もあります。いろいろな意味で歴史に残る名馬となるかもしれません。ただ競馬に絶対はなく、周りが勝たせたい気持ちが強くなればなるほど人気も集中して、当たり前に勝つものだと錯覚するようになってしまいます。ディープインパクトアーモンドアイも負けることがあるのが競馬です。3冠確実と思いながらも、どこかで冷静に馬を判断できるようにはしておきたいものです。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

9月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(220)
閲覧 1,704ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カンナステークス・ながつきステークス・神戸新聞杯オールカマーの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年09月26日(土) 中山09R カンナステークス
【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●460kg未満 [0-1-1-48](3着内率4.0%)
●460kg以上 [7-6-6-18](3着内率51.4%)
→馬格のない馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が460kg以上なのは、ニシノアジャストビゾンテノブファロプロトサマニホーキーポーキーの4頭だけです。


▼2020年09月26日(土) 中山11R ながつきステークス
【“前年以降、かつ阪神のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2019年)】
●あり [1-1-1-3](3着内率50.0%)
●なし [0-0-0-9](3着内率0.0%)
→オープン特別となった昨年の上位馬は、阪神のレースに実績があった馬ばかり。このコースが合いそうな“関西馬”を重視すべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山ダ1200m×ゴールドアリュール×関西馬
→3着内率46.7%、複勝回収率161%


▼2020年09月27日(日) 中京11R 神戸新聞杯
【“同年4月以降、かつJRA、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [5-3-2-10](3着内率50.0%)
●なし [0-2-3-37](3着内率11.9%)
→実績馬が優勢。特に皐月賞以降の重賞やオープン特別で連対を果たしている馬は堅実でした。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

9月22日(火) 10:25 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】神戸新聞杯2020・GIIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 421ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第68回 神戸新聞杯 GIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 36ビュー

先週の注目馬の結果。


26日(土曜日)

中山
4R ナイトブリーズ…3番人気1着。
12R エンドーツダ…6番人気4着。


27日(日曜日)

中山
6R アポロティアモ…1番人気2着。

中京
7R メイショウベッピン…1番人気1着。



(参考)

中山(土)
6R マスターワーク…3番人気3着。

中京(土)
7R メイショウハリオ…1番人気4着。

中京(日)
6R イッツオールライト…11番人気10着。
10R サンタナブルー…16番人気11着。



(重賞)

オールカマー
カレンブーケドール…2番人気2着。
ミッキースワロー…1番人気5着。

神戸新聞杯
コントレイル…1番人気1着。
ディープボンド…4番人気4着。



(特別)

ルペルカーリア…1番人気4着。
セブンサミット(POG馬)…2番人気5着。



補足で取り上げた2頭(ナイトブリーズ、エンドーツダ)は、1着と4着。
エンドーツダのレースの方は、2着のテオレーマも注目馬の候補でしたが…。

日曜日の参考の2頭、かなりの穴を狙いましたが上手くいきませんでしたね。

9月28日(月) 17:05 うまなり@48さん
神戸新聞杯の結果 2020/9/27
閲覧 40ビュー

1着 2番 コントレイル       ◎

2着 18番 ヴェルトライゼンデ  △

3着 5番  ロバートソンキー

4着 11番 ディープボンド

5着 13番 外ターキッシュパレス



○ 18着 17番 マイラプソディ

▲ 9着 6番 マンオブアウピリット

△ 6着 7番 エンデュミオン



全くいい所のない予想。


マイブログ「三日坊主の秘密基地・競馬予想」
https://ameblo.jp/umanari-s48/entry-12628070710.html

[もっと見る]

9月28日(月) 16:02 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 46ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京10R・関ヶ原S(3歳以上3勝クラス芝2000m)
・ショウリュウイクゾ
前走は中京芝2200mのムーンライトハンデキャップを0.2秒差2着に好走したが、勝ったアドマイヤビルゴは別格だったから仕方ないしトップハンデを背負っての2着だから負けて強しの内容であった。
これで昇級してからは[0.2.1.0]と着外が皆無で、特に現在2戦連続2着と現級では実力上位が明らか。
再び中京コースで定量戦なら勝ち負け必至。

★日曜日・中山10R・茨城新聞杯(3歳以上2勝クラス芝1800m)
・サトノセシル
(前々走に続いて2度目の推奨)
前走は4ヶ月ぶりで新潟の糸魚川特別を6着に敗退したが、勝ったレイパパレが別格だったから仕方なかった。
今回の中山コースは2000mだが[1.1.0.0]と現級2着を含めて連対率100%と得意にしてるコースなので叩き2戦目で勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・中山10R・九十九里特別
1着ダノングロワール
単勝390円
複勝150円

★日曜日・中山10R・内房S
9着ラージヒル

これで今年の推奨馬成績は
成績・[29.11.6.40]
勝率・0.337
連対率・0.465
複勝率・0.534

単複回収率(86戦)
単勝・83.1%(7150円)
複勝・66.6%(5730円)
総合・74.8%

《先週の重賞レース◎成績》

★神戸新聞杯(GⅡ)
1着コントレイル
単勝110円
複勝110円

★オールカマー(GⅡ)
5着ミッキースワロー

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔19.14.8.53〕
勝率・0.202
連対率・0.351
複勝率・0.436

単複回収率(94戦)
単勝・51.4%(4840円)
複勝・64.3%(6050円)
総合・57.9%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★長篠S
1着カレンモエ
単勝210円
複勝130円

★ながつきS
4着ウルトラマリン

成績・[24.18.21.60]
勝率・0.195
連対率・0.341
複勝率・0.512

単複回収率(123戦)
単勝・60.4%(7440円)
複勝・83.4%(10260円)
総合・71.9%

[もっと見る]

9月28日(月) 09:48 あらこんさん
★重賞BOX買い結果㊵㊶★
閲覧 251ビュー

㊵神戸新聞杯
*外れ→(-10000)
㊶オールカマー
*外れ→(-10000)
~完敗~ぐうの音も出ません~
☆①~㊶まで
41R中18R的中。(-123100)

[もっと見る]

9月28日(月) 09:26 グラニースミスさん
反省だけなら猿でもできる ~先週の競馬~
閲覧 464ビュー

情熱大陸とか7RULESとか、
輝いている人に焦点を当てる番組を、毎週よく観ています。
成功している人には、自分なりのルールや信じる事があり、
どんな状況下でも、ブレずに頑固に守っているので、仮に失敗しても負けを最小限に留めているように感じます。
多分そのルールは、失敗した経験から作り出されたモノなのだろうとも感じる。

~神戸新聞杯GⅡ~
ディープインパクト以来の偏ったオッズを目にしました。
馬券の相手は、ヴェルトライゼンデとその同枠馬のどっちかで、ほぼ決まりだと・・・
そのまま買えばいいのに・・・
慣れない3連複
3着に ロバートソンキー 
持っていない(汗)

~産経賞オールカマー GⅡ~
唯一2頭いる8枠のカレンブーケドール
同枠馬のオウケンムーンは、同世代としか走ったことのない5歳馬
中山芝2,200m重賞で、セントライト記念2着レイエンダと同じ8枠
カレンブーケドールの複勝、そのまま買えばいいのに・・・
1番人気のミッキースワローとのワイドで撃沈!!
〇父ディープ産駒に勝つのは、これまた〇父ディープ産駒でした。

そもそも11頭以下の少頭数レースに参加しないのが、マイルールなのに
神戸新聞杯で負けて、取り返そうとする心理が働き、
ブレて、さらに負のスパイラルに落ちた。(合掌)

失敗する人は、自分で作ったルールなのに守れずに負けていく。
何度負けても、同じ事を繰り返す。
学習能力なく、カッコ悪い。
反省だけなら猿でもできるよなぁ~
今日は久しぶりの秋晴れ、これだけに救われている感じです。

【JRA注目レース出走馬情報結果】
神戸新聞杯 7頭中、1・2着が的中、3着ロバートソンキー が掲載なし
産経賞オールカマー 8頭中、2・3着が的中、1着センテリュオが掲載なし


では

[もっと見る]

9月27日() 23:35 ブルースワンさん
ローズSと神戸新聞杯の共通点とコントレイル
閲覧 74ビュー

どっちも前走1勝クラスの馬が馬券圏内でした。

馬券圏内にくるのだから実力あるのかもしれませんが

その他の1着馬以外は

今後苦戦するとか

G3は頑張れてもG2G1では

荷が重かったりしないだろうか

と思ってしまいそうです。

コントレイルについて

厩舎と福永騎手が

『負けられないレース』

というコメントをしてるのと

完璧すぎた神戸新聞杯

だったのが気がかりですが

菊花賞が楽しみです。

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 9月26日(
  • 9月27日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 4回中山6日目
  • 2回中京6日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
3
 エリオット
1.8倍 (①人気)
8
 ミヤジオシャラク
5.3倍 (③人気)
1
 イロエンピツ
26.1倍 (⑥人気)
払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
4
 ルミナスライン
6.8倍 (③人気)
10
 ノアファンタジー
7.0倍 (⑤人気)
3
 ナムラスパロー
5.4倍 (②人気)
払戻
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
5
 ヴァーチャリティ
5.8倍 (②人気)
7
 ウインミニヨン
7.8倍 (④人気)
8
 ヘネラルカレーラ
7.2倍 (③人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
9
 メイサウザンアワー
2.3倍 (①人気)
6
 ミュラッカ
33.8倍 (⑦人気)
7
 トーセンアレックス
7.3倍 (④人気)
払戻
中京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
9
 トーセンインパルス
1.7倍 (①人気) 極凄馬
2
 モンテディオ
9.0倍 (③人気)
1
 リーブルミノル
21.4倍 (⑥人気)
払戻
中山
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
11
 インパルスベルン
34.8倍 (⑨人気)
16
 モンサンレックス
7.7倍 (④人気)
15
 ロジディープ
47.3倍 (⑫人気)
払戻
中京
4R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m
8
 タガノネクステージ
24.6倍 (⑧人気)
12
 ヴァガボンド
6.0倍 (③人気)
4
 テオドラ
8.9倍 (④人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
13
 ナイトブリーズ
4.0倍 (③人気)
12
 ヒロノトウリョウ
27.0倍 (⑧人気)
1
 マイヨブラン
13.3倍 (⑤人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
8
 ピクシーナイト
1.7倍 (①人気)
9
 エアシュラブ
7.3倍 (③人気)
5
 ゴールドマイヤー
85.7倍 (⑨人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
12
 シゲルオテンバ
8.3倍 (⑤人気)
13
 レコレータ
4.8倍 (②人気)
14
 ララパピヨンドメル
3.4倍 (①人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
12
 ダノングリスター
20.6倍 (⑧人気)
11
 ダッチマン
18.6倍 (⑦人気)
10
 キワミ
25.0倍 (⑨人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
12
 ヘイルメリー
3.3倍 (①人気)
2
 ラッシュアップ
10.8倍 (⑤人気)
1
 マスターワーク
5.6倍 (③人気)
払戻
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
4
 サンライズラポール
6.6倍 (②人気)
5
 アドバンスマルス
9.5倍 (⑤人気)
14
 ダイメイコスモス
8.2倍 (③人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
10
 アコルドエール
3.1倍 (①人気)
2
 リンガスウォリアー
36.3倍 (⑪人気)
11
 ファンタスティック
10.0倍 (⑤人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m
2
 セルフィー
47.5倍 (⑯人気)
14
 ヴィルトゥース
25.1倍 (⑨人気)
7
 アングルティール
11.5倍 (⑥人気)
払戻
中山
8R
清秋ジャンプS
障害3歳以上オープン 障3210m
6
 ビッグスモーキー
9.3倍 (⑤人気)
2
 スマートアペックス
36.3倍 (⑩人気)
3
 ネプチュナイト
6.1倍 (③人気)
払戻
中京
9R
ヤマボウシ賞
2歳1勝クラス ダ1400m
3
 デュアリスト
4.7倍 (③人気)
4
 レッドソルダード
3.2倍 (①人気)
9
 ミスズグランドオー
5.3倍 (④人気)
払戻
中山
9R
カンナステークス
2歳オープン 芝1200m
4
 オールアットワンス
6.8倍 (③人気)
2
 クムシラコ
8.5倍 (④人気)
1
 ゴールドチャリス
2.2倍 (①人気)
払戻
中京
10R
夕月特別
3歳以上2勝クラス 芝2000m
8
 ソフトフルート
2.2倍 (①人気)
3
 ダンツイノーバ
3.9倍 (②人気)
6
 カサーレ
115.6倍 (⑨人気)
払戻
中山
10R
九十九里特別
3歳以上2勝クラス 芝2500m
3
 ダノングロワール
3.9倍 (②人気)
4
 ウインキートス
3.4倍 (①人気)
7
 エフェクトオン
5.4倍 (④人気)
払戻
中京
11R
長篠ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1200m
4
 カレンモエ
2.1倍 (①人気)
8
 メイショウミモザ
9.1倍 (③人気)
12
 シャンデリアムーン
21.2倍 (⑧人気)
払戻
中山
11R
ながつきステークス
3歳以上オープン ダ1200m
8
 ヒデノヴィーナス
3.4倍 (②人気)
6
 リュウノユキナ
15.4倍 (⑤人気)
4
 ルッジェーロ
12.3倍 (④人気)
払戻
中京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
8
 ペガサス
5.4倍 (②人気) 超凄馬
3
 ラブリーイレブン
19.3倍 (⑧人気)
9
 セラン
2.4倍 (①人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
14
 ダンツエリーゼ
2.8倍 (①人気)
11
 テオレーマ
8.7倍 (④人気)
5
 ペイシャノリッジ
19.5倍 (⑨人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
4
 ルミナスライン
6.8倍 (③人気)
10
 ノアファンタジー
7.0倍 (⑤人気)
3
 ナムラスパロー
5.4倍 (②人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
9
 メイサウザンアワー
2.3倍 (①人気)
6
 ミュラッカ
33.8倍 (⑦人気)
7
 トーセンアレックス
7.3倍 (④人気)
払戻
中山
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
11
 インパルスベルン
34.8倍 (⑨人気)
16
 モンサンレックス
7.7倍 (④人気)
15
 ロジディープ
47.3倍 (⑫人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
13
 ナイトブリーズ
4.0倍 (③人気)
12
 ヒロノトウリョウ
27.0倍 (⑧人気)
1
 マイヨブラン
13.3倍 (⑤人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
12
 シゲルオテンバ
8.3倍 (⑤人気)
13
 レコレータ
4.8倍 (②人気)
14
 ララパピヨンドメル
3.4倍 (①人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
12
 ヘイルメリー
3.3倍 (①人気)
2
 ラッシュアップ
10.8倍 (⑤人気)
1
 マスターワーク
5.6倍 (③人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
10
 アコルドエール
3.1倍 (①人気)
2
 リンガスウォリアー
36.3倍 (⑪人気)
11
 ファンタスティック
10.0倍 (⑤人気)
払戻
中山
8R
清秋ジャンプS
障害3歳以上オープン 障3210m
6
 ビッグスモーキー
9.3倍 (⑤人気)
2
 スマートアペックス
36.3倍 (⑩人気)
3
 ネプチュナイト
6.1倍 (③人気)
払戻
中山
9R
カンナステークス
2歳オープン 芝1200m
4
 オールアットワンス
6.8倍 (③人気)
2
 クムシラコ
8.5倍 (④人気)
1
 ゴールドチャリス
2.2倍 (①人気)
払戻
中山
10R
九十九里特別
3歳以上2勝クラス 芝2500m
3
 ダノングロワール
3.9倍 (②人気)
4
 ウインキートス
3.4倍 (①人気)
7
 エフェクトオン
5.4倍 (④人気)
払戻
中山
11R
ながつきステークス
3歳以上オープン ダ1200m
8
 ヒデノヴィーナス
3.4倍 (②人気)
6
 リュウノユキナ
15.4倍 (⑤人気)
4
 ルッジェーロ
12.3倍 (④人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
14
 ダンツエリーゼ
2.8倍 (①人気)
11
 テオレーマ
8.7倍 (④人気)
5
 ペイシャノリッジ
19.5倍 (⑨人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
3
 エリオット
1.8倍 (①人気)
8
 ミヤジオシャラク
5.3倍 (③人気)
1
 イロエンピツ
26.1倍 (⑥人気)
払戻
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
5
 ヴァーチャリティ
5.8倍 (②人気)
7
 ウインミニヨン
7.8倍 (④人気)
8
 ヘネラルカレーラ
7.2倍 (③人気)
払戻
中京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
9
 トーセンインパルス
1.7倍 (①人気) 極凄馬
2
 モンテディオ
9.0倍 (③人気)
1
 リーブルミノル
21.4倍 (⑥人気)
払戻
中京
4R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m
8
 タガノネクステージ
24.6倍 (⑧人気)
12
 ヴァガボンド
6.0倍 (③人気)
4
 テオドラ
8.9倍 (④人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
8
 ピクシーナイト
1.7倍 (①人気)
9
 エアシュラブ
7.3倍 (③人気)
5
 ゴールドマイヤー
85.7倍 (⑨人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
12
 ダノングリスター
20.6倍 (⑧人気)
11
 ダッチマン
18.6倍 (⑦人気)
10
 キワミ
25.0倍 (⑨人気)
払戻
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
4
 サンライズラポール
6.6倍 (②人気)
5
 アドバンスマルス
9.5倍 (⑤人気)
14
 ダイメイコスモス
8.2倍 (③人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m
2
 セルフィー
47.5倍 (⑯人気)
14
 ヴィルトゥース
25.1倍 (⑨人気)
7
 アングルティール
11.5倍 (⑥人気)
払戻
中京
9R
ヤマボウシ賞
2歳1勝クラス ダ1400m
3
 デュアリスト
4.7倍 (③人気)
4
 レッドソルダード
3.2倍 (①人気)
9
 ミスズグランドオー
5.3倍 (④人気)
払戻
中京
10R
夕月特別
3歳以上2勝クラス 芝2000m
8
 ソフトフルート
2.2倍 (①人気)
3
 ダンツイノーバ
3.9倍 (②人気)
6
 カサーレ
115.6倍 (⑨人気)
払戻
中京
11R
長篠ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1200m
4
 カレンモエ
2.1倍 (①人気)
8
 メイショウミモザ
9.1倍 (③人気)
12
 シャンデリアムーン
21.2倍 (⑧人気)
払戻
中京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
8
 ペガサス
5.4倍 (②人気) 超凄馬
3
 ラブリーイレブン
19.3倍 (⑧人気)
9
 セラン
2.4倍 (①人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 4回中山7日目
  • 2回中京7日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
13
 ストレートパンチ
4.7倍 (③人気)
12
 マコトガラハッド
29.1倍 (⑧人気)
3
 ディレットーレ
16.1倍 (⑦人気)
払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
9
 ナリノペッパー
6.8倍 (③人気)
7
 プリティインピンク
140.9倍 (⑬人気)
4
 グラスクアドラ
11.6倍 (④人気)
払戻
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
3
 バイス
5.4倍 (③人気)
1
 テーオーアングル
5.7倍 (④人気)
5
 ウルピカ
51.9倍 (⑩人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 サクセスエース
114.3倍 (⑪人気)
8
 ノーティーガール
4.6倍 (②人気)
5
 ジェラスヒーロー
8.8倍 (④人気)
払戻
中京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
3
 ロングトレーン
1.9倍 (①人気) 極凄馬
7
 リスカム
4.8倍 (②人気)
5
 スペシャリティ
152.6倍 (⑪人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
15
 キョウエイロナ
8.8倍 (⑤人気)
9
 テンウォークライ
3.9倍 (②人気)
2
 トーホウボルツ
6.3倍 (④人気)
払戻
中京
4R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
3
 クープドクール
19.5倍 (⑧人気)
10
 スマートパサート
8.8倍 (④人気)
16
 ソルフィネット
88.0倍 (⑬人気)
払戻
中山
4R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m
15
 スマイルアモーレ
4.8倍 (②人気)
8
 リアルドキュメント
2.4倍 (①人気)
11
 フェイマスダンディ
29.6倍 (⑧人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
4
 ノースブリッジ
9.4倍 (③人気)
8
 ハートオブアシティ
20.9倍 (⑤人気)
10
 ショウナンアレス
3.7倍 (②人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
13
 ジャンカルド
3.8倍 (②人気)
11
 ルーパステソーロ
12.1倍 (④人気)
8
 ロードトゥフェイム
54.1倍 (⑧人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m
5
 キスラー
8.4倍 (⑤人気)
7
 ラデツキー
4.4倍 (③人気)
1
 レッドエランドール
3.8倍 (①人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 リッターシュラーク
11.1倍 (⑤人気)
6
 アポロティアモ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
12
 アベックフォルス
15.3倍 (⑥人気)
払戻
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
3
 メイショウベッピン
2.1倍 (①人気)
8
 タガノブディーノ
10.6倍 (④人気)
2
 クリノカサット
20.2倍 (⑦人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
15
 レッドクレオス
2.4倍 (①人気)
13
 ザスリーサーティ
126.5倍 (⑫人気)
5
 コスモミローディア
26.3倍 (⑦人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
10
 ディアスティマ
2.8倍 (①人気)
1
 ダノンセレスタ
3.4倍 (②人気)
4
 ペプチドヒミコ
64.1倍 (⑩人気)
払戻
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1200m
11
 ドクターデューン
6.0倍 (②人気)
8
 オシリスブレイン
2.8倍 (①人気)
9
 シュルルヴァン
6.7倍 (④人気)
払戻
中京
9R
知立特別
3歳以上2勝クラス 芝1200m
6
 アーズローヴァー
9.2倍 (⑤人気)
5
 ラミエル
5.8倍 (③人気)
7
 ヴォイスオブジョイ
22.4倍 (⑨人気)
払戻
中山
9R
木更津特別
3歳以上2勝クラス 芝1600m
3
 ハーモニーマゼラン
2.1倍 (①人気)
8
 ウインレフィナード
30.7倍 (⑨人気)
1
 テンワールドレイナ
8.8倍 (⑤人気)
払戻
中京
10R
桶狭間ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m
1
 エイシンポジション
2.7倍 (①人気)
3
 ブルーメンクローネ
5.7倍 (②人気)
14
 プレシャスルージュ
18.5倍 (⑦人気)
払戻
中山
10R
内房ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
2
 ローザノワール
8.9倍 (④人気)
11
 キャンディスイート
18.6倍 (⑧人気)
7
 エンダウメント
19.1倍 (⑨人気)
払戻
中京
11R
神戸新聞杯 G2
3歳オープン 芝2200m
2
 コントレイル
1.1倍 (①人気) 超凄馬
18
 ヴェルトライゼンデ
20.3倍 (③人気)
5
 ロバートソンキー
112.7倍 (⑭人気)
払戻
中山
11R
産経賞オールカマー G2
3歳以上オープン 芝2200m
4
 センテリュオ
9.1倍 (⑤人気)
8
 カレンブーケドール
3.7倍 (②人気)
7
 ステイフーリッシュ
4.9倍 (③人気)
払戻
中京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1400m
9
 ホウオウスクラム
18.2倍 (⑥人気)
13
 コマノバルーガ
3.2倍 (①人気)
8
 ヤウガウ
3.5倍 (②人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
2
 メディクス
2.1倍 (①人気)
5
 レイテントロアー
4.2倍 (②人気)
1
 ゴールドクロス
26.2倍 (⑧人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
9
 ナリノペッパー
6.8倍 (③人気)
7
 プリティインピンク
140.9倍 (⑬人気)
4
 グラスクアドラ
11.6倍 (④人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 サクセスエース
114.3倍 (⑪人気)
8
 ノーティーガール
4.6倍 (②人気)
5
 ジェラスヒーロー
8.8倍 (④人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
15
 キョウエイロナ
8.8倍 (⑤人気)
9
 テンウォークライ
3.9倍 (②人気)
2
 トーホウボルツ
6.3倍 (④人気)
払戻
中山
4R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m
15
 スマイルアモーレ
4.8倍 (②人気)
8
 リアルドキュメント
2.4倍 (①人気)
11
 フェイマスダンディ
29.6倍 (⑧人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
13
 ジャンカルド
3.8倍 (②人気)
11
 ルーパステソーロ
12.1倍 (④人気)
8
 ロードトゥフェイム
54.1倍 (⑧人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 リッターシュラーク
11.1倍 (⑤人気)
6
 アポロティアモ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
12
 アベックフォルス
15.3倍 (⑥人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
15
 レッドクレオス
2.4倍 (①人気)
13
 ザスリーサーティ
126.5倍 (⑫人気)
5
 コスモミローディア
26.3倍 (⑦人気)
払戻
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1200m
11
 ドクターデューン
6.0倍 (②人気)
8
 オシリスブレイン
2.8倍 (①人気)
9
 シュルルヴァン
6.7倍 (④人気)
払戻
中山
9R
木更津特別
3歳以上2勝クラス 芝1600m
3
 ハーモニーマゼラン
2.1倍 (①人気)
8
 ウインレフィナード
30.7倍 (⑨人気)
1
 テンワールドレイナ
8.8倍 (⑤人気)
払戻
中山
10R
内房ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
2
 ローザノワール
8.9倍 (④人気)
11
 キャンディスイート
18.6倍 (⑧人気)
7
 エンダウメント
19.1倍 (⑨人気)
払戻
中山
11R
産経賞オールカマー G2
3歳以上オープン 芝2200m
4
 センテリュオ
9.1倍 (⑤人気)
8
 カレンブーケドール
3.7倍 (②人気)
7
 ステイフーリッシュ
4.9倍 (③人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
2
 メディクス
2.1倍 (①人気)
5
 レイテントロアー
4.2倍 (②人気)
1
 ゴールドクロス
26.2倍 (⑧人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
13
 ストレートパンチ
4.7倍 (③人気)
12
 マコトガラハッド
29.1倍 (⑧人気)
3
 ディレットーレ
16.1倍 (⑦人気)
払戻
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
3
 バイス
5.4倍 (③人気)
1
 テーオーアングル
5.7倍 (④人気)
5
 ウルピカ
51.9倍 (⑩人気)
払戻
中京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
3
 ロングトレーン
1.9倍 (①人気) 極凄馬
7
 リスカム
4.8倍 (②人気)
5
 スペシャリティ
152.6倍 (⑪人気)
払戻
中京
4R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
3
 クープドクール
19.5倍 (⑧人気)
10
 スマートパサート
8.8倍 (④人気)
16
 ソルフィネット
88.0倍 (⑬人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
4
 ノースブリッジ
9.4倍 (③人気)
8
 ハートオブアシティ
20.9倍 (⑤人気)
10
 ショウナンアレス
3.7倍 (②人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m
5
 キスラー
8.4倍 (⑤人気)
7
 ラデツキー
4.4倍 (③人気)
1
 レッドエランドール
3.8倍 (①人気)
払戻
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
3
 メイショウベッピン
2.1倍 (①人気)
8
 タガノブディーノ
10.6倍 (④人気)
2
 クリノカサット
20.2倍 (⑦人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
10
 ディアスティマ
2.8倍 (①人気)
1
 ダノンセレスタ
3.4倍 (②人気)
4
 ペプチドヒミコ
64.1倍 (⑩人気)
払戻
中京
9R
知立特別
3歳以上2勝クラス 芝1200m
6
 アーズローヴァー
9.2倍 (⑤人気)
5
 ラミエル
5.8倍 (③人気)
7
 ヴォイスオブジョイ
22.4倍 (⑨人気)
払戻
中京
10R
桶狭間ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m
1
 エイシンポジション
2.7倍 (①人気)
3
 ブルーメンクローネ
5.7倍 (②人気)
14
 プレシャスルージュ
18.5倍 (⑦人気)
払戻
中京
11R
神戸新聞杯 G2
3歳オープン 芝2200m
2
 コントレイル
1.1倍 (①人気) 超凄馬
18
 ヴェルトライゼンデ
20.3倍 (③人気)
5
 ロバートソンキー
112.7倍 (⑭人気)
払戻
中京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1400m
9
 ホウオウスクラム
18.2倍 (⑥人気)
13
 コマノバルーガ
3.2倍 (①人気)
8
 ヤウガウ
3.5倍 (②人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年9月27日、集計数:39,338レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
62,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
5 フィエールマン 牡5
57,306万円
6 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
7 マカヒキ 牡7
56,210万円
8 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
9 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
10 ワグネリアン 牡5
50,624万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
29,389万円
3 サリオス 牡3
25,012万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る