今週の競馬:注目レース

  • 東京優駿 G1
    5/29(
  • 目黒記念 G2
    5/29(
  • 葵ステークス G3
    5/28(
  • 特別登録
  • 重賞特集
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★“競馬の祭典”第89回日本ダービー 3歳馬7522頭の頂点を目指し、22頭が登録

5月29日、東京競馬場では3歳馬の頂上決戦・第89回日本ダービーが実施される。2019年に生産されたサラブレッドは7522頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)だが、そのうち一生に一度の大舞台であるダービーに出走することができるのはわずか18頭だ。今年のダービーには重賞ウイナー15頭を含む22頭が登録しているが、3歳馬7522頭の頂点に立つのはどの馬だろうか。注目のスタートは15:40。

★史上25頭目の皐月賞&ダービー制覇なるか ドレフォン産駒の皐月賞馬ジオグリフ

皐月賞ジオグリフ(牡、美浦・木村哲也厩舎)は、今年の3歳世代7522頭のうち、唯一“三冠馬“になる資格を有している。同馬は昨年産駒がデビューした新種牡馬ドレフォンの産駒で、昨年の札幌2歳Sでは同産駒初のJRA重賞勝利、皐月賞では同産駒初のJRA・GI勝利を挙げた。新種牡馬産駒がダービーを勝てば2009年ロジユニヴァース(父ネオニニヴァース)以来13年ぶりで、皐月賞&ダービーの“2冠”制覇となれば2020年コントレイル以来2年ぶりとなるが、史上25頭目の皐月賞&ダービー制覇を遂げることができるかどうか。

★史上初のダービー3連覇に挑む福永祐一騎手 2冠制覇を目指すジオグリフに騎乗予定

“2冠”制覇を目指す皐月賞馬ジオグリフ(牡、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗予定の福永祐一騎手が、ダービー3連覇の偉業に挑む。同騎手は2018年、ワグネリアンに騎乗して19回目の挑戦でダービー初勝利を挙げると、2020年にコントレイル、昨年はシャフリヤールをダービー馬へと導き、史上3人目のダービー連覇を遂げた。同一クラシック競走の3連覇は1958~60年の皐月賞を制した渡辺正人元騎手、1972~74年のオークスを制した嶋田功元騎手の2人が記録しているが、福永騎手は史上初のダービー3連覇を成し遂げることができるかどうか。なお、ジオグリフは、昨年のダービー優勝馬主(有)サンデーレーシングの所有馬で、同馬主には2011・12年に続く2度目のダービー連覇および歴代単独トップのダービー5勝目がかかる(※5月23日現在では抽選対象だが、同馬主の所有馬はコマンドライン(牡、美浦・国枝栄厩舎)も登録している)。

★ダービーで父の雪辱を果たすことかできるか 皐月賞2着のキタサンブラック産駒イクイノックス

皐月賞2着のイクイノックス(牡、美浦・木村哲也厩舎)は、JRA・GI7勝を挙げたキタサンブラックの初年度産駒だ。キタサンブラックは2015年の菊花賞馬だが、皐月賞では3着、ダービーでは14着に敗れている。イクイノックス皐月賞が今年初戦で、ダービーは年明け2戦目となるが、父の雪辱を果たし、ダービー馬の称号を得ることができるかどうか。同馬には昨年8月の新馬戦からすべてのレースで手綱をとっているC・ルメール騎手が引き続き騎乗する予定。なお、皐月賞2着馬がダービーを勝てば2016年マカヒキ以来6年ぶり12頭目となる。

木村哲也調教師は皐月賞1・2着馬を登録 騎手&調教師でのV狙う安田隆行調教師にも注目

ダービー初制覇を目指す木村哲也調教師(美浦)は、皐月賞馬ジオグリフ(牡)、同2着のイクイノックス(牡)の2頭を登録している。同調教師は皐月賞でレース史上4回目のワンツーフィニッシュを決めたが、ダービーでも1・2着を独占することができるかどうか。ダービーで同一調教師の管理馬がワンツーフィニッシュを決めれば、1967年の藤本冨良元調教師以来55年ぶり5回目となる。なお、今年のダービーには昆貢調教師(栗東)もマテンロウオリオン(牡)、マテンロウレオ(牡)の2頭を登録している。また、イクイノックスがダービーを勝てば、木村調教師は2019年の角居勝彦元調教師(皐月賞=サートゥルナーリア、ダービー=ロジャーバローズ)以来史上2人目の“異なる馬での同一年皐月賞&ダービー制覇”となる。

また、デシエルトを登録している安田隆行調教師(栗東)は、騎手時代の1991年にトウカイテイオーとのコンビでダービーを制しており、騎手・調教師双方でのダービー制覇がかかる。安田隆行調教師は開業28年目にしてダービー初挑戦となるが、騎手時代に続いてダービーのタイトルを手にすることができるかどうか。

★歴代最多のダービー5勝を挙げる武豊騎手 皐月賞3着のドウデュースに騎乗予定

歴代最多のダービー5勝を挙げている武豊騎手は、皐月賞3着のドウデュース(牡、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗する予定だ。同騎手はダービーの騎乗回数も歴代最多で、今回が通算33回目のダービー騎乗となるが、2013年のキズナ以来、9年ぶり6回目のダービー制覇を遂げることができるかどうか。なお、今年のダービーは「第89回」だが、過去の“第○9回のダービー”の結果を見ると、皐月賞3着馬は3勝を挙げており、第39回ダービー(1972年)では、武豊騎手の父・武邦彦元騎手が騎乗した皐月賞3着馬ロングエースが勝利を挙げている。

共同通信杯で“後の皐月賞馬”ジオグリフを破ってV 皐月賞4着から巻き返し狙うダノンベルーガ

ダノンベルーガ(牡、美浦・堀宣行厩舎)は、昨年11月の新馬戦を勝ち、続く共同通信杯では、次走で皐月賞を勝つジオグリフを破って重賞初制覇を遂げた。ダノンベルーガは皐月賞では4着に敗れ初黒星を喫したが、ダービーで前走の雪辱を果たすことができるかどうか。Vなら、皐月賞4着馬の勝利は2014年ワンアンドオンリ一以来8年ぶり3頭目となり、同馬に騎乗予定の川田将雅騎手は2016年マカヒキ以来、管理する堀宣行調教師は2015年ドゥラメンテ以来の勝利でそれぞれ2度目のダービー制覇となる。なお、皐月賞で初黒星を喫した馬は、過去10年では2016年マカヒキ、2017年レイデオロがダービー制覇を遂げている。

★史上12頭目の無敗でのダービー制覇なるか 3戦3勝の毎日杯勝ち馬ピースオブエイト

ピースオプエイト(牡、栗東・奥村豊厩舎)は、新馬戦1着→アルメリア賞1着→毎日杯1着とデビューから3連勝でダービーに駒を進めてきた。昨年のダービー馬シャフリヤール毎日杯1着からダービーに直行して勝利を挙げたが、同じローテーションで挑むピースオプエイトはデビューから4連勝で3歳馬の頂点に立つことができるかどうか。同馬には前走に続いて藤岡佑介騎手が騎乗する予定。なお、デビューから無敗でダービーを勝てば、2020年コントレイル以来2年ぶり12頭目となる。

★ダービー最多勝のディープインパクト産駒 5連覇かかかる今年は6頭が登録

歴代最多のダービー7勝を記録しているディープインパクト産駒は、アスクビクターモア(牡、美浦・田村康仁厩舎)、キラーアビリティ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)、コマンドライン(牡、美浦・国枝栄厩舎)、ジャスティンパレス(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)、プラダリア(牡、栗東・池添学厩舎)、ロードレゼル(牡、栗東・中内田充正厩舎)の6頭が登録している(※コマンドラインは5月24日現在、抽選対象)。同産駒は2018年ワグネリアン、2019年ロジャーバローズ、2020年コントレイル、2021年シャフリヤールと4年連続でダービーを制しているが、今年も勝利を挙げることができるかどうか。なお、同一種牡馬の産駒が同一クラシック競走を5連覇すれば史上初のこととなる。ちなみに、クラシックに限らない同一JRA・GI競走の最多連勝記録はサンデーサイレンス産駒のマイルCS5年連続勝利(2003~07年)で、“ディープ”産駒が今年のダービーを勝てばこの記録に並ぶ。

また、京都新闇杯を制したアスクワイルドモア(牡、栗東・藤原英昭厩舎)の祖父は2005年のダービー馬ディープインパクト、父は2013年のダービー馬キズナで、日本ダービー史上初の親子3代制覇がかかる。キズナ産駒は初年度産駒から3年連続のダービー参戦となるが、同レース初勝利を挙げることができるかどうか。

★2年連続ダービー挑戦となる“池添兄弟”コンビ “青葉賞組”初の勝利を目指すプラダリアで参戦

青葉賞勝ち馬プラダリア(牡、栗東・池添学厩舎)には、池添学調教師の兄・池添謙一騎手が騎乗する予定だ。“池添兄弟”のコンビは昨年のダービーにヴィクティファルスで挑み14着となったが、トライアルの青葉賞を制したプラダリアで挑む今年はどのような結果になるだろうか。Vなら、池添謙一騎手は2011年オルフェーヴル以来11年ぶり2回目のダービー制覇、池添学調教師はJRA・GI初制覇となる。

なお、青葉賞はダービーと同じ東京・芝2400メートルで実施されるトライアル競走だが、同レースに出走してダービーを勝った例は1度もない。今年は同レース勝ち馬のプラダリアと、2着のロードレゼル(牡、栗東・中内田充正厩舎)が出走する予定だが、“青葉賞組”初のダービー制覇を遂げることができるかどうか。

★史上3位の年少ダービージョッキー誕生なるか 21歳・菅原明良騎手はオニャンコポンに騎乗予定

皐月賞6着のオニャンコポン(牡、美浦・小島茂之厩舎)には、デビュー以来すべてのレースで菅原明良騎手が騎乗しており、今年1月には京成杯を制している。菅原明良騎手は昨年、JRA競走で75勝を挙げて自己最高のリーディング11位となり、JRA重賞初勝利、JRA・GI初騎乗も果たすなど大きな飛躍を遂げた。菅原明良騎手は今回がダービー初騎乗となるが、JRA・GI初勝利をダービーという大舞台で挙げることができるかどうか。

なお、同騎手のレース当日の年齢は21歳2力月18日で、Vなら、ダービー史上3位の年少優勝となる。なお、オニャンコポンは2010年のダービー馬エイシンフラッシュの産駒で、同産駒初のJRA・GI制覇がかかる。エイシンフラッシュは2010年に京成杯1着→皐月賞3着→ダービー1着という成績を残したが、オニャンコポン京成杯に続きダービーで、親子制覇を遂げることができるかどうか。

★横山親子3人&岩田親子が揃ってダービー参戦 横山和生騎手、岩田望来騎手はダービー初騎乗

今年のダービーでは、横山典弘騎手(父)がマテンロウオリオン(牡、栗東・昆貢厩舎)、横山和生騎手(兄)がマテンロウレオ(牡、栗東・昆貢厩舎)、横山武史騎手(弟)がキラーアビリティ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)に騎乗予定だ。昨年は同親子3人にとるJRA・GIでの対決が3回あり、いずれも横山武史騎手が最先着だったが、今年初のJRA・GIでの対決となったNHKマイルCではマテンロウオリオンに騎乗した横山典弘騎手が2着に入り最先着となった。果たして、今回の横山親子3人の対決はどのような結果になるだろうか。

また、今年のダービーには「岩田康誠騎手(父)=岩田望来騎手(子)」親子も揃って参戦する予定で、岩田康誠騎手はデシエルト(牡、栗東・安田隆行厩舎)、岩田望来騎手はアスクワイルドモア(牡、栗東・藤原英昭厩舎)に騎乗予定だ。横山典弘騎手(2009、2014年)、岩田康誠騎手(2012年)はダービーで優勝経験があり、横山和生騎手、横山武史騎手、岩田望来騎手には親子制覇がかかるが、父に続いて“ダービージョッキー”の称号を得ることができるかどうか。なお、横山和生騎手、岩田望来騎手は今回がダービー初騎乗となる。




【日本ダービー プレビュートーク】ダノンベルーガ府中で逆襲 2歳王者復権ドウデュース 5月24日(火) 10:06

村瀬 オークスで大王が決めてくれました。◎スターズオンアースは見事。ボクの◎サークルオブライフは発走を待たされた分、イレ込んでアウトでした。

南 ワシの◎アートハウスは経験不足やろか。陣営が口にしとった〝バランスの悪さ〟が出た感じやな。

村瀬 でも観客が戻って以前の盛り上がりが戻ってきたのは喜ばしいこと。そして、いよいよ大一番です。

南 関東馬が元気なのは百も承知。それでも皐月賞に続いて◎ドウデュースで行く手は十分と思っとる。

村瀬 前走はあそこまで後ろからとは思いませんでした。それでも直線ではすごい脚。2000メートルでもあれだけ切れるって分かったのは収穫でしょうね。

南 武豊Jは「もともといい馬だったが、キャリアを積むごとに強くなってきている。メンタル、フィジカルともに高いレベルにあって、折り合いも問題ない。府中でも強い勝ち方(アイビーS)をしているし、左回りはいいと思う」ゆうて自身、6度目の制覇へ気合が入っとるで。

村瀬 今年はファンも記者も皐月賞で本命を打った馬をダービーでも買いそうなムード。負けた馬たちにはそれぞれ明確な敗因があって、〝次こそは〟と思わせましたからね。ボクは◎ダノンベルーガでいきますよ。

南 前走はずっと馬場の悪いインを走らされとったしな。東京ならという気はする。

村瀬 ええ。有力馬のジョッキーたちに外から続々と蓋をされてましたね。それだけこの馬が強いという認識があったのかもしれません。東京なら走るコースは選び放題。馬自身も絶対に左回りがいいですしね。

南 1週前は川田Jが乗りに行っとったな。

村瀬 ものすごい動きでしたよ。陣営は皐月賞のときに「仕上がってしまった」って言ってましたけど、当時より数段上に見えました。

南 そやけど1番人気はイクイノックスちゃうの。

村瀬 おそらく。前走は直線でいったんライバルを突き放そうかというシーン。ややモタれていたあたりは久々なのか右回りなのか分からないですけど、今度は上積みしかないでしょうしね。

南 で、同厩のジオグリフが続く形か。皐月賞馬ゆうても5番人気やったし、距離がどうか。

村瀬 ドレフォン産駒ですが、母アロマティコは長いところでも走りましたからね。意外ともつんじゃないかな。

南 マテンロウオリオンNHKマイルCで惜しい2着。昆厩舎でこのローテゆうたら2008年の勝ち馬ディープスカイを思い出す。昆師は「丈夫な馬だし、使った上積みさえあれば大丈夫」と。中2週やし、強い追い切りは必要ない。

村瀬 NHKマイルでは◎だったんでシビれました。で、青葉賞を勝ったのがプラダリア。〝池添兄弟〟ですね。

南 弟の学師は「勝ったことで一段上がった気がする」ゆうて手応えあり。ただ、皐月賞の上位組撃破となるとどうやろな。アスクワイルドモア京都新聞杯をレコード勝ち。藤原師にとってはシャフリヤールからの連覇がかかる。

村瀬 結構タフな競馬に見えたんで、中2週がどう出るかでしょう。

南 デシエルト陣営からは早々に〝逃げ宣言〟が出た。「前走はゲートがすべて。五分に出てマイペースならあんなことはない」と安田隆師。

村瀬 アスクビクターモアビーアストニッシドピースオブエイトあたりとどう兼ね合いをつけるか、かな。

南 ま、ダービーを当てるのと外すのとでは天と地の差やし、気を引き締めていこか。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日本ダービー】歴代最多5勝の武豊、ドウデュースで挑むダービーに「50代も勝ちたい」 5月24日(火) 05:00

3歳世代の頂点を決める日本ダービーが29日、東京競馬場で行われる。歴代最多の5勝を挙げている武豊騎手(53)=栗東・フリー=は、昨年の最優秀2歳牡馬ドウデュース(栗東・友道康夫厩舎)で参戦。皐月賞3着からの逆転Vに意欲を燃やしている。また、武豊騎手と親交の深い元フジテレビアナウンサーの福原直英が、飽くなき向上心で挑むレジェンドについて綴った。




今年も、心躍るレースがやってくる。ホースマンの誰もが憧れる日本ダービー。競馬の祭典を前に、歴代最多の5勝を誇る武豊騎手が熱い思いを口にする。

「久しぶりにダービーのお立ち台に立ちたいですね。毎年楽しみだし、有力馬で出られますから。一番、僕が期待していますよ」

コンビを組むドウデュースは昨年、無傷の3連勝で朝日杯FSを制覇。JRA賞・最優秀2歳牡馬に輝いた。年明け初戦の弥生賞ディープインパクト記念2着から挑んだ前走の皐月賞は、1番人気で3着に敗退。だが、大外を回りながらもメンバー最速となる上がり3ハロン33秒8の末脚で追い込んだレースぶりには、少なからず収穫があった。

「距離に対しての不安はないですね。落ち着きがあるし、ここ2戦は2000メートルで走っていますから。特に、前走は『2400メートルでもいけるな』という手応えがありました。走り方がピッチで回転が速いから、距離がどうかなと先入観を持っていたけど、持ちすぎていましたね」と逆転Vへの意欲をのぞかせる。

ドウデュースの長所は?との問いに「足が速いッス」と笑わせる名手は、18日の右回りの栗東CWコースで1週前追い切りにも騎乗(6ハロン79秒6―11秒2)。デビューから手綱を取り続けている感触から、左回りの東京コースを歓迎する。

「どちらかというと右手前(※)が好きな馬。その点、左回りだと直線を好きな右手前で走れますから。(右回りの)皐月賞はずっと手前が替わらなかったし、追い切りの動きもそうでした。そのあたりはプラスに出るんじゃないかな」と分析。トップスピードになる最後の直線を得意の右手前で走れば、持ち味である末脚の威力が増す。実際、東京コースは昨秋のアイビーSを勝利。初の東京2400メートルにも自信を持って臨む。

自身は今年で36年目、33度目のダービー参戦。53歳2カ月15日での勝利となれば、増沢末夫元騎手(1986年ダイナガリバー)が持つ48歳7カ月6日のダービー最年長勝利記録を更新する。

「20代、30代、40代と勝ってきているんでね。50代も勝ちたいです。今年のメンバーのレベルは高いと思います。その中でも勝つチャンスのある一頭。このチャンスを大事にしたいです。(ダービーを5勝しても)まだ足りませんよ」と貪欲に勝利を目指す。

輝きを放ち続けるスーパースター。2013年キズナ以来、6度目の日本ダービー制覇へ―。夢は何度でもかなえる。

※手前 馬が走るときに右前脚の着地点が左前脚の着地点より常に前で走っている状態を「右手前」、左前脚の着地点が前の状態を「左手前」と呼ぶ。東京コースのように左回りの場合、コーナーを回るときは左手前。同じ手前で走り続けると疲れるため、直線で右手前に替えることでもうひと伸びする。ゴール前でもう1回左手前に替えて、踏ん張ろうとする馬もいる。




★福原直英アナがみた武豊騎手

先月、武豊騎手からクギを刺された。

「『ダービーとは何ですか』って質問は、しないでくださいね」

あえてその理由を問い返さず、自分なりの思いを巡らせてみた。父・邦彦さんの勝利は3歳のとき。多くの人がお祝いに来たという。初騎乗はコスモアンバーで、先輩の追い比べを後方から眺めていた。10度目の挑戦で制したスペシャルウィークアドマイヤベガタニノギムレットディープインパクト、そしてキズナ。5度も美酒を味わったが「50代でも勝ちたい」と貪欲さを隠そうとしない。

「皐月賞ジョッキーって言わないじゃないですか。やっぱりダービージョッキーですよ」

切っても切れない武豊とダービー。答えを拒むのは「聞くだけやぼ」ということか。今年のダービーが終われば、彼の表情に理由がはっきり浮かび上がってくると思う。

[もっと見る]

【日本ダービー 俺のチェックポイント】ジャスティンパレス皐月賞9着からの上昇度を探る 5月24日(火) 05:00

3歳馬の頂点を決める日本ダービーが29日、東京競馬場で行われる。「俺のチェックポイント」初日は、大阪サンスポの斉藤弘樹記者が栗東でジャスティンパレスに注目した。3カ月半ぶりの皐月賞は9着に敗れたが、中間は非常に意欲的な調整が目を引く。ホープフルS2着馬の巻き返しがあるか。ひと叩きの上昇度や舞台適性などを探った。




難解なレースが続く春のGⅠシリーズでなかなか波に乗れないが、競馬の祭典だけは何としても当てたい。28日にはオンラインイベントも控えているだけに、22日の日曜から気合十分に栗東トレセンで取材を開始した。その中で、ひときわ目に留まったのがジャスティンパレスだ。15、22日と2週連続で週末に坂路で4ハロン55秒を切る時計をマーク。前走の皐月賞時が同58秒台だったことを思えば、負荷のかけ方が全く違っている。

23日朝に杉山晴厩舎の池水助手を直撃した。「もう一段階上げようと意識的にやっています。もともとダービーに向けてという感じでやっていますし、現時点での力は100%出せそう」と大目標の一戦に向けて、こん身の仕上げを施している。

昨年はデビューから連勝で挑んだホープフルSで2着。まだ馬体がしっかりしていないぶん、直線でヨレる場面はあったが、GⅠレベルの力を示した。2020年の3冠牝馬デアリングタクトも担当する腕利きは「乗り味がいいし、柔らかくて軽い走りをします。体も心も子供っぽくて、まだ先のイメージですが、この感じであれだけ走れるのは逆にすごい」と潜在能力に目を細める。

3カ月半ぶりだった皐月賞は、スタートであおって後方からの競馬。勝負どころから大外を回って早めに動いたが、荒れ気味の芝もこたえて9着に敗れた。先を見据えた仕上げに加え、スムーズな競馬ができなかった印象だ。今回は初めての東京で距離も2400メートルとなるが、「不器用な感じではないので、コースはどこでもいい。引っ掛かる馬じゃないし、きょうだいも長い距離を走っているので」と同助手は距離延長にも前向きだ。

成長途上ながら素質は世代トップクラスのディープインパクト産駒。状態面、舞台は好転するだけに、枠順や良馬場など条件がかみ合えば、巻き返しのシーンもありそうだ。




[もっと見る]

【日本ダービー GI因数分解】狙いは皐月賞敗戦組 ドウデュースの豪脚に期待 5月24日(火) 04:59

漆山貴禎記者が徹底したデータ分析で的中への方程式を導き出す『GⅠ因数分解』が、日本ダービー限定で復活! 〝東大王〟は過去のレースや今春の傾向から、皐月賞で敗れた2頭に注目する。




デスクからの緊急指令で久々に〝教授〟へと変身。今春のGⅠシリーズでは好結果を出せていないが、初心に帰ったつもりで解析に取り組んだ。

①1冠目とのリンク

今年の皐月賞は5番人気ジオグリフ、3番人気イクイノックスで決着。1、2番人気馬が連対しない〝荒れた〟皐月賞だったといえるだろう。2002年以降、皐月賞が同様の決着だった年の日本ダービーの結果を調べた。同様のケースは8回あったが、皐月賞での連対16頭中、ダービーでも連対したのは3頭だけと直結性は極めて薄い。しかし、NHKマイルCを経由した2頭も含めて、皐月賞3着以下から9頭がダービーで連対しているのは見逃せない。やはり1冠目に着目すべきだろう。

②東京で末脚全開

過去10年の皐月賞で上がり3ハロン最速をマークしてダービーへと駒を進めてきた馬は11頭で、うち4頭が勝利を収めている。さらに、上がり3ハロン33秒台をマークした2頭はともにVだ。トリッキーな中山内回りで見せた確かな末脚は府中に替わってさらに威力を増すとみていい。

③〝キンカメ〟旋風

今春の東京芝重賞ではキングカメハメハの血が猛威を振るっている。先週までに6鞍が行われたが、父、あるいは母の父にキングカメハメハ系の種牡馬を持つ馬が全てのレースで連対を果たしている。キングカメハメハは04年にダービーを制覇し、直子も過去2勝。要注意だ。




★注目馬 皐月賞敗戦組に狙いを定めたい。ドウデュースは1番人気3着に終わったが、猛然と追い込んだ末脚は目立った。上がり3ハロン33秒8は過去10年の皐月賞で最速値。名手・武豊がダービー6勝目をかなえるか。

抽選対象だが、ジャスティンロックも面白い。父はキンカメ系のリオンディーズ。前走は後方から荒れたインを突いて0秒6差7着まで追い上げた。府中替わりは魅力で、出走がかなえば究極の一発候補になる。 (漆山貴禎)

[もっと見る]

【父たちの日本ダービー】13年の覇者キズナ 父子3代制覇目指す 5月24日(火) 04:59

出走馬の父がダービーに出走したときを振り返る特別連載がスタート。第1回はアスクワイルドモアの父キズナを取り上げる。東日本大震災からの復興を願って名付けられた名馬は圧倒的な末脚で頂点に立った。

「みなさん、僕は帰ってきました!」。東京競馬場に響き渡った武豊騎手の言葉が印象的だった2013年の第80回日本ダービーは、1番人気のキズナが後方からメンバー最速となる上がり3ハロン33秒5の末脚で馬群を割って伸び、ゴール前で測ったように2着エピファネイアを差し切った。10年の落馬負傷後、成績的にも苦しんだ武豊騎手が完全に輝きを取り戻した瞬間だった。

鞍上にとって、キズナの父ディープインパクトでの05年以来、5度目のダービー制覇。「ディープの子で勝ったのも格別。騎手人生の中でも大きなダービー」と喜んだ。同騎手でのダービー父子制覇は初だった。

種牡馬となったキズナが目指すのは、もちろんディープから続く父子3代ダービー制覇。今年のアスクワイルドモアが、父同様に京都新聞杯Vから頂点を目指す。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,351ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 東京優駿日本ダービー) 2022年05月29日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【前走のコースがJRAだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2015年以降)】
○5位以内 [7-7-6-50](3着内率28.6%)
×6位以下・競走中止 [0-0-1-53](3着内率1.9%)

 末脚が明暗を分けそう。前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬はあまり上位に食い込めていません。今年はこの条件に引っ掛かっている実績馬が多いので、扱いに注意しましょう。

主な「○」該当馬→オニャンコポンプラダリアマテンロウオリオン
主な「×」該当馬→イクイノックスキラーアビリティダノンベルーガ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「父がディープインパクト」の馬は2015年以降[5-3-2-21](3着内率32.3%)
主な該当馬→キラーアビリティプラダリア

[もっと見る]

4月14日(木) 12:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック+特別版「新プロの注目馬公開」 皐月賞2022
閲覧 1,465ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月17日(日)中山11R 第82回皐月賞(3歳G1・芝2000m)


【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:東京スポーツ杯2歳S、ホープフルS出走馬>

イクイノックス(東スポ杯:1着、482kg(+2kg)5ヵ月)<A>【収得賞金順⑥】
今回も休み明けだが、前走時と同じタイミングでトレセンに戻し、右回りでの追い切りの動きを見ても特に気になるところは窺えず順調な仕上がり。新馬戦ではサークルオブライフ(3着)を楽に突き離し、3ヶ月ぶりの前走でも後方からのレースになり追い出すタイミングが坂下あたりになってしまったものの一気の加速みせて勝利と、レースぶりから中山の急坂も問題なさそう。

キラーアビリティ(ホープフルS:1着、468kg(-2kg)3ヶ月半)<C>【収得賞金順①】
ホープフルSからの休み明けで、この中間もCWで速い時計が出ている。1週前追い切りでは、直線一気に追い抜いたもののすぐに差し返されまた追いかけるというモタモタした感じがあって、どこかピリッとしない感じ。

ジャスティンパレス(ホープフルS:2着、450kg(±0kg)3ヶ月半)<A>【収得賞金順⑦】
この中間もCWでの調整で乗り込み量も豊富。2週前追い切りではかなり元気なところを見せており、力が有り余っている様子をみせ、1週前には大外を回って余裕をもって先着と好内容マークと調子は良さそう。





<前走:京成杯きさらぎ賞共同通信杯出走馬>

オニャンコポン京成杯:1着、466kg(-8kg)3ヶ月)<C>【収得賞金順②】
前走から間隔が空いていて乗り込み量は豊富。1週前追い切りでは前走時のような抜群の切れはないものの上々の伸び脚で、残り1週でどこまで詰められるか。

ダンテスヴューきさらぎ賞:2着、452kg(-6kg)中9週)<C>【収得賞金順⑨】
この中間もCWでの調整で、前走時よりも外めを回りながらも速い時計が出ている。上積み感じられる一方、ジョッキー騎乗での追い切りでも終いもうひと伸びがほしい感じは相変わらず。あと一歩何かが足りない印象。

ダノンベルーガ共同通信杯:1着、502kg(+4kg)中8週)<B>【収得賞金順④】
この中間も南Wでの調整。速い時計は出ていて出来は悪くなさそうだが、右回りの追い切りの動きを見ると走りが詰まる感じがある点は気になる。右回りを積極的に使ってこなかった理由も何かありそうで、デビューから2戦とも東京でのレースを使っていてあくまでも目標は日本ダービーということに変わりなさそう。そう考えると、大きな馬なので日本ダービーに直行するよりは、このあたりで一度叩いておいたほうが最大目標に向けての調整がしやすいのかもしれない。

ジオグリフ共同通信杯:2着、498kg(+2kg)中8週)<B>【収得賞金順③】
この中間も南Wでの調整。前2走と比べると気合いが乗って勢いもあり、叩き3戦目での上積みがありそう。ただ前走時のパドックではイレ込み気味だったので、テンションも右肩上がりになっている点は気になる。





<前走:弥生賞出走馬>(中5週)

アスクビクターモア(1着、474kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
この中間も南Wを単走で追われて時計も優秀。1週前追い切りの動きを見ると、前走時と比べるとややおとなしい感じもあるが、全身を大きく使った走りで引き続き良い出来はキープしている感じ。

ドウデュース(2着、504kg(+8kg))<A>【優先出走馬】
休み明けの前走時、追い切りの動きは余裕残しの感じがあったが、パドックでは太め感はなく仕上がりは悪くなさそうだった。この中間も入念な乗り込みで1週前追い切りの動きを見ると、手応え、反応の良さ、そして終い顔を前に突き出す朝日杯FS当時の走りでしっかり伸びていた姿が印象的だった。時計こそ前走時と変わらないが、上積みに期待がもてそう。

ボーンディスウェイ(3着、494kg(±0kg))<B>【優先出走馬】
この中間も毎週石橋脩騎手が追い切りに騎乗して調整が続けられ、1週前にはビッシリ追われて併走馬を一気に突き離す内容を披露。前走以上に強く追ってきていて、上積みが期待できそう。

ジャスティンロック(4着、478kg(+8kg))<A>【収得賞金順⑧】
土曜日に強めの追い切りを行う厩舎で、この中間も2週連続好時計で先着。1週前の水曜日も前走時とは動きが変わり、休み明けを一度使われて馬が良くなった。

マテンロウレオ(10着、478kg(+2kg))<C>【収得賞金順⑤】
この中間は勝利した新馬、きさらぎ賞時と同じCW中心の追い切りに変えてきた。坂路でもCWでも速い時計が出る馬で、1週前の動きを見ると終い首が上がり気味。前半からカーっと行くような追い切りが多く、スピードが勝っているところがあるので、母方の血統から短距離のほうが向いているのかもしれない。

ラーグルフ(11着、486kg(-10kg))<A>【収得賞金順⑩】
ホープフルSでは◎にした馬だったが、前走時は追い切りもパドックも馬がおとなしかった。この中間、1週前追い切りの動きを見ると、行きたがる面が出ていてホープフルSの時のような動きに変わって状態は良くなっている印象を受ける。2走前に馬体が14kg増えて前走で10kg減っていたがパドックではどちらもまだ緩く見える馬体で、まだまだ良くなる余地は十分あり。今回は変わってきそう。




<前走:スプリングS出走馬>(中3週)

ビーアストニッシド(1着、472kg(+2kg))<C>【優先出走馬】
前走時は追い切りもパドックもかなりテンションが高かった。それでもスタートで躓きながらもハナに行って押し切ってしまうのだから、あのくらい元気なほうがこの馬には良いのかもしれない。この中間、1週前追い切りでは初めてコンビを組む和田騎手が騎乗しての追い切り。好時計で先着も走りに力強さがなく、月1ペースで重賞を使われてきての疲れがある感じ。

サトノヘリオス(3着、474kg(-4kg))<C>【優先出走馬】
前走はラチ沿いをロスなく追走して終いの脚が切れた。前走時のパドックではトモが寂しく映り、休み明けでも馬体が減っていて、今回も中2週で関東への輸送を控える。それら状況を考慮してか、この中間はCWから坂路での調整に変えてきた。これ以上馬体は減らしたくないということなのかもしれない。友道厩舎なので余裕があれば1週前はコースで併せて追い切ると思われるが、叩き2戦目でもそこまでの余裕はなさそう。

オウケンボルト(9着、452kg(-4kg))<E>【抽選対象馬(1/4頭)】
坂路で速い時計の出る馬だがこの中間、1週前追い切りでは一杯に追われて平凡な時計。使い詰めできて馬体も減ってきているので、疲れも溜まっているのかもしれない。

グランドライン(12着、518kg(+4kg))<C>【抽選対象馬(1/4頭)】
叩き2戦目で、1週前追い切りでは南Wでの併せ馬で外を回って力強い走りを見せてきた。上積みは窺える。

トーセンヴァンノ(13着、478kg(-2kg))<D>【収得賞金順⑪】
使い込まれてきて4戦連続馬体減でパドックでもキビキビとした動きがなく、1週前も南Wで平凡時計と上積みは感じられず。




<前走:若葉S、その他のレース出走馬>

デシエルト(1着、510kg(+4kg)中3週)<B>【優先出走馬】
デビュー前から岩田康騎手が追い切りをつけている馬で、1週前追い切りでも岩田康騎手独特の調教内容で態勢を整えてきている。馬自体は前向きな走りで終い手綱を緩められるとしっかりと伸び、状態は引き続き良さそう。

メイショウラナキラ(4着、438kg(±0kg)中3週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
この中間はCWでの1週前追い切りだったが、終い重心が高くなり伸びも物足りない感じ。

ナニハサテオキ(フリージア賞:3着、474kg(-8kg)中7週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
この中間は、CWで速い時計は出ているが、1週前は終始頭が高い走りで力強さが感じられなかった。


※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、イクイノックスジャスティンパレスドウデュースジャスティンロックラーグルフの5頭をあげておきます。



◇今回は、皐月賞編でした。
今年も早いもので4月も半ばを過ぎようとしています。1ヶ月半後には日本ダービーが行われ、時間が過ぎていくのが年を追うごとに早くなっているように感じます。スタートで躓きながらも圧勝したディープインパクトが17年前、好位追走から圧倒的な強さを見せたナリタブライアンが28年前と、感覚的にはちょっと前のように思っていても数字で見ると恐ろしいくらい時間が過ぎていることに驚いてしまいます。と、同時にそれだけ長く競馬を楽しめていることに感謝したいものです。



皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。



そして、今回のコラムではプロテストで合格して先月プロデビューした3名に1週前の段階での皐月賞の注目馬見解について伺っていますのでぜひ参考にしてみて下さい。


~~~【回収率予報官プロ】~~~


皐月賞の注目馬>
ダノンベルーガ
現時点で評価可能なファクターで回収率を予測すると、ダノンベルーガが高評価となりました。特に過去レース結果に関するファクターで有利なポイントが多く、過小評価となりそうです。

<自己紹介>
「回収率予報ニュース」では各出走馬ごとの「予測回収率」をレース前日に公開中。レース後に結果を全て公開、検証しています。(「追い上げ」や「勝ち逃げ」はしません)
どの馬が1着かではなく、どの馬が儲かるかが知りたい方は、ぜひご覧ください。よろしくお願いいたします。

回収率予報官プロの最新予想ページはこちら


~~~【教授プロ】~~~


皐月賞の注目馬>
オニャンコポン
京成杯の時計的価値は、人気上位4頭に引けを取らないと見ています。ホープフルSの大敗で、馬も騎手も一皮剥けた印象を持ちました。

ダノンベルーガイクイノックス
2頭とも中山適性は不明ですが、無敗でキャリアが浅い分、G1馬2頭より伸びしろの大きさが期待できると思います。

<自己紹介>
オリジナルのスピード指数と前売りオッズを統計解析し、出走全馬の勝率、複勝率を再計算して、期待値の高い買い目を自動算出しています。印、買い目とは別に、コメント欄に予想期待値、予想3着内率(上位5頭)を掲載しています。旨味のないレースは大レースでも見送ります。

教授プロの最新予想ページはこちら


~~~【マカロニスタンダーズプロ】~~~


皐月賞の注目馬>
デシエルトジオグリフ(いずれも配当妙味有り)
推しの2頭はともにノーザンファーム産のドレフォン産駒。ドレフォン産駒はダートでの勝鞍が多いですが、芝でも一世代ですでに13勝をあげており、皐月賞に駒を進めてきたデシエルトジオグリフ以外にも、1勝クラスを勝ち上がった馬が2頭いて芝の適性を示しています。前走までの実績ほど人気にはならない想定で、配当妙味があると考え推したい2頭です。
※実績の予想登録の本命馬とは異なる可能性があります。

<自己紹介>
プロテストの入れ替え戦で寸前のところで上位に食い込む事ができ、地獄から生還を果たしました。
昨年の結果を踏まえて予想理論をブラッシュアップし、今年は巻き返しを図ります。

マカロニスタンダーズプロの最新予想ページはこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

日本ダービー

5月24日(火) 20:15

青龍白虎さん

閲覧 40ビュー

ネット競馬現時点での想定オツズ
1〜9.9→4頭
10〜99.9→10頭
100以上→4頭
18頭4→10→4
の組み合わせ
1着→2人気→川田
2着→1人気→ルメール
3着→4人気🐎→福永
まあオツズは変化するが
現時点では堅い決着
まあ三連系は1〜4番人気
を抑える😁✌
酒井の🐎ダービー
以外で出走すれば
当然買い😁✌

5月24日(火) 09:30 あ・うんさん
2022年、日本ダービー
閲覧 214ビュー

オークスは桜花賞馬が勝ちました。
やはり、
日本ダービーも皐月賞の上位入賞馬が強いのでしょう。

思い出すのは「サニーブライアン」。
皐月賞馬でしたが日本ダービーは、人気がなくて、オッズは高し。
いざレースでは、圧巻の逃げ切り勝ちでした。
皐月賞馬は底力があるのだなと1つのマイルールに追加。

自分の記憶の中での例外的なダービー馬は「キングカメハメハ」。
きさらぎ賞から3着以内に入着する馬が出るとのジンクスも一時
あり、「リーチザクラウン」が該当馬だったか、怪しい記憶。

2022年の日本ダービー、こういう記憶がよみがえったので、
皐月賞馬から入りたいと思う。
あと1頭はNHkマイルの覇者を加えて、全体の予想を組立たい。

[もっと見る]

5月24日(火) 07:26 摩呼さん
【元カレです】週間ランキング1位!!日本ダービーなどの予言...
閲覧 212ビュー

まずは参政党皆さん知ってますか?
5月初旬に党員となりましたのでご報告致します。
7月に参議院選挙があるので少しでもそれまでにどういった党なのか?お伝えできればと思ってます。
【参政党見ると心が熱くなる動画】

https://youtu.be/Ia7fQK24AHM

お付き合いオナシャス!

元カレです初の週間1位!!おめでとう🎉

お待たせ?
日本ダービー&目黒記念&葵Sの予言枠です。
今回のDanceは岡田奈々&倉野尾成美、大西桃香&武藤十夢です

https://youtu.be/gpZMCsfXxpY

【予言枠とは?】
まだ枠順は勿論出走馬も確定していない状況での活躍出来る枠を発表する動画となります。

先週はナミュールの4枠が激走してくれましたね!
日本ダービーどうなるのか?

[もっと見る]

5月24日(火) 05:33 しんすけ50さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念②
閲覧 125ビュー

おはよ~♪

5月24日ですね!

昨日は週明けの月曜日から色々ドタバタ致しまして・・・、

結局、自分の仕事は何にも出来ず振り回されただけで

仕事は溜まるわストレスは溜まるわで貯まらないのはお金だけ。

疲れも溜まって正直たまりません。

と言う訳で日本ダービーはプラダリアの取捨を考えて行きましょ!

なので目黒記念は今のところ・・・、

アリストテレス
ディアマンミノル
パラダイスリーフ
ベスビアナイト
ボッケリーニ
マカオンドール
シルヴァーソニック
フライライクバード

かな?

会社行きたくなーい😭

[もっと見る]

5月23日(月) 21:33 穴馬言さん
第89回東京優駿(G1)
閲覧 217ビュー

前走レース編
過去10年

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
皐月賞G1: 7- 8- 5-66/86: 8.10% 17.40% 23.30%
京都新聞G2: 2- 1- 1-19/23: 8.70% 13.00% 17.40%
毎日杯G3: 1- 0- 0- 5/ 6: 16.70% 16.70% 16.70%
青葉賞G2: 0- 1- 3-19/23: 0.00% 4.30% 17.40%
プリンシ: 0- 0- 1- 5/ 6: 0.00% 0.00% 16.70%

※前走は、皐月賞・京都新聞杯・毎日杯・青葉賞組。

[もっと見る]

5月23日(月) 16:27 ☆コノホシカツ☆さん
第89回『日本ダービー』GⅠ ☆九星出目(四緑友引)☆
閲覧 154ビュー

2022年5月29日(sun) 2回東京12日
☆四緑友引

東京11R(15:40)芝2400
第89回『日本ダービー』GⅠ

【日盤出目
「馬」






「枠」




【時盤出目】
「馬」
◆⑥
「枠」
◆4

【九星出目予想】
「馬」
★⑦
☆⑬
*⑯
*⑥
*③
*⑩
*①
*⑪
馬連⑦-⑬⑯⑥③⑩①⑪
「枠」
★4
☆7
*8
*3
*2
*5
*1
*6
枠連4-7・8・3・2・5・1・6(友引で4-4を加え総流し)

馬名は枠順が決まり次第このページに書き込みます

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞特集
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

目黒記念に出走予定のボッケリーニは、日経賞タイトルホルダーにクビ差の2着。池江調教師は「前走は勝った馬が強かった。一旦放牧に出て、いい状態で帰ってきましたし、東京の2500メートルも大丈夫でしょう」と、一昨年の中日新聞杯以来となる2つめの重賞タイトルを狙う。

マイネルウィルトス日経新春杯6着以来、4カ月半ぶりとなる。増井助手は「本数をこなして順調にきています。東京の2500メートルは昨年のアルゼンチン共和国杯で2着になっていますからね。できれば、緩い馬場になってほしい」とひと雨を願う。

【目黒記念】レース展望 5月23日(月) 19:07

熱気冷めやらぬダービー直後のレースとして、東京の日曜最終12Rに目黒記念(29日、GⅡ、芝2500メートル)が行われる。第136回を数える伝統のハンデ中距離重賞を制するのは果たしてどの古馬か。

ウインキートス(美浦・宗像義忠厩舎、牝5歳)が連覇をもくろむ。牝馬では33年ぶりに目黒記念を制した昨年は2番手から運ぶと、直線で突き抜け2馬身差の完勝。重賞初制覇を果たした。さらに昨秋の産経賞オールカマーではグローリーヴェイズレイパパレに先着する2着に奮闘。ハンデ54キロは前走の日経賞(12着)から1キロ減と好材料だ。近3走は2桁着順と振るわないが、テンションさえ落ち着けば巻き返しがあって何ら不思議はない。

ボッケリーニ(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)は重賞7戦中、掲示板を外したのがわずか1回(中京記念6着)だけという安定感が武器。今年もAJCC3着、日経賞2着と堅実に走っている。全兄のラブリーデイが5歳時の宝塚記念で初のGⅠ制覇を遂げたように、成長力が持ち味の血統。トップハンデタイの57・5キロは見込まれた印象だが、6歳になった今でも衰えは全く感じさせない。

抽選対象(23日現在、3/4)だがシルヴァーソニック(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)は天皇賞・春で川田騎手がスタート直後にまさかの落馬。ところが、カラ馬となったにもかかわらず、懸命に3200メートルを走り抜き大きな話題を集めた。ステイヤーズS阪神大賞典と3000メートル以上のGⅡで3着と善戦しており、スタミナは最上位。ハンデ55キロは実績から考えると恵まれたといえる。中距離に舞台を移して、リーディングジョッキーを背にタイトル獲得を狙う。ハンデ55キロも全く問題ない。

マイネルウィルトス(栗東・宮徹厩舎、牡6歳)=56キロ=は、前走の日経賞で6着に敗れるたが、1コーナーで挟まれる不利を受け、折り合いを欠くロスがあったため参考外としていい。同舞台のアルゼンチン共和国杯2着の実績は決して侮れない。同じくアルゼンチン共和国杯3着フライライクバード(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)=55キロ、抽選対象=は、左回りで【2・2・2・2】と好成績を残している。前走メトロポリタンSも2着とはいえハナ差。得意の東京コースなら飛躍する。

ほかには、2年の長期休養から復活し、先月オープン入りを果たしたパラダイスリーフ(美浦・木村哲也厩舎、牡6歳)=55キロ、トップハンデタイの57・5キロを背負う2020年菊花賞2着アリストテレス(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)、前走の大阪―ハンブルクCを差し切ったディアマンミノル(栗東・本田優厩舎、牡5歳)=55キロ、セントライト記念の覇者アサマノイタズラ(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)=56キロ=も要注目だ。

[もっと見る]

【目黒記念】4カ月ぶりの復帰戦となるマイネルウィルトス 5月23日(月) 18:20

日経新春杯6着のマイネルウィルトスが、目黒記念で復帰する。昨秋に今回と同舞台のアルゼンチン共和国杯で、オーソリティの2着に走っている。渡井厩務員は「坂が苦手な馬だけど、東京だと上ってから距離がある。それで挽回が利くんじゃないかな。調整は順調だけど、休み明けのぶんがどうか。あとは天気だね。馬場が渋ってほしい」と話した。

[もっと見る]

【目黒記念】マカオンドール、仕切り直し2500メートルで重賞初Vだ 5月23日(月) 09:58

ダービー当日の最終レースとして定着した「第136回目黒記念」。今年も中長距離戦線の個性派がそろい、ハンデGⅡは大激戦だ。芦毛の長距離砲マカオンドールが重賞初制覇を狙っている。

天皇賞・春を制した父ゴールドシップのように、今年は3000メートル以上の長距離王道を歩んできた。格上挑戦したOP特別の万葉Sを1番人気に応えて差し切り、阪神大賞典でも4着に踏ん張ったが、前走の天皇賞・春はデビュー以来初めての2ケタ着順となる11着に敗れた。「向正面からいいポジションに上がれたが、馬場(稍重)が合わずこの馬の脚を使えなかった」と、松山騎手が振り返る。GIの壁は思いのほか厚かったか。

今回は距離を2500メートルに詰めて仕切り直し。1週前追い切りは栗東坂路で4ハロン54秒1、ラスト1ハロン12秒3をマークした。「動きはいいし、馬体にツヤや張りが戻ってきている。いい状態で臨めそうだ。左回りは得意だし、距離はこれぐらいのほうがいいかも」と、今野調教師は巻き返しに意欲的。まずは重賞初タイトルを手に入れたい。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【目黒記念】特別登録馬 5月22日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】サンシャインS優勝パラダイスリーフは目黒記念へ 5月13日(金) 04:45

★サンシャインSを勝ったパラダイスリーフ(美浦・木村厩舎、牡6歳)は目黒記念(29日、東京、GⅡ、芝2500メートル)に駒を進める。

★ダービー卿CT9着カテドラル(栗東・池添学厩舎、牡6歳)は安田記念(6月5日、東京、GⅠ、芝1600メートル)を目標にする。

★栗東Sに登録していたヴィジュネル(栗東・渡辺厩舎、牡4歳)は、松若騎手とのコンビで安土城S(29日、中京、L、芝1400メートル)へ。

★大阪城S11着レッドジェニアル(栗東・高橋忠厩舎、セン馬6歳)は、大沼S(6月26日、函館、L、ダ1700メートル)が目標。ダート初挑戦になる。

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 212ビュー

まずは参政党皆さん知ってますか?
5月初旬に党員となりましたのでご報告致します。
7月に参議院選挙があるので少しでもそれまでにどういった党なのか?お伝えできればと思ってます。
【参政党見ると心が熱くなる動画】

https://youtu.be/Ia7fQK24AHM

お付き合いオナシャス!

元カレです初の週間1位!!おめでとう🎉

お待たせ?
日本ダービー&目黒記念&葵Sの予言枠です。
今回のDanceは岡田奈々&倉野尾成美、大西桃香&武藤十夢です

https://youtu.be/gpZMCsfXxpY

【予言枠とは?】
まだ枠順は勿論出走馬も確定していない状況での活躍出来る枠を発表する動画となります。

先週はナミュールの4枠が激走してくれましたね!
日本ダービーどうなるのか?

5月24日(火) 05:33 しんすけ50さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念②
閲覧 125ビュー

おはよ~♪

5月24日ですね!

昨日は週明けの月曜日から色々ドタバタ致しまして・・・、

結局、自分の仕事は何にも出来ず振り回されただけで

仕事は溜まるわストレスは溜まるわで貯まらないのはお金だけ。

疲れも溜まって正直たまりません。

と言う訳で日本ダービーはプラダリアの取捨を考えて行きましょ!

なので目黒記念は今のところ・・・、

アリストテレス
ディアマンミノル
パラダイスリーフ
ベスビアナイト
ボッケリーニ
マカオンドール
シルヴァーソニック
フライライクバード

かな?

会社行きたくなーい😭

[もっと見る]

5月24日(火) 02:02 ベスト タイムズさん
目黒記念 G2
閲覧 59ビュー



パラダイスリーフ

.

[もっと見る]

5月24日(火) 02:02 ベスト タイムズさん
目黒記念 G2
閲覧 50ビュー



パラダイスリーフ

.

[もっと見る]

5月23日(月) 19:38 はたと止まるさん
目黒記念
閲覧 89ビュー

1.菅原:モズナガレボシを任された

2.シルヴァーソニック:落馬したのを取り返せそう

3.ヤシャマル:これもいい

4.アリストテレス:武はダービーを勝てたら、アタマではないだろうね

 WINS汐留はGⅠでも席に入場すると、周りが環境いいWINSなので、いいかもしれん

 アンコールプリュの母馬オイスターチケット(牡蠣かよ)もオークスに出てたのを思い出したのは
 この馬券買った後だった
 新潟コースは相性良さそうだったが、1000直が合わなかったかもしれん

[もっと見る]

5月23日(月) 05:58 しんすけ50さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念①
閲覧 177ビュー

おはよ~♪

5月23日ですね!

昨日は東京最終当ててタコ助だけは回避。

だけどすっきりしませんなぁ~。

特にGIは。

優秀牝馬もスタニングローズと本命迷った挙句、プレサージュリフトで玉砕。

上手くやってればNHKマイルカップ・ヴィクトリアマイル・優駿牝馬と

ホップステップジャンプの三連勝も出来たのにね、詰めが甘々。

なので東京優駿は是が非でも当てましょうね。

現時点で決まっているのはダノンベルーガから買う事。

イクイノックスとピースオブエイトとドウデュースに流すのは決定。

相手をもう1~2頭増やすか増やさずに3着候補を探すのか?

今週はそんな旅に出るかな?

交流戦の前に三連勝出来たのはマンモスうれぴぃ(^^♪

苦手な交流戦を上手く乗り切れれば優勝も見えて来る?

そうなれば良いけどね(^^♪

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞特集
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

中京では土曜メインに3歳馬による葵S(28日、GⅢ、芝1200メートル)が行われる。京都競馬場が改修工事中のため、昨年に続く中京開催だが、今年はGⅢに格付けされて初めての実施となる。昨年は13番人気のレイハリアが優勝し、亀田温心騎手が重賞初制覇。3連単の配当は145万4720円の大波乱となった。今年もさまざまな路線からスピード自慢がそろい、混戦模様を呈している。

23日現在、出走が可能な賞金上位馬ではウインマーベル(美浦・深山雅史厩舎、牡)が福島2歳S、前走の橘Sとオープンを2勝し、同じ舞台の中京2歳Sでも2着に入っており、上位争いが期待できる。函館2歳S2着のカイカノキセキ(栗東・池添学厩舎、牝)、カンナS勝ちのコラリン(美浦・木村哲也厩舎、牝)あたりもチャンスはありそうだ。

抽選対象(賞金900万円、20分の13)の中にも有力馬が多く、まずアネゴハダ(栗東・佐々木晶三厩舎、牝)に注目したい。前走の桜花賞(15着)はいい手応えで直線に向いたが、本質的にマイルは長いのだろう。ラストは止まってしまった。小倉2歳Sフィリーズレビューで3着に好走しており、実績はメンバー上位。強敵にもまれた経験を生かし、久しぶりの適距離で重賞初勝利を決める。

ソウテン(美浦・加藤征弘厩舎、牡)は初のスプリント戦だった前走が強い勝ち方。好位から鋭く伸びて、ラストは流す余裕まであったパフォーマンスだった。父がロードカナロア、母が芝1200メートルで3勝を挙げたミスドバウィ。血統背景から高い短距離適性があることが読み取れる。連勝での重賞Vがあってもおかしくない。

ショウナンマッハ(栗東・茶木大樹厩舎、牡)はダッシュ力なら世代屈指だ。前走のマーガレットSでは、外枠から先手を奪うと、しぶとく粘って2着。勝ち馬はのちのニュージーランドT優勝馬ジャングロでレースレベルも高かった。3カ月ぶりだが、状態は良好。22日の追い切りでは栗東CWコースで6ハロン80秒0(ラスト11秒8)の自己ベストをマークした。単騎逃げになるような展開になれば侮れない。

ウインモナーク(美浦・奥平雅士厩舎、牡)は芝1200メートルで2戦2勝。前走の雪うさぎ賞は中団から鋭く伸びて1馬身3/4の着差以上に強さを感じる内容だった。マイルでも上位と差のない競馬を続けてきたが、スプリントが最も合う舞台で注意が必要だろう。

テイエムスパーダ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牝)のフィリーズレビュー(13着)は3ハロン通過33秒5のハイペースについていったもので仕方ない。得意の1200メートルに戻って、マイペースで運べるようなら巻き返しても不思議はない。

7戦して着外が1回だけと安定感が光るシゲルファンノユメ(美浦・伊藤圭三厩舎、牡)、ファルコンS3着の実績があるオタルエバー(栗東・中竹和也厩舎、牡)などにもマークが必要だ。

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 125ビュー

おはよ~♪

5月24日ですね!

昨日は週明けの月曜日から色々ドタバタ致しまして・・・、

結局、自分の仕事は何にも出来ず振り回されただけで

仕事は溜まるわストレスは溜まるわで貯まらないのはお金だけ。

疲れも溜まって正直たまりません。

と言う訳で日本ダービーはプラダリアの取捨を考えて行きましょ!

なので目黒記念は今のところ・・・、

アリストテレス
ディアマンミノル
パラダイスリーフ
ベスビアナイト
ボッケリーニ
マカオンドール
シルヴァーソニック
フライライクバード

かな?

会社行きたくなーい😭

5月23日(月) 05:58 しんすけ50さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念①
閲覧 177ビュー

おはよ~♪

5月23日ですね!

昨日は東京最終当ててタコ助だけは回避。

だけどすっきりしませんなぁ~。

特にGIは。

優秀牝馬もスタニングローズと本命迷った挙句、プレサージュリフトで玉砕。

上手くやってればNHKマイルカップ・ヴィクトリアマイル・優駿牝馬と

ホップステップジャンプの三連勝も出来たのにね、詰めが甘々。

なので東京優駿は是が非でも当てましょうね。

現時点で決まっているのはダノンベルーガから買う事。

イクイノックスとピースオブエイトとドウデュースに流すのは決定。

相手をもう1~2頭増やすか増やさずに3着候補を探すのか?

今週はそんな旅に出るかな?

交流戦の前に三連勝出来たのはマンモスうれぴぃ(^^♪

苦手な交流戦を上手く乗り切れれば優勝も見えて来る?

そうなれば良いけどね(^^♪

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 5月28日(
  • 5月29日(
1回新潟7日目 2回東京11日目 3回中京7日目
9

ゆきつばき賞

3歳1勝クラス 芝1200m

9

富嶽賞

4歳以上2勝クラス ダ1400m

9

御在所特別

4歳以上2勝クラス 芝2000m

10

荒川峡特別

4歳以上1勝クラス 芝2400m

10

葉山特別

4歳以上2勝クラス 芝1600m

10

伊勢ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1900m

11

五泉特別

4歳以上2勝クラス ダ1800m

11

欅ステークス

4歳以上オープン ダ1400m

11

葵ステークス G3

3歳オープン 芝1200m

1回新潟8日目 2回東京12日目 3回中京8日目
8

青嵐賞

4歳以上2勝クラス 芝2400m

9

石打特別

4歳以上1勝クラス 芝2000m

9

薫風ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1600m

9

香嵐渓特別

4歳以上2勝クラス ダ1900m

10

清津峡特別

4歳以上2勝クラス 芝1200m

10

むらさき賞

4歳以上3勝クラス 芝1800m

10

安土城ステークス L

4歳以上オープン 芝1400m

11

三国特別

4歳以上1勝クラス 芝1600m

11

東京優駿 G1

3歳オープン 芝2400m

11

白百合ステークス L

3歳オープン 芝2000m

12

目黒記念 G2

4歳以上オープン 芝2500m

12

朱雀ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1200m

先週の競馬:注目レース

  • 優駿牝馬 G1
    5/22(
  • 平安S G3
    5/21(
  • 出馬表
  • 重賞特集
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★“競馬の祭典”第89回日本ダービー 3歳馬7522頭の頂点を目指し、22頭が登録

5月29日、東京競馬場では3歳馬の頂上決戦・第89回日本ダービーが実施される。2019年に生産されたサラブレッドは7522頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)だが、そのうち一生に一度の大舞台であるダービーに出走することができるのはわずか18頭だ。今年のダービーには重賞ウイナー15頭を含む22頭が登録しているが、3歳馬7522頭の頂点に立つのはどの馬だろうか。注目のスタートは15:40。

★史上25頭目の皐月賞&ダービー制覇なるか ドレフォン産駒の皐月賞馬ジオグリフ

皐月賞ジオグリフ(牡、美浦・木村哲也厩舎)は、今年の3歳世代7522頭のうち、唯一“三冠馬“になる資格を有している。同馬は昨年産駒がデビューした新種牡馬ドレフォンの産駒で、昨年の札幌2歳Sでは同産駒初のJRA重賞勝利、皐月賞では同産駒初のJRA・GI勝利を挙げた。新種牡馬産駒がダービーを勝てば2009年ロジユニヴァース(父ネオニニヴァース)以来13年ぶりで、皐月賞&ダービーの“2冠”制覇となれば2020年コントレイル以来2年ぶりとなるが、史上25頭目の皐月賞&ダービー制覇を遂げることができるかどうか。

★史上初のダービー3連覇に挑む福永祐一騎手 2冠制覇を目指すジオグリフに騎乗予定

“2冠”制覇を目指す皐月賞馬ジオグリフ(牡、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗予定の福永祐一騎手が、ダービー3連覇の偉業に挑む。同騎手は2018年、ワグネリアンに騎乗して19回目の挑戦でダービー初勝利を挙げると、2020年にコントレイル、昨年はシャフリヤールをダービー馬へと導き、史上3人目のダービー連覇を遂げた。同一クラシック競走の3連覇は1958~60年の皐月賞を制した渡辺正人元騎手、1972~74年のオークスを制した嶋田功元騎手の2人が記録しているが、福永騎手は史上初のダービー3連覇を成し遂げることができるかどうか。なお、ジオグリフは、昨年のダービー優勝馬主(有)サンデーレーシングの所有馬で、同馬主には2011・12年に続く2度目のダービー連覇および歴代単独トップのダービー5勝目がかかる(※5月23日現在では抽選対象だが、同馬主の所有馬はコマンドライン(牡、美浦・国枝栄厩舎)も登録している)。

★ダービーで父の雪辱を果たすことかできるか 皐月賞2着のキタサンブラック産駒イクイノックス

皐月賞2着のイクイノックス(牡、美浦・木村哲也厩舎)は、JRA・GI7勝を挙げたキタサンブラックの初年度産駒だ。キタサンブラックは2015年の菊花賞馬だが、皐月賞では3着、ダービーでは14着に敗れている。イクイノックス皐月賞が今年初戦で、ダービーは年明け2戦目となるが、父の雪辱を果たし、ダービー馬の称号を得ることができるかどうか。同馬には昨年8月の新馬戦からすべてのレースで手綱をとっているC・ルメール騎手が引き続き騎乗する予定。なお、皐月賞2着馬がダービーを勝てば2016年マカヒキ以来6年ぶり12頭目となる。

木村哲也調教師は皐月賞1・2着馬を登録 騎手&調教師でのV狙う安田隆行調教師にも注目

ダービー初制覇を目指す木村哲也調教師(美浦)は、皐月賞馬ジオグリフ(牡)、同2着のイクイノックス(牡)の2頭を登録している。同調教師は皐月賞でレース史上4回目のワンツーフィニッシュを決めたが、ダービーでも1・2着を独占することができるかどうか。ダービーで同一調教師の管理馬がワンツーフィニッシュを決めれば、1967年の藤本冨良元調教師以来55年ぶり5回目となる。なお、今年のダービーには昆貢調教師(栗東)もマテンロウオリオン(牡)、マテンロウレオ(牡)の2頭を登録している。また、イクイノックスがダービーを勝てば、木村調教師は2019年の角居勝彦元調教師(皐月賞=サートゥルナーリア、ダービー=ロジャーバローズ)以来史上2人目の“異なる馬での同一年皐月賞&ダービー制覇”となる。

また、デシエルトを登録している安田隆行調教師(栗東)は、騎手時代の1991年にトウカイテイオーとのコンビでダービーを制しており、騎手・調教師双方でのダービー制覇がかかる。安田隆行調教師は開業28年目にしてダービー初挑戦となるが、騎手時代に続いてダービーのタイトルを手にすることができるかどうか。

★歴代最多のダービー5勝を挙げる武豊騎手 皐月賞3着のドウデュースに騎乗予定

歴代最多のダービー5勝を挙げている武豊騎手は、皐月賞3着のドウデュース(牡、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗する予定だ。同騎手はダービーの騎乗回数も歴代最多で、今回が通算33回目のダービー騎乗となるが、2013年のキズナ以来、9年ぶり6回目のダービー制覇を遂げることができるかどうか。なお、今年のダービーは「第89回」だが、過去の“第○9回のダービー”の結果を見ると、皐月賞3着馬は3勝を挙げており、第39回ダービー(1972年)では、武豊騎手の父・武邦彦元騎手が騎乗した皐月賞3着馬ロングエースが勝利を挙げている。

共同通信杯で“後の皐月賞馬”ジオグリフを破ってV 皐月賞4着から巻き返し狙うダノンベルーガ

ダノンベルーガ(牡、美浦・堀宣行厩舎)は、昨年11月の新馬戦を勝ち、続く共同通信杯では、次走で皐月賞を勝つジオグリフを破って重賞初制覇を遂げた。ダノンベルーガは皐月賞では4着に敗れ初黒星を喫したが、ダービーで前走の雪辱を果たすことができるかどうか。Vなら、皐月賞4着馬の勝利は2014年ワンアンドオンリ一以来8年ぶり3頭目となり、同馬に騎乗予定の川田将雅騎手は2016年マカヒキ以来、管理する堀宣行調教師は2015年ドゥラメンテ以来の勝利でそれぞれ2度目のダービー制覇となる。なお、皐月賞で初黒星を喫した馬は、過去10年では2016年マカヒキ、2017年レイデオロがダービー制覇を遂げている。

★史上12頭目の無敗でのダービー制覇なるか 3戦3勝の毎日杯勝ち馬ピースオブエイト

ピースオプエイト(牡、栗東・奥村豊厩舎)は、新馬戦1着→アルメリア賞1着→毎日杯1着とデビューから3連勝でダービーに駒を進めてきた。昨年のダービー馬シャフリヤール毎日杯1着からダービーに直行して勝利を挙げたが、同じローテーションで挑むピースオプエイトはデビューから4連勝で3歳馬の頂点に立つことができるかどうか。同馬には前走に続いて藤岡佑介騎手が騎乗する予定。なお、デビューから無敗でダービーを勝てば、2020年コントレイル以来2年ぶり12頭目となる。

★ダービー最多勝のディープインパクト産駒 5連覇かかかる今年は6頭が登録

歴代最多のダービー7勝を記録しているディープインパクト産駒は、アスクビクターモア(牡、美浦・田村康仁厩舎)、キラーアビリティ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)、コマンドライン(牡、美浦・国枝栄厩舎)、ジャスティンパレス(牡、栗東・杉山晴紀厩舎)、プラダリア(牡、栗東・池添学厩舎)、ロードレゼル(牡、栗東・中内田充正厩舎)の6頭が登録している(※コマンドラインは5月24日現在、抽選対象)。同産駒は2018年ワグネリアン、2019年ロジャーバローズ、2020年コントレイル、2021年シャフリヤールと4年連続でダービーを制しているが、今年も勝利を挙げることができるかどうか。なお、同一種牡馬の産駒が同一クラシック競走を5連覇すれば史上初のこととなる。ちなみに、クラシックに限らない同一JRA・GI競走の最多連勝記録はサンデーサイレンス産駒のマイルCS5年連続勝利(2003~07年)で、“ディープ”産駒が今年のダービーを勝てばこの記録に並ぶ。

また、京都新闇杯を制したアスクワイルドモア(牡、栗東・藤原英昭厩舎)の祖父は2005年のダービー馬ディープインパクト、父は2013年のダービー馬キズナで、日本ダービー史上初の親子3代制覇がかかる。キズナ産駒は初年度産駒から3年連続のダービー参戦となるが、同レース初勝利を挙げることができるかどうか。

★2年連続ダービー挑戦となる“池添兄弟”コンビ “青葉賞組”初の勝利を目指すプラダリアで参戦

青葉賞勝ち馬プラダリア(牡、栗東・池添学厩舎)には、池添学調教師の兄・池添謙一騎手が騎乗する予定だ。“池添兄弟”のコンビは昨年のダービーにヴィクティファルスで挑み14着となったが、トライアルの青葉賞を制したプラダリアで挑む今年はどのような結果になるだろうか。Vなら、池添謙一騎手は2011年オルフェーヴル以来11年ぶり2回目のダービー制覇、池添学調教師はJRA・GI初制覇となる。

なお、青葉賞はダービーと同じ東京・芝2400メートルで実施されるトライアル競走だが、同レースに出走してダービーを勝った例は1度もない。今年は同レース勝ち馬のプラダリアと、2着のロードレゼル(牡、栗東・中内田充正厩舎)が出走する予定だが、“青葉賞組”初のダービー制覇を遂げることができるかどうか。

★史上3位の年少ダービージョッキー誕生なるか 21歳・菅原明良騎手はオニャンコポンに騎乗予定

皐月賞6着のオニャンコポン(牡、美浦・小島茂之厩舎)には、デビュー以来すべてのレースで菅原明良騎手が騎乗しており、今年1月には京成杯を制している。菅原明良騎手は昨年、JRA競走で75勝を挙げて自己最高のリーディング11位となり、JRA重賞初勝利、JRA・GI初騎乗も果たすなど大きな飛躍を遂げた。菅原明良騎手は今回がダービー初騎乗となるが、JRA・GI初勝利をダービーという大舞台で挙げることができるかどうか。

なお、同騎手のレース当日の年齢は21歳2力月18日で、Vなら、ダービー史上3位の年少優勝となる。なお、オニャンコポンは2010年のダービー馬エイシンフラッシュの産駒で、同産駒初のJRA・GI制覇がかかる。エイシンフラッシュは2010年に京成杯1着→皐月賞3着→ダービー1着という成績を残したが、オニャンコポン京成杯に続きダービーで、親子制覇を遂げることができるかどうか。

★横山親子3人&岩田親子が揃ってダービー参戦 横山和生騎手、岩田望来騎手はダービー初騎乗

今年のダービーでは、横山典弘騎手(父)がマテンロウオリオン(牡、栗東・昆貢厩舎)、横山和生騎手(兄)がマテンロウレオ(牡、栗東・昆貢厩舎)、横山武史騎手(弟)がキラーアビリティ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)に騎乗予定だ。昨年は同親子3人にとるJRA・GIでの対決が3回あり、いずれも横山武史騎手が最先着だったが、今年初のJRA・GIでの対決となったNHKマイルCではマテンロウオリオンに騎乗した横山典弘騎手が2着に入り最先着となった。果たして、今回の横山親子3人の対決はどのような結果になるだろうか。

また、今年のダービーには「岩田康誠騎手(父)=岩田望来騎手(子)」親子も揃って参戦する予定で、岩田康誠騎手はデシエルト(牡、栗東・安田隆行厩舎)、岩田望来騎手はアスクワイルドモア(牡、栗東・藤原英昭厩舎)に騎乗予定だ。横山典弘騎手(2009、2014年)、岩田康誠騎手(2012年)はダービーで優勝経験があり、横山和生騎手、横山武史騎手、岩田望来騎手には親子制覇がかかるが、父に続いて“ダービージョッキー”の称号を得ることができるかどうか。なお、横山和生騎手、岩田望来騎手は今回がダービー初騎乗となる。




【日本ダービー プレビュートーク】ダノンベルーガ府中で逆襲 2歳王者復権ドウデュース 5月24日(火) 10:06

村瀬 オークスで大王が決めてくれました。◎スターズオンアースは見事。ボクの◎サークルオブライフは発走を待たされた分、イレ込んでアウトでした。

南 ワシの◎アートハウスは経験不足やろか。陣営が口にしとった〝バランスの悪さ〟が出た感じやな。

村瀬 でも観客が戻って以前の盛り上がりが戻ってきたのは喜ばしいこと。そして、いよいよ大一番です。

南 関東馬が元気なのは百も承知。それでも皐月賞に続いて◎ドウデュースで行く手は十分と思っとる。

村瀬 前走はあそこまで後ろからとは思いませんでした。それでも直線ではすごい脚。2000メートルでもあれだけ切れるって分かったのは収穫でしょうね。

南 武豊Jは「もともといい馬だったが、キャリアを積むごとに強くなってきている。メンタル、フィジカルともに高いレベルにあって、折り合いも問題ない。府中でも強い勝ち方(アイビーS)をしているし、左回りはいいと思う」ゆうて自身、6度目の制覇へ気合が入っとるで。

村瀬 今年はファンも記者も皐月賞で本命を打った馬をダービーでも買いそうなムード。負けた馬たちにはそれぞれ明確な敗因があって、〝次こそは〟と思わせましたからね。ボクは◎ダノンベルーガでいきますよ。

南 前走はずっと馬場の悪いインを走らされとったしな。東京ならという気はする。

村瀬 ええ。有力馬のジョッキーたちに外から続々と蓋をされてましたね。それだけこの馬が強いという認識があったのかもしれません。東京なら走るコースは選び放題。馬自身も絶対に左回りがいいですしね。

南 1週前は川田Jが乗りに行っとったな。

村瀬 ものすごい動きでしたよ。陣営は皐月賞のときに「仕上がってしまった」って言ってましたけど、当時より数段上に見えました。

南 そやけど1番人気はイクイノックスちゃうの。

村瀬 おそらく。前走は直線でいったんライバルを突き放そうかというシーン。ややモタれていたあたりは久々なのか右回りなのか分からないですけど、今度は上積みしかないでしょうしね。

南 で、同厩のジオグリフが続く形か。皐月賞馬ゆうても5番人気やったし、距離がどうか。

村瀬 ドレフォン産駒ですが、母アロマティコは長いところでも走りましたからね。意外ともつんじゃないかな。

南 マテンロウオリオンNHKマイルCで惜しい2着。昆厩舎でこのローテゆうたら2008年の勝ち馬ディープスカイを思い出す。昆師は「丈夫な馬だし、使った上積みさえあれば大丈夫」と。中2週やし、強い追い切りは必要ない。

村瀬 NHKマイルでは◎だったんでシビれました。で、青葉賞を勝ったのがプラダリア。〝池添兄弟〟ですね。

南 弟の学師は「勝ったことで一段上がった気がする」ゆうて手応えあり。ただ、皐月賞の上位組撃破となるとどうやろな。アスクワイルドモア京都新聞杯をレコード勝ち。藤原師にとってはシャフリヤールからの連覇がかかる。

村瀬 結構タフな競馬に見えたんで、中2週がどう出るかでしょう。

南 デシエルト陣営からは早々に〝逃げ宣言〟が出た。「前走はゲートがすべて。五分に出てマイペースならあんなことはない」と安田隆師。

村瀬 アスクビクターモアビーアストニッシドピースオブエイトあたりとどう兼ね合いをつけるか、かな。

南 ま、ダービーを当てるのと外すのとでは天と地の差やし、気を引き締めていこか。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日本ダービー】レース展望 5月23日(月) 14:10

いよいよ今週末は東京競馬場で日曜メインに〝競馬の祭典〟日本ダービー(29日、GⅠ、芝2400メートル)が行われる。世代7522頭の中からわずか18頭しか足を踏み入れることのできない夢舞台。誉れ高き〝ダービー馬〟の称号を得るべく、激戦必至の牡馬クラシック第2ラウンドが始まる。

皐月賞ジオグリフ(美浦・木村哲也厩舎、牡)は史上25頭目の牡馬春2冠が懸かる。新馬、札幌2歳Sと連勝後、朝日杯フューチュリティSでは5着に敗れたが、年明け初戦の共同通信杯で2着に好走。皐月賞では好位から鋭く伸びて1冠目を制した。木村調教師は「より長い方がいいという感じはしないけど、距離はこなせるフォームなので問題ない」と評価。皐月賞で初コンビながら巧みな騎乗で勝利に導いた福永騎手は、史上初のダービー3連覇に挑む。大舞台の勝ち方を理解している鞍上がどのようにレースを運ぶのか注目だ。

最大のライバルと目されるのが僚馬イクイノックス(牡)。新馬勝ち後、東京スポーツ杯2歳Sを上がり3ハロン最速32秒9の豪脚で楽勝すると、中147日という異例のローテーションで皐月賞へ参戦。大外枠から好位につけ、残り100メートル過ぎで抜け出したが、最後にかわされて2着に惜敗した。それでも、跳びの大きなフットワークで広い東京コースに替わるのは明らかにプラス。父キタサンブラックという血統面からも、距離延長は全く問題ないだろう。オークスを制したばかりのクリストフ・ルメール騎手も「アビリティー(能力)は絶対にある。ビッグチャンスです」と自信満々だ。

昨年の最優秀2歳牡馬ドウデュース(栗東・友道康夫、牡)も黙ってはいない。デビュー3連勝で朝日杯FSを制覇。その後は弥生賞ディープインパクト記念で2着に敗れ、前走の皐月賞も後方から大外を回って上がり最速の脚を繰り出すも3着に敗れた。ただ、結果的には位置取りの差が響いた印象で、まだ勝負付けが済んだわけではない。武豊騎手は「2400メートルはいけるなという手応えがある」と距離延長に不安はない。歴代最多のダービー5勝を誇るレジェンドがどんな騎乗を見せるか、興味深い。

ダノンベルーガ(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、わずか2戦目の共同通信杯でのちの皐月賞ジオグリフを並ぶ間もなく差し切る衝撃の勝ちっぷりを見せ、一気にダービー候補へと名を連ねた。皐月賞は外有利の馬場の中、最内枠で終始荒れた内めを走らされたことを考慮すると、4着は十分評価できる。19日の1週前追い切りでは、栗東のウッドコースで単走。直線一杯に追われて6ハロン77秒9、ラスト1ハロン11秒0と超抜の動きを見せており、大一番に向けて究極の仕上げといえる。ベスト舞台の東京競馬場で、リーディングジョッキー・川田将雅騎手を背に栄冠を勝ち取る。

漫画「進撃の巨人」のキャラクターと同名で話題を集めるオニャンコポン(美浦・小島茂之厩舎、牡)は、決して人気先行ではない。京成杯を制すると、迎えた皐月賞では1コーナーでゴチャつく不利がありながら、直線では鋭い末脚で0秒4差の6着と善戦した。関東期待のホープ・菅原明良騎手はこれがダービー初騎乗。人馬ともに目覚ましい成長を遂げており、瞬発力が生きる展開になれば上位争いが十分可能だろう。

ピースオブエイト(栗東・奥村豊厩舎、牡)はデビュー3連勝で毎日杯を制覇。昨年はシャフリヤール毎日杯優勝からの直行でダービーを勝っているだけに侮れない存在だ。

昨年のヴィクティファルス(14着)に次ぐ2年連続ダービー挑戦となる〝池添兄弟コンビ〟は青葉賞勝ち馬プラダリア(栗東・池添学厩舎、牡)で参戦。同2着ロードレゼル(栗東・中内田充正厩舎、牡)、京都新聞杯をレコード勝ちしたアスクワイルドモア(栗東・藤原英昭厩舎、牡)、同馬主で皐月賞5着のアスクビクターモア(美浦・田村康仁厩舎、牡)、NHKマイルC2着マテンロウオリオン(栗東・昆貢厩舎、牡)、ホープフルS2着ジャスティンパレス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡)なども上位争いを演じても不思議はない。

[もっと見る]

【オークス 村瀬プレイバック&次は買い】◎サークルオブライフ戦前に消耗 5月23日(月) 09:54

オークスの◎サークルオブライフはスタンド前の発走地点でイラつく姿。サウンドビバーチェの放馬で待たされている間にかなり発汗し、顔つきもピリピリして明らかに平常心を失っている様子だった。〝何とか我慢してくれ〟の願いも空しく、案の定ゲートで出遅れ。結果、レースに参加することなく後方のまま終わってしまった。

阪神に遠征してもこれほどまでイレ込むことはなかっただけに、入場人員の増加、発走遅延の影響がこの馬にはとりわけ響いてしまった印象だ。

レースを盛り上げたのは間違いなくニシノラブウインクの逃げ。馬場の荒れたインで1頭になってしまったが、8着粘走には拍手を贈りたい。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日本ダービー 福永祐一騎手コラム特別版】史上初の日本ダービー3連覇へ 皐月賞馬ジオグリフで2冠目狙う 5月23日(月) 05:00

今年の日本ダービーは、ともに皐月賞を勝ったジオグリフとのコンビで臨みます。昨年12月の香港競馬での落馬負傷で休養したこともあって、なかなかクラシックパートナーが決まりませんでした。そんな中で騎乗依頼をいただいた前走は、すべてがうまくいって最高の結果を得ることができました。

ゲート内の駐立に課題があった中でもいいスタートを切れたのが大きかったですね。ポジションを取りに行ってもコントロールできる。追い切りで得た感触通りの走りができ、勝つためにはここしかないと考えていたポジションを取れました。ジオグリフは弱点が少なく、総合力が高いタイプ。操作性やレースセンスが高く、長く脚を使えます。皐月賞はコーナーで加速していく器用さが求められる舞台で、良さが生きましたね。

その一方で日本ダービーでは、器用さよりも絶対的な能力値、切れ味が求められます。2400メートルになって乗り難しくなる馬ではありませんが、この舞台がベストかどうかは走らせてみないと分かりません。ドレフォン産駒の戦績からも距離が延びていい要素はあまりない中で、どんなパフォーマンスを発揮できるかですね。

タッグを組む木村厩舎とは、いい関係を築けています。きっかけになったのは、2019年のダービー卿CTで初めて騎乗したプリモシーンです。返し馬から左に張る面があって、首の筋肉の柔軟性が左右で違うことを感じました。それを伝えたところ、獣医師の診断で首の左側に張りがあったことが分かり、陣営が修正に取り組んでくれました。その成果もあってスタートは改善。続くヴィクトリアマイルは2着で勝てませんでしたが、その後の中京記念前に栗東トレセンに滞在して調整を行った際には、角馬場での調教中から熱心に話を聞きに来てくれました。

向上心が高いスタッフが集まっていて、確かな技術もあります。皐月賞の追い切り後にはレースプランを伝え、最後の仕上げを託しました。そうして積み重ねてきたものが実を結んだ、プリモシーンでは果たせなかったGⅠ勝利。レース後にスタッフから「達成感が半端ないですね」と声をかけられ、競馬の面白さを共有できたことをうれしく思いました。騎手としていろいろと経験してきて、今は一緒に馬を作り上げていくことにやりがいを感じています。

日本ダービー3連覇という個人の記録にはあまり関心はありません。上位勢は高いレベルで拮抗しています。ジオグリフが勝つための作戦をしっかり考えて、それをレースで実行したいですね。(JRA騎手)

■福永 祐一(ふくなが・ゆういち) 1976(昭和51)年12月9日生まれ、45歳。滋賀県出身。96年に栗東・北橋厩舎所属でデビューし、同年は53勝を挙げ最多勝利新人騎手に。2011、13年にJRAリーディングを獲得。JRA通算2554勝は歴代4位で、重賞はコントレイルでの3冠(20年)などGⅠ34勝を含む159勝。週末の競馬開催日に本紙でコラム「新ユーイチが行く」を連載中。

日本ダービー連覇…福永騎手の前には、武豊騎手(1998年スペシャルウィーク、99年アドマイヤベガ)、四位洋文元騎手(現調教師、2007年ウオッカ、08年ディープスカイ)が日本ダービー連覇を達成。3連覇が懸かった00年の武豊騎手は、皐月賞を制したエアシャカールで臨み、アグネスフライトにハナ差の2着に敗れた。09年の四位元騎手は騎乗馬なしだった。同一クラシック競走3連覇は、渡辺正人元騎手が58~60年皐月賞で、嶋田功元騎手が72~74年オークスで達成している。



◆2冠達成なら史上25頭目…皐月賞日本ダービーの2冠達成となれば、福永騎手が手綱を取った2020年コントレイル以来で史上25頭目になる。また新種牡馬(ドレフォン)産駒でのダービー制覇は、グレード制導入後の1984年以降では09年ネオユニヴァース産駒のロジユニヴァース以来で史上8頭目。




[もっと見る]

【オークス】スターズオンアース末脚一閃! 史上16頭目の牝馬クラシック2冠を達成 5月23日(月) 04:57

復活の名手が、偉大な〝樫の血〟を継承してみせた。3歳牝馬の頂点で輝いたのは桜花賞スターズオンアース。3万人超の観客が見つめる長い直線を大外⑱番枠から優雅に駆け抜け、史上16頭目となる春牝馬2冠のゴールへ飛び込んだ。

「ついに!」。引き揚げてきた検量室前。うれしそうに相棒の肩を叩いてねぎらうルメール騎手の第一声に、こみ上げた思いがあふれ出る。数多のタイトルを獲得している常勝の腕達者が、今年は前日までJRA重賞で21戦未勝利。今週は水曜日の共同記者会見を辞退するなど、背水の構えで初コンビとなるこの一戦に懸けていた。

最高の結果で応えたパートナーは、自身が導いた2009年の仏オークス馬スタセリタを祖母に、そして17年オークスVのソウルスターリングを叔母に持つかけがえのないファミリーだ。「大外枠と聞いたときは僕もちょっと怒ったけど、最初から優しく乗って向こう正面で息が入って、直線は長い脚で伸びてくれた。距離は全然心配なかった。改めてこの家族でオークスを勝つことができると思っていました」。一族での偉業に喜びを爆発させると、表彰台では大観衆に向けて「お待たせしました。お客さんがいないと楽しくないし、来てくれてありがとうございます。来週(日本ダービー)もイクイノックスで頑張ります」とエンジン全開をアピールした。

「大外枠は有利じゃないと思っていましたが、もうルメール騎手に任せていました。桜花賞と同様に落ち着いていたし、リズム良く走れていたので、必ず最後に脚は使ってくれると思った」

見事に2冠へと導いた高柳瑞調教師も晴れやかな笑顔を浮かべる。7番人気の伏兵の立場から一転し、桜花賞馬としての重圧を自然体で乗り切った。「本当にうれしい。ルメール騎手に聞いたら、直線もモタれなかったと言ってました」と悪癖修正の成果にも胸を張った。

今後は夏休みに入り、秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)での3冠取りに挑むことが濃厚。「彼女のポテンシャルはすごく高い。アーモンドアイと同じくらいです」と鞍上がGⅠ9勝の名牝を引き合いに出す女王が、秋もターフを席巻する。(内海裕介)

スターズオンアース 父ドゥラメンテ、母サザンスターズ、母の父スマートストライク。黒鹿毛の牝3歳。美浦・高柳瑞樹厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は㈲社台レースホース。戦績7戦3勝。獲得賞金3億6650万7000円。重賞は2022年GI桜花賞に次いで2勝目。オークスは高柳瑞樹調教師が初勝利。クリストフ・ルメール騎手は17年ソウルスターリング、18年アーモンドアイに次いで3勝目。馬名は「地球上の星」。

【オークス・アラカルト】

◆C・ルメール騎手 2018年(アーモンドアイ)以来で通算3勝目。3勝は武豊福永祐一騎手と並び現役最多。JRA・GⅠは21年マイルCSグランアレグリア)以来で通算41勝目。これで15年から8年連続のJRA・GⅠ勝利となった。重賞は21年チャレンジCソーヴァリアント)以来で通算125勝目。これで11年から12年連続のJRA重賞勝利となった。

ドゥラメンテ産駒 今年出走の3頭が初出走で勝利。JRA・GⅠは天皇賞・春タイトルホルダー)以来の今年3勝目、通算4勝目。重賞も天皇賞・春以来の今年5勝目、通算7勝目。

◆馬主:㈲社台レースホース 17年(ソウルスターリング)以来で通算3勝目。3勝は㈲キャロットファームと並び最多。

◆馬番⑱の勝利 10年(サンテミリオン)以来12年ぶりで通算3回目。⑱番より大きな馬番で勝利したのは1991年(イソノルーブル)の⑳番のみ。

◆初コンビでの勝利 12年の川田将雅騎手(ジェンティルドンナ)以来10年ぶりで通算10回目。異なる騎手での桜花賞&オークス優勝は、52年スウヰイスー(桜花賞=保田隆芳騎手、オークス=八木沢勝美騎手)、12年ジェンティルドンナ桜花賞岩田康誠騎手、オークス=川田将雅騎手)以来3頭目。



オークスの売り上げは197億4730万6000円で前年比112・5%とアップ。今週から制限が緩和され、入場者数は3万552人(うち有料入場2万9780人)で前年比637・7%だった。




[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,367ビュー



ヴィクトリアマイルソダシが好位から力強く抜け出し。最後は後続を2馬身突き放す完勝だった。

東京の芝はBコース替わり1週目。それでも日曜日になると徐々に内の伸びが悪くなってきており、直前の9レースでは距離短縮&外枠のトウシンモンブランが差し切り勝ち。人気のディープ産駒2頭が4~5着に敗れる中波乱決着となった。

ただ、メインレースに関しては隊列が外有利にはならず。中枠のローザノワールが先手、内枠のレシステンシアソダシらが先団を形成したために外から差しに回った組はかなりのロスを被ることになった。内枠が先行、外枠が差し、という馬群の隊列になると、基本的に外枠の差し馬は不利になる。基本的に…と書いたのはもちろん例外もあるためで、わかりやすい例外は先団を形成する逃げ先行勢が力不足で早々に失速するようなケース。

ただヴィクトリアマイルは、レシステンシアソダシも力のある馬。これらの馬が直線も脚を伸ばすと、内枠の馬はそのスペースを利用して加速しやすいし、外枠の馬は流れの中で押し上げるタイミングがなくなってしまう。結果的にせいぜいが中枠の差し馬までしか出番がなく、外枠の差し勢は速い上がりを使っても届かず…という結末になった。

もっとも、勝ったソダシは隊列の利もあったとはいえ完勝。スタートが速くイメージ以上に高速上がり戦にも対応できるので、力が一枚上だった。中距離やダートを使われていたことで少し忘れられていた面もあるが、これで芝のマイルでは4戦無敗、白毛伝説が再び幕を開けた。

オークスは第2のハギノピリナ探しが予想のテーマ

さて、今週末はオークス。昨年は桜花賞ソダシが単勝1.9倍の支持を集めながらも8着に敗れる一方、3着に16番人気のハギノピリナが突っ込んで大波乱となった一戦。最近の東京芝G1は差し馬の台頭が見られるケースが多いが、オークスも同様の傾向が見られる。

もともとオークスは逃げ先行勢が距離不安から失速するケースが多く、馬場問わず差しが届きやすいレース。加えて近年は東京芝の外の伸びが良くなっており、これまで以上にスタミナ差しが炸裂する条件が揃っている。さらにいえば今年は桜花賞が完全な先行イン有利レースだった。つまり、枠順や馬場のメリットが大きかった桜花賞上位馬の大半は距離や馬場変化に不安を抱えている状態なのである。

昨年同様に、ハギノピリナのようなスタミナ型の大穴馬の台頭があるかもしれない。一見格下と思えるような戦績の馬でも、キッチリとこれまでのレース内容を見直す必要がありそうだ。特に距離不安のない馬や、末脚がしっかりした馬には注意が必要だろう。狙い馬については最後に。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】ワールドバローズ(土曜東京11レース・京王杯スプリングC/4着)

今回は久々の1400mで追走が苦しく、いつも以上に後方の位置取りに。それでも直線はしぶとく脚を伸ばしてあと僅かの4着まで迫り地力を見せた。前走の東京新聞杯でも決して有利とはいえない内枠から7着とまずまずの結果を残しており、重賞でも通用するところまで地力をつけて来ている。今回1400mの流れを経験したことは次走に生きそうだし、改めてベストのマイル戦に戻れば出番だろう。上手く行けばサマーマイルシリーズでの活躍にも期待できそうなので、今から覚えておきたい。

オークス展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。オークスは前述通り、今年は桜花賞とはまったく異なるレースになる可能性が高く波乱の可能性もありそうだ。というわけで、今回はこの馬。

ベルクレスタ吉田隼人騎手)

狙いたいのはベルクレスタ。前走の桜花賞では外枠で流れに乗れず位置を下げ、直線は外に出したが不利もあり伸び切れなかった。それでも枠順や展開を考えればラストは見せ場を作れており、距離延長を控えていることを考えれば悪くない内容だった。追って味があり、今年の世代の中では距離延長は歓迎のタイプ。クイーンCでは差して来て桜花賞馬のスターズオンアースと差のない競馬をしており、能力的にも引けを取らないだろう。直線の末脚比べになれば怖い一頭だ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

5月19日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック オークス2022  
閲覧 1,337ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月22日(日) 東京11R 第83回オークス優駿牝馬)(3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:桜花賞出走馬>(中5週)
スターズオンアース(1着、470kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
この中間もいつも通り南Wでの調整。近走レースで騎手がコロコロ乗り替わっているところは気になるが、追い切りではここ2戦同様に杉原騎手が追い切りに騎乗してスムーズな走りを見せている。左回りのほうが行きたがる感じが少なく、時計も優秀で併せ馬でも先着と調整過程に問題はなさそう。

ウォーターナビレラ(2着、464kg(-14kg))<C>【優先出走馬】
前走はこれまでと違い直前も強めに追ってきて勝負気配があり、馬体重こそ大きく減っていたが太め感はなく仕上がりも良かった。この中間は、1週前に武豊騎手が騎乗して併せ馬で追われるも手応え抜群の併走相手に何とか併入と、動きに関して物足りない印象を受けた。

サークルオブライフ(4着、482kg(+6kg))<B>【優先出走馬】
この中間は日曜日も長めから速い時計を出していて、前走時以上の入念な乗り込み。1週前も南Wで好時計が出ており、久しぶりの関東での競馬で巻き返しに期待がもてる仕上り。

ピンハイ(5着、406kg(-8kg))<B>【優先出走馬】
前走は勝ち馬と同じような位置取りから、直線同じような伸び脚を見せての5着と予想以上に能力は高い。小柄な馬で乗り込み量は少ないが、1週前追い切りでは前半かなり遅いペースで行きたがるところを抑えつつ先着と、仕上がりは良く映る。長く良い脚を使うというよりは切れる脚がある馬で、距離延長での折り合いと終いの脚の使いどころが鍵になりそう。

ベルクレスタ(7着、460kg(-4kg))<A>【収得賞金順(⑦)】
ここ2戦は調教での遅れが多かったが、この中間は2週前、1週前と好時計で先着。動きを見ても、1週前は内を回ったとはいえ手応えに余裕のある先着で、やっと良い出来に戻ってきた感じ。

ナミュール(10着、426kg(-4kg))<A>【収得賞金順(①)】
この中間も牧場でギリギリまで調整しての帰厩。1週前追い切りでは坂路で抜群の伸び脚を見せていて、出来自体は今回も悪くない。2戦2勝の左回りで巻き返しが期待できそう。

プレサージュリフト(11着、460kg(-4kg))<B>【収得賞金順(③)】
この中間乗り込み量は少ないものの前走時よりも内容良化。1週前追い切りではスッと反応良く伸び、日曜日にも坂路でかなり速い時計を出している。関東での競馬はプラスになる。

ライラック(16着、426kg(+6kg))<D>【収得賞金順(③)】
1週前追い切りでは鞍上の手が激しく動いていたが、持ったままの併走馬に先着できず。走りに力強さもない。




<前走:フローラS出走馬>(中3週)
エリカヴィータ(1着、442kg(+4kg))<B>【優先出走馬】
1週前は南Wで追われる。首が高い走りだが力強さがあり、前走の反動は感じず。

パーソナルハイ(2着、456kg(-2kg))<D>【優先出走馬】
今年に入って3戦と使い詰めできている。この中間は坂路での時計が平凡で、終い伸びきれず。

シンシアウィッシュ(3着、428kg(-4kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄で体重が減り続けている。この中間は軽めの調整となっていて上積みはなさそう。

ルージュエヴァイユ(5着、444kg(-6kg))<B>【収得賞金順(⑧)】
中3週もこの中間も週2本速い時計を出していて調整は順調。ただ走りが硬く、力強さがない。

ホウオウバニラ(7着、416kg(-10kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄な馬が前走でさらに大きく馬体が減ってしまった。軽めの調整となった1週前追い切りでは、伸び脚も甘く映った。




<前走:フラワーC出走馬>(中8週)
スタニングローズ(1着、474kg(-2kg))<A>【収得賞金順(②)】
2歳時は重賞でも好走するも勝ち切れないレースが続いたが、今年に入ってからはキッチリと2連勝。賞金加算に成功し、前走から無理せずここを目標に順調な調整。坂路でも好時計が出ていて、良好な仕上がり。

ニシノラブウインク(2着、462kg(+6kg))<A>【収得賞金順(⑥)】
この中間、南Wで長めから好時計が出ていて前走以上の内容。1週前追い切りでも無理なく終い好時計と上積みが窺える。



<前走:その他のレース出走馬>
アートハウス(忘れな草賞:1着、474kg(+10kg)中5週)<A>【収得賞金順(⑤)】
2走前は乗り込み本数も少なくマイナス体重で馬体も緩かったが、前走時は乗り込み豊富でプラス体重も馬体が締まっていてデキがかなり違った。この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計マークと引き続きデキ良好。大外の内に併せて終いの抜群の伸び脚をアピールした1週前追い切りの動きからは前走以上を窺わせる。

シーグラス(忘れな草賞:6着、412kg(±0kg)中5週)<C>【収得賞金順(⑧)】
この中間は馬なりで軽めの調整。強めに追えないのは、今回は関東圏での競馬ということもあって馬体を減らしたくないところもあるのではないか。1週前追い切りは動き自体は悪くないものだったが。

コントディヴェール(スイートピーS:2着、464kg(-2kg)中2週)<C>【抽選対象馬(1/4頭)】
3戦連続関東圏での競馬で、今回も中2週で輸送を控える。調整は難しそうだが、1週前にしっかりと時計を出しており、タフなところはあるようで調子落ちは思ったほど見受けられなかった。

サウンドビバーチェチューリップ賞:4着、474kg(±0kg)中10週)<B>【収得賞金順(⑧)】
チューリップ賞から間隔が空いた割には乗り込み量は少ない。動きを見ても特に目立つところはないが、キッチリ先着を果たしていて出来自体は上々。この中間は坂路中心からCW中心の調整に変えてきているくらいなので、距離を意識しているところはありそう。

ラブパイロー(ミモザ賞:1着、474kg(+2kg)中7週)<D>【収得賞金順(⑧)】
前走から中7週となるが目立つ時計はなく、1週前の南Wでの追い切りも平凡な時計。

ルージュリナージュ(ミモザ賞:3着、424kg(-6kg)中7週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
前走から間隔が空いたが、小柄な馬で乗り込み量は少なく、この中間は強めの追い切りがない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、スタニングローズアートハウスベルクレスタナミュールニシノラブウインクの5頭をあげておきます。



◇今回はオークス編でした。
時が過ぎていくのは早いもので、エリンコートが勝ったオークスから11年になります。そのとき生後3ヶ月半で初めて競馬場に行った長男も、小学6年生となりますのでそれだけ自分も歳をとったことになります。当時、競馬場の馬主席に招待してくださった本人が所有するエリンコートが勝利し、馬券も大当たりして、口取りにも参加させてもらえて、あの日の『奇跡』はこれだけ時間が過ぎた今でも鮮明に記憶に残っています。そして、その1年前にあの場所でその馬主さんとお話する機会がなければ、予想家くりーくは存在していなかったかもしれません。現在はコロナで自由に行動できませんしリモートで済んでしまうことも多くありますが、行動してその場所に行って目の前で会話することで得るものは計り知れません。ですので、これからもできる限り動き回って、いろんな場所に現れたいと思っています。



オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

5月18日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月18日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(306)
閲覧 1,479ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、平安ステークス・メイステークス・鳳雛ステークス・韋駄天ステークス・オークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年05月21日(土) 中京11R 平安ステークス
【調教師の所属別成績(2014年以降)】
●美浦 [0-0-0-26](3着内率0.0%)
●栗東 [8-8-8-75](3着内率24.2%)
→美浦所属調教師の管理する“関東馬”は不振。さらに、出走数が29戦以上の馬も2014年以降[0-1-1-34](3着内率5.6%)とあまり上位に食い込めていません。


▼2022年05月21日(土) 東京11R メイステークス
【出走数別成績(2016年以降)】
●19戦以内 [6-2-5-24](3着内率35.1%)
●20戦以上 [0-4-1-41](3着内率10.9%)
→キャリア19戦以内の馬は比較的堅実。一方、出走数が20戦以上、かつ前走の着順が6着以下だった馬は2016年以降[0-0-1-33](3着内率2.9%)と苦戦していました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京芝1800m×ハーツクライ×4~8枠
→3着内率43.5%、複勝回収率116%


▼2022年05月22日(日) 中京10R 鳳雛ステークス

[もっと見る]

5月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月15日号】特選重賞データ分析編(306)~2022年オークス
閲覧 1,998ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 優駿牝馬オークス) 2022年05月22日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2018年以降)】
○5戦以内 [3-4-3-35](3着内率22.2%)
×6戦以上 [1-0-1-24](3着内率7.7%)

 キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物。出走数が6戦以上の馬は、2014年以降まで集計対象を広げても[1-0-2-60](3着内率4.8%)でした。今年はこの条件に引っ掛かっている実績馬が多いので、該当馬をどう扱うかが最大のポイントかもしれません。

主な「○」該当馬→エリカヴィータナミュールピンハイ
主な「×」該当馬→ウォーターナビレラサークルオブライフスターズオンアース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「前走の馬体重が450kg未満」だった馬は2018年以降[0-1-1-24](3着内率7.7%)
主な該当馬→エリカヴィータナミュールピンハイ

[もっと見る]

4月29日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】成長力溢れるリオンディーズ産駒/天皇賞(春)展望
閲覧 1,757ビュー

フローラSは内枠を生かしてラチ沿いを追走したエリカヴィータが、直線もインを捌いて抜け出して勝利。人気を集めたルージュスティリアは最下位という結果に終わった。

もっとも、勝ったエリカヴィータは枠順などに恵まれた面も大きい。2着に逃げたパーソナルハイ、3着に2番手追走のシンシアウィッシュ、4着にもイン追走のマイシンフォニーが入り、開幕週らしい逃げ先行&イン有利の決着となった。

そもそも今年のフローラSはメンバー自体がやや低調で、エリカヴィータは1勝馬でまだ条件戦にも出られる立場。それ以外の出走馬も大半が条件クラスで、オークスに繋がるかはかなり疑問の残るところ。今年は桜花賞組に関しても上位勢の適性が怪しいのでで、フローラSを終えてオークス戦線はますます混沌とした状況になって来た。

~年齢を重ねるごとに成績が上がるリオンディーズ産駒

さて、先週もう一つ気になったのは土曜の福島牝馬ステークス。勝ったアナザーリリックリオンディーズ産駒。リオンディーズは2015年の朝日杯FS勝ち馬。その後は勝利を挙げられずに故障で早期引退をしてしまったが、産駒は今年に入ってこれまで以上に活躍が目立つようになっている。現時点での代表産駒の一頭、テーオーロイヤル天皇賞(春)でも印を集めそうな位置にいる馬だし、前述のアナザーリリック、先週の晩春Sでは6着に敗れたが、それまでは年明けから4戦して2勝2着2回とオール連対のショウナンアレスなど、初年度産駒が4歳になり地力とつけて来ている。

そこで気になって調べてみると、やはりリオンディーズ産駒は年齢とともに成績が上がることがわかる。

リオンディーズ産駒の年齢別成績(データの数字は先週末終了時点)

2歳 勝率 7.8%
3歳 勝率 9.3%
4歳 勝率 16.2%

ご覧の通り、年齢を経るごとに明らかに成績の向上が見られる。初年度産駒は今4歳。リオンディーズ自身、現役時代は志半ばの引退となってしまったが、これから種牡馬として花開くかもしれない。馬券的にも妙味があるので、上手く手の内に入れて成長のサインを見極めたい。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】ルビーカサブランカ(土曜福島11レース・福島牝馬S/5着)

小回り1800mは絶望的に合わないと思うのだが、なぜか連続して使われるという少々かわいそうな状況。今回も適性がない舞台を使われた分の敗戦で、騎手や馬の能力の問題ではない。恐らくこの後はマーメイドSあたりでは? いずれにしても2000m以上への延長なら即巻き返し可能。

天皇賞(春)展望

さて、今週末から再びG1が続く。まずは天皇賞(春)。今年も阪神が舞台となる。例によって注目馬を一頭挙げて締めたい。

ヒートオンビート池添謙一騎手)

ディープボンドタイトルホルダーは当然有力だが、それでは面白くないので、伏兵勢の中からヒートオンビートを推奨したい。ヒートオンビートは前走の日経賞で3着と健闘。逃げ&インが有利な流れだったが、上位勢の中では多少ロスがありながらの好走は評価できる。もともと未勝利を勝ち上がってからはほぼ崩れ知らずで、大きな不利があった2020年の西宮Sと大外枠から先行する形で流れに乗れなかった京都大賞典以外は馬券圏内を外していない。大一番での決め打ちが怖い池添騎手が騎乗する今回、上手く道中ロスなく立ち回れればチャンスがあって良い。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 52ビュー

皆さん、こんにちは🙂

三度の飯より競馬が好きな ぢ~もみブラック だす。
いつも応援、痛み入ります。


余談やけど今村聖奈騎手の話し。
JRA新人女性騎手、年間最多勝記録の更新おめでとう。
新潟リーディングトップタイも合わさって、ホンマにめでたい。
コレから湿気や暑さとも戦わなアカンから、体調管理もシッカリして頑張って欲しい😄


「日曜メイン予想の振り返りは、毎週火曜am10:30更新予定」


5/22(日)
振り返り「当てたらエエねん!」

【オークスG1】
東京11R
◎18番1着
バックストレッチで中段に付けてた時点で、圏内は確信出来たな。「フワァ~」っとした1角の入り方やポジション取り、「気合い入れるんは最後の最後だけでエエねんで」って感じの騎乗とか。流石の一言やったわぁ。あまり持ち上げたくは無いんやが、たまにはエエか。桜花賞で勝ち方を覚えてから、完全に馬が変わったねぇ。直線で前をカットされた時も、余裕で進路確保してたもんなぁ。馬に力が無いと出来んことやわ。今回は騎手も馬も素晴らしかったでぇ! これで、ルメール騎手も重賞制覇やし、めでたい😄



土日メイン共に横綱相撲やったなぁ。まぁ競馬やねんけど😅

5月24日(火) 09:30 あ・うんさん
2022年、日本ダービー
閲覧 214ビュー

オークスは桜花賞馬が勝ちました。
やはり、
日本ダービーも皐月賞の上位入賞馬が強いのでしょう。

思い出すのは「サニーブライアン」。
皐月賞馬でしたが日本ダービーは、人気がなくて、オッズは高し。
いざレースでは、圧巻の逃げ切り勝ちでした。
皐月賞馬は底力があるのだなと1つのマイルールに追加。

自分の記憶の中での例外的なダービー馬は「キングカメハメハ」。
きさらぎ賞から3着以内に入着する馬が出るとのジンクスも一時
あり、「リーチザクラウン」が該当馬だったか、怪しい記憶。

2022年の日本ダービー、こういう記憶がよみがえったので、
皐月賞馬から入りたいと思う。
あと1頭はNHkマイルの覇者を加えて、全体の予想を組立たい。

[もっと見る]

5月24日(火) 05:42 軸うまおやじさん
【きょうは何の日?】 1987年5月24日 【1987  G1 優駿牝馬...
閲覧 39ビュー

【きょうは何の日?】 1987年5月24日 【1987  G1 優駿牝馬オークス】 【マックスビューティ】


競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
-----------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------



~軸うまおやじからのお願い~

馬券の購入は20歳になってからです。20歳未満の方は競馬法第28条により勝馬投票券の購入および譲り受けることはできませんのでご注意ください。
(JRAホームページより一部引用)
はじめまして、こんにちは。『軸うまおやじ』です。

1987年5月24日 は【1987 GⅠ 優駿牝馬オークス】 で【マックスビューティ】が勝利した日です。
今から35年前に【1987 GⅠ 桜花賞】での見事な勝利につづき約1カ月半後のこの【1987 GⅠ 優駿牝馬オークス】に挑みきた【マックスビューティ】は当時最強牝馬とまで言われていました。


当時、今では考えられないフルゲート24頭立て!さらに馬場もあまり良くない状況の中でのレースでした。
もちろん【マックスビューティ】は1番人気!決して良い馬場とはいえない中、田原騎手との絶妙な相性でライバル達の強いマークにも屈せず人気に応え見事に勝利しました。この名馬の走りは今でも記憶に残っています。
【マックスビューティ】 、競馬ファンとして感動をありがとう。
以上、『軸うまおやじ』の『今日は何の日?』でした。
ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いします。  

-----------------------------------------------------
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
------------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


次回もどうぞよろしくお願いします。     

【軸うまおやじ】
-------------------------------------------

[もっと見る]

5月24日(火) 00:19 へたれ紳士さん
ハズレは必ずしも間違いではない
閲覧 66ビュー

昨日のオークスは仕事でレースが観れなかったのでよくわからないが、遅延によって各馬だいぶ迷惑を被ったようだ。
それが結果にどう影響したかは不明だが一着に桜花賞馬、二着に連勝馬が入ったのだから考え方としては間違えてなかったと思いたい。
というわけでダービーは買って人気にならなさそうな空気のジオグリフで。

[もっと見る]

5月23日(月) 20:58 ★のらくろさん
放馬の原因
閲覧 122ビュー

昨日のオークスでの発送直前の放馬の原因は、
輪乗り中、サウンドビバーチェがラブパイローに
顔面を蹴られたのが発端だったのですね。

映像視聴はこちら
https://twitter.com/kinkinbax/status/1528377727891685376

[もっと見る]

5月23日(月) 19:38 はたと止まるさん
目黒記念
閲覧 89ビュー

1.菅原:モズナガレボシを任された

2.シルヴァーソニック:落馬したのを取り返せそう

3.ヤシャマル:これもいい

4.アリストテレス:武はダービーを勝てたら、アタマではないだろうね

 WINS汐留はGⅠでも席に入場すると、周りが環境いいWINSなので、いいかもしれん

 アンコールプリュの母馬オイスターチケット(牡蠣かよ)もオークスに出てたのを思い出したのは
 この馬券買った後だった
 新潟コースは相性良さそうだったが、1000直が合わなかったかもしれん

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞特集
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

松山騎乗で1番人気のテーオーケインズが好位追走から力強く抜け出して、2馬身半差の快勝。サウジC8着以来となる帰国初戦でJRA重賞3勝目を挙げ、昨年の最優秀ダートホースの力を示した。次は帝王賞(6月29日、大井、JpnⅠ、ダ2000メートル)で連覇を狙う。



海外遠征帰りも、59キロの斤量も関係なかった。テーオーケインズが不安を払拭する圧巻の走りを披露。3月12日に落馬負傷し、復帰後初めての重賞勝利となった松山騎手が目を細めた。

「強かったです。スタートをしっかり出てくれて、自分の思い描いたようなポジションを取ってくれました。手応えも良かったですし、さすがという走りでした」

行き脚がついて道中は好位のインで脚をためた。スムーズに進路を確保して直線に向くと、力強く抜け出して2馬身半差の快勝。最大で3キロ重い斤量を背負いながらも、メンバー最速の上がりもマークし、力の違いを見せつけた。

2月のサウジC8着以来の帰国初戦。この中間はゲート練習や追い切りでもおとなしく、調教でも追い込むことができなかった。それでも、海外遠征を経験して精神的にどっしりとした。高柳大調教師は「落ち着きがいい方に出て、こっちの不安を消してくれました。あの内容ならもう一段階、二段階強くなる」とうなずいた。

史上初の連覇が懸かる帝王賞でも、〝テーオー〟の走りを見せる。(長田良三)




テーオーケインズ 父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、母の父マンハッタンカフェ。栗毛の牡5歳。栗東・高柳大輔厩舎所属。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬。馬主は小笹公也氏。戦績17戦9勝(うち地方3戦1勝、海外1戦0勝)。獲得賞金3億8769万7000円(うち地方7800万円、海外4601万3000円)。重賞は2021年GⅢアンタレスS、JpnI帝王賞、GIチャンピオンズCに次いで4勝目。平安S高柳大輔調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+人名より」。

【平安S】レースを終えて…関係者談話 5月22日() 04:43

◆藤岡康騎手(ケイアイパープル2着)「いつもよりいい手応えで運べました。自分の形に持ち込めばしっかり走ってくれますね。勝ち馬は強かったけど、いい競馬をしてくれました」

◆浜中騎手(メイショウハリオ3着)「返し馬の感じから前回より雰囲気が良かった。展開を考えたらよく来ている」

◆鮫島駿騎手(スマッシングハーツ4着)「せかさないで、自分のリズムで運んで思った競馬はできました。ゆったりのペースでしたが、脚を使ってくれています」

◆松田騎手(スワーヴアラミス5着)「よく頑張ってくれていると思います。年齢の衰えも感じさせず、最後も止まっていませんからね」

◆福永騎手(オーヴェルニュ6着)「ずっとキックバックを嫌がっていた。勝ち馬についていきたかったが、一瞬の脚が違い過ぎた。去年のようにスムーズならと思ったが、精神的なもろさが出ましたね」

[もっと見る]

【平安S】JRA重賞初勝利を狙ったケイアイパープルは2着 藤岡康「自分の形に持ち込めば、しっかりと走ってくれますね」 5月21日() 18:42

5月21日の中京11R・第29回平安ステークス(4歳以上オープン、別定、GIII、ダ1900メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手の1番人気テーオーケインズ(栗東・高柳大輔厩舎、牡5歳)がサウジカップ参戦後、帰国初戦を快勝。昨年度の最優秀ダートホースの実力を見せつけた。タイムは1分57秒0(良)。

交流重賞の佐賀記念を含むオープン3勝を挙げているケイアイパープル。スタートから押して位置を取りに行き、道中はテーオーケインズの外、好位の3番手あたりを追走。最終コーナーから追いどおしとなったものの、直線では一旦抜け出しかけたが、勝ち馬に並ぶ間もなく交わされて2着。JRA重賞初勝利はならなかった。

藤岡康太騎手「いつもよりいい手応えで運べました。自分の形に持ち込めば、しっかりと走ってくれますね。勝ち馬は強かったけど、いい競馬をしてくれました」




[もっと見る]

【平安S】メイショウハリオは末脚伸ばすも3着 浜中「展開を考えると、よく詰めています」 5月21日() 18:40

5月21日の中京11R・第29回平安ステークス(4歳以上オープン、別定、GIII、ダ1900メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手の1番人気テーオーケインズ(栗東・高柳大輔厩舎、牡5歳)がサウジカップ参戦後、帰国初戦を快勝。昨年度の最優秀ダートホースの実力を見せつけた。タイムは1分57秒0(良)。

みやこSマーチSとダート中距離重賞を2勝しているメイショウハリオは3番人気の支持を受けた。道中は中団位置につけ、直線で馬場の真ん中から末脚を伸ばしたものの、勝ち馬から0秒8遅れた3着。重賞連勝を果たすことはできなかった。

浜中俊騎手「返し馬の感じから、前回よりも雰囲気が良かったです。展開を考えると、よく詰めています」




[もっと見る]

【平安S】オーヴェルニュは連覇ならず6着 福永「ずっとキックバックの砂を嫌がっていました」 5月21日() 18:38

5月21日の中京11R・第29回平安ステークス(4歳以上オープン、別定、GIII、ダ1900メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手の1番人気テーオーケインズ(栗東・高柳大輔厩舎、牡5歳)がサウジカップ参戦後、帰国初戦を快勝。昨年度の最優秀ダートホースの実力を見せつけた。タイムは1分57秒0(良)。

中京コースでは昨年の同レースを含む【3・1・0・1】と抜群の相性を誇っていたオーヴェルニュは2番人気の評価。終始中団の内めを追走し勝機を窺っていたが、そのままの位置取りから直線でも最内から脚を伸ばしたものの、6馬身差のレコードで圧勝した昨年とは対照的に、上位進出どころか後続馬にも交わされて6着に終わった。

福永祐一騎手「ずっとキックバックの砂を嫌がっていました。勝ち馬についていきたかったけど、一瞬の脚が違いすぎました」




[もっと見る]

【平安S】テーオーケインズが貫録の差し切りで帰国初戦を快勝! 5月21日() 15:58

5月21日の中京11R・第29回平安ステークス(4歳以上オープン、別定、GIII、ダ1900メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、松山弘平騎手の1番人気テーオーケインズ(栗東・高柳大輔厩舎、牡5歳)がサウジカップ参戦後、帰国初戦を快勝。好位追走から直線で先に抜け出したケイアイパープルを軽々捕えると、並ぶ間もなく突き放し、昨年度の最優秀ダートホースの実力を見せつけた。タイムは1分57秒0(良)。

2馬身半差の2着には7番人気ケイアイパープルが入り、さらに2馬身半遅れた3着に中団から末脚を伸ばした3番人気メイショウハリオが入った。なお、連覇を狙った2番人気オーヴェルニュは中団追走から直線で伸びきれず6着に敗れた。

テーオーケインズは、父シニスターミニスター、母マキシムカフェ、母の父マンハッタンカフェという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、馬主は小笹公也氏。通算成績は17戦9勝(うち地方3戦1勝、海外1戦0勝)。重賞は2021年アンタレスS(GIII)、帝王賞(JpnI)、チャンピオンズC(GI)に次いで重賞4勝目。平安S高柳大輔調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。

松山弘平騎手「強かったです。スタートをしっかり出てくれて、自分の思い描いたようなポジションを取ってくれて、上手にレースをしてくれました。手応えも良かったですし、さすがという走りでした。力が上だったなと思いますし、斤量(59キロ)も苦にせず本当に強い競馬でした。帰国して少し落ち着きが出て、馬がたくましくなっていたので、いい方に出るのか、逆に少し気負いが足りないのか、というところはありました。きょうはしっかり(強いところを)証明してくれたので問題ないなと思いましたし、一度使われたことでさらに馬も良くなると思います。前走は結果を出せなかったですけど、帰国して1戦目からしっかり結果を出してくれたことをうれしく思います」

高柳大輔師「ひと安心しました。良かったです。追い切りでもゲートでもおとなしくて不安はありました。調教も追い込めなかったので不安はありました。まして(斤量)59キロでしたからね。あの内容ならもう一段階、二段階強くなる。厩舎にいたときは少し太くて緩いかなと思いましたが、(輸送で)ちょうど良くなりました。ひと叩きしてまた強くなると思います。ゲート練習では1頭でもおとなしく、ゲートの不安はつきまとうので。落ち着きがいい方に出てくれて、こっちの不安を消してくれました」

※次走は帝王賞(6月29日、大井、JpnⅠ、ダ2000メートル)を目標にする。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,479ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、平安ステークス・メイステークス・鳳雛ステークス・韋駄天ステークス・オークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年05月21日(土) 中京11R 平安ステークス
【調教師の所属別成績(2014年以降)】
●美浦 [0-0-0-26](3着内率0.0%)
●栗東 [8-8-8-75](3着内率24.2%)
→美浦所属調教師の管理する“関東馬”は不振。さらに、出走数が29戦以上の馬も2014年以降[0-1-1-34](3着内率5.6%)とあまり上位に食い込めていません。


▼2022年05月21日(土) 東京11R メイステークス
【出走数別成績(2016年以降)】
●19戦以内 [6-2-5-24](3着内率35.1%)
●20戦以上 [0-4-1-41](3着内率10.9%)
→キャリア19戦以内の馬は比較的堅実。一方、出走数が20戦以上、かつ前走の着順が6着以下だった馬は2016年以降[0-0-1-33](3着内率2.9%)と苦戦していました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京芝1800m×ハーツクライ×4~8枠
→3着内率43.5%、複勝回収率116%


▼2022年05月22日(日) 中京10R 鳳雛ステークス

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 33ビュー

2022年05月21日 中京 11R平安ステークス(G3)

◎:6枠 11番 サンダーブリッツ

◯:3枠 6番 ブルベアイリーデ
△:2枠 4番 テーオーケインズ
△:3枠 5番 メイショウハリオ
△:6枠 12番 グレートタイム
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◎
◎ (11)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:3,000円
馬/組番:◯
◯ (6)
3,000円
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:8,000円
馬/組番:◎ー**
1着:◎(11)
相手:◯, △(6, 12, 4, 5)
各1,000円(合計 8,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(11, 6, 12, 4, 5)
各100円(合計 6,000円)



3キロ増をもろともせず、テーオーケインズが圧巻の走りを見せました。サンライズホープとダノンファラオが競るのを見ながら後ろから来る人気各馬を警戒。それでも、直線に向いて余力があるのを確認するとスパートし、2着以下に決定的な差をつける圧勝。先行して上りも一番となれば他の馬は手も足も出ません。本番の帝王賞に向けて他の陣営に白旗を挙げさせるくらいの勝ち方だったと思います。

 2着にはケイアイパープル。好相性の藤岡康騎手に戻ってからは安定して地力強化をしており、今回は相手が悪かったというところでしょう。

 3着はメイショウハリオ。前走遠征で減らした馬体重をしっかり戻しての好走。地元の競馬ならいつでも勝てる力はついてきたと思います。

 所長◎のサンダーブリッツはもう少し前につけたかったです。今は展開の助けは必要ですが、まだ5歳。力をつけて欲しい馬です。

5月23日(月) 10:33 ぢ~もみさん
5/21 振り返り「当てたらエエねん!」
閲覧 56ビュー

皆さん、こんにちは🙂

三度の飯より競馬が好きな ぢ~もみブラック だす。
よろしゅう頼みます。


「土曜メイン予想の振り返りは、毎週月曜am10:30更新予定」


5/21(土)
「当てたらエエねん!」振り返りなど。

【平安ステークス3G】
 中京11R06番→13着
まぁ言うことは無いけど、あの結果はバリバリの想定内やったわな。4角で離されてからは、力無く沈んでたなぁ。距離適正の件もあるけど、完全に実力負けやねぇ。04番の強さが段違いや!と言う証明みたいなレースやったわぁ😅



気付けば「オークス」かぃな。早いもんやねぇ🤗

[もっと見る]

5月23日(月) 10:24 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 40ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京9R・御在所特別(4歳以上2勝クラス牝馬限定芝2000m)
・シンシアリダーリン
前走は今回と同じ中京芝2000mの1勝クラス平場戦を2馬身差で圧勝して昇級してきた。
これで芝2000mは〔2.2.4.4〕だが、中京に限ると〔1.2.3.0〕と着外が皆無となる。
他にも新潟芝2000mで未勝利戦勝ちがある事から典型的に左回り巧者なのが分かる。
引き続き同じ中京なら当然勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・薫風S(4歳以上3勝クラス・ダート1600m)
・クリーンスレイト
前走は今回と同じ府中ダート1600mの立川特別を1馬身1/4差で快勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.36.5は、前日の準オープン立夏Sの1.36.0には及ばなかったが、2着に相当する優秀な時計であった。
これで府中ダート1600mは〔2.1.0.3〕で、この中にはGⅢユニコーンSで5着に好走したのも含む。
この時に6着だったサンライズウルスが立夏Sの勝ち馬だったのと比較すると、時計的にも同馬も準オープンで充分通用するはずなので勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・中京10R・シドニーT
4着ヴェルトハイム

★日曜日・中京10R・鳳雛S
1着ハピ
単勝200円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[19.4.9.13]
勝率・0.422
連対率・0.511
複勝率・0.711

単複回収率(45戰)
単勝・95.3%(4290円)
複勝・89.1%(4010円)
総合・92.2%

《先週の重賞レース◎成績》

★平安S(GⅢ)
1着テーオーケインズ
単勝180円
複勝120円

★オークス(GⅠ)
12着サークルオブライフ

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔10.9.8.29〕
勝率・0.178
連対率・0.339
複勝率・0.482

単複回収率(56戦)
単勝・71.0%(3980円)
複勝・81.7%(4580円)
総合・76.4%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★八海山S
13着スズカキンシャサ

★メイS
1着カレンシュトラウス
単勝320円
複勝140円

★韋駄天S
1着マリアズハート
単勝420円
複勝200円

★大垣S
8着トーセンアラン

成績・[14.5.1.39]
勝率・0.237
連対率・0.322
複勝率・0.338

単複回収率(59戦)
単勝・89.4%(5280円)
複勝・53.7%(3170円)
総合・71.6%

[もっと見る]

5月22日() 19:58 軸うまおやじさん
【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のう...
閲覧 87ビュー

【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のうま!】5/22(日) 新潟【二王子特別】【火打山特別】【韋駄天ステークス】

         
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
-----------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


           ~軸うまおやじからのお願い~

馬券の購入は20歳になってからです。
20歳未満の方は競馬法第28条により勝馬投票券の購入および譲り受けることはできませんのでご注意ください。(JRAホームページより一部引用)

はじめまして。こんにちは『軸うまおやじ』です。


【お知らせ】

今まで長文を投稿してまいりましたが、5/14(土)【京王杯スプリングカップ】からしばらくの間【ズバリ今週のうま!】として軸馬おやじが独自の方法で予想した【馬】のみをお伝えする形とさせていただきます。楽しみにされていた読者の方々へは大変申し訳ございません。
※軸うまおやじの直近の予想結果・実績は以前の投稿をご覧ください。


▼▼直近の軸うまおやじの【重賞のみ】予想結果は次のとおりです!
4/23【福島牝馬ステークス】⇒ ハズレ
4/24【サンケイスポーツ賞フローラステークス】⇒ 1着的中!
4/24【読売マイラーズカップ】⇒1着的中!
4/30【テレビ東京杯青葉賞】⇒ 1着的中!
5/1 【天皇賞(春)】⇒ 2、3着的中!
5/7 【京都新聞杯】 ⇒ ハズレ
5/8 【新潟大賞典】 ⇒ 2着的中!
5/8 【NHKマイルカップ】 ⇒ 1着的中!
5/14 【京王杯スプリングカップ】⇒ 1着的中!
5/15 【ヴィクトリアマイル(GI)】⇒ 13着 はずれ
5/21 【平安ステークス(GⅢ)】⇒1着的中!


5/22 【優駿牝馬オークス(GⅠ)】⇒12着 はずれ
▲▲本日までの結果です。『軸うまおやじ』以前の投稿をご覧ください。

-------------------------------------------------
5/22(日)東京・中京・新潟 
特別レース【重賞含む】【予想全レースの結果】

10レース中 3レース的中
(1着1回・2着0回・3着2回)

------------------------------------------------------
【5/14~5/22 本日まで合計【重賞含む】】

東京・中京・新潟 特別レース【重賞含む】
全38レース中 14レース的中
(1着8回・2着3回・3着3回)
------------------------------------------------------

以前の投稿をご覧下さい。頑張って的中しております!

5/22(日) 新潟【各レースの軸馬【予想結果】です。】

▼▼9R 【二王子特別】   
   3 番  サトノスカイターフ  3着 的中!

▼▼10R【火打山特別】  
   14番  ラナチャンス  12着  はずれ

▼▼11R 【韋駄天ステークス】  
   16番  マリアズハート  1着  的中!

以上、『軸うまおやじ』でした。

ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いします。     

【よろしければ読者登録よろしくお願いします】


-----------------------------------------------------
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
------------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


次回もどうぞよろしくお願いします。     

【軸うまおやじ】
-------------------------------------------

[もっと見る]

5月22日() 19:47 軸うまおやじさん
【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のう...
閲覧 52ビュー

【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のうま!】5/22(日)東京【是政特別】【調布特別】【フリーウェイステークス】【優駿牝馬(GI)】

         
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
-----------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


           ~軸うまおやじからのお願い~

馬券の購入は20歳になってからです。
20歳未満の方は競馬法第28条により勝馬投票券の購入および譲り受けることはできませんのでご注意ください。(JRAホームページより一部引用)

はじめまして。こんにちは『軸うまおやじ』です。


【お知らせ】

今まで長文を投稿してまいりましたが、5/14(土)【京王杯スプリングカップ】からしばらくの間【ズバリ今週のうま!】として軸馬おやじが独自の方法で予想した【馬】のみをお伝えする形とさせていただきます。楽しみにされていた読者の方々へは大変申し訳ございません。
※軸うまおやじの直近の予想結果・実績は以前の投稿をご覧ください。


▼▼直近の軸うまおやじの【重賞のみ】予想結果は次のとおりです!
4/23【福島牝馬ステークス】⇒ ハズレ
4/24【サンケイスポーツ賞フローラステークス】⇒ 1着的中!
4/24【読売マイラーズカップ】⇒1着的中!
4/30【テレビ東京杯青葉賞】⇒ 1着的中!
5/1 【天皇賞(春)】⇒ 2、3着的中!
5/7 【京都新聞杯】 ⇒ ハズレ
5/8 【新潟大賞典】 ⇒ 2着的中!
5/8 【NHKマイルカップ】 ⇒ 1着的中!
5/14 【京王杯スプリングカップ】⇒ 1着的中!
5/15 【ヴィクトリアマイル(GI)】⇒ 13着 はずれ
5/21 【平安ステークス(GⅢ)】⇒1着的中!

5/22 【優駿牝馬オークス(GⅠ)】⇒12着 はずれ
▲▲本日までの結果です。『軸うまおやじ』以前の投稿をご覧ください。

-------------------------------------------------
5/22(日)東京・中京・新潟 
特別レース【重賞含む】【予想全レースの結果】

10レース中 3レース的中
(1着1回・2着0回・3着2回)

------------------------------------------------------
【5/14~5/22 本日まで合計【重賞含む】】

東京・中京・新潟 特別レース【重賞含む】
全38レース中 14レース的中
(1着8回・2着3回・3着3回)
------------------------------------------------------

以前の投稿をご覧下さい。頑張って的中しております!

5/22(日)東京【各レースの軸馬【予想結果】です。】

▼▼8R【是政特別】   
   2番  ローズボウル  7着 はずれ

▼▼9R【調布特別】  
   7番  アンダープロット  4着 はずれ

▼▼10R 【フリーウェイステークス】  
   17番  ブルースピリット  7着  はずれ

▼▼11R 【優駿牝馬 オークス(GI)】  
   6番  サークルオブライフ  12着  はずれ


以上、『軸うまおやじ』でした。

ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いします。     

【よろしければ読者登録よろしくお願いします】

-----------------------------------------------------
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
------------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


次回もどうぞよろしくお願いします。     

【軸うまおやじ】
-------------------------------------------

[もっと見る]

5月22日() 19:30 軸うまおやじさん
【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のう...
閲覧 37ビュー

【予想結果】*軸うまおやじの競馬予想*【ズバリ。今週のうま!】5/22(日)中京【揖斐川特別】【鳳雛ステークス】【大垣ステークス】

         
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
-----------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


           ~軸うまおやじからのお願い~

馬券の購入は20歳になってからです。
20歳未満の方は競馬法第28条により勝馬投票券の購入および譲り受けることはできませんのでご注意ください。(JRAホームページより一部引用)

はじめまして。こんにちは『軸うまおやじ』です。


【お知らせ】

今まで長文を投稿してまいりましたが、5/14(土)【京王杯スプリングカップ】からしばらくの間【ズバリ今週のうま!】として軸馬おやじが独自の方法で予想した【馬】のみをお伝えする形とさせていただきます。楽しみにされていた読者の方々へは大変申し訳ございません。
※軸うまおやじの直近の予想結果・実績は以前の投稿をご覧ください。


▼▼直近の軸うまおやじの【重賞のみ】予想結果は次のとおりです!
4/23【福島牝馬ステークス】⇒ ハズレ
4/24【サンケイスポーツ賞フローラステークス】⇒ 1着的中!
4/24【読売マイラーズカップ】⇒1着的中!
4/30【テレビ東京杯青葉賞】⇒ 1着的中!
5/1 【天皇賞(春)】⇒ 2、3着的中!
5/7 【京都新聞杯】 ⇒ ハズレ
5/8 【新潟大賞典】 ⇒ 2着的中!
5/8 【NHKマイルカップ】 ⇒ 1着的中!
5/14 【京王杯スプリングカップ】⇒ 1着的中!
5/15 【ヴィクトリアマイル(GI)】⇒ 13着 はずれ
5/21 【平安ステークス(GⅢ)】⇒1着的中!


5/22 【優駿牝馬オークス(GⅠ)】⇒12着 はずれ

▲▲本日までの結果です。『軸うまおやじ』以前の投稿をご覧ください。

-------------------------------------------------
5/22(日)東京・中京・新潟 
特別レース【重賞含む】【予想全レースの結果】

10レース中 3レース的中
(1着1回・2着0回・3着2回)

------------------------------------------------------
【5/14~5/22 本日まで合計【重賞含む】】

東京・中京・新潟 特別レース【重賞含む】
全38レース中 14レース的中
(1着8回・2着3回・3着3回)
------------------------------------------------------

以前の投稿をご覧下さい。頑張って的中しております!

5/22(日)中京【各レースの軸馬【予想結果】です。】

▼▼9R 【揖斐川特別】
   11番  ロワンディシー 7着 はずれ

▼▼10R 【鳳雛ステークス】
   2番  セイルオンセイラー  3着 的中!

▼▼11R 【大垣ステークス】
   5番  トーセンアラン   8着 はずれ

以上、『軸うまおやじ』でした。

ご覧いただきありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いします。     

【よろしければ読者登録よろしくお願いします】

-----------------------------------------------------
競馬ブログをやってます【軸うまおやじ】で検索して下さい
------------------------------------------------------------------------
YouTube 競馬アニメ 【軸うま家の日常アニメ 何ばいいよっと!?】出来ました!
------------------------------------------------------------------------
【軸うまおやじ】ツイッターはじめました。よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------


次回もどうぞよろしくお願いします。     

【軸うまおやじ】
-------------------------------------------

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 5月21日(
  • 5月22日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回新潟5日目
  • 2回東京9日目
  • 3回中京5日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
8
 メイショウアルト
29.1倍 (⑨人気)
12
 リーガルマナー
17.1倍 (⑦人気)
5
 タイセイトレイル
5.8倍 (③人気)
払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
5
 スパークルアイズ
2.0倍 (①人気)
7
 スマートグランデ
5.5倍 (③人気)
3
 ハギノメーテル
3.5倍 (②人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
9
 レヴール
2.0倍 (①人気)
13
 ブロードリーチ
11.5倍 (④人気)
14
 ホイットニー
63.3倍 (⑨人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
8
 ヴァンダンジュ
4.5倍 (②人気)
1
 サクラトップラン
9.0倍 (④人気)
2
 キガサ
54.1倍 (⑪人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 ニホンピロオーセン
9.4倍 (④人気)
5
 ラニカイ
1.8倍 (①人気)
15
 ゴルド
5.2倍 (③人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m
1
 ニシノフウジン
6.5倍 (③人気)
2
 オーロラアーク
3.3倍 (①人気)
5
 エレガントミッシー
3.4倍 (②人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
6
 ルヴェルジェ
10.2倍 (④人気)
13
 ホワイトガーベラ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
4
 エバニスタ
4.8倍 (②人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 クラップサンダー
28.3倍 (⑦人気)
4
 アグネスリュウ
7.8倍 (④人気)
8
 スーパーチーフ
1.8倍 (①人気) 極凄馬
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
11
 キタノブレイド
3.0倍 (①人気)
10
 チャールストン
46.8倍 (⑧人気)
14
 ロードシャマール
54.7倍 (⑨人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障3290m
4
 ニューツーリズム
15.1倍 (④人気)
7
 ペガーズ
7.4倍 (②人気)
3
 ヴァイトブリック
75.9倍 (⑫人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
4
 ミッキーフローガ
5.1倍 (③人気)
9
 アスクビギンアゲン
5.7倍 (⑤人気)
2
 スパイダーバローズ
5.0倍 (②人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
9
 エンドロール
6.2倍 (④人気)
7
 ビーウォーター
4.3倍 (③人気)
6
 アルバスドラコ
2.6倍 (①人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
9
 メロウヴォイス
9.0倍 (⑥人気)
8
 ナイルプロジェクト
6.8倍 (⑤人気)
6
 タイセイエール
6.5倍 (④人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
3
 デビットバローズ
2.0倍 (①人気)
8
 ダノンフロイデ
5.0倍 (④人気)
2
 ショウナンパラボラ
4.6倍 (③人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
5
 トップオブジェラス
1.7倍 (①人気) 超凄馬
8
 インペリアルライン
25.1倍 (⑥人気)
6
 アコークロー
79.7倍 (⑨人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1000m
11
 ロサロッサーナ
3.0倍 (①人気)
4
 ショウナンタイジュ
7.3倍 (④人気)
15
 クリノニーナ
6.9倍 (③人気)
払戻
中京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
8
 セイイーグル
3.0倍 (①人気)
6
 テイエムファルコン
3.2倍 (②人気)
10
 スカイナイル
28.6倍 (⑧人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
10
 コスタボニータ
5.7倍 (④人気)
3
 サイード
3.8倍 (②人気)
7
 ベストフィーリング
4.6倍 (③人気)
払戻
新潟
7R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
13
 リニュー
44.7倍 (⑪人気)
15
 シルバーリング
10.1倍 (⑥人気)
6
 ゲイングラウンド
8.5倍 (④人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2200m
6
 エルディアブロ
12.4倍 (⑤人気)
4
 ヴィトーリア
2.1倍 (①人気)
5
 ウィンドリッパー
5.0倍 (③人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
14
 ベッラノーヴァ
2.7倍 (①人気)
5
 ブルメンダール
5.0倍 (③人気)
10
 コスモノート
4.0倍 (②人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 ルヴァンヴェール
8.9倍 (④人気)
8
 フレーゲル
72.3倍 (⑪人気)
6
 アイファーリンクス
117.1倍 (⑭人気)
払戻
中京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
7
 メイショウオーギシ
14.7倍 (⑥人気)
13
 ヴアーサ
8.0倍 (②人気)
3
 ワンダースティング
27.2倍 (⑩人気)
払戻
東京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
10
 ラブリークイーン
86.3倍 (⑨人気)
13
 ニルアドミラリ
5.5倍 (④人気)
9
 エストレラブレイン
3.5倍 (②人気)
払戻
新潟
9R
早苗賞
3歳1勝クラス 芝1800m
4
 ルミネイト
25.4倍 (⑦人気)
7
 エーデルブルーメ
3.2倍 (①人気)
8
 アケルナルスター
3.4倍 (②人気)
払戻
中京
9R
メルボルントロフィー
3歳1勝クラス 芝1200m
8
 ダテボレアス
15.9倍 (⑥人気)
5
 タイセイブリリオ
4.3倍 (①人気)
12
 アスターディゴン
4.6倍 (③人気)
払戻
東京
9R
カーネーションカップ
3歳1勝クラス 芝1800m
9
 ストーリア
13.5倍 (⑥人気)
11
 ルージュリナージュ
6.3倍 (③人気)
2
 ショショローザ
5.7倍 (②人気)
払戻
新潟
10R
栃尾特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
3
 ウルトラソニック
22.0倍 (⑧人気)
6
 マイネルチューダ
6.2倍 (④人気)
11
 テンジュイン
8.4倍 (⑤人気)
払戻
中京
10R
シドニートロフィー
4歳以上3勝クラス 芝2000m
2
 ヴィオリーナ
5.4倍 (②人気)
7
 ストリクトコード
17.3倍 (⑦人気)
3
 リノキアナ
28.3倍 (⑧人気)
払戻
東京
10R
高尾特別
4歳以上2勝クラス 芝1400m
3
 フェルミスフィア
20.1倍 (⑦人気)
4
 カフェサンドリヨン
3.2倍 (①人気)
5
 ペイシャフェスタ
11.5倍 (⑥人気)
払戻
新潟
11R
八海山ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1200m
13
 スワーヴシャルル
6.3倍 (③人気)
15
 マラードザレコード
17.2倍 (⑥人気)
11
 コパシーナ
9.5倍 (④人気)
払戻
中京
11R
平安ステークス G3
4歳以上オープン ダ1900m
4
 テーオーケインズ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
3
 ケイアイパープル
23.0倍 (⑦人気)
5
 メイショウハリオ
7.0倍 (③人気)
払戻
東京
11R
メイステークス
4歳以上オープン 芝1800m
2
 カレンシュトラウス
3.2倍 (①人気)
6
 エイシンチラー
6.6倍 (④人気)
7
 ワールドウインズ
32.5倍 (⑧人気)
払戻
新潟
12R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ロードインファイト
3.9倍 (①人気)
4
 コンテナジュニア
11.2倍 (⑦人気)
9
 セザンテイオー
64.1倍 (⑫人気)
払戻
中京
12R
オーストラリアT
4歳以上2勝クラス 芝1200m
3
 ディヴィナシオン
2.7倍 (①人気)
10
 アビエルト
7.2倍 (④人気)
4
 キモンブラウン
52.1倍 (⑩人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 ジェロボーム
21.3倍 (⑧人気)
11
 スイートフィル
35.1倍 (⑫人気)
9
 フェアレストアイル
10.9倍 (⑤人気) 超凄馬
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
8
 メイショウアルト
29.1倍 (⑨人気)
12
 リーガルマナー
17.1倍 (⑦人気)
5
 タイセイトレイル
5.8倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
8
 ヴァンダンジュ
4.5倍 (②人気)
1
 サクラトップラン
9.0倍 (④人気)
2
 キガサ
54.1倍 (⑪人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
6
 ルヴェルジェ
10.2倍 (④人気)
13
 ホワイトガーベラ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
4
 エバニスタ
4.8倍 (②人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障3290m
4
 ニューツーリズム
15.1倍 (④人気)
7
 ペガーズ
7.4倍 (②人気)
3
 ヴァイトブリック
75.9倍 (⑫人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
9
 メロウヴォイス
9.0倍 (⑥人気)
8
 ナイルプロジェクト
6.8倍 (⑤人気)
6
 タイセイエール
6.5倍 (④人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1000m
11
 ロサロッサーナ
3.0倍 (①人気)
4
 ショウナンタイジュ
7.3倍 (④人気)
15
 クリノニーナ
6.9倍 (③人気)
払戻
新潟
7R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
13
 リニュー
44.7倍 (⑪人気)
15
 シルバーリング
10.1倍 (⑥人気)
6
 ゲイングラウンド
8.5倍 (④人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 ルヴァンヴェール
8.9倍 (④人気)
8
 フレーゲル
72.3倍 (⑪人気)
6
 アイファーリンクス
117.1倍 (⑭人気)
払戻
新潟
9R
早苗賞
3歳1勝クラス 芝1800m
4
 ルミネイト
25.4倍 (⑦人気)
7
 エーデルブルーメ
3.2倍 (①人気)
8
 アケルナルスター
3.4倍 (②人気)
払戻
新潟
10R
栃尾特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
3
 ウルトラソニック
22.0倍 (⑧人気)
6
 マイネルチューダ
6.2倍 (④人気)
11
 テンジュイン
8.4倍 (⑤人気)
払戻
新潟
11R
八海山ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1200m
13
 スワーヴシャルル
6.3倍 (③人気)
15
 マラードザレコード
17.2倍 (⑥人気)
11
 コパシーナ
9.5倍 (④人気)
払戻
新潟
12R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ロードインファイト
3.9倍 (①人気)
4
 コンテナジュニア
11.2倍 (⑦人気)
9
 セザンテイオー
64.1倍 (⑫人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
9
 レヴール
2.0倍 (①人気)
13
 ブロードリーチ
11.5倍 (④人気)
14
 ホイットニー
63.3倍 (⑨人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m
1
 ニシノフウジン
6.5倍 (③人気)
2
 オーロラアーク
3.3倍 (①人気)
5
 エレガントミッシー
3.4倍 (②人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
11
 キタノブレイド
3.0倍 (①人気)
10
 チャールストン
46.8倍 (⑧人気)
14
 ロードシャマール
54.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
9
 エンドロール
6.2倍 (④人気)
7
 ビーウォーター
4.3倍 (③人気)
6
 アルバスドラコ
2.6倍 (①人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
5
 トップオブジェラス
1.7倍 (①人気) 超凄馬
8
 インペリアルライン
25.1倍 (⑥人気)
6
 アコークロー
79.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
10
 コスタボニータ
5.7倍 (④人気)
3
 サイード
3.8倍 (②人気)
7
 ベストフィーリング
4.6倍 (③人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
14
 ベッラノーヴァ
2.7倍 (①人気)
5
 ブルメンダール
5.0倍 (③人気)
10
 コスモノート
4.0倍 (②人気)
払戻
東京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
10
 ラブリークイーン
86.3倍 (⑨人気)
13
 ニルアドミラリ
5.5倍 (④人気)
9
 エストレラブレイン
3.5倍 (②人気)
払戻
東京
9R
カーネーションカップ
3歳1勝クラス 芝1800m
9
 ストーリア
13.5倍 (⑥人気)
11
 ルージュリナージュ
6.3倍 (③人気)
2
 ショショローザ
5.7倍 (②人気)
払戻
東京
10R
高尾特別
4歳以上2勝クラス 芝1400m
3
 フェルミスフィア
20.1倍 (⑦人気)
4
 カフェサンドリヨン
3.2倍 (①人気)
5
 ペイシャフェスタ
11.5倍 (⑥人気)
払戻
東京
11R
メイステークス
4歳以上オープン 芝1800m
2
 カレンシュトラウス
3.2倍 (①人気)
6
 エイシンチラー
6.6倍 (④人気)
7
 ワールドウインズ
32.5倍 (⑧人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 ジェロボーム
21.3倍 (⑧人気)
11
 スイートフィル
35.1倍 (⑫人気)
9
 フェアレストアイル
10.9倍 (⑤人気) 超凄馬
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
5
 スパークルアイズ
2.0倍 (①人気)
7
 スマートグランデ
5.5倍 (③人気)
3
 ハギノメーテル
3.5倍 (②人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 ニホンピロオーセン
9.4倍 (④人気)
5
 ラニカイ
1.8倍 (①人気)
15
 ゴルド
5.2倍 (③人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 クラップサンダー
28.3倍 (⑦人気)
4
 アグネスリュウ
7.8倍 (④人気)
8
 スーパーチーフ
1.8倍 (①人気) 極凄馬
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
4
 ミッキーフローガ
5.1倍 (③人気)
9
 アスクビギンアゲン
5.7倍 (⑤人気)
2
 スパイダーバローズ
5.0倍 (②人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
3
 デビットバローズ
2.0倍 (①人気)
8
 ダノンフロイデ
5.0倍 (④人気)
2
 ショウナンパラボラ
4.6倍 (③人気)
払戻
中京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
8
 セイイーグル
3.0倍 (①人気)
6
 テイエムファルコン
3.2倍 (②人気)
10
 スカイナイル
28.6倍 (⑧人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2200m
6
 エルディアブロ
12.4倍 (⑤人気)
4
 ヴィトーリア
2.1倍 (①人気)
5
 ウィンドリッパー
5.0倍 (③人気)
払戻
中京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
7
 メイショウオーギシ
14.7倍 (⑥人気)
13
 ヴアーサ
8.0倍 (②人気)
3
 ワンダースティング
27.2倍 (⑩人気)
払戻
中京
9R
メルボルントロフィー
3歳1勝クラス 芝1200m
8
 ダテボレアス
15.9倍 (⑥人気)
5
 タイセイブリリオ
4.3倍 (①人気)
12
 アスターディゴン
4.6倍 (③人気)
払戻
中京
10R
シドニートロフィー
4歳以上3勝クラス 芝2000m
2
 ヴィオリーナ
5.4倍 (②人気)
7
 ストリクトコード
17.3倍 (⑦人気)
3
 リノキアナ
28.3倍 (⑧人気)
払戻
中京
11R
平安ステークス G3
4歳以上オープン ダ1900m
4
 テーオーケインズ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
3
 ケイアイパープル
23.0倍 (⑦人気)
5
 メイショウハリオ
7.0倍 (③人気)
払戻
中京
12R
オーストラリアT
4歳以上2勝クラス 芝1200m
3
 ディヴィナシオン
2.7倍 (①人気)
10
 アビエルト
7.2倍 (④人気)
4
 キモンブラウン
52.1倍 (⑩人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回新潟6日目
  • 2回東京10日目
  • 3回中京6日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
14
 オーガスタスカイ
3.7倍 (①人気)
11
 サリーギャップ
31.3倍 (⑨人気)
6
 エストレアブランカ
4.6倍 (③人気)
払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
1
 ブルーノート
5.3倍 (③人気)
7
 ニホンピロペリー
39.6倍 (⑩人気)
6
 パレフォーコン
3.2倍 (①人気) 超凄馬
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 クルールデュヴァン
1.2倍 (①人気) 超凄馬
8
 ファームラヴ
7.7倍 (②人気)
1
 サイキョウノオンナ
28.0倍 (⑤人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
1
 メイショウイヌワシ
12.7倍 (⑦人気)
3
 ベルウッドツクバ
6.4倍 (③人気)
4
 ウインエイムハイ
12.1倍 (⑥人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
1
 タマモモンレーブ
26.1倍 (⑨人気)
6
 ラウドスピリッツ
7.2倍 (③人気)
12
 レディベル
4.2倍 (②人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
9
 サトノストロング
2.6倍 (①人気)
7
 テンクウノツバサ
12.9倍 (⑥人気)
6
 ブランショセット
6.2倍 (③人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
1
 タマモエイトビート
6.1倍 (③人気)
5
 ドンシャーク
10.4倍 (⑤人気)
2
 ベニッシモ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
3
 ヘクトパスカル
5.9倍 (③人気)
4
 ルージュラジョア
14.8倍 (⑥人気)
7
 ウォーターレクラ
3.6倍 (②人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
12
 レイヴンズコー
3.5倍 (②人気)
17
 ルージュエクレール
2.0倍 (①人気)
13
 カヨウネンカ
6.2倍 (③人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
14
 エイムアンドエンド
2.3倍 (②人気)
10
 メイショウユウスイ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
7
 アームストロング
19.8倍 (⑤人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
16
 エイシンスポッター
38.6倍 (⑧人気)
11
 イラーレ
3.2倍 (①人気)
8
 エナジーグラン
3.8倍 (②人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
4
 フィレンツェ
3.7倍 (③人気)
8
 アカカゲ
24.7倍 (⑦人気)
11
 ホウオウカグヤ
12.4倍 (⑤人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
1
 ケイアイセナ
32.5倍 (⑧人気)
6
 コーリングユー
1.7倍 (①人気) 極凄馬
10
 シャドウマッドネス
192.3倍 (⑫人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
10
 ダノンソフィア
1.6倍 (①人気)
11
 グロー
4.1倍 (②人気)
2
 ウインシュプリーム
108.2倍 (⑩人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
12
 イグザルト
2.6倍 (①人気)
11
 レイワホマレ
3.9倍 (②人気)
1
 シェイリーン
4.8倍 (③人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ラインメッセージ
41.0倍 (⑨人気)
1
 ホウオウベリテ
3.8倍 (②人気)
8
 タッケンアイ
3.0倍 (①人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
6
 ハーツアズワン
2.5倍 (①人気)
9
 ライラボンド
3.2倍 (②人気)
13
 フラップシグナス
5.7倍 (③人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
12
 ユイノチャッキー
11.4倍 (⑤人気)
14
 チュウワジョーダン
3.0倍 (①人気)
6
 ノームストリーム
36.6倍 (⑫人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
8
 マリーアミノル
7.4倍 (②人気)
9
 スキャッターシード
2.0倍 (①人気)
6
 サイモンルピナス
31.4倍 (⑩人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 ブロフェルド
9.5倍 (④人気)
3
 ヨロシオスナ
4.7倍 (②人気)
7
 インテンスフレイム
1.7倍 (①人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レベランス
2.3倍 (①人気)
3
 カレンレベンティス
8.7倍 (⑤人気)
1
 ネイチャーシップ
5.1倍 (③人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ハイエストエンド
2.6倍 (①人気)
5
 レイクリエイター
6.0倍 (④人気)
9
 ミルトボス
11.4倍 (⑤人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1600m
11
 マイプレシャス
20.4倍 (⑦人気)
4
 トーホウディアス
2.2倍 (①人気) 超凄馬
5
 クワイエット
234.3倍 (⑬人気)
払戻
東京
8R
是政特別
4歳以上2勝クラス ダ2100m
8
 ショウナンアーチー
4.3倍 (③人気)
4
 トモジャリア
8.9倍 (⑤人気)
3
 メイショウヨシテル
7.4倍 (④人気)
払戻
新潟
9R
二王子特別
4歳以上1勝クラス 芝1800m
4
 ミズリーナ
46.8倍 (⑨人気)
10
 フレイミングサン
5.8倍 (④人気)
3
 サトノスカイターフ
5.3倍 (②人気)
払戻
中京
9R
揖斐川特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
2
 メイショウボサツ
7.0倍 (⑤人気)
10
 カフジアスール
5.6倍 (④人気)
3
 ダノンドリーマー
3.7倍 (②人気)
払戻
東京
9R
調布特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
4
 アールバロン
9.1倍 (⑤人気)
1
 ノーダブルディップ
6.0倍 (④人気)
5
 シュブリーム
32.4倍 (⑦人気)
払戻
新潟
10R
火打山特別
4歳以上2勝クラス ダ1200m
13
 ビップエレナ
22.2倍 (⑩人気)
7
 ヴァリアント
4.7倍 (②人気) 超凄馬
6
 メイショウツワブキ
5.5倍 (③人気)
払戻
中京
10R
鳳雛ステークス L
3歳オープン ダ1800m
10
 ハピ
2.0倍 (①人気)
7
 タイセイドレフォン
6.0倍 (③人気)
2
 セイルオンセイラー
3.4倍 (②人気)
払戻
東京
10R
フリーウェイS
4歳以上3勝クラス 芝1400m
11
 テンハッピーローズ
4.1倍 (①人気)
14
 ルーカス
22.8倍 (⑨人気)
8
 タイニーロマンス
8.1倍 (⑤人気)
払戻
新潟
11R
韋駄天ステークス
4歳以上オープン 芝1000m
16
 マリアズハート
4.2倍 (②人気)
12
 ロードベイリーフ
32.0倍 (⑩人気)
5
 シンシティ
31.1倍 (⑨人気)
払戻
中京
11R
大垣ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 イバル
5.1倍 (②人気)
13
 スカーレットスカイ
13.2倍 (⑥人気)
2
 サイモンハロルド
104.5倍 (⑮人気)
払戻
東京
11R
優駿牝馬 G1
3歳オープン 芝2400m
18
 スターズオンアース
6.5倍 (③人気)
2
 スタニングローズ
28.2倍 (⑩人気)
8
 ナミュール
7.1倍 (④人気)
払戻
新潟
12R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
16
 トーカイキング
4.5倍 (②人気)
15
 コスモアディラート
3.8倍 (①人気)
2
 ケリアテソーロ
24.6倍 (⑩人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
7
 メイショウハクサン
2.9倍 (①人気)
5
 アルベニス
4.6倍 (②人気)
10
 キングダムウイナー
18.4倍 (⑧人気)
払戻
東京
12R
丹沢ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
3
 キスラー
7.3倍 (④人気)
9
 メイショウフンジン
3.5倍 (②人気)
8
 アベックフォルス
22.4倍 (⑦人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
14
 オーガスタスカイ
3.7倍 (①人気)
11
 サリーギャップ
31.3倍 (⑨人気)
6
 エストレアブランカ
4.6倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
1
 メイショウイヌワシ
12.7倍 (⑦人気)
3
 ベルウッドツクバ
6.4倍 (③人気)
4
 ウインエイムハイ
12.1倍 (⑥人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
1
 タマモエイトビート
6.1倍 (③人気)
5
 ドンシャーク
10.4倍 (⑤人気)
2
 ベニッシモ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
14
 エイムアンドエンド
2.3倍 (②人気)
10
 メイショウユウスイ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
7
 アームストロング
19.8倍 (⑤人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
1
 ケイアイセナ
32.5倍 (⑧人気)
6
 コーリングユー
1.7倍 (①人気) 極凄馬
10
 シャドウマッドネス
192.3倍 (⑫人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ラインメッセージ
41.0倍 (⑨人気)
1
 ホウオウベリテ
3.8倍 (②人気)
8
 タッケンアイ
3.0倍 (①人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
8
 マリーアミノル
7.4倍 (②人気)
9
 スキャッターシード
2.0倍 (①人気)
6
 サイモンルピナス
31.4倍 (⑩人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ハイエストエンド
2.6倍 (①人気)
5
 レイクリエイター
6.0倍 (④人気)
9
 ミルトボス
11.4倍 (⑤人気)
払戻
新潟
9R
二王子特別
4歳以上1勝クラス 芝1800m
4
 ミズリーナ
46.8倍 (⑨人気)
10
 フレイミングサン
5.8倍 (④人気)
3
 サトノスカイターフ
5.3倍 (②人気)
払戻
新潟
10R
火打山特別
4歳以上2勝クラス ダ1200m
13
 ビップエレナ
22.2倍 (⑩人気)
7
 ヴァリアント
4.7倍 (②人気) 超凄馬
6
 メイショウツワブキ
5.5倍 (③人気)
払戻
新潟
11R
韋駄天ステークス
4歳以上オープン 芝1000m
16
 マリアズハート
4.2倍 (②人気)
12
 ロードベイリーフ
32.0倍 (⑩人気)
5
 シンシティ
31.1倍 (⑨人気)
払戻
新潟
12R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
16
 トーカイキング
4.5倍 (②人気)
15
 コスモアディラート
3.8倍 (①人気)
2
 ケリアテソーロ
24.6倍 (⑩人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 クルールデュヴァン
1.2倍 (①人気) 超凄馬
8
 ファームラヴ
7.7倍 (②人気)
1
 サイキョウノオンナ
28.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
9
 サトノストロング
2.6倍 (①人気)
7
 テンクウノツバサ
12.9倍 (⑥人気)
6
 ブランショセット
6.2倍 (③人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
12
 レイヴンズコー
3.5倍 (②人気)
17
 ルージュエクレール
2.0倍 (①人気)
13
 カヨウネンカ
6.2倍 (③人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
4
 フィレンツェ
3.7倍 (③人気)
8
 アカカゲ
24.7倍 (⑦人気)
11
 ホウオウカグヤ
12.4倍 (⑤人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
12
 イグザルト
2.6倍 (①人気)
11
 レイワホマレ
3.9倍 (②人気)
1
 シェイリーン
4.8倍 (③人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
12
 ユイノチャッキー
11.4倍 (⑤人気)
14
 チュウワジョーダン
3.0倍 (①人気)
6
 ノームストリーム
36.6倍 (⑫人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レベランス
2.3倍 (①人気)
3
 カレンレベンティス
8.7倍 (⑤人気)
1
 ネイチャーシップ
5.1倍 (③人気)
払戻
東京
8R
是政特別
4歳以上2勝クラス ダ2100m
8
 ショウナンアーチー
4.3倍 (③人気)
4
 トモジャリア
8.9倍 (⑤人気)
3
 メイショウヨシテル
7.4倍 (④人気)
払戻
東京
9R
調布特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
4
 アールバロン
9.1倍 (⑤人気)
1
 ノーダブルディップ
6.0倍 (④人気)
5
 シュブリーム
32.4倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
フリーウェイS
4歳以上3勝クラス 芝1400m
11
 テンハッピーローズ
4.1倍 (①人気)
14
 ルーカス
22.8倍 (⑨人気)
8
 タイニーロマンス
8.1倍 (⑤人気)
払戻
東京
11R
優駿牝馬 G1
3歳オープン 芝2400m
18
 スターズオンアース
6.5倍 (③人気)
2
 スタニングローズ
28.2倍 (⑩人気)
8
 ナミュール
7.1倍 (④人気)
払戻
東京
12R
丹沢ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
3
 キスラー
7.3倍 (④人気)
9
 メイショウフンジン
3.5倍 (②人気)
8
 アベックフォルス
22.4倍 (⑦人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
1
 ブルーノート
5.3倍 (③人気)
7
 ニホンピロペリー
39.6倍 (⑩人気)
6
 パレフォーコン
3.2倍 (①人気) 超凄馬
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
1
 タマモモンレーブ
26.1倍 (⑨人気)
6
 ラウドスピリッツ
7.2倍 (③人気)
12
 レディベル
4.2倍 (②人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
3
 ヘクトパスカル
5.9倍 (③人気)
4
 ルージュラジョア
14.8倍 (⑥人気)
7
 ウォーターレクラ
3.6倍 (②人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
16
 エイシンスポッター
38.6倍 (⑧人気)
11
 イラーレ
3.2倍 (①人気)
8
 エナジーグラン
3.8倍 (②人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
10
 ダノンソフィア
1.6倍 (①人気)
11
 グロー
4.1倍 (②人気)
2
 ウインシュプリーム
108.2倍 (⑩人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
6
 ハーツアズワン
2.5倍 (①人気)
9
 ライラボンド
3.2倍 (②人気)
13
 フラップシグナス
5.7倍 (③人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 ブロフェルド
9.5倍 (④人気)
3
 ヨロシオスナ
4.7倍 (②人気)
7
 インテンスフレイム
1.7倍 (①人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1600m
11
 マイプレシャス
20.4倍 (⑦人気)
4
 トーホウディアス
2.2倍 (①人気) 超凄馬
5
 クワイエット
234.3倍 (⑬人気)
払戻
中京
9R
揖斐川特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
2
 メイショウボサツ
7.0倍 (⑤人気)
10
 カフジアスール
5.6倍 (④人気)
3
 ダノンドリーマー
3.7倍 (②人気)
払戻
中京
10R
鳳雛ステークス L
3歳オープン ダ1800m
10
 ハピ
2.0倍 (①人気)
7
 タイセイドレフォン
6.0倍 (③人気)
2
 セイルオンセイラー
3.4倍 (②人気)
払戻
中京
11R
大垣ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 イバル
5.1倍 (②人気)
13
 スカーレットスカイ
13.2倍 (⑥人気)
2
 サイモンハロルド
104.5倍 (⑮人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
7
 メイショウハクサン
2.9倍 (①人気)
5
 アルベニス
4.6倍 (②人気)
10
 キングダムウイナー
18.4倍 (⑧人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2022年5月22日、集計数:44,586レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
94,138万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 タイトルホルダー 牡4
58,933万円
5 ディープボンド 牡5
51,083万円
6 ソダシ 牝4
50,142万円
7 デアリングタクト 牝5
50,038万円
8 レシステンシア 牝5
44,953万円
9 エアスピネル 牡9
44,765万円
10 メイショウダッサイ 牡9
38,495万円
» もっと見る

3歳
1 スターズオンアース 牝3
36,651万円
2 ジオグリフ 牡3
23,581万円
3 ダノンスコーピオン 牡3
21,674万円
4 ドウデュース 牡3
15,897万円
5 サークルオブライフ 牝3
13,573万円
6 スタニングローズ 牝3
13,508万円
7 マテンロウオリオン 牡3
12,903万円
8 ウォーターナビレラ 牝3
12,791万円
9 ナムラクレア 牝3
12,625万円
10 セリフォス 牡3
12,500万円
» もっと見る