アドマイヤビクター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アドマイヤビクター
アドマイヤビクター
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2015年2月8日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主近藤 利一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[3-0-1-2]
総賞金2,923万円
収得賞金1,500万円
英字表記Admire Victor
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ツィンクルヴェール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ツィンクルブライド
兄弟 エアカミュゼアドマイヤサブリナ
前走 2019/02/16 金蹄ステークス
次走予定

アドマイヤビクターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/16 東京 10 金蹄S 1600万下 ダ2100 12671.713** 牡4 56.0 岩田康誠友道康夫512(0)2.11.4 0.737.7サトノティターン
19/01/26 東京 8 4歳以上1000万下 ダ2100 11781.611** 牡4 56.0 岩田康誠友道康夫512(-6)2.12.0 -0.637.3リゾネーター
18/08/05 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15355.139** 牡3 56.0 戸崎圭太友道康夫518(+6)1.53.4 1.438.1⑬⑬⑭⑭グリム
18/07/01 中京 12 3歳以上500万下 ダ1900 15472.311** 牡3 54.0 川田将雅友道康夫512(-6)1.58.7 -0.236.9⑤⑤⑤⑤エイコーン
18/06/09 阪神 3 3歳未勝利 ダ1800 166118.341** 牡3 56.0 岩田康誠友道康夫518(+14)1.52.3 -0.736.5⑤④④スワーヴアラミス
17/06/25 阪神 5 2歳新馬 芝1800 10555.334** 牡2 54.0 C.ルメー友道康夫504(--)1.49.6 0.935.4ダノンプレミアム

アドマイヤビクターの関連ニュース

 ◆石橋騎手(ドンフォルティス4着) 「内枠を引けて立ち回りはうまくいった。いい手応えで直線に向き、少しシュッと伸びたが、その後がだらだらとなだれ込む感じに。暑さもあったのか…。こんな馬ではない」

 ◆田辺騎手(アルクトス5着) 「瞬発力勝負になってしまった。あれだけペースが遅かったら、前に行ってしまえばよかったのかもしれないが、脚をためる競馬を教えているから」

 ◆北村宏騎手(オノリス7着) 「ゴチャつくところが多くて苦しい立ち回りになったけど、最後はよく伸びた」

 ◆西田騎手(フロリアヌス8着) 「スムーズに自分の競馬はできた。見た目以上にきつい流れだった」

 ◆戸崎騎手(アドマイヤビクター9着) 「後ろからになり、流れに乗れなかった。キャリアの浅さが出てしまった」

 ◆小崎騎手(バクハツ10着) 「中団のインで進められたが、スッと反応できないのが課題」

 ◆太宰騎手(プロスパラスデイズ11着) 「終始ハミを取らず、最後も手前を替えなかった」

 ◆田中勝騎手(エングローサー12着) 「いつもよりいい位置につけていったが、ペースが上がったときについていけなかった。じっくり構えた方がよさそう」

 ◆三浦騎手(イダペガサス13着) 「まだ体全体に緩さがあるので、ワンターン(コーナー2つ)の広いコースがいい」

 ◆江田照騎手(クレディブル14着) 「走りがワンペース。まだこれからの馬」

 ◆木幡巧騎手(ミックベンハー15着) 「もう少し前に行きたかったが、外枠で厳しかった」

★5日新潟11R「レパードS」の着順&払戻金はこちら

【レパードステークス】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月5日() 11:00

※当欄では日曜日に開催されるレパードステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
アルクトス
アドマイヤビクター
グリム
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③イダペガサス
○②アルクトス
▲⑭グレートタイム
△④ドンフォルティス
△⑤アドマイヤビクター
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
③→②④⑤⑨⑪⑭

【DAIGO】
◎⑤アドマイヤビクター

【徳光和夫】
3連単ボックス
バクハツ
オノリス
エングローサー
ミックベンハー
グレートタイム
ワイド1頭軸流し
プロスパラスデイズ→①②③⑤⑥⑦⑩⑪

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑭グレートタイム

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④ドンフォルティス
馬単
④→⑧

【キャプテン渡辺】
◎⑪ビッグスモーキー
馬連・ワイド
⑪→⑭
3連複2頭軸流し
⑪→⑭→③⑨

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑭グレートタイム
○②アルクトス
▲③イダペガサス
△④ドンフォルティス
△⑤アドマイヤビクター
△⑥グリム
△⑧プロスパラスデイズ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④ドンフォルティス
○③イダペガサス
▲⑭グレートタイム
△⑥グリム
△⑧プロスパラスデイズ
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭グレートタイム
○②アルクトス
▲④ドンフォルティス
△③イダペガサス
△⑤アドマイヤビクター
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー

【天童なこ】
◎⑧プロスパラスデイズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】U指数的考察2018年8月5日() 10:40

レパードステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
U指数下位の人気薄が絡んでの波乱はたまにあるが、基本的に指数上位馬の好走率が高いレース。指数1~6位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多く、1~3着独占も珍しくはない。

1位→④ドンフォルティス
2位→⑤アドマイヤビクター
3位→⑨エングローサー
4位→③イダペガサス
5位→⑭グレートタイム
6位→⑥グリム

<ポイント②>
指数1~6位馬が全滅の年はゼロ。なかでも、父サンデーサイレンス系と父エーピーインディ系が好走を重ねており、2013年以降3勝、2着3回、3着3回の実績を残している。

条件を満たす馬

イダペガサス
グリム

<ポイント③>
取捨を判断するラインは指数88.4。これ未満の馬の好走例は皆無。

指数88.4未満

バクハツ
フロリアヌス
クレディブル
ミックベンハー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】斬って捨てる!2018年8月5日() 10:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のレパードステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走でダート1700m戦に出走していた馬の連対例はなし(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
フロリアヌス
ビッグスモーキー

前走で2100m以上のレースに出走していた馬の連対例はゼロ(2009年以降)

クレディブル

前走で1600万下条件に出走していた馬の好走例はなし(2009年以降)

ビッグスモーキー

今回初ダートを除くと、ダート戦1勝以下だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

エングローサー
クレディブル

重賞で連対経験のある馬を除くと、ダート1800m戦未勝利だった馬の連対例はなし(2009年以降)

バクハツ
アルクトス
イダペガサス
グリム
エングローサー
フロリアヌス
ヒラボクラターシュ

前走が500万下1着だった馬は、そのレースが左回りだった馬を除くと、連対例はゼロ(2009年以降)

オノリス

前走が交流重賞以外のレースで4着以下に敗れていた馬は、重賞で2着以内の経験がある馬を除き、好走例は皆無(2009年以降)

フロリアヌス
クレディブル
ミックベンハー
ヒラボクラターシュ

【人気】
5番人気の好走例はゼロ(2009年以降)
※9時30分現在の5番人気

グリム

単勝オッズ帯20.0~49.9倍の連対例は皆無
※9時30分現在の単勝オッズ20.0~49.9倍

ビッグスモーキー
ヒラボクラターシュ

前走ユニコーンステークス出走かつ、今回3番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※9時30分現在の3番人気以下かつ、前走ユニコーンステークス出走馬

グリム
エングローサー
ミックベンハー

近2走内にユニコーンステークス出走かつ、ユニコーンステークスで4番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

プロスパラスデイズ
エングローサー
ミックベンハー

【脚質】
前走4角2番手以内の通過馬は、そのレースで連対していた馬を除くと好走例はゼロ(2009年以降)

ヒラボクラターシュ

【枠順】
2009年以降、1枠の連対例はゼロ

バクハツ

大外馬番枠の好走例は皆無(2009年以降)

ヒラボクラターシュ

【血統】
父ミスプロ系かつ、4番人気以下の連対例は皆無(2009年以降)
※9時30分現在の4番人気以下かつ、父ミスプロ系

ビッグスモーキー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ドンフォルティス
アドマイヤビクター
グレートタイム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】ズバリ調教診断!2018年8月4日() 16:30

日曜日に行われるレパードステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


バクハツ
栗東CWで行われた1週前追い切りは、新馬2頭を追走してキッチリと先着。同じくCWで実施した最終追い切りでは1000万下クラスに追走先着を果たし、ラスト1Fは11秒台半ばの好ラップを叩いてきた。中間の内容を確認する限り、デキ落ち&疲れは見受けられない。順調とみていいだろう。

アルクトス
1週前に南Wで長めからビッシリと追われて、及第点の時計を計測。同じく南Wで実施した最終追い切りでは、余力たっぷりの走りで好時計をマークした。少し踏み込みの浅い点は気になるが、まとまりのあるフォームで駆け抜けるさまはなかなかのもの。好調キープとみて差支えない。

イダペガサス
南Wで行われた最終追い切りは、5Fから併せ馬を実施。僚馬を追走して並ぶ間もなく突き放したうえに、好時計をマークする上々のパフォーマンスを見せた。ジョッキー騎乗かつ併走相手が新馬だったとはいえ、加速がついてからの動きは迫力十分。好ムードであることは間違いない。

ドンフォルティス
前走の馬体減に加え、暑さ対策もあってか、この中間は軽めの内容に終始。栗東坂路で行われた今週の追い切りも流す程度の調整で、併走馬に見劣りするシーンもあったが、ジャパンダートダービー時の最終追い切りの気配と比べたら数段マシ。四肢の動きも悪くなく、この馬なりに順調と判断したい。

アドマイヤビクター
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、余力残しで好時計をマークして追走先着。だが、栗東坂路で実施した最終追い切りは、アゴの高い走りで伸びを欠く物足りない内容。前を走っていた馬が散らすチップを嫌がったのか、坂路そのものが合わないのか、理由は定かではないが、この気配では高評価を与えることはできない。

グリム
1週前に栗東CWで及第点の時計を計測し、最終追い切りを栗東坂路で行った点は前回と同様。ただし、今回は緩めの調整にしたぶん、前回よりも全体時計は遅め。それはいいとしても、肝心の動きに良い意味での前進気勢が見受けられない。前回からの上がり目を期待できるかどうかについては疑問が残る。

オノリス
約2カ月半ぶりの実戦となるが、栗東坂路と栗東CWを併用して急ピッチで乗り込まれ、好ラップを連発。今週の火曜日に行われた栗東坂路の追い切りでも、少し緩いコンディションをものともせず上々の時計をマークした。力を発揮できる仕上がりとみていいだろう。

プロスパラスデイズ
1週前に栗東坂路でマズマズの時計を記録。栗東CWに場所を移した最終追い切りでも及第点の伸び脚を披露した。少し脚捌きに硬さが見られるが、ダート戦ということを踏まえれば、許容範囲の部類。自身の力を出せるデキにある。

エングローサー
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、楽々と及第点の時計を記録&併走馬に追走先着。対照的に栗東坂路で行われた最終追い切りは流す程度の調整で全体時計は平凡。ただし、きっちりと加速ラップを刻んでいるので、大きな問題はないものと思われる。マズマズの状態ではないだろうか。

フロリアヌス
中1週ということもあってか、最終追い切りは南Wで緩めの調整。それなりの時計こそ出ているが、肝心の動きについては頭の位置がブレ気味で、そのぶん鋭さに欠ける感。とくに強調できるような材料はない。

ビッグスモーキー
ボリューム感があって見映えのする馬体だが、栗東CWで行われた今週の追い切りの動きを検証する限り、シャープさが足りない印象。調教で良く見せない馬なので、最終追い切りの内容をそのまま鵜呑みにすることはできないが、このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないか。

クレディブル
今週の追い切りは南Wで実施。余力残しで併走相手の1600万下クラスをアオる上々の動きを見せた。全体時計に派手さはないが、ストライドはしっかりと伸ばしているので、問題にはならない。とくに悪い点が表面化しているわけではなく、好気配であることは疑いようがない。

ミックベンハー
1週前に南Wで6Fからビッシリと追われ、及第点の時計をマーク。同じく南Wで行われた最終追い切りでも、馬なりとしてはマズマズのラップを刻んできた。半面、前を向いて走らないうえに踏み込みも浅く、見映えはイマイチ。前回からの上積みは感じられず、一変まではどうか。

グレートタイム
栗東CWで行われた今週の追い切りでは、長めから僚馬を追いかけるかたちで負荷をかけ、徐々に差を詰めつつ、最後は前を捕まえてゴールした。これは、ユニコーンステークスの最終追い切りとほぼ同様の内容。当時より全体時計は遅いものの、動き自体は悪くなく、ここ一連のデキは維持しているとみていい。

ヒラボクラターシュ
1週前に行われた栗東坂路の追い切りでは、4F自己ベストを馬なりでマークした。半面、同じく坂路で実施した今週の追い切りは単走とはいえ、強めに追われたことを考えると4Fの時計が物足りない。最終追い切りの内容を踏まえると、少し心許ない印象を受ける。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】重賞データ分析2018年8月4日() 13:57



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるレパードステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。



【全般】
前走ジャパンダートダービー組の好走率が高い(2009年以降)

ドンフォルティス
グレートタイム

前走条件戦組(JRAのレースに限る)が好調(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
アドマイヤビクター
オノリス
プロスパラスデイズ
フロリアヌス
ビッグスモーキー
クレディブル
ヒラボクラターシュ

左回りのダート1800mの条件戦を連対後に臨んだ馬の好走例が多い(2009年以降)

プロスパラスデイズ

【人気】
2009年以降、1番人気は複勝率100%
※土曜日13時30分現在の1番人気

グレートタイム

2009年以降、2番人気が及第点の成績
※土曜日13時30分現在の2番人気

ドンフォルティス

【脚質】
4コーナーを4番手以内で通過した馬が好パフォーマンス(2009年以降)

アドマイヤビクター
グリム
ビッグスモーキー
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

※近3走の走りを参考に想定

上がり3ハロン最速馬が【5.0.4.1】という安定ぶり(2009年以降)

ドンフォルティス
エングローサー
グレートタイム

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
両端枠以外の信頼度はおおむね横並び(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
ドンフォルティス
アドマイヤビクター
グリム
オノリス
プロスパラスデイズ
エングローサー
フロリアヌス
ビッグスモーキー
クレディブル
ミックベンハー

※2~7枠の馬を採用

【血統】
良馬場ではヘイロー系またはミスプロ系種牡馬を父に持つ馬が優勢(2012年以降)

バクハツ
アルクトス
イダペガサス
アドマイヤビクター
グリム
オノリス
ビッグスモーキー
クレディブル
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

道悪開催では、ストームバード系やボールドルーラー系などの血脈を持つ馬の活躍が目立つ(2012年以降)

イダペガサス
ドンフォルティス
プロスパラスデイズ
ミックベンハー

※父か母父、あるいは父母父か母母父に、ストームバード系もしくはボールドルーラー系種牡馬を持つ馬を採用

道悪開催時は現役時に米国で活躍した種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の相性が抜群(2012年以降)

バクハツ
イダペガサス
ドンフォルティス
オノリス
プロスパラスデイズ
エングローサー
ビッグスモーキー
ヒラボクラターシュ


【4項目以上該当馬】
●良馬場(JRA発表)のケース
グレートタイム(5項目)
ドンフォルティス(4項目)
アドマイヤビクター(4項目)
ビッグスモーキー(4項目)

●道悪開催(JRA発表)のケース
ドンフォルティス(6項目)
プロスパラスデイズ(5項目)
イダペガサス(4項目)
ビッグスモーキー(4項目)
グレートタイム(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤビクターの関連コラム

閲覧 1,954ビュー コメント 0 ナイス 5

今年最初のJRA G1・フェブラリーSは1番人気のインティが逃げ切り勝ち。7連勝でのG1制覇となった。キタサンブラックコパノリッキーなど、近年何度も見た武豊騎手による逃げ切りだった。

かつては溜めて末脚を伸ばすのが武豊騎手の必勝パターンだったが、近年は鮮やかな逃げ切りも目立つようになった。たった1回きりなら偶然で済ませられるが、2度3度起こることはもはや必然。武豊騎手の技術力がそれを可能にしているのだろう。

新時代の競馬における、

「逃げの武豊

は今後も覚えておいて損はない。


~覚えておいて損はない”騎手のパターン”

そして、先週の重賞では武豊騎手同様にベテラン騎手が持ち味を生かして好走するシーンが多々見られた。

ダイヤモンドSでは、岩田騎手が人気のユーキャンスマイルで馬群に突っ込んでキッチリ勝たせ、長丁場での強さを改めて見せつけた。思えば15年前、同騎手が初めて中央G1を制したのも長丁場の菊花賞デルタブルース)だった。

「長丁場の岩田」

「イン差しの岩田」

は今でも健在だ。

また、直前のレースでは1倍台の断然人気だったアドマイヤビクターで逃げて3着に敗れていたが、

「逃げの岩田は過信禁物」

というのも、以前から格言として胸に秘めている。先日の佐賀記念でもテーオーエナジーで逃げたものの、早々に捕まって3着に敗れている。逃げの武豊とは対照的である。

長丁場といえば、ダイヤモンドSでカフェブリッツを3着に持ってきた蛯名騎手も、中長距離でこそのジョッキーだ。

昨年のステイヤーズSをリッジマンで制したのが記憶に新しいところだが、それ以前を見ても重賞勝ちは2000m以上がズラリと並ぶ。2000m未満の重賞勝利は2016年の共同通信杯ディーマジェスティ)まで遡る必要があり、以後の重賞7勝は、マリアライト宝塚記念ゴーフォザサミット青葉賞など、いずれも2000m以上だ。

「長丁場の蛯名」

は、20世紀から言われていることだが、現在でも通用する格言といえそうだ。

同じくダイヤモンドSでサンデームーティエを2着に粘らせた江田照騎手は、穴の江田照とかつて言われたが、久々に存在感を見せつけた。そして、最終レースでも返す刀で逃げ切り勝ちを決めた。

またフェブラリーSでは、

「大一番でしれっと2~3着に中穴を持って来る福永」

ともいうべき、ユラノトの好走が見られた。ワグネリアンでダービーを制した印象が鮮烈だが、やはり本来は安定感とソツの無さこそが持ち味の騎手なのだろう。

逃げ先行の川田、荒れ馬場の藤岡佑、差しの北村友などなど…中堅世代の騎手たちにもいろいろ特徴がある。細かな特徴や例外を考えることも大事だが、このように大雑把に騎手の特徴を捉えておくだけでも、馬券には大いに役に立つだろう。


中山記念はスケールよりも小回り対応力を重視

さて、今週は中山記念。11頭と少頭数ながら、なかなか注目のメンバーが揃った印象だ。

当然実績を考えればスワーヴリチャードだろうが、中山1800mへの対応を考えると怪しい面もある。当レースは基本的に立ち回り重視で、中距離の差しタイプは危ない。

そう考えると、狙いたいのは小回り対応のスピードを秘めたタイプ。前走好内容で地力強化を感じさせるウインブライトには注目。松岡騎手も久々に気合が入っており、この馬に乗るというモチベーションも、故障からの早期復帰に繋がったのだろう。

また、久々の適距離に戻って巻き返しに期待できそうなエポカドーロにも注目したい。神戸新聞杯は出遅れ、菊花賞は内が伸びない馬場で、まして3000mはこの馬には長すぎた印象だ。中山1800mならば好勝負は必至とみる。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年1月25日(金) 15:00 ウマニティU指数攻略チーム
【U指数で斬る今週のひと鞍】土曜東京8R 1位から中位へ流して好配当ゲットをもくろむ!
閲覧 940ビュー コメント 0 ナイス 2

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週土日に行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2016年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【今週の推奨レース】
■26日(土)東京8R 4歳以上1000万下

先週は単勝と馬連のほかに、初の3連勝馬券を推奨するも、超人気薄に3着に割って入られ、軸馬が1着、相手馬が2着、4着(単勝と馬連のみが的中)という結果になってしまいました。4着は7番人気の人気薄だっただけに、本当に惜しかった。でも、期待できるパターンであることは証明できたので、引き続き条件が合えば狙っていきたいと思います。そして、今週推奨するのは、土曜日に組まれている古馬1000万下の東京ダ2100mの一戦です。集計期間内に1位は勝率50.0%、連対率60.0%、単勝回収率153.0%をマーク。非常に高い確率で勝利しておりますので、まずは1位の単勝を買うのが得策になります。

相手に推奨するのは5~8位の4頭です。実はこの条件、1位の信頼度は高いものの、それ以外の上位勢は不甲斐なく、2~4位は凡走が絶えません。1位から2~4位への馬連流しをシミュレーションすると、的中率10.0%、回収率33.5%にとどまってしまいます。ちょっと手を出せませんよね。一方、その次のグループは頑張っていて、1位から5~8位に馬連を流すと、的中率40.0%、回収率120.2%という優秀な数字が記録されます。どちらで勝負すべきかは火を見るよりも明らか。この条件では、1位の単勝と、1位から5~8位への馬連流しを購入するのがベストの戦略なのです。ご期待ください!


1位 ⑧アドマイヤビクター 92.6
(中略)
5位 ⑩ヴィジョンオブラヴ 89.9
6位 ②スターライトブルー 89.7
7位 ⑥ミラクルブラッド 88.6
8位 ①サトノディード 88.4


★結論★
単勝 ⑧
馬連流し ⑧→①②⑥⑩(4点)



○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「プロ予想MAX」で活躍する予想家による、VIP会員限定コラム(VIP会員先行公開コラム)などが読めて・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

以上のようなメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。(月額1,008円)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

2018年7月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年07月29日号】特選重賞データ分析編(109)~2018年レパードステークス~
閲覧 1,393ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 レパードステークス 2018年08月05日(日) 新潟ダ1800m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○8戦以下 [4-3-4-24](複勝率31.4%)
×9戦以上 [0-1-0-22](複勝率4.3%)

 少ないレース数で出走にこぎ着けた馬を重視したい一戦。キャリア9戦以上で3着以内となったのは、ジャパンダートダービー2着の実績があった2016年2着のケイティブレイブだけです。使い詰めでこのレースに駒を進めてきた馬、条件クラスのレースで長く足踏みしていた馬は評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤビクターグレートタイムドンフォルティス
主な「×」該当馬→エングローサーテイエムディランビッグスモーキー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800m、かつ重賞かオープン特別のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2014年以降[4-2-1-3](複勝率70.0%)
主な該当馬→グレートタイムドンフォルティス

[もっと見る]

2017年11月7日(火) 13:29 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第7回 注目POG馬ランキング上位馬考察~
閲覧 2,761ビュー コメント 0 ナイス 6

 2017年の2歳戦もいよいよ佳境。11月4日までにアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、ダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)、タワーオブロンドン(スノーパインの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ベルーガ(アドマイヤライトの2015)、ラッキーライラック(ライラックスアンドレースの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と8頭のJRA重賞ウイナーが誕生し、今後も11月11日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・京都芝1600m外)、11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)、11月25日の京都2歳ステークス(2歳GIII・京都芝2000m内)と、来月の2歳GIや来春のクラシック戦線に繋がっていきそうなレースが続きます。同世代のライバルを下し、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトルを獲得するのはどの馬でしょうか。

 今回は現在の戦況を整理すべく、「注目POG馬ランキング(2017/11/06 12:00時点」上位馬の成績や近況をまとめてみました。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは11月6日と12/4に新たな仮想オーナー募集枠が開放されるため、ご自身の仮想オーナー馬数とPOGポイントに余裕があれば、まだすべての馬に入札が可能。指名馬選びの参考にしていただければ幸いです。

 まずは「注目POG馬ランキング」20位以内の各馬をご覧ください(成績はいずれも11月5日終了時点)。

■1位 スターリーステージ(スターアイルの2015) 3戦0勝 580万円
■2位 シンハラージャ(シンハリーズの2015) 未出走
■3位 フラットレー(リッチダンサーの2015) 2戦1勝 860万円
■4位 グレートウォリアー(プラウドスペルの2015) 未出走
■5位 レイエンダ(ラドラーダの2015) 1戦1勝 700万円
■6位 シルヴァンシャー(アゼリの2015) 1戦1勝 700万円
■7位 タニノフランケル(Vodkaの2015) 3戦1勝 1180万円
■8位 トゥザフロンティアトゥザヴィクトリーの2015) 3戦1勝 1340万円
■9位 ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015) 2戦1勝 780万円
■10位 アドマイヤキング(アドマイヤテンバの2015) 2戦1勝 700万円
■11位 ミカリーニョ(ミスエーニョの2015) 2戦1勝 780万円
■12位 ルーカス(メジロフランシスの2015) 1戦1勝 700万円
■13位 サトノエターナル(ソーメニーウェイズの2015) 1戦0勝 280万円
■14位 ステルヴィオ(ラルケットの2015) 3戦2勝 3600万円
■15位 ルナステラ(ピラミマの2015) 未出走
■16位 ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015) 未出走
■17位 サトノソルタス(アイランドファッションの2015) 1戦1勝 700万円
■18位 ソシアルクラブブエナビスタの2015) 1戦1勝 700万円
■19位 シーリアシーザリオの2015) 未出走
■20位 ジナンボーアパパネの2015) 1戦1勝 700万円

 既に20頭中15頭がデビューを果たし、うち13頭が初勝利をマーク。サトノエターナルスターリーステージも2着となった経験ならありますから、勝ち上がりは時間の問題だと思います。
 未出走馬5頭のうち、シンハラージャ(シンハリーズの2015)とシーリアシーザリオの2015)は既に入厩済み。デビューは目前と見ていいでしょう。また、グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)やヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015)も、報道等を見る限りでは近いうちに入厩してきそう。他の「注目POG馬ランキング」上位馬がいずれも順調ですし、未出走組もそれぞれ初陣が楽しみです。

 11月5日時点で未出走、かつ「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は、前出5頭の他に22頭いました。

■22位 ブレステイキング(シユーマの2015) 未出走
■25位 ソリッドドリーム(Danedreamの2015) 未出走
■27位 サラキア(サロミナの2015) 未出走
■39位 ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティの2015) 未出走
■42位 フランツ(ロベルタの2015) 未出走
■45位 ダブルフラット(アガルタの2015) 未出走
■48位 デサフィアンテアヴェンチュラの2015) 未出走
■50位 ヴィルトゥース(ドナブリーニの2015) 未出走
■52位 パスティス(ハヤランダの2015) 未出走
■57位 クルークヴァールクィーンズバーンの2015) 未出走
■59位 サトノグロワール(シャムロッカーの2015) 未出走
■63位 ザスリーサーティ(ツーデイズノーチスの2015) 未出走
■66位 イシュトヴァーンドナウブルーの2015) 未出走
■68位 カザン(シャンパンドーロの2015) 未出走
■74位 リンフォルツァンド(リッスンの2015) 未出走
■76位 アドマイヤデジタルフサイチエアデールの2015) 未出走
■78位 エルディアマンテディアデラノビアの2015) 未出走
■80位 シエラ(ゴールデンドックエーの2015) 未出走
■81位 キタノコマンドール(ベネンシアドールの2015) 未出走
■87位 ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015) 未出走
■89位 エリスライト(クリソプレーズの2015) 未出走
■99位 センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015) 未出走

 このうちブレステイキング(シユーマの2015)、ソリッドドリーム(Danedreamの2015)、サラキア(サロミナの2015)、フランツ(ロベルタの2015)、エルディアマンテディアデラノビアの2015)、シエラ(ゴールデンドックエーの2015)、ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015)、エリスライト(クリソプレーズの2015)、センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015)の9頭は既に入厩済み。デビュー戦の内容次第では、クラシック戦線の新星として一気に注目を集めるかもしれません。

 11月5日時点でデビュー済みかつ未勝利だった馬のうち、「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は前出2頭の他に29頭います。

■21位 レピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015) 2戦0勝 480万円
■24位 リシュブール(ラストグルーヴの2015) 2戦0勝 480万円
■28位 マルケッサ(マルペンサの2015) 1戦0勝 0万円
■30位 トーセンブレイヴ(ギーニョの2015) 2戦0勝 200万円
■33位 アプルーヴァル(ファシネイションの2015) 1戦0勝 0万円
■34位 ダノンチェリー(ウィーミスフランキーの2015) 2戦0勝 0万円
■36位 レリカリオ(Unrivaled Belleの2015) 1戦0勝 0万円
■37位 プリメラビスタビワハイジの2015) 1戦0勝 0万円
■38位 サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015) 2戦0勝 480万円
■41位 ローズベリル(モルガナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■43位 グラマラスライフ(プリティカリーナの2015) 1戦0勝 70万円
■46位 レーヴドリーブ(レーヴドスカーの2015) 1戦0勝 110万円
■47位 ピボットポイント(ペンカナプリンセスの2015) 1戦0勝 70万円
■51位 ブレイニーラン(プチノワールの2015) 1戦0勝 180万円
■54位 ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015) 4戦0勝 490万円
■55位 ダノンポピー(マネーキャントバイミーラヴの2015) 1戦0勝 70万円
■56位 シャンデリアスピンダンスインザムードの2015) 2戦0勝 0万円
■61位 サラーブ(サマーハの2015) 1戦0勝 180万円
■62位 プリュス(サラフィナの2015) 1戦0勝 0万円
■65位 ミルコメダ(スカーレットレディの2015) 1戦0勝 0万円
■70位 イダエンペラー(アドマイヤセラヴィの2015) 2戦0勝 0万円
■77位 アドマイヤビクター(ツィンクルヴェールの2015) 1戦0勝 110万円
■86位 イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュートの2015) 1戦0勝 0万円
■88位 スヴァルナ(ブルーミングアレーの2015) 2戦0勝 180万円
■91位 ローザフェリーチェローズバドの2015) 1戦0勝 110万円
■92位 ネプチュナイト(タンザナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■93位 ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015) 1戦0勝 280万円
■95位 ノチェブランカ(ナイトマジックの2015) 2戦0勝 0万円
■96位 モトカ(Sasuelaの2015) 1戦0勝 0万円

 このうち2着となった経験ならあるのはレピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015)、リシュブール(ラストグルーヴの2015)、サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015)、ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015)、ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015)の5頭。順調ならば近いうちに勝ち上がりを果たせるんじゃないでしょうか。また、他もそれなりの良血馬や評判馬ばかりなので、使っているうちに変わってくる可能性は並みの馬よりも高いはず。入札における人気はこれまでよりも下がるでしょうから、安易に指名候補から外すことなくしっかりチェックしておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

アドマイヤビクターの口コミ


口コミ一覧

金蹄ステークス

 しんすけ47 2019年2月16日() 09:31

閲覧 78ビュー コメント 0 ナイス 9

呼ばれて 飛び出て ジャジャジャジャーン
あらびん どびん はげちゃびん♪

昔懐かしハクション大魔王。

東京10R 金蹄ステークス

◎①ニーマルサンデー
△③マイネルクラース
△④メイプルブラザー
△⑨サノサマー
△⑫ナンヨープルートー

馬連①ー③・④・⑨・⑫への4点。

前走はここへの叩き台。得意の舞台に変わって好走が期待出来ますな。
サトノティターンは重めが残ってると言うしアドマイヤビクターは中2週での再輸送なんで。
思い切って切ってしまったんだけど・・・。どーなりますかね?

河原町ステークスはどうしましょうか?

 たぶお統括本部長 2019年2月15日(金) 11:03
コロガシ&推奨馬・土曜日(2/16)
閲覧 118ビュー コメント 1 ナイス 3

《コロガシ&推奨馬》

★東京10R・金蹄S
推奨馬◎⑦アドマイヤビクターで勝負!!
相手は○⑪ミッキーポジション、▲⑨サノサマー、△②サトノティターン、△①ニーマルサンデーの4頭
馬単
⑦→⑪⑨各1500円
⑦→②①各700円
⑪⑨→⑦各500円
これが的中したら全額を
 ↓↓
★東京11R・ダイヤモンドS(GⅢ)
馬単
⑩→①⑨各30%
⑩→②⑦各10%
①⑨→⑩各10%

※途中で外れたらまた5千円からスタートします。

[もっと見る]

 たぶお統括本部長 2019年2月13日(水) 00:14
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 50ビュー コメント 1 ナイス 6

《今週の推奨馬》

★土曜日・東京10R・金蹄S(4歳以上1600万ダート2100m)
・アドマイヤビクター
前走は5ヶ月半ぶりの休み明けで今回と同じ府中ダート2100mの500万を逃げて3馬身半差で圧勝して昇級してきた。
これでダートは[3.0.0.1]で、唯一の着外は出遅れた重賞のGⅢレパードSの9着だけだ。
叩き2戦目の上積みが見込めるし、再び同じ舞台ならまだダートで底を見せてない魅力から昇級初戦でも勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・ヒヤシンスS(3歳オープン・ダート1600m)
・オーヴァルエース
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は府中ダート1400mの寒椿賞を4角では大外に持ち出されるとグイグイ伸びてきて差し切って1馬身1/4差で快勝。
これで2戦2勝の無敗となった。
府中ダート1600mは前々走の新馬戦で8番手から抜け出して9馬身差の圧勝してるから問題ない。
まだまだダートでは底を見せてない魅力からオープンでも勝ち負け必至。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤビクターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤビクターの写真

アドマイヤビクター
アドマイヤビクター

アドマイヤビクターの厩舎情報 VIP

2019年2月16日金蹄ステークス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤビクターの取材メモ VIP

2019年2月16日 金蹄ステークス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。