カラビナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カラビナ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2013年1月20日生
調教師藤岡健一(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績25戦[5-4-2-14]
総賞金10,249万円
収得賞金2,250万円
英字表記Karabiner
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
レリッシュザソート
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
Viz
兄弟 ロイヤルディクリーティアーオブジョイ
前走 2019/09/01 丹頂ステークス OP
次走予定

カラビナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/01 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 141114.8713** 牡6 54.0 藤岡佑介藤岡健一530(+12)2.43.2 2.437.3⑭⑭⑬⑬ポンデザール
19/08/03 札幌 11 札幌日経OP (L) 芝2600 10337.877** 牡6 56.0 藤岡佑介藤岡健一518(+4)2.41.4 0.736.2⑧⑧カフジプリンス
19/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1471121.189** 牡6 56.0 武藤雅藤岡健一514(0)1.50.0 0.933.2⑦⑧⑧レイエンダ
19/05/18 東京 11 メイS OP 芝1800 154613.552** 牡6 54.0 武藤雅藤岡健一514(-8)1.46.1 0.333.3⑨⑧⑧ダイワキャグニー
18/08/04 札幌 11 札幌日経OP OP 芝2600 14115.643** 牡5 56.0 藤岡佑介藤岡健一522(-2)2.41.1 0.735.6⑥⑥⑥④ヴォージュ
18/03/10 中山 10 サンシャイン 1600万下 芝2500 12113.111** 牡5 55.0 藤岡佑介藤岡健一524(-4)2.35.6 -0.236.4グラットシエル
18/01/14 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 1281227.488** 牡5 52.0 幸英明藤岡健一528(-2)2.27.8 1.536.0パフォーマプロミス
17/12/23 中山 11 グレイトフル 1600万下 芝2500 164811.562** 牡4 55.0 吉田隼人藤岡健一530(+2)2.34.2 0.135.2パフォーマプロミス
17/12/09 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 115510.258** 牡4 55.0 幸英明藤岡健一528(+6)2.29.4 0.333.5⑨⑨⑨⑥レジェンドセラー
17/10/29 東京 9 精進湖特別 1000万下 芝2000 12118.541** 牡4 57.0 田辺裕信藤岡健一522(+8)2.10.1 -0.737.7⑥⑥④トレジャートローヴ
17/07/16 中京 10 シンガポール 1000万下 芝2000 15115.738** 牡4 57.0 秋山真一藤岡健一514(0)2.00.0 0.433.9⑩⑨⑩⑩キンショーユキヒメ
17/07/02 中京 9 木曽川特別 1000万下 芝2200 181214.254** 牡4 57.0 藤岡佑介藤岡健一514(+2)2.13.3 0.234.1⑮⑮⑮⑰マウントゴールド
17/05/07 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 10892.111** 牡4 57.0 田辺裕信藤岡健一512(-2)2.01.9 -0.032.9⑧⑧⑧ウインテンダネス
17/04/16 中山 8 鹿野山特別 1000万下 芝2000 11333.322** 牡4 57.0 田辺裕信藤岡健一514(-2)1.59.2 0.533.8⑩⑩⑩⑩テオドール
17/03/26 中京 10 熊野特別 1000万下 芝2200 9664.233** 牡4 56.0 藤岡康太藤岡健一516(-2)2.16.5 0.636.2④④パフォーマプロミス
17/03/12 阪神 9 淡路特別 1000万下 芝2400 13565.337** 牡4 55.0 藤岡康太藤岡健一518(+4)2.26.8 0.434.6⑧⑨⑦④ダノンアローダ
16/12/18 中京 12 尾張特別 1000万下 芝2200 13694.422** 牡3 55.0 秋山真一藤岡健一514(-2)2.15.0 0.234.6⑪⑪⑦⑧スクエアフォールド
16/12/04 中京 9 栄特別 500万下 芝2000 1871310.151** 牡3 56.0 田辺裕信藤岡健一516(-2)2.01.8 -0.234.1⑨⑪⑤ピースマインド
16/11/12 福島 10 三春駒特別 500万下 芝2000 14345.926** 牡3 55.0 加藤祥太藤岡健一518(+12)2.03.3 0.235.3⑩⑫⑪⑪ウインテンダネス
16/09/04 札幌 9 3歳以上500万下 芝2000 168169.766** 牡3 54.0 吉田隼人藤岡健一506(-6)2.02.3 0.536.9ヴィンセンツイヤー

⇒もっと見る


カラビナの関連ニュース

札幌日経オープンの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

【全般】
前走で2400m超のレースに出走していた馬が攻勢

カフジプリンス
モンドインテロ

G1~G2格のレースで5着以内に入った経験のある馬が好成績

レノヴァール
ハッピーグリン
カフジプリンス
ロードヴァンドール
モンドインテロ

【人気】
2014年以降の連対馬はすべて5番人気以内
※10時00分現在の1~5番人気

カラビナ
ヴァントシルム
カフジプリンス
ロードヴァンドール
モンドインテロ

【脚質】
逃げ、先行優勢

ヤマカツライデン
タイセイトレイル
カフジプリンス
ロードヴァンドール

※近走(国内のレースに限る)の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

上がり3ハロン最速馬の好走率が高い

レノヴァール
カラビナ
ハッピーグリン
ヴァントシルム

※近走(国内のレースに限る)の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
6~8枠の出現率が高め

ヴァントシルム
カフジプリンス
ソーディスイズラヴ
ロードヴァンドール
モンドインテロ

【血統】
近年は、父あるいは母父にロベルト系種牡馬を持つ馬の活躍が顕著

ヤマカツライデン
タイセイトレイル
カフジプリンス
モンドインテロ


【3項目以上該当馬】
カフジプリンス(6項目)
モンドインテロ(5項目)
ロードヴァンドール(4項目)
ヴァントシルム(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【古馬次走報】クイーンズテソーロ、バーデンバーデンCで復帰 2019年6月14日(金) 05:03

 ★関東オークスを制したラインカリーナ(美・武藤、牝3)は、スパーキングレディーC(7月4日、川崎、交流GIII、ダ1600メートル)とジャパンダートダービー(同10日、大井、交流GI、ダ2000メートル)の両にらみで調整される。

 ★京葉S9着後、休養しているクイーンズテソーロ(美・畠山、牝4)は、バーデンバーデンC(7月14日、福島、OP、芝1200メートル)で復帰する。

 ★NHKマイルC2着の後、戦列を離れているケイデンスコール(栗・安田隆、牡3)は、7月下旬をメドに帰厩して、関屋記念(8月11日、新潟、GIII、芝1600メートル)で復帰する。鞍上は引き続き、石橋騎手。

 ★エプソムC9着のカラビナ(栗・藤岡、牡6)は、札幌日経オープン(8月3日、札幌、L、芝2600メートル)へ。

★クイーンズテソーロの競走成績はこちら

[もっと見る]

【エプソムC】レースを終えて…関係者談話2019年6月10日(月) 05:08

 ◆吉田豊騎手(ショウナンバッハ4着)「ノメることなく走ってくれた。最後も脚を使っている」

 ◆戸崎騎手(ブレスジャーニー5着)「雨馬場は悪い馬ではないと思って内へ。最後は早めに動いたぶん止まった」

 ◆レーン騎手(プロディガルサン6着)「緩い馬場は問題なかったが、ペースがスローで、ヨーイドンだとこの馬に向かない」

 ◆柴田大騎手(アンノートル7着)「頑張っていますよ。もう少し雨が早く降ってくれればよかった」

 ◆中谷騎手(ストーンウェア8着)「切れ味勝負になってしまった。これだけ上がりが速くては…」

 ◆武藤騎手(カラビナ9着)「ペースが遅く、(馬群の中で)動くに動けなかった」

 ◆菊沢師(ミッキースワロー10着)「もともと展開に左右される馬だし、こんな緩い馬場もね。きょうは仕方がないです」

 ◆三浦騎手(ダノンキングダム12着)「きれいな走りをするので、きょうは馬場でしょうね。道中もハミを頼る感じだった」



★【エプソムC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】エプソムカップ こじはるほか多数!競馬大好き芸能人、著名人が真剣予想!2019年6月9日() 10:00

※当欄ではエプソムカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
◎④ソーグリッタリング

【DAIGO】
◎⑭ダノンキングダム

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑫ブレスジャーニー
○⑨レイエンダ
▲②ハクサンルドルフ
△⑧ミッキースワロー
△④ソーグリッタリング
△⑦プロディガルサン
△⑭ダノンキングダム
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑫→②④⑦⑧⑨⑭

【杉本清】
◎⑦プロディガルサン

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑦プロディガルサン

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎④ソーグリッタリング
○⑦プロディガルサン
▲⑪カラビナ
△①ショウナンバッハ
△⑤アップクォーク
△⑫ブレスジャーニー

【橋本マナミ】
◎⑦プロディガルサン

【やべきょうすけ】
◎④ソーグリッタリング
○⑭ダノンキングダム
▲⑦プロディガルサン
△⑤アップクォーク
△⑥サラキア
△⑧ミッキースワロー
△⑨レイエンダ

【小木茂光】
注目馬
ハクサンルドルフ
アップクォーク
ミッキースワロー
3連単フォーメーション
②⑤⑧→②④⑤⑥⑦⑧⑨⑫⑬⑭→②⑤⑧

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑫ブレスジャーニー
馬連
⑫-①ショウナンバッハ

【キャプテン渡辺】
◎⑭ダノンキングダム
単勝


【土屋伸之(ナイツ)】
◎②ハクサンルドルフ
○④ソーグリッタリング
▲⑦プロディガルサン
△⑧ミッキースワロー
△⑪カラビナ
△⑬アンノートル
△⑭ダノンキングダム

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥サラキア
○④ソーグリッタリング
▲⑦プロディガルサン
△⑧ミッキースワロー
△⑨レイエンダ
△⑫ブレスジャーニー
△⑭ダノンキングダム

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑭ダノンキングダム
○⑤アップクォーク
▲⑧ミッキースワロー
△②ハクサンルドルフ
△④ソーグリッタリング
△⑦プロディガルサン
△⑬アンノートル

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④ソーグリッタリング
○⑧ミッキースワロー
▲⑪カラビナ
△②ハクサンルドルフ
△⑤アップクォーク
△⑦プロディガルサン
△⑨レイエンダ

【船山陽司】
◎②ハクサンルドルフ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎④ソーグリッタリング

【高見侑里】
◎⑦プロディガルサン

【高田秋】
◎⑪カラビナ

【目黒貴子】
◎⑤アップクォーク

【天童なこ】
◎⑭ダノンキングダム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】エプソムカップ 7歳以上の連対ゼロ!前走OP特別4着以下敗退馬の巻き返しは困難!2019年6月9日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のエプソムカップの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上の連対例はなし(2008年以降)

ショウナンバッハ
ストーンウェア

前走でオープン特別に出走、かつ4着以下敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

ハクサンルドルフ
ストーンウェア
アップクォーク
レイエンダ
ブレスジャーニー

【人気】
7番人気以下の連対馬はなし(2008年以降)
※8時30分現在の7番人気以下

ショウナンバッハ
ハクサンルドルフ
ストーンウェア
アップクォーク
サラキア
カラビナ
アンノートル

当日の単勝オッズ15.0倍以上の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ15.0倍以上

ショウナンバッハ
ハクサンルドルフ
ストーンウェア
アップクォーク
カラビナ

前走で同距離かつ同コースのオープン特別に出走かつ、今回4番人気以下馬の好走例はなし(2008年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつ該当馬

ショウナンバッハ
ストーンウェア
レイエンダ
カラビナ
ブレスジャーニー

前走の単勝人気が10番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ショウナンバッハ
ハクサンルドルフ

【脚質】
前走(G1を除く)の4角通過順が10番手以降、かつ2桁着順だった馬の連対例はなし(2008年以降)

ハクサンルドルフ

【枠順】
馬番枠9番の好走例は皆無(2008年以降)

レイエンダ

【血統】
外国産馬を除き、サンデーサイレンスを内包していない馬の連対例はゼロ(2008年以降)

レイエンダ
アンノートル

6歳以上のディープインパクト産駒の連対例は皆無(2012年以降)

プロディガルサン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ソーグリッタリング
ミッキースワロー
ダノンキングダム

※⑩ソウルスターリングは出走取消



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【血統アナリシス】エプソムカップ リステッド連勝のステイゴールド産駒にチャンスあり!新潟大賞典2着馬も持久力勝負なら好戦可能!2019年6月8日() 16:40

日曜日に行われるエプソムカップの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ショウナンバッハ
サンデーサイレンス系×ナスルーラ系配合馬は当レースにおける活躍配合のひとつ。本馬自身も同じコースのメイSで3着入りを果たしているように、それなりの舞台適性を備えているとみていい。ただし、本馬はノーザンテーストやプリンスリーギフトの血脈が強調された、スピード優先型のまとまり系。ゆえに、オープン特別→重賞+斤量増の臨戦で、前回以上の結果を望めるかどうかについては疑問が残る。

ハクサンルドルフ
アドマイヤムーン×シアトリカルの配合馬。半兄のブルミラコロはダートの短距離で活躍。叔母にはフラワーカップ2着馬のスルーレートがいる。持続力に優れたパワー型のマイラーとみていいだろう。昨年2着の実績が示すように、キャラクター的には当レースの傾向と合致する。ただ、近走をみるに道中の追走力が衰えている印象。上位争いに加わるには、展開や馬場の助けがほしいところだ。

ストーンウェア
バードストーン×ガイガーカウンターという、ミスプロ系の良血馬同士の組み合わせ。スピードの持続力に優れ、パワーと機動力も兼ね備えた好配合ではあるのだが、エプソムカップにおけるサンデーサイレンス非内包馬の成績が振るわない点は不安材料。加えて、加齢に伴う能力減退も気になるところ。前回から斤量増の別定重賞で、馬券圏内に届くイメージは湧いてこない。

ソーグリッタリング
母のソーマジック桜花賞で3着に健闘。父は今春の東京芝重賞で産駒の奮闘が目立つステイゴールド。母系にスペシャルを内包する父産駒という点は、クロコスミアインディチャンプと共通する。古馬になってから、メキメキと頭角を現すのは同産駒ならではこそ。他馬より重い斤量は不安要素だが、軌道に乗った感がある今なら、上位争いを演じてもおかしくない。

アップクォーク
叔父にタイキフォーチュン、近親にはクラリティスカイと、ファミリーに2頭のNHKマイルカップ勝ち馬。ダンチヒ系×サンデーサイレンス系配合馬の当レースにおける相性も悪くなく、この時期の東京芝重賞にマッチした構成と言えよう。うまく流れに乗って、持ち味の持続力を活かすことができれば、上位進出の目もある。

サラキア
ディープインパクト×ニジンスキー系の組み合わせは、2012年の勝ち馬トーセンレーヴと同じ。東京芝で好パフォーマンスを示している、ドイツ牝系の出自である点も申し分がない。ただ、母方が欧州の重厚な血で固められているぶん、極端に速い時計を要求される競馬では、どうしても後れをとるケースが増えてくる。勝ち負けに加わるには、適度に上がりを要する展開、あるいは馬場が望ましい。

プロディガルサン
祖母はキングマンボの全妹、3代母は世界最強マイラーのミエスクという超一流の牝系の出自。そのうえ、リアルスティールラヴズオンリーユーと全兄妹も東京芝の重賞で大活躍と、潜在的な舞台適性については申し分がない。G1を制した兄妹と比較するのは酷かもしれないが、G3レベルなら手が届く下地は整っている。要警戒の1頭だ。

ミッキースワロー
父のトーセンホマレボシディープインパクトの直仔でありながら、瞬発力ではなくスピードの持続力を武器に活躍した異端型。その父に、ジャングルポケット×リファール系という持続力特化型の肌馬を掛け合わせているのだから、本馬が秘めている持続力はかなりのもの。1ハロンの距離短縮が課題となるが、持ち味を存分に活かせる持久力勝負になれば、ここでも好戦可能とみる。

レイエンダ
レイデオロの全弟で、叔父にゴルトブリッツ、祖母の半弟にディープインパクトがいる良血馬。母父ロベルト系の重厚さと、スピードに長けたミスプロのインブリードのマッチングの妙で、速力とパワーを兼ね備えた中距離タイプに仕上がっている。ただ、尻すぼみの成績が示すように、現状はポテンシャルを活かしきれていない印象。その点を鑑みると勝ち切るまではどうか。連下の押さえ候補、という評価が正解とみる。

ソウルスターリング【出走取消】

カラビナ
母のレリッシュザソートはサドラーズウェルズの直仔にして英オークス3着馬。その母にステイゴールドを重ねているのだから、スタミナに秀でたタイプであるのは間違いない。ただ、近3走はまったく異質の競馬で好走しているように、奥手の配合らしく、ここへきて充実期を迎えている可能性もある。最も得意とする器用さとタフさを問われる展開になれば、能力全開のシーンも十分にありえる。

ブレスジャーニー
母父が属するロベルト系は今春の東京芝1800mにおける好走系統のひとつ。もとより本馬自身、同コースの東京スポーツ杯2歳Sを制しているのだから、相応の適性を備えているのは疑いようがない。長らく馬券に絡んでいないが、近親にドゥラメンテルーラーシップがいる筋の通った牝系の出自だけに、G3ならば軽視は禁物。圏内突入があってもおかしくない1頭だ。

アンノートル
アイルハヴアナザー×タイキシャトルの組み合わせ。成績が示すとおり、パワーとスピードの持続力に特化したマイラーとみていいだろう。近い親族に重賞勝ち馬は見られないものの、祖母のタイキトゥインクルは6歳、叔父のヒットジャポットは5歳にして、初の重賞好走(ともに3着)を果たしている。芝1800mの成績が芳しくない点は不安材料だが、奥手の血筋だけに、連下の押さえは必要かもしれない。

ダノンキングダム
京都2歳S2着などオープンクラスで活躍したダノンメジャーの半弟。本馬は父がダイワメジャーからステイゴールドに替わり、距離の適性が長めに出ている印象。速力に優れたマイラーや1800mのスペシャリストが幅を利かせやすい、当レースの傾向とは若干のズレがある。ここで首位争いに加わるには、すんなり先手をとるか、追走に一定以上のスピードを必要としない道悪など、何らかの恩恵が欲しい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

カラビナの関連コラム

閲覧 1,198ビュー コメント 0 ナイス 2

先週の安田記念は散々な結果になってしまった。当コラムにて、

「2強を軸に、ベタに行くならステルヴィオインディチャンプ、少し捻るならサングレーザーロジクライあたりを…」

などと書いたが、今読み返してもお恥ずかしい限り。2頭ともに外枠に入ったことで多少の胸騒ぎはしたのだが、それにしても最終的な本命だった◎ダノンプレミアムがシンガリ負け、さらに対抗の○アーモンドアイも3着では、言い訳もなにもない。確かにスタート直後の不利もあったが、そもそもいつもスタートを決めるダノンプレミアムが出負けしたことが、大きな不利を受ける要因にもなった。状態面が本物でなかったのだろう。

レース自体は内枠のアエロリットがスンナリ逃げる、いわば”内枠先行レース”。勝ったインディチャンプは福永騎手らしいソツのない立ち回りと完璧な仕掛けが際立った。一方で差して来たアーモンドアイも、素直に負けて強しと言えるものだった。天皇賞(秋)に直行とのことだが、順調ならばかなり有力だろう。


~波乱続きの春G1の教訓

それにしても、オッズ的にも多くのファンが崩れそうもないと考えた2強が共倒れし、改めて競馬の難しさを感じさせられた安田記念だったが、思えば今年の春のG1連戦では同様のシーンを何度も目の当たりにした。

NHKマイルCにおけるグランアレグリアの失速、そして伏兵ケイデンスコールの激走。ヴィクトリアマイルではクロコスミアが3着に踏ん張り、オークスではスイートピーS勝ちのカレンブーケドールが2着と大健闘、ダービーでは無敗のサートゥルナーリアが断然人気を裏切り、勝ったのは最内枠の12番人気ロジャーバローズだった。

1倍台の断然人気馬が馬券圏外に敗れ、2ケタ人気馬が激走する、そんなシーンを何度目の当たりにしたか…。そこで改めて感じたこと、教訓を以下にまとめておきたい。

① 馬場と枠順の重要性

NHKマイルCではグランアレグリアが断然人気を裏切り、8枠のアドマイヤマーズケイデンスコールがワンツーを決めた。これはレースの週末に降った雨の影響が大きかった。結果として内が伸びづらくなり、直線は外からの差しが届いた形だ。いわば桜花賞でスピード勝負を制してきたグランアレグリアにとっては真逆の適性を問われたことになる。

ところが次週のヴィクトリアマイルでは一転して内有利に、ノームコアクロコスミアという2枠の2頭が波乱の立役者となり、ダービーではCコース替わりでやはり内有利になり、最内枠のロジャーバローズが制した。さらに先週の安田記念も人気2頭が外枠に入ったことが波乱の要因だった。実際に勝ったインディチャンプ、2着アエロリットともに4コーナーはインを回っていた。

競馬は時代とともに変わっていくが、トラック競技である以上枠と馬場の重要度は不変だということだ。

② 騎手の重要性

騎手の話をするとどうしても外国人騎手のことになってしまうが、良くも悪くも彼らの存在が目立った。とりわけレーン騎手には大いに悩まされたことだろう。4月末の初来日直後に新潟大賞典を制し、2週後の京王杯スプリングC、返す刀でヴィクトリアマイルを制したあたりで同騎手の株はストップ高状態だった。

ところが以後は精彩を欠くシーンも目立つ。オークスではコントラチェックで逃げて失速、勝ったのはデムーロのラヴズオンリーユー。さらにダービーでは断然の支持を集めたサートゥルナーリアに騎乗したが出遅れて4着と人気を裏切り、安田記念でもステルヴィオで出遅れてしまった。

もちろんレーン騎手の腕が立つのは間違いないが、あくまでも馬券を買う上では同騎手に向いた条件かどうか、そして人気との兼ね合いはどうか、ということを冷静に考える必要がある。

また、日本人騎手では戸崎騎手の奮闘も目立った。天皇賞(春)では中穴グローリーヴェイズを2着に持って来ると、ヴィクトリアマイルでは11番人気クロコスミアで3着、ダノンキングリーアエロリットでも連続して2着と、勝利こそないものの随所で勝負強さを見せていた。

③ 断然人気を疑うことの重要性

多少これまでのことと重複するが、断然人気馬と言えども妄信してはいけないというのも大いなる教訓だろう。グランアレグリアサートゥルナーリアといった馬たちは1倍台で馬券圏外に飛び、先週のアーモンドアイにしても内容は強かったとはいえ3着に敗れた。競馬においては不利や展開不向き、また先週のスタート直後のトラブルのような予測不能な事態が多々起こる。

それは人間が動物を操る…という競馬だからこそ起こり得ることでもあり、それゆえに起こる波乱については常に頭に入れておかなくてはならない。もちろんデータを見れば1倍台というのは高確率で馬券に絡むのだが、逆に言えば飛んだ時の破壊力も凄まじいものがある。先週の安田記念は4番人気→3番人気の馬単が万馬券。これも断然人気馬が飛んだことの破壊力を示すものだ。

競馬は基本的に同じことの繰り返し。我々ファンも…というより人間は常に同じ失敗を繰り返すものだ。だからこそこの春のG1で起こった一連の出来事を改めて振り返り、少しでも今後の教訓にしたいものである。


~関東は梅雨入り、空模様が気になる週末

さて、今週末はG1もひと休み、エプソムCとマーメイドSが行われる。気掛かりなのはこの週末は恐らく梅雨入りし、全国的に雨模様になりそうなことだ。金曜段階ではあるが、関東&関西ともに雨模様だ。週末はどうなるかわからないが、雨の影響が残ればなかなか面白い馬場になるかもしれない。

そこでまずチェックしたいのはダートの馬場状態だ。よく、湿ったダートは前が止まらない…と言われることもあるが、アレは基本的に俗説というか、嘘の部類である。もちろん時と場合によるが、湿ったダートは外が有利になりやすく、場合によっては差しもよく届くようになる。

また、芝への影響だが、特に連続開催の東京は雨の影響を受けると一気に外が伸びる馬場に変貌しそうな気配がある。実際、最近の府中はNHKマイルCがそうだったように、普段は内が伸びても雨が降ると外が顕著に伸びる傾向がある。今週末は特に、馬場の推移には注目しておきたい。

雨の影響が残ることが前提になるが、エプソムCはカラビナブレスジャーニーあたりが面白そう。カラビナは道悪での圧勝歴があり、荒れ馬場は得意。ブレスジャーニーは折り合いに不安があるタイプで、こちらも雨が降って差しが届くような馬場は歓迎だろう。

一方マーメイドSはモーヴサファイアが面白そうだ。上がり掛かる馬場向きのハービンジャー産駒で、阪神芝2000mは馬のみならず、鞍上川田騎手にとっても得意の舞台だ。

今週末は空模様と気象予報を気にしつつ、G1の谷間となる競馬を楽しんでいきたい。



※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月15日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年05月15日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(150)
閲覧 2,005ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、平安ステークス、メイステークス、鳳雛ステークス、韋駄天ステークス、オークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年05月18日(土) 京都11R 平安ステークス
【前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●500kg未満 [1-1-1-38](複勝率7.3%)
●500kg以上 [5-5-5-38](複勝率28.3%)
→好走馬の大半は前走の馬体重が500kg以上。馬格がない馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都ダ1900m×マンハッタンカフェ×無条件
→複勝率47.2%


▼2019年05月18日(土) 東京11R メイステークス
【前走の着順別成績(2012~2014年・2016~2017年のメイステークス、2015年のモンゴル大統領賞)】
●4着以内 [6-4-5-17](複勝率46.9%)
●5~8着 [1-2-1-18](複勝率18.2%)
●9着以下 [0-1-1-50](複勝率3.8%)
→近走成績を素直に評価したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が4着以内なのは、カラビナベルキャニオンの2頭だけです。


▼2019年05月19日(日) 京都10R 鳳雛ステークス

[もっと見る]

2018年1月20日() 11:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/13,14の結果(日経新春杯,愛知杯)
閲覧 743ビュー コメント 0 ナイス 2



1月14日(日)に行われました京都11Rの「日経新春杯 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲パフォーマプロミス(3.7倍)
2着:総合ポイント【4位】☆ロードヴァンドール(6.7倍)
3着:総合ポイント【11位】△ガンコ(15.0倍)

第2グループ・総合ポイント4位のパフォーマプロミスが1着、第2グループ・総合ポイント4位のロードヴァンドールが2着、第3グループ・総合ポイント11位のガンコが3着という結果でした。


カラビナの京都替わりでの上昇度に期待したのですが、4角で既に手応え一杯。。。見誤りましたね~。予想編でも書いた通り、レース当日はもう少し外有利な馬場になっているかとみていましたが、当日は内も伸び出していてそこもズレてしまっていました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11

計22点 払い戻し0円


続いて、1月13日(土)に行われました中京11Rの「愛知杯 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○エテルナミノル(11.6倍)
2着:総合ポイント【14位】レイホーロマンス(25.1倍)
3着:総合ポイント【2位】◎マキシマムドパリ(4.4倍)

第1グループ・総合ポイント1位のエテルナミノルが1着、第4グループ・総合ポイント14位のレイホーロマンスが2着、第1グループ・総合ポイント2位のマキシマムドパリが3着という結果でした。


マキシマムドパリは1コーナーでまさかの不利、期待していた好位での競馬はできませんでしたが、何とか3着を確保してくれました。難解なレースでしたので的中できたということを前向きに捉えたいと思います(+_+)


【馬連】
7→3,4,6,10

【ワイド】
7→3,4,6,10

計8点 払い戻し1,100円

[もっと見る]

2018年1月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第330回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~日経新春杯 G2
閲覧 1,088ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「日経新春杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ミッキーロケットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモンドインテロまで2頭。
第2グループ(黄)は、ヒットザターゲットから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードヴァンドールパフォーマプロミスカラビナアクションスターまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ソールインパクトから同差(約1馬身差)内の、トルークマクトまで5頭となっていて、全馬が3G内にとどまる配置となっています。

ハンデ戦ですし、斤量補正があるので拮抗してくるのは当然と言えば当然ですが、それにしても少頭数でここまで大きな開きが見られない構図というのも珍しい印象です。

そんななか今回の◎は総合4位タイ評価となったカラビナとしました。前走連対の4~5歳馬を狙いたいレースで、今年は3頭が該当しますが、○ミッキーロケットは中間一頓挫あって人気必至、△ガンコは前走1000万下を人気薄で粘り込んでの勝利で本命視はさすがに・・・という印象。そんなわけで、前走1600万2着のこの馬に軽量での一発を期待。エンジンの掛かりが遅く長くいい脚を使うこの馬の特徴からも、京都の下り坂はプラスになりそうで少頭数も歓迎材料。土曜夜には降雪予報も出ていてさらに時計が掛かってきそうな馬場状態も、タフな馬場が合う◎には好都合ではないでしょうか。ここでも人気になるであろう▲パフォーマプロミス(今回、この馬の場合は鞍上人気も相まってという状況ではありますが^^;)と、前走では1キロ差でコンマ1秒差。人気では差がつくでしょうが、2キロ差に広がって迎える今回、この凄馬出馬表評価にもある通りそこまでの差はないとみて、この馬の上位進出を狙います。
以下、状態良さそうで距離克服あっても不思議ない☆ロードヴァンドール、タフな馬場になればなるほど怖い印象の△モンドインテロとこのあたりまでを上位評価。
今回の私の馬券は◎の単複勝負になる見込みですが、◎から○▲☆△(モンドインテロ)と組んだ3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆△(3)=印
12=2,3,7,8=1,2,3,7,8,9,10,11(22点)

[もっと見る]

2018年1月14日() 12:45 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(日経新春杯 G2)
閲覧 837ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『日経新春杯 G2』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎ミッキーロケットで勝率16.0%。穴っぽいところでは△カラビナが4番手評価となっていますね。

続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらは◎モンドインテロがトップ勝率で15.1%。また、ここでも▲カラビナは好評価のようですね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも◎モンドインテロの結果に。○パフォーマプロミスや▲ミッキーロケットといった顔ぶれもここでも好評価となっています。


【まとめ】
今回はモンドインテロに◎2票、ミッキーロケットが◎1票を含む全て3番手以内評価と、昨年の好走馬がやはり上位に評価される結果に。ただ、抜けた勝率という状況はいずれのロボでも見られずで、思わぬ波乱もありそうな配置にも受け取れますが果たして!?レースを楽しみに待ちたいと思います(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

カラビナの口コミ


口コミ一覧
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 4

新潟 5R メイクデビュー新潟 2歳新馬[指定]
◎ 8 ★ネオボーゲン…10着
○ 1 エストロ…4着
▲15 ロードエクスプレス…1着
△ 5 レジイナアン…9着
× 7 チアチアクラシカ…2着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 弥彦特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
☆ 7 ドゥリトル…8着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 農林水産省賞典 新潟記念 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 レイエンダ…10着
○ 4 フランツ…5着
×10 カヴァル…11着
×12 ショウナンバッハ…6着
×15 ☆ブラックスピネル…4着
[結果:ハズレ×]

小倉 1R 2歳未勝利(混合)[指定]
◎ 5 サンビースト…6着
○ 4 エコロブラッサム…4着
▲11 ロードユリシス…10着
△ 6 タガノカスターニャ…8着
[結果:ハズレ×]

小倉 2R 2歳未勝利[指定]
◎ 7 エグレムニ…1着
○ 4 アオイスイセイ…7着
▲12 カリオストロ…2着
△ 1 シゲルカセイ…5着
[結果:アタリ△ 馬連 7-12 490円]

小倉 3R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 8 プラネットアース…2着
○ 6 ニホンピロハビアー …6着
▲13 メメランタン…3着
△12 メイショウウグイス…5着
[結果:ハズレ×]

小倉 4R 3歳未勝利[指定]
◎ 9 ラハイナヌーン…2着
○10 ウェーブクリスタル…6着
▲14 メイショウホウジュ…3着
△ 5 スイートミーティア…4着
[結果:ハズレ×]

小倉 5R メイクデビュー小倉 2歳新馬(混合)[指定]
◎ 6 ヴェルトライゼンデ…1着
○ 1 リアンティサージュ…4着
▲ 2 ダンシングリッチー …2着
△ 4 トウカイデュエル…3着
[結果:アタリ○ 馬連 2-6 2,050円]

小倉 6R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎16 ジュベルハフィート…3着
○18 ランドリュウオー …12着
▲ 1 ルッチョーラ…8着
△13 ウインアミーリア…9着
[結果:ハズレ×]

小倉 7R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎ 4 ヒロノセンキン…1着
○ 5 オーヴェルニュ…2着
▲ 9 アイファーキングズ…13着
△ 7 グーテンモルゲン…8着
[結果:アタリ○ 馬連 4-5 750円]

小倉 8R 3歳以上1勝クラス牝[指定]
◎15 カーサデルシエロ…7着
○17 メイショウラバンド…5着
▲10 ☆ハニエル…17着
△ 2 ロナ…4着
×14 ディーブラッド…12着
[結果:ハズレ×]

小倉 9R 若戸大橋特別 3歳以上1勝クラス[指定]
◎12 ヤマニンマヒア…7着
○ 6 デクレアラー …6着
▲ 8 パルフェクォーツ…8着
△ 3 ガウディウム…2着
[結果:ハズレ×]

小倉10R 西日本スポーツ杯 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 9 ゴールドラグーン…1着
○12 コマビショウ…4着
▲ 4 オンザロックス…3着
△13 ☆タガノプレトリア…14着
× 7 ヴァルディノート…11着
[結果:ハズレ×]

小倉11R 小倉2歳ステークス GⅢ 2歳オープン(国際)(特指)
◎ 5 トリプルエース…2着
○ 7 カイルアコナ…5着
▲ 3 ラウダシオン…3着
△10 マイネルグリット…1着
× 6 ☆ヒバリ…14着
[結果:アタリ○ 馬連 5-10 1,310円]

札幌 9R 3歳以上1勝クラス[指定]
☆ 7 カリブメーカー …7着
[結果:ハズレ×]

札幌11R 丹頂ステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 ヴァントシルム…10着
○ 7 モンドインテロ…8着
▲ 1 カラビナ…13着
△ 5 タイセイトレイル…3着
× 2 ハナズレジェンド…2着
☆11 ヤマカツライデン…7着
[結果:ハズレ×]

今日は、朝から淀に行って、ダラダラと過ごそうと思ってます。

[今日の結果:16戦3勝12敗1分]
ダラダラな結果でした。

 fedo_love 2019年9月1日() 17:08
9/1(日) 札幌11R丹頂S備忘録
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 4

【予想】
◎6マイネルヴンシュ/丹内
〇8ポンデザール/石川
▲5タイセイトレイル/中谷
▼9ヴァントシルム/藤岡康
△1カラビナ/藤岡佑
 11ヤマカツライデン/池添
→馬連ボックス6,8,5,9の6点、3連複6を軸に10点

【結果】
①ポンデザール
②ハナズレジェンド/川島
③タイセイトレイル
④マイネルヴンシュ・・・
⑦ヤマカツライデン
⑩ヴァントシルム

【的中】
なし。。。

【振返り】
長距離戦績と前走との間隔を見て印をして、△で3チェスナットコートも入れていましたが-14kg減で切り投票しました。
△ヤマカツライデンがハナを切ってスタート、◎〇▲の各馬それぞれによさそうな手応えで長い道中を進んでいきました。最終コーナーを回る手前で、内側にいたと思ったポンデザールが外に持ち出して進出、そのままグングン伸びて3馬身半差をつけての圧勝でした。斤量50kgも恵まれてました。石川騎手は昨日の札幌2歳S1着に続きメインを1着で取り、絶好調でしたね。
翻って、+16kgだったけど◎のままにしたマイネルヴンシュ。5番手のいい位置にいながら、前に壁(というほどでないと思うけど)ができたのか、1頭分外にいたタイセイトレイルに先に行かれ、後ろからやはり外へ持ち出した2ハナズレジェンドにも追い抜かれ、万事休す。。外に進路を取ってればどうだったか?ハナズレジェンドは先週からの連闘、2600も長いと思ってましたが、、見事馬連・3連複を吹っ飛ばされました。この光景、どこかで思い当たる、、と振返ったら、7/27(土)TVh賞でも2着にハナズレジェンドがきて馬連飛ばされてました。。( ;∀;)

[もっと見る]

 しんすけ47 2019年9月1日() 08:31
西日本スポーツ杯・丹頂ステークス・雷光特別
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 23

September そしてあなたは
September 秋にかわった♪

今日から9月。上半期の締めですな。

馬券当てて好スタートを切りたいですね!

小倉10R 西日本スポーツ杯

◎②メイショウササユリ
△③ペガサス
△④オンザロックス
△⑥シンハラージャ
△⑨ゴールドラグーン
△⑬タガノプレトリア

馬連②ー③・④・⑥・⑨・⑬への5点。

東スポによりますと良化はスローなんだけんどもしかし・・・、
小倉の相性の良さと重馬場実績を考慮して本命に抜擢!
配当面も魅力的なんですよ。

札幌11R 丹頂ステークス

◎④マイハートビート
△①カラビナ
△⑤タイセイトレイル
△⑥マイネルヴンシュ
△⑧ポンデザール
△⑬ミライヘノツバサ

馬連④ー①・⑤・⑥・⑧・⑬への5点。

限定戦だけど重賞で4着の実績有り。菜々子ちゃんが動かし切れなかったとの事なんで。
その前までは堅実に走っていたのでオープンでも。何より5kg減は効きそうな気がするヨ。

新潟12R 雷光特別

◎⑥ヤマニンベルベール
△②グラウシュトラール
△⑨バカラクイーン
△⑫ヤマニンベリンダ
△⑯ピカピカ
△⑰ウインアイルビータ

馬連⑥ー②・⑨・⑫・⑯・⑰への5点。

千二→直線千への条件替わりは間違いなく好材料。このクラスでもトーホウレジーナの2着実績有り。
この人気なら狙ってみたいね。

と言う訳で今日は5鞍購入ですが穴目ばかりなんでどーなりますかね?

当たれば一発大逆転!なんだけどね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カラビナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カラビナの写真

カラビナ

カラビナの厩舎情報 VIP

2019年9月1日丹頂ステークス13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カラビナの取材メモ VIP

2019年6月9日 エプソムカップ G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。