タイセイパルサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2013年4月15日生
調教師大橋勇樹(栗東)
馬主田中 成奉
生産者グランド牧場
生産地新ひだか町
戦績32戦[4-1-5-22]
総賞金6,818万円
収得賞金2,200万円
英字表記Taisei Pulsar
血統 パイロ
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Wild Vision
プリモレディ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイオーユー
兄弟 ブルベアクワイサンレイハリケーン
前走 2019/07/14 名鉄杯 (L)
次走予定

タイセイパルサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/14 中京 11 名鉄杯 (L) ダ1800 116761.11010** 牡6 56.0 鮫島克駿大橋勇樹488(+2)1.50.7 3.138.3④⑤⑦スマハマ
19/06/22 東京 11 アハルテケS OP ダ1600 135760.01113** 牡6 57.0 三浦皇成大橋勇樹486(-6)1.38.7 3.940.5ワンダーリーデル
19/04/21 京都 10 桃山S 1600万下 ダ1900 1357100.0121** 牡6 57.0 藤岡佑介大橋勇樹492(-4)1.58.4 -0.136.6エルリストン
19/01/20 京都 10 舞鶴S 1600万下 ダ1800 1181051.2910** 牡6 57.0 松山弘平大橋勇樹496(-2)1.54.2 1.836.5⑥⑥⑨⑩タイキフェルヴール
19/01/14 京都 9 雅ステークス 1600万下 ダ1900 1281221.7812** 牡6 54.0 藤岡康太大橋勇樹498(-2)2.01.4 2.138.9モズアトラクション
18/12/22 阪神 10 摩耶S 1600万下 ダ1800 1612199.4143** 牡5 54.0 藤岡康太大橋勇樹500(0)1.49.2 0.736.1⑤④⑤⑤オルナ
18/12/09 阪神 10 堺ステークス 1600万下 ダ1800 94449.668** 牡5 57.0 古川吉洋大橋勇樹500(-4)1.54.4 1.738.8④④テルペリオン
18/12/01 阪神 10 御影S 1600万下 ダ1400 91158.568** 牡5 57.0 藤岡佑介大橋勇樹504(+20)1.24.7 1.236.9⑧⑧ホウショウナウ
18/05/27 東京 11 薫風S 1600万下 ダ1600 16234.2213** 牡5 57.0 M.デムー大橋勇樹484(-4)1.38.3 1.638.2⑥⑥ストライクイーグル
18/05/06 京都 10 上賀茂S 1600万下 ダ1800 168155.823** 牡5 55.0 古川吉洋大橋勇樹488(0)1.52.1 0.336.7⑥⑥⑤④アンデスクイーン
18/04/22 京都 10 桃山S 1600万下 ダ1900 1561113.253** 牡5 57.0 藤岡佑介大橋勇樹488(-8)1.58.3 0.337.7⑦⑦⑧④ジュンヴァルカン
18/04/08 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 152346.0105** 牡5 57.0 藤岡佑介大橋勇樹496(-2)1.51.5 0.338.2⑦⑦⑦⑤ストロングバローズ
18/01/20 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1800 10446.841** 牡5 57.0 幸英明大橋勇樹498(-4)1.53.5 -0.038.7ドライバーズハイ
18/01/07 京都 9 舞鶴特別 1000万下 ダ1800 141117.756** 牡5 57.0 幸英明大橋勇樹502(+8)1.53.6 0.637.6④⑤⑤アスターゴールド
17/10/01 阪神 12 3歳以上1000万下 ダ1800 166121.919** 牡4 54▲ 森裕太朗大橋勇樹494(+6)1.54.0 1.839.0⑨⑩⑩⑨ジュンスパーヒカル
17/09/09 阪神 7 3歳以上500万下 ダ1800 163616.8111** 牡4 54▲ 森裕太朗大橋勇樹488(+4)1.50.9 -1.136.7⑤⑤⑦トウカイエクレール
17/08/20 小倉 12 3歳以上500万下 ダ1700 164820.972** 牡4 54▲ 森裕太朗大橋勇樹484(-4)1.46.0 0.437.7⑥⑥⑩⑨テルペリオン
17/08/05 小倉 10 指宿特別 500万下 ダ1700 1611132.8156** 牡4 57.0 小牧太大橋勇樹488(+8)1.47.1 1.038.3⑧⑧⑧⑥ナムラミラクル
17/07/16 中京 9 タイランドC 500万下 芝1200 1835163.21513** 牡4 57.0 川島信二大橋勇樹480(-12)1.09.9 1.034.5⑬⑫オフクヒメ
17/05/13 京都 8 4歳以上500万下 ダ1400 1671313.3313** 牡4 57.0 福永祐一大橋勇樹492(+6)1.24.3 1.337.5⑦⑧トップリバティ

⇒もっと見る


タイセイパルサーの関連ニュース

【名鉄杯】厩舎の話

2019年7月12日(金) 05:05

 ◆アンデスクイーン・山本助手 「デキは引き続きいいし、直線の長いコースも合う」

 ◆クイーンマンボ・辻野助手 「前走は気持ち、距離が長かったかも。中身はできているし、叩き3戦目で走り頃かなと思う」

 ◆サトノアッシュ・柴田助手 「前走は展開がハマッたが、締まった馬場も得意なんだろうね。この季節がいいのか、今は馬が元気で体にもハリがある」

 ◆ジョーダンキング・藤原助手 「しっかり乗っているし、状態はいい。しぶとく脚を使えるし、左回りも問題ない」

 ◆スマハマ高橋亮師 「しっかりと間隔をあけてケアをした。坂路中心の調整だけど、前走時より動けている」

 ◆タイセイパルサー・大橋師 「元気いっぱい。前走は終始、絡まれてペースが速かった。ハナにはこだわらないので、気分よく走れれば」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「状態は良さそう。仕上がりはいいので、あとは流れ次第」

 ◆マイネルクラース・高木師 「気難しい面があるが、前走は強い競馬だったし、今回も自分のリズムで走れば」

 ◆ローズプリンスダム・斉藤助手 「夏場がいいタイプで、状態は良さそう。前走でブリンカーの効果もあったし、今後のためにも賞金を加算したい」

【名鉄杯】追って一言2019年7月11日(木) 05:09

 ◆アンデスクイーン・山本助手 「攻め馬ではそこまで目立たないが、競馬に行けばしっかり走ってくれる。デキは引き続きいいし、直線の長いコースも合う」

 ◆クイーンマンボ・辻野助手 「前走は気持ち、距離が長かったかも。中身はできているし、叩き3戦目で走り頃かなと思う」

 ◆ジョーダンキング・藤原助手 「しっかり乗っているし、状態はいい。しぶとく脚を使えるし、左回りも問題ないと思う」

 ◆タイセイパルサー・大橋師 「具合は変わりなく元気いっぱい。前走は終始、絡まれてペースが速かった。ハナにはこだわらないので、気分よく走れれば」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「この馬にしては素軽い動きだったし、状態は良さそう。仕上がりはいいので、あとは流れ次第」

 ◆マイネルクラース・高木師 「馬はできているので、それほどやらなくていい。気難しい面があるが、前走は強い競馬だったし、今回も自分のリズムで走れば」

 ◆ローズプリンスダム・斉藤助手 「夏場がいいタイプで、状態は良さそう。前走でブリンカーの効果もあったし、今後のためにも賞金を加算したい」

★名鉄杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【メインレース・データ分析(特別編)】アハルテケS 関西馬優勢!前走の単勝人気もチェックポイントのひとつ!2019年6月22日() 11:00

アハルテケSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降(2013~2018年はハンデキャップ競争)の結果をもとに検証

【全般】
前走がオープンクラスのレースで1着、または勝ち馬との着差が1秒0未満だった馬が堅調

エレクトロポップ
ワンダーリーデル
プロトコル
ナムラミラクル
タガノディグオ

栗東所属の牡・せん馬の上位占有率が高い

ワンダーリーデル
ノーブルサターン
タイセイパルサー
ナムラミラクル
サトノアッシュ
タガノディグオ

【人気】
毎年のように、5~10番人気の馬が上位進出
※10時30分現在の5~10番人気

エレクトロポップ
イーグルフェザー
タイセイパルサー
ローズプリンスダム
レッドゲルニカ
タガノディグオ

前走で3番人気以内に支持されていた馬が攻勢

ゴライアス
ワンダーリーデル
イーグルバローズ
ナムラミラクル

【脚質】
先行~好位差しが優勢

ゴライアス
エレクトロポップ
ワンダーリーデル
プロトコル
タイセイパルサー
ナムラミラクル
レッドゲルニカ
タガノディグオ

※近走の内容を参考に想定

【枠順】
5~8枠が攻勢

イーグルフェザー
タイセイパルサー
イーグルバローズ
ナムラミラクル
サトノアッシュ
ローズプリンスダム
レッドゲルニカ
タガノディグオ

【血統】
父か母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬の活躍が顕著

ゴライアス
イーグルフェザー
イーグルバローズ
サトノアッシュ
レッドゲルニカ
タガノディグオ


【4項目以上該当馬】
タガノディグオ(6項目)
ナムラミラクル(5項目)
ワンダーリーデル(4項目)
タイセイパルサー(4項目)
レッドゲルニカ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】アハルテケS 前走OPクラスで1秒0未満の指数上位馬が有力!低指数馬同士の2連勝馬券は期待薄!2019年6月22日() 10:00

アハルテケSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降(2013~2018年はハンデキャップ競争)の結果をもとに検証

<ポイント①>
2013年以降の1着馬はすべて指数1~8位馬。いずれも、前走オープンクラスで1着または勝ち馬との着差が1秒0未満という条件を満たしていた。該当馬は軸馬の有力候補となる。

指数1~8位、かつ条件を満たす馬

ワンダーリーデル
プロトコル
ナムラミラクル
タガノディグオ

<ポイント②>
低指数馬の台頭が多いためバッサリ切るのは危険だが、指数95.0未満同士のワンツー決着はゼロ。低指数馬同士を組み合わた2連勝馬券は推奨できない。

指数95.0未満

ゴライアス
エレクトロポップ
ノーブルサターン
イーグルフェザー
タイセイパルサー
サトノアッシュ
ローズプリンスダム
レッドゲルニカ
タガノディグオ

<ポイント③>
3着入りを果たした馬の最低指数は93.9。これを下回る馬は大きな減点材料となる。

指数93.9未満

エレクトロポップ
ノーブルサターン
タイセイパルサー
サトノアッシュ
ローズプリンスダム
レッドゲルニカ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!NHKマイルC(3)グルーヴィット2019年5月3日(金) 21:05

競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるNHKマイルCの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1天皇賞(春)編では、サラマッポプロが『菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になる』と評価した◎フィエールマンが、1番人気の支持にキッチリ応えてV。また、『菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映った。ここ2戦よりも状態面は良い』(くりーくプロ)との評価が聞かれたグローリーヴェイズが6番人気2着と健闘。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


グルーヴィット
 岡村信将 短期騎手免許交付の初週から派手に勝ちまくった、D.レーン騎手が騎乗予定の噂もある馬ですね(※5/2 出走馬名表確定と同時に、D.レーン騎手騎乗が正式に決定)。騎手が騎手だけに穴人気するのかも知れませんが、馬自体はラップギア適性値【瞬1平2消0】の平坦型。現状、東京芝1600mのG1では厳しいと思います。

 伊吹雅也 私もあまり食指が伸びませんね。NHKマイルCは先行力の高さに注目したい一戦。「“中央場所のレース”において“4コーナー通過順が2番手以内、かつ着順が1着”となった経験がない、かつ前走の4コーナー通過順が8番手以下だった馬」は2013年以降[0-0-2-39](複勝率4.9%)と苦戦していました。この馬だけでなく、ヴィッテルスバッハケイデンスコールトオヤリトセイトハッピーアワーファンタジストあたりは評価を下げたいところです。

 シムーン 初芝の前走はどうなるかと見ていましたが、エアグルーヴの母系というだけのことはあり適性を見せました。レース内容としては、終始外々を回る形になっての2着ですが、勝ち馬は外枠でも道中内目に入れて直線で外に出すという上手な競馬が出来ていましたから、この3/4馬身差に力差は感じませんでした。3着には3馬身差をつけているんですから、前途洋々となるレース内容だったと思います。1400mばかりを使われているものの、スピードに任せて押し切る1400mまでの短距離馬というレースぶりではなく、脚を溜めて直線でシッカリ伸びるタイプ。1600mへの距離延長はプラスと、私は見ています。姉にキングカメハメハ(グルーヴィットの父ロードカナロアの父)産駒で、2500mで1000万下条件を勝っている馬がいますしね。オッズと枠次第で本命候補の1頭です。

 スガダイ 俺も、初芝の前走は結構期待していたんだけど、やはり芝適性は高そうだな。2着だったけど、通ったコースと流れを考えれば、勝ち馬以上に強い競馬をしていたと思うよ。マイルの距離は経験がないけど、血統的にはこなせる可能性のほうが高いんじゃないかな。先週大活躍だったレーン騎手も大きな魅力。あまり人気しないようなら積極的に狙ってみたいね。


・おまけ
グランアレグリアダノンチェイサーを取り上げた記事でも話した通り、東京や京都のレースを主戦場としてきた馬は人気を裏切りがち。コース替わりや休養明け2戦目である点を理由に穴人気するようならば、私は評価を下げるつもりです」(伊吹雅也プロ)とのヴィッテルスバッハへのコメントも聞かれました。 



←NHKマイルC(1)グランアレグリア編はこちら
←NHKマイルC(2)ダノンチェイサー編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。先月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

[プロ予想最前線]“馬券のエキスパート”たちが語るG1有力馬ナマ情報!NHKマイルC(2)ダノンチェイサー2019年5月3日(金) 20:19

競馬予想SNSウマニティが誇る『競馬プロ予想MAX』所属の精鋭チームが、今週行われるNHKマイルCの出走予定馬のなかから、有力視されている3頭について真剣ジャッジ。“馬券のプロ”たちが、馬券上の扱いも含め各馬の特性・能力などについて語っていきます。

先週行われたG1天皇賞(春)編では、サラマッポプロが『菊花賞がスローだったことで、距離適性に懐疑的な声が残っている印象。その分、人気落ちするようであれば、馬券的には狙い目になる』と評価した◎フィエールマンが、1番人気の支持にキッチリ応えてV。また、『菊花賞時よりも、前走の日経新春杯時のほうが動きは良く、その前走時よりも今回の1週前追い切りの動きのほうが勢いはあるように映った。ここ2戦よりも状態面は良い』(くりーくプロ)との評価が聞かれたグローリーヴェイズが6番人気2着と健闘。今週もプロ予想家たちの見解にご注目ください!!


ダノンチェイサー
 岡村信将 2017年のセレクトセールで2億7000万円の値がついた超良血馬。それだけの高額馬が小倉の未勝利と福島の500万下を使われたので、そのローテーションが話題になった馬です。その当時は適性不明、今になっての結果論ではありますが、このローカル回りは正解だったのではないかと考えています。ラップギア的には【瞬2平2消0】で、こなした瞬発戦の2レースも、分類上ギリギリのところ。能力的上位は間違いないのですが、瞬発力の勝負に関してはやや疑問視しています。

 シムーン まず、皐月賞に向かわずにここを狙って来たことは好感が持てますね。デビュー戦の2000mで馬券外になっていますし、掛かるくらい行きっぷりのいい馬なので1600mのほうが向いているでしょう。マイルG1の速い流れで折り合いもつくと思います。3走前のきんもくせい特別の時に速い流れを早めに潰しに行ってハナ差2着に粘り、強いなと感じた馬。2億7000万の高額馬に恥じないレース振りを、ここでも見せて欲しいですね。

 スガダイ きさらぎ賞は鮮やかな勝利だったけど、ちょっと展開と馬場に恵まれた面もあったかな。気性的にマイルは合うような気もするんだけど、前々走のこうやまき賞が意外な辛勝だったんだよなあ。1戦毎に力をつけているような感じはあるし、堅実に走ってくれるタイプだとは思うけど。この馬も人気を考えると微妙だな。馬券的に無視するのは危険かもしれないけど、3着候補くらいの評価でいいんじゃないかな。

 伊吹雅也 グランアレグリアを取り上げたひとつ前の記事でも紹介しましたが、NHKマイルCはゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が強いレースなんです。一方「“中山・阪神、かつ1600m以上、かつオープンクラスのレース”において4着以内となった経験のない馬」は2013年以降[0-1-1-44](複勝率4.3%)。この馬のように、ローカル場や東京・京都のレースを主戦場としてきた馬は信頼できません。母は現役時代にアイリッシュ1000ギニー(愛G1)などを制している名牝で、今後が楽しみな存在ではあるものの、今回は過信禁物と見ておいたほうが良いと思います。


NHKマイルC(3)グルーヴィット編 に続く

←NHKマイルC(1)グランアレグリア編はこちら


●今回登場のプロ予想家陣紹介
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
伊吹雅也プロ・・・競馬評論家。JRA(日本中央競馬会)の公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアを舞台に活動。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。ウマニティにおいてはコラム「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」(毎週月曜、水曜、木曜公開)を連載中。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。先月は4/6(土)阪神12Rナムラシンウチに続き、4/21(土)京都10Rでの○タイセイパルサーと、2本の単勝100倍オーバー的中をマーク!
シムーンプロ・・・以前勤務していた育成牧場時代の騎乗経験で培った感覚をフルに生かし、過去のレース映像から、馬の性格や適性、騎手の騎乗技術、レース中の有利不利などを徹底的に検証する予想スタイルで活躍中。2011年に実馬券収支約1千万円のプラス計上するなど、その素晴らしい成績からウマニティ予想コロシアムにおいて多くのファンを獲得。2011年10月にプロデビューに至る。



Presented by 『競馬プロ予想MAX



ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢33名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイセイパルサーの関連コラム

閲覧 1,630ビュー コメント 1 ナイス 7

G1ひと休みとなった先週だが、注目されたマイラーズCはダノンプレミアムが好位から楽々と抜け出して完勝。2歳時以来となる久々のマイルも難なくこなし、安田記念へ順調なスタートを切った。安田記念には日本最強馬・アーモンドアイ、香港最強マイラー・ビューティージェネレーションの参戦も噂されている。もしこれらの馬との対決となれば世界的にも注目を集める一戦になるのは間違いない。だが、ダノンプレミアムの今回のレースぶりを見る限り、この2頭と真っ向勝負をしても東京マイルなら負けないとすら感じた。

同馬の良さはとにかくスタートからソツなく運べるレースセンスの高さだ。確実に好位で折り合って運べるため、どのような状況下でも安定して力を発揮することができる。これはキタサンブラックジェンティルドンナ、また海外に目を転じればエネイブルなど、近年の最強クラスの馬に共通した特徴でもある。特に多頭数の競馬になることが多い日本のG1戦線において、この器用さは大きな武器になる。今から6月の大一番が楽しみになってきた。


~出走馬の半分くらいは何らかの不利を受けている

さて、ここ最近は馬場や枠順の話などをすることが多かったが、今回は原点に戻って久々に騎手の話題を取り上げたい。最近の競馬、とりわけビッグレースでは騎手の重要性を指摘されるが、そもそも騎手が上手く乗ったか、あるいは下手に乗ったかといったことは、どこら辺を見ればわかるのだろうか? 上手く乗った…についてはある意味結果が示してくれる部分もあるかもしれない。しかし、下手に乗ったということはどこを見れば良いのだろうか?

最もわかりやすいのは、直線で前が詰まって追えなくなる、といった不利を受けたパターンだろうか。非常にわかりやすいケースであるため、この場合はしばしば批難の対象となりやすい。しかしながら、その指摘は必ずしも当たっていない場合が多い。

最近のレースで象徴的だったのは、4月13日(土)のアーリントンカップだろうか。このレースにおいて、最後の直線で進路を失いながら、外に出してから猛然と伸びて4着まで突っ込んで来たのがニシノカツナリ。騎乗していた武藤雅騎手からすれば悔しい結果だっただろうし、最後に伸びていただけに(結果的にその後馬が骨折してしまったとはいえ)、G1出走の権利をあと一歩で逃してしまったことを強く印象付ける結果となった。

まだ実績のない騎手だっただけに、レース後は騎乗ぶりについて辛辣な意見が目立った。しかしながら、果たしてそこまで下手な騎乗だっただろうか? 私は、メルマガ『競馬ノート』の中で以下のような回顧を配信している。


[上手く馬群で溜めて直線伸びた。多少詰まるシーンもあったが許容範囲だろう。あそこの位置からスムーズに捌けたら…というのはさすがに虫が良すぎるし、そこそこ上手く乗っている騎手が可哀そう]


アーリントンカップにおける武藤雅騎手は一見すると直線詰まっているが、むしろ危機を察して外に持ち出しており、ロスを最低限に防いでいる。同レースは道中から一団で進む多頭数のスローペース。隊列も凝縮しており、内枠を引かされた馬は、むしろ詰まるのが必然だった。

その証拠に、ニシノカツナリは6番枠だったが、1~5番枠の馬は2番人気に支持された3番ヴァルディゼールを含め、いずれの馬も直線で内に押し込められる、あるいは進路が塞がるなどの不利を受けている。

このレースは18頭立てだったから、少なくとも6頭、つまり全体の出走馬の3分の1は不利を受けているのだ。それだけではない、人気のフォッサマグナなど騎手の過失ではない面もあるとはいえ、道中からずっと折り合いを欠いてレースになっていなかった。ルメールで御せないのだから…と言えばそうだが、同様の騎乗を若手騎手がしていたら、それこそ袋叩きにされかねないレースぶりだった。


~直線の事象はレース全体の一部でしかない

アーリントンカップの例を出すまでもないが、基本的にレースは思い通りになるものではない。道中も含めて何らかの不利を受けること自体は珍しくないし、直線の目立つシーンの事象だけを取り上げて評価されるのでは、騎手もたまったものではないし、何より今後の馬券に繋げていく意味でもあまり役に立たない。先のアーリントンカップの話をするならば、むしろ先述した馬たちよりも、ミッキーブリランテの坂井騎手が明らかに早仕掛けでラストの脚を失っており、このレースに関しては下手に乗っていたように思えた。

もっとも、本稿における目的はミスした騎手を咎めることではない。むしろ、レースというものが直線だけで成り立っているわけではない、というごく当たり前のことを改めて書き留めたいのである。

好騎乗の話も少ししよう。先週日曜の桃山ステークスで単勝12番人気・100倍のタイセイパルサーを勝たせた藤岡佑騎手の騎乗は素晴らしかった。レースだけ見れば出たなりで好位に付け、中盤でスローに落とした流れを前で押し切ったというだけに見えるかもしれないが、最後まで脚を残せたのは騎手の好騎乗によるものが大きい。

特にスタートから最初のコーナーに入るまでのところで、一切のロスや余計な動作をせず、スムーズに流れに乗っていることは公式のレース動画でも確認できる。内からタマモアタック、外からヒストリーメーカーが絡んで来る流れだったが、その際にも馬を促したり、あるいは抑えつけたりといった動作を全くしていない。馬は完全に自分の行く気のままに走れており、この時点でスタミナロスを一切しなかったことが、直線での粘りに繋がった。

今の日本競馬は若手騎手がなかなか出てこないと言われる。だからこそ、ファンも騎手に対して正しい評価をしなくてはならないと思う。もちろん、自分が正しい評価をできるなどとは微塵も思っていないが、少なくとも直線の目立つ些細な事象だけを取り上げて騎手を咎めたりすることは、ハッキリ言ってしまえば多くの現象の中で表面的に見える部分だけしか見ていませんと自己紹介しているようなものである。

お金を賭けているからこそ、冷静に、公平にジャッジできるようになりたい。それは何より、命の次に大事なモノを賭けている、自分自身のためでもある。


天皇賞(春)人気の2頭を倒す馬は?

さて、今週末はいよいよ平成最後のG1天皇賞(春)が開催される。

出走していれば主役だったシャケトラの訃報は残念だが、昨年の菊花賞で1~2着だったフィエールマンエタリオウが人気を集めそうだ。もっとも当時は7番人気、2番人気だった両馬が恐らく今回は1~2番人気だろう。そうなると伏兵の方に目を向けてみたくなる。

当初は前走ロスを被ったクリンチャーが得意に京都の長丁場で面白いと考えていたのだが、いかにも8枠はやや厳しいところに入った印象だ。そこで、ユーキャンスマイルはどうだろうか? 高速馬場向きのキレ味もアリ、淀の長丁場では怖い岩田康騎手の手腕も含めて期待したい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年4月26日(金) 10:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/20~4/21)デビュー2週目の新参者プロが日曜東京8R24万オーバー等の活躍でトータル回収率109%をマーク
閲覧 561ビュー コメント 0 ナイス 3



先週は、20(土)に福島競馬場でG3福島牝馬Sが、21(日)に京都競馬場でG2読売マイラーズC、東京競馬場でG2サンスポ賞フローラSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3福島牝馬Sは、逃げたカワキタエンカウインファビラス、ミッシングリンク、ダノングレースフローレスマジックといったところが競りかけ直線へ。ミッシングリンクがクビほどリードすると、内ではウインファビラス、外からはフローレスマジックダノングレースこれを追う展開。さらに大外からは、4番人気デンコウアンジュも一気の伸びで追撃。この争いを、並ぶ間もなく突き抜けたデンコウアンジュが、後続に2馬身2/1差をつけて優勝。重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロジョアプロ伊吹雅也プロきいいろプロスガダイプロ霧プロおかべプロら計12名が的中をマークしています。
 
G2読売マイラーズCは、単勝1.3倍の断然人気ダノンプレミアムを2番手に、グァンチャーレが隊列を率いて直線へ。スローな流れに、まだまだ余裕の手応えで先頭を行くグァンチャーレ。しかし、ダノンプレミアムはさらに余力十分に追い出しを開始します。結局、「ここでは力が違う」と言わんばかりの競馬で、手応えのままに突き放したダノンプレミアムが、G2連続奪取。2着グァンチャーレ以下に1馬身1/4差をつけて完封しています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ覆面ドクター・英プロ山崎エリカプロろいすプロら計5名が的中をマークしています。
 
G2サンスポ賞フローラSは、ジョディーが逃げ、混戦様相の中の1番人気セラピアが2番手につける格好で直線へ。前半4Fを48秒1と、今の馬場としては緩い流れに手応え十分のジョディー。1馬身ほどのリードを保って、直線半ばを通過していきます。セラピアは脱落。代わって、後続からは外フェアリーポルカクラサーヴィツァパッシングスルー、内を突いてはシャドウディーヴァらも伸びを見せます。坂を駆け上がって、最内のシャドウディーヴァが抜け出したところへ大外を通って3番人気ウィクトーリアが急追。間にジョディーフェアリーポルカパッシングスルーらを挟んで、内外離れての際どい叩き合いに持ち込まれますが、これを外ウィクトーリアが差し切って優勝。重賞初Vを飾っています。
公認プロ予想家では、イレコンデルパサープロサラマッポプロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ田口啄麻プロ豚ミンCプロら計8名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
20(土)は福島4Rでの13万8,500円払戻し、福島8R京都12Rなどでの的中でプラス収支を達成。21(日)には東京8Rでの3連単1206.7倍的中、241,340円払戻しのスマッシュヒットを披露した先週は、トータル回収率109%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
20(土)は京都1Rや、勝負予想東京12Rなどの的中でプラス収支を記録。21(日)には、東京2Rの◎ナムラブル(単勝18.7倍)的中で好発進を切ると、京都10Rでは「(指数)トップ2頭がともに人気薄そう。もちろん2頭とも(買い)」とした内の一頭○タイセイパルサー(単勝100.0倍)を的中!19万円払戻しのスマッシュヒットを披露し、この日の大幅プラスを決めています。トータル回収率は133%、収支16万6,200円プラスをマークし、3週連続プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
20(土)京都5Rを◎フェータルイヴ(単勝21.9倍)-△クラヴィーア(単勝10.0倍)のワイド1点勝負で的中。さらにこの日は、G3福島牝馬Sで◎○ワイド1点的中の活躍を披露しました。週トータルでは、回収率195%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
先週は、20(土)東京4R、21(日)東京4R的中ほか、安定した的中率、回収率をマーク。週トータルでは、回収率174%を達成しています。
 
 
 
この他にも、nigeプロ(225%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(175%)、ース1号プロ(173%)、金子京介プロ(140%←3週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(126%)、豚ミンCプロ(123%)、夢月プロ(115%←3週連続週末プラス)、【U指数】3連複プリンセスプロ(111%)、伊吹雅也プロ(109%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、ゼット1号プロ(106%)、山崎エリカプロ(106%←2週連続週末プラス)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

タイセイパルサーの口コミ


口コミ一覧

フローラS回顧

 はたと止まる 2019年4月22日(月) 01:59

閲覧 137ビュー コメント 0 ナイス 10

ったくぅー、デムーロあんなに後ろから行ったら届くわけないじゃんかよぉー。
何考えて乗ってるのかねぇと思ってしまった。
デムーロ、天皇賞のエタリオウではやってくれると思って楽しみにしとくか。


WIN5に初めて参加したが、桃山Sのタイセイパルサーの単勝万馬券で最初からあっけなくハズレ。ビッグスモーキーからだった。1200万円という配当だった。フュージョンロックとダノンプレミアムが当たっただけだった。福島メインのカネトシブレスは買おうと思えば買えた。
200円だけだったが、けっこう楽しいもんだなぁ。またやる。

さて、今週は平成最後の大井。東京プリンセス賞はトーセンガーネットが2冠を達成しそうだからやめといて、羽田盃にするか。
 1トーセンボルガ(浦和)川島
☆2カジノフォンテン(船橋)本田
☆3サクセッサー(船橋)石崎
4オーシャンブラック(大井)柏木
☆5ハナズボンダイ(大井)達城
☆6ウィンターフェル(船橋)森
☆7アエノエンペラー(大井)吉原
☆8フォルベルス(大井)町田
 9シビックヴァーゴ(大井)笹川
☆10ミューチャーリー(船橋)御神本
 11ヤマショウブラック(大井)高松
☆12ステッペンウルフ(船橋)矢野
 13アギト(浦和)左海
 14フォルデュラン(大井)楢崎
 15ジョーパイロライト(浦和)張田
☆16ホワイトヘッド(船橋)本橋

 鎌倉記念馬ミューチャーリーが一番だと思う。アエノエンペラーの吉原も怖い。あとは船橋勢中心に馬券を組み立てたい。レースが楽しみだ。

 たぶお統括本部長 2018年11月30日(金) 11:09
コロガシ&推奨馬・土曜日(12/1)
閲覧 187ビュー コメント 1 ナイス 4

《コロガシ&推奨馬》

★中山10R・北総S
推奨馬◎⑨アナザートゥルースで勝負!!
相手は○①リアンヴェリテ、▲⑦ゴールデンブレイヴ、△⑤サクラエンパイア、△④エネスクの4頭
馬単
⑨→①⑦各1500円
⑨→⑤④各700円
①⑦→⑨各500円
これが的中したら全額を
 ↓↓
★阪神10R・御影S
推奨馬◎②シヴァージで勝負!!
相手は○⑧ホウショウナウ、▲⑤ヤマニンアンプリメ、△⑨マルカソレイユ、△①タイセイパルサーの4頭
馬単
②→⑧⑤各30%
②→⑨①各10%
⑧⑤→②各10%
これも的中したら全額を
 ↓↓
★阪神11R・チャレンジカップ(GⅢ)
馬単
⑨→②⑧各30%
②⑧→⑨各20%

※途中で外れたらまた5千円からスタートします。

[もっと見る]

 しんすけ48 2018年5月27日() 07:15
むらさき賞・薫風S・東大路S・安土城S
閲覧 271ビュー コメント 2 ナイス 23

いよいよ日本ダービー当日になりました。
ドキドキワクワクな1日になるねぇ~♪

昨日は知らない内に153名もの方に訪問
頂きまして足跡20000足達成しましたよぉ。
パチパチパチ。

日本ダービーは予定通り、ステイフーリッシュに
全てを託します。
目黒記念はポポカテペトルだーよ。
ダービーなんで今日は後4レース買うちゃりまっせ!

東京9R むらさき賞

◎⑨アップクォーク
△①クリノヤマトノオー
△④ハギノアレス
△⑦エアウインザー
△⑧コーカス
△⑮エンジニア

枠連⑤ー⑤と馬連⑨ー①・④・⑦・⑮への5点へ300円。
馬単⑨ー①・④・⑦・⑧・⑮への5点へ200円。

東京11R 薫風ステークス

◎⑧ダンツゴウユウ
△②フォーカード
△③タイセイパルサー
△⑦イーグルフェザー
△⑫アディラート
△⑯レッドオルバース

枠連④ー④と馬連⑧ー②・③・⑫・⑯への5点へ300円。

京都9R 東大路ステークス

◎⑬フォンターナリーリ
〇⑨ネイビーブルー
△⑤シロニイ
△⑩ロードアルペジオ
△⑪キクノルア
△⑫ナムラヘラクレス
△⑭テルペリオン

三連複⑨・⑬ー⑤・⑩・⑪・⑫・⑭への5点へ300円。

京都10R 安土城ステークス

◎①モズアスコット
△⑤タガノブルグ
△⑥コウエイタケル
△⑦マイネルバールマン
△⑫トウショウピスト

馬連①ー⑤・⑥・⑦・⑫への4点へ300円。
馬単①ー⑤・⑥・⑦・⑫への4点へ200円。

WIN5は②・⑪ー⑬ー⑨・⑮ー①ー⑩への4点とランダム1点。

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイセイパルサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タイセイパルサーの写真

タイセイパルサー

タイセイパルサーの厩舎情報 VIP

2019年7月14日名鉄杯 (L)10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タイセイパルサーの取材メモ VIP

2019年4月21日 桃山ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。