ルタンブル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年2月24日生
調教師寺島良(栗東)
馬主杉浦 和也
生産者竹島 幸治
生産地日高町
戦績11戦[2-1-1-7]
総賞金3,210万円
収得賞金900万円
英字表記Le Timbre
血統 エイシンフラッシュ
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
ムーンレディ
コスモライセンス
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
キャリアコレクション
兄弟
前走 2019/08/24 西海賞
次走予定

ルタンブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/24 小倉 10 西海賞 2勝クラス 芝2000 11444.626** 牝3 52.0 松山弘平寺島良446(+2)2.00.4 0.834.9⑨⑩⑥⑧ブライトムーン
19/08/11 小倉 7 3歳以上1勝クラス 芝2000 13573.311** 牝3 52.0 小崎綾也寺島良444(+4)2.00.1 -0.035.9⑩⑩⑧⑥ガウディウム
19/06/08 阪神 9 生田特別 1勝クラス 芝2400 11224.633** 牝3 51.0 松若風馬寺島良440(-2)2.29.7 0.236.8⑪⑪⑩⑨リンディスファーン
19/05/18 京都 9 メルボルンT 500万下 芝2400 9116.024** 牝3 54.0 松山弘平寺島良442(+10)2.26.0 0.336.5⑧⑧⑥⑥プランドラー
19/04/07 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 91119.262** 牝3 54.0 松山弘平寺島良432(+2)2.01.1 0.534.9⑧⑧⑦⑦ラヴズオンリーユー
19/03/16 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1371165.11210** 牝3 54.0 三浦皇成寺島良430(-2)1.48.9 1.534.7⑩⑩⑪⑩コントラチェック
19/02/24 阪神 10 すみれS OP 芝2200 65542.154** 牝3 54.0 松山弘平寺島良432(-6)2.13.9 0.334.8サトノルークス
18/12/01 中山 9 葉牡丹賞 500万下 芝2000 131192.4106** 牝2 54.0 丸山元気寺島良438(-4)2.00.1 0.535.0⑦⑦⑧⑩シークレットラン
18/11/04 福島 10 きんもくせい 500万下 芝1800 125513.8611** 牝2 54.0 小崎綾也寺島良442(-4)1.48.2 2.037.2マイネルサーパス
18/09/23 中山 9 芙蓉S OP 芝2000 8449.644** 牝2 54.0 吉田隼人寺島良446(+6)2.01.7 0.435.1④④⑦⑦ミッキーブラック
18/08/25 小倉 5 2歳新馬 芝2000 10554.821** 牝2 54.0 松山弘平寺島良440(--)2.02.0 -0.034.6カセドラルベル

ルタンブルの関連ニュース

 今週は令和最初のクラシックとなる牝馬2冠目のオークス。GI連載『東西現場記者走る』は、皐月賞○◎に続く“連載連勝”を狙う東京サンスポの千葉智春記者(34)が担当する。栗東トレセンでの2日目は、クロノジェネシスに注目した。この世代の牝馬で上位の実績を持ち、東京芝コースは2戦2勝。距離延長に向けた調整や、中間の良化ぶりに戴冠の可能性を強く感じた。

 最近、携帯電話を探すことが多い。革製の緑色のカバーで、使い込んで色がくすんだのか、視界に入りにくいのだ。「ゼッケンの緑色は分かりやすいんだけどなあ」と馬場を眺めていると、双眼鏡越しにGIゼッケン「59」の芦毛を捉えた。この日のターゲット、クロノジェネシスだ。

 阪神JF2着、桜花賞3着と、GIで地力上位を誇示。それも出遅れ、内枠でゴチャつく不利があっての小差だけに、スムーズなら戴冠は目の前に思える。舞台は2戦2勝の東京。ともに現地で取材し、2走前のクイーンC優勝時に斉藤崇調教師は「オークスの距離はもたせたい」と話していた。迎える樫の舞台へ、中間の調整や気性面がどうか気になっていた。

 角馬場で体をほぐし、坂路で4ハロン64秒5を落ち着いた脚どりでマーク。調教後、担当の和田助手を直撃すると「だいぶ体を使えて走れていて、雰囲気は良かったです」と状態の良さを伝えた。

 2400メートルに向け、中間は「テンションを上げすぎないよう」に綿密な調整が施された。1週前追いはCWコースを馬なりで6ハロン85秒2-12秒7。クイーンCの同80秒5-12秒7、桜花賞の同83秒3-11秒8と比べると軽めだが、前2走が週末は坂路調整だったのに対し、今回は12日にCW5ハロン70秒1-12秒2で負荷を補完した。「実際、前走よりも落ち着いています」と理想的な仕上がりだ。

 良化も著しい。前走時はカイバ食いが良くなかったそうだが「今回は決まった分を食べて、体重も少し増えています。張り、毛づやも良く、トモ(後肢)はバンと大きくなりました」。自身最短の中5週のローテーションながら、ここにきての成長は魅力。さらに末脚に磨きがかかったかもしれない。「乗りやすく、掛かることもない」と距離延長にも前向きだ。

 ヴィクトリアマイルを制したノームコアの半妹という旬な血統。「この血統は走りますよね」と和田助手もうなずきつつ、自身の愛馬にも「どこかでGIを取れると思っています」と期待は大きい。その機会が、すぐにでも訪れるのではと思えてきた。(千葉智春)



★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



 【注】現時点ではアイリスフィール55石川、エアジーン55石橋、グラディーヴァ55田辺、ジョディー55武藤、フェアリーポルカ55幸、メイショウアステカ55柴田善の6頭のうち2頭が抽選で出走可能。ルタンブルは除外対象



★現場記者走るとは

 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付の紙面。千葉記者は前回密着した皐月賞の本命がヴェロックスで、馬単○◎で的中した。

【オークス】特別登録馬2019年5月5日() 17:30

[もっと見る]

【3歳次走報】ショーヒデキラ、ラジオN賞目指す2019年4月10日(水) 05:00

 ★桜花賞8着ジュランビル(栗・寺島、牝)は、NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)か橘S(5月5日、京都、L、芝1400メートル)へ。

 ★ニュージーランドT5着ショーヒデキラ(美・鈴木伸、牡)は東京戦(レース未定)を使ってラジオN賞(6月30日、福島、GIII、芝1800メートル)を目指す。7着ココフィーユ(美・斎藤誠、牝)は橘Sへ。9着ミッキーブラック(栗・音無、牡)はNHKマイルCに登録。

 ★忘れな草賞2着ルタンブル(栗・寺島、牝)は、オークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)に登録する。除外ならメルボルンT(5月18日、京都、500万下、芝2400メートル)へ。

 ★ひめさゆり賞2着レオンドーロ(美・伊藤大、牝)はサンスポ賞フローラS(21日、東京、GII、芝2000メートル)へ。

 ★6日の阪神500万下(芝1600メートル)3着トロイメント(栗・西浦、牝)は、サンスポ賞フローラSかスイートピーS(28日、東京、L、芝1800メートル)などを視野に。

 ★フリージア賞6着エデリー(美・藤沢和、牡)は新緑賞(20日、東京、500万下、芝2300メートル)。僚馬で春菜賞3着スイープセレリタス(牝)は5月5日の東京500万下(芝1400メートル)へ。

ショーヒデキラの競走成績はこちら

[もっと見る]

【忘れな草賞】ラヴズオンリーユーが無傷の3連勝で樫へ弾み! 2019年4月7日() 14:54

 4月7日の阪神9R・忘れな草賞(リステッド、3歳オープン、牝馬、芝2000メートル、9頭立て)は、圧倒的1番人気に支持されたミルコ・デムーロ騎手騎乗のラヴズオンリーユー(栗東・矢作芳人厩舎)が中団から直線楽々と抜け出して無傷の3連勝を飾った。タイムは2分00秒6(良)。

 3馬身差の2着にはルタンブル(6番人気)、さらにアタマ差遅れた3着にキラープレゼンス(5番人気)。

 忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父ストームキャットという血統で、半兄はGIドバイターフを制したリアルスティール。通算成績は3戦3勝。

 ◆M・デムーロ騎手(1着 ラヴズオンリーユー)「強かった。スタートで(他馬と)ぶつかって行きたがったけど、賢くてすぐに折り合いがつきました。ペースが遅かったので3、4コーナーでいい感じに上がっていって、直線は馬なりで伸びてくれました。すごくいい脚を使ってくれました」



★7日阪神9R「忘れな草賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】フラワーカップ 前走逃げて敗れた馬の深追いは危険!前走の出走頭数もポイントのひとつ!2019年3月16日() 11:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、フラワーカップの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走5着以下敗退、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(2009年以降)

フラル

前走がタイム差なしの惜敗だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

ミモザイエロー

キャリア5戦以上、かつ前走未勝利戦出走馬の連対例はゼロ(2009年以降)

レオンドーロ

前走1着馬を除くと、前走で12頭立て以下のレースに出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

シャドウディーヴァ
ミモザイエロー
ジョディー
ランブリングアレー
ルタンブル
フラル

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の好走例はみられない(2009年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

ミモザイエロー
ジョディー
アイリスフィール

13番人気以下の連対例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の13番人気以下

フラル

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走の4角通過順が1番手だった馬の好走例は皆無

ジョディー
ルタンブル

【枠順】
馬番枠2番の好走例はゼロ(2009年以降)

シャドウディーヴァ

馬番枠8番の連対例は皆無(2009年以降)

ジョディー

【血統】
前走3着以下敗退、かつノーザンファーム生産馬の連対例はゼロ(2009年以降)

シャドウディーヴァ
エフティイーリス
ジョディー

ハービンジャー産駒、ならびにハーツクライ産駒の連対例は皆無(産駒初出走以降)

シャドウディーヴァ
アイリスフィール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
メイショウハナグシ
コントラチェック
マルーンベルズ
エールヴォア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】フラワーカップ 前走下級条件出走馬が優位!前走1着馬が活躍!2019年3月16日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、フラワーカップのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走下級条件出走馬が優位(2013年以降)

メイショウハナグシ
シャドウディーヴァ
コントラチェック
ミモザイエロー
マルーンベルズ
エールヴォア
レオンドーロ
ランブリングアレー
アイリスフィール
フラル

前走500万下1着馬が活躍(2013年以降)

コントラチェック
エールヴォア

【人気】
1番人気の信頼度は高い(2008年以降)
※10時00分現在の1番人気

エールヴォア

2~5番人気、かつ前走1着馬の好走率が高い(2008年以降)
※10時00分現在の2~5番人気、かつ前走1着馬

メイショウハナグシ
コントラチェック

6番人気以下、かつキャリア3~5戦馬の期待値が高い(2008年以降)
※10時00分現在の6番人気以下、かつキャリア3~5戦馬

ミモザイエロー
ルタンブル
フラル

【脚質】
前走の上がり3Fが2位以内だった、逃げ・先行馬が上位(2008年以降)

コントラチェック
エールヴォア

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定かつ採用

【枠順】
内枠(1~3枠)優位(2008年以降)

メイショウハナグシ
シャドウディーヴァ
エフティイーリス

【血統】
父サンデーサイレンス系+ノーザンダンサーのクロス(5代内)を持った馬がやや優勢(2012年以降)

メイショウハナグシ
シャドウディーヴァ
コントラチェック
ミモザイエロー
ジョディー
ランブリングアレー

母父で見るとサンデーサイレンス系とミスプロ系が互角(2012年以降)

エフティイーリス
マルーンベルズ
レオンドーロ
ルタンブル
アイリスフィール
フラル


【3項目以上該当馬】
コントラチェック(5項目)
メイショウハナグシ(4項目)
エールヴォア(4項目)
シャドウディーヴァ(3項目)
ミモザイエロー(3項目)
フラル(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルタンブルの関連コラム

閲覧 1,090ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年5月18日()の凄馬!>
極凄馬
新潟1R 障害4歳以上未勝利
ボナパルト(+4.3)

超凄馬
東京1R 3歳未勝利
ベターハーフ(+3.4)

超凄馬
京都3R 3歳未勝利
スマートフルーレ(+3.3)

超凄馬
東京3R 3歳未勝利
ゴールデンゾーン(+2.2)

超凄馬
京都9R メルボルントロフィー
ルタンブル(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年5月19日、集計数:35,062レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月15日(水) 18:46 覆面ドクター・英
オークス2019
閲覧 2,747ビュー コメント 0 ナイス 16

まずは、先週のG1ヴィクトリアマイル回顧から。本命を打った4番人気プリモシーンは直線で狭くなったりもあり、またしても今春恒例の2着止まり。ただ3着に人気薄クロコスミアが人気のラッキーライラックに競り勝ってくれたのもあり、結構つきました。実馬券では3連単マルチも持っていたので、それなりに稼げました。さすがに、今月送付されてきた固定資産税、自動車税、更に自宅前に設置予定のバスケットゴール資金の全部は賄えませんでしたけど(^^; コラム内容に関しても、「人気で危険」とした馬(ラッキーライラックミッキーチャームレッドオルガソウルスターリング)もことごとく沈んでくれましたし、オークスでも貢献できるよう頑張ります。WIN5は○○○××と前半3つが8番人気、5番人気、5番人気と当たり、大きいのを夢見ましたが、なかなか簡単にはいかないですね。

それではG1オークスの話へ。先週は、「G1としてピンと来ない」とディスったヴィクトリアマイルでしたが(今年3連単17万馬券が当たり、いい思い出ができて来年からは好きなG1と言おうと思っていますが)、オークス桜花賞とともにまさにG1中のG1という認識。ダービー馬は意外に種牡馬としてはイマイチだったりもする一方で、紛れが無い、距離適性よりも絶対能力が上回るオークスだけに、樫の女王は繁殖でも、底力含めかなり期待できます。そういう観点からも、非常に楽しみな一戦と言えます。


恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 クロノジェネシス:先週のヴィクトリアマイルを制したノームコアの半妹で、桜花賞3着でもあり、巷では「オークス向き」と言われてきた。ただ私自身はオークス向きとは特に思っておらず、むしろマイルのほうが適性が高いのではないかと思っているこの馬。世代上位の力があるのは明らかで、当然上位に来れる能力はあるだろうが、人気ほどでもないのでは、というのがここでの見立て。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー桜花賞同日の忘れな草賞を、3馬身ちぎっての楽勝で3連勝としてきた。リアルスティールの全妹という血統的背景もあり、底力は本物。DMM購入の高馬だが、今の時代は高い馬がちゃんと走ってくれることが多く、ここも好勝負可能。ただ、忘れな草賞のレベルというのは“地盤沈下”が著しく、相手が500万下のような組み合わせだったとも言え、人気ほどでもないのかもという気もする。

3番人気想定 ダノンファンタジー桜花賞で1番人気4着に終わる。マイルに特化して使ってきたうえに母も短距離血統で、能力でそれなりにこなせても、スピード型で行きたがる面もあり2400mは微妙。こういう、「4連勝の止まった馬をあえて再度狙う必要はない」ということも多い。

4番人気想定 コントラチェックディープインパクト産駒にしてはわりと珍しい逃げ馬(短距離のミッキーアイルくらいか)で、逃げるようになり菜の花賞、フラワーCと2連勝してきた。逃げ馬だが瞬発力も併せ持っている。フラワーCは中山1800mだけにスタミナを問われるレースだが、そこを楽勝してきており、ここも通用する力量は十分。勢いあるレーン騎手込みで、軸に据える手もありそう。

5番人気想定 シゲルピンクダイヤ桜花賞では本命を打った、ダイワメジャー産駒にしては珍しく追って味のある馬で、桜花賞も上がり最速の脚で2着に来てくれた。チューリップ賞も、桜花賞も、序盤でもたつき絶望的に見える位置から差してきた。母系はサドラーズウェルズ、ダルシャーン、チーフズクラウンと重厚な血統でもあり、この距離も問題なくこなせると思われる。ダイワメジャー自身も有馬記念で好走したように、印象ほどマイルまでではなく、この馬も楽しみな一頭。ゲート五分なら。

6番人気想定 シェーングランツソウルスターリングの下で父ディープインパクトの良血馬。アルテミスSは能力で勝ってしまったものの、緩い感じが抜けないままで、大成しないまま繁殖で期待のタイプでは。

7番人気想定 ウィクトーリア:トライアルのフローラSを、直線でなかなか前が開かない中、前が開くと鋭く差し切った。母ブラックエンブレムだけにスタミナあるウォーエンブレムの血を引き継いでいるであろうが、人気の割には大一番ではイマイチ結果のでない血統でもあり、ヒモ向きか。

8番人気想定 ビーチサンバ:母フサイチエアデールの良血馬だが、全5戦マイルを使われてきているように、父クロフネで全兄のフサイチリシャールもマイル向き、半姉(父フレンチデピュティ)のライラプスも1600m~1800mくらいが良かった、というように2400mに延びるのが良いというタイプではない。

9番人気想定 エールヴォア:昨秋のアルテミスSで2番人気3着、エリカ賞を1番人気で勝って、フラワーCも1番人気2着、桜花賞では7着と、それなりに世代の上位には居る馬だが、爆発力のある印象はない。ヴィクトワールピサ×ワイルドラッシュだけに、道悪での一発期待くらいか。

10番人気以下想定
シャドウディーヴァ:まだ1勝馬で500万下でも3着だったのに、フローラSでも2着に来たように強い相手に食らいついていくハーツクライ産駒らしいとも言えるのだが......。現時点では上位陣とは差がありそう。

アクアミラビリスクイーンズリングの半妹で、デビューから3戦連続1番人気で新馬とエルフィンSを勝ったように能力はある馬。ただ桜花賞のレース後に、M.デムーロ騎手が気性難のコメントを出しており、800m延びるのは現時点ではプラスでない。

ジョディー:昨年6月の新馬戦で勝ち上がると、そこからコンスタントに使って今回もう9戦目となるタフなダイワメジャー産駒。逃げるとしぶといが、オークスでは要らないのでは。

カレンブーケドール:昨年12月に未勝利を勝ち、クイーンCは4着、トライアルのスイートピーSを勝利、ときている社台F生産のディープインパクト産駒。ノーザンF育成に比べると、今頃の時期に少し遅れて強くなってくるのかもしれないが、上位陣と好勝負になるのは秋か。

メイショウショウブ:まだ1勝馬ながらダイワメジャー産駒らしい粘りで、デイリー杯2歳Sで2着、NZT2着とG2で2度連対歴のある馬主孝行な馬。ただ、相手の弱いところをうまく使って結果を出しました、という感じで、ここでの活躍は期待薄。

アイリスフィール:2月デビューで新馬勝ち、2戦目はフラワーCではさすがに家賃が高く6着、自己条件の500万下はきっちり勝っての3戦2勝馬。ハービンジャー産駒だけに、じわじわ強くなってきているが、反面馬体重はジリジリと減ってきてしまい、能力的に楽しみなのは秋か。

フィリアプーラ:中山マイルのフェアリーS勝ち馬だが桜花賞15着。フェアリーS2着だったホウオウカトリーヌ桜花賞16着、3着だったグレイスアンも自己条件の500万下ですら3着がせいぜいと、かなりレベルが低かった重賞で、中山での同レースより桜花賞と適性が近いであろうオークスでの激走は期待薄。

フェアリーポルカ:昨年末の2000mの新馬戦勝ち後に、牡馬相手の若駒Sを使って3着だったように、能力と長距離向きと陣営が踏んでのローテと思われる。前哨戦のフローラSは、あのメジロマックイーンですら焦って降着となった大外だったのもあり、ノーカウントとすると、激走があっていい。穴に楽しみな一頭。

ノーワン桜花賞トライアルのフィリーズRで、坂井騎手の好騎乗もあって12番人気での1着同着。桜花賞の切符を見事ゲットしたが、実力が足りずやはり本番では11着止まりだった馬。ハーツクライ×カーリアン×サドラーズウェルズと字面からは、距離が延びて良さそうに見える血統表なのだが、走りからはあまりそういう感じはしない。

メイショウアステカ:ダートで3戦2勝の成績で、血統的にはルーラーシップ×マンハッタンカフェだけに芝でもやれそうだが、初芝でG1での激走期待はさすがに難しいのでは。

グラディーヴァ:3戦2勝で前走は2200m勝ちとなると穴馬として期待したくなるが、前走の相手がいかにも弱く、まだここで好走を期待するのは荷が重いのでは。

ウインゼノビア:昨年8月に札幌のクローバー賞を逃げて3馬身ちぎって勝ったが、その後はいかにも伸び悩み状態。父自身とは違い、マイル前後が良い馬の多いスクリーンヒーロー産駒であり、距離が延びていい感じも特に無い。

エアジーン:4戦2勝のハービンジャー産駒で堀厩舎となると期待したくなるかもしれないが、M.デムーロ騎手が「いつも折り合いが難しい」と発言していて、オークス向きでない。

ルタンブル桜花賞と同日施行の忘れな草賞の2着馬。ただ、先にも書いたように忘れな草賞自体が昔と違ってレベル低下が著しく、3馬身ちぎった勝ち馬以外は全く評価できない一戦で。


<まとめ>
有力:シゲルピンクダイヤクロノジェネシスラヴズオンリーユー

ヒモに:コントラチェックダノンファンタジーフェアリーポルカウィクトーリア

[もっと見る]

ルタンブルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは明日8/24単複王です
No.587 小倉 9レース ひまわり賞(OP) ◎ ローランダー ◯ テイエムヤマカゼ
No.588 小倉 10レース 西海賞(2勝クラス) ◎ ルタンブル ◯ ブライトムーン
No.589 小倉 11レース 釜山S(3勝クラス) ◎ ナンヨーイザヨイ ◯ ビックリシタナモー
No.590 新潟 8レース 新潟JS(G3) ◎ メドウラーク ◯ コウユーヌレエフ
No.591 新潟 9レース 瀬波温泉特別(2勝クラス) ◎ トイガー ◯ アフターバーナー
No.592 新潟 10レース 稲妻S(3勝クラス) ◎ レッドラウダ ◯ サラドリーム
No.593 新潟 11レース BSN賞(L) ◎ サルサディオーネ ◯ グレンツェント
No.594 札幌 9レース ルスツ特別(1勝クラス) ◎ アドマイヤアルパマ ◯ アリンナ
No.595 札幌 10レース WASJ第1戦(2勝クラス) ◎ ロードラズライト ◯ ヴァリアント
No.596 札幌 11レース WASJ第2戦(3勝クラス) ◎ マイハートビート ◯ カリビアンゴールド
No.597 札幌 12レース ニセコ特別(1勝クラス) ◎ ホウオウトゥルース ◯ ウインドオブホープ
続いて
No. 84 新潟ジャンプステークス ◎ メドウラーク ○ コウユーヌレエフ △ トーヨーピース ☆ マイネルピクトル シゲルヒノクニ
https://youtu.be/HW4iJBIgVVs
よろしくおねがいします

 おがちゃん 2019年8月17日() 08:52
馬券に絡む寸評上位馬 (8月17日)
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

8月17日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

新潟8R  〇②ティグラーシャ 2着、2番人気

< 好勝負 >

小倉6R  ▲③イルフェソレイユ
小倉7R  ◎②アルディテッツァ

< 上位争い >

小倉3R  △⑫ヘニーオーザ

8月11日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

新潟3R  ◎③セイドアモール 2着、1番人気

< 好勝負 >

小倉5R  ▲⑨マイネルクライマー 6着、5番人気
小倉7R  ◎⑦ルタンブル 1着、1番人気

< 上位争い >

小倉2R  ◎⑩ルガーサント 2着、1番人気
小倉10R 〇⑫キーフラッシュ 1着、1番人気

札幌9R  〇⑭リュクスポケット 11着、6番人気
札幌11R 〇④モズアトラクション 1着、2番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

 おがちゃん 2019年8月11日() 07:56
馬券に絡む寸評上位馬 (8月11日)
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 2

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

8月11日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

新潟3R  ◎③セイドアモール

< 好勝負 >

小倉5R  ▲⑨マイネルクライマー
小倉7R  ◎⑦ルタンブル

< 上位争い >

小倉2R  ◎⑩ルガーサント
小倉10R 〇⑫キーフラッシュ

札幌9R  〇⑭リュクスポケット
札幌11R 〇④モズアトラクション

8月10日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

小倉2R  △①イトシキオモイ 13着、8番人気
小倉3R  ◎③エイシンボールディ 7着、1番人気

< 上位争い >

新潟11R △⑫ジョイフル 1着、7番人気

札幌3R  ▲②シゲルクロダイヤ 3着、3番人気
札幌8R  ◎③エルピド 5着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルタンブルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルタンブルの写真

投稿写真はありません。

ルタンブルの厩舎情報 VIP

2019年8月24日西海賞6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルタンブルの取材メモ VIP

2019年8月24日 西海賞 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。