イダペガサス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
イダペガサス
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2015年3月27日生
調教師高柳瑞樹(美浦)
馬主張 一達
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[2-1-0-2]
総賞金2,299万円
収得賞金900万円
英字表記Yida Pegasus
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
カロンセギュール
血統 ][ 産駒 ]
Forest Camp
Yesterdays Gone
兄弟 レッドルモンドロジカロン
前走 2018/08/05 レパードステークス G3
次走予定

イダペガサスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/05 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 152323.7813** 牡3 56.0 三浦皇成高柳瑞樹496(-2)1.53.6 1.639.1グリム
18/06/30 福島 10 猪苗代特別 1000万下 ダ1700 156113.212** 牡3 54.0 戸崎圭太高柳瑞樹498(+4)1.45.9 0.236.7アルクトス
18/03/11 中京 10 昇竜S OP ダ1400 12792.114** 牡3 56.0 C.ルメー高柳瑞樹494(-8)1.25.3 1.038.5⑤⑥メイショウヒサカタ
18/02/12 東京 6 3歳500万下 ダ1600 165103.011** 牡3 56.0 戸崎圭太高柳瑞樹502(+10)1.38.0 -0.137.7④④マイネルユキツバキ
17/11/18 東京 4 2歳新馬 ダ1400 16244.521** 牡2 55.0 戸崎圭太高柳瑞樹492(--)1.26.8 -0.035.7ダンケシェーン

イダペガサスの関連ニュース

 ◆石橋騎手(ドンフォルティス4着) 「内枠を引けて立ち回りはうまくいった。いい手応えで直線に向き、少しシュッと伸びたが、その後がだらだらとなだれ込む感じに。暑さもあったのか…。こんな馬ではない」

 ◆田辺騎手(アルクトス5着) 「瞬発力勝負になってしまった。あれだけペースが遅かったら、前に行ってしまえばよかったのかもしれないが、脚をためる競馬を教えているから」

 ◆北村宏騎手(オノリス7着) 「ゴチャつくところが多くて苦しい立ち回りになったけど、最後はよく伸びた」

 ◆西田騎手(フロリアヌス8着) 「スムーズに自分の競馬はできた。見た目以上にきつい流れだった」

 ◆戸崎騎手(アドマイヤビクター9着) 「後ろからになり、流れに乗れなかった。キャリアの浅さが出てしまった」

 ◆小崎騎手(バクハツ10着) 「中団のインで進められたが、スッと反応できないのが課題」

 ◆太宰騎手(プロスパラスデイズ11着) 「終始ハミを取らず、最後も手前を替えなかった」

 ◆田中勝騎手(エングローサー12着) 「いつもよりいい位置につけていったが、ペースが上がったときについていけなかった。じっくり構えた方がよさそう」

 ◆三浦騎手(イダペガサス13着) 「まだ体全体に緩さがあるので、ワンターン(コーナー2つ)の広いコースがいい」

 ◆江田照騎手(クレディブル14着) 「走りがワンペース。まだこれからの馬」

 ◆木幡巧騎手(ミックベンハー15着) 「もう少し前に行きたかったが、外枠で厳しかった」

★5日新潟11R「レパードS」の着順&払戻金はこちら

【レパードステークス】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月5日() 11:00

※当欄では日曜日に開催されるレパードステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
アルクトス
アドマイヤビクター
グリム
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③イダペガサス
○②アルクトス
▲⑭グレートタイム
△④ドンフォルティス
△⑤アドマイヤビクター
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
③→②④⑤⑨⑪⑭

【DAIGO】
◎⑤アドマイヤビクター

【徳光和夫】
3連単ボックス
バクハツ
オノリス
エングローサー
ミックベンハー
グレートタイム
ワイド1頭軸流し
プロスパラスデイズ→①②③⑤⑥⑦⑩⑪

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑭グレートタイム

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎④ドンフォルティス
馬単
④→⑧

【キャプテン渡辺】
◎⑪ビッグスモーキー
馬連・ワイド
⑪→⑭
3連複2頭軸流し
⑪→⑭→③⑨

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑭グレートタイム
○②アルクトス
▲③イダペガサス
△④ドンフォルティス
△⑤アドマイヤビクター
△⑥グリム
△⑧プロスパラスデイズ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④ドンフォルティス
○③イダペガサス
▲⑭グレートタイム
△⑥グリム
△⑧プロスパラスデイズ
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭グレートタイム
○②アルクトス
▲④ドンフォルティス
△③イダペガサス
△⑤アドマイヤビクター
△⑨エングローサー
△⑪ビッグスモーキー

【天童なこ】
◎⑧プロスパラスデイズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】U指数的考察2018年8月5日() 10:40

レパードステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
U指数下位の人気薄が絡んでの波乱はたまにあるが、基本的に指数上位馬の好走率が高いレース。指数1~6位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多く、1~3着独占も珍しくはない。

1位→④ドンフォルティス
2位→⑤アドマイヤビクター
3位→⑨エングローサー
4位→③イダペガサス
5位→⑭グレートタイム
6位→⑥グリム

<ポイント②>
指数1~6位馬が全滅の年はゼロ。なかでも、父サンデーサイレンス系と父エーピーインディ系が好走を重ねており、2013年以降3勝、2着3回、3着3回の実績を残している。

条件を満たす馬

イダペガサス
グリム

<ポイント③>
取捨を判断するラインは指数88.4。これ未満の馬の好走例は皆無。

指数88.4未満

バクハツ
フロリアヌス
クレディブル
ミックベンハー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】斬って捨てる!2018年8月5日() 10:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のレパードステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走でダート1700m戦に出走していた馬の連対例はなし(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
フロリアヌス
ビッグスモーキー

前走で2100m以上のレースに出走していた馬の連対例はゼロ(2009年以降)

クレディブル

前走で1600万下条件に出走していた馬の好走例はなし(2009年以降)

ビッグスモーキー

今回初ダートを除くと、ダート戦1勝以下だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

エングローサー
クレディブル

重賞で連対経験のある馬を除くと、ダート1800m戦未勝利だった馬の連対例はなし(2009年以降)

バクハツ
アルクトス
イダペガサス
グリム
エングローサー
フロリアヌス
ヒラボクラターシュ

前走が500万下1着だった馬は、そのレースが左回りだった馬を除くと、連対例はゼロ(2009年以降)

オノリス

前走が交流重賞以外のレースで4着以下に敗れていた馬は、重賞で2着以内の経験がある馬を除き、好走例は皆無(2009年以降)

フロリアヌス
クレディブル
ミックベンハー
ヒラボクラターシュ

【人気】
5番人気の好走例はゼロ(2009年以降)
※9時30分現在の5番人気

グリム

単勝オッズ帯20.0~49.9倍の連対例は皆無
※9時30分現在の単勝オッズ20.0~49.9倍

ビッグスモーキー
ヒラボクラターシュ

前走ユニコーンステークス出走かつ、今回3番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※9時30分現在の3番人気以下かつ、前走ユニコーンステークス出走馬

グリム
エングローサー
ミックベンハー

近2走内にユニコーンステークス出走かつ、ユニコーンステークスで4番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

プロスパラスデイズ
エングローサー
ミックベンハー

【脚質】
前走4角2番手以内の通過馬は、そのレースで連対していた馬を除くと好走例はゼロ(2009年以降)

ヒラボクラターシュ

【枠順】
2009年以降、1枠の連対例はゼロ

バクハツ

大外馬番枠の好走例は皆無(2009年以降)

ヒラボクラターシュ

【血統】
父ミスプロ系かつ、4番人気以下の連対例は皆無(2009年以降)
※9時30分現在の4番人気以下かつ、父ミスプロ系

ビッグスモーキー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ドンフォルティス
アドマイヤビクター
グレートタイム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】ズバリ調教診断!2018年8月4日() 16:30

日曜日に行われるレパードステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


バクハツ
栗東CWで行われた1週前追い切りは、新馬2頭を追走してキッチリと先着。同じくCWで実施した最終追い切りでは1000万下クラスに追走先着を果たし、ラスト1Fは11秒台半ばの好ラップを叩いてきた。中間の内容を確認する限り、デキ落ち&疲れは見受けられない。順調とみていいだろう。

アルクトス
1週前に南Wで長めからビッシリと追われて、及第点の時計を計測。同じく南Wで実施した最終追い切りでは、余力たっぷりの走りで好時計をマークした。少し踏み込みの浅い点は気になるが、まとまりのあるフォームで駆け抜けるさまはなかなかのもの。好調キープとみて差支えない。

イダペガサス
南Wで行われた最終追い切りは、5Fから併せ馬を実施。僚馬を追走して並ぶ間もなく突き放したうえに、好時計をマークする上々のパフォーマンスを見せた。ジョッキー騎乗かつ併走相手が新馬だったとはいえ、加速がついてからの動きは迫力十分。好ムードであることは間違いない。

ドンフォルティス
前走の馬体減に加え、暑さ対策もあってか、この中間は軽めの内容に終始。栗東坂路で行われた今週の追い切りも流す程度の調整で、併走馬に見劣りするシーンもあったが、ジャパンダートダービー時の最終追い切りの気配と比べたら数段マシ。四肢の動きも悪くなく、この馬なりに順調と判断したい。

アドマイヤビクター
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、余力残しで好時計をマークして追走先着。だが、栗東坂路で実施した最終追い切りは、アゴの高い走りで伸びを欠く物足りない内容。前を走っていた馬が散らすチップを嫌がったのか、坂路そのものが合わないのか、理由は定かではないが、この気配では高評価を与えることはできない。

グリム
1週前に栗東CWで及第点の時計を計測し、最終追い切りを栗東坂路で行った点は前回と同様。ただし、今回は緩めの調整にしたぶん、前回よりも全体時計は遅め。それはいいとしても、肝心の動きに良い意味での前進気勢が見受けられない。前回からの上がり目を期待できるかどうかについては疑問が残る。

オノリス
約2カ月半ぶりの実戦となるが、栗東坂路と栗東CWを併用して急ピッチで乗り込まれ、好ラップを連発。今週の火曜日に行われた栗東坂路の追い切りでも、少し緩いコンディションをものともせず上々の時計をマークした。力を発揮できる仕上がりとみていいだろう。

プロスパラスデイズ
1週前に栗東坂路でマズマズの時計を記録。栗東CWに場所を移した最終追い切りでも及第点の伸び脚を披露した。少し脚捌きに硬さが見られるが、ダート戦ということを踏まえれば、許容範囲の部類。自身の力を出せるデキにある。

エングローサー
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、楽々と及第点の時計を記録&併走馬に追走先着。対照的に栗東坂路で行われた最終追い切りは流す程度の調整で全体時計は平凡。ただし、きっちりと加速ラップを刻んでいるので、大きな問題はないものと思われる。マズマズの状態ではないだろうか。

フロリアヌス
中1週ということもあってか、最終追い切りは南Wで緩めの調整。それなりの時計こそ出ているが、肝心の動きについては頭の位置がブレ気味で、そのぶん鋭さに欠ける感。とくに強調できるような材料はない。

ビッグスモーキー
ボリューム感があって見映えのする馬体だが、栗東CWで行われた今週の追い切りの動きを検証する限り、シャープさが足りない印象。調教で良く見せない馬なので、最終追い切りの内容をそのまま鵜呑みにすることはできないが、このひと追いでどこまで変われるか、という仕上がり具合ではないか。

クレディブル
今週の追い切りは南Wで実施。余力残しで併走相手の1600万下クラスをアオる上々の動きを見せた。全体時計に派手さはないが、ストライドはしっかりと伸ばしているので、問題にはならない。とくに悪い点が表面化しているわけではなく、好気配であることは疑いようがない。

ミックベンハー
1週前に南Wで6Fからビッシリと追われ、及第点の時計をマーク。同じく南Wで行われた最終追い切りでも、馬なりとしてはマズマズのラップを刻んできた。半面、前を向いて走らないうえに踏み込みも浅く、見映えはイマイチ。前回からの上積みは感じられず、一変まではどうか。

グレートタイム
栗東CWで行われた今週の追い切りでは、長めから僚馬を追いかけるかたちで負荷をかけ、徐々に差を詰めつつ、最後は前を捕まえてゴールした。これは、ユニコーンステークスの最終追い切りとほぼ同様の内容。当時より全体時計は遅いものの、動き自体は悪くなく、ここ一連のデキは維持しているとみていい。

ヒラボクラターシュ
1週前に行われた栗東坂路の追い切りでは、4F自己ベストを馬なりでマークした。半面、同じく坂路で実施した今週の追い切りは単走とはいえ、強めに追われたことを考えると4Fの時計が物足りない。最終追い切りの内容を踏まえると、少し心許ない印象を受ける。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レパードステークス】重賞データ分析2018年8月4日() 13:57



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるレパードステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。



【全般】
前走ジャパンダートダービー組の好走率が高い(2009年以降)

ドンフォルティス
グレートタイム

前走条件戦組(JRAのレースに限る)が好調(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
アドマイヤビクター
オノリス
プロスパラスデイズ
フロリアヌス
ビッグスモーキー
クレディブル
ヒラボクラターシュ

左回りのダート1800mの条件戦を連対後に臨んだ馬の好走例が多い(2009年以降)

プロスパラスデイズ

【人気】
2009年以降、1番人気は複勝率100%
※土曜日13時30分現在の1番人気

グレートタイム

2009年以降、2番人気が及第点の成績
※土曜日13時30分現在の2番人気

ドンフォルティス

【脚質】
4コーナーを4番手以内で通過した馬が好パフォーマンス(2009年以降)

アドマイヤビクター
グリム
ビッグスモーキー
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

※近3走の走りを参考に想定

上がり3ハロン最速馬が【5.0.4.1】という安定ぶり(2009年以降)

ドンフォルティス
エングローサー
グレートタイム

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
両端枠以外の信頼度はおおむね横並び(2009年以降)

アルクトス
イダペガサス
ドンフォルティス
アドマイヤビクター
グリム
オノリス
プロスパラスデイズ
エングローサー
フロリアヌス
ビッグスモーキー
クレディブル
ミックベンハー

※2~7枠の馬を採用

【血統】
良馬場ではヘイロー系またはミスプロ系種牡馬を父に持つ馬が優勢(2012年以降)

バクハツ
アルクトス
イダペガサス
アドマイヤビクター
グリム
オノリス
ビッグスモーキー
クレディブル
グレートタイム
ヒラボクラターシュ

道悪開催では、ストームバード系やボールドルーラー系などの血脈を持つ馬の活躍が目立つ(2012年以降)

イダペガサス
ドンフォルティス
プロスパラスデイズ
ミックベンハー

※父か母父、あるいは父母父か母母父に、ストームバード系もしくはボールドルーラー系種牡馬を持つ馬を採用

道悪開催時は現役時に米国で活躍した種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の相性が抜群(2012年以降)

バクハツ
イダペガサス
ドンフォルティス
オノリス
プロスパラスデイズ
エングローサー
ビッグスモーキー
ヒラボクラターシュ


【4項目以上該当馬】
●良馬場(JRA発表)のケース
グレートタイム(5項目)
ドンフォルティス(4項目)
アドマイヤビクター(4項目)
ビッグスモーキー(4項目)

●道悪開催(JRA発表)のケース
ドンフォルティス(6項目)
プロスパラスデイズ(5項目)
イダペガサス(4項目)
ビッグスモーキー(4項目)
グレートタイム(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

イダペガサスの関連コラム

閲覧 3,676ビュー コメント 0 ナイス 8

 本題へ入る前に、前シーズン「ウマニティPOG 2016」で生まれたウマニティPOG史上初の快挙を紹介したいと思います。達成したのは現在スペシャルワールドに所属しているえ~ちゃん。さん。5月28日の日本ダービー(3歳GⅠ・東京芝2400m)を仮想オーナー馬のレイデオロが制したことにより、「全GⅠ制覇」のレイを獲得した最初のユーザーとなりました。え~ちゃん。さんの仮想オーナー馬はこれまでに阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークス桜花賞NHKマイルカップオークス日本ダービーで各1勝、皐月賞で2勝をマーク。サービス開始からわずか4シーズンのスピード達成です。

 各プレイヤーがこれまでに勝ったJRAの重賞は「POGスタンプ」の欄で確認できますから、この機会にぜひ皆さんもチェックしてみてください。ちなみに、私が獲得した達成スタンプは現在のところGⅢ×5、GⅡ×1、GⅠ×2の計8個。「ウマニティPOG 2014」のスペシャルワールドで優勝、GⅠも計4勝(NHKマイルカップオークスを各2勝)と我ながら決して悪くない成績だと思うのですが、この「POGスタンプ」に関してはほとんど埋められていません。そもそも、この「POGスタンプ」を知った時点では「ずいぶんとまた気の長い表彰システムだなぁ」「10年目くらいまでには達成者が現れるんだろうか」みたいなことを思っていましたからね(笑)。空前にしておそらく絶後の記録達成、本当におめでとうございます。

 5シーズン目となる「ウマニティPOG 2017」は開幕から一か月が経過。既にJRAだけでも389頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月23日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する予定です。

 既に仮想オーナー枠を使い切り、あとは見守るだけという方もいるはずですが、参加しているプレイヤーの大半は今後の入札がポイントと考えているはず。実際、仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、将来的に優勝争いへ食い込むことも十分可能だと思います。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む。ただし7月3日時点で抹消済み、もしくは不在厩とされている馬を除く)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介しましょう。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2017/07/03 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

イッツパーフェクト(牡/父Frankel×母パーフェクトトリビュート) ※75位
シグナライズ(牝/父Frankel×母ワイルドココ) ※72位
プリュス(牝/父ヴィクトワールピサ×母サラフィナ) ※47位
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
ジェネラーレウーノ(牡/父スクリーンヒーロー×母シャンハイロック) ※36位
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
ゴールドフラッグ(牡/父ステイゴールド×母ポイントフラッグ) ※55位
グランデウィーク(牡/父スペシャルウィーク×母プロフェシーライツ) ※85位
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

 余談ながら、昨シーズンはほぼ同様のルールで作成したこの一覧にソウルスターリングダンビュライトがいました。夏の2歳ステークスを目指すような馬だけでなく、来春のクラシック戦線から逆算してこの時期を選んだ馬もたくさんいるのでしょう。
 今シーズンは「注目POG馬ランキング」1位のスターリーステージ(スターアイルの2015)が該当。まだ具体的な出走予定は発表されていないようですが、早ければ夏季競馬のうちにデビューを果たすかもしれませんね。グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)、レイエンダ(ラドラーダの2015)といった“超”のつく良血馬も入厩済みです。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 種牡馬別成績でダントツの存在だったディープインパクトの産駒は下記の通りでした。

イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
マイスターシャーレ(牡/父ディープインパクト×母ウィステリアアーチ)
ガールズバンド(牝/父ディープインパクト×母エレクトラレーン) ※76位
ウォルビスベイ(牡/父ディープインパクト×母オヴァンボクイーン)
プラーナ(牝/父ディープインパクト×母オウケンサクラ
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ダークナイトムーン(牡/父ディープインパクト×母サマーナイトシティ)
アンチェイン(牡/父ディープインパクト×母サムワントゥラブ)
グラウベン(牡/父ディープインパクト×母サンドリオン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
カーボナード(牡/父ディープインパクト×母ディアマンティナ)
ノーブルカリナン(牝/父ディープインパクト×母ノーブルジュエリー
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ミッキーマインド(牡/父ディープインパクト×母マイグッドネス)
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)
グローリーヴェイズ(牡/父ディープインパクト×母メジロツボネ)
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
オールフォーラヴ(牝/父ディープインパクト×母レディアルバローザ

 前出のスターリーステージグレートウォリアーに加え、ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015)も人気を集めていた一頭。現在開催中の3回中京でデビュー予定との報道もあり、今後はますます注目度がアップするでしょう。しかしその一方、いわゆる“POG本”などでそれほど大きく取り上げられていないディープインパクト産駒も多数いるので、このあたりから後の活躍馬がポンと出てくるかもしれません。

 生産者別成績で突出ぶりが目立ったノーザンファームの生産馬は67頭います。こちらも人気の盲点になっている馬がいそうですから、主要な種牡馬の産駒を中心にチェックしてみてください。

プリズマティコ(牝/父Medaglia d'Oro×母テルアケリー)
ディアブライド(牝/父ヴィクトワールピサ×母アルウェン)
アーデルワイゼ(牝/父エイシンフラッシュ×母アーデルハイト)
ムーランナヴァン(牝/父エイシンフラッシュ×母シュペトレーゼ)
サミットプッシュ(牡/父エイシンフラッシュ×母ブロードピーク)
カラレイア(牝/父エンパイアメーカー×母ベッラレイア
ローザフェリーチェ(牝/父エンパイアメーカー×母ローズバド) ※82位
アドマイヤツルギ(牡/父オルフェーヴル×母リュシオル)
ネイビーアッシュ(牝/父キングカメハメハ×母ダイヤモンドディーバ)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
タムロリバティ(牝/父キンシャサノキセキ×母タイキポーラ
スズカクイーン(牝/父クロフネ×母エカルラート)
ベストヴォヤージュ(牝/父クロフネ×母シーズンズベスト)
イダペガサス(牡/父ゴールドアリュール×母カロンセギュール)
グーテンターク(牡/父ゴールドアリュール×母ジンジャーミスト)
メリッサーニ(牝/父ゴールドアリュール×母ダイワオンディーヌ)
サンドクイーン(牝/父ゴールドアリュール×母フィエラメンテ)
タイセイビスタ(牡/父シンボリクリスエス×母マハービスタ)
ディロス(牡/父ステイゴールド×母ラトーナ)
エバージャスティス(牡/父スマートファルコン×母カリズマティックゴールド)
レディバード(牝/父スマートファルコン×母シーズインポッシブル)
ヘッドストリーム(牡/父ダイワメジャー×母アシュレイリバー)
ガゼボ(牡/父ダイワメジャー×母アマルフィターナ)
メジャーレート(牡/父ダイワメジャー×母スルーレート)
ダノンポピー(牝/父ダイワメジャー×母マネーキャントバイミーラヴ) ※44位
パストゥレイユ(牝/父ダノンシャンティ×母カドリーユ)
イルーシヴグレイス(牝/父ディープインパクト×母イルーシヴウェーヴ)
フォックスクリーク(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※69位
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位
スターリーステージ(牝/父ディープインパクト×母スターアイル) ※1位
グレートウォリアー(牡/父ディープインパクト×母プラウドスペル) ※4位
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
レッドランディーニ(牝/父ディープインパクト×母レッドメデューサ)
ハイヒール(牝/父トーセンホマレボシ×母ドリームスケイプ)
アイスフェアリー(牝/父ノヴェリスト×母アイスドール
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
ギルトエッジ(牡/父ノヴェリスト×母ランズエッジ)
ミッキーアトアニ(牡/父ハーツクライ×母アトアニ)
パスティス(牡/父ハーツクライ×母ハヤランダ) ※49位
ハーツイグニション(牝/父ハーツクライ×母ビリーヴミー)
グラマラスライフ(牝/父ハーツクライ×母プリティカリーナ) ※40位
ローブレガリア(牝/父ハーツクライ×母ベルベットローブ)
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
アドマイヤテンプウ(牝/父ハービンジャー×母アステリオン)
ヴェロニカグレース(牝/父ハービンジャー×母エンジェルフォール)
オークヒルロッジ(牡/父ハービンジャー×母オークヒルパーク)
ノームコア(牝/父ハービンジャー×母クロノロジスト)
トーセンアルタイル(牡/父ハービンジャー×母ケアレスウィスパー)
アングレーム(牝/父ハービンジャー×母シャラントレディ)
ノストラダムス(牡/父ハービンジャー×母ソムニア)
カレンシリエージョ(牝/父ハービンジャー×母ベルアリュール2) ※86位
スールマカロン(牝/父ハービンジャー×母マカロンドナンシー)
レンブランサ(牝/父ヘニーヒューズ×母パシオンルージュ)
ドロップゴール(牡/父ヨハネスブルグ×母グローリアスデイズ)
ヴァルディノート(牡/父ヨハネスブルグ×母シシリアンブリーズ) ※80位
イダエンペラー(牡/父ルーラーシップ×母アドマイヤセラヴィ) ※74位
パイオニアバイオ(牝/父ルーラーシップ×母アニメイトバイオ
ミッキーパパイア(牝/父ルーラーシップ×母スターシンフォニー)
ハッピーオーキッド(牝/父ルーラーシップ×母ハッピーラン)
テトラドラクマ(牝/父ルーラーシップ×母リビングプルーフ)
ジャンティエス(牝/父ローエングリン×母アウトオブザウィム)
アンフィトリテ(牝/父ロードカナロア×母アドマイヤフッキー)
ヴェルスパー(牝/父ロードカナロア×母ヴェルザンディ)
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位
ミッキーワイルド(牡/父ロードカナロア×母ワイルドラズベリー)
ワークジュニア(牡/父ワークフォース×母グランプリソフィ)
エンペラーズベスト(牡/父ワークフォース×母チャイナドール)

 調教師別成績の上位組では下記の馬たちが既に入厩していました。

藤沢和雄調教師>
タワーオブロンドン(牡/父Raven's Pass×母スノーパイン)
レイエンダ(牡/父キングカメハメハ×母ラドラーダ) ※5位
フラットレー(牡/父ハーツクライ×母リッチダンサー) ※3位
レッドオールデン(牡/父ルーラーシップ×母リーチフォーザムーン)

池江泰寿調教師>
スヴァルナ(牡/父ステイゴールド×母ブルーミングアレー) ※79位
トゥザフロンティア(牡/父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー) ※9位

堀宣行調教師>
エストスペリオル(牡/父ディープインパクト×母メイキアシー)

友道康夫調教師>
ワグネリアン(牡/父ディープインパクト×母ミスアンコール) ※62位
アドマイヤデジタル(牡/父ノヴェリスト×母フサイチエアデール) ※63位
アップファーレン(牝/父ハードスパン×母アブソリューション)
クアトレフォイル(牡/父ルーラーシップ×母シャムローグ)

角居勝彦調教師>
ロードマドリード(牡/父ディープインパクト×母キャサリンオブアラゴン)
ヘンリーバローズ(牡/父ディープインパクト×母シルヴァースカヤ) ※11位

矢作芳人調教師>
該当馬なし

 個人的にもっとも面白いと考えているのはこのカテゴリーに属する馬たち。アップファーレン(アブソリューションの2015)など注目度の低い馬もいますが、トップ厩舎の貴重な馬房を確保しているわけですから、一定以上の素質を秘めている可能性が高いと考えていいはずです。


登録済みの方はこちらからログイン

イダペガサスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 2

8月になりました(^^♪

皆さん如何お過ごしでしょうか?

今週も、“酒とお馬とタイガース”の時間がやって参りました。


いよいよ今日から、夏の高校野球大会が開幕ということでねー。夏本番を迎えたって感じがしてきましたね。

僕は地元の高校を応援していきたいと思います。


さて、今週のタイガースといいますと、

移無●無無〇

また、今週も1勝しかしてへんけど、試合も無かったからね。

しかし昨日の、試合時間5時間を超える大逆転劇!こういう試合をモノにできたのは大きいね。

しばらく甲子園での試合はないけど、この勢いそのままに、長いロード戦、突っ走ってや!


そして、今週の重賞予想です。

☆レパードステークス

◎⑤アドマイヤビクター
〇③イダペガサス
▲⑭グレートタイム
△⑥グリム

まだ、底を見せていない⑤アドマイヤビクターに◎。休養を挟んでから、体重が増えて連勝したということは、パワーアップしていることは明らか。上がりタイムも、この二走は馬場状態を問わずメンバー最速であり、死角は見当たらない。〇は③イダペガサス。休み明け前走は条件戦ではあるものの、初古馬戦。敗れはしたが、ハイペースであるにもかかわらず、先行し粘りこんだ内容は侮れない。そこに切れ者⑭グレートタイム。勝負根性は抜群⑥グリムまで。


☆小倉記念

◎⑦マウントゴールド
〇⑫サンマルティン
▲③ストーンウェア
△⑪トリオンフ

小倉は印のみで。


今週も暑くなりそうですが、熱い戦いも続きます。頑張ってこの夏を乗り切りましょう。

それではまた来週。

 しんすけ46 2018年8月5日() 06:39
レパードステークス
閲覧 94ビュー コメント 4 ナイス 15

昨日は1鞍当てたもののトータルマイナス。

ストレス溜まる展開はまだまだ続く。

線路は続くよ どこまでも♪

新潟11R レパードステークス

◎⑪ビッグスモーキー
〇⑤アドマイヤビクター
△④ドンフォルティス
△⑧プロスパラスデイズ
△⑭グレートタイム
×③イダペガサス

馬連⑪ー④・⑤・⑧・⑭への4点と300円。
馬単④・⑤・⑧・⑭ー⑪への4点へ200円。
三連複⑤・⑪ー③・④・⑧・⑭への4点へ200円。

新潟ダートは先行馬有利。昼過ぎから雨降るみたいなんでなおさらだね。
大型馬の小回りの内枠を危惧した前走でしたが思った通り。
今度の条件の方が向くね。芝・ダート両方で重賞・オープン実績あるし。

今日は小倉記念・驀進特別・新潟最終を購入しまーす。

どこまで続く ぬかるみぞ・・・。

[もっと見る]

 激闘競馬野郎【穴馬探 2018年8月5日() 01:18
レパードS 注目馬
閲覧 103ビュー コメント 1 ナイス 5

三歳のダート重賞、レパードS。正直、相当難しいメンバーが揃っていました。
一番人気グレートタイム、二番人気のドンフォルティスは実績的に順当だと思います。ただ、時計は全体的に上記二頭に迫る馬が多いので、もしかしたら波乱もあるかもしれません。

軽く分析から・・・

グレートタイムは時計は安定しています。ジャパンダートダービーでも、ユニコーンSでも安定した時計を出し続けていますが、逆に言えば古馬と戦ってきた組と比べると少し疑問を持ってしまいます。
馬券圏内ならば確率は相当高いですが、頭からは外れる展開もあると思います。

ドンフォルティスは少し評価が難しいです。評価を難しくしているのはジャパンダートダービー。
前走は先行できずに伸びきれませんでしたが、この枠ならスタートさえ決まれば先行できるはずです。
武豊騎手ではなく石橋騎手に乗り替わった事がどう出るか。
グレートタイムと同じように、強い古馬と戦ってきた新勢力との比較が問題になってくるのではないでしょうか。


☆注目馬
・イダペガサス

先行力がある馬で若干不利があった馬。前走はこの一言で済んでしまうと思います。
外枠で外々を回らざるを得ない競馬、最後の直線ではよれた馬に接触も交わして二着確保と実力のある所を見せてくれました。
今回は内枠で好位をキープする競馬を狙ってくるのではないでしょうか。2番のアルクトス、4番のドンフォルティスと同型馬に囲まれているのが気になりますが、前走よりも立ち回りは楽だと思いますので、出遅れなければ面白い馬だと思います。(前日オッズ7番人気15倍)

以上です。
本日もありがとうございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

イダペガサスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イダペガサスの写真

イダペガサス

イダペガサスの厩舎情報 VIP

2018年8月5日レパードステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イダペガサスの取材メモ VIP

2018年8月5日 レパードステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。