レーツェル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2015年2月24日生
調教師伊藤大士(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[2-0-0-0]
総賞金1,718万円
収得賞金900万円
英字表記Ratsel
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ミスティーク2
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Montfleur
兄弟 ジョディーテミスト
前走 2017/11/04 きんもくせい特別
次走予定

レーツェルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/04 福島 9 きんもくせい 500万下 芝1800 7332.311** 牝2 54.0 北村宏司伊藤大士474(0)1.51.8 -0.034.4ラスエモーショネス
17/07/02 福島 5 2歳新馬 芝1800 15222.411** 牝2 54.0 北村宏司伊藤大士474(--)1.50.9 -0.435.9サテラノサト

レーツェルの関連ニュース

【今日のキラ星】ジョディー

2018年6月2日() 05:01

 【東京5R】1週前に芝で追い切って軽快な走り。今週のWコースでも併せ馬で先着し、仕上がりは上々だ。戸田調教師は「素軽くて前向きな気性。まだ目いっぱいに調教をやっていないが、能力はあるからね。これぐらいで勝ち負けできれば先が楽しみ」と、期待を口にした。半姉レーツェルはデビュー連勝と新馬向きの血統も魅力だ。

【フローラS】オハナが咲く!キレキレ12秒8 2018年4月20日(金) 05:10

 東京競馬開幕週のメイン・サンケイスポーツ賞フローラステークスの追い切りが19日、美浦トレセンで行われた。クイーンC4着のオハナはWコースで僚馬と併入。陣営は放牧による立て直しの効果と距離延長で好勝負を期待している。また、この日芝コースで追い切られた2戦2勝のレーツェルは、鼻出血を発症して回避した。

 夏を思わせる陽気に、名牝のつぼみが開花目前だ。クイーンC4着以来となる3戦2勝のオハナが、美浦Wコースでの併せ馬でその切れ味を存分にアピールした。

 前日とは打って変わった晴天のもと、残り4ハロン手前からランプフィーバー(未勝利)を1馬身追走。直線でスッとインにもぐり込むと、気合をつけられるパートナーに馬なりで対応し、4ハロン53秒2-38秒6-12秒8で悠々、併入のフィニッシュだ。

 「動きは良かったですね。前走は在厩調整で体が戻り切らず、厳しい状況でも頑張ってくれたけど、今回は状態は前走以上です」と、納得の仕上がりに森助手が穏やかな笑みを浮かべる。

 新馬戦→菜の花賞と1600メートルを連勝した今年1月の時点では、桜花賞戦線の台風の目として脚光を浴びたヒロイン候補。しかしカイ食いが細く馬体が回復しないことから、陣営は前走後、桜花賞トライアルへの参戦を回避。宮城・山元トレセンへ1カ月あまり放牧に出し、短期間のオーバーホールに充てた。

 これが正解だった。帰厩後は5、12日とコンスタントに併せ馬を消化しながら、ゆとりのある馬体をキープ。思う存分、稽古を積めることにより、動きはより研ぎ澄まされてきた。

 「馬体重は火曜日(17日)の時点で424キロ。放牧先でうまく調整してくれたこともあって、今は馬体も少しふっくらしています。エンジンのかかりが遅いタイプだし、距離が延びるのもいいと思うので」

 初めての2000メートルにも、森助手は歓迎の構えを崩さない。同じ堀厩舎に在籍する全姉ハナレイムーンが昨秋、この東京芝2000メートルで勝ち星を挙げていて、祖母には名牝ノースフライト(1994年安田記念、マイルCS優勝)を持つ良血。輝きを取り戻した今、似合うのはもっと上のステージだろう。本領発揮の大舞台へ、まずはそのステップを軽やかに駆け上がる。 (内海裕介)

★フローラ(Flora)

 フローラ(Flora)はローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神の名。

★オハナ(Ohana)

 オハナ(Ohana)はハワイ語で「家族」の意味。全兄キロハナ(ハワイ語で「ベストな、最高の」)、全姉ハナレイムーン(カウアイ島、ハナレイ湾の月)もハワイに由来する馬名だ。



★サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】サラキアなど無抽選で出走 2018年4月20日(金) 05:07

 レーツェルが回避し、センテリュオジョリルミエールが次週の京都・矢車賞に向かうため出馬投票を見送ったことから、サンスポ賞フローラSは17頭立てで確定。特別登録の段階では除外の可能性があったチューリップ賞4着のサラキアなど、1勝馬もすべて抽選なしで出走可能となった。





サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】レーツェル回避…鼻出血を発症 2018年4月20日(金) 05:07

 サンケイスポーツ賞フローラSに出走予定だったレーツェル(美・伊藤大、牝3)は、19日に芝コースでの追い切り(4ハロン54秒9)後、鼻出血を発症して同レースを回避した。「前回(きさらぎ賞を1週前に回避)ほどではありませんが、出血が見られました。先もある馬ですし、大事を取って回避します」と伊藤大調教師。今後はノーザンファーム天栄に放牧に出され、回復に専念する。





サンスポ賞フローラSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】レーツェルV3へ気合!のどの状態OK 2018年4月19日(木) 11:14

 新馬-きんもくせい特別と無傷連勝中のレーツェルは美浦芝コースでクワトロガッツと併せ馬。2馬身ほど追走する流れから、馬なりのままラスト1F11秒8をマークして1馬身先着した。

 「左回りでも上手に走れていた」と伊藤大調教師。のどの状態が不安視されていたが、「ジョッキーいわく『のどの反応は出ていない』とのことで、うまいことこれました」と笑顔を見せた。手綱を取った北村宏騎手も「落ち着いていたし、いいコンディション」と状態面に太鼓判を押した。(夕刊フジ)



サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバッと的中大作戦】お鼻が高い!?内海はオハナ 2018年4月19日(木) 05:09

★サンスポ賞フローラS

 編集局長から“社杯”的中の厳命を受けた現場記者の面々。先週の皐月賞を◎△△で3連単37万2080円を的中させたサンスポの内海裕介記者が、美浦トレセンに登場。週刊ギャロップの和田稔夫記者と社杯的中に向けて情報を持ち寄った。

 内海 おい和田、どうなんだ?

 和田 あ、皐月賞的中だけで完全に天狗だと評判の内海さん、トレセンにいたんですね。

 内海 当たり前だろ。皐月賞よりサンスポ賞。俺は夕刊フジにいたときからそう思っていたぞ。でオハナはどうなんだ?

 和田 ムードは最近じゃ一番いいですね。そっか、◎なんだっけ。

 内海 のつもりだけど、他にも気になる馬がいてな。

 和田 どの馬?

 内海 今週休みの水戸社長が「勝つのはこの馬だぞ」と遺言を残していったラブラブラブ。「前走は理にかなってない競馬で勝てた。ここを普通に勝っても不思議ではないくらいの馬」と松岡騎手も能力を大絶賛だ。

 和田 社長へのリップサービスでしょ。僕はギャロップ誌上では◎サラキアにしたけど、レッドベルローズとかレーツェルも気になって。レッドはコーセイ(三浦騎手)が「いい感じっすよ」と向こうから声かけてきたし、レーツェルもヒロシ(北村宏騎手)が「いいストライドで走る」と色気あり。

 内海 何でもいいぞ。じゃ、小遣いやるから37万円馬券当てろよ。

 和田 嫌みな人。ま、もらっとくけど。

サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

レーツェルの関連コラム

閲覧 941ビュー コメント 0 ナイス 7

今週と来週は「POG分析室」の番外編として、JRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介していきます。まずは6月2日、6月3日、6月9日、6月10日の勝ち馬からご覧いただきましょう。

■2018年06月02日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】ジャミールフエルテ(U指数73.5)
牡 父オルフェーヴル/母プリティカリーナ 大久保龍志厩舎
→2016年のセレクトセールで購買されており、価格は10800万円。半兄に2017年若葉ステークス2着のエクレアスパークル(父ハーツクライ)、JRAで4勝をマークしたアンタラジー(父ディープインパクト)がいます。オルフェーヴル産駒はそれほど勝ち馬率が高くないものの、早々に勝ち上がったこの馬は大物である可能性が高いかもしれません。

■2018年06月02日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】ジョディー(U指数77.3)
牝 父ダイワメジャー/母ミスティーク2 戸田博文厩舎
→2016年のセレクトセールで購買されており、価格は1296万円。半姉にJRA2戦2勝のレーツェル(父マンハッタンカフェ)がいます。新種牡馬の台頭によってやや注目度は落ちていますが、ダイワメジャー産駒はPOG期間中の勝ち馬率や1頭あたり賞金が非常に高い種牡馬です。

■2018年06月03日 阪神05R 芝1400m内
【優勝馬】シングルアップ(U指数82.5)
牡 父キンシャサノキセキ/母ラフアップ 寺島良厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は1600万円。半兄にJRAで新馬勝ちを果たしたランスマン(父ダイワメジャー)がいます。今やキンシャサノキセキは2歳時の成績が良い種牡馬の代表格。引き続きマークしておくべきでしょう。

■2018年06月03日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】グランアレグリア(U指数85.6)
牝 父ディープインパクト/母タピッツフライ 藤沢和雄厩舎
→サンデーレーシングの所属馬で、募集価格は7000万円。母のタピッツフライは現役時代にファーストレイディステークス(米G1)などを制しています。早期デビューということもあって人気を集めた馬ですが、U指数を見てもわかる通り、初戦から期待に違わぬパフォーマンスを見せてくれました。

■2018年06月03日 東京06R 芝1400m
【優勝馬】アカネサス(U指数74.1)
牝 父ロードカナロア/母クィーンズバーン 浅見秀一厩舎
→全兄にJRA1勝のクルークヴァール。母のクィーンズバーンは現役時代に阪神牝馬ステークス(G2)などを制しています。デビュー前の調教でサングレーザーに先着したことでも話題を集めた一頭です。

■2018年06月09日 阪神05R 芝1200m内
【優勝馬】アウィルアウェイ(U指数76.2)
牝 父ジャスタウェイ/母ウィルパワー 高野友和厩舎
→社台グループオーナーズの所属馬で、募集価格は1800万円。半兄に2018年毎日杯3着のインディチャンプ(父ステイゴールド)がいます。新種牡馬のジャスタウェイは、このレースが産駒によるJRA初勝利となりました。

■2018年06月09日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】レノーア(U指数80.6)
牝 父スクリーンヒーロー/母レッドターキー 相沢郁厩舎
→半兄にJRA1勝のカタトゥンボ(父ローエングリン)。母のレッドターキーは3歳時の8月までにJRAで3勝をマークしています。カタトゥンボもレッドターキーも主戦場はダート短距離のレースでしたから、芝で頭打ちになっても潰しがききそうです。

■2018年06月10日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】サートゥルナーリア(U指数75.4)
牡 父ロードカナロア/母シーザリオ 角居勝彦厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は14000万円。半兄に2014年ジャパンカップなどを制したエピファネイア(父シンボリクリスエス)、同じく半兄に2015年朝日杯フューチュリティステークスなどを制したリオンディーズ(父キングカメハメハ)がおり、母のシーザリオも現役時代にアメリカンオークス(米G1)などを制しています。一般的なドラフト制のPOGでも、おそらく大半の団体はこの馬が“1番人気”だったんじゃないでしょうか。

■2018年06月10日 東京05R 芝1800m
【優勝馬】アガラス(U指数79.9)
牡 父ブラックタイド/母ロッシェノワール 古賀慎明厩舎
→サンデーレーシングの所属馬で、募集価格は2800万円。半兄にJRA1勝のギャラルホルン(父スマートファルコン)がおり、母のロッシェノワールもJRAで2勝をマークしています。近親には長距離やダートのレースで活躍した馬も多く、さまざまな可能性を感じる一頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年4月19日(木) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018サンケイスポーツ賞フローラステークス
閲覧 1,342ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


【賞金上位馬】

オハナ(B)
デビュー前からこれまでの調教での時計自体は特に目立つものはない良血馬だが、映像で見ると走りが良く見えるタイプ。クイーンC以来のレースにはなるが、この中間も乗り込み量は豊富で、前走からの調整過程としたら順調にきているのではないかとの印象。ただかなり小柄な馬なので間隔を詰めて使ったり、極端な道悪になったりした時にはマイナスになりそう。賞金的にここで権利を取らないとオークスには出走できそうにないので、狙いを定めて使ってきている今回は、前走以上の勝負気配がありそう。

サトノワルキューレ(A)
これまでのレース内容を見るとまだ若い感じも、調教内容は角居厩舎流の王道調教で、順調に調整されている。この中間も、1週前に3頭併せを消化しつつ、15(日)には坂路で終い速い時計と、狂いのない内容で調整されていて、あとは関東への輸送をクリアできればしっかり力を発揮してくるだろう。

ディアジラソル(C)
前走時はパドックで良く見せる馬ということを差し引いても、かなり仕上がっていた印象で、今回に関しても状態はキープできていそう。ただ、走り、血統を見るとダートの方が良さそうな感じ。

デュッセルドルフ(B)
この馬は調教内容がレースに直結する馬。新馬、前走時と時計が出ている時には好走していて、この中間はどちらかというと良い時に近い内容。これで最終追い切りも良い時計が出ていれば、好走が期待できそう。

ノームコア(B)
半年ぶりの前走は成長分があるにしても+10kgとやや余裕のある馬体。ただパドックでは集中力があり動きは良く見せていたし、レースでも好スタートから楽に好位につけるレースセンスの良さで素質のある馬であることは間違いないだろう。今回は叩き2戦目で、反動よりも上積みのほうが期待できそう。

レッドベルローズ(A)
月1のローテーションで使われていて、今回もここ2戦と同じ調整過程での出走となりそう。15(日)には速い時計が出ていて、1週前時点では前走以上の期待が持てそうな内容で、最終追い切りが極端に悪くなければ十分勝ち負けになるだろう。

レーツェル(B)
新馬戦でも◎にしたように調教では走る馬。前走後は鼻出血で予定よりも間隔が空いているが、このレースに向けての入厩後の時計はいつも通りかそれ以上。競馬場、距離、コース替わりなど経験不足なところはあるものの、素質のある馬だろうし最終追い切りの動きを見て判断したいところ。


【抽選対象馬(11頭が出走可能)】

アストラサンタン(D)
前走勝ちも、この中間は2週前、1週前とここ2戦と比べても物足りない時計で上積みはなさそう。

ヴェロニカグレース(B)
休み明けの2走前はパドックでもボッテリしていて余裕のある馬体で、それが前走時は体が締まって良くなっていた。今回、1週前追い切りではジョッキー騎乗で追われて前走並みの時計で先着と、上積みが見込める内容だった。さらなる上積みもあるかもしれない。

ウスベニノキミ(E)
新馬戦(2着)では◎にしたくらいの馬だが、初勝利まで6戦と時間がかかった。前走は重賞挑戦で4着だったが、12月から使い詰めで-10kgではさすがに今回、上積みは見込めないだろう。

オスカールビー(C)
前2走では体重が8kg、12kgと減っていたわりに、パドックを観た印象では特に締まった感じはなかった。この中間、坂路での時計がガラッと良くなったということもなく、上積みはなさそう。

カーサデルシエロ(B)
前走は経験馬相手の初出走だったが、調教でもそれほど目立つ時計は出ておらず、パドックではまだ余裕のある馬体に映った。レースでも、馬群の内で揉まれながら直線はなかなか進路が開かず、それが逆に脚を溜めることになりゴール前の脚に繋がった印象での勝利となった。すべてにおいて未完成といった内容の前走なので使われつつの良化は必至か。ただ、今回も上積みは見込めそうな一方で、まだまだ馬は若い感じで本当に良くなるのはもう少し先とみられる。

ガールズバンド(D)
昨年秋の未勝利勝ち後休養。休み明けを2度使われたがレース内容を見てもそれほど馬が変わってきた感じはなく、この中間も調教での大きな変化もない。

サラキア(B)
前走はチューリップ賞に挑戦。2戦目でも、まだ体に余裕がある感じの馬体での出走だった。レースでも出遅れて流れに乗れず、直線で伸びてきたが上位3頭とはまだまだ力差が......といった内容。この中間は先週坂路で追われて動きは良化しているように見えた。

ジョリルミエール(F)
小柄な馬だがデビューから使い詰めで、さすがにこれから状態が良くなる感じはない。

センテリュオ(C)
ゆったりした新馬戦(◎)から、厳しい流れの前走に変わったものの直線はしっかり伸びて敗れはしたものの上積みを感じさせる内容。この中間も前走時と同じような坂路での調整だが、時計的にやや控えめで上積みという点では少ない印象。

ノーブルカリナン(C)
2走前(2着)のパドックでは張りのない感じだったが、前走時は毛艶も良く出来自体は良かったように見えた。ただ、レースはかなり遅いペースで流れ、結果最後方からの競馬で完全に脚を余してしまった感じ。この中間も乗り込まれているが、もう一度関東への輸送もありこれ以上馬体が大きく減ってしまうと厳しいので、最終追い切りでの動きには注意。

パイオニアバイオ(B)
使い詰めできて前走で初勝利。馬体がかなり小さく、これ以上馬体も減らしたくない点は気掛かりだが、1週前追い切りでは馬なりで好時計が出ており、予想外に悪くない感じ。

ハイヒール(D)
昨年秋は桜花賞好走馬たちが出走したレベルの高いレースに出走していて、力差を感じる内容。今年に入っても2戦結果が出ず、デキ云々以前に今の能力では少し足りない感じ。

ファストライフ(D)
今回が休み明け4戦目となり、前走時にパドックで見せていたうるさい面を考えても、馬体的にはこれ以上減らしたくないところ。土曜日に強めに追われて先着しているので、今週もビッシリ追ったら前走以上にイレ込みそうで......。最終追い切りの内容は注意。

ラブラブラブ(B)
未勝利勝ちの前走時は坂路で好時計が出て、この中間の1週前追い切りでは南Wで好時計と調教で良い時計の出る馬。前走はオルフェーヴル産駒らしい勝ち方だったが、これまでの2戦を見ると左にササるところがある。素質はありそうな一方、馬を真っすぐ走らせるのが大変そうでその辺りはレースに影響しそう。



◇今回はサンケイスポーツ賞フローラS編でした。今週のフローラSと来週のスイートピーSで、オークスの出走予定馬がほぼ揃うことになると思いますが、今年は桜花賞上位組の力がかなり抜けています。その点フローラSの登録馬を見てみると、今年は収得賞金900万円の馬が7頭に400万円の馬が14頭と実績のある馬の出走はなく、まさにオークスに出走できる2頭の枠を賭けたトライアル戦ということになります。過去10年で3連単10万以上の配当が5回出ていてどちらかというと荒れることのほうが多いレースでもありますし、今年も馬券的な楽しみは本番以上に期待できるレースになるのではないかとみていますので、ぜひ最終追い切り評価と合わせて、私、くりーくの見解を参考にして頂けたらと思います。

それでは次回天皇賞(春)& 青葉賞 編(予定)でお会いしましょう。


サンケイスポーツ賞フローラステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

レーツェルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 357ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
「夏も近づく八十八夜~」という歌もあるように、
暖かくなってきましたね?
各地に温暖差はありますが、今後も暖かいんだから~

我が懐は、真冬に逆戻り!?

<八十八夜(ハチジュウハチヤ)とは?>
今年は5月2日頃。立春から数えて八十八日目。春から夏に移る節目の日で、この日から夏の準備を始めます。

最近は品種改良などが進み、昔ほど種まきに気を遣うこともなくなったようですが、かつては八十八夜は種まきの大事な目安となっていたようです。「八十八」という字を組み合わせると「米」という字になることから、農業に従事する人にとっては特別重要な日とされてきました。今でも、農耕開始の到来を祝って神事が行われるところがあります。

 
【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 最終結果】
第05期(04月21日~05月27日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

新たに始まった第5期。スタートダッシュを決めたいが…。はたして、結果は!?

土曜、G3福島牝馬Sでは、3頭を推奨。(エンジェルフェイス、カワキタエンカ、ゲッカコウ)
馬番コンピの予想では、(4,5,3,12,6)BOX狙いを参考にして、
⑥ゲッカコウ軸で勝負!
ワイド(6⇒3,4,5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
優勝馬がノーマークなので完敗…。

日曜、G2フローラSでは、4頭を推奨。(ガールズバンド、ノームコア、レーツェル、レッドベルローズ)
馬番コンピの予想では、(4⇒12,10,1,16)狙いを参考にして、
④サトノワルキューレ軸で勝負!
馬連(4⇒1,7,8,12,14)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
2着馬がノーマークなので完敗…。

日曜、G2読売マイラーズカップでは、4頭を推奨。(エアスピネル、サングレーザー、ブラックムーン、モズアスコット)
馬番コンピの予想では、(8⇒1,7,10,14,2)狙いを参考にして、
④エアスピネル軸で勝負!
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
軸馬が3着では、仕方がありませんね…。



先週ブログのなかで推奨した結果
福島牝馬S=エンジェルフェイス(回避)、カワキタエンカ(2着)、ゲッカコウ(9着)
フローラS=ガールズバンド(回避)、ノームコア(3着)、レーツェル(回避)、レッドベルローズ(7着)
読売マイラーズC=エアスピネル(3着)、サングレーザー(1着)、ブラックムーン(9着)、モズアスコット(2着)

今週末の重賞レースの注目馬
青葉賞=スーパーフェザー、ダノンマジェスティ
天皇賞(春)=サトノクロニクル、チェスナットコート

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
青葉賞=73%(C)
天皇賞(春)=42%(D)

【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(福島牝馬S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭ボクッス 10点。
(4,5,3,12,6)BOX
結果 7⇒4⇒12

(フローラS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~5位までの4頭へ流して4点。
(4⇒12,10,1,16)
結果 4⇒15⇒16

(読売マイラーズカップ)
【馬 連】で
馬番コンピ指数4位から
指数5~9位までの5頭へ流して5点。
*または指数値52まで
(8⇒1,7,10,14,2)
結果 5⇒9⇒4


反省点としては、G2読売マイラーズカップが堅い決着だったこと?単純に馬番コンピ指数1位の指数値79以下は、荒れる傾向が強いと予想。仮に、迷わずに本命レースと予想していたら…?まずは、根本的なところから見直し、来年へ繋げたい!?そろそろ、今後の馬券購入も見直す必要があるかも知れない!?一応、今週も懲りずに2重賞(青葉賞、天皇賞・春)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(青葉賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭ボクッス 10点。

(天皇賞・春)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2、3位から
指数4~9位までの6頭へ流して12点。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/

 Haya 2018年4月20日(金) 07:00
【~術はある~】(2018.04.20.)(フローラS 他) 
閲覧 258ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
早足に桜の季節もすぎて、つつじが美しく咲く頃となりましたね!
今年のゴールデンウィークは、最長でなんと9連休!?
好天に恵まれそうですね?

我が懐は、相変わらず荒天続き…?
好天に恵まれたい?

<ゴールデンウィークとは?>
4月下旬~5月上旬の国民の祝日が集中して発生する連休のこと。国民の祝日と土日がつながると、1週間~10日程度の大型連休になる場合もあり、旅行やレジャーの予定を組む人が多い。黄金週間・春の大型連休とも呼ばれ、GWと略されることも。

昭和の日(4月29日)
憲法記念日(5月3日)
みどりの日(5月4日)
こどもの日(5月5日)

 
【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 最終結果】
第04期(03月24日~04月15日)08日間(日経賞~アンタレスS:全12戦)

桜花賞をトリガミとは言え、当てたことで流れを変えたはずだが…?

土曜、G3アーリントンカップでは、4頭を推奨。(アドマイヤアルバ、インディチャンプ、レッドヴェイロン、ダノンスマッシュ)
馬番コンピの予想では、(5,9⇒1,11,10,13,12)狙いを参考にして、
①パクスアメリカーナ軸で勝負!
ワイド(1⇒2,11,13)、馬連(1-2)
結果は、的中!(ワイド1-11 720円)
ただ、馬連を買わずにワイドのみなら…。
調子に乗っちゃって!?


日曜、G3アンタレスSでは、2頭を推奨。(グレイトパール、ディアデルレイ)
馬番コンピの予想では、(1⇒2,15,13,5,9)狙いを参考にして、
①グレイトパール軸で勝負!
単勝①、馬単(1⇒2,3,12,14,15)
結果は、的中!(単勝① 220円/馬単1→15 1,760円)
狙い通りの結果ですが、強気で馬単勝負なら…。
調子に乗っちゃって!?


日曜、G1皐月賞では、1頭を推奨。(ワグネリアン)
馬番コンピの予想では、(2⇒15,5,3,1,9)狙いを参考にして、
②ワグネリアン軸で勝負!
馬連(2⇒1,3,5,9,12,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
軸馬が7着では、完敗です。


先週ブログのなかで推奨した結果
アーリントンカップ=アドマイヤアルバ(回避)、インディチャンプ(4着)、レッドヴェイロン(3着)、ダノンスマッシュ(5着)
アンタレスS=グレイトパール(1着)、ディアデルレイ(11着)
皐月賞=ワグネリアン(7着)

今週末の重賞レースの注目馬
福島牝馬S=エンジェルフェイス、カワキタエンカ、ゲッカコウ
フローラS=ガールズバンド、ノームコア、レーツェル、レッドベルローズ
読売マイラーズC=エアスピネル、サングレーザー、ブラックムーン、モズアスコット

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
福島牝馬S=69%(D)
フローラS=85%(AA)
読売マイラーズC=66%(D)

【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。

(アーリントンカップ)
馬番コンピ指数1位の指数値79以下
【馬 連】で
馬番コンピ指数8、9位から
指数3~7位までの5頭へ流して10点。
(5,9⇒1,11,10,13,12)
結果 6⇒1⇒11

(アンタレスS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。
(1⇒2,15,13,5,9)
結果 1⇒15⇒13

(皐月賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。
(2⇒15,5,3,1,9)
結果 7⇒14⇒10


皐月賞以外は、馬券絡み。馬券種等の選択で、かなり儲かっていたはず…。反省点は、皐月賞!後々検証していると
①前走1800~2000㍍戦以外[0-1-0-20]
②キャリア3~7戦以外[0-0-2-44]
③キャリア6戦以上[0-0-1-15]
④前走6番人気以下[1-1-0-46]
⑤前2走以内で3着内なし[例外ナシ]
以上の5項目をチェックするだけで、5頭まで絞れる。
今年の該当馬
エポカドーロ(優勝)、ジェネラーレウーノ(3着)、ジャンダルム(9着)、ステルヴィオ(4着)、ワグネリアン(7着)

仮に、ワイド馬券 ⑦エポカドーロ -⑩ジェネラーレウーノ 3,010円 でした。
調子に乗っちゃって!?今週も懲りずに3重賞(福島牝馬S、フローラS、読売マイラーズC)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(福島牝馬S)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭ボクッス 10点。

(フローラS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~5位までの4頭へ流して4点。

(読売マイラーズカップ)
【馬 連】で
馬番コンピ指数4位から
指数5~9位までの5頭へ流して5点。
*または指数値52まで

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年4月19日(木) 14:09
フローラS≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 557ビュー コメント 0 ナイス 8

【フローラS】東京2000m

堅い年と荒れる年が両極端な配当!
まずはどちらの年になるか?
馬場の良し悪しも関係しますね。
堅い決着の年は上がり3Fペースが34秒台、勝ち馬は33秒台になるような瞬発力勝負☆///
⑤~⑦人気の好走が著しく低く、荒れる年は道悪巧者血統などの人気薄好走が目立つ。
軸馬の≪ステップ≫としてはフラワーカップ6着以内が1番信用が置ける。

≪人気≫
1番人気【5-1-0-5】
2番人気【2-3-2-4】
3番人気【1-1-3-6】
4番人気【1-2-1-7】
勝ち馬は11年中9年で1~4人気まで

≪ステップ≫フラワーC6着以内
〇ノームコア 〇ウスベニノキミ 〇ファストライフ

≪好走条件≫
・前走1800m以上を経由し、過去1600m~1800mの重賞レースで1ケタ着順馬
〇レッドベルローズ 〇ハイヒール
・東京コース上り33秒台経験馬 
〇オハナ 〇パイオニアバイオ 〇ラブラブラブ 〇レッドベルローズ

≪凡走条件≫
・前走、⑩着以下【0-0-0-25】 
・前走、勝ち馬でも着差ナシ(0.0差)の馬【1-0-0-19】 
・前走、1.0秒差以上の負け【0-0-2-30】
・前走、1400mのレース【0-0-0-11】
・前走1700m以下だった馬で当日5番人気以下 
・前走重賞だった馬で当日7番人気以下【0-0-1-27】
・中2週以内で出走の馬【2-4-1-53】3着以内馬はほとんど10年以上前のローテーション事情。
近10年だと①人気デニムアンドルビー1頭のみ

【重要項目】
出走馬・人気はまだ未定なので、人気が絡んだ凡走条件以外で軽視の馬はたった3頭。
昨年以上に条件の絞込みは困難ですね^^;
近6年の3着以内馬18頭中17頭に当て嵌まるポジション(走破位置)の共通点として
近2走以内に
①未勝利・新馬戦:テン&上がり3位〔好走ポジ〕
②500万・OP・重賞:テン&上がり5位〔好走ポジ〕
③:①②以外の馬は「上がり最速」か「重賞の上がり3位以内」がある
登録馬の中で上記のどれにも該当しないのが
×アストラサンタン
×オスカールビー
×ガールズバンド
×サトノワルキューレ
×ジョリルミエール
×パイオニアバイオ
×ラブラブラブ
2つ以上に該当するのが○レーツェル○レッドベルローズ
昨年のモズカッチャンもこの時期では12番人気の低評価、だが2つの項目に該当していた。

【見解】
今年も凡走条件馬が少なそうなので【重要項目】から馬を絞っていこうと思います。
昨年もこの時点では評価されていなかったモズカッチャンやヤマカツグレースなど
馬柱からの着順だけでは計れない部分は好走ポジション理論がイイですね。
個人的には桜花賞の時に今年の3歳牝馬重賞の中で中盤LAPが一番緩まず
レベルの高かったのが「クイーンS」と評したので4着のオハナを推したいところですが、
フローラSにおいては前走マイルからの成績が良くない。
それならば、クイーンSで10着でも上がり3位タイ、好走条件・重要項目に2つずつ
名前の挙がったレッドベルローズの方がこのレースには向きそうですね♪
【ポジション理論】でサトノワルキューレが該当外となって、この馬の取捨がポイント。
マクっての上がり2位なので、上がり最速に近い評価は出来るかもしれませんが、
今年も混戦そうなので思い切って外して買うのが妙味かな?という判断です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レーツェルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ネクタル   フォロワー:0人 2017年6月21日(水) 18:56:29
いよいよデビューが迫ってきましたね。今の所 7月2日の福島に北村宏で出走予定ですね。楽しみ

レーツェルの写真

投稿写真はありません。

レーツェルの厩舎情報 VIP

2017年11月4日きんもくせい特別1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レーツェルの取材メモ VIP

2017年11月4日 きんもくせい特別 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。