エイシンゾーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エイシンゾーン
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年4月2日生
調教師藤岡健一(栗東)
馬主株式会社 栄進堂
生産者栄進牧場
生産地浦河町
戦績13戦[1-3-1-8]
総賞金2,654万円
収得賞金400万円
英字表記A Shin Zone
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
エーシンブランシュ
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
セントルイスガール
兄弟
前走 2019/12/08 3歳以上1勝クラス
次走予定

エイシンゾーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/12/08 中京 9 3歳以上1勝クラス 芝1400 1861114.762** 牝3 54.0 秋山真一藤岡健一434(-2)1.21.1 0.234.6⑦⑥ブルスクーロ
19/09/29 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1400 18485.1216** 牝3 53.0 M.デムー藤岡健一436(0)1.21.7 1.235.9ドナウデルタ
19/09/01 小倉 8 3歳以上1勝クラス 芝1200 18483.922** 牝3 52.0 福永祐一藤岡健一436(+6)1.10.3 0.035.6⑯⑭ブリッツアウェイ
19/07/13 中京 9 マカオJCT 1勝クラス 芝1200 128112.828** 牝3 52.0 M.デムー藤岡健一430(+4)1.09.6 0.834.1⑩⑩トップソリスト
19/06/29 中京 12 3歳以上1勝クラス 芝1200 15232.413** 牝3 52.0 M.デムー藤岡健一426(-4)1.09.2 0.133.8⑧⑩ホッコーシェルビー
19/06/08 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1400 184732.1104** 牝3 52.0 藤岡康太藤岡健一430(-2)1.22.1 0.235.9アルティマリガーレ
19/02/09 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 83361.986** 牝3 54.0 幸英明松元茂樹432(+2)1.37.3 1.035.5⑥⑥ロードグラディオ
19/01/14 京都 10 紅梅S OP 芝1400 121141.8108** 牝3 54.0 松山弘平松元茂樹430(-2)1.23.4 0.635.5⑩⑩メイショウケイメイ
18/12/09 中京 10 つわぶき賞 500万下 芝1400 12116.349** 牝2 54.0 鮫島克駿松元茂樹432(-2)1.23.4 1.035.6⑥⑧アフランシール
18/11/25 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 96611.655** 牝2 54.0 川又賢治松元茂樹434(+6)1.34.4 0.835.0④④ラヴズオンリーユー
18/08/26 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 11447.845** 牝2 54.0 幸英明松元茂樹428(0)1.36.0 0.533.9ケイデンスコール
18/07/21 中京 9 中京2歳S OP 芝1600 7553.422** 牝2 54.0 幸英明松元茂樹428(+2)1.35.2 0.535.6アドマイヤマーズ
18/07/01 中京 5 2歳新馬 芝1600 85519.561** 牝2 54.0 幸英明松元茂樹426(--)1.35.3 -0.033.7⑦⑦⑦トロイメント

エイシンゾーンの関連ニュース

【新潟2歳S】レースを終えて…関係者談話2018年8月27日(月) 05:05

 ◆三浦騎手(スティルネス3着) 「馬場とか初めての距離もあったが、勝てる力があるので勝ちたかった。馬は頑張ってくれたけど、僕にもうひと工夫があればよかった」

 ◆池添騎手(ジョディー4着) 「調教時よりもだいぶテンションが高くて力んでいた。外へ逃げ気味に走るロスはあったが、最後までしぶとく食らいついていた」

 ◆幸騎手(エイシンゾーン5着) 「ポンとスタートしたのでそのまま行かせた。折り合いよく進めたが、ひと伸びできなかった」

 ◆蛯名騎手(エルモンストロ6着) 「少し気持ちが落ち着かないと。真面目で一生懸命走りすぎる面がある」

 ◆大野騎手(オーパキャマラード7着) 「少しイライラしていたが、レースは上手に運べた」

 ◆丸田騎手(エンパイアシュアー8着) 「距離は延びてもいい感じ。頑張って走っています」

 ◆鮫島駿騎手(ロードアクア9着) 「2番手でいいペースで運べたが、直線は内回りと合流する付近でお釣りがなくなった」

 ◆荻野助手(エイカイキャロル10着) 「前向きな気持ちはあるが、まだキャリアも浅いからね。これからだよ」

 ◆津村騎手(ヤサカリベルテ11着) 「さすがに重賞でメンバーが強かった」

★26日新潟11R「新潟2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟2歳S】エイシンゾーンは積極策も5着に敗れる 幸「折り合ったものの、ひと伸びできなかった」 2018年8月26日() 19:59

 8月26日の新潟11Rで行われた第38回新潟2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=3100万円)は、石橋脩騎手騎乗の1番人気ケイデンスコール(牡、栗東・安田隆行厩舎)が差し切り勝ち。重賞初制覇を果たした。タイムは1分35秒5(稍重)。



 中京2歳Sで2着に善戦していた4番人気のエイシンゾーンは、積極策で2番手を追走するも、最後の直線で上位馬との切れ味勝負に屈し5着に敗れた。



 幸英明騎手「ポンとスタートしたので、そのまま行かせた。折り合い良く進めたが、ひと伸びできなかったので、今後はこのあたりを調整していきたい」



★【新潟2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】U指数的考察2018年8月26日() 10:20



新潟2歳ステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
低指数馬の激走が多いレースではあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数78.5超の馬が馬券に絡んでいる。

指数78.5超

エルモンストロ
オーパキャマラード
エイシンゾーン
スティルネス
アンブロークン

<ポイント②>
軸馬の絞り込みで頼れるのは、前走で確かな末脚を見せた馬。なかでも、前走で左回りの芝1400~1600mに出走、かつ上がり3ハロン順位2位以内だった、指数78.5超の好走率が高い。

条件を満たす馬

エルモンストロ

<ポイント③>
指数78.5以下で馬券に絡んだ馬は、例外なく前走で3番人気以内の支持を受けていた。低評価、かつ指数的に疑問符が付く馬の深追いは禁物だ。

指数78.5以下、かつ前走4番人気以下

エンパイアシュアー
ヤサカリベルテ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月26日() 10:15



※当欄では日曜日に開催される新潟2歳ステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
エルモンストロ
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
ジョディー

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧スティルネス
○⑥ケイデンスコール
▲⑨アンブロークン
△⑪ジョディー
△⑦エイカイキャロル
△⑤ロードアクア
△⑩ヤサカリベルテ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑧→⑤⑥⑦⑨⑩⑪

【DAIGO】
◎⑥ケイデンスコール

【林修】
注目馬
ケイデンスコール

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑦エイカイキャロル

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑥ケイデンスコール
○⑤ロードアクア
▲⑪ジョディー
△⑧スティルネス
△⑨アンブロークン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧スティルネス
○②エルモンストロ
▲④エイシンゾーン
△⑥ケイデンスコール
△⑪ジョディー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑤ロードアクア
○⑥ケイデンスコール
▲⑨アンブロークン
△④エイシンゾーン
△⑪ジョディー

【高見侑里】
◎⑨アンブロークン

【高田秋】
◎④エイシンゾーン

【天童なこ】
◎⑪ジョディー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】斬って捨てる!2018年8月26日() 10:05



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の新潟2歳ステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走が牝馬限定の新馬戦だった馬の好走例は見られない(2008年以降)

スティルネス
ジョディー

前走で新潟以外のオープン特別に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

エイシンゾーン

デビュー戦で4着以下に敗れていた馬の好走例はなし(2008年以降)

エンパイアシュアー
ヤサカリベルテ

前走の馬体重が440キロ未満だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

エイシンゾーン
スティルネス

キャリア3戦以上馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤサカリベルテ

【人気】
2番人気の連対例はなし(2008年以降)
※9時30分現在の2番人気

アンブロークン

5番人気以下、かつ前走東京コース出走馬の好走例は皆無(2012年以降)
※9時30分現在の5番人気以下、かつ前走東京コース出走馬

ロードアクア

6番人気以下、かつ関西所属馬の連対例はゼロ(2008年以降)
※9時30分現在の6番人気以下、かつ関西所属馬

オーパキャマラード
エイシンゾーン
エイカイキャロル

【脚質】
前走で新馬戦に出走、かつ4角通過順位が2番手以内だった牝馬の好走例は皆無(2008年以降)

エイカイキャロル
スティルネス
ジョディー

【枠順】
馬番5番枠と9番枠の好走例はゼロ(2008年以降)

ロードアクア
アンブロークン

【血統】
当日単勝オッズ10.0倍未満の支持を受けた馬を除くと、父キングマンボ系の好走例は皆無(2008年以降)
※9時30分現在の単勝オッズ10.0倍以上、かつ父キングマンボ系

ロードアクア
エイカイキャロル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
エルモンストロ
ケイデンスコール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイシンゾーンの関連コラム

閲覧 1,511ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



12月9日(日) 阪神11R 第70回 阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・牝馬・芝1600m)

【登録馬:23頭】(フルゲート:18頭)

【以下賞金順】

シェーングランツ(B)
前走時も今回も乗り込み量が豊富で順調に調整されている。前走の走りを見ると左回りのほうが走りやすそうな感じもするが、パドックやレース内容を見てもまだまだ良くなる印象のある馬で、前走時以上の上積みが期待できそう。

ダノンファンタジー(A)
新馬戦、2戦目の未勝利戦でのパドックではおとなしく周回していたが、前走時のパドックでは気合いが乗ってグッと良くなった感じだった。新馬、未勝利の2戦はどちらかといえばゆったり仕上げた感じだったが、前走は負荷をかけてきて終いまでしっかり走らせた調教が多く、そのあたりの違いが影響したのではないかと思う。この中間は2歳時点での最終目標レースということもあり、2週前、1週前とC.デムーロ騎手騎乗で2週連続の併せ馬を敢行。時計もさらに良化、1週前追い切りの動きを見ても手応え抜群と、前走以上の仕上がりで、最終追い切りは軽めで十分。

ウインゼノビア(C)
パドックでは、落ち着きがはあるもののすごく良く見せるという感じの馬ではない。この中間は毎週松岡騎手が追い切りに騎乗しての調整となっていて、前走と同じような内容で調子落ちはなさそう。切れる脚があるタイプではないので、長くいい脚を使って粘り込むレースが理想的。

クロノジェネシス(A)
小倉、東京と長距離輸送での2戦だったが、パドックではリラックスした感じで扱いやすそうな馬。調教ではこれまで、併せ馬で併入はあっても遅れたことはなく、1週前追い切りでも手応えに余裕と、この馬もなかなかの素質馬だと思う。2戦とも内枠でロスなく走れたこともあり、また折り合いに心配がなく距離が延びたほうがさらに良さそうな印象から、今回は距離短縮と外枠に入った場合にどうかという不安材料もあるが、そこはこの馬を手の内に入れている感のある鞍上北村友騎手に期待したい。

メイショウショウブ(E)
9月のデビューから使い詰めできていて、前走時にこのコラムでも上積みが期待できないと書いた馬だが2着に好走。ただパドックではテンションが上がっており、またレースもスローな展開を勝ち馬とほぼ併走して逃げる形と、恵まれた部分もあった。今回こそさらなる上昇は期待できそうもないか。

ビーチサンバ(B)
新馬、前走とパドックでは落ち着きあり。この中間も、前2走と同じように1週前にCWを長めから併せ馬で強めに追われていて、動きを見ても手応えに余裕があり順調そう。最終追い切りは馬なりで十分だろう。

ベルスール(F)
新馬戦以来の前走は+12kgも太め感はなかった。おそらく背が伸びたことによるものとみて良いだろう。調教ではコントロールが効かない感じで乗り難しそうだったため、評価を下げたが2着。ただ、レースでは最内枠で運よく前にも横にも壁ができ、かなり行きたがる面を見せつつも押さえが効くこととなり、結果力みながらも脚が溜まり2着にくる脚を使えることに繋がったのだろう。あれが外枠だったら抑えがきかず前に行ってしまってあの脚は使えなかったと思う。その意味で、今回の距離延長はこの馬にはマイナスになりそうだ。

ラブミーファイン(D)
前走の最終追い切りではフラフラしていて終いはバテてしまった感じだったが、この中間は小柄な馬の割に追い切り本数も豊富で、前走を使われての疲れはなさそう。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく時計ほどの動きにはない。

グレイシア(E)
トレセンでは本数を乗らない馬で、1週前追い切りも濃霧で確認できずと状態面が気になるところだが、2週前の坂路での時計を見るとこの馬としては物足りない印象。前走は直線で狭くなる場面はあったが、脚があれば割ってこれるシーンでもあり、またゴール板を過ぎて一気にスピードが落ちていたので、脚を余したというよりは直線ではもう脚が残っていなかったと判断したほうが良さそう。

ジョディー(D)
新馬戦、前走の赤松賞と勝ったレースのパドックは、気合いも乗って馬体もかなり良く見えたが、負けたレースでは馬体に余裕がある感じだった。前走はマイペースの逃げで展開に恵まれたようなところもあり、今回は楽にこの馬のペースで行けるということはなさそうで、関西圏でのレースでもあり前走のようにはいかないか。前走からの間隔も詰っていて輸送もあり、1週前に強めに追えなかったのもマイナス。

スタークォーツ(C)
新馬戦時のパドックではトモが寂しい印象を受けた馬だが、前走時のパドックでもそれは変わっておらずで短い距離のほうが良さそう。1週前追い切りの時計も平凡。

プールヴィル(C)
小柄な馬でパドックで馬体を見てもトモが寂しく映る。前走、今回と間隔を空けているので乗り込み量は豊富だが、1週前追い切りの動きを見ると力強さはなく、馬体重が増えて力強さが出てこないようだと厳しそう。

メイショウケイメイ(C)
坂路で時計の出る馬で新馬戦では◎。前走時もこの中間も2週前、1週前と引き続き優秀な時計が出ていて調子は良さそう。ただ馬体減の前走パドックでの見映えと1週前追い切りの動きからは、スピードが勝っている感じでスプリンターという印象が強い。

レッドアネモス(B)
新馬戦時は本数を乗り込んでゆったり仕上げた感じで、パドックでは余裕がある馬体に見えた馬。それが前走時は、1週前、最終追い切りと併せ馬で一杯に追われていたので、プラス体重でも馬体は締まっているように見えた。この中間に関しては馬なりでの調整となっていて、それほど本数を乗られている訳でもない。長距離輸送がないので、最終追い切りでは強めに追ってくるかもしれない。

ローゼンクリーガー(C)
馬体重の割に細く映っていた前走だったが、+10kgで馬体が戻った感じ。ただ使われるごとにテンションが上がっていて、レースでも行きたがるところが出てしまうとあまり良くない。追い切りに関してはデビュー前からCWを中心に乗られてきていて、時計も優秀。前走からの間隔が少ないので1週前追い切りはなし。

【以下、抽選対象馬(3頭出走可能)】

アフランシール(E)
美浦に戻ってきてから前走も含めて調教の時計が物足りない。この中間の時計は、前走時よりは出ているが北海道時のような良さがない。

エイシンゾーン(C)
休み明けの前走時は乗り込み量も多く、3週連続で併せ馬で先着とCWでは時計が出ていた。間隔が詰まっているのでこの中間は速い時計を出していないが、前走で乗込んでいるので最終追い切りは軽めでも動きが良ければ上積みはありそう。あとは香港出張中の外国人騎手が多い日で、騎乗予定の田中学騎手(兵庫)も魅力あり。

エールヴォア(B)※エリカ賞への出走を予定しているため回避予定
この中間は2週前坂路、1週前CWで併せ馬先着と、動きを見ても前走より良さそうな感じ。

コルデトゥリーニ(B)
この中間は前走とは違い、1週前に坂路で終いしっかりと伸びていて好時計。ちょっと終いに切れ過ぎな感じがあるので1400m以下のほうが良いのかもしれないが、調子は引き続き良さそう。

サヴォワールエメ(D)
CWでは好時計の出ている馬で、坂路では目立つ時計が出ていないので坂のある阪神コースがどうか。1週前追い切りでは、このレースに出走する予定のビーチサンバと併せて手応えでは見劣っていて、出走できても不安材料あり。

タニノミッション(A)
デビュー戦の前走時は、乗り込み量がかなり少なく時計もそれほど目立たなかったので無印にしたが、パドックでは好馬体で毛艶もピカピカで良く見せていた。レースでも直線で抜け出してくる時の脚は、母ウオッカ安田記念を彷彿とさせる切れで強い勝ち方だった。この中間は入念な乗り込みで上積みが期待でき、出走してくればまとめて負かしてしまうのではないかと思わせるくらい能力がありそうな馬。

トロシュナ(C)
秋の新潟でのデビューだったが調教では水準の時計は出ており、パドックでも太め感はなく仕上がりは良さそうだった。レースでも長くいい脚を使っての圧勝。この中間も馬なりでの調整でそれほど目立つ時計は出ていないが、乗り込まれていて状態面の不安はなさそう。

レディードリー(E)
デビューから使い詰めできており、前走からも間隔もなくこの中間は時計を出していない。最終追い切りでも大きく変わることは難しそう。


◇今回は阪神ジュベナイルフィリーズ編でした。今年も早いものでもう12月に入りました。今週から2歳G1が始まり何だかんだで有馬記念が来て、今年もアッという間に終わってしまいそうな勢いです。気候も暑くなったり寒くなったりと不安定で、バタバタと慌ただしい時期ですので、皆さんも体調を崩されないよう十分にご注意いただき、有馬記念そしてホープフルSまで今年最後の競馬を楽しんでいきましょう。
今年最後といえば、毎年12月31日に行っている私くりーくによる個人協賛レース『ウマニティ杯くりーく賞』を、今年も開催できる見通しとなっています。詳しい内容については決まり次第、このコラムでもお伝えさせて頂きますのでぜひご期待下さい。

それでは次回、朝日杯FS編(予定)でお会いしましょう。


※阪神JF出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月5日(水) 12:30 覆面ドクター・英
阪神JF2018
閲覧 1,061ビュー コメント 0 ナイス 9

チャンピオンズCは、本当は本命を打つつもりだったゴールドドリームが取り消し。結果、本命にすることになった3歳馬ルヴァンスレーヴが、あっさり勝利してしまいましたね。先々週のJCといい、育成技術が上がったりということもあり、3歳馬でももう完成に近いところまで来ているんでしょうね。データから3歳不利などと決めつけてしまうと良くないのかもしれませんね。時代の流れに乗れないと馬券は勝てませんからね。また○○○○×とWIN4止まりで悔しい思いをした先週ですが、今週こそ仕留められるようまずはG1阪神JFの考察をまとめていきたいと思います。

では、恒例の全頭診断を。

1番人気想定 ダノンファンタジー:新馬戦で負けたグランアレグリアは次週の朝日杯FSに向かってくれたので、ここでは当然主役となる。ファンタジーSも今回のマイルを意識した乗り方をした――とは川田騎手のレース後コメント。1億円近くしたディープインパクト産駒の本格派で、今年もダノン軍団はいい馬を選んだなという印象の馬。

2番人気想定 シェーングランツソウルスターリングの下で父がディープインパクトという良血馬。札幌で未勝利戦を2馬身差をつけて圧勝した際に騎乗していたルメール騎手が2000~2400mまでいけると発言していたたように本質的にはオークス向きなのかもしれないが、マイルでも前走6番人気とあまり評価されていない中でのV。レースでは、序盤もたつきつつも直線で外に出すと豪快に伸びた。マイルは少し忙しいのかもしれないが、能力でやれるのでは。

3番人気想定 ビーチサンバフサイチリシャールの全妹。母フサイチエアデールにはやはりクロフネやフレンチデピュティが合うのだろう。この馬も新馬戦勝ち後に臨んだアルテミスSで、前記シェーングランツの豪脚に屈しはしたものの2戦目としては十分すぎる走りでの2着。3戦目ということで更に上積みありそうな点も強み。

4番人気想定 クロノジェネシス:バゴ×クロフネという一見地味めな血統だが、ノーザンF生産でサンデーレーシング所有という馬。新馬、オープンと2戦2勝の戦績で、前走のアイビーSはスローから上がり32.5秒の末脚を繰り出しての2馬身差快勝。産駒は多くはないが、底力を秘めたバゴ産駒だけに、大一番での大仕事もあり得るのでは。

5番人気想定 レッドアネモス:新馬と500万下を連勝し2戦2勝。前走は中山マイルを逃げてしぶとく押し切ってのVで、ヴィクトワールピサ産駒でもあり瞬発力勝負となる阪神マイル向きではないのではという印象。

6番人気想定 タニノミッションウオッカの仔で、父がインヴィンシブルスピリットにかわり半兄たちのようにズブい感じは無い。ただ、前走で直線でヨレていたようにまだ幼いレースぶりで、それでいて血統から人気になりそう。消して妙味では。

7番人気想定 メイショウショウブ:デイリー杯2歳Sは、現在3連勝中の牡馬の大物アドマイヤマーズを相手に叩き合いで差し返され2着。勝ち上がりはダートで6番人気と評価されていない中での勝利だったが、ここも楽しみな存在。人気にもあまりならないようでヒモにぴったり。

8番人気想定 ジョディーダイワメジャー×Monsunという血統構成で、逃げて2勝をあげている。東京での2勝が示す通り、上り自体は速く、阪神マイルでも走れる。人気はなさそうで楽しみな一頭。

9番人気想定 グレイシア:2連勝で臨んだ前走アルテミスSは1番人気で11着と惨敗した。2連勝は荒削りな感じはしたものの好内容で、今回巻き返しがあっても良い。

10番人気以下想定
エールヴォアヴィクトワールピサ産駒で前走アルテミスSで3着。とはいえ上位2頭とはちょっと差のある感じで、速い上りを要求される阪神マイルはあまり向いていないのでは。

ウインゼノビア:夏の札幌でオープンのクローバー賞を3馬身差で勝ったが、アルテミスSは4番人気4着に終わった。成長力もいまひとつで、一線級とはちょっと差がある印象。

トロシュナ:1戦1勝でここに出てこれるかは微妙だが、新潟マイルの新馬戦を3馬身差であっさり勝ってきたように軽視禁物の存在。出走が叶えばヒモにはありか。

ラブミーファイン:夏の函館で新馬を勝ち、函館2歳Sで2着したコパさんの馬だが、その後の成長力いまひとつのようで、買い要素は見当たらず。

ベルスール:全姉にオープンの短距離路線で頑張っているベルルミエールがいる血統で、この馬も能力は高そう。新馬勝ち直後のファンタジーSで2着と能力を示した。人気がないならヒモには是非入れたい一頭。

プールヴィル:未勝利、500万下と連勝してきた社台Fのマル外で、昔だったらもっと人気になっただろうというタイプ。ヒモならありでは。

ローゼンクリーガー:前走の秋明菊賞(500万下)はCデムーロ騎手の腕でクビ差勝ち切ったが、G1で通用するほどのインパクトはなかったというのが正直なところ。

アフランシール:7/15にいち早く新馬戦を勝ちあがったが、その後はイマイチでここでは厳しそう。

メイショウケイメイ:新馬、500万下と2戦2勝なのだがともに1200m戦だったように、ここでは厳しそう。

スタークォーツ:未勝利勝ちはダートだったが、前走で東京芝1400mを勝ち、様々な条件でやれそう。ただ、ここではまだ厳しいか。

レディードリー:4戦目でやっと勝ち上がり、前走の500万下でやっと掲示板に載る程度ではさすがに苦しく、ここでは要らなそう。

サヴォワールエメ:1戦1勝の新馬勝ちのみで特に光るものはなく、いきなりここで通用という感じはしない。

コルデトゥリーニ:2戦目で未勝利戦を勝ち上がったが、いきなりここは厳しい。

エイシンゾーン:新馬勝ち後に中京2歳Sで2着した実績こそあるものの、前走の白菊賞(500万下)でも5着と成長力がいまひとつなようで、ここは厳しそう。


<まとめ>
有力:ダノンファンタジーシェーングランツビーチサンバクロノジェネシス

ヒモに:メイショウショウブジョディーグレイシア

穴で:トロシュナベルスールプールヴィル

人気で消し:レッドアネモスタニノミッション

[もっと見る]

2018年8月29日(水) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/25~8/26)日曜札幌4R◎テスタメント(単勝45.2倍)、土曜小倉12R◎レッドルドラ(同23.8倍)等的中のろいすプロがトップ!
閲覧 467ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、26(日)に札幌競馬場でG3キーンランドCが、新潟競馬場でG3新潟2歳Sがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3キーンランドCは、ポンと出たナックビーナスがそのまま先頭に立ちレースを引っ張ります。3~4コーナーを回って、内ラチ沿いからダノンスマッシュが2番手に浮上し、これも同様に最内追走から手応えよくペイシャフェリシタが追撃態勢。外からは、キャンベルジュニアトゥラヴェスーラらが伸びを見せ、人気勢はレッツゴードンキはその後方外、ムーンクエイクは最後方追走から最内へとそれぞれ進路を取り、残り200mを通過。しかし、後続の追い上げは結局見られず、鞍上のゲキに応えたナックビーナスが重賞初制覇。勝利へ導いたJ.モレイラにとっても嬉しい重賞初Vとなりました。2馬身1/2差の2着には4番人気ダノンスマッシュが入り、さらにそこからクビ差の3着に9番人気ペイシャフェリシタが入っています。
公認プロ予想家では、KOMプロ他、計3名が的中しています
 
G3新潟2歳Sは、エルモンストロが好発を決めてハナへ。人気のケイデンスコールアンブロークンジョディーといったところは中団以降からの競馬となって、3コーナーを目指します。エルモンストロが後続を引き離し、2番手以下一団の態勢で4コーナーを回って直線へ。内からエイシンゾーンが並び掛け直線半ばを通過すると、外からはスティルネスロードアクアアンブロークンジョディー、大外にケイデンスコールと、横に大きく広がっての末脚比べに持ち込まれます。ゴール前まで、直線を内外大きく使っての攻防となる中、大外を上り最速の脚で伸びた1番人気ケイデンスコールがV。連勝でレースを制しています。クビ差の2着には2番人気アンブロークンが入り、さらにそこからハナ差の3着には8番人気スティルネスが入っています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロKOMプロ豚ミンCプロきいいろプロ導師嵐山プロシムーンプロサラマッポプロ他、計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
25(土)は小倉12Rでの3連複564.7倍的中を筆頭に、他にも小倉2Rなどで好調予想を披露しプラス収支を達成。26(日)も、札幌4Rでの◎テスタメント(単勝45.2倍)的中ほか、新潟5Rなどで好調ぶりをアピール!連日のプラス収支マークの先週は、トータル回収率183%、収支7万2,920円プラスのトップ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
25(土)小倉12Rで◎レッドルドラ(単勝23.8倍)の単勝を的中し22万1,340円を払戻し。26(日)には新潟10Rでの◎○馬単1万円1点勝負的中などで活躍を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
26(日)札幌7Rで◎クロークス(単勝54.6倍)から3連単20万8,000円馬券的中のスマッシュヒットを披露!
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
26(日)小倉2Rでの48万8,560円払戻しなどで、前週に続き週末2日間トータル回収率100%を達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(127%)、サラマッポプロ(117%)、岡村信将プロ(108%)、【U指数】馬単マスタープロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(101%)、dream1002プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年8月22日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018新潟2歳ステークス編
閲覧 1,077ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月26日(日) 第38回 新潟2歳ステークス(G3、2歳 芝1600m)

アンブロークン(前走500㎏、2ヶ月)<C>
前走時は坂路、南Wで好時計が出ていて併せ馬でも先着と、大型馬の割には仕上がりが良さそうだったことから◯評価を与えた馬。この中間も間隔が空いて乗り込み量は豊富だが、終いの時計がかかっていて前走時と比べると物足りなさがある。

エイカイキャロル(前走458㎏、中3週)<B>
前走時は乗り込み量は豊富も、坂路での時計が物足りず×評価に止めた。この中間は1週前の坂路で好時計が出ていて、上積みが見込めそう。

エイシンゾーン(前走428㎏ +2、中4週)<B>
新馬、前走と使われてこの中間も1週前に坂路で好時計が出ている。ただ、併せ馬での遅れは気になるところ。最終追い切りで先着するようなら問題なさそうではあるのだが。

エルモンストロ(前走464㎏、中5週)<C>
前走時は乗り込み量は豊富だったものの、併せ馬での遅れが気になり×印まで。この中間も1週前追い切りでは併せて遅れと似たような調整内容できていて、最終追い切りでの動きは気になる。

ジョディー(前走464㎏、2ヶ月半)<B>
この中間は間隔が空いていることもあってか乗り込み量は豊富も、時計はそれほど目立ない。ただ2週前、1週前と併せ馬で先着しており、出来自体は悪くはなさそう。

スティルネス(前走420㎏、中6週)<A>
この中間も1週前に併せ馬で先着と前走時と同じような内容。小柄な馬で調整はしやすいと思うので、最終追い切りは馬なりでも動きさえ良ければ十分だろう。

ロードアクア(前走454㎏、2ヶ月半)<A>
前走時も乗り込み量は少なかったものの、坂路では時計が出ていて能力を感じさせる調教内容だった。今回も中間はこの厩舎らしく1週前、日曜とかなり速い時計を出していて、直前は馬なりで軽めでも十分といった感じに仕上がっている。

エンパイアシュアー(前走454㎏ +4、中6週)<E>
未勝利勝ちの前走時は南Wでの時計が良くなっていたが、この中間は前走時より時計は平凡。上積みはなさそう。

オーパキャマラード(前走474㎏ +4、中3週)<B>
前走未勝利勝ちで、この中間も1週前にCWで強めに追われて好時計と、使われてさらに良くなりそうな感じがある。

ケイデンスコール(前走458㎏ -6、中3週)<B>
新馬戦でも◎にしたくらいデビュー前から調教の時計は出ていた馬。この中間も、1週前に坂路で強めに追われて好時計をマークと、調子落ちは感じられない。

ピュアヒカリ(前走426㎏、中3週)<D>
前走新馬戦2着から、時計2本を出しているこの中間だが、前走時と比べると物足りない内容で時計的にも平凡。

ヤサカリベルテ(前走454㎏ +8、連闘)<E>
デビューから6着、2着、8着と使い込まれていて、今回も連闘と状況としたらかなり厳しい。


◇今回は新潟2歳ステークス編でした。
先週のコラムでもお伝えした『WINS day』ですが、私も最寄りのエクセル浜松に土日とも行ってきました。エクセル浜松でもいろんなイベントが行われていて、入場者もいつもより多かったように思います。日曜日には天童なこさん、園田・姫路競馬実況アナウンサーの竹之上次男さん、競馬エイト記者の林美希さんが来場して、札幌記念のレース検討会などが開催されました。
他にも多数イベントが催される中で、とりわけ私の目を引いた企画が「競馬なんでも相談会」でした。他ではあまり聞いたことのない企画だと思うのですが、ここエクセル浜松ではゲストが来場する際によく行われているもの。来場したゲストが予想やその他競馬に関する質問に個別に答えてくれたり、ゲストルームで3人と直接競馬の話ができるプログラムとなっていました。競馬マニアの私としては、このような企画にはぜひ参加してみたいということで、受付30分前から並んでみたところ6組目(募集:先着6組)で運よく参加させてもらうことができました。1組10分で順番にゲストルームに通され、その中ではJRAの方にも言いたいことは言えましたし、天童さんには「(鼻が高いので)ハーフですか!?」と何度も突っ込まれながら楽しい時間を過ごさせてもらいました。私の場合、競馬の仕事をしているので結局相談会というよりは、楽屋で競馬の話をしているような感じになってしまいましたが・・・・・・^^; ゲストの方々も、まさか6番目にこんな人間が登場してこようとは思っていなかったでしょうし驚いたとは思いますが、3人とも良い方たちだったのでまたぜひ静岡の方にも来て頂きたいと思います。
今回なぜこのようなことを書いたかというと、エクセル浜松のように様々な企画を考えてゲストも呼んで競馬に興味を持ってくれる人を増やす努力をしてくれているところがある一方で、宣伝が少ないため地元に住んでいてもこのようなイベントがあること自体知らない人がほとんどだという現実があるからです。いろいろな方面に配慮してのことかもしれませんが、やるからにはテレビ、ラジオで県内だけでもしっかり宣伝するなりしてくれたら、もっとエクセル浜松の来場者も増えて気軽に馬券を買いにきてくれる人たちが増えるのではないかと思います。微力ながらこのコラムでもエクセル浜松でのイベント情報についてこの先も触れていきたいと思っていますので、ご興味の方はぜひ足をお運び頂けたら幸いです。来月には「JRA-UMACA(ウマカ)」によるキャッシュレス投票も始まり、ネット投票が当たり前の時代ではありますが、現金で馬券を買って現金で払い戻すという行為は競馬の中で一番の醍醐味でもあると思っています。





それでは次回、札幌2歳S小倉2歳S編(予定)でお会いしましょう。


新潟2歳ステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年08月19日号】特選重賞データ分析編(112)~2018年新潟2歳ステークス~
閲覧 1,452ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 新潟2歳ステークス 2018年08月26日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ左回り、かつ出走頭数が10頭以上だったレース”において上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [6-6-4-36](複勝率30.8%)
×なし [0-0-2-48](複勝率4.0%)

 2012年以降の連対馬12頭は、いずれも“JRA、かつ左回り、かつ出走頭数が10頭以上だったレース”で出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークした経験のある馬でした。新潟芝外回りのレースだけに、末脚が最大のポイントと見て良さそう。また、右回りや少頭数のレースにしか実績がない馬は評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→エルモンストロケイデンスコールロードアクア
主な「×」該当馬→エイシンゾーンオーパキャマラードスティルネス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走との間隔が中4週以上」だった馬は2012年以降[5-6-6-41](複勝率29.3%)
主な該当馬→エイシンゾーンエルモンストロ

[もっと見る]

エイシンゾーンの口コミ


口コミ一覧

7/13中京8R、10R備忘録

 fedo_love 2019年7月13日() 22:52

閲覧 124ビュー コメント 0 ナイス 5

中京8R 3歳以上牝馬限定1勝クラス
【予想】
1モアナアネラ/浜中
6ミリオンドリームズ/木幡育
10サムシングジャスト/斎藤
11タンタラス/川田
→馬連ボックス計6組

【結果】
①タンタラス
②モアナアネラ

⑦ミリオンドリームズ
⑨サムシングジャスト

【的中】
馬連1-11💮 100×22.6

【振返り】
斤量にも恵まれた3歳馬で固めて投票。タンタラス、スタートはそれほどでも川田騎手に導かれて素早く内に進路を寄せ先手を取って絶妙の逃げ。最後まで脚を持たせて1着!2番手をいい手応えで走っていたエイシンゾーンを、残り100mくらいで捕らえた浜中騎手のモアナアネラも強かった!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

中京10R インディアトロフィー
【予想】
5アオイテソーロ/浜中
6ロフティネス/岩田望
8オノリス/川田
14ブラックウォーリア/和田
→馬連ボックス計6組

【結果】
①ブラックウォーリア
②アオイテソーロ
③ロフティネス
⑤オノリス

【的中】
馬連5-14💮 100×25.9

【振返り】
ブラックウォーリア、こちらもスタートはひと息だったけど和田騎手すぐに立て直して好位に。直線に向いて先頭に立って危なげなく、と思ったら飛んできた本日好調・浜中騎手のアオイテソーロ。だったが、最後にもうひと伸びしたブラックウォーリアも、また強かった。続けて馬連ゲット!ありがとうございます!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

明日は函館記念だけど、難しそうです。
今日のように、上手く他のレースを選択できれば、いいけどなぁ。

 しんすけ48 2019年7月13日() 03:16
中京9R~12R
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 17

明日と言うか今日は9レース購入。

全勝できれば良いのだけんどもしかし・・・、

せめて半分以上は当てたいな♪

中京9R マカオジョッキークラブトロフィー

◎③ブルベアオーロ
△①トップソリスト
△⑩タガノカルラ
△⑪エイシンゾーン

馬連③ー①・⑩・⑪への3点。

差し脚が板について来ました。も少し位置取れれば差し切れるんでないかい?
泣く泣く切ったのはタガノカルラ。一時は本命まで考えたんだけど・・・。やっぱおさえとこ!

中京10R インディアトロフィー

◎⑭ブラックウォーリア
△⑥ロフティネス
△⑯クリノヴィクトリア

馬連⑭ー⑥・⑯への2点。

クリソベリル・マスターフェンサー・デアフルーグと戦って来た戦績から古馬相手でも。
休み明けの今回しか妙味は無さそうなんで。
泣く泣く切ったのはオノリス。左回りと中京で差し脚質?なんでね。

中京11R マレーシアカップ

◎②アロハリリー
△③カヴァル
△⑤サトノソルタス
△⑧バレーノロッソ

枠連②ー③・⑤と馬連②ー⑧への3点。

中京の舞台なら男馬相手でも。気性難がちと心配ではありゃーすが。
無難に行くならサトノソルタスからとも思ったんだけどね。

中京12R 3歳上1勝クラス

◎⑯シンゼンマックス
△①ダイシンクローバー
△⑤メラン
△⑭ウインアライバル

馬連⑯ー①・⑤・⑭への3点。

競争除外明けで休み明け、更に昇級初戦。揉まれない大外は良さ気だし千四は安定して走れてるしね。

これでおーしまい。ではも少しねんねして参りまするぅ~♪

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2019年7月12日(金) 21:55
7/13 単複王
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは明日7/13単複王です
No.474 中京 9レース マカオJCT(1勝クラス) ◎ エイシンゾーン ◯ マードレヴォイス
No.475 中京 10レース インディアT(2勝クラス) ◎ オノリス ◯ ブルベアオーロ
No.476 中京 11レース マレーシアC(3勝クラス) ◎ アフリカンゴールド ◯ アオイテソーロ
No.477 福島 9レース 雄国沼特別(1勝クラス) ◎ グロオルロージュ ◯ アロハリリー
No.478 福島 10レース 信夫山特別(2勝クラス) ◎ オセアグレイト ◯ マードレヴォイス
No.479 福島 11レース やまびこS(3勝クラス) ◎ バーニングペスカ ◯ コスモジャーベ
No.480 函館 10レース 臥牛山特別(1勝クラス) ◎ マコトジュズマル ◯ クラサーヴィツァ
No.481 函館 11レース STV杯(2勝クラス) ◎ クインズチャパラ ◯ ヒルノマゼラン
No.482 函館 12レース 湯浜特別(1勝クラス) ◎ ヴィーヴルサヴィ ◯ シンゼンストロング
https://youtu.be/Gx3TaUClozg
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイシンゾーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エイシンゾーンの写真

エイシンゾーン

エイシンゾーンの厩舎情報 VIP

2019年12月8日3歳以上1勝クラス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エイシンゾーンの取材メモ VIP

2019年12月8日 3歳以上1勝クラス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。