エイカイキャロル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エイカイキャロル
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2016年2月2日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主二木 英徳
生産者有限会社グッドラック・ファーム
生産地日高町
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Eikai Carol
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ラフェクレール
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
アドマイヤマカディ
兄弟 サクレディーヴァエピックアン
前走 2018/08/26 新潟2歳ステークス G3
次走予定

エイカイキャロルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/26 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 116722.3710** 牝2 54.0 北村宏司藤原英昭458(0)1.36.7 1.234.4⑤④ケイデンスコール
18/07/29 新潟 5 2歳新馬 芝1600 147123.811** 牝2 54.0 戸崎圭太藤原英昭458(--)1.37.0 -0.133.3ピュアヒカリ

エイカイキャロルの関連ニュース

 ◆三浦騎手(スティルネス3着) 「馬場とか初めての距離もあったが、勝てる力があるので勝ちたかった。馬は頑張ってくれたけど、僕にもうひと工夫があればよかった」

 ◆池添騎手(ジョディー4着) 「調教時よりもだいぶテンションが高くて力んでいた。外へ逃げ気味に走るロスはあったが、最後までしぶとく食らいついていた」

 ◆幸騎手(エイシンゾーン5着) 「ポンとスタートしたのでそのまま行かせた。折り合いよく進めたが、ひと伸びできなかった」

 ◆蛯名騎手(エルモンストロ6着) 「少し気持ちが落ち着かないと。真面目で一生懸命走りすぎる面がある」

 ◆大野騎手(オーパキャマラード7着) 「少しイライラしていたが、レースは上手に運べた」

 ◆丸田騎手(エンパイアシュアー8着) 「距離は延びてもいい感じ。頑張って走っています」

 ◆鮫島駿騎手(ロードアクア9着) 「2番手でいいペースで運べたが、直線は内回りと合流する付近でお釣りがなくなった」

 ◆荻野助手(エイカイキャロル10着) 「前向きな気持ちはあるが、まだキャリアも浅いからね。これからだよ」

 ◆津村騎手(ヤサカリベルテ11着) 「さすがに重賞でメンバーが強かった」

★26日新潟11R「新潟2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

【新潟2歳ステークス】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月26日() 10:15



※当欄では日曜日に開催される新潟2歳ステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
エルモンストロ
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
ジョディー

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧スティルネス
○⑥ケイデンスコール
▲⑨アンブロークン
△⑪ジョディー
△⑦エイカイキャロル
△⑤ロードアクア
△⑩ヤサカリベルテ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑧→⑤⑥⑦⑨⑩⑪

【DAIGO】
◎⑥ケイデンスコール

【林修】
注目馬
ケイデンスコール

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑦エイカイキャロル

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑥ケイデンスコール
○⑤ロードアクア
▲⑪ジョディー
△⑧スティルネス
△⑨アンブロークン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧スティルネス
○②エルモンストロ
▲④エイシンゾーン
△⑥ケイデンスコール
△⑪ジョディー

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑤ロードアクア
○⑥ケイデンスコール
▲⑨アンブロークン
△④エイシンゾーン
△⑪ジョディー

【高見侑里】
◎⑨アンブロークン

【高田秋】
◎④エイシンゾーン

【天童なこ】
◎⑪ジョディー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】斬って捨てる!2018年8月26日() 10:05



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の新潟2歳ステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走が牝馬限定の新馬戦だった馬の好走例は見られない(2008年以降)

スティルネス
ジョディー

前走で新潟以外のオープン特別に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

エイシンゾーン

デビュー戦で4着以下に敗れていた馬の好走例はなし(2008年以降)

エンパイアシュアー
ヤサカリベルテ

前走の馬体重が440キロ未満だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

エイシンゾーン
スティルネス

キャリア3戦以上馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤサカリベルテ

【人気】
2番人気の連対例はなし(2008年以降)
※9時30分現在の2番人気

アンブロークン

5番人気以下、かつ前走東京コース出走馬の好走例は皆無(2012年以降)
※9時30分現在の5番人気以下、かつ前走東京コース出走馬

ロードアクア

6番人気以下、かつ関西所属馬の連対例はゼロ(2008年以降)
※9時30分現在の6番人気以下、かつ関西所属馬

オーパキャマラード
エイシンゾーン
エイカイキャロル

【脚質】
前走で新馬戦に出走、かつ4角通過順位が2番手以内だった牝馬の好走例は皆無(2008年以降)

エイカイキャロル
スティルネス
ジョディー

【枠順】
馬番5番枠と9番枠の好走例はゼロ(2008年以降)

ロードアクア
アンブロークン

【血統】
当日単勝オッズ10.0倍未満の支持を受けた馬を除くと、父キングマンボ系の好走例は皆無(2008年以降)
※9時30分現在の単勝オッズ10.0倍以上、かつ父キングマンボ系

ロードアクア
エイカイキャロル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
エルモンストロ
ケイデンスコール



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】ズバリ調教診断!2018年8月25日() 16:40



日曜日に行われる新潟2歳ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


エンパイアシュアー
この中間は南Wで順調に調教本数を消化。とはいえ、内容に目立つものは見られず、最終追い切りの動きも平凡そのもの。時計面についても、メイチで追われたことを勘案すると物足りない印象。前回からの上がり目に乏しいと言わざるを得ない。

エルモンストロ
この中間は栗東CWと栗東坂路を併用して入念な乗り込み。栗東坂路で行われた最終追い切りは、折り合い重視の内容で追走先着。行きたがる面が出ているのは気がかりだが、ラストまでしっかりと脚を伸ばしていることについては好感が持てる。及第点のデキとみていい。

オーパキャマラード
最終追い切りは栗東CWで3頭併せを実施。リズミカルな脚捌きを見せ、馬なりで2頭に先着を果たした。1週前にも栗東CWで好タイムをマークしており、状態面の不安は少ない。ただし、テンションが高く、現状は短距離ベターという印象。距離延長に対応できるかどうかの疑問は残る。

エイシンゾーン
1週前、今週と2週続けて、併走馬の後ろに長時間位置する本番を意識したスパーリングを敢行。気性面に課題を抱える馬だけに、最後まで我慢して走りきった点は評価できる。四肢の動きも悪くなく、この馬なりに順調とみていい。

ロードアクア
この中間は栗東坂路で調整。15日に1600万下を相手に追走先着、19日には4F50秒4の好タイムを記録しているように、日曜日までの気配は上々。半面、坂路で行われた最終追い切りの動きはイマイチ。フットワークがバラつき加減で、踏み込みの甘さも目立つ。1回叩いた上積みを見込んだうえでの、連下評価までが妥当な線ではないか。

ケイデンスコール
1週前に栗東坂路で及第点の時計をマーク。栗東CWで行われた最終追い切りは、1000万下を大きく先行させるかたちをとり、本馬は馬場の外側を深く入って追走、余力残しで併入を果たした。ゴール後も緩むことなく、グイグイと脚を伸ばす走りが印象的。好ムードであることは間違いない。

エイカイキャロル
最終追い切りは栗東芝で併せ馬を実施。行きたがる面を考慮した軽い内容だったが、いい脚を使ってラスト1Fを12秒ソコソコのラップでまとめてきた。少し四肢の可動域が狭いようにも見えるが、この時期の2歳戦であれば許容範囲。自身の力を出せる仕上がりとみてとれる。

スティルネス
今週の追い切りは南Wにて単走で実施。素軽い走りを見せ、馬なりで及第点の時計をマークした。1週前にも南Wで3頭併せを実施&上々のラップを記録しており、状態面の問題はなさそう。ただし、前捌きが硬く、現状は短距離仕様という感が否めない。動きを検証する限り、距離延長に対する不安は募る。

アンブロークン
帰厩後は坂路と南Wの併用で丹念に乗り込まれ、南Wで行われた1週前追い切りでは、セダブリランテスと併せてマズマズの時計を記録。同じく南Wで実施した最終追い切りでも、上々の伸び脚を見せた。若干、エンジンのかかりが遅い点は気になるが、決して雰囲気は悪くない。

ヤサカリベルテ
連闘。1週前に南Wで行われた追い切り(前走時の最終追い切り)の内容を確認する限り、2~3走前と比べて大きく変化した様子は見受けられない。前走の未勝利戦はバテた馬を交わしたうえでの8着。相手強化の重賞では厳しい。

ジョディー
帰厩後は南Wでビッシリと乗り込まれ、2週前と1週前に追走先着、最終追い切りでは追走先着を果たしたうえに、ゴール後は僚馬を突き放す上々のパフォーマンスを披露した。少し緩めの馬体ではあるが、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。動ける態勢にあるとみたい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳ステークス】重賞データ分析2018年8月25日() 13:45



ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる新潟2歳ステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走から同距離・距離延長組が圧倒(2008年以降)

エンパイアシュアー
エルモンストロ
オーパキャマラード
エイシンゾーン
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
スティルネス
ヤサカリベルテ
ジョディー

前走で東京あるいは中京を使っていた馬が攻勢(2013年以降)

エルモンストロ
エイシンゾーン
ロードアクア
アンブロークン
ジョディー

【人気】
1998年以降、1~5番人気が19勝
※土曜日13時30分現在の1~5番人気

エルモンストロ
ロードアクア
ケイデンスコール
アンブロークン
ジョディー

2008年以降の2着馬のうち、半数が2桁人気
※土曜日13時30分現在の10番人気以下

エンパイアシュアー
ヤサカリベルテ

【脚質】
上がり3F1~2位馬が好成績(2008年以降)

ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
アンブロークン
ジョディー

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
一利一害の状況(1998年以降)

※当日のバイアスに合わせたチョイスをするのが正解

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が、2007年から11連勝中

エルモンストロ
オーパキャマラード
エイシンゾーン
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
スティルネス
アンブロークン
ヤサカリベルテ
ジョディー

近年はノーザンテーストを内包(5代内)している馬が好相性

エンパイアシュアー
エルモンストロ
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
スティルネス
ヤサカリベルテ
ジョディー


【5項目以上該当馬】
ロードアクア(6項目)
ジョディー(6項目)
エルモンストロ(5項目)
ケイデンスコール(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟2歳S】厩舎の話2018年8月24日(金) 05:04

 ◆アンブロークン・石川騎手 「極端な瞬発力勝負にならなければ」

 ◆エイカイキャロル・藤原英師 「いいセンスがあって前走で期待値が上がった」

 ◆エイシンゾーン・田代助手 「直線に坂のない新潟ならより伸びるはず」

 ◆エルモンストロ・辻野助手 「キャリア1戦で控えたときにどうかですが、調教では馬の後ろにつけても大丈夫」

 ◆エンパイアシュアー・小川助手 「まだテンションが上がっていないので折り合いは大丈夫」

 ◆オーパキャマラード・橋本助手 「調子は上がっている。距離がもってくれれば」

 ◆ケイデンスコール・安田隆師 「しまい重点の調整。能力的にもチャンス」

 ◆ジョディー・戸田師 「状態はいい。乗りやすいし、自在性がある」

 ◆スティルネス・土明助手 「テンションを上げないように調整。一瞬の脚を生かせれば」

 ◆ヤサカリベルテ・水野師 「前走が不完全燃焼だったので連闘。状態は特に変わりない」

 ◆ロードアクア・鮫島駿騎手 「距離は問題なさそう」

★新潟2歳Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイカイキャロルの関連コラム

閲覧 854ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月26日(日) 第38回 新潟2歳ステークス(G3、2歳 芝1600m)

アンブロークン(前走500㎏、2ヶ月)<C>
前走時は坂路、南Wで好時計が出ていて併せ馬でも先着と、大型馬の割には仕上がりが良さそうだったことから◯評価を与えた馬。この中間も間隔が空いて乗り込み量は豊富だが、終いの時計がかかっていて前走時と比べると物足りなさがある。

エイカイキャロル(前走458㎏、中3週)<B>
前走時は乗り込み量は豊富も、坂路での時計が物足りず×評価に止めた。この中間は1週前の坂路で好時計が出ていて、上積みが見込めそう。

エイシンゾーン(前走428㎏ +2、中4週)<B>
新馬、前走と使われてこの中間も1週前に坂路で好時計が出ている。ただ、併せ馬での遅れは気になるところ。最終追い切りで先着するようなら問題なさそうではあるのだが。

エルモンストロ(前走464㎏、中5週)<C>
前走時は乗り込み量は豊富だったものの、併せ馬での遅れが気になり×印まで。この中間も1週前追い切りでは併せて遅れと似たような調整内容できていて、最終追い切りでの動きは気になる。

ジョディー(前走464㎏、2ヶ月半)<B>
この中間は間隔が空いていることもあってか乗り込み量は豊富も、時計はそれほど目立ない。ただ2週前、1週前と併せ馬で先着しており、出来自体は悪くはなさそう。

スティルネス(前走420㎏、中6週)<A>
この中間も1週前に併せ馬で先着と前走時と同じような内容。小柄な馬で調整はしやすいと思うので、最終追い切りは馬なりでも動きさえ良ければ十分だろう。

ロードアクア(前走454㎏、2ヶ月半)<A>
前走時も乗り込み量は少なかったものの、坂路では時計が出ていて能力を感じさせる調教内容だった。今回も中間はこの厩舎らしく1週前、日曜とかなり速い時計を出していて、直前は馬なりで軽めでも十分といった感じに仕上がっている。

エンパイアシュアー(前走454㎏ +4、中6週)<E>
未勝利勝ちの前走時は南Wでの時計が良くなっていたが、この中間は前走時より時計は平凡。上積みはなさそう。

オーパキャマラード(前走474㎏ +4、中3週)<B>
前走未勝利勝ちで、この中間も1週前にCWで強めに追われて好時計と、使われてさらに良くなりそうな感じがある。

ケイデンスコール(前走458㎏ -6、中3週)<B>
新馬戦でも◎にしたくらいデビュー前から調教の時計は出ていた馬。この中間も、1週前に坂路で強めに追われて好時計をマークと、調子落ちは感じられない。

ピュアヒカリ(前走426㎏、中3週)<D>
前走新馬戦2着から、時計2本を出しているこの中間だが、前走時と比べると物足りない内容で時計的にも平凡。

ヤサカリベルテ(前走454㎏ +8、連闘)<E>
デビューから6着、2着、8着と使い込まれていて、今回も連闘と状況としたらかなり厳しい。


◇今回は新潟2歳ステークス編でした。
先週のコラムでもお伝えした『WINS day』ですが、私も最寄りのエクセル浜松に土日とも行ってきました。エクセル浜松でもいろんなイベントが行われていて、入場者もいつもより多かったように思います。日曜日には天童なこさん、園田・姫路競馬実況アナウンサーの竹之上次男さん、競馬エイト記者の林美希さんが来場して、札幌記念のレース検討会などが開催されました。
他にも多数イベントが催される中で、とりわけ私の目を引いた企画が「競馬なんでも相談会」でした。他ではあまり聞いたことのない企画だと思うのですが、ここエクセル浜松ではゲストが来場する際によく行われているもの。来場したゲストが予想やその他競馬に関する質問に個別に答えてくれたり、ゲストルームで3人と直接競馬の話ができるプログラムとなっていました。競馬マニアの私としては、このような企画にはぜひ参加してみたいということで、受付30分前から並んでみたところ6組目(募集:先着6組)で運よく参加させてもらうことができました。1組10分で順番にゲストルームに通され、その中ではJRAの方にも言いたいことは言えましたし、天童さんには「(鼻が高いので)ハーフですか!?」と何度も突っ込まれながら楽しい時間を過ごさせてもらいました。私の場合、競馬の仕事をしているので結局相談会というよりは、楽屋で競馬の話をしているような感じになってしまいましたが・・・・・・^^; ゲストの方々も、まさか6番目にこんな人間が登場してこようとは思っていなかったでしょうし驚いたとは思いますが、3人とも良い方たちだったのでまたぜひ静岡の方にも来て頂きたいと思います。
今回なぜこのようなことを書いたかというと、エクセル浜松のように様々な企画を考えてゲストも呼んで競馬に興味を持ってくれる人を増やす努力をしてくれているところがある一方で、宣伝が少ないため地元に住んでいてもこのようなイベントがあること自体知らない人がほとんどだという現実があるからです。いろいろな方面に配慮してのことかもしれませんが、やるからにはテレビ、ラジオで県内だけでもしっかり宣伝するなりしてくれたら、もっとエクセル浜松の来場者も増えて気軽に馬券を買いにきてくれる人たちが増えるのではないかと思います。微力ながらこのコラムでもエクセル浜松でのイベント情報についてこの先も触れていきたいと思っていますので、ご興味の方はぜひ足をお運び頂けたら幸いです。来月には「JRA-UMACA(ウマカ)」によるキャッシュレス投票も始まり、ネット投票が当たり前の時代ではありますが、現金で馬券を買って現金で払い戻すという行為は競馬の中で一番の醍醐味でもあると思っています。





それでは次回、札幌2歳S小倉2歳S編(予定)でお会いしましょう。


新潟2歳ステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月3日(火) 16:25 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第6回 未出走の有力馬をピックアップ~
閲覧 1,999ビュー コメント 0 ナイス 4

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

エイカイキャロルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 2

こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想 3連単 2018/最新予想は『新潟2歳ステークス』 2018/08/26 16:05
http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-847.html


『こじはる』こと小嶋陽菜さんによる競馬予想をまとめたページです。

競馬ファンにはすっかりお馴染みの元AKB48のこじはる(小嶋陽菜)さんの3連単5頭ボックス予想。


毎週その予想を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか!?


【キーンランドC】ドンキで大丈夫?◎-穴の馬連1点を無料公開

【新潟2歳S・無料】激走穴馬情報で万馬券を狙う≪3連単勝負≫

TV・ラジオ解説を歴任【能勢俊介】が1日1鞍の予想を無料公開


今年は2年ぶりのプラス収支を目指しているこじはる(小嶋陽菜)。

2018年、ここまでの競馬予想成績はどうなっているのでしょうか。


☆こじはる(小嶋陽菜)3連単競馬予想、2018年ここまでの成績

・戦績:33戦6勝。
・収支:-73,350円。
・勝率:18.1%。
・本命馬:【7-6-4-16】
※『新潟2歳S』終了時点

【2018年的中レース】
・05/20 オークス(GI) 3連単 3,360円
・03/04 弥生賞(GII) 3連単 1,320円
・02/25 中山記念(GII) 3連単 41,500円
・02/18 フェブラリーS(GI) 3連単 41,560円
・01/21 AJCC(GII) 3連単 12,290円
・01/14 京成杯(GIII) 3連単 24,620円

2歳重賞『新潟2歳S』は本命の6.ケイデンスコールが差し切り勝ちも2、3着が抜ける完敗。

先週もまったくいいところがありませんでした。

オークス以降、的中がなく夏競馬に入ってからも馬券は絶不調でこれで泥沼の14連敗。今年7勝目はまたもお預けとなりました。

気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『新潟記念』の予定です。



◆こじはる(小嶋陽菜)、最新競馬予想

≪新潟2歳S(GIII)≫ ハズレハズレ( ̄x ̄)乂ブーッ! ブッブー!!( ̄▽ ̄)乂 バツ!! (・ε・)プップクプー.

◇◎ 6.ケイデンスコール

本命に推した6.ケイデンスコールは快勝!
ただ、2着9.アンブロークン、3着8.スティルネスが抜け、予想は完敗。

このところ本命馬の調子はいいのですが。。。
夏競馬もあと1週、果たして連敗ストップはいつになるのでしょうか。。。。

◆3連単5頭ボックス
2.エルモンストロ
5.ロードアクア
6.ケイデンスコール
7.エイカイキャロル
11.ジョディー

◆レース結果
1着 6.ケイデンスコール
2着 9.アンブロークン
3着 8.スティルネス

◆払戻金
3連単:6-9-8 15,950円 58番人気

 ちびざる 2018年8月26日() 14:34
【GⅢ】新潟2歳ステークスの予想
閲覧 55ビュー コメント 2 ナイス 4

◎:⑥ケイデンスコール
〇:⑨アンブロークン
▲:②エルモンストロ
△:④エイシンゾーン
△:⑦エイカイキャロル
×:⑤ロードアクア
×:⑧スティルネス

【買い目】
※オッズにより、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑥⑨→②④⑦

3連複フォーメーション
⑥→⑨②④→⑦⑥⑨


◎はケイデンスコールにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価1位 
新潟コースならこの馬の強烈な末脚が発揮されると思います。
中京2歳ステークスで圧勝したアドマイヤマーズと接戦を演じた新馬戦の内容が良かったので
ここでは頭一つ抜けた存在だと思います。
どんなレースをするか注目したいですね。

○は⑨アンブロークンにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価2位
この馬も注目の1頭です。新潟2歳ステークスは差し馬有利とは違う
前に行く脚質と前走からの距離短縮がどうかということで対抗評価としました。
まだ2歳馬なので脚質は変わる可能性もあり、新馬戦は力が違って前に行った可能性もあります。
そういう意味でもこの馬もどんなレースをするか楽しみですね。

▲は②エルモンストロにしました。
指数4位。
この馬も前走で前に行った逃げ切り勝ちでした。
内枠を引いたのでまた前に行く可能性があります。
が、単なる逃げ馬って感じがしないので
鞍上の蛯名騎手がどんな手綱さばきをするか楽しみです。


△以下では、④エイシンゾーンに注目しています。
前走の中京2歳ステークスが2着。この時が2番手からの競馬でアドマイヤマーズの2着でした。
新馬戦が後ろから行って上がる最速の33.7秒で差し切り勝ちでした。
今回は、おそらく後ろからだと思いますが
折り合えるかがカギとなりそうですね。

[もっと見る]

 ◎英二◎ 2018年8月26日() 13:20
キーンランドC&新潟2歳S
閲覧 90ビュー コメント 2 ナイス 4

キーンランドは⑥レッツゴードンキ本命にしました。

ヴィクトリアM以来の実戦なので、その辺がどうかだが能力はここではトップクラスなので、GI馬の貫禄を見せてくれるだろう。負けても最低限掲示板は確保でしょう。(ちょっと弱気。ワラ)

相手はまず⑪ナックビーナスですよね。

ここはGIへの単なる叩き台と言った声もあるんですが、確かにそうかもしれないけどこの馬にとっては賞金加算をしておかなければ出走さえ危ぶまれるんでね。
陣営も勝ちに来ると思うんで逆転候補として厚く抑えたいです。

あと面白そうなのが⑧デアレガーロです。

正攻法で乗れば、テクニックは確かなノリさんですし、札幌みたいなコースでも、まぁ2着くらいはあるかもしらんねという願望も込めた予想です。

新潟2歳は⑨アンブロークンに◎を打ちました。

鞍上が若いんで軽視されとるみたいなオッズですが距離短縮と新潟コースがプラスに向くと思うんで豪快に蹴散らしたって欲しいw


相手はまず⑦エイカイキャロルですね。

同条件のレースでキッチリ勝ち上がっとるし、人気上位とは多分展開ひとつで巻き返せるくらい力差は無いと思う。

もう一頭穴目の伏兵で要注意なのが④エイシンゾーンですかね。

まぁだいたいキャリア1戦で挑む馬が多いんですが、まぁ2戦経験しとる組の中では唯一人気所に割って入れるんかなと思ったりします。


大穴では⑧スティルネスですね。

デビュー戦では4角で前を捉えると後は後ろを置いてけぼりにするくらいの好感触でゴールした。

兄の事を考えても力を発揮してきてもおかしかない。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイカイキャロルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エイカイキャロルの写真

エイカイキャロル

エイカイキャロルの厩舎情報 VIP

2018年8月26日新潟2歳ステークス G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エイカイキャロルの取材メモ VIP

2018年8月26日 新潟2歳ステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。