ブーザー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2016年2月9日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[2-1-1-1]
総賞金1,890万円
収得賞金900万円
英字表記Boozer
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
マンドゥラ
血統 ][ 産駒 ]
Danehill Dancer
Mandellicht
兄弟 レッドジュディスマンディ
前走 2019/10/14 国立特別
次走予定

ブーザーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/14 東京 10 国立特別 2勝クラス 芝1400 16473.4110** 牡3 55.0 石橋脩堀宣行506(+16)1.22.1 0.734.5⑩⑦アンリミット
19/05/26 東京 6 3歳500万下 芝1400 165102.411** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行490(-14)1.20.7 -0.034.4ミッキースピリット
19/03/31 中山 6 3歳500万下 芝1600 10773.312** 牡3 56.0 石川裕紀堀宣行504(-4)1.35.3 0.334.7⑤④④インテンスライト
19/03/17 中山 6 3歳500万下 芝1600 13692.223** 牡3 56.0 F.ミナリ堀宣行508(+12)1.35.5 0.634.7⑫⑪⑩セリユーズ
18/10/06 東京 5 2歳新馬 芝1400 188181.711** 牡2 55.0 J.モレイ堀宣行496(--)1.23.2 -0.133.8⑪⑨ゴールデンゾーン

ブーザーの関連ニュース

 3月31日の中山6R・3歳500万下(芝・外1600メートル、10頭立て)は、菊沢一樹騎手騎乗の3番人気インテンスライト(牡、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、2カ月の休養明けながら道中3番手から直線力強く抜け出して快勝した。タイムは1分35秒0(稍重)。

 1馬身3/4差の2着には1番人気のブーザー、アタマ差遅れた3着に2番人気のカルリーノが続いた。

 インテンスライトは、父エイシンフラッシュ、母スコルピオンキッス、母の父フレンチデピュティという血統。通算成績は6戦2勝。



 ◆菊沢一樹騎手(1着 インテンスライト)「すごく具合が良かったし、ここは勝たなければいけないと思っていたんです。距離短縮が鍵ではあったけど、だいぶトモがしっかりしてきてスタートも出るようになったし、このメンバーなら楽に先行できると思っていました。いい勝ち方ができたし、上のクラスでも楽しみです」



★31日中山6R「3歳500万下」の着順&払戻金はこちら

【3歳500万】中山6R ディープ産駒セリユーズが直線伸び2勝目 2019年3月17日() 13:18

 3月17日の中山6R・3歳500万下(芝・外1600メートル、13頭立て)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気セリユーズ(牝、美浦・国枝栄厩舎)が中団待機から直線で楽々と抜け出して未勝利戦-500万下と連勝した。タイムは1分34秒9(良)。

 3馬身差の2着にはブランクエンド(3番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着にブーザー(2番人気)。

 セリユーズは、父ディープインパクト、母ミュージカルロマンス、母の父コンコルズテューンという血統。通算成績は5戦2勝。

 ◆国枝栄調教師「センスのある勝ち方で強かった。最初のころはピリッとしないところがあったが、だいぶしっかりしてきた。今後のことは様子をみて考えます」



★17日中山6R「3歳500万下」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】ヒシイグアス態勢万全! 2019年3月15日(金) 05:10

 スプリングSの追い切りが14日、美浦トレセンで行われ、連勝中のヒシイグアスはWコースで僚馬と併入。ラスト1ハロン12秒2の伸び脚を見せ、サンケイスポーツ調教評価は『A』となった。3連勝への重賞Vに向けて上々の仕上がりをアピール。騎乗するミナリク騎手も日本での重賞初勝利に闘志を燃やしている。

 クールな優等生はレースでこそ本気を出す。3連勝で重賞Vを狙うヒシイグアスが、Wコース併せ馬で態勢を整えた。

 強い北風が吹き荒れる中、追い切りはブーザー(3歳500万下)を1馬身リードする形でスタート。直線では内から馬なりでスッと並びかけてきた僚馬に対し、手綱をしごいて併入に持ち込んだ。手応えでは見劣ったものの、4ハロン52秒2-12秒2なら十分に好タイムといえる。

 「前走はまだ経験が浅く子供っぽいところもあったが、成長していい動きができていた。乗るのが楽しみだね」

 併走相手に騎乗して動きを注視したミナリク騎手は、満足げな笑みを浮かべた。ラストの反応差も「この馬は性格がクールで折り合いやすい。調教では余裕を持って走って無理をしないんだ」と全く意に介していない。手綱を取った前走で確かな感触をつかんでいる。

 デビュー戦こそのちに京成杯を勝ったラストドラフトとマッチレースの末にアタマ差2着と敗れたが、中山に替わって未勝利戦→若竹賞と逃げて連勝を飾った。

「瞬発力よりもスピードの持続性が持ち味なので中山は合います。慣れた得意なコースで期待したいですね」と森助手。堀厩舎は2010年アリゼオ、16年マウントロブソンとこのレースを2勝しており、「単純な比較はできませんが、過去に好勝負してきた馬と遜色ない力があります」と高く評価している。

 先週10日の中山5Rで44歳のバースデーVを飾った鞍上にとっても力の入る一戦だ。9日の中山牝馬Sではウラヌスチャームでハナ差2着に終わり、惜しくも日本での重賞初Vを逃した。「結果は悔しいがレースは完璧だった。(ヒシイグアスは)重賞でも通用する能力を感じる。日本にいる間に何とか重賞を勝ちたい」と意欲満々だ。

 馬名の由来はアルゼンチンとブラジルにまたがる世界最大の滝。ドイツからやってきた腕達者に導かれ、クラシック戦線に激流を巻き起こす。 (漆山貴禎)

★フジテレビ賞スプリングSの出馬表はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】ノーヴァレンダ、伏竜Sで始動 2019年3月8日(金) 05:00

 ★昨年の全日本2歳優駿を勝ったノーヴァレンダ(栗・斉藤崇、牡)は、伏竜S(31日、中山、OP、ダ1800メートル)で始動する。僚馬で1月6日に京都500万下(ダ1800メートル)を勝ったゴールドラグーン(牡)も同レースへ。

 ★チューリップ賞6着ブランノワール(栗・須貝、牝)は、矢車賞(4月29日、京都、500万下、芝2200メートル)を視野に入れる。僚馬で紅梅S5着ラフェリシテ(牝)は、君子蘭賞(23日、阪神、500万下、芝1800メートル)へ。

 ★萌黄賞を勝ったファイトフォーラヴ(栗・石橋、牡)は、葵S(5月25日、京都、重賞、芝1200メートル)に駒を進める。

 ★阪神JF13着ウインゼノビア(美・青木、牝)は、予定していたフラワーCを見送り、サンスポ賞フローラS(4月21日、東京、GII、芝2000メートル)へ目標を切り替える。

 ★10月6日の東京新馬(芝1400メートル)を勝って以来のブーザー(美・堀、牡)は、17日の中山500万下(芝1600メートル)で復帰。僚馬で1月27日の東京未勝利(芝1600メートル)を快勝したフォルコメン(牡)は、24日の中山500万下(芝1800メートル)に臨む。

[もっと見る]

【2歳戦結果】ブーザー、新馬戦V 2018年10月7日() 05:01

 【東京】5R新馬(芝1400メートル)=ブーザー(美・堀、牡、父マンハッタンカフェ)

 ◆モレイラ騎手 「スムーズな競馬ではなかったけど、ひるまずに最後まで走ってくれた。これから先が期待できる馬です」

 1R未勝利(ダ1300メートル)=エルピド(美・田村、牡、父プリサイスエンド)

 ◆勝浦騎手 「追い切りの動きが良かったし、距離がどうかと思っていたが、よく頑張ってくれた」

 2R未勝利(ダ1600メートル)=ロマンティコ(美・藤沢和、牡、父エンパイアメーカー)

 ◆ルメール騎手 「楽に走っていた。あまりスピードは感じなかったので、まさか後ろをあんなに(7馬身も)離しているとは思わなかった」

 【京都】4R新馬(ダ1400メートル)=スマートモリガン(栗・寺島、牝、父サウスヴィグラス)

 ◆岩田騎手 「砂をかぶらないところで競馬ができたし、集中して走ってくれました」

 5R新馬(牝馬、芝・内1600メートル)=ランブリングアレー(栗・友道、父ディープインパクト)

 ◆浜中騎手 「道中は囲まれて競馬をしたぶん、集中して走っていた」

 1R未勝利(ダ1200メートル)=スマートセラヴィー(栗・矢作、牡、父ヘニーユーズ)

 ◆岩田騎手 「まだ遊びながらでもこの勝ちっぷり(7馬身差)。これからが楽しみです」

 2R未勝利(芝・内1400メートル)=メイショウオニテ(栗・石橋、牡、父キンシャサノキセキ)

 ◆秋山騎手 「前回(9着)は行ってしまったから、きょうは折り合いに気をつけて乗りました。ペースも速く、ちょうど折り合いがついてよかったです」

 3R未勝利(芝・外1800メートル)=クオンタムシフト(栗・牧田、牡、父タートルボウル)

 ◆藤岡佑騎手 「1400メートルを使ったことで前向きさもありましたし、ゲートもしっかりと出てくれました。完勝でしたね」

[もっと見る]

【2歳新馬】東京5R ブーザーが大外一気の追い込みV  2018年10月6日() 12:46

 10月6日の東京5R・2歳新馬(芝1400メートル)は、ジョアン・モレイラ騎手騎乗の1番人気ブーザー(牡、美浦・堀宣行厩舎)が大外一気の差し切り勝ち。タイムは1分23秒2(良)。モレイラ騎手はこれが東京競馬場での初勝利。

 半馬身差の2着には中団追走から外めを追い込んだ藤田菜七子騎乗のゴールデンゾーン(3番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に好位追走からインをさばいて伸びたルメール騎乗のレディグレイ(2番人気)。

 ブーザーは、父マンハッタンカフェ、母マンドゥラ、母の父デインヒルダンサーという血統。おじのマンドゥロマンドゥロは2007年プリンスオヴウェールズSなど英・仏でGIを3勝。いとこにマイラーズC勝ちのワールドエースがいる。

 ◆ジョアン・モレイラ騎手(1着 ブーザー)「スムーズな競馬ではなかったけど、ひるまずに最後まで走ってくれた。これから先が期待できる馬です」

★6日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ブーザーの関連コラム

NHKマイルC2019

2019年4月30日(火) 18:30

覆面ドクター・英

閲覧 2,056ビュー コメント 0 ナイス 12



春の天皇賞は6番人気グローリーヴェイズが本命。最後の直線では一旦先頭に立つも、長い叩き合いでフィエールマンに競り負けて......と、これでG1・4戦連続で本命が2着。予想に「エタリオウにはネタでまた2着に」と書いたのですが、「お前の本命がネタでまた2着だよ」と言われそうな決着でした(笑) 今週も一応的中は残すことが出来たわけですが、毎度のことながら、1、2着が逆だったら馬券(3連単917倍)のほうをごっそり「持っていた」んですよねー。相変わらず「(運は)持っていない」みたいです。ただ、このコラムとしては、上位評価に挙げた6頭が上位1~5着と7着で、消した4番人気と5番人気が二桁着順と、またまたいい線いっていたのではと手応え。香港競馬は好調で、QE2世Cも当たり、予想家ランキングで1位まで登りつめましたし、JRAG1もそろそろ大爆発が来る頃か!?

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア桜花賞を驚異的な時計で勝ったが、オークスはスピードがあり過ぎるタイプで微妙かなあと思っていたら、ここへ。得意のマイルでの変則2冠を狙う。もまれた際にどうか、という心配はあるにしても、相手の層が薄いここは好勝負必至。

2番人気想定 アドマイヤマーズ皐月賞は人気ほど強くない、という判断だったが、ここは相手が弱く、マイルだし通用するだろう。ただ、その安定感から常に人気になるので、妙味は無いタイプ。

3番人気想定 ダノンチェイサー:少頭数のきさらぎ賞では、きっちり2馬身差をつけて最後は抑える余裕で完勝してきた。行きたがるタイプだけに距離短縮は大歓迎だが、掛かって東京の長い直線で失速というのもありそう。気性面に課題。ただ、折り合えば頭まであっていい素質馬でもある。

4番人気想定 ファンタジスト皐月賞は距離というより内を回ったのが良くなかった感もある中での13着大敗。そして、今回マイルへと矛先を向けてきた。距離短縮で人気になりそうだが、疲れが残りそうな春2戦の後で、そろそろお釣りが無くなってくる頃では。

5番人気想定 ヴィッテルスバッハ:前哨戦のNZTが、スローで逃げ残りのレースを後方から差してきたので強く見えるが、レースレベルがかなり微妙で消して妙味か。

6番人気想定 カテドラル:こちらも、アーリントンCで絶望的な最後方からものすごい脚で追い込んできて2着した。イレ込むので惨敗2戦は輸送があった関東圏でのもので、去勢された半兄同様、能力発揮には様々な条件が揃わないといけなそう。

7番人気想定 クリノガウディー:距離短縮は歓迎なのだろうが体調面のピークが昨年末だったようで、調教も朝日杯FSの時のようには動けていない。

8番人気想定 ヴァルディゼール:新馬勝ちして2戦目でいきなりシンザン記念も勝ってしまった素質馬。前走のアーリントンCは挟まれる不利もあり8着に敗れたが内容は悪くなく、ロードカナロア×ハーツクライという新時代象徴する配合で、激走を期待できる一頭。

9番人気想定 トオヤリトセイト:数少ないドリームジャーニー産駒。アーリントンCでは、後方から鋭い末脚で3着まで来ており、ゲートが悪くアテにならない反面、ヒモにはありではというタイプ。

10番人気以下想定 
ケイデンスコール毎日杯が今年はかなり低レベルだったのもあり、朝日杯で13着というのが正しい力関係では。

グルーヴィット:ダートで新馬、500万下と連勝して迎えた初芝のファルコンSを2着と、人気がなくてもここもやれて良い能力がある。

プールヴィル桜花賞で14番人気6着と頑張った。ジワジワ強くなってきている社台F購入のマル外で、通用していい能力はある。

マイネルフラップ:500万下を11番人気で勝って、10番人気のシンザン記念を2着と健闘し、毎日杯も5着とそれなりだが、正直相手に恵まれた面が大きいのでは。

イベリス:逃げて12番人気で1着だったアーリントンCはうまく行き過ぎた感が強い。ロードカナロア産駒だけに、余分に人気になりそうで消して妙味か。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては短距離向きで、母父ディープインパクト色が強くでているのかもしれない。ファルコンSでもしっかりした末脚を披露と、1400mまでということは無さそうで、楽しみな穴馬。

セリユーズ:6戦すべて1番人気というディープインパクト産駒らしい支持を集めてきたが、スイートピーS3着からの連闘は無いのでは。

ワイドファラオ:本来は前哨戦であるNZT勝ち馬なのだが、スローを逃げ切っただけでかなりの低レベルレースだったこともあり、要らないのでは。

ピースワンパラディ:新馬、500万下と豪快な差し切りを見せて、青葉賞では本命を打って3着だった馬。さすがに連闘では使ってこないのでは。

ミッキーブラック:新馬、オープンと2連勝した後に4連敗と典型的な伸び悩みで、買えない。

インテンスライト:前走500万下を、人気の金子さん所有馬であるブーザーを下して勝利。ただ、さほどインパクト無く、トップレベルのマイラーとはまだ差があるという印象。

ロードグラディオ:5番人気で500万下を勝ち上がったが、アーリントンCではやはり力が足りない感じの13番人気7着はいた。スローだったぶん差は少ないが、厳しいのでは。

アフランシール:前哨戦のNZTは不利だらけでノーカウントにしても、チューリップ賞もいまいちで、激走は期待薄。



<まとめ>

有力:ヴァルディゼールグランアレグリアダノンチェイサー

ヒモに:グルーヴィットプールヴィルハッピーアワートオヤリトセイト


登録済みの方はこちらからログイン

ブーザーの口コミ


口コミ一覧

10月14日のWIN5予想

 藤沢雄二 2019年10月14日(月) 12:25

閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 7

台風19号の強烈な風雨で流通にも影響があって、土曜日は土砂降りでコンビニに行けず。日曜日も夜中まで大変な雨でしたから、ツイッターを見ているとちょっと郊外でもスポーツ新聞は入荷していなかったようなので諦めて、土日の京都競馬は片手にタブレットで出馬表、片手にスマホで調教チェックって感じで予想を組み立てたわけですが、やはり紙媒体がないとやりにくい。
紙媒体=カレーライスだとしたら、タブレット&スマホ=ルーとご飯を別々に食べているような感じで。

今日は昨夜の買い物ついでに東スポを手に入れたのでだいぶスムーズに出来ましたけど、かといって当たるわけではないので…(^^;)

【東京 9R 昇仙峡特別】②グラットシエル ⑬フィードバック
【京都10R 大原S】⑫アシュリン ⑪アルメリアブルーム
【東京10R 国立特別】⑦ブーザー ⑥アンリミテッド
【京都11R オパールS】⑥ミラアイトーン
【東京11R 府中牝馬S】⑮ラッキーライラック ⑭プリモシーン
2×2×2×1×2=16

祝日なれど仕事中なので能書きは省略。
もう少し手広く買えれば当たりそうな気もするけど、ダラダラ買ってもいいことはないのでエイヤ!と腹を括ります。
WIN5としては長打にはならないだろうけど、首尾良く当たってくれれば嬉しいぐらいの配当にはなるでしょう。

 正義の魂 2019年10月14日(月) 01:16
今週の私のWIN5 月曜分
閲覧 31ビュー コメント 2 ナイス 4

①東京9R 8枠13番 フィードバック

②京都10R 8枠12番 アシュリン

③東京10R 4枠7番 ブーザー

④京都11R 8枠18番 シャドウノエル

⑤東京11R 2枠4番 オールフォーラヴ

[もっと見る]

 エロボン 2019年5月28日(火) 12:09
先週の注目馬とオススメレースの結果。
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 12

先週の注目馬の結果。


26日(日曜日)

京都5R
アカネサス…1番人気9着。

京都11R
グラディーヴァ…1番人気6着。

東京6R
ブーザー…1番人気1着。

東京7R
キタノユウキ…1番人気6着。


(参考)

マイネルメーア…9番人気8着。

サウンドテーブル…5番人気4着。

ステイブラヴィッシモ…6番人気8着。

葵S
ディープダイバー…3番人気4着。

ダービー
サートゥルナーリア…1番人気4着。

目黒記念
ブラストワンピース…1番人気8着。


情けなくなりますね。
別に飛ぶ人気馬を選んでるつもりはないんですが。

ちなみに候補に上がりながら参考にもしなかった馬が8頭いたのですが、内5頭が馬券になっています。
やはり私のセンスがないんでしょうね。




先週の荒れそうなオススメレースの結果。


25日(土曜日)


東京9R
(8‐4‐11)

3→4→12人気。

△▲×

1着3着のワイドで3870円の的中。


26日(日曜日)


京都9R
(10‐2‐10)H

9→1→5人気。

×◎×

1着2着のワイドで1220円の的中。

珍しくどちらも的中できました。(笑)

また、頭数が少ないので候補から外れましたが面白そうですと紹介した東京(日)10Rは、
1→4→9人気。
という決着となっています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブーザーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2018年10月6日() 13:04:25
強い

ブーザーの写真

ブーザー

ブーザーの厩舎情報 VIP

2019年10月14日国立特別10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブーザーの取材メモ VIP

2019年10月14日 国立特別 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。