ヤマニンマヒア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2016年2月21日生
調教師松永幹夫(栗東)
馬主土井 肇
生産者錦岡牧場
生産地新冠町
戦績21戦[1-4-4-12]
総賞金3,115万円
収得賞金400万円
英字表記Yamanin Magia
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ヤマニンカルフール
血統 ][ 産駒 ]
エリシオ
ワンオブアクライン
兄弟 ヤマニンボワラクテヤマニンシルフ
前走 2020/09/20 3歳以上1勝クラス
次走 2020/10/03 3歳以上1勝クラス

ヤマニンマヒアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/09/20 中京 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 167137.043** 牡4 57.0 和田竜二松永幹夫454(+4)1.33.9 0.434.3⑪⑩⑩ロードシャムロック
20/08/29 小倉 12 3歳以上1勝クラス 芝1800 13687.642** 牡4 57.0 和田竜二松永幹夫450(-12)1.47.1 0.134.1⑨⑨⑨⑨ラインオブダンス
20/07/04 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 1281212.653** 牡4 57.0 西村淳也松永幹夫462(+4)1.35.6 0.335.4⑨⑧ラルナブリラーレ
20/06/21 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1600 144610.354** 牡4 57.0 西村淳也松永幹夫458(0)1.34.9 0.633.9⑤⑤サンライズオネスト
20/03/28 中京 9 4歳以上1勝クラス ダ1800 108102.016** 牡4 56☆ 西村淳也松永幹夫458(-2)1.55.2 1.037.5⑦⑦④④リーガルマインド
20/03/08 中京 7 4歳以上1勝クラス ダ1800 11222.612** 牡4 56☆ 西村淳也松永幹夫460(+4)1.52.2 0.136.6④④ウォータービルド
20/02/15 小倉 8 4歳以上1勝クラス ダ1700 13693.712** 牡4 56.0 松若風馬松永幹夫456(+2)1.45.3 0.938.5⑨⑨④ロードキング
20/02/01 小倉 8 4歳以上1勝クラス ダ1700 128123.824** 牡4 54◇ 藤田菜七松永幹夫454(-4)1.44.9 1.137.1⑩⑨⑥⑤マースゴールド
19/12/14 中京 6 3歳以上1勝クラス ダ1800 13563.123** 牡3 53▲ 藤田菜七松永幹夫458(+2)1.54.3 0.338.2⑫⑫⑤④ポルタメント
19/12/01 中京 6 3歳以上1勝クラス ダ1800 116610.152** 牡3 52▲ 藤田菜七松永幹夫456(-2)1.53.4 0.136.7⑪⑪⑩⑪ネクストムーブ
19/11/17 福島 6 3歳以上1勝クラス ダ1700 158154.525** 牡3 52▲ 藤田菜七松永幹夫458(+8)1.47.7 0.539.1⑬⑬⑩⑨ファストフラッシュ
19/09/15 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1600 163515.258** 牡3 55.0 藤懸貴志松永幹夫450(0)1.33.4 0.333.0⑭⑯ミッキーバディーラ
19/09/01 小倉 9 若戸大橋特別 1勝クラス 芝1800 166127.337** 牡3 54.0 藤懸貴志松永幹夫450(0)1.50.2 0.935.6⑭⑮⑬⑩ミヤビパーフェクト
19/08/11 小倉 9 青島特別 1勝クラス 芝1700 148146.434** 牡3 54.0 藤懸貴志松永幹夫450(+10)1.41.4 0.334.5⑭⑭⑬⑩カイザーミノル
19/04/13 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 18816106.21411** 牡3 56.0 武豊松永幹夫440(-2)1.34.8 0.634.0⑰⑯イベリス
19/03/23 阪神 6 3歳500万下 芝1400 123312.464** 牡3 56.0 藤懸貴志松永幹夫442(0)1.22.0 0.434.4⑪⑨アイラブテーラー
18/12/01 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 96614.745** 牡2 55.0 柴山雄一松永幹夫442(+2)1.35.1 0.433.6⑦⑥⑧ダノンチェイサー
18/11/10 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 91114.946** 牡2 55.0 武豊松永幹夫440(-2)1.36.2 0.834.2⑥⑥アドマイヤマーズ
18/10/14 京都 9 紫菊賞 500万下 芝2000 7773.627** 牡2 55.0 武豊松永幹夫442(+12)2.02.5 1.737.1④⑤アドマイヤジャスタ
18/08/04 小倉 2 2歳未勝利 芝1800 9882.411** 牡2 54.0 武豊松永幹夫430(+2)1.46.9 -0.235.4ミヤケ

⇒もっと見る


ヤマニンマヒアの関連ニュース

<今日の出来事>
■第1回東京第5日(2月15日(土曜))
●出走取消
5R
8番 バイカル号(津村 明秀騎手)
右前肢フレグモーネのため
●競走中疾病
2R
15番 インビジブルナイツ号(☆菊沢 一樹騎手)
競走中に左前浅屈腱不全断裂を発症
3R
10番 サトノアレックス号(M.デムーロ騎手)
競走中に鼻出血を発症
6R
9番 デルマヒスイ号(菅原 隆一騎手)
競走中に心房細動を発症

<明日の取消・変更等>
■第1回東京第6日(2月16日(日曜))
●出走取消
1R
9番 ブルーミスト号(田辺 裕信騎手)
右前肢跛行のため


<今日の出来事>
■第2回京都第5日(2月15日(土曜))
●出走取消
3R
13番 トレーンベアラー号(北村 友一騎手)
左後肢フレグモーネのため
●競走除外
5R
2番 ナリタアレス号(四位 洋文騎手)
発走地点で左前踏創を発症したため
●競走中疾病
6R
11番 ビービーバンクシー号(国分 優作騎手)
競走中に鼻出血を発症
●騎手変更
1R
13番 ロゼキルシュ
△岩田 望来騎手(52.0kg)⇒川田 将雅騎手(54.0kg)
5R
9番 クリアショット
△岩田 望来騎手(54.0kg)⇒松田 大作騎手(56.0kg)
6R
6番 ワンダーシンシア
△岩田 望来騎手(52.0kg)⇒△木幡 育也騎手(52.0kg)
7R
6番 アイスヴィスタ
△岩田 望来騎手(52.0kg)⇒国分 優作騎手(54.0kg)
8R
7番 セデックカズマ
△岩田 望来騎手(54.0kg)⇒藤岡 康太騎手(56.0kg)
9R
1番 コパノピエール
岩田 望来騎手(57.0kg)⇒A.シュタルケ騎手(57.0kg)
10R
1番 スズカルパン
岩田 望来騎手(52.0kg)⇒古川 吉洋騎手(52.0kg)
12R
13番 ポップフランセ
△岩田 望来騎手(54.0kg)⇒藤井 勘一郎騎手(56.0kg)
病気のため

<明日の取消・変更等>
■第2回京都第6日(2月16日(日曜))
●出走取消
11R
3番 クラージュゲリエ号(川田 将雅騎手)
右前挫跖のため


<今日の出来事>
■第1回小倉第9日(2月15日(土曜))
●競走中止
5R
2番 ランサムトラップ号(◇藤田 菜七子騎手)
向正面で前の馬に触れてつまずき、騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:左鎖骨々折(北九州市内の病院に搬送)
9R
5番 コンセッションズ号(荻野 極騎手)
スタート直後につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
●競走中疾病
3R
9番 カシマホオズキ号(柴田 大知騎手)
競走中に鼻出血を発症
●騎手変更
8R
9番 ヤマニンマヒア
◇藤田 菜七子騎手(54.0kg)⇒松若 風馬騎手(56.0kg)
9R
6番 ミリオンゲーム
◇藤田 菜七子騎手(53.0kg)⇒▲山田 敬士騎手(52.0kg)
11R
13番 イサチルルンルン
藤田 菜七子騎手(55.0kg)⇒木幡 初也騎手(55.0kg)
落馬負傷のため

<明日の取消・変更等>
■第1回小倉第10日(2月16日(日曜))
●騎手変更
1R
6番 メイジュシンワ
◇藤田 菜七子騎手(52.0kg)⇒太宰 啓介騎手(54.0kg)
2R
1番 リュウノチョッパー
◇藤田 菜七子騎手(54.0kg)⇒丸田 恭介騎手(56.0kg)
4R
12番 アドマイヤルミナス
◇藤田 菜七子騎手(52.0kg)⇒△団野 大成騎手(52.0kg)
5R
5番 トーセンアミ
◇藤田 菜七子騎手(53.0kg)⇒吉田 隼人騎手(55.0kg)
7R
4番 ミチビキ
◇藤田 菜七子騎手(52.0kg)⇒黛 弘人騎手(54.0kg)
8R
2番 イリスファルコン
◇藤田 菜七子騎手(53.0kg)⇒吉田 隼人騎手(55.0kg)
9R
9番 ハイエストクイーン
◇藤田 菜七子騎手(53.0kg)⇒△団野 大成騎手(53.0kg)
11R
3番 トゥラヴェスーラ
藤田 菜七子騎手(56.0kg)⇒鮫島 克駿騎手(56.0kg)
落馬負傷のため

左鎖骨骨折の藤田菜七子騎手は日曜日も乗り替わり 2020年2月15日() 15:30

 15日の小倉5Rで、ランサムトップに騎乗し向こう正面で落馬。搬送された北九州市内の病院で左鎖骨骨折と診断された藤田菜七子騎手(22)=美・根本=は、日曜日も乗り替わりとなることが発表された。なお、藤田菜七子騎手には、5万円の過怠金が課されている。乗り替わりとなるレースは以下の通り。



15日(土) ▽8R(9)ヤマニンマヒア 松若風馬 56.0kg ▽9R(6)ミリオンゲーム ▲山田敬士 52.0kg ▽11R・紫川特別(13)イサチルルンルン 木幡初也 55.0kg

16日(日) ▽1R(6)メイジュシンワ 太宰啓介 54.0kg ▽2R(1)リュウノチョッパー 丸田恭介 56.0kg ▽4R(12)アドマイヤルミナス △団野大成 52.0kg ▽5R(5)トーセンアミ 吉田隼人 55.0kg ▽7R(4)ミチビキ 黛弘人 54.0kg ▽8R(2)イリスファルコン 吉田隼人 55.0kg ▽9R(9)ハイエストクイーン △団野大成 53.0kg ▽11R・北九州短距離S(3)トゥラヴェスーラ 鮫島克駿 56.0kg

[もっと見る]

15日小倉で藤田菜七子騎手が落馬で左鎖骨骨折 8R以降は乗り替わり 2020年2月15日() 13:04

 15日の小倉5Rで、ランサムトップに騎乗した藤田菜七子騎手(22)=美・根本=が向こう正面で落馬。騎乗馬が前の馬に触れてつまずいた際、振り落とされた。担架で救護室に運ばれたが意識ははっきりしており、その後、搬送された北九州市内の病院で左鎖骨骨折と診断された。その後予定していた15日の8、9、11Rは乗り替わりとなった。

 同騎手はJRA通算100勝まで残り3勝に迫っていた。



 ▽8R(9)ヤマニンマヒア 松若風馬 56キロ ▽9R(6)ミリオンゲーム ▲山田敬士 52キロ ▽11R・紫川特別(13)イサチルルンルン 木幡初也 55キロ

[もっと見る]

大台到達まであと3勝!菜七子は小倉で土日14鞍騎乗 2020年2月13日(木) 17:00

 先週末は日曜小倉9レース(4歳以上1勝クラス)をグランドピルエットとのコンビで制し、JRA通算97勝となった藤田菜七子騎手(22)=美・根本=。節目の100勝も視野に入る今週末は、引き続き小倉開催に参戦し、土日合計14鞍に騎乗する。



 今週も勝利が期待できる有力馬が多数揃った印象だが、中でも一番の注目を集めそうなのは、同条件の前走でクビ差2着に善戦しているミチビキ(日曜7R)だ。前走は先手を奪う形で粘り込んだが、4走前には好位から抜け出して2着しているように自在性があるだけに、他馬の動きを見ていける。デビュー2戦目に未勝利を脱出して以降は勝利から遠ざかっているが、5度目の騎乗で待望の2勝目に導けるか注目したい。



 ダート戦に矛先を向けてから5、2、3、4着と崩れていないヤマニンマヒア(土曜8R)も人気を集めそうな一頭。追い込み脚質だけに展開の助けは必要な印象ではあるが、ある程度時計がかかるようなら出番があってもいいのではないか。



 そして今週は、土日ともにメインレースの騎乗依頼を受けた。土曜メインの紫川特別では、周防灘特別で鋭く追い込み3着に好走したイサチルルンルンに騎乗する。定量戦ということで斤量が3キロ増の55キロとなるのは楽ではないが、牝馬限定戦になるのは有利。逃げ・先行馬が揃っていることで序盤から淀みない流れになるようなら、前走と同様、鋭く追い込むシーンがありそう。



 日曜メインのオープン特別・北九州短距離Sは、重賞2着の実績があるトゥラヴェスーラと初コンビを組む。長期休養明けになるだけにいきなり勝ち負けを期待するのは酷だが、良績が集中している1200m戦になるのはプラスだけに、今後に繋がる走りを期待したいところだ。今週末の騎乗馬は以下の通り。



2月15日(土)【小倉】◆1R・3歳未勝利ゴッドカーヌスティ(牝3、栗東・角田晃一厩舎)

◆3R・3歳未勝利ジレーネ(牝3、栗東・高野友和厩舎)

◆5R・3歳未勝利ランサムトラップ(牝3、美浦・根本康広厩舎)

◆8R・4歳上1勝クラスヤマニンマヒア(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)

◆9R・4歳上1勝クラスミリオンゲーム(牝4、美浦・奥村武厩舎)

◆11R・紫川特別 4歳上2勝クラスイサチルルンルン(牝5、美浦・竹内正洋厩舎)



2月16日(日)【小倉】◆1R・3歳未勝利メイジュシンワ(牝3、栗東・川村禎彦厩舎)

◆2R・3歳未勝利リュウノチョッパー(牡3、美浦・伊藤伸一厩舎)

◆4R・3歳未勝利アドマイヤルミナス(牝3、栗東・西村真幸厩舎)

◆5R・4歳上1勝クラストーセンアミ(牝4、栗東・大久保龍志厩舎)

◆7R・4歳上1勝クラスミチビキ(牝4、美浦・蛯名利弘厩舎)

◆8R・4歳上1勝クラスイリスファルコン(牝6、美浦・南田美知雄厩舎)

◆9R・4歳上1勝クラスハイエストクイーン(牝5、栗東・吉村圭司厩舎)

◆11R・北九州短距離S 4歳上オープントゥラヴェスーラ(牡5、栗東・高橋康之厩舎)

[もっと見る]

有力馬が目白押し!菜七子は小倉で土日16鞍騎乗 2020年1月30日(木) 17:36

 3週連続の勝利がかかった先週末は、残念ながら2着1回、3着2回と惜しいレースがあったものの未勝利に終わった藤田菜七子騎手(22)=美・根本=。仕切り直しとなる今週末は引き続き小倉開催に参戦し、土日合計16鞍に騎乗する。



 今週は、上位争いが期待できる有力馬が数多くスタンバイ。土曜のオープニングレースとなるヴィグラスカイザー(土曜1R)は、11着に大敗したとはいえ新馬戦で2番人気に支持された期待馬。距離短縮でその素質が開花するか注目したい。初コンビを組んだ前走で2着に好走したサノマナ(土曜4R)は、引き続き1200m戦でチャンス十分。ガーデンコンサート(土曜6R)も前走で初コンビを組んで4着と、まずまずの結果だっただけに、展開ひとつでチャンスがありそう。



 そして土曜日、最も注目を集めそうなのは、ダートに路線変更してから5、2、3着と上位争いが続くヤマニンマヒア(土曜8R)。4戦連続でのコンビとなるだけに、そろそろ結果が欲しいところ。



 日曜日は2レースからの登場となる。サイモンゼーレ(日曜2R)は1勝クラスで善戦が続くだけに“もうひと押しがあれば”といったところ。コンビを組んで勝利を挙げた経験があるリュウグウヒメ(日曜7R)やエイシンムジカ(日曜10R)もメンバー的に上位進出の可能性がありそう。



 それでも、日曜日の最注目は新馬戦2着→未勝利戦3着と惜しい競馬が続いているルヴェルソー(日曜5R)だろう。多頭数になるものの、前走で複勝圏を確保しているのは、名古屋の交流競走を走ったメイショウノリムネのみ。相手に恵まれたといえるだけに、デビュー3戦目で初勝利となる可能性が高いのではないか。



 今週末は土日の両メインレースでも騎乗する。土曜メインの海の中道特別(2勝クラス)に出走するコロンバスデイは、休養明けをひと叩きされて状態面の良化は必至。日曜メインの周防灘特別(2勝クラス)では、イサチルルンルンと引き続きコンビを組む。近走着順は冴えないが、末脚は堅実なものがあるだけに、見せ場を作って欲しいところだ。今週末の騎乗馬は以下の通り。



2月1日(土)【小倉】◆1R・3歳未勝利ヴィグラスカイザー(牡3、栗東・石坂公一厩舎)◆3R・3歳未勝利ランサムトラップ(牝3、美浦・根本康広厩舎)◆4R・3歳未勝利サノマナ(牝3、美浦・栗田徹厩舎)◆5R・メイクデビュー小倉 3歳新馬スターペストニー(牡3、栗東・千田輝彦厩舎)◆6R・4歳上1勝クラスガーデンコンサート(牝4、美浦・尾関知人厩舎)◆8R・4歳上1勝クラスヤマニンマヒア(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)◆9R・4歳上1勝クラスミチビキ(牝4、美浦・蛯名利弘厩舎)◆11R・海の中道特別 4歳上2勝クラスコロンバスデイ(牝5、美浦・小笠倫弘厩舎)◆12R・小郡特別 4歳上1勝クラスイリスファルコン(牝6、美浦・南田美知雄厩舎)



2月2日(日)【小倉】◆2R・4歳上1勝クラスサイモンゼーレ(牡7、栗東・梅田智之厩舎)◆3R・3歳未勝利タムロシャイン(牝3、栗東・西園正都厩舎)◆5R・3歳未勝利ルヴェルソー(牝3、美浦・田中博康厩舎)◆6R・4歳上1勝クラスアイコニック(牝4、美浦・稲垣幸雄厩舎)◆7R・4歳上1勝クラスリュウグウヒメ(牝4、美浦・武井亮厩舎)◆10R・開聞岳特別 4歳上2勝クラスエイシンムジカ(牝6、栗東・西園正都厩舎)◆11R・周防灘特別 4歳上2勝クラスイサチルルンルン(牝5、美浦・竹内正洋厩舎)

[もっと見る]

100勝に王手!菜七子は最終週の中京で17鞍騎乗 2019年12月12日(木) 17:03

 コパノキッキングとのコンビで挑んだ先週末のカペラSで女性騎手としては初の快挙となるJRA重賞制覇を果たした藤田菜七子騎手(22)=美・根本=。カペラSでの勝利でJRA+地方交流通算99勝としたことで、王手をかけた通算100勝の達成なるかに大きな注目が集まるなか、今週末は土日ともに2019年のラストウイークとなる中京開催で計17鞍に騎乗する。



 騎乗数の多さは相変わらずだが、今週は上位人気に支持されそうな馬がズラリと揃った。ダートに路線変更してから3、4着と上位が続くネイチャーカレン(土曜1R)、未勝利馬ながら1勝クラスでも4、5着と善戦しているブライティアセルバ(土曜2R)、初の1200m戦となった前走で一変の走りを見せたキクノロージズ(土曜3R)と有力馬への騎乗が続き、土曜の午前から勝利のシーンまでありそう。



 午後に入ってからも、ダート戦で5、2着と着実に前進を遂げているヤマニンマヒア(土曜6R)、新馬戦2着のピーエムピンコ(土曜7R)、長期休養前にはのちのダービー馬を相手に善戦した実績があるハギノアップロード(土曜9R)など、ファンの期待を集めそうな騎乗馬が目白押し。



 土曜日と比べてしまうと日曜日は苦戦するレースが多くなることが予想されるが、休養前には現級で3、3、3、2着と常に上位争いに顔を出していたナルハヤ(日曜8R)は、強力なライバルが多くいるなかに入っても見せ場を作ってくれる可能性がありそうだ。今週の騎乗馬は以下のとおり。



12月14日(土)【中京】◆1R・2歳未勝利ネイチャーカレン(牡2、美浦・根本康広厩舎)◆2R・3歳上1勝クラスブライティアセルバ(牝3、美浦・武井亮厩舎)◆3R・3歳上1勝クラスキクノロージズ(牝4、栗東・吉田直弘厩舎)◆6R・3歳上1勝クラスヤマニンマヒア(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)◆7R・2歳未勝利ピーエムピンコ(牝2、美浦・和田正一郎厩舎)◆8R・3歳上1勝クラスセイウンデルレイ(牡4、美浦・深山雅史厩舎)◆9R・3歳上1勝クラスハギノアップロード(牡3、栗東・松田国英厩舎)◆11R・三河ステークス 3歳上3勝クラスハーグリーブス(牡4、美浦・尾関知人厩舎)◆12R・中京日経賞 3歳上2勝クラスコパノピエール(牡5、栗東・宮徹厩舎)

12月15日(日)【中京】◆1R・2歳未勝利コパノラクラク(牝2、美浦・和田勇介厩舎)◆2R・3歳上1勝クラスキモンボーイ(牡3、栗東・田所秀孝厩舎)◆6R・2歳未勝利シーシーサザン(牝2、美浦・武井亮厩舎)◆7R・3歳上1勝クラスヤマニンルサリー(牝5、美浦・稲垣幸雄厩舎)◆8R・3歳上1勝クラスナルハヤ(牝5、栗東・梅田智之厩舎)◆9R・3歳上1勝クラスメイショウベルボン(牝5、栗東・南井克巳厩舎)◆10R・寒椿賞 2歳1勝クラスエコロアーサー(牡2、美浦・武市康男厩舎)◆11R・浜松ステークス 3歳上3勝クラスイッツクール(牡3、栗東・武英智厩舎)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマニンマヒアの関連コラム

閲覧 1,712ビュー コメント 0 ナイス 4

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2020年3月28日()の凄馬!>
極凄馬
阪神4R 3歳未勝利
マルカエイペックス(+4.6)

極凄馬
中山4R 3歳未勝利
キャルベイ(+4.2)

超凄馬
中山6R 3歳500万以下
サクラトゥジュール(+3.6)

超凄馬
中京9R 4歳以上500万以下
ヤマニンマヒア(+3.3)

超凄馬
阪神5R 3歳未勝利
ナリタザクラ(+2.8)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
ジョイウイン(+2.4)

超凄馬
阪神1R 3歳未勝利
プリティーチャンス(+2.3)

超凄馬
中京2R 3歳未勝利
ヴィディア(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2020年3月29日、集計数:37,745レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!


登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月7日(水) 12:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018デイリー杯2歳S編
閲覧 837ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(土) 京都11R 第53回 デイリー杯2歳ステークス(G2、2歳、芝、外1600m)

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)

アドマイヤマーズ(A)
新馬戦出走時はCWを中心に乗り込まれていたが、前走の中京2歳S時は間隔が詰まっていたこともあるのか坂路での調整。この2戦では、まだトモの筋肉が寂しい感じに見えたのでこの3ヶ月半でどれだけ馬体が成長しているかは気になるところ。この中間の調整内容は、新馬戦時と同じようにジックリ調整されていてCWでの併せ馬が中心。2週前(外)、1週前(内)とそれぞれ3頭併せで先着。特に1週前は、デムーロ騎手が騎乗しての好時計で数字上は順調に調整されている印象を受けた。あとは最終追い切りの映像を見て最終的な評価を決めたい。

ハッピーアワー(D)
デビューから3戦目での勝ち上がりだったが2走前。調教に関しては、デビューから間隔を詰めて使われていった割には、使われる毎に調教の時計が良くなっていた。前走のすずらん賞も滞在競馬ではあったが、レースまでに併せ馬3本ですべて先着とこれまでで一番良い調教内容だった。この中間は、乗込み量は多いものの単走での追い切りばかりで時計もそれほど目立つところはなく、ここ2戦と比べるとかなり物足りない内容に映る。

アズマヘリテージ(E)
デビューからの2戦は1着、2着だったもののパドックではボテーとのんびりした感じで決して良くは見えない馬体、動きだった馬。前走時は、間隔も空いてプラス体重ではあったものの馬体はスッキリした感じに映り、逆にうるさい感じが出ていた。この中間は間隔が詰まっていて、日曜日にCWで軽めの時計。前走時がCW中心で物足りない内容ばかりだったので、最終追い切りでかなり良い動きでないと期待はできないかもしれない。

シャドウエンペラー(C)
この馬はこれまでの2戦ともパドックでは速歩というかキビキビした動きで、特に前走時は太め感もなくスッキリした印象で出来は悪くなく見えた。調教に関しても、2戦とも◎にしたくらいのかなり好時計。この中間、これまで一杯に追われていた1週前追い切りは馬なりでの調整に変わってはいるが、和田騎手が騎乗して好時計をマークしていて本数もそれなり。調子落ちということはなさそうなので、最終追い切りでの動きは気になるところ。

スズカカナロア(E)
デビュー戦時は、栗東で好時計の出ていた馬で◎1着。ただ函館での2戦のパドックでは滞在競馬の割にチャカチャカしていて、集中力に欠ける感じだった。3ヶ月半ぶりになるこの中間は、栗東で調整されているもののデビュー前の調教時計と比べると物足りないもの。阪神までとはいえ当日輸送での競馬となり、ここ2戦以上にうるさい面が出てしまう可能性もありそう。

ダノンジャスティス(B)
デビュー戦の前走(1着)は乗り込み量豊富で時計も優秀。パドックでは多少はふっくらした感じの馬体に見えたが、気合い乗り抜群で出来はかなり良かった。3ヶ月ぶりとなるこの中間も乗り込み量は豊富で、1週前にはダノンプレミアムと併せて先着。出来に関しては一度使われての上積みが期待できそうな感じで、最終追い切りの動きもしっかり見てみたい。

ドナウデルタ(C)
新馬、未勝利と間隔が詰まっていることもあっただろうが、まだトモの筋肉が寂しく馬体もどちらかというと小柄。この中間は2週前、1週前と坂路で追われて先着しているが、時計は平凡。牧場で乗られてきているとは思うが、物足りない内容。

マイネルフラップ(D)
これまでの3戦では使われるごとに馬体は締まってきていた感じだったが、パドックで少し集中力に欠けるところを見せていた。この中間の追い切りに関しては、間隔が空いている割に乗り込み量が少なく、もともと調教で良い時計が出る馬ではないので特に良くなった印象はない。

メイショウショウブ(C)
パドックではバランスの良い馬体に見せていた馬だが、前走時は馬体重の割に細く見えてこの馬としたらギリギリの馬体だったかもしれない。この中間は、その前走から中1週ということもあり、速い時計は出ていない。上積みまでは期待できそうもない。

ヤマニンマヒア(C)
デビューから2戦のパドックではお腹からトモにかけて細く寂しい感じの馬体。前走では大きく馬体が増えていたが、全体のバランスを見てもやはりまだお腹かからトモにかけてが細い印象。調教に関してもこれまでこれといった時計が出ていない馬だが、この中間は1週前にCWで速い時計で先着。多少は変わり身を見込めるかもしれない。



◇今回はデイリー杯2歳S編でした。
ウマニティのお知らせでもあった通り、河内一秀さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
河内さんに初めて会ったのは新橋GateJ.での予想検討会に出演させてもらった時なので、約2年半前。物静かな者同士、意外と話が合ってその時には打ち上げの後も何軒も連れて行ってもらいいろいろと話をした覚えがあります。その後もオフ会やイベントで東京に行った時には必ず会って、このコラムや年末に行っているくりーく賞のことなど、何かアイデアが浮かんだら必ず最初に話をして相談に乗ってもらっていたのが河内さんでした。こちらがどんな変化球を投げても、速い球を投げてもしっかりキャッチしてくれていい球を返してくれる、私にとって競馬のキャッチボールが思いっきりできる方だったので、これからそんなキャッチボールができなくなるのはとても残念です。先日、河内さんに最期のお別れをしに行ってきましたが、横になっている本人を見てもまだ実感が涌かず、また東京に行った時には普通に会えるのではないかと思ってしまうほど、現実として受け入れられないというのが本当のところです。河内さんなくしてウマニティなし。ウマニティがなければ「くりーく」も存在せず、このような競馬の仕事をさせてもらうこともなかったと思いますし、佐藤洋一郎さんはじめ他のプロ予想家の方々に、会員の方々、ウマニティスタッフの方々と出会うキッカケも生まれなかったハズで、今の幸せな環境があるのは河内さんのおかげだと思っています。本当に感謝の気持ちしかありません。
いろいろとありがとうございました。

・・・・・・河内さ~ん、、、今年の「くりーく賞」は笠松の空の上まで観に来てくださいね。空の上の馬券発売場でも馬券を売っていると思うので、ぜひいつものように馬券を買って楽しんでください。
今年は河内さんをビックリさせてみせますよ.。.*+☆

それでは次回、東京スポーツ杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。


※デイリー杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年8月7日(火) 18:13 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第7回 U指数から見る注目馬~
閲覧 1,972ビュー コメント 0 ナイス 6

今シーズン最初のJRA重賞、7月22日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を制したのはアスターペガサス(R Heat Lightningの2016)でした。また、7月21日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)が、8月4日のダリア賞(2歳オープン)ではアウィルアウェイ(ウィルパワーの2016)がそれぞれ2勝目をマーク。8月26日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、9月1日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月2日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)に出走を予定している馬のラインナップも固まりつつあります。この他にも評判馬や良血馬のデビューが相次いでいて、少しずつプレイヤーごとの明暗が分かれているところです。

 ただ、私がこの時期に再三繰り返している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが行われるのはまだまだ先。G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますから、たとえ出遅れているとしても悲観する必要はまったくありません。今後は人気と将来性の兼ね合いが入札のポイントになってくるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(8月5日終了時点。以下同)。

●07月21日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤマーズ 88.0
●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アスターペガサス 85.9
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ラブミーファイン 85.9
●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4

 函館2歳ステークスのアスターペガサスよりも高いU指数をマークした馬は5頭います。特に中京2歳ステークスでアドマイヤマーズが記録した88.0は、芝を使った馬の中だと頭ひとつ抜けた高水準です。父のダイワメジャーはもともとPOG期間中の成績が優秀な種牡馬であり、母のヴィアメディチも現役時代にリューリー賞(仏G3)などを勝っている実績馬。少なくともマイル路線ならかなりの活躍を期待できそうですし、クラシック戦線で主役を張る可能性もあるんじゃないでしょうか。

 もっとも、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちです。

 各馬の特性を正確に把握するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●07月28日 新潟05R 芝1400m グレイシア 84.7
●06月03日 東京05R 芝1600m ダノンファンタジー 83.4
●06月03日 阪神05R 芝1400m シングルアップ 82.5
●07月22日 函館05R 芝1800m ウィクトーリア 81.5
●08月04日 札幌05R 芝1200m アドレ 81.2
●06月17日 函館05R 芝1200m ナンヨーイザヨイ 81.1
●06月23日 阪神05R 芝1200m ジャカランダシティ 81.0
●06月24日 阪神05R 芝1800m ブレイキングドーン 81.0
●06月16日 函館05R 芝1000m ウインスピリタス 80.8

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップはステルヴィオ(ラルケットの2015)、2位はダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)。皆さんもご存じの通り、この2頭は後に朝日杯フューチュリティステークスでワンツーフィニッシュを決めています。今年はグランアレグリア(タピッツフライの2016)、グレイシアクーデグレイスの2016)と、牝馬が上位を占める結果に。しばらくはこの2頭が最優秀2歳牝馬争いを引っ張っていくことになるかもしれません。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4
●07月28日 札幌01R 芝1800m コントラチェック 85.2
●08月04日 小倉02R 芝1800m ミヤケ 84.3
●06月30日 函館01R 芝1200m カルリーノ 83.5
●07月29日 札幌01R 芝1200m キタイ 83.1
●08月04日 新潟02R 芝1000m クロムウェル 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m フレンドリボン 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m シャウエン 82.5

 このうちコントラチェック(リッチダンサーの2016)、ヤマニンマヒア(ヤマニンカルフールの2016)はディープインパクト産駒です。どちらも2戦目であっさりと勝ち上がりましたし、デビュー戦の勝ち馬はいずれも既にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬。今後も引き続き注目しておくべきでしょう。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●06月30日 福島06R ダ1150m ホールドユアハンド 81.4
●07月14日 福島06R ダ1150m ジョウラン 80.7
●07月07日 函館06R ダ1000m ヒストリコ 80.5
●06月16日 阪神05R ダ1200m チュウワフライヤー 79.4
●06月16日 阪神05R ダ1200m アールロッソ 79.4
●06月16日 東京05R ダ1400m ラインカリーナ 79.3
●07月14日 福島06R ダ1150m アンジェリーブル 79.3
●07月29日 札幌06R ダ1700m リープリングスター 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m モーンストルム 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m フクノワイルド 78.2

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●07月08日 福島01R ダ1150m ニシノコトダマ 83.0
●07月08日 福島01R ダ1150m アンビル 83.0
●08月04日 札幌01R ダ1000m スマートスリロス 82.9
●07月08日 福島01R ダ1150m グレートデー 82.3
●07月14日 函館01R ダ1000m スマートスリロス 81.3
●07月08日 福島01R ダ1150m エリーバラード 79.5
●07月08日 福島01R ダ1150m ウィローグラウス 79.5

 ちなみに、昨年はドンフォルティス(グロッタアズーラの2015)がダートの未勝利で高いU指数をマークしていました。POG期間中にかなりの賞金を獲得する馬がいるでしょうから、こちらの各馬にもぜひ注目してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ヤマニンマヒアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 3

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.p

9月21日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中山3R  ◎①スターリーアイズ

中京12R 〇⑭アーモロート

9月20日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中京2R  ◎⑩ドローム 3着、3番人気
中京3R  〇⑥シューラヴァラ 7着、2番人気
中京7R  ▲⑬ヤマニンマヒア 3着、4番人気


本年の実績


< 勝ち負け >

1着 9回  2着 9回  3着 4回  着外14回
勝率 25.0% 連対率 50.0%、複勝率 61.1%

< 好勝負 >

1着 26回  2着 16回  3着 14回  着外 55回
勝率 23.4% 連対率 37.8% 複勝率 50.5% 

< 上位争い >

1着 48回  2着 32回  3着 25回  着外 128回
勝率 20.6% 連帯率 34.3% 複勝率 45.1%

 おがちゃん 2020年9月20日() 06:51
馬券に絡む寸評上位馬 (9月20日)
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 6

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.p

9月20日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

中京2R  ◎⑩ドローム
中京3R  〇⑥シューラヴァラ
中京7R  ▲⑬ヤマニンマヒア

9月19日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

中山2R  〇⑦サンキューレター 1着、2番人気

< 好勝負 >

中山1R  ◎⑬ノアヴィグラス 3着、1番人気
中山4R  〇①アップリバー 5着、1番人気
中山7R  ◎⑦ノーブルプルート 6着、2番人気

< 上位争い >


本年の実績


< 勝ち負け >

1着 9回  2着 9回  3着 4回  着外14回
勝率 25.0% 連対率 50.0%、複勝率 61.1%

< 好勝負 >

1着 26回  2着 16回  3着 14回  着外 55回
勝率 23.4% 連対率 37.8% 複勝率 50.5% 

< 上位争い >

1着 48回  2着 32回  3着 23回  着外 127回
勝率 20.8% 連帯率 35.1% 複勝率 45.0%

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年9月19日() 22:29
【回収率予報】買ってはいけない 2020-09-20(日)[G2]ローズS
閲覧 346ビュー コメント 0 ナイス 8

こんばんは。回収率予報官です。
「買ってはいけない」をお知らせします。
予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。

「予想コロシアム」には全レース(新馬、障害除く)の全出走馬の予測回収率があります。

回収率予報についてはこちらのサイトをご覧ください。
https://note.com/hrrf

《メインレース》

■中京11R 芝2000m 3歳オープン 15:35 [G2]関西TVローズS
 *4 60% ・ 268.4倍(18) ヤマニンプティパ
 12 60% ・ 120.5倍(16) チャイカ
 13 60% ・ 56.7倍(12) ムジカ
 15 60% △ 4.3倍(1) デゼル
 16 60% ・ 72.2倍(15) シャムロックヒル
 17 50% ・ 143.1倍(17) エレナアヴァンティ

■中山11R ダート1800m 3歳上オープン 15:45 ラジオ日本賞
 *1 60% ◎ 3.9倍(1) フィードバック
 *5 60% ▲ 7.6倍(3) バレッティ
 *7 50% ・ 43.2倍(15) サンデームーティエ
 11 50% ・ 18.6倍(9) ダノンテイオー

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

中山 01R *2 60% ▲ 3.9倍(2) バルネージュ
中京 07R 13 60% △ 5.6倍(2) ヤマニンマヒア
中山 08R 10 60% ◎ 5.9倍(2) グラドゥアーレ
中京 10R *3 60% ◎ 4.4倍(1) シュリ
中山 10R *7 60% △ 5.8倍(3) ピーエムピンコ
中京 11R 15 60% △ 4.3倍(1) デゼル
中山 11R *1 60% ◎ 3.9倍(1) フィードバック

表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマニンマヒアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
14:
  パねぇ   フォロワー:4人 2019年4月13日() 17:29:30
今日は折り合っていたんだけど・・・違うくなかった


脚を溜めて最後にかける戦法は合っていない


短距離で気持ちよくいかせて前残りという方がいいんじゃないか
13:
  パねぇ   フォロワー:4人 2019年4月12日(金) 14:20:18
明日のアーリントンCに豊さんで出走、去年のデイリー杯以来の騎乗になるね


適距離は1400かなぁと思ってはいるんだけど、適当なレースがないからしょうがないか・・・




で幹夫センセイは、スタートは速くないのに途中からガツンと行きたがり


道中で無駄な体力を使ってしまっている


前走後も変わらず順調にきているし、折り合えれば違うはずとの事




豊さんがそのことを頭に入れて乗ってくれれば


もしかするともしかするかも?なんて考えているんだけど・・・どうなることやら・・・。
12:
  パねぇ   フォロワー:4人 2019年3月23日() 19:05:42
4着という結果だけを見れば、上出来なんだろうけど・・・


今日も行きたがった馬を藤懸が抑えて後ろからの競馬


最終コーナー回ってからの脚は前を捕えそうな感じだったが


バタッと止まってしまった



あれは道中、藤懸が抑えたことで少し消耗したからなんじゃないのかなぁ




あれを抑えないでもう少し前で競馬をさせてみて欲しかった



でも抑え込んだから最後の脚があったのも事実、で途中で止まってしまったのも事実



これを鑑みれば距離は1400で前々のレースを試してみるのが正解な気がする

⇒もっと見る

ヤマニンマヒアの写真

投稿写真はありません。

ヤマニンマヒアの厩舎情報 VIP

2020年9月20日3歳以上1勝クラス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヤマニンマヒアの取材メモ VIP

2020年9月20日 3歳以上1勝クラス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。