ニシノコトダマ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 栗毛 2016年3月28日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主西山 茂行
生産者ガーベラパークスタツド
生産地浦河町
戦績 3戦[1-1-0-1]
総賞金780万円
収得賞金400万円
英字表記Nishino Kotodama
血統 ヘニーヒューズ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Meadow Flyer
ニシノミラクル
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
アラビックソング
兄弟 ニシノオラクルニシノケイバー
前走 2018/11/10 オキザリス賞
次走予定

ニシノコトダマの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/10 東京 9 オキザリス賞 500万下 ダ1400 1651082.4108** 牡2 55.0 石川裕紀手塚貴久500(+4)1.26.3 1.937.7デルマルーヴル
18/07/08 福島 1 2歳未勝利 ダ1150 168152.111** 牡2 54.0 石川裕紀手塚貴久496(+4)1.09.0 -0.037.3アンビル
18/06/16 東京 5 2歳新馬 ダ1400 16362.512** 牡2 54.0 石川裕紀手塚貴久492(--)1.26.3 1.037.1ラインカリーナ

ニシノコトダマの関連ニュース

 ★8日の福島新馬戦(芝1800メートル)を制したクリスタルバローズ(美・奥村武、牡)は札幌2歳S(9月1日、札幌、GIII、芝1800メートル)に向かう。ここには6月30日の福島未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったダディーズマインド(美・青木、牡)も参戦を予定。

 ★8日中京の未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったマイネルフラップ(栗・梅田、牡)は中京2歳S(21日、中京、OP、芝1600メートル)に進む。

 ★8日の福島未勝利戦(芝1200メートル)を勝ったエンパイアシュアー(美・和田雄、牡)は新潟2歳S(8月26日、新潟、GIII、芝1600メートル)を予定。同日の福島未勝利戦(ダ1150メートル)を勝利したニシノコトダマ(美・手塚、牡)は秋まで放牧に出される。

【2歳戦結果】クリスタルバローズ、新馬戦V 2018年7月9日(月) 05:01

 【福島】5R新馬(芝1800メートル)=クリスタルバローズ(美・奥村武、牡、父ヴィクトワールピサ

 ◆北村宏騎手 「大きな走りをする馬なので、スムーズに流れに乗れたのがよかった」

 *次走は札幌2歳S(9月1日、札幌、GIII、芝1800メートル)が候補に

 6R新馬(牝馬、芝1200メートル)=スティルネス(美・小島、父ゴールドヘイロー)

 ◆田辺騎手 「いいセンスがあります。次は違う距離でと言われていたので、(ハナに)行かない競馬で勝てたのは理想的」

 *次走は未定だが、2015年に半兄ロードクエスト(父マツリダゴッホ)が制した新潟2歳S(8月26日、新潟、GIII、芝1600メートル)も選択肢のひとつ

 1R未勝利(ダ1150メートル)=ニシノコトダマ(美・手塚、牡、父ヘニーヒューズ)

 ◆石川騎手 「もう少し距離があってもいいですね。先頭に立ってフワッとするところがあったし、前に馬がいる形の方がしっかり伸びますね」

 2R未勝利(芝1200メートル)=エンパイアシュアー(美・和田雄、牡、父トビーズコーナー)

 ◆丸田騎手 「口向きに難しいところがあるので、距離が1200メートルに短くなって、スムーズに競馬ができたのがよかった」

 【中京】5R新馬(芝2000メートル)=カテドラル(栗・池添学、牡、父ハーツクライ

 ◆福永騎手 「仕上がりがよく、気性も前向きでいい勝ち方ができた。悪い馬場(重)でも追ってからしっかり伸びてくれた」

 *半兄に15年エルムS優勝馬ジェベルムーサ(父アグネスタキオン

 1R未勝利(芝1600メートル)=マイネルフラップ(栗・梅田、牡、父ヴィクトワールピサ

 ◆和田騎手 「走る馬だと思うけど、ちょっと気性に危うさがあります。その辺りが成長してくれば」

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)=ラブミーファイン(栗・田所、牝、父ジャスタウェイ

 ◆池添騎手 「2番手で折り合い、直線はけいこ通りの伸び。いい内容でしたね」

 *コスモス賞(8月11日、札幌、OP、芝1800メートル)から札幌2歳Sを視野に

 1R未勝利(牝馬、芝1200メートル)=ニヴィアン(美・高柳瑞、父アイルハヴアナザー)

 ◆松岡騎手 「センスがいいし、1400メートルくらいまでなら大丈夫」

 *函館2歳S(22日、函館、GIII、芝1200メートル)を視野に

[もっと見る]

【2歳新馬】東京5R 12番人気のラインカリーナが圧勝! 2018年6月16日() 12:53

 6月16日の東京5R・2歳新馬(ダート1400メートル)は、嘉藤貴行騎手騎乗の12番人気ラインカリーナ(牝、美浦・武藤善則厩舎)が2番手追走から直線半ばで先頭に立ち後続を振り切ってデビュー勝ち。タイムは1分25秒3(重)。

 6馬身差の2着には逃げ粘ったニシノコトダマ(1番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着に外めをまくり気味に伸びたラサーサ(2番人気)。

 ラインカリーナは、父パイロ、母フェールクークー、母の父アラムシャーという血統。

 ◆嘉藤貴行騎手(1着 ラインカリーナ)「人気の馬(ニシノコトダマ)をマークして運んだのですが、途中からは僕のほうが手応えが良くて。強い競馬だったし、距離は延びても大丈夫そう」



★16日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】ニシノコトダマ2018年6月16日() 05:02

 【東京5R】昨年以降、東京ダ1400メートルの2歳戦でヘニーヒューズの産駒は【2・1・0・4】で連対率42.9%とハイアベレージを残している。13日には、Wコースで石川騎手を背に年長馬相手に併入を果たした。「仕上がりは申し分ない。スタートはいいし、ダート適性もある。好勝負を期待しています」と手塚調教師は期待を込めて送り出す。

[もっと見る]

ニシノコトダマの関連コラム

閲覧 1,359ビュー コメント 1 ナイス 6

今シーズン最初のJRA重賞、7月22日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を制したのはアスターペガサス(R Heat Lightningの2016)でした。また、7月21日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)が、8月4日のダリア賞(2歳オープン)ではアウィルアウェイ(ウィルパワーの2016)がそれぞれ2勝目をマーク。8月26日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、9月1日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月2日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)に出走を予定している馬のラインナップも固まりつつあります。この他にも評判馬や良血馬のデビューが相次いでいて、少しずつプレイヤーごとの明暗が分かれているところです。

 ただ、私がこの時期に再三繰り返している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが行われるのはまだまだ先。G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますから、たとえ出遅れているとしても悲観する必要はまったくありません。今後は人気と将来性の兼ね合いが入札のポイントになってくるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(8月5日終了時点。以下同)。

●07月21日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤマーズ 88.0
●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アスターペガサス 85.9
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ラブミーファイン 85.9
●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4

 函館2歳ステークスのアスターペガサスよりも高いU指数をマークした馬は5頭います。特に中京2歳ステークスでアドマイヤマーズが記録した88.0は、芝を使った馬の中だと頭ひとつ抜けた高水準です。父のダイワメジャーはもともとPOG期間中の成績が優秀な種牡馬であり、母のヴィアメディチも現役時代にリューリー賞(仏G3)などを勝っている実績馬。少なくともマイル路線ならかなりの活躍を期待できそうですし、クラシック戦線で主役を張る可能性もあるんじゃないでしょうか。

 もっとも、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちです。

 各馬の特性を正確に把握するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●07月28日 新潟05R 芝1400m グレイシア 84.7
●06月03日 東京05R 芝1600m ダノンファンタジー 83.4
●06月03日 阪神05R 芝1400m シングルアップ 82.5
●07月22日 函館05R 芝1800m ウィクトーリア 81.5
●08月04日 札幌05R 芝1200m アドレ 81.2
●06月17日 函館05R 芝1200m ナンヨーイザヨイ 81.1
●06月23日 阪神05R 芝1200m ジャカランダシティ 81.0
●06月24日 阪神05R 芝1800m ブレイキングドーン 81.0
●06月16日 函館05R 芝1000m ウインスピリタス 80.8

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップはステルヴィオ(ラルケットの2015)、2位はダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)。皆さんもご存じの通り、この2頭は後に朝日杯フューチュリティステークスでワンツーフィニッシュを決めています。今年はグランアレグリア(タピッツフライの2016)、グレイシアクーデグレイスの2016)と、牝馬が上位を占める結果に。しばらくはこの2頭が最優秀2歳牝馬争いを引っ張っていくことになるかもしれません。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4
●07月28日 札幌01R 芝1800m コントラチェック 85.2
●08月04日 小倉02R 芝1800m ミヤケ 84.3
●06月30日 函館01R 芝1200m カルリーノ 83.5
●07月29日 札幌01R 芝1200m キタイ 83.1
●08月04日 新潟02R 芝1000m クロムウェル 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m フレンドリボン 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m シャウエン 82.5

 このうちコントラチェック(リッチダンサーの2016)、ヤマニンマヒア(ヤマニンカルフールの2016)はディープインパクト産駒です。どちらも2戦目であっさりと勝ち上がりましたし、デビュー戦の勝ち馬はいずれも既にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬。今後も引き続き注目しておくべきでしょう。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●06月30日 福島06R ダ1150m ホールドユアハンド 81.4
●07月14日 福島06R ダ1150m ジョウラン 80.7
●07月07日 函館06R ダ1000m ヒストリコ 80.5
●06月16日 阪神05R ダ1200m チュウワフライヤー 79.4
●06月16日 阪神05R ダ1200m アールロッソ 79.4
●06月16日 東京05R ダ1400m ラインカリーナ 79.3
●07月14日 福島06R ダ1150m アンジェリーブル 79.3
●07月29日 札幌06R ダ1700m リープリングスター 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m モーンストルム 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m フクノワイルド 78.2

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●07月08日 福島01R ダ1150m ニシノコトダマ 83.0
●07月08日 福島01R ダ1150m アンビル 83.0
●08月04日 札幌01R ダ1000m スマートスリロス 82.9
●07月08日 福島01R ダ1150m グレートデー 82.3
●07月14日 函館01R ダ1000m スマートスリロス 81.3
●07月08日 福島01R ダ1150m エリーバラード 79.5
●07月08日 福島01R ダ1150m ウィローグラウス 79.5

 ちなみに、昨年はドンフォルティス(グロッタアズーラの2015)がダートの未勝利で高いU指数をマークしていました。POG期間中にかなりの賞金を獲得する馬がいるでしょうから、こちらの各馬にもぜひ注目してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ニシノコトダマの口コミ


口コミ一覧
閲覧 50ビュー コメント 2 ナイス 13

ここ2週の出走結果は今度こそ夜に回して、まずは目先の出走馬の展望から。

今週は3頭の指名馬が出走します。


【出走】
・11月10日 京都2R
☆ブラックモリオン(北村友一騎手)

まずは土曜日の京都の未勝利戦にブラックモリオンが出走します。

【ブラックモリオン】
荻野極 ■ 栗東 坂良 1 回-54.5-39.5-25.5-12.6 末強目追う
助 手 10.28 栗東 坂良 1 回-59.8-44.4-29.3-14.3 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 CW良 83.1-67.3-52.4-38.4-11.8 [9] 馬ナリ伸る
カテドラル(二オープン)馬ナリの外2.3秒先行クビ遅れ
助 手 11. 4 栗東 CW良 60.1-43.6-13.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 11. 7 栗東 坂良 1 回-53.9-39.6-26.0-12.9 馬ナリ余力
マレキアーレ(新馬)末強目に0.6秒先行同入

このレース。水曜日の想定の段階では6頭しか名前がなく、その6頭全てが掲示板に載ったことのない馬でした。
南関東の地方競馬では未勝利戦の中でも「未受賞戦」というレースがあって、それまでに一度も5着以内に入ったことのない馬同士のレースがあるのですが、もしそのままの6頭立てなら「牝馬限定の未受賞戦」となるところでした。
なので、入着経験のある3頭が急遽回ってきたとはいえ、メンバーレベルは高いとは言えません。

同じ舞台の新馬戦で2着だったドゥエルメスが人気になりそうなメンバー構成になったわけですけど、勝ち馬から1.8秒もちぎられたから怖くないのではなくて、使った上がり3ハロンが40.2秒だからそこまでの馬ではないだろうと推測できることを思えば、ブラックモリオンが1分55秒台で走れれば勝てると逆算はできそうです。

いずれにしてもブラックモリオンのダート適性よりはメンバーレベルの方が大きく作用しそうな組み合わせであって、ブラックモリオン自身は前走より条件が好転するのは間違いないので、ここは勝ちを期待したいですね。
「昇級したら苦しそうだけど…」なんてことは思わないで、目先の勝ちを拾いにいってくださいw

・11月11日 東京2R
△マキ(北村宏司騎手)

日曜日の東京の未勝利戦にマキが出走します。

【マキ】
助 手 ◇ 函館 W良 69.3-54.3-39.5-13.3 [9] 強目に追う
助 手 ■ 函館 W稍 73.2-56.5-41.5-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-56.1-42.2-28.3-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 69.2-53.9-39.2-13.3 [5] 強目に追う
ニシノコトダマ(二500万)強目の内同入
助 手 11. 4 美南 坂良 1 回-57.8-43.3-28.3-13.7 馬ナリ余力
武 藤 11. 7 美南 W稍 71.1-55.1-40.5-13.7 [7] 強目に追う
ウインリベルタ(新馬)直強目の内0.4秒追走同入

中間の調整過程は上記の通り。
今回は待望のダート戦になりますけど、スタートが速い馬ではないので芝からのスタートという点に一抹の不安を感じます。できれば真ん中より外の方の枠がいいですね。
相手関係はチェックしていませんが、おそらく自身との戦いになるのではないかと思います。

・11月11日 福島10R 福島2歳S
△ジャカランダシティ(荻野極騎手)

福島2歳Sにジャカランダシティが中1週で登場です。

【ジャカランダシティ】
助 手 ◇ 栗東 坂重 1 回-55.1-39.8-25.4-12.9 馬ナリ余力
助 手 ■ 栗東 坂良 1 回-55.3-39.9-25.6-13.1 馬ナリ余力
助 手 11. 6 栗東 坂稍 1 回-62.7-46.0-29.3-14.1 馬ナリ余力
助 手 11. 7 栗東 坂良 1 回-54.2-39.6-26.2-13.2 馬ナリ余力

オープン特別といっても1勝馬同士の組み合わせなので気負うところはないでしょう。
ただフルゲートの一戦であることを考えると、小倉2歳Sの結果を考えると不安の方が先立ちます。
揉まれない競馬ができるかどうかがポイントになるでしょうね。

【調教】

【キアレッツァ】
助 手 ■ 美南 W良 54.8-40.0-13.2 [8] 馬ナリ余力
助 手 11. 4 美南 W良 58.5-42.4-13.6 [9] 馬ナリ余力
スイートウィスパー(新馬)馬ナリの外同入
助 手 11. 7 美南 W稍 56.0-41.2-12.8 [8] 馬ナリ余力
ミッキーマンドリン(古500万)馬ナリの外0.7秒先行0.1秒先着

【マイディアライフ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-56.2-39.8-25.6-13.0 末強目追う
助 手 ■ 栗東 CW良 50.6-37.8-12.5 [8] 直強目余力
助 手 11. 6 栗東 坂稍 1 回-59.7-43.6-28.8-14.8 馬ナリ余力
助 手 11. 8 栗東 坂良 1 回-57.2-41.2-27.1-13.5 馬ナリ余力

【サトノエルドール】
北村宏 ■ 美南 W稍 67.8-51.9-38.5-13.8 [6] 強目に追う
助 手 11. 7 美南 W稍 53.9-39.7-13.7 [7] 馬ナリ余力
ロジギムレット(二未勝)強目の外1.8秒先行0.2秒遅れ

【ブールバール】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.5-12.3 末強目追う
酒井学 ■ 栗東 坂良 1 回-54.7-39.9-25.6-12.6 強目に追う
助 手 11. 7 栗東 P良 83.3-66.8-51.5-37.6-12.2 [8] 馬ナリ余力
スカイノブランチ(新馬)馬ナリの外同入

【ランフォザローゼス】
杉 原 ◇ 美南 W稍 51.9-38.5-13.2 [7] 直一杯追う
助 手 11. 7 美南 坂重 1 回-62.3-45.9-29.7-14.4 馬ナリ余力

【アガラス】
助 手 ◇ 函館 W良 68.3-53.3-39.2-12.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-61.0-44.3-29.1-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 40.4-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 11. 2 美南 坂良 1 回-61.2-45.2-29.5-14.5 馬ナリ余力
助 手 11. 4 美南 W良 40.4-13.2 [7] 馬ナリ余力
助 手 11. 7 美南 W稍 67.9-53.9-40.3-13.6 [6] 馬ナリ余力


【在厩】
☆アガラス(11月17日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
☆ボスジラ(11月4日の百日草特別は2着)
☆ランフォザローゼス(10月20日の新馬戦を快勝)
△エトワール(11月3日の未勝利戦を勝ち上がり)
☆アーデンフォレスト(11月3日の新馬戦は2着。24日の京都の未勝利戦へ)
☆マイディアライフ(10月27日の未勝利戦は3着)
△ブールバール(10月27日の未勝利戦は3着)
△サトノエルドール(9月30日の未勝利戦は3着。11月24日の東京1800を予定)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
△キアレッツァ(8月18日の未勝利戦は10着。11月17日の福島の未勝利戦を丸山騎手で)


【放牧】
☆アドマイヤジャスタ(紫菊賞を快勝。12月28日のホープフルSへ)
△レッドベレーザ(11月3日のファンタジーSは5着)
△キラープレゼンス(10月27日の新潟の未勝利戦を楽勝)
△シャドウセッション(8月19日の未勝利戦を快勝。中山のひいらぎ賞へ)
☆クイーンズテイスト(6月30日の未勝利戦は6着。山元TCに移動)
☆グラディーヴァ(8月30日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆ポップコーンジャズの2016

とりあえず入厩している馬が多いのは好ましい状況。ただ、年明けには出走回数のやりくりで苦労しそうだけど。
そして年内も残り少なくなってきたので、ウマニティPOG的にはポップコーンジャズの2016の処遇をそろそろ考えないと…ってところですかね。
金子さんの馬だから音沙汰がないのは仕方ないにしても、そろそろしがらきにでもいてくれないと入れ換えも考えないと…って時期ですからね。

 藤沢雄二 2018年11月3日() 08:17
今週は秋の天王山!~POG第23節~
閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 12

今週は何かとバタバタしてしまったので先週の第22節に出走した4頭の振り返りは夜にでも回して、まずは今週の23節に出走する4頭の展望から入ります。

【出走】
・11月3日 東京4R
△エトワール(戸崎圭太騎手)

今週の先陣を切るのは東京の未勝利戦に出走するエトワールです。

【エトワール】
助 手 ◇ 美南 W良 67.8-52.7-38.2-13.1 [6] 一杯に追う
助 手 10.17 美南 坂良 1 回-56.6-39.9-25.7-13.0 馬ナリ余力
グラスレガシー(古500万)馬ナリに0.3秒先行同入
助 手 10.24 美南 坂稍 2 回-56.7-40.3-26.1-13.4 馬ナリ余力
マビヨン(新馬)一杯に0.7秒先行同入
助 手 10.31 美南 W良 68.3-52.9-38.9-12.7 [6] 強目に追う
パイオニアバイオ(古1600万)馬ナリの外1.4秒先行同入

大きな不利を受けた前走から中3週ですが、その不利によるダメージはないとのことでまずは一安心。
さてこのレース。優先出走権のある馬が自身を含めて6頭いるのに加えて優先出走権を放棄して再度東上する関西馬もいてメンバーレベルはなかなか高め。一筋縄ではいかない感じです。
しかしながら、ここ2戦の内容からエトワールは未勝利戦なら力上位は示しており泣き言は言っていられません。
むしろここをスンナリ勝つようならば昇級しても多いに楽しめそうですし、それぐらいの内容は求めたいところであります。

とにかく、今度こそ!の気持ちです。


・11月3日 京都7R
☆アーデンフォレスト(クリスチャン・デムーロ騎手)

京都の新馬戦でアーデンフォレストがデビューします。

【アーデンフォレスト】
助 手 6. 3 栗東 坂良 1 回-57.5-41.7-27.0-13.2 馬ナリ余力
ラズライトノヴァ(新馬)一杯と同入
助 手 6. 6 栗東 E不 13.9 ゲートナリ
助 手 9.23 栗東 坂重 1 回-57.8-41.9-27.0-13.5 末強目追う
ディープサドラーズ(新馬)馬ナリを0.6秒追走0.2秒遅れ
助 手 9.26 栗東 芝良 72.9-55.8-40.5-13.2 [3] 馬ナリ余力
エイカイボルト(新馬)馬ナリの外0.3秒先行3F付0.2秒先着
9.27 栗東 プール 1周
助 手 9.30 栗東 坂不 1 回-59.2-42.8-28.2-13.6 馬ナリ余力
助 手 10. 3 栗東 CW良 53.0-38.5-12.7 [7] 直強目余力
ノーブルスコア(二未勝)馬ナリの外0.3秒先行0.2秒遅れ
助 手 10. 7 栗東 坂重 1 回-58.8-42.3-27.0-13.3 馬ナリ余力
カントル(新馬)馬ナリに0.5秒先行0.1秒先着
高 田 10.11 栗東 CW良 80.4-64.4-50.3-37.3-12.3 [5] 強目に追う
ディープサドラーズ(新馬)一杯の内0.9秒追走同入
助 手 10.21 栗東 CW良 60.9-42.8-11.8 [8] 馬ナリ余力
トーセンアイトーン(古500万)馬ナリの外0.4秒先行同入
高 田 10.24 栗東 CW良 81.5-66.4-51.0-38.1-12.3 [6] 直一杯追う
ファントムライト(障オープン)直一杯の内1.3秒追走0.1秒先着
Cデム 10.31 栗東 芝良 68.3-51.1-36.3-11.5 [1] 馬ナリ余力
ロードアブソルート(新馬)馬ナリの内0.8秒追走0.1秒先着

しっかりと乗り込まれていて時計も上々。
評判馬の集まることが多い京都1800mの新馬戦で8頭立てということは、それなりに評判になっているのでしょうね。
新馬戦だけにやってみないとわからない部分はあるでしょうが、それなりの勝ち方を求めるぐらいは期待しています。

・11月3日 京都11R ファンタジーS
△レッドベレーザ(クリスチャン・デムーロ騎手)

新馬戦を勝ったばかりのレッドベレーザがいきなりの重賞挑戦です。

【レッドベレーザ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-52.7-38.6-25.7-13.2 一杯に追う
助 手 10.24 栗東 坂良 1 回-59.7-42.5-27.3-13.5 馬ナリ余力
ドナウデルタ(二500万)馬ナリと同入
助 手 10.31 栗東 坂良 1 回-54.9-40.2-26.7-13.3 一杯に追う
シトラスノート(二未勝)一杯に0.1秒先行0.3秒先着

坂路の時計はお世辞にも出ているとは言えませんが、調教の短評を見ると好評価なので、そこは素直に鵜呑みにしますw

やはり重賞なので楽ではありませんが9頭立てならノーチャンスということもないでしょう。
ここは土曜日の重賞に強いクリスチャンの手綱捌きに期待します。


・11月4日 東京9R 百日草特別
☆ボスジラ(田辺裕信騎手)

日曜日の百日草特別にボスジラが出走します。

【ボスジラ】
助 手 ◇ 美南 W良 70.1-54.2-39.7-13.2 [9] 馬ナリ余力
助 手 10.11 美南 坂稍 1 回-58.6-43.5-29.0-14.4 馬ナリ余力
10.13 美浦 プール
助 手 10.14 美南 W重 53.9-39.0-13.1 [4] 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリの内0.8秒追走同入
10.16 美浦 プール
助 手 10.17 美南 W稍 85.3-68.6-53.6-39.5-13.1 [4] 馬ナリ余力
サトノディード(古500万)馬ナリの外0.8秒先行同入
10.18 美浦 プール
10.19 美浦 プール
助 手 10.21 美南 坂良 1 回-55.2-40.5-26.7-13.3 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリに0.5秒先行同入
助 手 10.24 美南 W稍 82.9-67.0-52.6-38.9-13.8 [8] 一杯に追う
アルミレーナ(古500万)馬ナリの内0.9秒追走0.2秒遅れ
10.25 美浦 プール
助 手 10.28 美南 W稍 59.5-43.7-14.6 [7] 馬ナリ余力
田 辺 10.31 美南 W良 68.6-53.3-39.3-13.0 [8] 強目に追う
ダイワメモリー(古500万)馬ナリの内0.6秒追走同入

ここは自身との戦いになると思います。
とにかく東京コースをこなせるかどうかの一点に尽きるでしょう。
7頭立てでもありますし、心配事はあっても馬券的には強気にいきたいですね。
ここを勝てば大きく視界が開けるので、不安よりも楽しみの方を大きく持ってレースを見守りたいですね。


【調教】

【ブラックモリオン】
荻野極 ■ 栗東 坂良 1 回-54.5-39.5-25.5-12.6 末強目追う
助 手 10.28 栗東 坂良 1 回-59.8-44.4-29.3-14.3 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 CW良 83.1-67.3-52.4-38.4-11.8 [9] 馬ナリ伸る
カテドラル(二オープン)馬ナリの外2.3秒先行クビ遅れ

【アガラス】
助 手 ◇ 函館 W良 68.3-53.3-39.2-12.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-61.0-44.3-29.1-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 40.4-13.5 [4] 馬ナリ余力

【マキ】
助 手 ◇ 函館 W良 69.3-54.3-39.5-13.3 [9] 強目に追う
助 手 ■ 函館 W稍 73.2-56.5-41.5-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-56.1-42.2-28.3-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 69.2-53.9-39.2-13.3 [5] 強目に追う
ニシノコトダマ(二500万)強目の内同入

【在厩】
☆アガラス(11月17日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
☆ランフォザローゼス(10月20日の新馬戦を快勝)
△ジャカランダシティ(10月28日の500万下は3着。福島2歳Sへ)
☆マイディアライフ(10月27日の未勝利戦は3着)
△ブールバール(10月27日の未勝利戦は3着)
△マキ(5回東京2週目のダート戦に向かう予定)
△キアレッツァ(8月18日の未勝利戦は10着。11月の福島戦を目標)
☆ブラックモリオン(10月14日の未勝利戦は11着。11月10日の京都のダート1800m戦へ)


【放牧】
☆アドマイヤジャスタ(紫菊賞を快勝。12月28日のホープフルSへ)
△キラープレゼンス(10月27日の新潟の未勝利戦を楽勝)
△シャドウセッション(8月19日の未勝利戦を快勝)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
☆クイーンズテイスト(6月30日の未勝利戦は6着。山元TCに移動)
△サトノエルドール(9月30日の未勝利戦は3着。11月24日の東京1800を予定)
☆グラディーヴァ(8月30日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆ポップコーンジャズの2016

なんだかんだで11月もそれなりの出走回数は確保できそうです。
そしてその大半が有力馬になりそうなので、色々と皮算用でヨダレが…という感じですがw
とにかく勝ち星を重ねて、スペシャルワールドの今後の展開を有利にできるように頑張ってもらいたいものです。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年6月17日() 11:25
パンチアウトを狙え!~POG第3節~
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 13

今週のPOG戦線は日曜日の東西の新馬戦に3頭を送り込みます。

【出走】
・6月17日 阪神5R
△ブールバール(福永祐一騎手)

今シーズンの関西圏での初出走になります。
阪神の新馬戦にブールバールが出走します。

ブールバール
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 5.17 栗E良 14.1 ゲートなり
 小 崎 5.18 栗E良 13.4 13.1 14.9 ゲートなり
 助 手 5.24 栗坂稍 1 回 57.8 41.0 25.9 12.3 馬なり余力
       チュウワフライヤー(新馬)馬なりを0.5秒追走0.1秒遅れ
 助 手 5.27 栗坂良 1 回 58.1 41.4 26.3 12.8 馬なり余力
       ディープダイバー(新馬)馬なりを0.3秒追走同入
 助 手 5.30 栗坂良 1 回 54.7 39.2 25.1 12.4 馬なり余力
       チュウワフライヤー(新馬)馬なりを0.3秒追走0.1秒遅れ
 助 手 6. 1 栗芝重 73.2 57.1 40.9 13.2[3]馬なり余力
       ディープダイバー(新馬)馬なりの内0.4秒追走同入
★福 永 6. 7 栗CW不 85.3 67.7 51.6 37.5 11.9[6]一杯に追う
       カゼノカムイ(古500万)強目の内0.8秒追走同入
☆助 手 6.13 栗坂良 1 回 53.7 39.1 25.5 12.3 末強目追う

調整過程は上記の通り。
ダートとはいえ昨日の新馬戦を勝ったチュウワフライヤーと互角に動いているので、それなりに計算は立つと思います。
とにかく大久保龍厩舎が好調なので、その勢いをアドバンテージにしたいですね。
もちろん馬券は頭から。


・6月17日 東京5R
△エトワール(戸崎圭太騎手)

続いて東京のマイルの新馬戦にエトワールが出走します。

エトワール
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 木幡巧 5.23美南坂良 1 回 53.4 38.2 24.5 12.2 強目に追う
       ジュブリーユ(古500万)馬なりを0.4秒追走同入
 木幡巧 5.30美南W良 83.8 67.5 52.2 37.8 13.2[7]馬なり余力
       モンサンロジェ(古500万)馬なりの内0.4秒追走同入
★戸 崎 6. 6美南W良 82.2 66.9 52.6 39.0 12.8[5]馬なり余力
       モンサンロジェ(古500万)馬なりの内0.7秒追走同入
 助 手 6.10美南坂良 1 回 59.5 44.7 30.5 15.2 馬なり余力
☆助 手 6.13美南W稍 55.2 39.6 13.3[6]一杯に追う
       アピールバイオ(古500万)直強目の内同入

調教動画は見ていませんけど、時計の字面だけならいいところなんじゃないですか?
国枝厩舎のベルクワイアが人気になっていますけどね、そりゃ、国枝厩舎のロードカナロア産駒の牝馬だからアーモンドアイを彷彿とさせるわけですけど、そのアーモンドアイとて新馬戦は2着。さらに先輩のアパパネも新馬戦は3着。
だいたいだな、ここ数年の夏競馬の時期の国枝厩舎で新馬戦を勝ち切ったのってブロディガルサンぐらいしか記憶にないのだが。
というわけで、こと初戦に関してはツケ入る隙はあると思うのよね。

で、エトワールの仕上がりも良さそうなので、ここは期待できるのではないでしょうか。


・6月17日 東京6R
△マキ(クリストフ・ルメール騎手)

さらに芝1400mの新馬戦にマキが出走します。

マキ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 5.27美南坂良 1 回 58.0 42.8 28.3 13.8 馬なり余力
       シャドウハンター(新馬)馬なりと同入
 助 手 5.30美南W良 67.7 53.0 39.3 13.6[7]一杯に追う
       ニシノコトダマ(新馬)強目の内0.6秒遅れ
 助 手 6. 3美南坂良 1 回 58.6 43.2 28.2 14.3 馬なり余力
       ラブミーリッキー(新馬)馬なりに0.1秒先行同入
★石川裕 6. 6美南W良 67.6 52.6 38.8 13.3[7]直強目追う
       クロノスタシス(古1000万)馬なりの内0.4秒追走同入
☆武 藤 6.13美南W稍 67.9 52.5 38.8 13.3[7]馬なり余力
       レッドイリーゼ(古500万)馬なりの内0.6秒追走同入

正直なところ調教の時計については半信半疑。
まあ可もなく不可もなくってところなんでしょうけど、幸か不幸かその調教時計のおかげで馬券的な妙味は生まれた感じですw
昨日の敵はどころではない「30分前の敵は今の友」ということでルメール様に全権委任といたしましょう。


これ、3つ勝てると序盤戦がだいぶ楽になるんだけど、どうなりますやら。

[もっと見る]

ニシノコトダマの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2018年6月16日() 12:38:58
果敢に前に行った仕上がりの良さが活きての2着も勝ち馬には突き放されての内容。
溜めて競馬出来るようになれば今後の大成も期待できるが、融通が利かないと次走の距離次第では危険。

ニシノコトダマの写真

投稿写真はありません。

ニシノコトダマの厩舎情報 VIP

2018年11月10日オキザリス賞8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニシノコトダマの取材メモ VIP

2018年7月8日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。