ライバーバード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡7 芦毛 2014年4月13日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主馬場 幸夫
生産者Marablue Farm, LLC
生産地
戦績29戦[3-5-4-17]
総賞金5,379万円
収得賞金950万円
英字表記Liver Bird
血統 The Factor
血統 ][ 産駒 ]
War Front
Greyciousness
Broadway Lullaby
血統 ][ 産駒 ]
Songandaprayer
Rich Find
兄弟
前走 2021/01/09 鳥羽特別
次走予定

ライバーバードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/01/09 中京 9 鳥羽特別 2勝クラス 芝1200 152316.563** 牡7 57.0 岩田望来手塚貴久512(-2)1.09.1 0.434.2⑦⑦スワーヴシャルル
20/12/13 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝1200 151110.154** 牡6 57.0 津村明秀手塚貴久514(0)1.09.6 0.234.4⑪⑪トキメキ
20/10/03 中山 10 勝浦特別 2勝クラス 芝1200 1651016.674** 牡6 55.0 津村明秀手塚貴久514(-4)1.09.0 0.234.2⑬⑫グッドマックス
20/09/06 新潟 9 飯豊特別 2勝クラス 芝1200 138139.163** 牡6 57.0 津村明秀手塚貴久518(0)1.09.7 0.333.7⑬⑫トロワマルス
20/07/25 新潟 10 豊栄特別 2勝クラス 芝1400 1781715.3815** 牡6 57.0 福永祐一手塚貴久518(+8)1.21.7 1.235.2⑨⑩ハーフバック
20/05/09 東京 8 4歳以上2勝クラス 芝1400 136841.192** 牡6 57.0 福永祐一手塚貴久510(0)1.20.5 0.134.2カルリーノ
20/04/05 阪神 9 千種川特別 2勝クラス 芝1200 134525.998** 牡6 57.0 岩田望来手塚貴久510(-4)1.09.3 0.633.6⑪⑫コウエイダリア
20/03/14 中山 10 房総特別 2勝クラス 芝1200 165932.496** 牡6 57.0 石橋脩手塚貴久514(+2)1.11.6 0.436.3⑮⑮レストンベ
20/01/19 中山 12 4歳以上2勝クラス 芝1200 1661143.3118** 牡6 57.0 石橋脩手塚貴久512(+4)1.10.1 0.335.3⑧⑧タマモメイトウ
19/12/22 中山 12 クリスマスC 2勝クラス 芝1200 1671426.789** 牡5 57.0 石川裕紀手塚貴久508(+2)1.10.0 0.535.3⑩⑧サンノゼテソーロ
19/10/20 新潟 12 飛翼特別 2勝クラス 芝1000 185933.4115** 牡5 54.0 荻野極手塚貴久506(-12)0.55.6 0.233.0--ブリッジオーヴァー
19/06/30 福島 8 3歳以上1勝クラス ダ1150 16127.531** 牡5 57.0 石橋脩手塚貴久518(+6)1.08.0 -0.037.2ケイアイマリブ
19/03/23 中山 7 4歳以上500万下 ダ1200 16111.816** 牡5 57.0 M.デムー手塚貴久512(-4)1.12.1 0.938.0ジェットコルサ
19/03/03 中山 8 4歳以上500万下 ダ1200 16482.813** 牡5 57.0 内田博幸手塚貴久516(+2)1.11.3 0.237.5ハーモニーライズ
19/01/06 中山 6 4歳以上500万下 ダ1200 167132.516** 牡5 57.0 内田博幸手塚貴久514(+16)1.12.2 0.638.0アメイズミー
18/04/07 中山 12 4歳以上500万下 ダ1200 16362.711** 牡4 57.0 内田博幸手塚貴久498(-2)1.12.9 -0.037.3タイガーヴォーグ
18/03/17 中山 12 4歳以上500万下 ダ1200 16481.912** 牡4 57.0 内田博幸手塚貴久500(-2)1.12.3 0.237.7④④マッジョネラ
18/02/24 中山 8 4歳以上500万下 ダ1200 16361.912** 牡4 57.0 戸崎圭太手塚貴久502(+4)1.12.4 0.037.7メンデンホール
18/01/14 中山 4 4歳以上500万下 ダ1200 167134.622** 牡4 56.0 戸崎圭太手塚貴久498(+2)1.12.0 0.237.6デピュティプライム
17/12/17 中山 8 3歳以上500万下 ダ1200 16114.925** 牡3 56.0 戸崎圭太手塚貴久496(0)1.12.8 0.637.5⑪⑪エビスリアン

⇒もっと見る


ライバーバードの関連ニュース

 メンバーただ1頭の3歳馬ワーケアは、美浦Wコースでライバーバード(2勝クラス)を追走。直線は内に入って一杯に追われると、5ハロン68秒7-12秒4で併入した。ゴール地点を過ぎても勢いを持続させ、時計的にも上々だ。

 見届けた手塚調教師は「先週より良かったし、春先から馬がしぶくなっていて、追われていれば伸びる」と、馬なりの相手に手応えはやや劣勢に映ったが問題にせず。久々も調整が順調とあって「古馬との力差がどうかだが、53キロで出られるのは恵まれた。こちらもダービー3番人気だし、直線の長いコースはいい」と自信をのぞかせていた。

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【新潟記念】ワーケア絶好の11秒9 2020年9月2日(水) 11:29

 3歳の素質馬が秋へ始動する。ダービー8着以来のワーケアは美浦Wコースでライバーバードを追走。ラスト1Fは内から強めに追われて、11秒9の好反応で併入した。

 馬なりの併走馬にはやや見劣っていたが、もともと調教は動かないタイプ。手塚調教師は「追われながら伸びるから、ゴールしてからも伸びていた。先週よりも良かったね」と笑顔を見せた。

 初の古馬相手も、「53キロは恵まれていて良かった。古馬と力差はあるかもしれないけど、こちらもダービー3番人気ですから。体つきも雰囲気もいいので楽しみ」。2年前のブラストワンピースに続く3歳馬Vを狙う。(夕刊フジ)



新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟記念】レース展望 2020年8月31日(月) 16:09

 夏の新潟開催を締めくくるのは、サマー2000シリーズ最終第5戦のハンデ重賞、新潟記念(9月6日、GIII、芝2000メートル)。複数の重賞ウイナーたちをはじめ、重賞戦線で活躍している馬たちが多くエントリーしており、秋のGIに向けても見逃せない一戦だ。

 ただ1頭の3歳馬ワーケア(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)がV候補の筆頭か。日本ダービー8着以来、約3か月ぶりの実戦になるが、仕上がりは上々。1週前追い切りでは美浦のWコースで一杯に追われ、5ハロン69秒3-12秒4をマーク。ライバーバード(2勝クラス)に半馬身遅れたものの、手塚調教師は「追い切りでは動きがしぶくなっているが、しっかり追って反応していたのでいい」と不安を見せなかった。「左回りがいい」というルメール騎手の進言でこのレースを選択。初の年長馬相手とはいえ53キロのハンデも魅力だ。無敗の2冠馬コントレイル朝日杯FSサリオス、弥生賞馬サトノフラッグなどとしのぎを削った経験をいかしたい。

 七夕賞2着のブラヴァス(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)の上昇度も見逃せない。内と外のコース取りの分もあって、先に抜け出たクレッシェンドラヴをかわせなかったが、4着だった新潟大賞典でも直線でしっかりと脚を使っており、着実に力をつけてきている。母は名牝のヴィルシーナ、近親にシュヴァルグランヴィブロスがいる超良血が開花の時を迎えている。ハンデは56キロとここ2走から1キロ重くなるが、重賞初制覇もチャンスといえるだろう。

 カデナ(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)は重賞3勝を挙げており、メンバー中、最上位の実績を誇る。今年の小倉大賞典を勝利すると、GIの大阪杯で勝ち馬と0秒2差の4着に健闘した。続く宝塚記念では12着に敗れたが、GIIIのここなら再び好走が期待される。トップハンデの58キロを背負うが、昨年3着のリベンジを果たしたいところだ。

 小倉記念Vのアールスター(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)は長岡騎手とコンビ継続で重賞連勝を目指す。格上挑戦となった前走は10番人気の低評価をあざ笑うかのような快勝だった。展開や軽ハンデに恵まれた印象もあるが、内を突いて鋭く伸びた脚は本格化を思わせるものだった。3キロ増となるハンデ56キロを克服し、ここも勝てばサマー2000シリーズのチャンピオンに輝く。

 同レース2着のサトノガーネット(栗東・矢作芳人厩舎、牝5歳)は牝馬で55キロのハンデを背負いながらも健闘。勝ち馬には届かなかったが、メンバー中最速の上がり34秒3の強烈な末脚で追い込んだ。後方待機で腹をくくって最後にかけた松山騎手の好騎乗だった。直線の長い新潟へのコース替わりはプラスで、松山騎手が引き続き手綱を取るのも魅力的だ。

 出遅れた七夕賞9着からの巻き返しを図るジナンボー(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は、父ディープインパクト、母アパパネと合わせて芝GI・12冠の超良血馬。昨年2着の雪辱を果たしたい。

 昇級2戦目で慣れが見込めるピースワンパラディ(美浦・大竹正博厩舎、牡4歳)や、3歳時に4着の実績があるウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡6歳)、新潟大賞典3着のプレシャスブルー(美浦・相沢郁厩舎、牡6歳)、目黒記念2着のアイスバブル(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)などの伏兵陣も多彩で混戦が予想される。

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟記念】ダービー以来のワーケアはWコースで一杯 2020年8月27日(木) 04:46

 《美浦》日本ダービー8着以来となるワーケア(手塚、牡3)はWコースで一杯に追われ、5ハロン69秒3-12秒4でライバーバード(2勝クラス)に半馬身遅れた。「追い切りでは動きがしぶくなっているが、しっかり追って反応していたのでいい。セントライト記念からと考えていたが、ルメール騎手が『左回りがいい』というのでここを使う。モタれる面もなくなっているし、新潟も合うと思う」と手塚調教師。

 目黒記念5着のゴールドギア(伊藤圭、牡5)はWコースで新潟2歳S出走のブルーシンフォニー(2歳OP)を相手に5ハロン66秒2-12秒1で併入。「新潟(魚沼特別2着)で走っているし、今回もハンデ戦。しまいは切れるタイプだからね」と伊藤圭調教師。

 《栗東》七夕賞2着ブラヴァス(友道、牡4)はCWコースの3頭併せで6ハロン82秒1-12秒3。一杯に追われてアドマイヤビルゴ(3勝クラス)にクビ差、アドマイヤザーゲ(新馬)に1秒3差をつけて最先着した。「暑さにもめげずに元気なので、しっかりとできました。新潟は合うので期待しています」と、友道調教師は2走前の新潟大賞典で4着の舞台適性に期待を寄せる。

 小倉記念2着から中2週で臨むサトノガーネット(矢作、牝5)はCWコース4ハロン51秒2-13秒2で、馬なりでメートルエロー(3歳未勝利)と併入した。「細くなりがちなタイプだけど、今は体重も増えて、本当に体がいい」と矢作調教師。鞍上は6戦ぶりのコンビとなる坂井騎手。

[もっと見る]

【天皇賞・春】フィエールマン調教評価唯一の!!S 2020年4月30日(木) 04:30

 中央競馬の平地最長GI、芝3200メートルで争われる天皇賞・春の追い切りが29日に行われ、茨城・美浦トレセンで昨年の覇者フィエールマン(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は3頭併せで力強く最先着を果たした。昨年暮れの有馬記念4着以来となるが、ブランクを感じさせない動きで万全をアピール。コンビを組むルメール騎手は天皇賞4連覇の偉業がかかる。なお、枠順はきょう30日に決まる。

 ◇

 春の陽気のなか、威圧感たっぷりに駆け抜けた。史上5頭目の天皇賞・春連覇を目指すフィエールマンは、美浦ウッドチップコースで嶋田騎手が騎乗して3頭併せの追い切りを敢行。2秒以上先行していたライバーバード(古馬2勝クラス)、ニシノコトダマ(古馬2勝クラス)に直線、外から襲いかかる。5ハロン64秒4-12秒1で力強く2頭に半馬身先着。抜群の動きで、調教評価は出走馬唯一の『S』となった。

 「(放牧先から)いつもより早めに美浦に入厩させて、こちらが思っている通りに仕上がった。体調面は抜かりなくきている」

 有馬記念(4着)以来、4カ月間のブランクをみじんも感じさせない圧巻デモを、満足げに見届ける手塚調教師。晴れやかな表情には伏線もあった。22日の1週前追い切り(Wコース5ハロン65秒9)は道中ガツンとスイッチが入り、思惑と違う形で終了。それを1週間で修正して、「先週に比べたらよっぽど折り合っていたし、レースに向けての不安はない」と言い切った。

 連覇の偉業にも、「5歳になってずいぶん体幹がしっかりして、実戦や調教の反動も残らなくなった。こっちが思っている以上に長距離適性があるし、天皇賞というレースに関しては主役を張れる素材だと思う」と、堂々の主役宣言だ。

 万全の態勢で迎える防衛戦。昨秋の凱旋門賞(12着)以来のコンビ復活という形でバトンを受け取るルメール騎手には、2018年秋(レイデオロ)、19年春(フィエールマン)、同年秋(アーモンドアイ)に続く、天皇賞4連覇というとてつもない大記録もかかっている。

 「(記録は)本当に楽しみ。すごくいい馬に乗ることができてうれしいし、競馬が楽しいね」と、自然体で快挙に挑む名手も「大好きな馬。ステイヤーっぽくはないけど、3000メートル以上で最後にスピードを出すことができるし(京都でも)ラストのコーナーでバランスを維持できるから、直線でフルパワーが出せる」と京都GI2勝の底力を信頼する。

 当日の微妙な天候にも「フランス(凱旋門賞)は本当に馬場が悪くて仕方なかったけど、日本なら雨が降っても問題ない。心身ともに充実していたら勝つチャンス」と、ルメール騎手は手応えを隠さない。

 ステイホームの時代にステイ“王座”へ-。盾の重みを知る人馬が、再び鉄壁のチームワークで連覇へと突き進む。(内海裕介)

★京都GI3勝へ…フィエールマンは2018年の菊花賞と19年の天皇賞・春と京都競馬場でGI2勝を挙げている。グレード制を導入した1984年以降、京都競馬場でのGI最多は、3勝でメジロマックイーンライスシャワーメジロドーベルディープインパクトキタサンブラックの5頭が達成している。並ぶことができるか。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フローラS】Oh!猛烈!ウインマリリン 2020年4月23日(木) 04:59

 サンスポ賞フローラSの追い切りが22日、東西トレセンで行われた。美浦では、ミモザ賞を勝ったウインマリリンが3頭併せで確かな反応を見せた。躍進目覚ましい横山武騎手を背に、人馬ともに重賞初制覇を狙う。レッドルレーヴホウオウピースフルも好仕上がりを見せている。

 ◇

 東の“若きエース”といざオークスへ-。ミモザ賞を制して勢いに乗るウインマリリンが充実の3頭併せを披露。横山武騎手は穏やかな笑みを浮かべつつ、マスク越しに手応えを口にした。

 「ちょっとハミにもたれる面があるけど、きょうは角馬場から(上体が)起きて走れていた。動きも明らかに素軽くなっていたし、前走より状態は良さそうですね」

 Wコースでライバーバード(2勝クラス)を追走し、さらに後ろからオータムレッド(OP)が追いかける流れ。直線では快速型に内と外から挟まれる形になったが、鞍上のゴーサインにしっかりと応え、5ハロン69秒2-12秒4で併入した。見守った手塚調教師も「良かったね。時計は予定通り。体も絞れていい感じ」と合格点を与えた。

 前走は雪で2日順延になった影響もあって8キロ増と太め残りだったが、危なげなく抜け出して快勝。「隙間を縫ってギュンと伸びてくれた。乗りやすいですね」と鞍上は操縦性を高く評価する。

 デビュー4年目の若武者にとっても重賞初制覇の大チャンスだ。昨年は54勝を挙げ、日本ダービーリオンリオン15着)でGI初騎乗を果たすなど一気にブレークした。今年は先週まで22勝。美浦所属ジョッキーでは田辺騎手とともにトップの勝ち星を残している。

 躍進の要因は騎乗フォームの大胆な変更にある。以前はアメリカンスタイルで騎乗していたが、身長や体重を考慮したトレーナーの助言もあってヨーロピアンスタイルを取り入れた。「一番(の要因)は周りの方々のおかげ。でも、多少は馬を動かせるようになったのかなと思います」と自負する。11日のニュージーランドTウイングレイテスト)では重賞で自己最高の3着。念願のタイトルへ機は熟している。

 「平場だけじゃなく、やはり重賞を勝ちたいですね。(マリリンは)走りがきれいなので東京の開幕週の馬場はいい。チャンスだと思います」

 2戦2勝の名コンビが樫戦線に新風を吹かせそうだ。(漆山貴禎)



サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★騎乗フォームの違い…アメリカンスタイルは鐙(あぶみ)を浅くして馬の背に張りつくような乗り方でブレが少ない。ルメール騎手や横山武騎手の父・典弘騎手など多くの騎手が採用しており、JRA競馬学校騎手課程でもこのフォームを基本として指導している。一方、ヨーロピアンスタイルは上体を起こして体全体を使って追い、下半身の動きも多い。ライアン・ムーアなど欧州の騎手が取り入れている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ライバーバードの関連コラム

関連コラムはありません。

ライバーバードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 21

おっは~♪

今日は雲一つない青空が広がってますね、寒いけど。

お子ちゃまは9:00~13:30までサッカーですよ。

久々に身体を動かせるんで楽しみにしてる模様、健全ですな。

パパは身体を動かして楽しむ年でないんで家で競馬を楽しみます、不健全ですな。

行きは送って行く様にとの奥さまからの指令が出たんで朝ごはん食べたら行って来ます。

なので今日は踏み切ってジャンプぅ~♪の障害特別を含めて5鞍購入しまっせ!

中京9R 鳥羽特別

◎①セイウンパワフル
△➂ライバーバード
△④モエレコレクター
△⑤ビップウインク
△⑩ウォーターエデン

馬連①ー③・④・⑤・⑩への4点。

昇級後は見せ場も無い競馬が続いておりますが・・・、前走でも4角までは手ごたえ絶好だったみたい。
どうやら直線でやめる面を見せているとの事でのブリンカー着用。調教では効果を見せてるみたい。
一変が期待出来るかな?

中山10R 初春ステークス

◎⑨アヴォンリー
△②スプリットワンベル
△⑧サンマルベスト
△⑩イメル
△⑫ジョーフォレスト

枠連⑤ー⑤と馬連⑨ー②・⑧・⑫への4点。

グラナリーの逃げを見ながら楽に番手が取れそう。先行馬が少ないんで展開向きそうだね。
前走は昇級もあったかもだけど重馬場が合わなかったのかも?今の時計のかかる馬場は合いそうだし。

中山11R ニューイヤーステークス

◎⑬ミラアイトーン
△➂アルーシャ
△⑥ロフティフレーズ
△⑧トーセンブレス
△⑩テーオービクトリー

馬連⑬ー③・⑥・⑧・⑩への4点。

グランドロワを行かせて楽に番手を取れそう。先行馬が少ないんで展開向きそう。さっきと同じ。
直線の短い中山の方が良さ気だしね。

中京11R 淀単距離ステークス

◎⑨カッパツハッチ
△①トゥラヴェスーラ
△⑤ジョーアラビカ
△⑦アイラブテーラー
△⑧ロードアクア

馬連⑨ー①・⑤・⑦・⑧への4点。

先行馬が少ないし千二ならハナ取りに行くかな?展開向きそう。左回りの方が良さ気だし。

今日はここまでよぉ~。

ではも少ししたら送り届けて来ます。

 ザンダカゼロ 2021年1月8日(金) 23:12
土曜のMy注目馬
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 8

 昨夜降った雪の除雪作業で腕腰が痛いザンダカの「土曜のMy注目馬」です。

☆中山
   2R 5クリーンスレイト △ 良い脚
   4R 5ラマトリス ▲ 粘りある
  10R16アポロビビ 〇 巻き返す
  11R13ミラアイトーン △ 粘りある

☆中京
   1R13タイスケフェイス △ ジリジリ伸びる
   9R 3ライバーバード △ 良い脚
      4モエレコネクター △ 良い脚
  11R 5ジョーアラビカ △ 一旦先頭

※メモリアルにリーチのかかった南井師(中山11R7、中京4R13、6R15、11R10)・木原師(中京10R16)、津村騎手(中山1R10、2R7、4R6、6R10、1R12、10R3、12R13)に要注意!!

[もっと見る]

 Mr.A- 2020年12月13日() 15:56
中山 12R
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 1

中山
12R
3歳以上2勝クラス
2020年12月13日(日) 5回中山4日目 16:01発走

芝 1200m 定量

◎ 14 アルムブラスト 【69.3】
○ 7 アルピニズム 【155.5】
▲ 10 トキメキ 【175.5】
△ 2 ダンシングチコ 【205.9】
× 8 セイウンパワフル 【267.3】
注 1 ライバーバード 【280.0】

[もっと見る]

⇒もっと見る

ライバーバードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ライバーバードの写真

投稿写真はありません。

ライバーバードの厩舎情報 VIP

2021年1月9日鳥羽特別3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ライバーバードの取材メモ VIP

2021年1月9日 鳥羽特別 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。