会員登録はこちら
優駿牝馬(オークス) G1   日程:2015年5月24日() 15:40 東京/芝2400m

レース結果

優駿牝馬(オークス) G1

2015年5月24日() 東京/芝2400m/18頭

本賞金:9,700万 3,900万 2,400万 1,500万 970万


レコード:2分22秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

ミッキークイーン

牝3 55.0 浜中俊  池江泰寿 430(+4) 2.25.0 6.8 3
2 7 14

ルージュバック

牝3 55.0 戸崎圭太  大竹正博 450(+6) 2.25.1 3/4 2.7 1
3 8 17

クルミナル

牝3 55.0 池添謙一  須貝尚介 478(-10) 2.25.2 1/2 11.8 6
ラップタイム 12.5 - 10.6 - 12.5 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.9 - 11.3 - 11.6 - 11.9
前半 12.5 - 23.1 - 35.6 - 48.6 - 61.3
後半 58.6 - 46.7 - 34.8 - 23.5 - 11.9

■払戻金

単勝 10 680円 3番人気
複勝 10 210円 3番人気
14 160円 1番人気
17 300円 6番人気
枠連 5-7 780円 1番人気
馬連 10-14 1,160円 1番人気
ワイド 10-14 510円 1番人気
10-17 1,020円 10番人気
14-17 890円 7番人気
馬単 10-14 3,030円 6番人気
3連複 10-14-17 4,140円 7番人気
3連単 10-14-17 20,150円 24番人気

優駿牝馬(オークス)のニュース&コラム

【東西現場記者走る】ラーゼン厩舎と連勝の勢い不気味
 1週間の密着取材で日本ダービーの勝ち馬を探り出す『東西現場記者走る』。大阪サンスポの川端亮平記者(32)は3日目、東上最終便の京都新聞杯を快勝したサトノラーゼンに注目した。トモ(後肢)の緩さが解消して筋肉がついたことがしまいの伸びにつながり、2連勝と結果がついてきた。オークスをミッキークイーンで制して勢いに乗る池江厩舎を直撃した。 26日の栗東トレセンは引き続き快晴で、人も馬も汗ばむ陽気。汗をぬぐいながら厩舎回りをしていると、甘い匂いに誘われた。鼻を頼りに行き着いた先が池江厩舎だ。ミッキークイーンのオークス勝利を祝う花束が所狭しと飾られていた。そして心なしか、厩舎全体に広がる活気や運気の高まりを感じた。 ここまで皐月賞の2、3着馬を取り上げたので、3日目はクラシック初戦に出走できなかった別路線組の感触を聞き込んだ。気になる馬が多くて迷ったが、勝負事では流れも大事な要素。勢いに乗る西の常勝・池江軍団が送り込むサトノラーゼンに決めた。 初勝利まで5戦を要したが、はなみずき賞(500万下)-京都新聞杯と2連勝。滑り込みでダービーへの切符をつかみ取った。近走の充実ぶりを、担当の橋口助手はこう分析する。 「以前は体質が弱かったけど、成長してしっかりしてきたことが大きい。トモ(後肢)にいい筋肉がついて、今はトモから伝わるものがある。以前は手応えよく直線に向いても伸びなかったけど、一気にトップスピードに乗れるようになった」 決め手に欠けるところがあったが、馬体が充実したことで、好位からもうひと伸びして勝ちきれるようになった。さらにキャリア9戦と経験を積み、レースセンスにも磨きがかかった。「ムキになって走らなくなったので、道中を楽に運べるようになった。前走のレースぶりなら距離はもちそう」とうなずく。叩き上げで身につけた効率のいい走りは、大きな武器になる。 「デビュー時からはこの馬が一番成長していると思う。皐月賞組は強い。でも、楽しみですよ」と橋口助手は期待を込めて締めくくった。 馬にも厩舎にも勢いがある。皐月賞組に比べ、ドゥラメンテとの勝負づけが済んでいない未知の魅力もある。僚馬ミッキークイーンに続き、あっといわせても不思議はない。 (川端亮平)東西現場記者走る 昨年春から始まったGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者たちがトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。レース当日の日曜付の紙面で結論を出す。★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月27日(水) 05:06

 559

【ドゥラメンテ徹底分析】ノーザンファームの宝
 皐月賞馬ドゥラメンテを徹底的に分析する連載の2回目は、生まれ故郷のノーザンファーム(北海道安平町)にズームイン。超良血馬が順調に育った背景を中島文彦場長(46)に聞いた。 超一流の血統背景を持ち、その期待に応えて皐月賞を制覇したドゥラメンテ。2012年に急死したアドマイヤグルーヴ(03、04年エリザベス女王杯)の最後の産駒でもあり、生産牧場であるノーザンファームの中島文彦場長は「ノーザンファームの宝」と語る。 「うちの中でも軸になる1頭ですからね」。母系は日本を代表する名牝系。ダイナカール(1983年オークス)~エアグルーヴ(96年オークス、97年天皇賞・秋)~アドマイヤグルーヴと流れ、ノーザンテースト、トニービン、サンデーサイレンス、キングカメハメハ(2004年NHKマイルC、ダービー)と、その時代の最高級の種牡馬が配合されてきた。 それほどの良血だけに、当初から期待が大きかったことは言うまでもない。それでも生まれたときに「すごいのが生まれたな」と感じたという。 「体形はアドマイヤグルーヴに似て立派な馬体で、脚長なところはキングカメハメハにも似ています」。名競走馬だった両親の特徴を色濃く受け継いで生を受けた時点で、飛躍は約束されていたのかもしれない。 とはいえ、ドゥラメンテが見せる気難しい面も母系の特性。「お母さんもそうでしたが、負けず嫌いで厳しさを持っています。悪くいえば暴れん坊、良くいえば根性がある」。母系から受け継いだ負けん気の強さはもろ刃の剣でもある。 「舵取りを間違えると走れなくなる不安もあったので、お母さんにも乗っていた林宏樹厩舎長に調教をつけてもらい、信頼している堀調教師に任せました」。最善を尽くし、激しい気性を丁寧にコントロールすることで、持てる力をしっかりとレースで発揮できるようにうながした。 「まずは(レースで)結果を出すことが先になりますが、将来はうちを代表する種牡馬になってほしい」。超一流の競走成績を残して、子孫に優秀な血を伝えるのがドゥラメンテの役目。ダービーは日本最高レベルの血統と規格外の能力を証明する最高の舞台でもある。★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月27日(水) 05:05

 836

【3歳次走報】ノットフォーマル、関東オークス予定
 ★オークス2着ルージュバック(美・大竹、牝)は今週、美浦トレセンで体調チェックを受けた後、福島県のノーザンファーム天栄でしばらく休養する。7着ココロノアイ(美・尾関、牝)は、週末に短期放牧へ。秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)を目指す。13着ノットフォーマル(美・中野、牝)は、内田騎手で関東オークス(6月10日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)を予定。15着トーセンラーク(美・菅原、牝)は、今週中に千葉県のエスティファーム小見川に移動。今後はダート路線を歩む予定。 ★カーネーションC勝ちのレトロクラシック(美・国枝、牝)は26日、ノーザンファーム天栄へ放牧に出された。秋は紫苑Sで始動。
2015年5月27日(水) 05:00

 555

オークスVから一夜、ミッキー疲れ癒やし秋華賞へ
 第76代オークス馬ミッキークイーン(栗・池江、牝3)は激戦から一夜明けた25日、全休日だった滋賀県栗東トレーニングセンターの自厩舎で疲れを癒やした。 齊藤助手は「カイバは食べ切れていないけど、落ち着いていますね。きのう(24日)はいつもより気合が乗って、グイグイ引っ張っていた。自信を持って出せました」と笑顔で語った。 詳細なスケジュールは未定ながら、今後は放牧へ出て秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)で2冠を狙う。
2015年5月26日(火) 05:00

 426

優駿牝馬(オークス)のニュースをもっと見る >

【オークス】ココロノアイ尾関師「ポテンシャル十分」
 牝馬クラシック2冠目の「第76回オークス」(24日、東京、GI、芝2400メートル)は、1冠目の桜花賞が超スローだっただけに、そこで“魔のペース”にはまった惨敗組の巻き返しなるかが最大の肝といえる。なかでも10着に敗れながら「光明はあった」と前を向くのが、ココロノアイの尾関知人調教師だ。反撃ムードを隠さない裏付けとはいかに? --大舞台を前に攻め気配は絶好。先週13日は美浦Wコースで6F79秒0、今週20日は4F52秒7の坂路一番時計といずれも速いタイムだった 尾関知人調教師「1度ガチガチに抑えない追い切りをやってみたいというのがあった。先週ハードに追われたあとも、むしろカイ食いはいいくらいだし、今週もフォームが乱れずに登ってくることができた。打ち合わせより時計は速くなったけど、最後は馬なりだったので」 --体もシャープに見せて、いよいよ勝負をかけてきたイメージ 「(父が)ステイゴールドの牝馬は、ギリギリの体のほうが走ると、牧場なんかでよく聞くことがある。それを意図してやっている訳じゃないけど、当日(馬体が)減っても心配しないでほしい(笑)。ただ、馬自身が長距離仕様に変えてきたのかもしれない」 --桜花賞は1番人気のルージュバックなどと同じく、スローペースの後方で“金縛り”に遭い10着に終わった 「でも、折り合いに関しては、前走が一番良かった。もちろん手応えよりも残念な気持ちのほうが強いけど、その中にも光明はあった」 --横山典騎手はしつこいくらいに、とにかく「当日の落ち着き次第」と言っている 「人も含めて(笑)。思っていたよりも桜花賞の疲れがあって、そのせいで(レースが終わった)当初は元気がなかった。ただ、その入りが良かったのか、同時に折り合いが良くなった感じなんだ(笑)。今はそこからいい感じで調子が上がってきたから」
2015年5月21日(木) 12:19

 524

【オークス】ルージュ大竹師「能力信じてやってきた」
 桜花賞9着から巻き返しを期すルージュバックは美浦TCの厩舎周辺でじっくり運動し、調教明けで疲れた体を時間をかけてほぐした。 「この中間はとにかく、自ら走る気を呼び起こすための調整過程。そこは維持できていると思うし、能力を信じてやってきた」と、大竹調教師は“やることはすべてやった”と言わんばかりの柔和な表情を見せた。(夕刊フジ)★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月21日(木) 12:18

 416

【オークス】逆襲追い!ルージュ制御バッチリ12秒3
 中央競馬の3歳牝馬NO・1を決めるオークスに出走するルージュバック(美浦・大竹正博厩舎)の追い切りが20日、茨城県の美浦トレーニングセンターで行われた。1番人気で敗れた桜花賞(9着)時よりも、元気いっぱいで、破壊力抜群の走りを披露。陣営も巻き返しに自信を見せている。枠順は21日に確定、馬券は23日から発売される。 緩やかな流れが一転、激しさを増した。美浦Wコースの2周目。ラスト600メートルでルージュバックがいきなりギアをトップまで上げた。大きなアクションはそのままに回転数を上げていく。2秒以上先行していたダノンウルフ(未勝利)をあっさりとらえ、半馬身先着。1番人気の桜花賞で9着に敗れた悪いムードを吹き飛ばすようなデモンストレーションだった。 「土曜にある程度時計を出しているので、きょうは全体の時計を求めないで3ハロン(600メートル)だけ。どんな反応を見せるかと思っていたが、ゴーサインを出すまでもなく自分からはじけていた」 見守った大竹正博調教師は満足げな表情だ。800メートル52秒8の全体時計は目立たないが、600メートルが36秒8-12秒3としまいの破壊力はずば抜けていた。 不可解だった桜花賞の敗因は異常なほど遅いペース、後方の位置取り、緩い馬場…。「ひとつに求めるのは難しい」としながらも、トレーナーなりに分析済み。「一番大きな要因は僕自身の桜花賞へ向かう姿勢。雨の中の(桜花賞の最終)追い切りで手綱がすべるトラブルも含め、経験不足からコントロールできていなかった」と振り返り、今回は「とにかく馬がもう一度、走りたいと思うように調整してきた」と気持ちを切り替えた。 中間は福島県のノーザンファーム天栄で短期放牧。何度も牧場を訪れた大竹師は「目の輝き、雰囲気、活気があっていい感じだったので」とギリギリまで牧場で調整することを選択。牧場の坂路では速い時計を5本出してきた。今月12日の帰厩から最終追い切りまで順調に終え、「前走より元気な姿でレースに向かえる」と仕上がりに自信を見せる。 舞台となる東京2400メートルについても「3歳牝馬にとって厳しい距離だが、東京では2000メートル(百日草特別)をレコードで勝っているし、桜花賞より条件はいいと思う」と前向きな姿勢だ。 「リベンジという気持ちは特に持っていない。馬の能力を信じてやってきたし、自信を持って送り出せる状態です」 一度つまずこうが“規格外”という評価は変わらない。ルージュバックなら敗戦を乗り越え、最高の答えを出せるはずだ。 (板津雄志)★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら桜花賞追い切りVTR ルージュバックの桜花賞の追い切りは、みぞれが降る中、今回と同じ美浦Wコースで行われた。向こう正面で騎乗者の手綱が雨ですべり、ルージュはそれをゴーサインと勘違い。内に併せる予定が、外からかわしてしまい、直線は独走状態に。重馬場でマークした5ハロン65秒0、3ハロン37秒3-13秒1は、馬なりで無理はしていないとはいえ、予定より速くなってしまった。
2015年5月21日(木) 05:08

 856

【オークス】戸崎圭太トーク
 中央競馬の3歳牝馬NO・1を決めるオークスに出走するルージュバック(美浦・大竹正博厩舎)の追い切りが20日、茨城県の美浦トレーニングセンターで行われた。1番人気で敗れた桜花賞(9着)時よりも、元気いっぱいで、破壊力抜群の走りを披露。陣営も巻き返しに自信を見せている。枠順は21日に確定、馬券は23日から発売される。★戸崎圭太トーク --桜花賞9着の敗因は 「僕の乗り方、位置取りの悪さで力を出し切れなかった。スタートが良かったのに(位置を)下げることはなかった。スローペースにもなったし、それでリズムを崩してしまった。桜花賞後はずっと悔しい思いだった」 --東京2400メートルの舞台は 「もともと力はあるし、乗りやすい馬。距離が延びることに不安はないし、いいイメージしかない。どこの競馬場でも走れる馬だが、東京は1回走っている分いいと思う」 --先週のヴィクトリアマイルを勝って勢いがついた 「ずっと歯がゆい思いをしていたし、GIを勝った勢いをつなげたい」 --桜花賞のリベンジが期待される 「桜花賞では圧倒的人気を裏切る騎乗をしてしまったので、今回はしっかり騎乗していいパフォーマンスを見せたい」★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月21日(木) 05:07

 880

優駿牝馬(オークス)の直前追い切り情報をもっと見る >

優駿牝馬(オークス)過去10年の結果

2014年5月25日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2013年5月19日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2012年5月20日() 東京競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

優駿牝馬(オークス)ステップレース

2015年5月10日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 7 クラリティスカイ 横山典弘 1:33.5 6.4倍 99.7
2着 9 アルビアーノ 柴山雄一 6.5倍 98.2
3着 12 ミュゼスルタン 柴田善臣 クビ 5.9倍 98.2
4着 1 アヴニールマルシェ 北村宏司 1 1/2 7.2倍 96.6
5着 2 グランシルク 戸崎圭太 クビ 4.3倍 96.6
2015年5月3日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 ディープジュエリー 柴田善臣 1:47.4 2.0倍 87.6
2着 7 トーセンナチュラル 井上敏樹 ハナ 164.4倍⑮ 87.6
3着 3 ロッカフラベイビー 田中勝春 1/2 6.8倍 86.9
4着 6 テルメディカラカラ 藤田伸二 1 1/2 73.2倍 85.6
5着 12 ブルローネ 吉田豊 ハナ 65.0倍 85.6
2015年4月26日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 5 シングウィズジョイ 内田博幸 2:01.8 6.0倍 92.1
2着 6 ディアマイダーリン 横山典弘 クビ 3.2倍 92.1
3着 1 マキシマムドパリ 武豊 クビ 6.7倍 91.5
4着 2 ウインアキレア 柴田大知 1/2 54.4倍 90.9
5着 10 エバーシャルマン 石橋脩 クビ 19.5倍 90.9
桜花賞   G1 
2015年4月12日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 6 レッツゴードンキ 岩田康誠 1:36.0 10.2倍 99.3
2着 7 クルミナル 池添謙一 23.2倍 94.0
3着 1 コンテッサトゥーレ C.ルメール 3/4 27.8倍 93.3
4着 13 クイーンズリング M.デムーロ ハナ 9.0倍 93.3
5着 3 ノットフォーマル 黛弘人 1/2 255.6倍⑯ 92.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

優駿牝馬(オークス)の歴史と概要


2012年の優勝馬ジェンティルドンナ

3歳牝馬のみに出走が許される、うら若き乙女たちによる頂上決戦。牝馬クラシックの2冠目にあたり、全馬ほぼ未経験となる2400mの距離で世代トップの座を争う。牝馬クラシック1冠目の桜花賞に勝ち、このオークスもものにし、そして秋に開催される(クラシックレースにはカウントされない)3冠目の秋華賞(1995年以前はエリザベス女王杯)を制して“牝馬3冠”を達成したのは、過去にメジロドーベル(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭。オークス勝ち馬の多くはその後も活躍し、第40回(1979年)のアグネスレディー、第44回(1983年)のダイナカール、第54回(1993年)のベガ、第57回(1996年)のエアグルーヴ、第66回(2005年)のシーザリオなど、競走馬としてはもちろんのこと、引退後の繁殖牝馬として成功を収めた名牝が多数誕生している。2010年に行われた第71回は、アパパネサンテミリオンによるJRA史上初のG1同着決着となり、場内が騒然となった。

▼2010年はJRAのG1競走で史上初となるアパパネとサンテミリオンによる1着同着。

歴史と概要をもっと見る >

優駿牝馬(オークス)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月19日(
札幌記念 G2
TV西日本北九州記念 G3

競馬番組表

2018年8月18日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2018年8月19日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る