会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2015年5月3日() 15:40 京都/芝3200m

レース結果

天皇賞(春) G1

2015年5月3日() 京都/芝3200m/17頭

本賞金:15,000万 6,000万 3,800万 2,300万 1,500万


レコード:3分13秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ゴールドシップ

牡6 58.0 横山典弘  須貝尚介 510(+2) 3.14.7 4.6 2
2 7 14

フェイムゲーム

牡5 58.0 北村宏司  宗像義忠 456(0) 3.14.7 クビ 22.6 7
3 1 2

カレンミロティック

セ7 58.0 蛯名正義  平田修 454(0) 3.14.8 3/4 30.5 10
ラップタイム 12.7 - 11.4 - 12.0 - 12.5 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.5 - 12.0
前半 12.7 - 24.1 - 36.1 - 48.6 - 61.4
後半 59.0 - 47.0 - 35.3 - 23.5 - 12.0

■払戻金

単勝 1 460円 2番人気
複勝 1 260円 4番人気
14 630円 9番人気
2 610円 8番人気
枠連 1-7 690円 3番人気
馬連 1-14 6,060円 22番人気
ワイド 1-14 2,300円 29番人気
1-2 2,460円 36番人気
2-14 6,010円 61番人気
馬単 1-14 8,480円 30番人気
3連複 1-2-14 57,160円 165番人気
3連単 1-14-2 236,300円 678番人気

天皇賞(春)のニュース&コラム

【天皇賞・春】見せ場たっぷり“ひとり舞台”ゴールド6冠
 第151回天皇賞・春(3日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)横山典弘騎乗の2番人気ゴールドシップが、2周目向こう正面でスパートし、直線でもうひと伸び。天皇賞・春3度目の挑戦で念願の初勝利をあげ、GI6勝とした。タイム3分14秒7(良)。このあとは史上初の3連覇がかかる宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)に向かう。2着はフェイムゲームが入り、1番人気のキズナは伸び切れず7着に敗れた。 何から何まで芦毛の怪物のひとり舞台だった。ゲート入りを嫌がり、レース序盤は最後方を追走、常識外れの2周目向こう正面からのスパート…。スタンドのどよめきはゴール前で最高潮に達した。ゴールドシップが3度目の正直で天皇賞・春を初制覇。昨年の凱旋門賞以来、再びコンビを組んだ横山典騎手が、秘策を見せて気まぐれなパートナーを6度目のGI勝利に導いた。 「行けたら行こうと思っていたが、気分を害してはいけないと思ってあの位置から。きょうは『頑張ってくれ』とゲキを飛ばしました。僕と彼との戦いでしたが、彼の勝ちです」と鞍上はパートナーをたたえた。 行き脚がつかず道中は最後方も、2周目の向こう正面で温めていた秘策を繰り出した。左ムチを入れてポジションを押し上げる。最終コーナー付近では4番手に。直線ではしぶとく脚を伸ばして先に抜け出したカレンミロティックを捕らえ、フェイムゲームをクビ差抑えた。 「きょうの乗り方が秘策です。天皇賞・春は使わない方向と聞いていたけど先生とオーナーを口説いて乗せてもらったので、結果を出さないといけないと思っていた。ホッとしました」と横山典騎手の喜びもひとしお。「30年騎手をやってきた中でも面白い馬。こういう馬こそ腕の見せどころ。いい仕事ができました」と会心の笑みを浮かべる。 昨年14着に敗れた凱旋門賞への再挑戦は「馬の様子を見てから」と須貝調教師。まずは宝塚記念3連覇の偉業に挑む。ゲート入りをごねて、発走調教再審査となり新たな課題も見つかったが、「春だし、野生のオスの雰囲気だったので予感していた。調整は難しいがやっていくしかない」とトレーナー。壁を乗り越えたゴールドシップが新たな船出に出る。 (渡部陽之助)★3日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら★売り上げアップ 3日の京都競馬場入場人員は前年比93・8%の7万6776人だったが、天皇賞・春の売り上げは197億7021万6100円で同102・7%とアップ。今年のGIは5レースが終了。96・6%だった皐月賞以外の4レースが前年増となった。アラカルト ◆重賞11勝目 ゴールドシップはJRA重賞11勝目で、12勝のスピードシンボリ(GI級4勝)、オグリキャップ(GI4勝)、テイエムオペラオー(GI7勝)に次ぐ勝利数。JRA・GIは6勝目で、7勝のシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに次ぐ勝利数でブエナビスタ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナに並んだ。 ◆3戦無敗 ゴールドシップは12年菊花賞、14年阪神大賞典、今回と〔1〕枠(1)番で3戦全勝。ゴールドシップ 父ステイゴールド、母ポイントフラッグ、母の父メジロマックイーン。芦毛の牡6歳。栗東・須貝尚介厩舎所属。北海道日高町・出口牧場の生産馬。馬主は合同会社小林英一ホールディングス。戦績25戦13勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金13億9776万7000円。重賞はGI6勝のほか、2012年GIII共同通信杯、GII神戸新聞杯、13~15年GII阪神大賞典の11勝。天皇賞は、須貝尚介調教師が13年秋ジャスタウェイに次いで2勝目、横山典弘騎手が1996年春サクラローレル、04年春イングランディーレ、09年秋カンパニーに次いで4勝目。馬名の意味は、黄金の船。父名より連想。
2015年5月4日(月) 05:10

 1,150

【天皇賞・春】小林オーナー次男・正和さん、ノリに感謝
 第151回天皇賞・春(3日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)小林英一オーナー(83)の代理として京都競馬場で観戦した次男の正和さん(46)=北日本精機専務取締役=は、「3度目の正直で勝つことができました。横山典騎手が心肺機能の高さを引き出してくれました」と興奮気味。オーナーは北海道の自宅でテレビ観戦したそうで、「父も獲りたかったタイトルですからね」と笑顔を見せた。 生産した出口牧場の出口俊一場長(58)は「まずは無事に帰ってきてほしいと…。GIは何度勝ってもうれしい。本当にポイントフラッグはすごい母です」と胸を張った。現在、牧場には1歳の全妹がおり、4月10日には全弟も誕生したという。 (正木茂)★3日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら
2015年5月4日(月) 05:09

 852

【天皇賞・春】フェイムゲーム悔し…あと一歩2着
 第151回天皇賞・春(3日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)金星にあと少しだけ届かなかった。7番人気のフェイムゲームが直線で鋭く伸びて2着。道中は終始、中団で身動きの取れないところにいたが、直線で外に持ち出すとグングンと伸びて、ゴールドシップにクビ差まで迫った。 北村宏騎手は「終始(他馬に)ポジションを取られて、手応えが悪かった。最後はあそこまでいったので、何とかならなかったかなとは思うけど、頑張ってくれました」と相棒をねぎらった。今後は馬の状態をみて決められる。★3日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら
2015年5月4日(月) 05:08

 922

【天皇賞・春】カレンミロティック積極策で3着と健闘
 第151回天皇賞・春(3日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)10番人気カレンミロティックが、積極的なレースで3着と健闘した。道中は2、3番手のインを追走。2周目の4コーナー手前で逃げたクリールカイザーをかわして先頭に立つと、直線でリードを広げる。最後は1、2着馬につかまったが、見せ場たっぷりだった。 蛯名騎手は「(早めに先頭に立つ形になり)前の馬がもう少し頑張ってほしかったけど、枠(〔1〕枠(2)番)を生かして、スムーズな競馬はできた。最後は地力のある馬に追いつかれてしまった」とサバサバと振り返った。★3日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら
2015年5月4日(月) 05:07

 707

天皇賞(春)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・春】破竹のデウス!橋田調教師トーク
★天皇賞・春 古馬長距離王決定戦「第151回天皇賞・春」(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)が3日後に迫った。3連覇がかかっていたフェノーメノの回避(右前繋靭帯炎のため)は残念だが、キズナ、ゴールドシップという二枚看板に新鋭たちが挑む図式。なかでもGII連勝中のアドマイヤデウスは今春最大の上がり馬だ。スズカデヴィアスとの2頭出しとなる橋田満調教師も、2度目の春の盾制覇へ力が入るところだ。 --骨折明けのここ2走、日経新春杯と日経賞を連勝してきた 橋田満調教師「いい内容のレースをしてくれているね。特に前走は、後半5Fがずっと11秒台のラップが続いているなかでの差し切り勝ちだったから、中身は濃いと思うよ」 --29日の最終追い切りは栗東坂路の“いの一番”で、4F54秒9、ラスト1F12秒4 「馬場のいいときにやりたかった。『単走でしまいだけ少し伸ばすように』との指示を出しておいたが、いい反応だったね。1週前に強いところ(坂路4F51秒1)をやっているので、今週は“最後の調整”という感じにした」 --昨春のクラシック2冠(皐月賞9着、ダービー7着)では結果が出なかった 「クラシックレースはどうしても、レースに馬を合わせないといけないからね。この馬にとってはキツいローテーションになってしまった」 --復帰後は、まさに思いどおりの臨戦過程 「古馬になれば、馬に合わせた臨戦過程でいけるから。もともと引っ掛かる心配がまったくないし、一瞬の切れる脚も持っているので、天皇賞を目標にしてきた。本当にいい感じできているね」 --3歳時に比べて、どのあたりが大きく変わったのか 「馬体重はそう増えていないけど、ひと回り大きくなったように思う。以前から精神面はしっかりしていたんだけど、より大人になってきた感じはする」 --思い描くレーススタイルは 「ある程度前めで競馬をしたほうがいいと思うけど、位置取りに関しては柔軟に対応できる。前々でも折り合いがつくので、中団の前あたりからの競馬になるんじゃないかな」 --京都の今の馬場コンディションについては 「跳びが大きくてきれいなので、馬場がいいのは向いている。当日までの天気予報も今のところいいみたいだからね」 --もう1頭、2走前の京都記念(2着)でキズナに先着したスズカデヴィアスも出走させる 「前走(阪神大賞典8着)は、マイルの競馬をしてしまった。今回も自分の競馬をするだけだけど、もう少しペースを考えて乗ってほしいね」 --10年前に13番人気のスズカマンボで優勝している。春の盾にはどんな思いがあるか 「この世界で育ってきた者(父は元騎手、調教師の橋田俊三氏)にとっては、歴史のある天皇賞には、ことのほか思い入れがある。以前は賞金がなかった(天皇賞前身の帝室御賞典時代)こともあり、最も名誉のあるレースという思いが強いね。とにかく、出走しないと勝てないわけで、満足のいく状態で出走させることができるのは何よりだ」(夕刊フジ)★天皇賞・春の枠順はこちら
2015年4月30日(木) 11:46

 850

【天皇賞・春】タマモベストプレイ終い12秒5
 タマモベストプレイは栗東坂路で単走。しっかりした脚取りで、しまい重点にラスト1F12秒5と伸びた。 ◆南井調教師「思っていたよりも時計は速くなったけど、ハロー明けだったからだろう。具合は良さそうだ。先週、併せ馬でしっかり追っているし、順調。京都の外回りもいいが、メンバーがそろっているからね」(夕刊フジ)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月30日(木) 11:46

 410

【天皇賞・春】スズカデヴィアス軽快12秒6
 2頭出し橋田厩舎のスズカデヴィアスは、栗東坂路で軽快なフットワークを披露。13秒8-13秒6-12秒7の快ラップで外ラチ沿いをスムーズに駆け上がり、ラスト1Fも馬なりのまま12秒6でフィニッシュした。オーバーペースがたたり8着と失速した阪神大賞典のあとは少し疲れが出たようだが、先週の4F51秒4に続き、この動きならデキは良さそうだ。 「先週、しっかりやっているので、そんなにやるつもりはなかったが、誰が見てもいい動きだったんじゃないかな。前走後は疲れが出たけど、今はすっかり回復している。今回も自分の競馬をするだけだ」と橋田調教師。展開のカギを握るだけに、出方が大いに注目される。(夕刊フジ)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月30日(木) 11:45

 530

【天皇賞・春】ゴールドじっくり1時間運動
 過去2年惨敗のゴールドシップは、栗東の厩舎周辺で1時間ほど運動。「昨日は馬場が悪いなか、あれだけの時計を出してくれた。ノリちゃん(横山典騎手)も『体調は問題ない』と言ってくれた。ここ2年力を出し切れていないが、今年は例年に比べ、それほど高速な馬場じゃないからね」と須貝調教師。“3度目の正直”に賭ける。(夕刊フジ)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月30日(木) 11:44

 402

天皇賞(春)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(春)過去10年の結果

2014年5月4日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 フェノーメノ 蛯名正義 3:15.1 11.5倍 105.6
2着 ウインバリアシオン 武幸四郎 クビ 6.5倍 105.6
3着 ホッコーブレーヴ 田辺裕信 ハナ 101.5倍⑫ 105.6
2013年4月28日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 フェノーメノ 蛯名正義 3:14.2 6.2倍 106.8
2着 トーセンラー 武豊 1 1/4 13.6倍 106.1
3着 レッドカドー G.モッセ 29.4倍 105.0
2012年4月29日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(春)ステップレース

2015年4月5日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:不良
1着 3 ラキシス C.ルメール 2:02.9 12.0倍 102.8
2着 7 キズナ 武豊 1.4倍 101.0
3着 4 エアソミュール M.デムーロ 15.0倍 98.1
4着 12 スピルバーグ 北村宏司 1/2 7.4倍 97.5
5着 9 ロゴタイプ 福永祐一 1 1/2 9.7倍 96.3
日経賞   G2 
2015年3月28日() 中山競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 6 アドマイヤデウス 岩田康誠 2:30.2 5.4倍 103.9
2着 3 ウインバリアシオン 福永祐一 1 3/4 7.3倍 102.5
3着 4 ホッコーブレーヴ 田辺裕信 アタマ 14.8倍 102.5
4着 10 サウンズオブアース M.デムーロ アタマ 3.5倍 102.5
5着 1 フラガラッハ 横山典弘 1 1/4 21.9倍 101.6
2015年3月22日() 阪神競馬場/芝3000m
天候: 馬場:
1着 8 ゴールドシップ 岩田康誠 3:05.9 1.6倍 106.3
2着 2 デニムアンドルビー 浜中俊 1 1/4 18.6倍 105.5
3着 1 ラストインパクト 菱田裕二 4.9倍 103.6
4着 6 カレンミロティック M.デムーロ 1 1/2 17.9倍 102.8
5着 9 フーラブライド 酒井学 1 3/4 48.8倍 101.7

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(春)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る