有馬記念2015

2015年12月27日(

有馬記念 G1

中山競馬場/芝/2500m

最新出走予定馬情報 〜有馬記念2015〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)有馬記念が27日、中山競馬場で行われ、ラストランで8着に敗れたゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6)が、最終レース終了後に引退式を行った。最後のレースを含めて12戦でコンビを組んだ内田博幸騎手(45)は涙を浮かべて感謝の言葉を贈った。勝っても負けてもターフを沸かせた芦毛の怪物は、ファンに別れを告げ、種牡馬として第二の馬生を歩み出す。

 一瞬、夢をみた。向こう正面の残り1000メートル地点、最後方に構えていたゴールドシップが動いた。行けぇ!! まくれぇ!! 12万超の大歓声が追い風になったように、楽な手応えのまま3コーナーで3番手まで進出。だが、そこが最大の見せ場だった。8着での終戦。ラストランで2年ぶりに手綱を託された内田騎手は、悔しさをにじませながら相棒をたたえた。

 「やったかな、と思ったんだけどね。俺が乗ったときはあの形だったから。楽に上がっていけたけどね。最後の大役だから何とかしたかったんだけど、現実は厳しい。でも、がんばってますよ」

 最終レースが終了してから約1時間後。「まつり」を熱唱した北島三郎が“前座”を務め、内田、岩田、横山典とコンビを組んだ3人の騎手がそろう豪華なセレモニー。2年連続ファン投票1位、ラストランも1番人気とファンの多い馬らしく約4万人のファンが残り、GI6勝の芦毛の暴れん坊との別れを惜しんだ。

 3コーナーからまくって沸かせたラストラン同様に、引退式でもゴールドシップらしさは全開だった。誘導馬に反応していななき、内田騎手の涙のインタビューをかき消した。記念撮影もごねにごねて列に加わらず5分間待たせた。最後まで気ままに振る舞い、号泣しながら手綱を引いていた今浪厩務員も、最後は笑みを浮かべていた。

 来春から種牡馬として北海道新冠町のビッグレッドファームでけい養され、約10億円(1400万円×70株)のシンジケートが組まれている。種付け料は未定も、今年2月に急死した父ステイゴールドの後継馬としての期待は高い。

 須貝調教師は「またこういう愛される馬を作れるように努力したい。第二の馬生でいい子を出してほしいね」と感謝を込めて送り出した。産駒は早ければ19年夏にデビュー予定。奇想天外なゴールドシップは、これからも気の向くままに帆を張る。(川端亮平)

【有馬記念】吉田隼だ!アクターだ!4連勝で初GI 12月28日(月) 05:05

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)吉田隼人騎乗の8番人気、ゴールドアクターが好位から直線で抜け出してGI初制覇。タイム2分33秒0(良)。4連勝での戴冠となった。今後は天皇賞・春(5月1日、京都、GI、芝3200メートル)を目標にする。クビ差の2着はサウンズオブアース。1番人気でラストランのゴールドシップは見せ場を作ったが8着に敗れた。

 12万7000人の熱い視線が注がれるゴール前で、ジョッキーは大歓声に負けぬ大声で愛馬を励ました。外から追いすがるライバルをクビ差で抑えたのは苦労人ジョッキーの執念か。第60回のメモリアル有馬記念というひのき舞台は、ゴールドアクターと吉田隼騎手のコンビ愛にあふれていた。

 「歓声は聞こえていましたが、僕もガムシャラに大声を出して追いました。ゴールした瞬間は気持ちよかった。勝ったんだなって」

 8歳違いの兄・豊の後を追って騎手になって12年目。初めてつかんだGIのタイトルにジョッキーは左手を突き上げて観衆に応えた。「GIジョッキーになりたくてこの業界に入った。くじけずにやってきてよかった」と、夢にまで見たGI勝利をかみしめるように喜んだ。

 好スタートを決めるとダッシュを効かせて先行態勢。最初のコーナーで外からキタサンブラックがくると、今度は逆に抑えて前に壁を作った。

 「自分だからこそスタートして出して行けた。他の騎手だったら、あの馬のテンションを考えて控えたかも。でも僕は抑える自信がありました」

 昨夏の500万下からずっとコンビを組み、アクターを知り尽くしているからこその騎乗ぶり。道中は好位の3番手からゴールドシップが外から仕掛けても焦らず。直線で満を持して追い出すと、アクターもジョッキーの気持ちにこたえて最後の競り合いを制した。

 11月29日の東京競馬で他馬に蹴られて右膝蓋骨を骨折。痛み止めをしてでも今回の騎乗にこだわった。「乗り替わる可能性もあったけど、この馬に一番うまく乗れるのは僕だから『有馬記念までに体を動かせるようになります』とお願いしました。この馬に乗って足が曲がらなくなってもいいと思った」と、まさに執念の騎乗で結果を出してみせた。

 「ゴール前では、久々に声が出ました。本当にうれしかった。馬に感謝です。3歳の頃はまだ弱いところがあったけど、4歳になって力をつけて、良くなっているとは思っていたけど、ここまでとは」

 こちらもGI初勝利。中川調教師もはにかんだような笑みを見せた。今後は天皇賞・春を目標にしていく予定だ。

 人気面では脇役の存在から頂点を極めたゴールドアクターと吉田隼騎手。このコンビが来年の競馬界の主役を務めていく。 (柴田章利)

★27日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】90歳の居城オーナー、悲願達成 12月28日(月) 05:04

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)オーナーブリーダーである居城要さん(90)=居城飼料店会長=は、自宅でテレビ観戦。表彰台に上ったのは長男で社長の寿与(ひさよ)さん(51)だった。

 要さんにとってはオーナーになって50余年、初めてのGI制覇となった。「掲示板に載るかもしれないと期待はあったが、まさか…」と寿与さんが驚く勝利で、肩をすぼめ冗談めかして「親父が救急車で運ばれないか、そっちが心配」と笑った。

 北勝ファームは、預託を含め繁殖牝馬は12頭。スタッフも僅か2人の零細牧場。中央所属になる生産馬は皆無に等しく、アクターも当初は引き取り手がなかったそうだ。

 田谷利夫場長(68)は「幼駒の時から驚くほどあか抜けていて。必ず走ると…」と振り返るが、「母親が障害オープンまで行った馬だから、アクターも障害馬で大成してくれるだろうぐらいは」という期待だった。だから競馬は面白い。当歳の全妹はがぜん注目を集めるが、16歳になる母ヘイロンシンは来春、再びスクリーンヒーローと交配する。 (水戸正晴)

◆2015年のJRAのCMに出演し、有馬記念の表彰式のプレゼンターを務めた女優の有村架純「初めて中山競馬場に来させてもらいましたが、ファンのみなさんの多さと、歓声の大きさにすごく迫力を感じました。オールスターが集まった有馬記念は熱気がすごく、気合が入るレースなんだと、見ていてすごく感じました」

★27日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】キタサン3着もサブちゃん歌った! 12月28日(月) 05:03

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)中山競馬の最終レース終了後にウイナーズサークルで行われた有馬記念のレース回顧イベントに、演歌の大御所、北島三郎(79)が“サプライズ”出演。「サブちゃ〜ん」と歓声が飛び交う中、「応援してくれるファンのみなさんのために歌います」と高らかに宣言した。菊花賞の表彰式でも歌った名曲『まつり』を、今回はカラオケのフルコーラスで熱唱。曲のラストを「これが有馬のまつりだよ〜」と締めくくった。所有馬のキタサンブラックは逃げて3着。「よくがんばってくれた。来年は大いに期待できる。何べんも(まつりを)歌わないといけないかな」と愛馬の好走に上機嫌だった。

★ノリ「最高の競馬」

 キタサンブラックは3着と菊花賞馬の意地を見せた。果敢に先手を奪いレースを引っ張り、直線でも粘りを見せたが、残り100メートル付近でゴールドアクターサウンズオブアースにかわされた。

 初騎乗の横山典騎手は「何も言うことはない。最高の競馬ができたよ」と納得の表情。清水久調教師は「行くだろうと思った馬が行かなかったのでね。レースは騎手に任せました。古馬相手に力を見せてくれましたね。今後は馬の状態を見て、オーナーと相談して決めたい」と話した。

★27日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】サウンズオブアース惜しいクビ差2着12月28日(月) 05:03

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)5番人気のサウンズオブアースは2着。クビ差で金星を逃した。道中は中団よりやや前を追走。直線ではゴールドアクターの外からしぶとく脚を伸ばしたが、わずかに及ばなかった。

 M・デムーロ騎手は「すごく感触はよかったし、スタートもよかった。4コーナーで少し(前が)狭くなったけれど、最後もよく伸びていた」と悔しさをにじませた。このまま宮城・山元トレセンに放牧に出て、来春は天皇賞・春を目標にローテーションが組まれる。

★27日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有馬記念】距離長く…ラブリーデイ5着12月28日(月) 05:03

 第60回有馬記念(27日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億5000万円=出走16頭)2番人気のラブリーデイは5着。好スタートから道中は6番手のインを追走したものの、直線では伸びきれなかった。

 「スムーズな競馬ができましたが、2500メートルは長いのかなと思います。4コーナーで少しついて行けないところがありましたが、最後までよく頑張ってくれました」と川田騎手。「ロス無く回れたけど、少し長いのかな。ジワジワと伸びてきてはいるんだけどね」と距離に敗因を求めた池江調教師。「ベストの2000メートル前後で、ワールドワイドにレースを考えていきたい」と来年の見通しを語った。

★27日中山10R「有馬記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

 菊花賞3着以来となるリアファルは栗東坂路で抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』を獲得した。ランウェイワルツ(OP)と併せ、残り1ハロンでゴーサインが出ると、力強いかき込みで引き離して2馬身半先着。4ハロン51秒6−12秒7の時計も優秀だ。

 音無調教師は「『しまいをビシッと』という指示。リフレッシュできているし、菊花賞の後に使わなかったことがいい方に出ると思う。2カ月ぶりになるのを心配していたが、きょうの動きなら大丈夫」と笑顔。

 菊花賞は先行したリアファルにはきつい展開だったが、小差3着。トレーナーは「(菊花賞のように)どんな流れになるか分からないので乗り方は指示しない」とルメール騎手にあとを託す。

★3歳馬と有馬記念

 3歳馬リアファルはGIの経験は1戦(菊花賞3着)のみで、勝っていない。過去、有馬記念を制した3歳馬17頭のうち、GIか、1984年のグレード制導入前のGI級レースの優勝歴がなかったのは75年イシノアラシ、83年リードホーユー、88年オグリキャップ、97年シルクジャスティスと4頭いる。

【有馬記念】ゴールドアクター躍動!波乱の主役だ 12月24日(木) 05:07

 アルゼンチン共和国杯を勝ってさらに調子を上げている。ゴールドアクターはWコースでジェイケイニュース(500万下)を相手に6ハロン84秒7、3ハロン39秒1−12秒3をマークして1馬身半先着。ゴール後も力強いフットワークでしっかりと脚を伸ばし、大一番に向けて万全の態勢を整えた。

 2009年のミヤビランベリ11着以来、2度目の有馬参戦となる吉田隼騎手は、「反応を見る程度だったが、いいハミ掛かりで動きもよかった。立ち回りが上手で、北海道(札幌、函館)の小回りコースも上手に走れていたので中山コースも問題ない。自分が中途半端なことをしないように乗りたい」と金星を狙う。

[もっと見る]

【有馬記念】ヒットザターゲット、陣営満足12秒7 12月24日(木) 05:06

 ヒットザターゲットは坂路で4ハロン53秒0−12秒7。ゴールまで力強いフットワークで駆け抜けた。「最後はソラを使う(集中力を欠く)感じでフワッとしましたが、辛抱して走ってくれました。悔いのない状態ですよ」と清生助手は大一番に向けて胸を張った。馬群のなかで脚をためる形で進めていけるなら、ラストの脚は侮れない。

[もっと見る]

【有馬記念】オーシャンブルー、ソフトに12秒7 12月24日(木) 05:06

 オーシャンブルーはレース間隔が詰まっていることもあり、CWコースでソフトな仕上げ。馬なりで、4ハロン55秒6、ラスト1ハロン12秒7のタイムを記録した。池江調教師は「年齢、調子と3年前(2着)ほどではないですけど、そのときを思い出して激走してほしいですね」と期待をこめた。

[もっと見る]

【有馬記念】ワンアンドオンリー、デキよし12秒9 12月24日(木) 05:06

 ワンアンドオンリーは坂路で4ハロン55秒2−12秒9。タイムは平凡だったが、16日の1週前に坂路4ハロン51秒7と強い負荷をかけており、態勢はきっちり整っている。

 「先週、速い時計を出しているし、いい体調で出走できるのが何より。中間は運動量を増やして、調整をしっかりとやれているので」と橋口弘調教師はデキの良さに太鼓判を押した。前走のジャパンCが復調ムードを漂わせる0秒3秒差の7着。前走時をしのぐ気配だけに、ダービー馬の復活が期待できそうだ。

[もっと見る]

【有馬記念】アドマイヤデウス、予定通り12秒2 12月24日(木) 05:06

 アドマイヤデウスは1週前(16日)に、実質の最終追い(CW6ハロン80秒5)を済ませており、この日は坂路で感触を確かめる程度。しまいを強調する形でラスト1ハロン12秒2をマークした。橋田調教師は「時計として予定通り。この中間は理想的な形で調整を進めることができました。スムーズな競馬なら、もう少しやれる力があると思います」と語った。

[もっと見る]

⇒もっと見る

有馬記念2015/人気
「5勝8連対と1番人気が絶対の信頼感」
1番人気は2007年のメイショウサムソン以外すべて馬券に絡んでおり、その信頼感は相当に高い。人気でも逆らうのは危険だろう。データ的には穴馬が頻出しており、6番人気〜10番人気が9頭、11番人気〜も3度馬券に絡んでおり、荒れる有馬記念のイメージは健在だ。
人気 着度数
1番人気 5-3-1-1/10
2番人気 2-0-2-6/10
3番人気 0-0-1-9/10
4番人気 2-1-0-7/10
5番人気 0-1-0-9/10
6〜10番人気 1-4-4-40/49
11番人気〜 0-1-2-48/51
有馬記念2015/脚質
「流れに乗れる先行、差し馬の争い」
逃げ馬は目標にされる為、勝ちきるのは難しく、逃げ切ったのは歴史的名牝ダイワスカーレットのみとなっている。先行、差し馬で概ね決着することが多く、そこに大きな差は見られない。逃げ、追い込みから勝ち馬がまったく出てないことから極端な脚質は割引と言えるだろう。
脚質 着度数
逃げ 1-0-0-10/11
先行 4-3-4-29/40
差し 4-5-3-42/54
追込 0-1-2-38/41
有馬記念2015/枠順
「勝ち星は劣るが馬券内率で内枠が圧倒」
1枠〜4枠が5勝、5枠〜8枠が5勝と勝ち数では並ぶものの3着内で見ていくと5勝14連対3着4回と内枠の成績が断然良く、予想組立の際は内枠重視で間違いないところ。
枠番 着度数
1枠 1-2-0-14/17
2枠 2-1-1-13/17
3枠 2-3-1-12/18
4枠 0-3-2-15/20
5枠 2-0-2-14/18
6枠 1-0-1-18/20
7枠 1-0-3-16/20
8枠 1-1-0-18/20
有馬記念2015/前走レース
「王道の天皇賞秋、ジャパンカップ、菊花賞組!」
師走の大一番だけに前走レースもGIでないと厳しい状況。天皇賞秋3勝、ジャパンカップ4勝、菊花賞2勝と国内ローテからの勝ち馬はこの3レースからの出走馬に限られていて、予想の組立てにはこの3レースを徹底的に検証したい。凱旋門賞からの参戦馬ではオルフェーヴルが優勝している。
レース名 着度数
ジャパンカップ 4-3-5-54/66
天皇賞秋 3-0-1-6/10
菊花賞 2-2-0-5/9
凱旋門賞 1-0-1-1/3
エリザベス女王杯 0-2-0-7/9
金鯱賞 0-2-0-8/10

※対象データ(有馬記念過去10年)

閲覧 429ビュー

凄馬プロジェクトチーム

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

12月26(土)に行われました阪神11Rの「阪神カップGII」です。



1着:総合ポイント【5位】△ロサギガンティア(8.2倍)
2着:総合ポイント【9位】△ダンスディレクター(12.9倍)
3着:総合ポイント【1位】○ビッグアーサー(2.7倍)

第3グループ・総合ポイント5位の△ロサギガンティアが1着、第4グループ・総合ポイント9位の△ダンスディレクターが2着、第1グループ・総合ポイント1位の○ビッグアーサーが3着という結果でした。

期待した◎ウリウリは一息入った影響かいつもの伸び脚は見られませんでした。○ビッグアーサーとの2頭軸決め打ちでしたので完敗です(+_+)

【3連単2頭軸マルチ】
1

5

2,4,6,7,11,13,14,15

計48点 払い戻し0円

続いて12月27日(日)に行われました中山10Rの「有馬記念GI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【6位】○ゴールドアクター(17.0倍)
2着:総合ポイント【5位】△サウンズオブアース(9.9倍)
3着:総合ポイント【10位】△キタサンブラック(8.4倍)

第3グループ・総合ポイント6位の○ゴールドアクターが1着、第2グループ・総合ポイント5位の△サウンズオブアースが2着、第4グループ・総合ポイント10位の△キタサンブラックが3着という結果でした。

馬券は○△で何とか馬連的中。最後で一気に回収とはいきませんでしたが、とにかく的中という形で締め括れてよかったと思っています。

【馬連フォーメーション】
◎○=◎○▲☆+2,3,6,9,11,12,13,15,16
5,7=2,3,4,5,6,7,8,9,11,12,13,15,16(23点)

【3複フォーメーション】
◎○=◎○▲☆=◎○▲☆+2,9,12,15,16
5,7=4,5,7,8=2,4,5,7,8,9,12,15,16(29点)

計52点 6,840円

12月27日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第150回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜有馬記念 GI
閲覧 753ビュー

凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は中山10R「有馬記念 GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ゴールドシップから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリアファルラストインパクトまで3頭。
第2グループ(黄)は、ラブリーデイから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサウンズオブアースまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ゴールドアクターから同差内のアドマイヤデウスまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位勢には最大でも1.0ポイント差と比較的僅差の配置。そしてその上位勢は、ラブリーデイを除く6頭が調教評価で加点となった馬たちである点もポイントでしょうか。

まずは、何はともあれゴールドシップ。長かったこの馬との戦いもこれで最後ですか。。。いつも書いていることですが、とにかく馬券的には人気者ゆえ扱いが難しい存在でしたが、それでもこれで見納めとなるとちょっと寂しいものが......。
とはいえ、今回もそこは非情に(笑)、安定のヒモ評価△ゴールドシップでいきます。そろそろ相手として買ってもオッズ妙味が出てきそうなところだけは今回助かります。馬券的には、ゴルシが捲り届くロングスパート戦であれば波乱含みとなる上に、ゴルシ絡みでも「あら、こんなにつくの?!」という決着を待つというスタンスで考えます。
本命◎はアドマイヤデウス。前走G1で外枠からの好枠といい、同年中山古馬G脅太咾箸いぁ冬場実績といい、罠に思えてくるくらい穴の気配プンプンなこの馬に初志貫徹で賭けてみたいと思います。
○にゴールドアクター。調教加点に先ほど触れましたが、正直7点の中で個人的に最も良く見えたのがこの馬。これが1週前超抜時計を経てのものだけに状態は万全といった印象。
▲にラブリーデイ。個人的に、距離云々や使い詰め懸念については近年のスロー傾向や元来叩いて叩いて上昇するタイプであるという点からさほど心配していないのですが、気になるのは△ゴールドシップが来るような流れになった時の消耗戦への適性。△ゴールドシップの動き出しとその後のレースラップ、これに尽きると見ています。
☆にワンアンドオンリー。こちらもあくまで個人的な評価ですが、ゴールドアクターと並んで最終追いトップタイ評価の1頭。凄馬出馬表評価では第4G評価の1頭ですが、そもそもが混戦の見立てですのでチャンスは十分と考えています。
以下は△サウンズオブアース、△リアファル、△マリアライト、△ヒットザターゲット、……等々、挙げればキリがないメンバー構成ですので、基本的に印は全馬に回したいと思っています。
そして、今回の私の馬券は今のところ◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは馬連と3連複で勝負とします。


【馬連フォーメーション】
◎○=◎○▲☆+2,3,6,9,11,12,13,15,16
5,7=2,3,4,5,6,7,8,9,11,12,13,15,16(23点)

【3複フォーメーション】
◎○=◎○▲☆=◎○▲☆+2,9,12,15,16
5,7=4,5,7,8=2,4,5,7,8,9,12,15,16(29点)

計52点


今年最後ですから良い形で締め括りたいですね。
皆さんの手に的中馬券がありますように☆☆そして私の手にも...(。-人-)オネガイ
一年間当コラムを応援して頂き有難うございました。

[もっと見る]

12月27日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/有馬記念 GI(河内プロ
閲覧 946ビュー

競馬プロ予想MAX

2015年の中央競馬の総決算・有馬記念のスタートが目前に迫ってきました。本日、この暮れの大一番の行方を占ってくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家きっての安打製造機・河内一秀さんです。的中率日本一とも噂される予想ソフト『カツラギ』を生み出した頭脳は、どんな結論を導いたのでしょうか?

本命はリアファル。「菊花賞の指数は特筆するほどではないが、非常に強い内容の競馬だった。今回楽にハナを切れるメンバー構成なので、主導権を握って自力勝負に持ち込めば逃げ切れる」と力を込めます。
対抗は「近2走の指数が非常に高く、すでにG汽譽戰襪肪している」ゴールドアクター。単穴は「状態の維持がポイントになるが、適性の高さを生かせれば再度の上位進出もある」ラブリーデイ。以下、サウンズオブアースラストインパクトまで押さえます。
馬券は単勝、馬連流し→きЛで勝負です。本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

12月27日() 09:30 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜第61回 東京大賞典〜 
閲覧 551ビュー

☆まんでがん

有馬記念より歴史のある東京大賞典
大井競馬は常に日本競馬会をリードしてきた。

写真判定、枠別の帽色、スターティングゲート、パトロールフィルム・・・
トゥインクルレースだってそう!

中央のバリバリのエリートを倒す! 
ハイセイコーにそんな夢を重ねた人は多かった。(ちと 古いか)

ここ数日で 運気がうなぎ上りである。
有馬は外したが。。。

その夜 高知で 大万馬券を
http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.phpuser_id=f5f90cd996&race_id=2015122731140105

28日 競輪ガールズGPでは 本命 小林莉子が繰り上がり 3複 GET

そして今日 楽天口座を確認すれば ナンバーズ4 が的中して入金があった!笑
(BOXだけどね)

そんなこんなで 乗ってる!と自らを 更に乗せて第61回 東京大賞典に臨むのである。

前売り単勝では3強の様相
ホッコータルマエ
コパノリッキー
サウンドトゥルー
当たり前の売れ方だろう。
これに地方の雄 ハッピースプリント

前走負けた タルマエとリッキー 
ハイペースに巻き込まれたことが敗因として巻き返す!が周知の認識だろうが
果たしてそうだろうか

第15回 JBCクラシックのハロンタイム

12.6-11.7-12.5-13.2-12.7-12.4-12.3-12.1-11.8-13.1
上がり3F37.0

強調すべくは
4Hで溜めをつくり 加速して後続にスタミナ消化させるエンジン機能であり 鞍上の技術でもあると評したコパノリッキー

でも 7着に沈むのが競馬であろう。

数字は重要ではあるが
競争にはそれだけではない <魔物> が住むもの


大賞典は大井のレース

エリートJRA馬を  <まとめて負かす 脚力> を持つ馬がいる。

長年の夢を ナンバーズ配当全額に乗せて買いたい。

[もっと見る]

12月26日() 18:49 ☆まんでがん
☆まんでがんの【人生競馬】 〜第60回 有馬記念(グランプリ
閲覧 937ビュー

☆まんでがん

23日天皇誕生日に大井の指定席をキープして
久しぶりの現地勝負を決行した。
ビールも口にせず 馬券に集中した。
コンスタントに的中して
最終レースに 狙いすました画竜点睛でGET
大勝してから 小生の予想も上昇ムードとなった。

初心を思い出した
いらぬ情報で本来のスタイルを忘れていたことを痛感した。

小生は
ご存じの方も多いが
無類の博打好き
地方競馬はもちろん競輪 競艇も手を出す博徒である。

有馬が最後ではない。
28日 競輪ガールズグランプリ
29日 競輪ヤンググランプリ
    東京大賞典
30日 競輪グランプリ
31日 オート王座決定戦

だが、有馬はやはり取りたい。
今年は小粒の印象
ゴールドシップの人気は日本人の心意気
確かにJCは叩き台としても考えていい。
が、そういう馬ではなく
すべてが気分次第
そのキャラが人気なのだが。。。
猫も杓子もキャバ嬢たちも そして清水までも
ゴールドシップ。。。

穴党からすれば もっと人気なれーって

G1 6勝は大記録であり
種馬としての仕事があろう。

見せ場は 「まくり」 であり無理はしないと考える。

展開は韋駄天がおらず
リアファルが先行して
(もしかすれば ダービー馬 ワンアンドオンリーの逃げも)
三分三厘からシップがスパートする。
位置取り 仕掛けどころはもちろんだが

<底力> <スタミナ>が大きなファクター

と考えた。
そして坂越えの瞬発力が明暗を分ける。

データーはただの統計
歴史は変わりゆくもの。

博徒☆まんでがんの◎は決まった。

[もっと見る]

12月25日(金) 02:33 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第336話有馬記念(謎解き編)
閲覧 2,033ビュー

本命ドリパス

第336話 「有馬記念」

体調を崩してしまいましたが有馬記念なのでなんとかUPしました。
遅くなってすいません。

10年 36.5-45.7-35.8-34.6 =2.32.6 ▼3▼6△7 瞬発戦
11年 37.2-47.9-36.9-34.0 =2.36.0 ▼5▼1±0 瞬発戦
12年 35.9-43.5-36.5-36.0 =2.31.9 ±0▼2△1 平坦戦
13年 36.1-43.4-36.1-36.7 =2.32.3 △3▼8△5 瞬発戦
14年 37.4-45.6-37.7-34.6 =2.35.3 ▼9▼3△7 瞬発戦

競馬ブームの90年代前半はオグリのラストラン、マックイーンをダイユウサクが差し切りメジローパーマーの大逃げ、トウカイテイオーの奇跡の復活など毎年驚きの連続でした。
その後ロベルト系の躍進からサンデー全盛に突入し11年連続サンデー系の馬が連勝中で昨年ようやくディープ産駒のジェンティルドンナが勝利しました。
馬場傾向が改良されてきて瞬発力が問われやすいレース傾向になってきたということでしょう。
特に昨年の場合は第3ブロックが緩かったせいでいわゆる脚を溜めての瞬発力勝負というレース内容となりました。
有馬記念が行われる中山芝2500mコースはトリッキーなコースで展開次第でどうにでもなるというのが一つのポイント。
今年のメンバーでどういう流れになりそうかというのは重要でしょう。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ヴィクトワールピサ 【瞬4平3消0】
オルフェーヴル   【瞬5平3消0】
ゴールドシップ   【瞬5平3消0】
オルフェーヴル   【瞬7平6消0】
ジェンティルドンナ 【瞬6平5消0】
【2着馬】
ブエナビスタ    【瞬7平5消0】
エイシンフラッシュ 【瞬5平1消0】
オーシャンブルー  【瞬5平2消0】
ウインバリアシオン 【瞬4平3消0】
トゥザワールド   【瞬3平4消0】

1着馬に関してはそれまでほぼ同じラップギア実績を残してきた馬ばかり。
そして全て3歳クラシックでG気鮠,辰討い詛呂个り、いわゆるスターホースです。
2着馬も同様の傾向がありますがG気2着でも可となっていて若干ハードルが低くなっています。
今年のメンバーでは(3歳クラシックは勝利していませんが)やはりラブリーデイ【瞬8平4消0】が最有力候補といえそうです。

今年の展開の鍵はおそらくルメールJ騎乗のリアファルでしょう。
共に先行しそうな馬はキタサンブラックゴールドアクターなどいますがどの馬も斬れのある馬ではないと思います。
ルメールJもおそらく道中はスローでラストはじわじわ脚を使っていく平坦っぽい流れにするはず。
10年や11年の様な展開が予想されます。
ここでもう一つポイントになるのはゴールドシップ
残り800m〜1000mぐらいからロングスパートを敢行するはず。
前半スローでもこれで前の馬はかなり苦しくなるはず。
内で脚を溜めて一瞬の斬れを発揮する馬…ラブリーデイか…。
スタミナが不安でしたが前半スローになってこの枠順ならこの馬が有利になるはず。

「本命ドリパスの3連単1点予想(金曜時点)」
ラブリーデイサウンズオブアースワンアンドオンリー
サウンズオブアースはネオユニ産駒で中山でパフォーマンスUPが予想されワンアンドオンリーは前走で復調の気配。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

12月22日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年12月22日号
閲覧 4,025ビュー

伊吹雅也

▼2015年12月27日(日) 中山10R 有馬記念
【同年、かつJRA、かつ2000〜2200m、かつ牝馬限定競走を除くG気G兇砲いて3着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-5-4-27](複勝率34.1%)
●なし [0-0-1-34](複勝率2.9%)
→年明け以降に今回よりもやや短い距離のG気G兇嚢チしてきた馬が中心。特別登録を行った馬のうち、2015年、かつJRA、かつ2000〜2200m、かつ牝馬限定競走を除くG気G兇砲いて3着以内となった経験があるのは、キタサンブラックサトノノブレスショウナンパンドラダービーフィズヒットザターゲットラブリーデイの6頭だけです。

▼2015年12月26日(土) 中山09R クリスマスローズステークス
【前走の着順別成績(2011年以降)】
●4着以内 [4-4-2-13](複勝率43.5%)
●5着以下 [0-0-2-30](複勝率6.3%)
→2010年以前を含めても、基本的に前走好走馬が強い一戦。直近のレース内容を素直に評価するべきでしょう。

▼2015年12月26日(土) 中山10R 中山大障害
【前走が障害競走だった馬の、前走の着順別成績(2010年以降)】
●3着以内 [4-4-4-10](複勝率54.5%)
●4着以下、競走中止 [1-0-1-31](複勝率6.1%)
→こちらも前走好走馬が強いレース。また、同年3月以降、かつJRA、かつオープンクラスのレースにおいて優勝経験がない馬は2010年以降[0-1-0-37](複勝率2.6%)と安定感を欠いています。

▼2015年12月26日(土) 中山11R 師走ステークス
【同年、かつJRA、かつダ1800mのレースにおける連対経験の有無別成績(2011年、2014年の師走ステークス、2012〜2013年のフェアウェルステークス)】
●あり [4-4-4-15](複勝率44.4%)
●なし [0-0-0-34](複勝率0.0%)
→年明け以降の戦績がポイント。ダ1800m以外のレースでしか連対経験のない馬は苦戦していました。

▼2015年12月26日(土) 阪神11R 阪神カップ
【JRA、かつ芝1400mの重賞における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-4-2-30](複勝率26.8%)
●なし [0-1-3-44](複勝率8.3%)
→距離適性の高さを問われるレース。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝1400mの重賞において連対経験があるのは、アクティブミノルウリウリクラレントサンライズメジャーダイワマッジョーレの5頭だけです。

▼2015年12月27日(日) 中山09R ホープフルステークス
【同年10月以降、かつJRA、かつ芝1800m以上のレースにおける連対経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [7-6-5-48](複勝率27.3%)
●なし [0-1-2-28](複勝率9.7%)
→こちらも距離適性を重視したい一戦。ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの名称で施行されていた2013年以前を含め、同年10月以降に芝1800m以上のレースで連対経験のなかった馬は勝ち切れていません。

▼2015年12月27日(日) 阪神12R 2015ファイナルステークス
【同年、かつJRA、かつダ1600m以上のレースにおいて5着以内となった経験の有無別成績(2014年)】
●あり [1-1-1-0](複勝率100.0%)
●なし [0-0-0-13](複勝率0.0%)
→今回と同じ施行条件だった昨年は、同年に東京ダ1600mのレースで5着以内となった経験のある3頭が上位を独占。今回よりもやや長い距離のレースが合っていそうな馬に注目すべきでしょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。今年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 203ビュー

【第66回G3東京新聞杯】

芦毛のディープ産駒の人気薄の方が来ましたね!!!!!!!!

1着◎スマートレイアー(5人気)
2着○エキストラエンド(6人気)

久しぶりの鋭すぎる予想でした!!

馬連4,690円、3連複76,830円も獲りました!!

ニュースサイト【ブッチNEWS】の連載記事を参照して下さい!
http://bucchinews.com/life/5593.html

※券種、買い目、金額、収支、回収率など全てを書いてます。

※リンクをクリックすると
『外部サイトへのリンクにご注意ください!ウマニティは責任を負いません…なんちゃら』
とウマニ運営が注意していますが、

ご安心下さい。

ごく普通の無料ニュースサイトです。
芸能、TV、スキャンダル、事件、映画、漫画…の記事。
杉作J太郎、ロマン優光の連載もあります。

-----------------------------------------------------------------------------

【第109回G2京都記念】

過去10年で【4・2・3・7】で、馬券圏内は56%と有馬記念組が強いレースです。

有馬記念出走馬は全部買いです!
ワンアンドオンリーも。

本命はトーセンレーヴ
京都外回りコースで圧倒的に強いディープインパクト産駒で
G1・6勝馬ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)の弟という超良血馬。
有馬記念は6着ですが、勝ち馬ゴールドアクターとはわずか0秒3差。

対抗はアドマイヤデウス
有馬記念はトーセンレーヴのハナ差7着。
京都は距離が長すぎた天皇賞春以外は、5戦して4回馬券圏内。
岩田ヤスナリのイン突きにまたまた期待です。

昨年の大躍進は中山金杯勝利から始まったラブリーディと同じ道を歩めるか?
重賞連勝中のヤマカツエース。

秋華賞でジャパンカップ優勝馬ショウナンパンドラに0秒3差。
有馬記念でラブリーデイ、ゴールドシップに先着して4着のマリアライトに
エリ女杯でクビ差3着の良血馬タッチングスピーチ。
福永のケガからの復帰戦でもあり要注意です。

昨年の当レースでダービー馬キズナに先着して2着に逃げ粘ったスズカデヴィアスはもう1丁に期待!

本格化した名牝レーヴドスカーの仔でレーヴディソールの弟レーヴミストラル。

京都記念は非根幹距離の2200mなので意外な非正統派の馬が来ます。
ショウナンバッハ、トウシンモンステラ、トラストワンもオサエで。

※逆に言えば、非根幹距離のレースなので、
マイル、2000、2400の根幹距離に強い正統派が取りこぼす心配はあるのですが…。
キズナ、ジェンテルドンナ、ジャスタウェイ、ウオッカ、アグネスフライトのように。

関東馬が来ないレースですが、過去に2着に来たジャガーメイルとダークシャドウは
両馬ともに堀厩舎なので、京都へ来てミルコを乗せる堀先生のサトノクラウンも少々。

サトノダイヤモンドで、いよいよ初G1、初クラシック制覇か!!
ノってる『セガサミーHD』の里見会長にようやくツキが回って来たのかもしれません。
ダノンとミッキー。会計ソフトの『オービック』夫妻に先を越されっ放しでしたから。

---------------------

◎3トーセンレーヴ
〇2アドマイヤデウス
▲1ヤマカツエース
注6タッチングススピーチ
爆14スズカデヴィアス
△10ワンアンドオンリー
△9レーヴミストラル
△5トウシンモンステラ

TERAMAGAZIさん 1月16日() 12:56
【日経新春杯】有馬記念優勝馬ゴールドアクターが勝っ 
閲覧 173ビュー

【日経新春杯】有馬記念優勝馬ゴールドアクターが勝ったアルゼンチン共和国組を狙う!!

【第63回日経新春杯G3】

基本データは4歳、5歳馬が強く現在6連勝中と若くてイキのイイ馬が強いレース。

4歳馬レーヴミストラル(阪神JF優勝馬レーヴディソール、桜花賞5着レーヴデトワールの弟)
良血馬らしく3連勝でG2青葉賞を勝ち、ダービー出走(9着)のクラシック路線を歩んだ馬で、
休み明けのG2アルゼンチン(AR)共和国杯では、次走で有馬記念を勝ったゴールドアクターの3着と好走と本格化。

4歳馬シュヴァルグラン(牝馬クラシック3冠全てジェンティルドンナの2着、Vマイル連覇のヴィルシーナの弟)はクラシックの出走は叶わなかったが、ここに来て500万→1000万→1600万(全て2400m)と3連勝中。

当レースはG2だが前走1600万勝ち馬は06年アドマイヤフジ1着、07年トウカイエリート2着、14年アドマイヤフライト1着などがいて十分通用する。本格化した今、クリストフ騎乗は怖い。

一昨年4歳で勝ったサトノノブレスは昨年は1番人気で11着惨敗しており、6歳になった今年はますます不利に見えるが、AR共和国杯4着、金鯱賞3着とまだまだ力は衰えておらず、ジョッキーは昨年6年ぶりに100勝を挙げてモチベーションの高いユタカさんなのでアタマは無理でも馬券圏内なら期待出来る。

アドマイヤライトも3年連続出走。一昨年5歳で2着、昨年は6歳で3着。
連戦してた過去2年と違い、7歳の今年は着外になってもおかしくないが、今年は4ヶ月半じっくり乗り込んでの参戦。仕上がりも良く、休み明けは【2・1・1・1】と走る体質。京都2400mは【2・2・1・0】でベスト条件。岩田ヤスナリ得意のイン突きがあるのでは。

プロモントーリオは16ヶ月の長期休み明けで1600万特別オルフェーブルCを楽勝しAR共和国杯7着。
2400mは4戦して2勝2着2回とベスト距離。6歳馬だが休みが長かったので消耗度は少なく、
叩き3戦目の走り頃にミルコを乗せて来たのは勝負がかりということ。

基本データとは真逆の高齢馬だが、天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念の王道G1完走のダービーフィズ

京都【4・2・2・2】のダコール

中山金杯除外で仕切り直しの4歳馬ベルーフ(同日中山開催の京成杯の昨年1着馬。この季節は良いのでは)もオサエで。

ちなみに、池江厩舎はサトノノブレスとベルーフの2頭出し。
社台の大手一口馬主クラブ「サンデーR」はレーヴミストラルとベルーフの2頭出しです。

---------------------

◎1レーヴミストラル
〇6プロモントーリオ
▲7シュヴァルグラン
注10サトノノブレス
爆8ダコール
△3アドマイヤフライト
△9ベルーフ
△5ダービーフィズ

[もっと見る]

TERAMAGAZIさん 1月9日() 13:42
年度代表馬がモーリスでいいのか!? 
閲覧 343ビュー

年度代表馬がモーリスでいいのか!?


しかも有効投票291票中モーリスが215票で、ラブリーデイはわずか55票。

一流馬は正月の金杯からは始動しないものです。

出走すればどうしても軽く見えてします。

しかしラブリーデイはそこからスタートして宝塚記念、天皇賞秋のG1以外にも、

中山金杯、京都記念、京都大賞典、鳴尾記念と重賞6勝しました。

G1・2勝とはいえ宝塚記念とジャパンカップの叩き台化した感の天皇賞秋しか勝っていない馬(ラブリーデイですね)は年度代表馬にはふさわしくない、とずっと書いてきましたが、いくらなんでもモーリスはないでしょう。


確かにG1は最多の3勝ですが、格上G1の『八大競走』(皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス、天皇賞春、天皇賞秋、有馬記念)はゼロで、安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイルと全てがマイル。

マイルをクラシックディスタンス(2400m)より下に見ているということはないのですが、

年度代表馬に選出された歴史的マイラーのタイキシャトル、ロードカナロアと比べたら格下過ぎます。


年間6戦6勝で無敗も評価されたようですが、内容は1000万→1600万→G3→G1→G1→G1
条件戦を2戦も含めて無敗と言われてもねえ…。

それなら秋全休とはいえ皐月賞、ダービーのクラシック2冠馬ドゥラメンテで良かったのでは。
実際、91年トウカイテイオー、92年ミホノブルボンはクラシック2冠だけで年度代表馬になっています。


条件付きで、年度代表馬候補は他にもいました。

ミッキークイーンがジャパンカップを勝てば、クラシック2冠と併せてG1・2勝で文句なし。
(年度代表馬になるために、エリ女杯でなくJCに出走したのでしょう)


ゴールドシップは引退レースの有馬記念を復活優勝していれば、天皇賞春と併せてG1・2勝。
競馬ファンのみならず投票者の感動も呼んで選出されていたでしょう。

最有力候補だったラブリーデイは一番印象が残るラストG1・2戦のジャパンカップ、有馬記念で失速してしまったのが惜しまれます。

勝てはしませんでしたが、ジャパンカップは3着で馬券圏内確保、有馬記念は5着で掲示板確保と最後まで一応の力は見せたので、モーリスよりはラブリーデイでしょう。

条件戦走って無敗(笑)のモーリスと違い、年間10戦6勝ですが負けたのは全てG1とG2
しかも掲示板を外したのは3000m超級で距離が長過ぎたG2阪神大賞典6着とG1天皇賞春8着だけです。

ディープインパクト、キンカメ、クロフネ、アパパネ、トゥザヴィクトリー、カネヒキリなど
一流G1馬オーナーの金子真人氏(金子真人HD)は天才的超人的に『馬運』のある方です。

『ラブリーデイで年度代表馬を何が何でも獲ってやる!』という暑苦しいタイプじゃないです。
(だからこそ名馬が集まるし、相馬眼もあるのでしょう)。

そこが、2億円の高額馬を何頭も購入するセガサミーHDの「サトノ」の里見会長との違い。

良い意味で力みを抜いた「ダノン」の野田氏はシャンティ、プラチナでG1戴冠。
「ミッキー」が冠の妻・野田みづき氏はミッキークイーンであっさり牝馬2冠を達成してます。

---------------------------------------------------------------------------------------

【第50回シンザン記念G3】

予想は今夜中にアップします。

ディープ産駒2頭と秋華賞馬ブラックエンブレムの仔アストラエンブレムが人気でしょうが、
トンデモナイ爆アナを見つけました!!

[もっと見る]

Hayaさん 12月31日(木) 07:00
≪〜術はある〜≫(2015.12.31.) 
閲覧 137ビュー

一年がたつのは、ほんとうにあっという間です。
新年の準備は進んでいますか?
今年も、もう終わりですね?

今年の中央競馬が終わり、我が懐の寒波が通り過ぎて逝きました。(>_

[もっと見る]

よかよかさん 12月27日() 22:33
終わりよければ…
閲覧 149ビュー

有馬記念はゴールドアクターの単複を買っていましたので、気分よく今年の競馬を締めくくることができました。ただ、予想コロシアムで間違って買い目を8の複勝にしてしまいました。かなりテンションが上がっていましたので。今年の収支は若干100%を下回ってしまいました。例年1月が調子が悪いので、ぼちぼちとデータ分析に励みたいと思います。
ゴールドシップの引退セレモニーを見てると、なんだか涙が出そうでした。彼の馬券はあんまり買ったことはありませんでしたが、やっぱり好きだったんだなあ…

[もっと見る]

銀色のサムライさん 12月27日() 20:27
ゴールドアクター 人馬一体でグランプリ制覇!
閲覧 210ビュー

2015年の中央競馬のフィナーレを飾った有馬記念は、
7番人気・ゴールドアクターの優勝で幕を閉じました。

鞍上の吉田隼人騎手は、これがG1初制覇。
G1未勝利の騎手とは思えないくらい、堂々たるレース運びでした。
何度もゴールドアクターとはコンビを組んでいますから、
絶対的な自信があったのでしょう。

最後の直線はサウンズオブアースとの叩き合い。
昨年の菊花賞ではサウンズオブアースに完敗でしたが、
1年2ヶ月ぶりの再現で見事リベンジを果たしました。

ゴールドアクター陣営の路線選択も見事でした。
ジャパンカップを自重した事が今回の勝利につながったのは間違いないですし、
馬本位の路線選択でしっかりと結果を出した陣営もあっぱれです。


2着・サウンズオブアースは、勝負どころで位置が下がってしまったのが痛かったんですが、
競馬ですから、多少の不利があるのは致し方ありません。

ゴールドアクター、サウンズオブアース、そして4着のマリアライトは4歳馬でした。
香港G1を勝ったモーリスとエイシンヒカリも4歳馬ですし、
JC勝ちのショウナンパンドラや堅実に走り続けているヌーヴォレコルトも4歳馬。

ダービー馬・ワンアンドオンリーは不振に陥っていますし、
皐月賞馬・イスラボニータもイマイチ。
菊花賞馬・トーホウジャッカルはまともにレースを使えない状態、
と、クラシックホースが苦しんでいる現4歳世代ではありますが、
この秋になってようやく充実してきましたよね。

展開が味方したとはいえ、3歳馬・キタサンブラックも3着に入りましたし、
若い馬が頑張ったというのは、競馬界にとっては明るい材料ですよね。
このままの勢いで突っ走ってほしいです。


本命・ゴールドシップは、見せ場十分でしたが8着。
今回の負けに関しては色々な意見があるかと思います。

僕は「衰えたから負けた」と考えています。
超スローペースで切れ味勝負になったのが大きな敗因でしょうが、
強かった頃のゴールドシップならば、難なく押し切っていたはずです。
もう一押し、二押し利かなかったのは、衰えじゃないのかな、と思っています。

でも、ゴールドシップらしさは見せてくれました。
今回の負け方には納得している方が多いのではないでしょうか。


他では、ラブリーデイが5着。
ゴールドアクターがいた位置が欲しかったですね。

でも、基本的にはスタミナに不安のある馬なので、
中途半端な位置取りになってしまうのも仕方ないのかな、と考えています。

トーセンレーヴの6着にはビックリしました。
よほどボウマン騎手と手が合っているのか、今が充実期なのか。
今後のレースでハッキリしてくると思います。

3番人気・リアファルは最下位。
能力の高い馬ですから、大事に至らない事を願うばかりです。


今年の競馬も無事終了。
まだ東京大賞典がありますが、中央競馬は今日が区切りですからね。
年末年始は、年明けの金杯へ向けてのリフレッシュ期間としたいです。

競馬ファンの皆さん、本当にお疲れ様でした。

[もっと見る]

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜有馬記念2015〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 4 7 100.0 ゴールドアクター 牡4 57.0 吉田隼人 中川公成 美浦 494(+4) 17.0 8 2.33.0
2 5 9 100.5 サウンズオブアース 牡4 57.0 M.デムー 藤岡健一 栗東 502(0) 9.9 5 2.33.0 クビ
3 6 11 97.0 キタサンブラック 牡3 55.0 横山典弘 清水久詞 栗東 526(-4) 8.4 4 2.33.1 3/4
4 8 16 96.6 マリアライト 牝4 55.0 蛯名正義 久保田貴 美浦 434(+4) 41.5 12 2.33.1 アタマ
5 2 4 102.1 ラブリーデイ 牡5 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 488(+2) 4.5 2 2.33.2 1/2
6 5 10 96.8 トーセンレーヴ 牡7 57.0 H.ボウマ 池江泰寿 栗東 480(+2) 86.7 14 2.33.3 クビ
7 3 5 99.0 アドマイヤデウス 牡4 57.0 岩田康誠 橋田満 栗東 484(+4) 34.4 11 2.33.3 ハナ
8 8 15 102.4 ゴールドシップ 牡6 57.0 内田博幸 須貝尚介 栗東 508(-2) 4.1 1 2.33.3 クビ
9 4 8 99.8 ワンアンドオンリー 牡4 57.0 浜中俊 橋口弘次 栗東 498(0) 30.4 10 2.33.5
10 7 13 95.5 ルージュバック 牝3 53.0 戸崎圭太 大竹正博 美浦 458(+6) 10.7 6 2.33.5 クビ
11 3 6 95.3 アルバート 牡4 57.0 A.アッゼ 堀宣行 美浦 466(0) 16.1 7 2.33.6 クビ
12 2 3 101.4 ラストインパクト 牡5 57.0 菱田裕二 松田博資 栗東 496(+2) 20.6 9 2.33.6 クビ
13 1 2 99.5 ヒットザターゲット 牡7 57.0 小牧太 加藤敬二 栗東 516(+2) 55.4 13 2.33.7 1/2
14 7 14 97.8 ダービーフィズ 牡5 57.0 大野拓弥 小島太 美浦 462(-6) 138.8 16 2.33.9 1 1/4
15 1 1 97.1 オーシャンブルー 牡7 57.0 石川裕紀 池江泰寿 栗東 446(+2) 122.8 15 2.35.4
16 6 12 101.0 リアファル 牡3 55.0 C.ルメー 音無秀孝 栗東 506(0) 5.6 3 2.35.5 クビ
ラップタイム 7.0-11.7-12.2-12.5-12.7-12.8-12.6-12.6-12.0-11.9-11.5-11.3-12.2
前半 7.0-18.7-30.9-43.4-56.1
後半 58.9-46.9-35.0-23.5-12.2

■払戻金

単勝7 1,700円 8番人気
複勝7 410円 7番人気
9 290円 4番人気
11 340円 5番人気
枠連4-5 5,010円 20番人気
馬連7-9 6,840円 27番人気
ワイド7-9 1,760円 22番人気
7-11 2,300円 31番人気
9-11 1,720円 21番人気
馬単7-9 13,780円 55番人気
3連複7-9-11 20,360円 70番人気
3連単7-9-11 125,870円 450番人気

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。
U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!  詳しくはこちら

プロ予想MAXスペシャルコラム 〜有馬記念〜

前回の〜朝日杯FS編〜では、6番人気1着のサトノアレスへの「マイル以下が合う。期待したい。」(サラマッポプロ)、「G1でも通用するレベル」(河内一秀プロ)、「ここ目イチでくるようなら期待大」(加藤拓プロ)などの声をご紹介。7番人気2着のモンドキャンノについても「能力上位の馬。折り合いさえつけばやれる。」(スガダイプロ)、「当然ここでも有力馬の一角」(河内一秀プロ)といった貴重なプロ見解をお届けした当コラム。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/25(日)G1有馬記念
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て12/19(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント

キタサンブラック
 スガダイ JCは楽な競馬だったねー。もっと厳しいペースで行っても勝てたと思うけど、枠順も良かったし、あんな楽に逃げさせたらどうしようもないよ。前半の3Fが37.2、1000mの通過が1.01.7。こんなペースで2コーナー過ぎに2番手以下との差が広がってるんだから、笑っちゃうよ。外国人騎手がペースを読めないのは仕方がないけど、こんなレースで「豊さんのペース配分が絶妙だった」なんて言ってるジョッキーばかりではねぇ......。前走のJCに関しては、武豊が上手かったんじゃなくて、他のジョッキーが馬鹿過ぎただけだ。武豊キタサンブラックも本気を出せば、もっと素晴らしい走りを見せてくれたはず。その本気を出すまでもなく、レースが終わってしまったような印象だね。結局、ペースが読めるのは武豊を含めたごく一部のベテランだけ。そして、大舞台で勝ちに行く競馬が出来るのは外国人騎手だけってことだね。今回も楽な競馬になるんじゃないかな。大スターである馬主の歌が、レース後の恒例行事になってるようじゃ尚更だ。適性的にも、府中より中山向きの馬だと思うし、万が一、厳しい展開になっても、中山なら大崩れするような事はないと思うよ。
 加藤拓 あらゆるコースで崩れない競馬を見せており、今回もそう簡単には崩れないでしょう。が、前走とは違い、マクリの利くこのコースでは、後続に4コーナーで並びかける競馬をされると苦しいのは違いないでしょう。もちろん、そこから粘るのがこの馬の真骨頂でしょうが。
 くりーく 今回は間隔が詰まっているので、1週前追い切りは強めに追わず馬なりでの追い切りを消化しました。手応えも良く力強い走りで、良い状態をキープできていると思います。ただ、今年はほとんど内枠に入り自分のレースができているので、不利な外枠に入るなどして流れに乗れなかった時にどうなるかという不安はありますね。いずれにしても、状態面としては十分な状態でレースを迎えることができそうです。
 河内一秀 初めて明確に本命と言える評価をしたJCで、これも初めてと言っていい圧勝であったことを考慮すれば、指数的にも水準以上とみていいパフォーマンスだった。これにより、古馬中長距離戦線の主役であることは疑う余地がなくなったね。コースレイアウト的には向いていないと思われた府中2400mで、後続を引き連れての逃げで2着以下を完封したことで、最早、弱点が見つからない存在になったと言っても過言ではないよ。今回、未対決の3歳馬に潜在能力の差で負けるというシーンは、例えばオルフェーヴル級の指数ではないから、(その可能性は)ゼロではないけどね。それでも、馬券圏外に崩れる確率は限りなく少ないと言っていいだろうね。
 サラマッポ 前走は逃げて押し切る堂々たる競馬でした。今回はマルターズアポジーを見ながら、番手からの競馬になりそうですが、ペース判断に優れた武豊騎手なので、確実に自分の力は出せると思っています。柔らかみがありコーナリングも上手いので、中山の小回りも問題ないですね。

サトノダイヤモンド
 くりーく この馬は、1週前追い切りで調教助手が騎乗して併せ馬で強めに追われる、というのが調整パターン。レース内容が物足りなかった皐月賞以外は、すべて1週前に助手騎乗(皐月賞時のみルメール騎手騎乗)でビッシリと仕上げて出走しています。今回も、1週前追い切りは長めから併せて一杯に追われ、終い鋭く伸びて先着と、前走以上の動きに見えました。今回はキタサンブラックが実力以上に人気を背負ってくれるので、この馬としてはレースがしやすいという点も強調材料ではないかとみています。
 加藤拓 ディープインパクト産駒で有馬記念で馬券になったのはジェンティルドンナのみですが、実際上位人気はそのジェンティルドンナくらいで、他は単純に能力の問題とも言えます。中山競馬場は2014年の改修以降、年々ディープインパクト産駒が成績を上げていて、今年はベタ買いで回収率100%を超えてくるかというほど。いわば“ディープ馬場”に変化してきています。そういう面もこの馬にとっては追い風ですね。
 河内一秀 菊花賞は、唯一の相手だと思われたディーマジェスティの意外な低パフォーマンスに助けられて圧勝したけど、指数的には明らかに・・・


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想 3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜有馬記念2015〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
12月27日の勝ち組
12/27 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 た〜か た〜か Lv 92 50% 3538% 1,306,600円
2位 みやみやみや みやみやみや Lv 6 50% 8810% 871,090円 なし
3位 いっくん いっくん 21% 397% 685,150円 なし
4位  ヤーサ。 ヤーサ。 Lv 10 100% 4072% 397,200円 なし
5位 三四郎 三四郎 Lv 85 26% 200% 228,960円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
12月27日の勝ち組
12/27 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 た〜か た〜か Lv 92 50% 3538% 1,306,600円
2位 キョウスケ キョウスケ Lv 23 13% 179% 117,780円
3位 シアロン シアロン Lv 98 26% 121% 49,400円
4位 つーじー つーじー Lv 106 30% 390% 127,720円
5位 やる気マンマン やる気マンマン Lv 112 22% 269% 373,300円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

U指数的分析 〜有馬記念〜

今回は有馬記念に出走する3歳馬が優勝を狙えるレベルにあるかをU指数的に検証したいと思います。下記は過去10年間で優勝した3歳馬が近1年以内にマークした『最高U指数』になります

【有馬記念勝ち馬(3歳)の近1年最高指数】

2012年有馬記念 GI 【103.8】ゴールドシップ1着(3歳)
2011年有馬記念 GI 【105.8】オルフェーヴル1着(3歳)
2010年有馬記念 GI 【101.4】ヴィクトワールピサ1着(3歳)

古馬戦で一気に指数を跳ね上げる3歳馬ですが、過去10年で優勝した3歳馬は最低でも2010年ヴィクトワールピサ【101.4】となっていますのでボーダーはこのあたりでしょうか。オルフェーヴルなどは古馬戦前にすでに【105.8】を出しているように高ければ高いほど期待できると言えます。

では今年の有馬記念出走予定の3歳馬はどのレベルにあるのでしょうか。下記は今年出走予定のキタサンブラックリアファルルージュバックの最高指数になります。

リアファル【101.9】神戸新聞杯(GII)1着
キタサンブラック【99.0】セントライト記念(GII)1着
ルージュバック【98.6】エリザベス女王杯(GI)4着

今年基準を満たした3歳馬はリアファル1頭のみとなっています。他2頭は基準を下回るので1着は難しそうです。果たしてどうなりますでしょうか。最高のレースを楽しみに待ちたいと思います!

ステップレース 〜有馬記念2015〜

2015年10月25日(菊花賞  京都 芝3000m 良 18頭

1着 4 キタサンブラック 13.4倍(5人気) 北村宏司 3:03.9 102.1
2着 11 リアルスティール 4.3倍(2人気) 福永祐一 クビ 102.1
3着 17 リアファル 3.1倍(1人気) C.ルメール 1/2 101.7
4着 3 タンタアレグリア 15.0倍(6人気) 蛯名正義 1 1/4 100.9
5着 2 サトノラーゼン 5.9倍(3人気) 岩田康誠 1 1/4 100.2
⇒全着順を見る

2015年11月1日(天皇賞(秋)  東京 芝2000m 良 18頭

1着 8 ラブリーデイ 3.4倍(1人気) 浜中俊 1:58.4 104.2
2着 14 ステファノス 34.3倍(10人気) 戸崎圭太 1/2 103.6
3着 16 イスラボニータ 11.7倍(6人気) 蛯名正義 3/4 103.0
4着 15 ショウナンパンドラ 9.0倍(5人気) 池添謙一 ハナ 103.0
5着 2 アンビシャス 8.7倍(4人気) M.デムーロ クビ 103.0
⇒全着順を見る

2015年11月15日(エリザベス女王杯  京都 芝2200m 稍重 18頭

1着 12 マリアライト 15.2倍(6人気) 蛯名正義 2:14.9 99.1
2着 18 ヌーヴォレコルト 3.0倍(1人気) 岩田康誠 クビ 99.1
3着 8 タッチングスピーチ 6.5倍(4人気) C.ルメール ハナ 99.1
4着 15 ルージュバック 6.1倍(3人気) 戸崎圭太 1/2 98.5
5着 16 スマートレイアー 33.2倍(8人気) 浜中俊 クビ 98.5
⇒全着順を見る

2015年11月29日(ジャパンカップ  東京 芝2400m 良 18頭

1着 15 ショウナンパンドラ 9.2倍(4人気) 池添謙一 2:24.7 105.0
2着 6 ラストインパクト 23.9倍(7人気) R.ムーア クビ 105.0
3着 1 ラブリーデイ 2.7倍(1人気) 川田将雅 クビ 104.5
4着 4 ジャングルクルーズ 166.9倍(17人気) 北村宏司 1 1/4 103.5
5着 10 サウンズオブアース 11.3倍(5人気) M.デムーロ ハナ 103.5
⇒全着順を見る

2015年12月5日(ステイヤーズS  中山 芝3600m 良 16頭

1着 2 アルバート 3.2倍(1人気) R.ムーア 3:45.9 102.1
2着 7 カムフィー 15.3倍(7人気) 横山典弘 99.6
3着 1 トゥインクル 7.8倍(4人気) 三浦皇成 クビ 99.3
4着 3 マイネルメダリスト 113.6倍(13人気) 柴田大知 1/2 99.0
5着 5 ネオブラックダイヤ 12.4倍(6人気) 秋山真一郎 1/2 98.6
⇒全着順を見る

2015年12月5日(金鯱賞  中京 芝2000m 良 12頭

1着 10 ミトラ 9.0倍(5人気) 柴山雄一 1:58.8 105.9
2着 1 ディサイファ 3.7倍(1人気) 四位洋文 1 1/4 104.7
3着 2 サトノノブレス 7.6倍(4人気) 和田竜二 アタマ 104.7
4着 11 マイネルフロスト 13.5倍(8人気) 松岡正海 3/4 104.1
5着 12 クラレント 9.6倍(6人気) 田辺裕信 ハナ 104.1
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜有馬記念2015〜

2014年 有馬記念 2014年12月28日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2014

1着 4 ジェンティルドンナ 8.7倍(4人気) 戸崎圭太 2:35.3 103.5
2着 6 トゥザワールド 31.2倍(9人気) W.ビュイック 3/4 103.1
3着 14 ゴールドシップ 3.5倍(1人気) 岩田康誠 ハナ 103.1
単勝 4 870円(4人気) 3連複 4−6−14 15,250円(48人気)
馬連 4−6 12,350円(37人気) 3連単 4→6→14 109,590円(356人気)

2013年 有馬記念 2013年12月22日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2013

1着 6 オルフェーヴル 1.6倍(1人気) 池添謙一 2:32.3 112.2
2着 4 ウインバリアシオン 16.1倍(4人気) 岩田康誠 106.2
3着 14 ゴールドシップ 4.4倍(2人気) R.ムーア 1 1/2 105.2
単勝 6 160円(1人気) 3連複 4−6−14 1,420円(2人気)
馬連 4−6 860円(3人気) 3連単 6→4→14 5,240円(7人気)

2012年 有馬記念 2012年12月23日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2012

1着 13 ゴールドシップ 2.7倍(1人気) 内田博幸 2:31.9 104.9
2着 6 オーシャンブルー 27.6倍(10人気) C.ルメール 1 1/2 104.0
3着 9 ルーラーシップ 3.7倍(2人気) C.ウィリアムズ クビ 103.5
単勝 13 270円(1人気) 3連複 6−9−13 4,020円(7人気)
馬連 6−13 3,730円(12人気) 3連単 13→6→9 24,250円(58人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2011/12/25
有馬記念
中山 14 オルフェーヴル 2.2倍 1 池添謙一 2:36.0 101.7
2010/12/26
有馬記念
中山 16 ヴィクトワールピサ 8.4倍 2 M.デムーロ 2:32.6 102.8
2009/12/27
有馬記念
中山 16 ドリームジャーニー 4.0倍 2 池添謙一 2:30.0 110.4
2008/12/28
有馬記念
中山 14 ダイワスカーレット 2.6倍 1 安藤勝己 2:31.5 107.2
2007/12/23
有馬記念
中山 16 稍重 マツリダゴッホ 52.3倍 9 蛯名正義 2:33.6 109.5
2006/12/24
有馬記念
中山 14 ディープインパクト 1.2倍 1 武豊 2:31.9 106.3
2005/12/25
有馬記念
中山 16 ハーツクライ 17.1倍 4 C.ルメール 2:31.9 108.7

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜有馬記念2015〜

有馬記念は宝塚記念と並ぶファン投票で出走馬が選ばれるオールスター・グランプリ。1年を締めくくるレースとして国民的行事とも言われており、1996年(優勝サクラローレル)では有馬記念1レースで売上げ世界レコード875億104万2400円を記録している。またオグリキャップの引退レースとなった1990年の有馬記念では、同馬の人気もあり17万7779名もの競馬ファンが中山競馬場に来場した。

中山競馬場の芝2500mで行われ、過去の優勝馬にはナリタブライアンディープインパクトゼンノロブロイゴールドシップオルフェーヴルドリームジャーニーヴィクトワールピサグラスワンダーダイワスカーレットシンボリクリスエスマンハッタンカフェハーツクライ古くはシンザン、テンポイント、シンボリルドルフオグリキャップなどの歴史を飾る名馬が名を連ねる。
 テンポイントとトウショウボーイのマッチレース、グラスワンダースペシャルウィークの激走、オグリキャップ感動のラストラン、トウカイテイオーの復活、ダイユウサクメジロパーマーマツリダゴッホの人気薄馬のあっと驚く激走など、記録と記憶に残る名勝負が繰り広げられてきた。

☆有馬記念の過去の成績はコチラ

ファン投票のグランプリということもあり、前哨戦は多彩。ジャパンカップ、菊花賞、エリザベス女王杯、天皇賞(秋)というGIレースだけでなく、ステイヤーズS、金鯱賞などから滑り込みで出走を果たす馬もいる。しかし近年の優勝馬はジャパンカップ、天皇賞などをステップにした馬が多く優勝している。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

ダビマス
初めての方へ
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年1月14日(
愛知杯 G3
2017年1月15日(
京成杯 G3
2017年1月17日(火)
日経新春杯 G2

競馬番組表

2017年1月14日(
1回中山4日目
1回中京1日目
1回京都4日目
2017年1月15日(
1回中山5日目
2017年1月16日(月)
1回中京2日目
2017年1月17日(火)
1回京都5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 モーリス 牡6
53,625万円
6 ミッキーアイル 牡6
52,948万円
7 ロゴタイプ 牡7
52,480万円
8 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
9 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
10 ラストインパクト 牡7
44,359万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
6 レーヌミノル 牝3
6,985万円
7 リスグラシュー 牝3
6,381万円
8 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
9 トラスト 牡3
5,392万円
10 キョウヘイ 牡3
5,347万円
» もっと見る