会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜菊花賞2015〜

第76回 菊花賞 G1

2015年10月25日()京都11R 芝3000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 2 4 95.0 キタサンブラック 牡3 57.0 北村宏司 清水久詞 栗東 530(-2) 13.4 5 3.03.9
2 6 11 99.0 リアルスティール 牡3 57.0 福永祐一 矢作芳人 栗東 500(-4) 4.3 2 3.03.9 クビ
3 8 17 100.8 リアファル 牡3 57.0 C.ルメー 音無秀孝 栗東 506(0) 3.1 1 3.04.0 1/2
4 2 3 93.7 タンタアレグリア 牡3 57.0 蛯名正義 国枝栄 美浦 478(+6) 15.0 6 3.04.2 1 1/4
5 1 2 93.5 サトノラーゼン 牡3 57.0 岩田康誠 池江泰寿 栗東 460(-2) 5.9 3 3.04.4 1 1/4
6 3 5 96.3 ベルーフ 牡3 57.0 浜中俊 池江泰寿 栗東 482(+2) 17.4 7 3.04.5 1/2
7 5 10 96.6 ブライトエンブレム 牡3 57.0 田辺裕信 小島茂之 美浦 488(+4) 20.9 8 3.04.5 クビ
8 4 8 95.4 ミュゼエイリアン 牡3 57.0 横山典弘 黒岩陽一 美浦 476(0) 34.5 11 3.04.8 1 3/4
9 7 14 91.9 マッサビエル 牡3 57.0 戸崎圭太 小笠倫弘 美浦 510(+2) 30.6 10 3.04.8 クビ
10 7 15 94.5 ジュンツバサ 牡3 57.0 石橋脩 勢司和浩 美浦 482(-8) 38.2 12 3.04.9 クビ
11 4 7 92.9 スティーグリッツ 牡3 57.0 内田博幸 友道康夫 栗東 512(+8) 10.6 4 3.05.1 1 1/2
12 5 9 94.0 アルバートドック 牡3 57.0 藤岡康太 松田博資 栗東 478(+4) 38.7 13 3.05.3 3/4
13 8 16 92.9 タガノエスプレッソ 牡3 57.0 菱田裕二 五十嵐忠 栗東 442(-2) 204.1 18 3.05.3 アタマ
14 6 12 92.5 ワンダーアツレッタ 牡3 57.0 M.デムー 河内洋 栗東 486(+6) 25.0 9 3.05.8
15 8 18 87.0 スピリッツミノル 牡3 57.0 酒井学 本田優 栗東 488(0) 121.8 15 3.06.1 1 3/4
16 1 1 88.1 ミコラソン 牡3 57.0 武幸四郎 小崎憲 栗東 488(+10) 189.3 17 3.06.5 2 1/2
17 3 6 91.1 レッドソロモン 牡3 57.0 武豊 庄野靖志 栗東 480(+2) 52.3 14 3.06.8 1 1/2
18 7 13 90.3 マサハヤドリーム 牡3 57.0 和田竜二 今野貞一 栗東 460(+8) 154.5 16 3.07.5
ラップタイム 12.7-11.1-11.6-12.3-12.5-13.1-13.7-13.7-11.8-12.1-12.0-11.9-11.6-12.2-11.6
前半 12.7-23.8-35.4-47.7-60.2
後半 59.3-47.3-35.4-23.8-11.6

■払戻金

単勝 4 1,340円 5番人気
複勝 4 370円 6番人気
11 170円 2番人気
17 160円 1番人気
枠連 2-6 1,430円 4番人気
馬連 4-11 3,870円 14番人気
ワイド 4-11 1,300円 13番人気
4-17 1,320円 14番人気
11-17 430円 1番人気
馬単 4-11 9,960円 34番人気
3連複 4-11-17 4,640円 8番人気
3連単 4-11-17 38,880円 100番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

菊花賞関連記事

菊花賞Vのキタサンブラック、次走は有馬有力!
 歌手、北島三郎がオーナーのキタサンブラック(栗・清水久、牡3)は、菊花賞でのGI初制覇から一夜明けた26日、栗東トレセンの自厩舎で激戦の疲れを癒やした。 清水久調教師は「普段通りで変わりないです。クラシック制覇はいいですね。起きてから朝一番にビデオを見ました」と、開業7年目でのGI初Vを笑顔で振り返った。次走は順調なら有馬記念(12月27日、中山、GI、芝2500メートル)が有力視される。
2015年10月27日(火) 05:02

 878

【天皇賞・秋】レース展望
 GIの舞台は京都から東京に移り、11月1日に中距離王決定戦の天皇賞・秋(芝2000メートル)が行われる。春の天皇賞馬ゴールドシップこそ不在だが、GI馬5頭をはじめ出走全馬が重賞ウイナーという天皇賞らしい豪華な顔ぶれとなった。 主役は、宝塚記念の覇者で重賞3連勝中のラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)だ。秋初戦の前走、京都大賞典では上がり3ハロン32秒3という驚異的な末脚で他馬をねじふせた。主戦の川田将雅騎手は騎乗停止で乗れなくなったが、2週前の秋華賞をミッキークイーンで制し、勢いのある浜中俊騎手が確保。皐月賞で騎乗経験のあるトップジョッキーがあいていたのは幸運だった。今回の2000メートルは、この馬にとってベストの距離。今年だけで重賞5勝と一気にブレイクしたキングカメハメハ産駒がさらに連勝を伸ばしそうだ。 10頭が登録してきたディープインパクト産駒も強力なラインアップとなっている。なかでも昨年の秋華賞馬ショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝4歳)は、この1年で驚くほどパワーアップ。宝塚記念3着後の夏休みを挟んで挑んだ前走の産経賞オールカマーでは、同期のライバルであるヌーヴォレコルトやその他の強豪牡馬を自慢の末脚で鮮やかに退けた。本格化を迎えた4歳牝馬の切れ味は今回も侮れない。 エイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡4歳)はディープ産駒では珍しい、スピードの違いで押し切る個性派だ。デビュー2戦目からはすべて逃げる競馬。6月のエプソムCで重賞初制覇を飾ると、秋初戦の毎日王冠も好メンバーを相手に逃げ切った。デビューからここまで9戦8勝。武豊騎手とは今年からコンビを組んで3戦3勝と相性抜群だ。11月1日の天皇賞といえば、1998年、1番人気サイレンススズカが3コーナー過ぎで左前脚を骨折し、予後不良になったレース。当時の鞍上だった武豊騎手は17年前の忘れ物を、同じ天性のスピードを持つ快速馬で手にすることができるか。 前年覇者スピルバーグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は英国遠征からの帰国初戦だった毎日王冠(10着)を叩いて、状態面がガラリと変わってきそうだ。鞍上の北村宏司騎手は前週の菊花賞をキタサンブラックで制してリズムがいい。 美浦・小島太厩舎の2頭も充実ぶりが目立つ。今年、中日新聞杯、札幌記念と重賞2勝を挙げているディサイファ(牡6歳)は、晩成型らしく年齢を重ねるごとに力を付けてきた。前走の毎日王冠も余力残しの仕上げながら、ゴール前でしぶとく盛り返して2着。これで本番が楽しみになった。 一方のダービーフィズ(牡5歳)も、今年はサマー2000シリーズ王者に輝き、一昨年の菊花賞(16着)以来となるGI挑戦は大いに注目される。クリスチャン・デムーロ騎手の騎乗も魅力だ。 昨年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)は、脚部不安で春のGIを見送ったが、復帰初戦の毎日王冠で3着に入り、改めて地力の高さを示した。昨年のこのレースは見せ場たっぷりの3着。ひと叩きされた今回は、さらに走りに磨きがかかりそうだ。 他にも、安田記念2着のヴァンセンヌ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)、昨年のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡4歳)といった実績馬、今年のダービー3着馬サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡3歳)、トップハンデでラジオNIKKEI賞を圧勝したアンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡3歳)などの3歳勢も上位争いに加わって不思議はない。18頭すべてが実績、実力を備えた一流馬。ハイレベルの争いで、馬券的な妙味も十分にある。大いに盛り上がる秋の盾となりそうだ。★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年10月26日(月) 18:53

 1,597

【菊花賞】サブちゃん悲願GIで「まつり」歌った泣いた!
 第76回菊花賞(25日、京都11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・外3000メートル、1着本賞金1億1200万円 =出走18頭)サブちゃん歓喜のV−。クラシック最終戦の菊花賞が25日、京都競馬場で行われ、歌手の北島三郎(79)が所有(名義は(有)大野商事)する5番人気のキタサンブラックが優勝した。北島は馬主歴50年を超えるが、JRA・GIはこれが初制覇。レース後は、芝コースのお立ち台でヒット曲「まつり」を熱唱した。 ♪ま〜つりだ、まつりだ、まつりだ、キタサンまつり、俺もまたどんと頑張るよ。これが競馬のまつり〜だよ〜 京都競馬場のスタンドが、“北島劇場”に変わった。愛馬のキタサンブラックが菊花賞をV。演歌界の大御所、北島三郎オーナーが緑の芝の上の即席ステージで代表曲「まつり」の菊花賞バージョンを熱唱した。 表彰式が終わっても、スタンドの5万人を超えるファンは、サブちゃんを待っていた。「競馬を愛してくれるファンの皆様に、感謝を込めて、サビだけ歌います」。マイクを持つと手拍子に乗って高らかにアカペラで歌いあげた。 馬好きがこうじて、1963(昭和38)年に馬主になった。中央競馬では67年に長男(竜=北島音楽事務所社長)の名前からとったリュウで初出走初勝利。重賞は4勝しているが、GIは12度目の挑戦で初めてつかんだ。 これまで何百頭の馬を所有。競馬場、牧場に足しげく通い、馬の様子が気になるときは、付き人に牧場まで見に行かせたこともあった。 母校・函館西高のラグビー部のジャージーを模した勝負服に合わせ、茶色のスーツ、黒のシャツ、黒と茶のネクタイで応援。最後の直線、馬群を割って伸びる愛馬に「行けぇ、頑張れぇ」と叫んだ。先頭で駆け抜けると、周りの馬主が立ち上がって祝福。馬主席では珍しい光景だった。 「泣きました。まもなく80歳になりますが、こんなに感動したのは生まれて初めて。言葉で表せないくらい感動しています」 運命の馬には、長い付き合いのヤナガワ牧場(北海道日高町)で、一目ぼれした。「目と顔にほれて手に入れました」と振り返り、「スターの素質があるね。僕がいいスーツを着ても、北村騎手がまたがったブラックに並ぶと負けるよ」と笑みをこぼした。 「本当に馬が好きで、真っすぐ走る姿勢、転んでもゴールへ進む姿勢は私の商売と同じ。この年になってもこの道を歩かせてもらって、夢を見ながら、夢を追いかけながら、夢が実現した」と万感の思いだ。
2015年10月26日(月) 05:10

 1,046

【菊花賞】ブラックV!北村宏、クラシック初制覇
 第76回菊花賞(25日、京都11R、GI、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・外3000メートル、1着本賞金1億1200万円 =出走18頭)北村宏司騎乗の5番人気キタサンブラックが、中団から直線で内を通って抜け出しGI初制覇を飾った。オーナーで歌手の北島三郎(79)にとっても初のGI勝利となった。タイム3分3秒9(良)。2着はクビ差で2番人気のリアルスティール、3着はさらに半馬身差で1番人気のリアファルだった。 淀の長丁場で、血統の常識を覆した。芝3000メートルの3冠最終戦は、母の父にスプリンターのサクラバクシンオーを持つ5番人気キタサンブラックが、常識破りのラストの伸び。鮮やかに菊の大輪を咲かせた。 「きょうの落ち着きなら、馬を信じて乗るしかないと思いました。最後は『何とか残ってくれ!』と思いましたね。ずっと乗せていただき、最後の1冠で勝ててよかった。本当にうれしいですね」 クラシック初Vとなった北村宏騎手が満面の笑みを浮かべた。 スタート直後は好位の5番手を確保。スローペースの中、懸命に馬をなだめた。他馬は我慢しきれず、2周目向こう正面で外から一斉に動き出したが、ここでさらに我慢させたのが鞍上の好判断だ。内の10番手前後で直線に向くと、メンバー最速の上がり3ハロン35秒0で内から伸び、人気馬をねじ伏せた。 北島三郎オーナーにはレース前に「頼むぞ」と声をかけられた。その期待に応える好騎乗だ。35歳、17年目の“いぶし銀”は北島オーナーに抱きつかれ、はにかんだ。 開業7年目、43歳の清水久調教師は、GI初勝利に胸を張った。 「『血統的に距離がどうか?』など言われましたが、体つきや度胸からも、そんな意見は絶対に覆してやろうと思っていました」 前走後、栗東での調教では通常1周半ほどのCWコースでの調教を2周半にし、坂路からCWコースへ向かい調教量を増やし、スタミナ強化を図った。「どういう結果になろうと、自分が納得したかった」。信念が結果に結び付いた。
2015年10月26日(月) 05:09

 702

菊花賞のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年12月23日(
阪神カップ G2
2017年12月24日(
有馬記念 G1

競馬番組表

2017年12月23日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2017年12月24日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る