会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   2015年11月1日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜天皇賞(秋)2015〜

第152回 天皇賞(秋) G1

2015年11月1日()東京11R 芝2000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 4 8 101.5 ラブリーデイ 牡5 58.0 浜中俊 池江泰寿 栗東 486(-4) 3.4 1 1.58.4
2 7 14 97.3 ステファノス 牡4 58.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東 474(-2) 34.3 10 1.58.5 1/2
3 8 16 99.3 イスラボニータ 牡4 58.0 蛯名正義 栗田博憲 美浦 476(-4) 11.7 6 1.58.6 3/4
4 7 15 97.2 ショウナンパンドラ 牝4 56.0 池添謙一 高野友和 栗東 438(-2) 9.0 5 1.58.6 ハナ
5 1 2 97.0 アンビシャス 牡3 56.0 M.デムー 音無秀孝 栗東 458(+2) 8.7 4 1.58.6 クビ
6 3 5 99.1 クラレント 牡6 58.0 田辺裕信 橋口弘次 栗東 498(0) 122.5 17 1.58.8 1 1/4
7 5 10 97.4 ペルーサ 牡8 58.0 柴山雄一 藤沢和雄 美浦 512(-6) 95.6 15 1.58.9 3/4
8 1 1 99.4 ディサイファ 牡6 58.0 四位洋文 小島太 美浦 498(-2) 8.3 3 1.58.9 クビ
9 5 9 101.2 エイシンヒカリ 牡4 58.0 武豊 坂口正則 栗東 500(0) 4.3 2 1.59.1 1 1/4
10 8 17 98.5 スピルバーグ 牡6 58.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦 506(+6) 23.1 8 1.59.2 クビ
11 8 18 96.6 アドマイヤデウス 牡4 58.0 岩田康誠 橋田満 栗東 480(+10) 106.3 16 1.59.2 ハナ
12 4 7 100.1 ラストインパクト 牡5 58.0 菱田裕二 松田博資 栗東 492(-8) 31.7 9 1.59.2 アタマ
13 3 6 98.8 カレンミロティック セ7 58.0 吉田豊 平田修 栗東 454(-8) 58.9 13 1.59.3 1/2
14 2 4 98.7 ダコール 牡7 58.0 三浦皇成 中竹和也 栗東 472(-14) 142.5 18 1.59.4 3/4
15 6 12 97.6 ダービーフィズ 牡5 58.0 C.デムー 小島太 美浦 466(+16) 48.6 12 1.59.4 ハナ
16 6 11 97.7 ワンアンドオンリー 牡4 58.0 内田博幸 橋口弘次 栗東 498(+4) 35.6 11 1.59.5 1/2
17 2 3 97.2 サトノクラウン 牡3 56.0 C.ルメー 堀宣行 美浦 480(+10) 12.5 7 1.59.9 2 1/2
18 7 13 97.8 ヴァンセンヌ 牡6 58.0 横山典弘 松永幹夫 栗東 502(-2) 63.5 14 2.00.3 2 1/2
ラップタイム 12.8-11.7-11.9-12.2-12.0-12.2-11.6-11.3-11.1-11.6
前半 12.8-24.5-36.4-48.6-60.6
後半 57.8-45.6-34.0-22.7-11.6

■払戻金

単勝 8 340円 1番人気
複勝 8 160円 1番人気
14 590円 10番人気
16 300円 6番人気
枠連 4-7 1,150円 4番人気
馬連 8-14 7,340円 24番人気
ワイド 8-14 2,320円 24番人気
8-16 820円 5番人気
14-16 4,620円 50番人気
馬単 8-14 10,390円 38番人気
3連複 8-14-16 24,850円 72番人気
3連単 8-14-16 109,310円 320番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

天皇賞(秋)関連記事

【ジャパンC】ラブリーデイの鞍上は川田騎手
 天皇賞・秋でGI2勝目を挙げたラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)は、次走のジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)で川田将雅騎手と再びコンビを組むことが5日、明らかになった。 川田騎手は同馬で今年のGI・宝塚記念、GII・京都大賞典と連勝。天皇賞・秋も手綱を取る予定だったが、騎乗停止処分を受けたため、浜中俊騎手に乗り替わっていた。 なお、浜中騎手はジャパンCでは、オークスと秋華賞を制したミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、牝3歳)に騎乗する。
2015年11月5日(木) 16:36

 1,289

【アルゼンチン】レース展望
 秋のGIシリーズの谷間となる今週、東京の日曜メーンは伝統のハンデ重賞・アルゼンチン共和国杯(8日、GII、芝2500メートル)が行われる。過去10年の優勝馬では2007年アドマイヤジュピタが翌年の天皇賞・春を制覇、08年スクリーンヒーローは続くジャパンCも優勝し、10年トーセンジョーダンは翌年の天皇賞・秋を制覇。2着馬も08年ジャガーメイル、13年アドマイヤラクティがGIウイナーへと出世しており、見逃せないレースだ。 注目はスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡4歳)。重賞未勝利ながらも3歳時にはGI菊花賞で3着に好走した実績がある。その後、長期休養を余儀なくされたが、復帰戦の洞爺湖特別(1000万下)、続くオクトーバーS(1600万下)と連勝。父もオクトーバーS(2着)をステップに重賞初制覇を飾っているだけに、同じパターンでのタイトル獲得が期待される。ハンデ56キロは少し見込まれた印象だが、ハンデキャッパーがそれだけ能力を認めているということだろう。 青葉賞を制したレーヴミストラル(栗東・松田博資厩舎、牡3歳)は、ダービー9着以来になるが、しっかりと調教を積んで力を出せる状態。ひと夏越しての成長も見込め、初の年長馬相手でもチャンスはある。55キロのハンデは古馬に換算すると57キロとなるが、これを克服できれば今後のGI路線で目が離せない存在となるはずだ。 ヒラボクディープ(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)は一昨年の青葉賞勝ち馬。その後は長く不振が続いたが、前走の札幌日経オープンで2年4カ月ぶりの勝利をマークした。スランプから脱出したとなれば、菊花賞(17着)以来となる57キロも問題ないだろう。前走で手が合うことを印象付けた池添謙一騎手とのコンビ続行も心強い材料だ。 昨年の3着馬スーパームーン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は、前走のアイルランドTで7着。英国遠征帰りで調整の難しさもあったが、今回は状態面の上積みが見込める。ハンデも昨年と同じ55キロなら、上位争いが可能だろう。 昨年の日経新春杯、小倉記念と重賞を2勝しているサトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)はトップハンデ58キロ。底力は侮れないが、有馬記念11着、日経新春杯11着、産経賞オールカマー10着と2桁着順が続いているのが気掛かりだ。休み明けを叩いてどこまで復調しているか、最終追い切りに注目したい。 プロモントーリオ(美浦・萩原清厩舎、牡5歳)は屈腱炎から立ち直り、1年4カ月ぶりのオルフェーヴルメモリアルを快勝した。反動が気になるところだが、昨年のメトロポリタンS(オープン特別)では先週の天皇賞・秋を制したラブリーデイの2着。その後、今回と同じ舞台の目黒記念で3着と能力は証明済みだ。騎乗予定だったミルコ・デムーロ騎手の騎乗停止は痛いところだが、55キロなら実績馬にひと泡吹かせるシーンがあっても驚けない。 単騎逃げならしぶといメイショウカドマツ(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)=55キロ、4カ月半ぶりのレースだった産経賞オールカマー9着後、調教の動きが素軽くなってきたマイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡4歳)=57キロ、今春の目黒記念2着のレコンダイト(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)=55キロ、前走の新潟記念(5着)で復調気配を見せたラブイズブーシェ(栗東・村山明厩舎、牡6歳)、決め手が生きる展開になれば台頭するロンギングダンサー(美浦・勢司和浩厩舎、牡6歳)=53キロ、徐々に長丁場向きへとシフトしてきたフラガラッハ(栗東・松永幹夫厩舎、牡8歳)=57キロ=なども差はない。 また、登録段階では除外対象だが、2連勝中の上がり馬アルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)も出走枠に入ってくるようなら注目の的。53キロのハンデでもあり、一足飛びの大仕事をやってのける可能性もありそうだ。★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年11月2日(月) 19:31

 1,038

【天皇賞・秋】古馬GI連勝!ラブリー時代到来
 第152回天皇賞・秋(1日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走18頭)浜中俊騎乗の1番人気ラブリーデイが、4番手から早めに先頭に立って押し切り、重賞4連勝でGI2勝目を挙げた。タイム1分58秒4(良)。馬主の金子真人ホールディングス(株)は、8大競走(クラシック5レース、天皇賞・春秋、有馬記念)完全制覇となった。次走はジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)。2着は10番人気のステファノス、2番人気のエイシンヒカリは逃げられず9着に敗れた。 まだ早い、まだ待てる−。9万人を超える大歓声に迎えられた最後の直線。浜中騎手は背後から迫りくる蹄音を聞き定め、ラブリーデイの手綱を押さえる余裕があった。 「すごく手応えがよくて、少し早く先頭に立ちそうだったので、なるべく追い出しを待った。抜け出すときも力強くて、グランプリホースの強さを感じながら乗っていました。本当に強かった」 クラレントがエイシンヒカリのハナを叩く意外な展開にも動じなかった。ゆったりした流れの向こう正面で少し行きたがったが、我慢させて4番手をキープし、抜群の手応えで最後の直線に向く。先行馬を早々と射程圏に捕らえると、残り400メートルで右後方を確認。鞍上のゴーサインであっさり先頭に立ち、半馬身の着差以上に力の違いを見せつけた。 1番人気に応えたGI2勝目。浜中騎手はゴール後、どうだといわんばかりに立ち上がって右手を振り下ろした。鳴尾記念から続く連勝を4に伸ばし、今年の重賞6勝目。JRAの年間重賞6勝以上は史上12頭目となった。 昨年まで重賞未勝利だったが、今年に入って覚醒。精神面の成長が肉体面の成長につながり、父キングカメハメハをほうふつとさせる筋骨隆々とした容姿になった。心肺機能も右肩上がりで、担当の山元助手は「きょうのレース後も余裕がありましたね」と舌を巻くほど。「まだ先があるので仕上げきっていなかった」と振り返る池江調教師の言葉からは、末恐ろしさを感じる。 絶対的存在がいなかった古馬王道路線で今年唯一のGI2勝。スターホースの仲間入りを果たし、年度代表馬の座も視野に入ってきた。次はGI6勝のゴールドシップとともに、日本代表の大将格としてジャパンCに向かう。 池江調教師は「欧州で『今年の日本馬は弱い』という噂が回っているので、『日本馬は強いんだ』というのを見せたい」と力を込めた。 まだ余力がある。ラブリーデイはもっともっと強くなれる。 (川端亮平)★1日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら★マイネル軍団・岡田総帥「相馬眼」◎ラブリー完勝!ラブリーデイ 父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、母の父ダンスインザダーク。黒鹿毛の牡5歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績25戦9勝。獲得賞金6億4755万5000円。重賞は2015年GIII中山金杯、GII京都記念、GIII鳴尾記念、GI宝塚記念、GII京都大賞典に次いで6勝目。天皇賞・秋は、池江泰寿調教師が11年トーセンジョーダンに次いで2勝目、浜中俊騎手は初勝利。馬名は「すばらしいお天気の一日」。
2015年11月2日(月) 05:07

 634

【天皇賞・秋】金子オーナー、8大競走完全制覇
 第152回天皇賞・秋(1日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走18頭)ラブリーデイが直線で先頭に躍り出たとき、金子真人オーナー(70)は勝利を確信した。「早めに先頭に立ち過ぎないか、それだけが心配だった。まさかここまで強くなるとは思いませんでした。口取りの際のどっしりとした手応えは(父親の)キングカメハメハそっくり。落ち着いていて、力強くて」と続けた。 これにより金子真人ホールディングス(「金子真人」個人名義含む)は8大競走完全制覇の栄誉を手中にした。(有)サンデーレーシング以来で、個人馬主では初めて。「認識していなかったですが、大変ありがたいこと。名誉です」と感慨に浸っていた。 母ポップコーンジャズ(5戦1勝)は2001年のセレクションセールで購入、繁殖入りしてからも所有し続けている。 クロフネ産駒の2歳の弟は、同じく池江厩舎からデビュー予定。そしておなかの中にはラブリーデイと同じキンカメの子が息づいている。 (水戸正晴)★1日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら★マイネル軍団・岡田総帥「相馬眼」◎ラブリー完勝!
2015年11月2日(月) 05:06

 849

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る