会員登録はこちら
フェブラリーS G1   日程:2015年2月22日() 15:40 東京/ダート1600m

レース結果

フェブラリーS G1

2015年2月22日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:9,400万 3,800万 2,400万 1,400万 940万


レコード:1分34秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

コパノリッキー

牡5 57.0 武豊  村山明 536(-2) 1.36.3 2.1 1
2 7 14

インカンテーション

牡5 57.0 内田博幸  羽月友彦 488(-8) 1.36.4 1/2 13.8 5
3 5 10

ベストウォーリア

牡5 57.0 戸崎圭太  石坂正 512(+6) 1.36.5 3/4 6.4 3
ラップタイム 12.3-10.6-11.4-12.6-13.1-12.3-11.5-12.5
前半 12.3-22.9-34.3-46.9-60.0
後半 62.0-49.4-36.3-24.0-12.5

■払戻金

単勝 4 210円 1番人気
複勝 4 130円 1番人気
14 300円 5番人気
10 190円 3番人気
枠連 2-7 1,260円 6番人気
馬連 4-14 1,570円 4番人気
ワイド 4-14 650円 5番人気
4-10 390円 2番人気
10-14 1,110円 12番人気
馬単 4-14 2,100円 5番人気
3連複 4-10-14 3,060円 6番人気
3連単 4-14-10 12,370円 25番人気

フェブラリーSのニュース&コラム

【古馬次走報】インカンテーション、当面は休養
 ★フェブラリーS2着インカンテーション(栗・羽月、牡5)は近日中に放牧へ。「去年の夏から使い詰めだったので当面は休養。今後は未定です。3、4月に使うことはありません」と羽月調教師は語った。 ★安田厩舎でフェブラリーS4着グレープブランデー(牡7)は近日中に栗東トレセン近くのグリーンウッドに放牧。次走は未定。14着レッドアルヴィス(牡4)も滋賀県甲賀市のノーザンファームしがらきに放牧へ。1走挟んでプロキオンS(7月12日、中京、GIII、ダ1400メートル)が目標。 ★ダイヤモンドSを快勝したフェイムゲーム(美・宗像、牡5)は25日、福島県のノーザンファーム天栄に放牧。天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)に直行する公算が大きい。4着ステラウインド(美・尾関、牡6)は、日経賞(3月28日、中山、GII、芝2500メートル)へ。9着サイモントルナーレ(美・田中清、牡9)は、阪神大賞典(3月22日、阪神、GII、芝3000メートル)。 ★洛陽S12着ハナズゴール(美・加藤和、牝6)は、栗東トレセンに滞在して、六甲S(3月29日、阪神、OP、芝1600メートル)からサンスポ杯阪神牝馬S(4月11日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。 ★小倉大賞典4着キャトルフィーユ(栗・角居、牝6)は近日中に登録を抹消して、繁殖入りする。詳細は未定。
2015年2月25日(水) 05:04

 698

【阪急杯】コパノリチャード、史上初連覇だ!
 関西も今週、舞台が京都から阪神に替わる。日曜メーンはGIII阪急杯だ。GI馬4頭が集う豪華な一戦で、そのうちの1頭、コパノリチャードが史上初の連覇を目指す。22日のフェブラリーSを制したコパノリッキーの小林祥晃オーナー&武豊騎手のコンビが今週も主役を務め、同じく連覇がかかる高松宮記念(3月29日、中京、GI、芝1200メートル)へ弾みをつける。 コパノリチャードの史上初の連覇へ向け、宮調教師は晴れやかな表情で抱負を口にした 「阪神の1400メートルは合っているからね。スムーズな競馬ができればいいところだと思う。昨年と同じくらいのデキにはある」 コパノリッキーは骨折が判明したが、馬主と騎手が同じ。当然、注目度は高い。 昨年のこのレースは、フェブラリーSを制したリッキーからバトンを受け、2着に4馬身差をつけて逃げ切り勝ち。続く高松宮記念でGI初制覇を果たした。秋はスプリンターズSで12着、ダート初挑戦のJBCスプリントは16着だったが、前走の阪神Cで3番手追走から2着と復調気配を示した。 「収穫があった。以前なら先手をとれないとダメだったから。他馬が遅ければハナへ、速ければ好位で今回も競馬をすればいい」とトレーナー。 同型のミッキーアイルをはじめ、GI馬4頭がエントリーしており、脚質に幅が加わったのは心強い材料。鞍上の武豊騎手とコンビを組むのは3戦連続となる。 8日から週2回ずつ坂路で追い切りを消化。「復帰戦としては、ちょうどいい体つきじゃないかな。とにかく順調にきている」と増井助手は気配の良さを保証する。 トレーナーは「高松宮記念に向けて、いいレースをしてほしい」と力を込めた。リチャードが昨年同様、好発進を決める。 (宇恵英志)★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月24日(火) 05:02

 528

【フェブラリー】横綱相撲!リッキー史上初連覇!
 第32回フェブラリーS(22日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金9400万円=出走16頭)2番手につけた武豊騎乗の1番人気コパノリッキーが早めに抜け出し、2着インカンテーションに1/2馬身差をつけて快勝。1997年にフェブラリーSがGIに格上げされて以降、初の連覇を飾った。今後は昨年12着だったチャンピオンズC(12月6日、中京、GI、ダ1800メートル)制覇が目標だ。タイム1分36秒3(良)。 昨年はスタンドをどよめかせたコパノリッキーが、今年は大歓声を浴びてゴールを駆け抜けた。史上初の連覇に導いた武豊騎手は、両手を挙げてファンに応えた。 「1番人気だったのでホッとしました。うれしいのひと言ですね。手応えも抜群で、最後の直線は自信を持って早めに動きました。強いですね」 逃げ馬で展開の鍵を握るはずだったコーリンベリーの出遅れにも動じなかった。リッキーもトップスタートでなかったものの二の脚は速く、アドマイヤロイヤルの2番手に。外めにつけて砂をかぶらなかった上、他馬にもまれることもなく、楽な手応えで残り400メートルで先頭に立つと、早めにスパートした。まさに横綱相撲。2着との半馬身差以上の強さを見せつけた。 昨年は最低16番人気での激走でGI初勝利を挙げ、その後もかしわ記念、JBCクラシックと交流GIを制覇。一気にダート界の中心に駆け上がった。骨格がしっかりした今年から、陣営はカイバ量を増やしてパワーアップを図り、トモの推進力を強化。昨年のチャンピオンズC(12着)と東京大賞典(2着)でホッコータルマエに完敗したことを糧に、進化を求め続けている。 鞍上のJRA・GI勝ちは一昨年11月のマイルチャンピオンシップ(トーセンラー)以来。オーナーが風水の第一人者、Dr.コパだけに「風水のおかげかな」とちゃめっ気をまじえながら、「幸先がいいので2つ目、3つ目といきたい」と力を込めた。 これまで9頭の砂王が果たせなかった連覇を達成し、次はかしわ記念(5月5日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)で連覇を狙う。今秋はチャンピオンズCでのリベンジが最大目標。来年にはダートの世界一決定戦といわれるブリーダーズCクラシック(11月5日、米サンタアニタ、GI、ダ2000メートル)に参戦するプランもある。 村山調教師は「これからも強いリッキーを披露できるようにしていきたい」と締めくくった。充実期に入ったコパノリッキー。まだまだ強くなる。 (川端亮平)★22日東京11R「フェブラリーステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年2月23日(月) 05:09

 587

【Dr.コパ独占手記】BCクラシックに挑戦したい
 オーナーで、サンケイスポーツのコラム「やさしい競馬開運学」(毎週土曜)でおなじみのDr.コパこと小林祥晃(さちあき)氏(67)は、独占手記を寄せた。 やりましたっ! コパノリッキーが史上初めてフェブラリーSを連覇。たくさんの方に応援していただいたおかげだと思います。本当にありがとうございました。 コーリンベリーが逃げて、リッキーは2番手というのが理想だと思っていましたから、あの馬の出遅れにはヒヤッとしました。でもユタカ君(武豊騎手)は落ち着いていましたね。外から来られても2番手の外めでレースしてくれて、さすがだなあと思いました。こういう思ってもいないことが起こるから、フェブラリーSを2度勝つことが難しいんだと実感しましたね。 でも、まだリッキーの挑戦は終わったわけではありません。なんとか最優秀ダートホースにしてあげたいですから。それにはホッコータルマエという大きな山があります。 それにしても、ユタカ君がGIを勝つと競馬が盛り上がります。今回のリッキーへの声援で改めてそう思いました。ユタカ君にはコパノリチャードで今度は高松宮記念を連覇してもらわないといけませんから、そちらも応援してください。 今回は黒帽の〔2〕枠。僕は黒い服をあまり持っていないんですよ。それでラッキーカラーが黄色と緑なので、合わせて黄緑色のマフラーをして、黒いベストを着て応援しました。風水は勝負事に強い学問。それが証明できてよかったですよ。 リッキーの次走は船橋のかしわ記念。5月5日は僕の誕生日なので、今度は誕生祝いをもらいたいですね。「ドバイには行かないの?」と、よく聞かれるけど、リッキーは暑さに弱いので考えていません。来年、米国のブリーダーズCクラシックに挑戦したいな、とは思っていますけど。 これからもコパノリッキーは頑張ってくれると思いますし、それにはみなさんの応援が力になります。ぜひ応援してあげてください。 (馬主)小林 祥晃(こばやし・さちあき) 1947(昭和22)年5月5日生まれ、67歳。東京都出身。「Dr.コパ」として知られる。日大理工学部建築学科卒。神職(島根県の石見国一宮物部神社)。愛知工大客員教授。一級建築士として設計事務所を主宰する一方、風水の第一人者としてブームを作る。主な所有馬はコパノリッキーのほか、2009、12年のNAR(地方競馬全国協会)年度代表馬ラブミーチャン(引退)、コパノリチャード(14年GI高松宮記念優勝)。
2015年2月23日(月) 05:08

 885

フェブラリーSのニュースをもっと見る >

【フェブラリー】リッキー、史上初の連覇へ万全!
 今年最初のGI、フェブラリーS(22日、東京、ダ1600メートル)に出走するコパノリッキー(栗東・村山明厩舎、牡5)が18日、滋賀県の栗東トレセンで追い切りを行った。CWコースの単走でソフトな調教だったが、パワーアップした馬体の充実が目を引いた。最低人気を覆す激走から1年、史上初の連覇に向けて堂々と主役を務める。 日が差したり、雨が降ったり、天気はころころ変わっても、動じずに淡々と仕上げにかかった。コパノリッキーが、ソフトな調整ながら確かな伸びを披露。動きを見届けた村山調教師は、納得の表情で切り出した。 「馬場が悪いのを考慮して、オーバーワークにならないような感じでちょうどいいと思う」 馬場が荒れ始めた時間帯のCWコースに登場し、単走でゆったりしたペースでスタート。雨で重くなった馬場をしっかりとらえ、徐々にスピードに乗っていく。馬なりのままでしまいを伸ばし、6ハロン87秒6、3ハロン39秒8-11秒9で余力十分にフィニッシュ。当初は武豊騎手が騎乗予定だったが、仕上がり度合いを考慮して、厩舎所属の調教助手が手綱を取っての最終追い切り。全体時計は物足りなく思えるが、予定通りの調整だ。 1週前追い切りはCWコースで6ハロン79秒5の好時計を叩き出し、15日は坂路で4ハロン55秒6をマークした。トレーナーは「1週前も先週末も思ったより時計が速くなったので、(速い)時計を出さずにしようと。大まかな部分ではうまくいっていると思います」と説明。微調整しながら万全の態勢を整えている。 GIに格上げされた1997年以降、9頭が挑戦して果たせていない連覇に向けて手は打っている。昨年末の東京大賞典でホッコータルマエに4馬身差で完敗し、自慢のスピードに加えてパワーアップの必要性を痛感。年明けからカイバ量を増やして馬体重を増量させ、けいこも強化した。 前走の東海Sでは、58キロを背負いながら4馬身差で快勝。さらに先週時点で目標の550キロ(前走時538キロ)に到達した。師は「トモ(後肢)の張りは出てきた気がする。輸送して542キロくらいかな」と成果を感じ取っている。
2015年2月19日(木) 05:19

 563

【フェブラリー】コパノリッキー・武豊トーク
 今年最初のGI、フェブラリーS(22日、東京、ダ1600メートル)に出走するコパノリッキー(栗東・村山明厩舎、牡5)が18日、滋賀県の栗東トレセンで追い切りを行った。CWコースの単走でソフトな調教だったが、パワーアップした馬体の充実が目を引いた。最低人気を覆す激走から1年、史上初の連覇に向けて堂々と主役を務める。 --前走の東海Sを振り返って 「レースでは初めて乗ったけど、強いレースができました。先行することも考えていたけど、流れの中で2番手からでも問題なかった。いい形になって、前回のメンバーでは少し力が上だった」 --スタートが課題 「時々、出遅れているので不安はあるけど、前走は大丈夫だった。(ゲートを)出てからは速くて、出遅れてもそれなりのレースはできる。芝スタートになるのはいいかもしれないね」 --どんな展開になると思うか 「やってみないと分からないし、いろいろ考えているよ。昨年勝っているので、そういうレースができればいい。ただ、去年は最低人気でも今年は1番人気になりそう。同じような雰囲気にならないという覚悟はしている」 --過去に連覇した馬はいない 「意外だけど、その1頭目になればいいなと思う。状態はいいと聞いている。去年勝っているので自信を持って乗りたい。こういうチャンスをもらったので、何とか結果で応えたい」★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:18

 1,004

【フェブラリー】ローマン7歳自己ベスト51秒6
 フェブラリーSの追い切りが18日、栗東トレセンと大井競馬場で行われた。ローマンレジェンドは栗東の坂路で抜群の動き。久々のマイル戦を意識した仕上げに、岩田騎手も納得の表情だ。サンケイスポーツ調教評価も最高ランクの『S』。カゼノコ、キョウワダッフィーなども好仕上がりをアピールした。 寒風を切り裂き、ローマンレジェンドが坂路で躍動した。一杯に追われてラスト1ハロン11秒9(4ハロン51秒6)と抜群の伸び。2週連続で騎乗した岩田騎手は、納得の笑顔で口を開いた。 「調教は動きますからね。先週よりグンと上がってきました。前走と比べても動きはよくて、前回よりもいい状態。あとは展開次第でしょう」 サクセスグローリー(1000万下)と併せ馬。行きっぷりよく14秒2-13秒1-12秒4と加速して、圧巻はラスト1ハロン。鞍上からGOサインが出ると、“待ってました”とばかりにトップギアに。僚馬を一気に置き去りにして、5馬身先着した。 坂路での最終追い切りで、4ハロン51秒6は自己ベスト。7歳という年を感じさせないシャープな動きだ。「予定通り。ピシッとやって、いい追い切りができた」と、藤原英調教師も力強くうなずく。 CWコースで追うのがこれまでのパターンだが、今回は2013年かしわ記念(3着)以来のマイル戦を考慮。1月28日に帰厩してから、CWコースよりも距離の短い坂路を中心に乗り込んできた。 「年齢も年齢なので、体を動かして最後まで頑張ってもらおうと思ってね。久々のマイルで、スピードに乗せるためという意味もある。どれだけ長くいい脚を使えるかだね」と指揮官は説明。じっくりとマイル仕様に仕上げてきた。 前走の東京大賞典は5着も、スタートが決まらなかったため。「地方だと馬がイライラしてリズムがよくない。中央ではそんなことはない」と師は巻き返しを期す。初の東京について岩田騎手は「芝スタートは問題ない。どんな競馬でもできるが、好位差しが理想。行く馬(コパノリッキー)が本命だから、みんながそれを追いかけてくれれば」と、Vへの青写真を描く。古豪の逆襲は十分にありそうだ。 (渡部陽之助)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:17

 764

【東西現場記者走る】ウォーリア、放牧効果で仕上がりベスト
 1週間の密着取材でフェブラリーSの勝ち馬をあぶり出す『東西現場記者走る』は3日目。栗東トレセンに潜入取材中の東京サンスポ、板津雄志記者(35)は、最終追い切りで上々の動きを見せたベストウォーリアに注目。前走のチャンピオンズCは疲労が抜け切らず11着だったが、放牧できっちり立て直され、反撃モードだ。 特にターゲットを絞らず、動きが良く見えた馬に密着しようと思った。朝一番の坂路に目を光らせていると、額にひときわ目立つ流星が走る栗毛馬が駆け上がってきた。ベストウォーリアだ。 手綱を持ったままの戸崎騎手を自らグイグイと引っ張っていき、2馬身先行したニューダイナスティ(OP)に楽々と並びかける。最後は鞍上が軽く促しただけで2馬身突き放す快走。4ハロン53秒5-38秒7-24秒9-12秒4と尻上がりのラップも理想的だった。 「少しハミ取りが良すぎた感じですが、しまい伸ばしたら反応してくれました。チャンピオンズC(11着)は疲れからかレースでの走りっぷりがもう一つでしたが、今回は放牧でリフレッシュできていい状態です」 引き揚げてきた戸崎騎手は満足そうだ。ベストウォーリアと初コンビを組んだのは2013年のユニコーンSで、JRA移籍後初の重賞制覇を飾った。「GIを意識しましたし、石坂先生ともそういう話をしました」と振り返る。昨秋の南部杯(盛岡)でGI制覇を実現したが、やはり中央のGIがほしいところ。「力を出し切れば」と力を込める。 石坂調教師は「前回はいけると思って使ったが、結果的にかわいそうだった。放牧から戻ってきてもダメだったら使わないでおこうと思ったが、状態が回復していたからやってみようと」と出走経緯を説明。ゴーサイン=万全の状態とみていいだろう。 ジェンティルドンナを有終Vに導いた鞍上に対し、「今ノッているジョッキーだから」と全幅の信頼を置くトレーナーは、「もちろん馬の力にも期待している。それだけのものをもっている」と続けた。 昨年は直線で身動きが取れず13着に終わったが、東京マイル自体は【3・1・1・1】と最も得意とする舞台。1年前の借りを返す態勢が整ったなら、昨年に続いてもう一度◎を打ってみようか。 ★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:16

 882

フェブラリーSの直前追い切り情報をもっと見る >

フェブラリーS過去10年の結果

2014年2月23日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2013年2月17日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2012年2月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェブラリーSステップレース

2015年2月1日() 東京競馬場/ダ1400m
天候: 馬場:
1着 6 エアハリファ 三浦皇成 1:23.4 3.4倍 99.5
2着 13 ワイドバッハ 武豊 4.5倍 98.4
3着 14 アドマイヤロイヤル 内田博幸 1/2 102.7倍⑮ 97.9
4着 7 ゴールスキー F.ベリー クビ 22.7倍 97.9
5着 9 キョウワダッフィー 福永祐一 1/2 7.3倍 97.3
2015年1月25日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 6 コパノリッキー 武豊 1:50.9 2.5倍 105.2
2着 13 グランドシチー 津村明秀 46.0倍 102.3
3着 4 インカンテーション 大野拓弥 ハナ 4.8倍 102.3
4着 11 マイネルバイカ 松山弘平 3/4 117.3倍⑩ 101.8
5着 9 ソロル D.バルジュー クビ 25.8倍 101.4
2014年12月7日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 8 ホッコータルマエ 幸英明 1:51.0 5.9倍 105.0
2着 4 ナムラビクター 小牧太 1/2 20.7倍 104.6
3着 12 ローマンレジェンド 岩田康誠 3/4 7.1倍 104.2
4着 7 サンビスタ 松田大作 1 1/4 67.4倍 103.4
5着 11 ワンダーアキュート 武豊 3/4 10.9倍 102.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

フェブラリーSの歴史と概要


2014、15年の優勝馬コパノリッキー

JRAのG1開幕戦。パワーあふれる古馬たちが、冬の府中でダート最強の座を競い合う。G1昇格3年目の第16回(1999年)は岩手のメイセイオペラが日本競馬史上初めて「地方競馬所属のまま中央G1制覇」を決める感動の勝利。第19回(2002年)は前年の天皇賞(秋)香港カップを制したアグネスデジタルが勝ち、芝・ダートを問わないオールラウンダーぶりを見せつけた。連覇を果たしたのはコパノリッキーただ1頭(第31~32回、2014~2015年)。第31回は出走馬中最低となる16番人気での勝利、第32回は圧倒的1番人気での勝利という、珍しい連覇となった。ほかにも過去の優勝馬欄には、第20回(2003年)のゴールドアリュール、第23回(2006年)のカネヒキリ、第25回(2008年)のヴァーミリアン、第27回(2010年)のエスポワールシチー、第28回(2011年)のトランセンドなど、その時代を代表するダート王たちが名を連ねている。

▼2011年トランセンド。スタートから逃げるとフリオーソ以下を退けGI2勝目をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

フェブラリーSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る