会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2010年10月31日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果

天皇賞(秋) G1

2010年10月31日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:1分57秒2
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

ブエナビスタ

牝4 56.0 C.スミヨ  松田博資 456(-4) 1.58.2 2.2 1
2 4 7

ペルーサ

牡3 56.0 安藤勝己  藤沢和雄 502(-4) 1.58.5 8.9 4
3 6 12

アーネストリー

牡5 58.0 佐藤哲三  佐々木晶 530(0) 1.58.7 1 1/2 4.9 2
ラップタイム 12.4 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 12.2 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.3 - 11.9
前半 12.4 - 23.7 - 35.3 - 46.9 - 59.1
後半 59.1 - 47.1 - 34.9 - 23.2 - 11.9

■払戻金

単勝 2 220円 1番人気
複勝 2 110円 1番人気
7 240円 4番人気
12 150円 2番人気
枠連 1-4 1,010円 4番人気
馬連 2-7 1,030円 3番人気
ワイド 2-7 430円 3番人気
2-12 210円 1番人気
7-12 910円 7番人気
馬単 2-7 1,660円 4番人気
3連複 2-7-12 1,680円 2番人気
3連単 2-7-12 7,480円 8番人気

天皇賞(秋)のニュース&コラム

【天皇賞・秋】ブエナ圧勝!牝馬最速5冠
 第142回天皇賞・秋(31日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円=出走18頭)ウオッカ超えを達成だ! 天皇賞・秋は1番人気の4歳牝馬ブエナビスタが2馬身差で圧勝。ウオッカの5歳5月を抜き、牝馬としては史上最速のGI5勝目を決めた。タイム1分58秒2(稍重)。父は99年優勝スペシャルウィークで、天皇賞の父娘制覇は史上初。また、欧州の名手クリストフ・スミヨン騎手(29)=フランス拠点=もJRA・GI初勝利。コンビを継続して、次走のジャパンC(28日、東京、GI、芝2400メートル)でGI6勝目を狙う。 欧州からやってきた名手クリストフ・スミヨン騎手が、迫ってこない後続を確認するように直線で何度も、何度も、後ろを振り返る。それほどまでに、次元の違う強さだった。現役馬の頂点を競う伝統の一戦は、4歳牝馬ブエナビスタが2馬身差で完勝。4歳10月のGI5勝目は、牝馬ではウオッカの5歳5月を抜き最速での到達。そのあまりにも強く、華麗な走りに、8万3900人の大観衆が酔いしれた。 その思いは、落馬負傷の横山典騎手に替わって手綱を取ったスミヨンも同じ。ウイニングランで何度もパートナーの首すじを撫でてその走りを称えると、馬上で感極まって、スタンドにステッキ、手袋を投げ入れた。 「ザルカヴァ(08年凱旋門賞馬)がボクのベストホースだけど、ブエナビスタもよく似ているよ。ジャパンCや有馬記念を勝てば、それ以上になるかもしれないね」 それはスミヨンにとって、最高の賛辞だ。ザルカヴァは3歳時に凱旋門賞を圧勝するなど、生涯7戦全勝。その名牝を引き合いに出し絶賛した。 確かに、ブエナビスタの走りは完ぺきだった。追い込む競馬が多かったが、スミヨンは「いつもより短めの距離だったので、少し気合をつけて行った」と積極的な騎乗。その鞍上の意図をくみ取り、楽に中団を追走だ。 4コーナーまでじっくりと脚をため、直線に向いて少し外に出すと、前に進路が開く。あとはそのビクトリーロードを突き進むだけ。「馬が(走りを)自分でわかっているかのように抜けていった。直線は、どの馬よりもいい脚を使ってくれた」。ラスト300メートルで抜け出した後、スミヨンのムチは、最後まで1発も入ることがなかった。 牡馬相手でのGI制覇はこれが初めて。それでも「4コーナーを回ったら、安心して見ていられた」と松田博資調教師が振り返る圧勝劇で、99年春秋制覇の父スペシャルウィークに次ぐ史上初の“父娘”盾制覇も達成だ。3月のGIドバイシーマクラシック2着から帰国後、短期間で使ったヴィクトリアマイルはクビ差の辛勝、宝塚記念はナカヤマフェスタの2着に敗退も、状態が本物ではなかった。この天皇賞こそが、真のブエナの姿だ。 「年度代表馬を狙うため、獲れるところは全部獲る」と宣言していた松田博師。東京はGI3戦3勝で、再びスミヨンとタッグを組むジャパンCに期待は高まるばかり。そして有馬記念(12月26日、中山、GI、芝2500メートル)へ。年度代表馬へ向かって突き進む。(高尾幸司)
2010年11月1日(月) 05:07

 1,233

【天皇賞・秋】スミヨン引き出した最強ブエナ
 第142回天皇賞・秋(31日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円=出走18頭)世界の名手が、請け負った仕事をキッチリと果たした。落馬負傷の横山典騎手に替わり、ブエナビスタの手綱を取ったクリストフ・スミヨン騎手(29)=フランス拠点=は、ソツのないレース運びで危なげのないV。凱旋門賞2勝など、欧州でビッグレースを制している名手は1番人気のプレッシャーも難なくはねのけた。次走のジャパンC(28日、東京、GI、芝2400メートル)でも、この華麗なコンビが鮮やかなパフォーマンスを見せてくれるはずだ。 陣営からバトンを託された勝利の請負人が、満点の回答を叩き出した。ブエナビスタの圧勝をエスコートしたのは、ベルギー生まれのクリストフ・スミヨン。拠点を置くフランスから駆け付けた29歳の名ジョッキーは、涼しい顔で2馬身差の快勝を振り返った。 「宝塚記念も惜しかったし、2着が多い馬だったからね。後ろから行くのは難しいと思っていたから、今回は中団から行こうと思っていたんだ」 過去のレースをDVDで徹底的に研究して、事前にシミュレートするのがスミヨンの流儀。必然的に、ライバルにも精通する。騎乗依頼の声がかかった今回も、「ブエナビスタなら」と即座にOK。この天皇賞のために土、日の2日間だけ短期免許を取得しての来日と、気合は十分だった。そのスミヨンが入念なチェックの末に出した結論が、中団からの競馬だ。 「昨年のエリザベス女王杯(3着)や、レッドディザイアに負けた競馬(秋華賞2位入線→3着降着)を見ても、ボクは勝った馬より彼女の方が強いと思っていたんだ」 いわば、恋い焦がれていたブエナビスタとのコンビ。その強い思いが、「きょうがベストのレースじゃないかな」と自画自賛するベストパフォーマンスを呼び込んだ。 フランスで3度のリーディングを獲得、凱旋門賞2勝(03年ダラカニ、08年ザルカヴァ)の名手は、これが日本でのGI初制覇で、マイルCS(21日、京都、GI、芝1600メートル)で再来日する。昨年3着のフランス馬サプレザに騎乗する予定だ。勝負を離れれば、「お土産にキティちゃんグッズを買って帰るよ」と笑うスミヨンだが、3週間後には、再び勝負師となって帰ってくる。もちろん、ジャパンCでもブエナビスタに騎乗予定。今秋のGIシリーズは、この笑顔を何度も見ることになりそうだ。(黒田栄一郎)
2010年11月1日(月) 05:06

 620

【天皇賞・秋】吉田代表もビックリ
 第142回天皇賞・秋(31日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円=出走18頭)坂を上がってからあっさりと抜け出してのワンサイドゲーム。ブエナビスタの完勝劇に呆気にとられたのは、他ならぬ生産者の吉田勝己ノーザンファーム代表(62)だった。「恐れ入ったよ。まだ余力があったものね。これまでで最も強い勝ち方だったんでは…」。そう言って笑みをこぼしつつ、その強さにあきれるように、うつむきかげんに何度となく首を横に振った。スミヨン騎手を鞍上に据えたのは、この吉田代表。次走ジャパンCまでの続投も言明した。 勝己氏の息子である(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表も「インを通るのはジョッキーが決めていたことでしょうが、それにしても鮮やか。状態がよければ(これまでと違って)こういう勝ち方が出来ることを証明できたのが嬉しい」と相好を崩しっぱなしだった。 その強さの源には、ひと夏の牧場での静養がある。「春はドバイ遠征後の疲れが抜けないままでいた。それでもGIで勝ち負けし続けたところが凄い。とくに牧場で何をしたというわけではなかったが、いい夏休みができたと言うことでしょう」と、ノーザンファームの秋田博章場長(62)は説明。完成の域に近づいた、この女傑の今後がますます楽しみになった。(水戸正晴)
2010年11月1日(月) 05:05

 587

【天皇賞・秋】草野仁「安心して見ていました」
 第142回天皇賞・秋(31日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円=出走18頭)ブエナビスタは一口馬主クラブとして知られる(有)サンデーレーシングの所有馬で、会員の中にはタレントの草野仁さん(66)も含まれており、この日は来場して愛馬の強さを目のあたりにした。「体調は万全と聞いていたし、名手が鞍上。馬場も乾いてきたので安心して見ていました」とケタ違いの強さに目を細め「何(のレース)でも勝たせてみたい。無事に行けば、その可能性はあるんじゃないですか」とさらなる希望を膨らませていた。
2010年11月1日(月) 05:05

 567

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

【コーセイ流】GI…いい緊張感保ち臨む
 先週は土日で4勝を挙げた三浦皇成騎手。その中でも、土曜4R新馬戦を勝ったミレニアルドリームは、将来性を感じさせた。 「スタートしてすぐに他馬と接触しましたが、すぐに折り合いがつきました。道中の手応えも楽でしたし、すごくセンスを感じさせる走りでした。内容は素晴らしかったですし、今後が楽しみです。先週はいい馬にたくさん乗せていただいたので、結果を残すことができました。展開を読んでいいレースができたと思っています」 今週は天皇賞(秋)が行われる。コーセイはスマイルジャックとのコンビで出走する。 「スマイルジャックは前哨戦(毎日王冠4着)を叩いて2戦目になります。間違いなく上積みはあります。今回は2000メートルのレースなので、その距離のことをしっかり考えながらうまく乗りたいです。ベストの距離はマイルだと思っていますが、ダービーでも2着になっている馬です。東京コースは合っているので、いいイメージを持って乗りたいです」 コーセイはジョッキーである以上、やはりGIレースに騎乗したい。先週の菊花賞に騎乗できなかった分、今週はしっかりアピールしたい。 「GIレースには乗りたいという気持ちが強いですし、毎回乗っていたいですね。そして、GIレースに騎乗依頼があった週は、とくに気を引き締めます。いい緊張感を保ったまま、レースに向かうことが大事ですね。先週は4つ勝つことができていい流れになったと思います。今週も楽しみな馬がそろっていますので、先週のいい流れを続けて、ひとつでも多くの勝ち星を挙げたいです。天皇賞も含めて、応援よろしくお願いします」(構成・高尾幸司)出走予定馬へ
2010年10月28日(木) 10:45

 910

【天皇賞・秋】ブエナぶっち切り11秒7
 文句なしの伸び脚を見せた。女傑ブエナビスタが27日、滋賀県・栗東トレーニングセンターのCWコースで最終追い切りを行い、ラスト1ハロン11秒7の切れ味を披露。「今年で一番いい状態」と松田博資調教師(64)は自信を深めており、国内最強の走りを見せつける態勢は整った。天皇賞の枠順は28日午後に確定。29日から一部ウインズで前売りが実施される。出走予定馬へ 見据える“野望”を前に、きっちり態勢を整えてきた。宝塚記念2着以来となるブエナビスタがCWコースで軽快な動きを披露。4歳秋、女傑が真の王座奪取へスタートを切る。 追い切りは、同厩舎の集団を前方に見ながらゆっくり進む。スムーズにコーナーを回り、直線半ばで唯一の“見せ場”が訪れる。内から並ぶ間もなく、パントクラトール(牡3、1000万下)をかわし去ると、今やトレードマークとなった黄色のメンコはグッと下がったまま。春に何度か見せた1頭になってからフワッとする場面もなく、ラスト1ハロン11秒7(6ハロン83秒5)の申し分ない時計で調教を切り上げた。 「しまいだけビッシリやれればいいと思っていた。今年の中では一番の状態で出走させられるよ」。追い切りを見届けた松田博資調教師は目尻を下げた。春はドバイ遠征の疲れが尾を引き、ヴィクトリアマイル(1着)は急仕上げを余儀なくされ、その激走の回復に時間がかかった宝塚記念。夏休みを経た今回はじっくり時間をかけて調教を積むことができた。満足のいく仕上げで臨む秋、指揮官の目には本来のブエナが映っていた。 天皇賞は落馬負傷で戦列を離れている横山典騎手に替わりスミヨン騎手が手綱を取る。これまでJRAでのGI勝利こそないが、欧州を代表する名手だけに、トレーナーも「指示とかはするつもりはない」と“全権委任”を明言した。 2歳時から数えてGI4勝。すでに歴史的名牝と呼ばれる存在だが、その名をさらに高めるためには、牡馬相手のGIタイトルが欲しい。 「年度代表馬を狙っていきたいし、獲れるレースは全部獲りたいと思っているよ」と松田博調教師は強気な姿勢を崩さない。この秋はジャパンC、有馬記念まで古馬王道3戦が予定されているブエナビスタ。牡馬を倒したときに見られる“絶景”へのチャレンジが始まる。(瀬戸聡) 
2010年10月28日(木) 05:10

 852

【天皇賞・秋】安藤勝ペルーサずるさ克服
 毎日王冠5着のペルーサは美浦の芝コースで併せ馬。跨った安藤勝騎手は巻き返しの手応えをつかんだ。枠順は28日午後に確定。東日本地区ではウインズ新橋、後楽園で29日午後2~7時まで金曜発売される。出走予定馬へ 今度こそ、結果を出してみせる。陣営の意欲がはっきりと伝わるメニューとなった。ダービー6着、毎日王冠5着と、2戦続けて出遅れが響き敗れたペルーサは、栗東から安藤勝騎手が駆けつけて追い切りに騎乗。芝での併せ馬とゲート練習を行って、巻き返しへの準備を整えた。 芝コースでレッドシューター(牡5、1600万下)を追走して、直線で内に入ってから軽く末脚を伸ばす。5ハロン65秒5、3ハロン37秒2-11秒7で、クビ差先着したが、アンカツが感じたのは思わぬズブさ。3月の若葉S1着時と前走の2度、騎乗しているが、初めてつけた追い切りで、実戦とは違う面を感じ取った。 「最初は真面目だったのに、ずるがしこいことをやっている。ズブさがあって、並んでからもグンと来ることがありませんね。けいこに乗ってイメージは変わりましたね」。騎乗した収穫は十分。それと同時に“鬼”になる決意を固めた。 「甘やかさず、厳しくあたって、付き合い方を変えた方がいいかもしれない」 前走はゲート内で行儀の悪さを見せ、後ろにモタれる形となり出遅れ。そんなわがままは、絶対に許さない。アンカツの腹は決まった。藤沢和調教師も「馬は(ずるさを)“見抜かれた”と思ったんじゃないかな」とニヤリ。ベテランがクセをつかんだことに、満足の表情を浮かべた。 そして、追い切り後のテンションが高い時に、あえてゲート入りと駐立を確認。「いいチャンスだと思ったのでやりました。大丈夫だと思う」と藤沢和師。不安解消への対策は十分に尽くした。 「前回は多くの人に応援してもらったのに、調教ができていなくて恥ずかしく思います。責任重大ですが、頑張ります」と藤沢和師。3歳馬が出走可能となった87年以降、3歳で天皇賞を制した2頭(96年バブルガムフェロー、02年シンボリクリスエス)は、ともに藤沢和師が手がけている。「先輩たちに負けない馬になると思います」と評価するペルーサに、名伯楽は真正面から取り組んだ。その効果はきっとあるはずだ。(黒田栄一郎) 
2010年10月28日(木) 05:09

 1,634

【天皇賞・秋】アーネストリー「95%超え」
 札幌記念の勝ち馬アーネストリーは栗東の坂路で抜群の動きを披露。デビュー以来、最高の仕上がりで決戦の舞台に向かう。枠順は28日午後に確定。東日本地区ではウインズ新橋、後楽園で29日午後2~7時まで金曜発売される。出走予定馬へ 札幌記念の完勝は盾獲りへの序章に過ぎない。中距離王者を目指すアーネストリーが、坂路で最高のパフォーマンスを見せた。 主戦の佐藤哲騎手を背に坂路へ。適度な気合乗りを見せながら、道中の折り合いはバッチリ。ラチ沿いを弾むようなステップで真一文字に突き進む。残り2ハロンから鞍上がGOサインを出すと、チップを高々と蹴り上げる。右ムチが一発入ると最後の力を振り絞って、もうひと伸びを見せて、4ハロン51秒9、ラスト1ハロン12秒7をマーク。約2カ月ぶりの実戦となるが、太め感はなく、きっちりと仕上がった。 「時計は関係なく、ここまでいい調整ができたのは良かった」と追い切り終了後の佐々木晶調教師は満足そうな表情を見せた。 前走後は函館に5日ほど滞在してから栗東へ帰厩。最初はプール主体で調整を進めていたが、コースで15-15を乗り始めてから、全体的な柔らかみが戻り体も締まってきた。「札幌記念はGIIで宝塚記念よりもメンバーが弱かったので自信を持って行けた。宝塚が75%で前走が80~85%。きょうの動きを見てると状態は95%を超えたかな。だいぶボクのイメージに近づきつつあるし、GI(制覇)も見えてきた」と愛馬の充実ぶりにトレーナーは目を細める。 さらに「GIを勝たないと海外(遠征)とかは言えないしね。枠とか運にも左右されるけど、2000メートルはぴったり。ブエナとか強い馬も多いけど、ここは目標にしてきたレースなので、跳ね返されないように頑張りたい」と意欲満々だ。 札幌記念からの直行は筋書き通りで、この後のJCは今のところ視野に入れていない。生涯最高の状態に仕上がったアーネストリーが、GI獲りに全力を注ぐ。(片岡良典) 
2010年10月28日(木) 05:08

 684

天皇賞(秋)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(秋)過去10年の結果

2009年11月1日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 カンパニー 横山典弘 1:57.2 11.5倍 109.8
2着 スクリーンヒーロー 北村宏司 1 3/4 31.4倍 108.0
3着 ウオッカ 武豊 クビ 2.1倍 108.0
2008年11月2日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ウオッカ 武豊 1:57.2 2.7倍 104.9
2着 ダイワスカーレット 安藤勝己 ハナ 3.6倍 104.9
3着 ディープスカイ 四位洋文 クビ 4.1倍 104.9
2007年10月28日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 メイショウサムソン 武豊 1:58.4 2.9倍 103.6
2着 アグネスアーク 吉田隼人 2 1/2 30.5倍 101.3
3着 カンパニー 福永祐一 クビ 24.5倍 101.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)ステップレース

2010年10月10日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 メイショウベルーガ 池添謙一 2:25.0 3.5倍 101.0
2着 9 オウケンブルースリ 内田博幸 1/2 3.3倍 100.6
3着 6 プロヴィナージュ 佐藤哲三 6.2倍 98.1
4着 4 ベストメンバー 四位洋文 2 1/2 6.9倍 96.1
5着 1 ゴールデンメイン 太宰啓介 クビ 76.9倍 96.1
2010年10月10日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:稍重
1着 4 アリゼオ 福永祐一 1:46.4 15.8倍 101.5
2着 3 エイシンアポロン 蛯名正義 ハナ 18.1倍 101.5
3着 1 ネヴァブション 田中勝春 1 1/2 18.7倍 100.2
4着 9 スマイルジャック 三浦皇成 1 1/4 6.3倍 98.8
5着 2 ペルーサ 安藤勝己 1/2 2.4倍 98.1
2010年9月26日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 5 シンゲン 藤田伸二 2:11.4 7.3倍 102.4
2着 3 ドリームジャーニー 池添謙一 クビ 2.4倍 102.4
3着 2 トウショウシロッコ 吉田豊 クビ 14.6倍 101.9
4着 1 サンライズベガ 松岡正海 クビ 18.1倍 101.9
5着 10 ジャミール 安藤勝己 4.7倍 100.3
2010年8月22日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 6 アーネストリー 佐藤哲三 1:59.4 2.4倍 104.5
2着 10 ロジユニヴァース 横山典弘 1 3/4 9.2倍 102.7
3着 5 アクシオン 岩田康誠 1 1/4 18.1倍 101.5
4着 8 ヒルノダムール 藤田伸二 アタマ 5.5倍 101.5
5着 15 ジャミール 安藤勝己 1 1/4 8.8倍 100.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る