会員登録はこちら
エリザベス女王杯 G1   日程:2010年11月14日() 15:40 京都/芝2200m

レース結果

エリザベス女王杯 G1

2010年11月14日() 京都/芝2200m/18頭

本賞金:9,000万 3,600万 2,300万 1,400万 900万


レコード:2分10秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

スノーフェアリー

牝3 54.0 R.ムーア  E.ダンロ 468(--) 2.12.5 8.5 4
2 5 9

メイショウベルーガ

牝5 56.0 池添謙一  池添兼雄 508(+4) 2.13.2 3.1 2
3 3 5

アパパネ

牝3 54.0 蛯名正義  国枝栄 494(+4) 2.13.5 1 3/4 2.7 1
ラップタイム 12.7 - 11.2 - 12.3 - 12.3 - 11.6 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 12.7 - 11.8
前半 12.7 - 23.9 - 36.2 - 48.5 - 60.1
後半 60.3 - 48.2 - 36.3 - 24.5 - 11.8

■払戻金

単勝 6 850円 4番人気
複勝 6 220円 4番人気
9 120円 2番人気
5 120円 1番人気
枠連 3-5 320円 1番人気
馬連 6-9 1,430円 5番人気
ワイド 6-9 540円 5番人気
5-6 500円 4番人気
5-9 210円 1番人気
馬単 6-9 3,590円 12番人気
3連複 5-6-9 1,320円 2番人気
3連単 6-9-5 10,170円 23番人気

エリザベス女王杯のニュース&コラム

【マイルCS】皇成、スマイルで大金星だ!
 マイルCS(21日、京都競馬場、GI、芝1600メートル)の枠順が19日に確定した。先週のエリザベス女王杯3連単1万170円を、◎△○でしとめた黒田栄一郎記者は〔1〕枠(2)番スマイルジャックに◎。三浦皇成騎手(20)=美・フリー=は、15日に白鵬の連勝を63で止めた稀勢の里(24)と親交が深く、さらにタレント、ほしのあき(33)との交際も認めたばかり。両者のパワーを得た三浦の手綱さばきに期待だ。なお、マイルCSは20日に前日発売が行われる。確定枠順へ 先週のエリザベス女王杯は◎スノーフェアリーでバッチリ当てて、フトコロが温かくなった。その資金を持って西下し、栗東トレセンと京都競馬場で取材を進めたが、「これは」と思える馬は見当たらない。ならば初志貫徹、◎スマイルジャックでイケる。 秋2戦は毎日王冠が4着、天皇賞8着と敗れているが、心配はない。今回はベストのマイル戦だ。3歳時にダービー2着という実績を残しているが、1800メートル以上【1・2・2・7】に対して、1600メートルでは【3・2・3・5】と安定感がある。特に三浦皇成騎手とのコンビになってからは、マイルでのパフォーマンスがさらに際立つようになってきた。昨年のGIII関屋記念1着、今年のオープン・六甲S1着で見せた切れ味は極上のもの。三浦騎手は前走まで10戦連続で騎乗しており、1600メートルでベストの脚を使える関係を築いてきたと考えていい。事実、天皇賞のレース後には、「次のマイルに向けて、いいレースができたと思います」と話している。敗北の中にも収穫を見いだした鞍上の言葉が力強い。 19日に決まった枠順も好材料だ。春の安田記念と同じ〔1〕枠(2)番。前半は前に壁を作って折り合いたいスマイルジャックにとって、内枠は理想的。また、マイルCSの最後の直線はゴチャつきやすくなる傾向があるが、馬群を苦にしない勝負根性があるので、スペースさえあれば瞬時に抜け出すことができるのも大きなセールスポイントだ。内側が荒れ始めた京都の芝も、今週からCコースに替わって不利にはならない。内で息を潜めて折り合いをつけ、直線で鋭く馬群から伸びてくる姿がはっきりと目に浮かぶ。 おりしも、三浦騎手はタレントほしのあきさんとの交際をブログで認めたばかり。プロの騎手として、それが競馬に影響することがないのは確かだが、このタイミングで結果を出すことができれば最高だろう。人馬が力を出し切れば、勝つ力は十分にある。馬券は単勝(2)。そして3連単は1頭軸マルチで(4)(8)(11)(12)(16)(17)に流す90点。先週の儲けをつぎ込んで、ガッポリと増やしたいと思う。 (黒田栄一郎)
2010年11月20日() 05:05

 990

【マイルCS】キンシャサ、弾けた11秒9
 マイルCS(11月21日、京都、GI、芝1600メートル)の追い切りが17日、茨城県・美浦トレーニングセンターで行われ、今年のGI高松宮記念の覇者キンシャサノキセキ(美・堀、牡7)がライアン・ムーア騎手(27)=英国=を背に、ポリトラックコースで抜群の伸びを披露。先週のエリザベス女王杯をスノーフェアリーで圧勝した名手を迎えて、GI2勝目に突き進む。なお、ムーア騎手はエリザベス女王杯のレース後の検量について疑惑が持ち上がったが、陣営の不注意によるものとJRAは判断。今週末の騎乗は問題ない。 7歳という年齢を感じさせない動き。むしろ今がピークではないかと思わせるほどの力強さ。高松宮記念を制して春の短距離王に輝いたキンシャサノキセキが、2つめのGI奪取に向かって、美浦のポリトラックコースを豪快に駆け抜けた。 「息づかいも良かったし、もう仕上がっているね。とてもいい追い切りだったし、日曜が楽しみになったよ」 14日のエリザベス女王杯をスノーフェアリーで制した英国の名手、ライアン・ムーア騎手がそう絶賛するほど、素晴らしいデモンストレーションだった。 小雨のそぼ降る天候でも、馬場状態に影響を受けにくいポリトラックをゆったりとスタート。直線でアルジェンテウス(牡3、500万下)の内に入れると、ムーアのゴーサインを受けて、沈み込むように加速する。ムチを入れて抵抗を試みるパートナーを、瞬時に3馬身も突き離した。5ハロン(1000メートル)64秒9、3ハロン(600メートル)36秒5、ラスト1ハロン(200メートル)は11秒9と抜群の伸び。馬体も、動きも万全の状態に仕上がった。 「追い切りとしてはもう少し、相手に食らいついて欲しかったかな、とは思いますが、体調そのものは、本当に絶好調じゃないですかね。年齢はまるで感じさせません。普通の若馬よりも若いぐらい」 堀宣行厩舎の橋本篤典調教助手が状態に自信を見せる。高松宮記念V以来、約5カ月ぶりに出走を予定していたセントウルSを疝痛(腹痛)のため出走を取り消し、結果的に半年ぶりでGIスプリンターズSに挑み2着(3位入線後、繰り上がり)。連勝は4でストップしたが、地力の高さは存分にアピールした。 今回は08年GIII京都金杯(10着)以来の芝1600メートル戦が最大のポイントとなる。それでも「追い切りは併せ馬でやりましたが、以前と違ってひどい引っ掛かり方はしないですからね。馬の後で脚をためられれば」。パートナーがいてもムキになることがなくなり、大人になったキンシャサを橋本助手は信頼する。 勝てば年間短距離GI2勝で、JRA賞・最優秀短距離馬に選出される可能性は高い。キンシャサノキセキが、2週連続GI制覇に意欲を見せるムーアという心強いパートナーを得て、2つめのビッグタイトル制覇へ突き進む。(柴田章利) 
2010年11月18日(木) 05:11

 846

【次走報】アパパネ年内は休養へ
 ★…エリザベス女王杯2着メイショウベルーガ(栗・池添、牝5)はジャパンC(28日、東京、GI、芝2400メートル)出走へ前向き。3着アパパネ(美・国枝、牝3)は来週美浦に帰厩し、年内は自厩舎で休養して来季に備える。来春の目標はヴィクトリアマイル(5月15日、東京、GI、芝1600メートル)で、海外遠征も検討事項。5着ヒカルアマランサス(栗・池江郎、牝4)、7着セラフィックロンプ(美・武藤、牝6)、8着ブライティアパルス(栗・平田、牝5)、10着ムードインディゴ(栗・友道、牝5)、12着シングライクバード(栗・友道、牝5)は愛知杯(12月19日、小倉、GIII、芝2000メートル)へ。9着サンテミリオン(美・古賀慎、牝3)は年内休養。左前挫跖で取り消したプロヴィナージュ(美・小島茂、牝5)は16日に美浦に帰厩し「大事には至っておらず、しばらく様子を見て今後のことを決めたい」と小島茂師。 ★…エリザベス女王杯17着後、引退が決まったテイエムプリキュア(栗・五十嵐、牝7)は17日、生まれ故郷の北海道新冠タニグチ牧場に戻って繁殖入りする。僚馬でアンドロメダS9着マイネレーツェル(牝5)も引退、北海道のビッグレッドファームで繁殖入り。 ★…京都大賞典6着フォゲッタブル(栗・池江郎、牡4)はステイヤーズS(12月4日、中山、GII、芝3600メートル)から有馬記念(12月26日、中山、GI、芝2500メートル)へ。メルボルンC12着トウカイトリック(栗・野中、牡8)は有馬記念が有力。 ★…武蔵野Sを勝ったグロリアスノア(栗・矢作、牡4)、5着マルカシェンク(栗・河内、牡7)、6着バーディバーディ(栗・池江郎、牡3)はJCダート(12月5日、阪神、GI、ダ1800メートル)へ。 ★…アンドロメダSを勝ったアドマイヤメジャー(栗・友道、牡4)、2着リルダヴァル(栗・池江郎、牡3)は鳴尾記念(12月4日、阪神、GIII、芝1800メートル)へ。3着ブロードストリート(栗・藤原英、牝4)は愛知杯。 ★…ノベンバーSを勝ったレッドシューター(美・藤沢和、牡5)はキャピタルS(28日、東京、OP、芝1600メートル)か鳴尾記念。僚馬でフェブラリーS12着以来戦列を離れているレッドスパーダ(牡4)は予定通りキャピタルSで復帰。 ★…オーロC14着ダイワマックワン(美・鹿戸雄、牡5)は僚馬でオパールS13着ベストロケーション(牝5)とともにラピスラズリS(12月11日、中山、OP、芝1200メートル)へ。
2010年11月17日(水) 05:00

 695

【マイルCS】サプレザ、金より金星欲しい
 今週も少数精鋭の外国馬に注目だ! 7週連続GIの第2弾は、秋のマイル王を決める第27回マイルチャンピオンシップ。上がり馬と実績馬が入り乱れた混戦だが、昨年の3着馬、フランスのサプレザが注目される。先週のエリザベス女王杯では英国馬スノーフェアリーが4馬身差の圧勝で本場の底力を見せつけた。適性を見抜いた2年連続の参戦で、サプレザも勝機は十分だ。 エリザベス女王杯を圧勝したスノーフェアリーの余韻が残る中、今週のマイルチャンピオンシップにもヨーロッパからトップクラスの馬が出走する。英GIサンチャリオットSを連覇した昨年の3着馬サプレザだ。 近年は日本馬のレベルがアップし、外国馬は時計の速い馬場への適性がなく敗れ去るケースが増加。来日に二の足を踏む馬が増える中、あえて出走する馬は、日本の馬場に対する適性を見込んでいればこそだ。先週のスノーフェアリーも、軽い馬場を求めての来日だった。諸外国の関係者にも、少しずつ日本の特徴が知れ渡ってきた証だろう。 サプレザ自身の地力強化も見逃せない。ローテーション自体は昨年と同じだが、今年はフレッシュな状態で来日した。春シーズンは体調が戻り切らず、1戦しただけ。そこで無理をしなかったことが奏功し、休み明けで9月の仏GIIIパン賞を楽勝すると、続くサンチャリオットSも完勝した。前走後に購買を決めた社台ファームの吉田照哉代表は「状態はいいと聞いていますので、期待しています」と好勝負を見込んでいる。 管理するフランスのロドルフ・コレ調教師は知日派のトレーナーだ。03年のエリザベス女王杯に、タイガーテイルで参戦。10番人気ながら3着に食い込む善戦を見せた。父ロベール・コレ調教師は、ルグロリューで87年の第7回ジャパンCを制覇。父子2代で知り尽くした日本の馬場だけに、狙いすましての参戦となる。 スノーフェアリー同様、褒賞金の恩恵に預かれることは陣営の意欲を高めるばかり。折からの円高も、お得感のある遠征となる。 来日は6日で、千葉県白井市のJRA競馬学校での検疫を終え、12日に京都競馬場へ移動。15日はダートコースで軽い調整を行い、「レースに向けて確実にいい感触になっています」とセグアン調教助手は自信をのぞかせている。 この秋はスプリンターズSでも香港のウルトラファンタジーが優勝と、外国馬の強さが目立つ。マイルCSも確たる実績馬がいない今年の日本馬が相手なら、先週に続いて本場の底力を見せつけるシーンは十分ありそうだ。
2010年11月16日(火) 05:06

 2,107

エリザベス女王杯のニュースをもっと見る >

【池添トーク】父と中央のGI獲りたい
 エリザベス女王杯の追い切りが10日、東西のトレセンで行われ、栗東の坂路ではメイショウベルーガが豪快な動きを見せた。鞍上の池添謙一騎手は「負けたくないと思っています」と期待大の口ぶりだった。 ――最終追い切りは坂路で好タイムをマーク 「GIだからしまいをしっかり伸ばすようにと指示がありました。先週のCWコースでの追い切りは、動きも体も正直言って少し重い感じでした。きょうの坂路は最後までしっかり伸びて、いい意味でピリピリ感が出てきました」 ――メイショウベルーガのセールスポイントは? 「勝負どころではいつも手が動くんですが、その後は確実に切れてくれますからね。ポイントは3~4コーナーの下り坂。ゆっくり下って行ければいい」 ――父子でのGI制覇の期待がかかる 「まだ父と中央のGIは獲れていないので、何とか獲りたい。強い3歳馬がいますが、古馬の代表として負けたくないと思っています」
2010年11月11日(木) 10:01

 779

【蛯名トーク】どこまでやれるか楽しみ
 エリザベス女王杯制覇へ向けて、3冠牝馬のアパパネが10日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで最終追い切りを行った。動き、タイムとも上々で、好仕上がりをアピール。鞍上の蛯名正義騎手は「古馬、世界相手にどこまでやれるか楽しみ」と期待を込めた。 ――前走を振り返って 「この馬の競馬をすれば強いと信じて乗って、その通りの結果だった」 ――春と変わった点は 「折り合い面は1度も心配したことがないし、極端には変わっていないが、秋になって体に芯が入ったというか、幹がしっかりした」 ――今回は古馬と初対決 「チャレンジャーとして挑みたい」 ――外国馬は? 「相手がどうとかでなく、この馬の力を出すのが僕の仕事。競馬だから強くても負けることはある。地の利はあっても、やってみないとわからない」 ――意気込みは 「いつもと同じ。特別なことは考えないで、あくまでアパパネの競馬をするだけ。日本の3歳牝馬チャンピオンとして、古馬、世界相手にどこまでやれるか楽しみ」
2010年11月11日(木) 10:00

 683

【エ女王杯】アパパネ5冠へ究極追い
 エリザベス女王杯制覇へ向けて、3冠牝馬のアパパネが10日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで最終追い切りを行った。動き、タイムとも上々で、好仕上がりをアピール。3歳vs古馬の頂上決戦を制し、牝馬初の年間GI4勝の偉業を達成する。 究極の状態で挑む5つ目のGIタイトル。3冠牝馬アパパネが、高いテンションを抑えながら、最終追い切りを敢行した。 馬場入りの際、横向きに歩いて首を振る。CWコースで鞍上の福田調教厩務員がパートナーを落ち着かせ、なだめるようにスタートした。秋華賞時に比べ、気持ちが高ぶっていたため、トップスピードになるのが予定よりも早く、ラスト1ハロンは13秒1を要したが、フットワークは最後までしっかりしていた。及第点のつけられる内容だろう。 「少しテンに行きたがったかな。その分、全体の時計(6ハロン78秒8)自体は速かったかもしれないが、何ら問題ないよ。いい調教ができたと思います」 国枝栄調教師は多少の誤差を認めたが、許容範囲内であることを強調する。ピークの状態で完璧なレースをした秋華賞から中3週。前走の疲れは確かにあったが、そこは3冠を達成した心身とも強靱な牝馬。「すぐに元気になってここまで来た。目標のレースに向け、うまい具合に仕上がったと思います。体重も前回と同じくらい。状態はいい意味での平行線です」とトレーナーは仕上がりに自信を持っている。 阪神JFに牝馬3冠を加え、GIは4戦全勝。エリザベス女王杯を勝てばJRA史上で最速(3歳11月)となるGI5勝目となり、年間4勝は牝馬では史上最多だ。「記録に関しては特に意識はしていません。自分の競馬をして結果がついてくればいい」。アパパネを信頼しているからこそ、国枝師はあくまで冷静だ。古馬や外国馬との初対決も意に介していない。 女王杯を勝てば、年度代表馬のタイトルが視野に入り、有馬記念への出走も期待されるが、「今後のことはまったく考えていないし、目の前のレースに全力投球するだけ」と指揮官に迷いはない。 史上最強牝馬へ、アパパネの快進撃は続く。(高尾幸司)
2010年11月11日(木) 05:08

 868

【エ女王杯】牝馬初の年間GI4勝目なるか
 グレード制を導入した84年以降で、1年間にJRA・GIを4勝以上した馬はテイエムオペラオーの5勝を筆頭にシンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト(いずれも4勝)の4頭。牡馬ばかりで、牝馬は3勝が最高だ。アパパネがエリザベス女王杯を勝てば、ウオッカやダイワスカーレットもできなかった年間GI4勝の偉業を達成することになる。
2010年11月11日(木) 05:07

 498

エリザベス女王杯の直前追い切り情報をもっと見る >

エリザベス女王杯過去10年の結果

2009年11月15日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 クィーンスプマンテ 田中博康 2:13.6 77.1倍 102.3
2着 テイエムプリキュア 熊沢重文 1 1/2 91.6倍 101.3
3着 ブエナビスタ 安藤勝己 クビ 1.6倍 100.7
2008年11月16日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2007年11月11日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エリザベス女王杯ステップレース

秋華賞   G1 
2010年10月17日() 京都競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 15 アパパネ 蛯名正義 1:58.4 2.3倍 98.6
2着 10 アニメイトバイオ 後藤浩輝 3/4 13.3倍 98.0
3着 4 アプリコットフィズ 武豊 1/2 7.1倍 97.4
4着 17 ワイルドラズベリー 池添謙一 クビ 10.2倍 96.8
5着 1 レディアルバローザ 幸英明 クビ 135.8倍⑮ 96.8
2010年10月17日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 13 テイエムオーロラ 国分恭介 1:46.4 6.6倍 100.2
2着 2 セラフィックロンプ 宮崎北斗 1/2 61.7倍 99.5
3着 14 スマートシルエット 石橋脩 1/2 6.0倍 98.8
4着 15 リビアーモ 中舘英二 1/2 15.0倍 98.2
5着 12 ウェディングフジコ 丸山元気 3/4 54.5倍 97.5
2010年10月10日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 メイショウベルーガ 池添謙一 2:25.0 3.5倍 101.0
2着 9 オウケンブルースリ 内田博幸 1/2 3.3倍 100.6
3着 6 プロヴィナージュ 佐藤哲三 6.2倍 98.1
4着 4 ベストメンバー 四位洋文 2 1/2 6.9倍 96.1
5着 1 ゴールデンメイン 太宰啓介 クビ 76.9倍 96.1
2010年9月26日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 5 シンゲン 藤田伸二 2:11.4 7.3倍 102.4
2着 3 ドリームジャーニー 池添謙一 クビ 2.4倍 102.4
3着 2 トウショウシロッコ 吉田豊 クビ 14.6倍 101.9
4着 1 サンライズベガ 松岡正海 クビ 18.1倍 101.9
5着 10 ジャミール 安藤勝己 4.7倍 100.3
2010年8月22日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 6 アーネストリー 佐藤哲三 1:59.4 2.4倍 104.5
2着 10 ロジユニヴァース 横山典弘 1 3/4 9.2倍 102.7
3着 5 アクシオン 岩田康誠 1 1/4 18.1倍 101.5
4着 8 ヒルノダムール 藤田伸二 アタマ 5.5倍 101.5
5着 15 ジャミール 安藤勝己 1 1/4 8.8倍 100.4
2010年8月15日() 札幌競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 12 アプリコットフィズ 武豊 1:47.6 4.0倍 98.1
2着 2 プロヴィナージュ 佐藤哲三 4.9倍 96.8
3着 8 カウアイレーン 横山典弘 ハナ 12.2倍 96.8
4着 11 レジネッタ 池添謙一 3/4 18.8倍 96.1
5着 1 ショウリュウムーン 四位洋文 ハナ 9.7倍 96.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

エリザベス女王杯の歴史と概要


2009年優勝馬 クィーンスプマンテ

秋の最強牝馬決定戦。牝馬三冠路線を戦ってきた3歳世代と、中距離に実績を残す古馬牝馬が鎬を削る。クィーンスプマンテテイエムプリキュア、大逃げを打った伏兵2頭の「行った行った」で決まり、単勝1.6倍の二冠牝馬ブエナビスタが3着に敗れた第34回(2009年)は伝説として語り継がれる。第35回(2010年)は、同年の英オークス、愛オークスを勝ったスノーフェアリーが来日し、次元の違う脚を披露して圧勝。翌年の第36回も再び鬼脚を繰り出して連覇を果たし、競馬界を震撼させた。第26回(2001年)は1-3着馬の着差がハナ、ハナの大激戦。勝ったのはドバイワールドカップ2着以来、7カ月半ぶりの出走となったトゥザヴィクトリー。熱狂的なファンが多かった同馬のG1初制覇に、京都競馬場が沸いた。

▼ハナ、ハナの大激戦となった2001年。7カ月半ぶり出走のトゥザヴィクトリーが制した。

歴史と概要をもっと見る >

エリザベス女王杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る