最新競馬ニュース

【血統アナリシス】日経新春杯2022 ステイゴールド系やRoberto系の大駆けに気を配りたいコース


ウマニティ


 2,347  6  0

【血統アナリシス】日経新春杯2022 ステイゴールド系やRoberto系の大駆けに気を配りたいコース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は日経新春杯2022・血統予想をお届けします!


今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、昨年に引き続き日経新春杯は中京芝2200mに舞台を移して施行される。

昨年はオルフェーヴル産駒の7番人気ショウリュウイクゾが重賞初制覇を達成。なお、ステイゴールドの直系は、20年神戸新聞杯ヴェルトライゼンデ(父ドリームジャーニー)が2着、21年京都新聞杯マカオンドール(父ゴールドシップ)が3着と好走しており、当該コースでは格上のレースになるほど、牡馬を中心に存在感を示している。

ほか、昨年は2着にタニノギムレット産駒の13番人気ミスマンマミーアが入線する波乱となっていたが、4番人気3着のクラージュゲリエも母の父にタニノギムレットを持つ点で共通していた。タニノギムレットに限らず、エピファネイアスクリーンヒーローなど、総じてRoberto直系の期待値が高いコースでもあるので、今年も該当馬には相応の評価が必要だろう。

クラヴェルは、父エピファネイア×母ディアデラマドレ(母の父キングカメハメハ)。ドレッドノータスの姪にあたる血統で、母は14年府中牝馬Sなど重賞3勝の実績を持つ。近親の成績を鑑みると古馬になってから本格化を果たす馬が多く、本馬においても直近4走の充実ぶりには目を見張るものがある。中京芝2200mで非凡な成績を残すエピファネイア産駒であることはもちろん、母の父の血脈も昨年の1・3着馬と共通すること評価しやすい。

フライライクバードは、父スクリーンヒーロー×母シングライクバード(母の父シンボリクリスエス)。本馬はRobertoを強調した血統構成が最大の特徴となっており、父および母の父、3代母の父リアルシヤダイが同種牡馬の系統となる。これまでに中京芝2200mでは2勝を挙げているが、とくに3勝目となった長良川特別の走破時計が秀逸。この父の産駒らしい成長力も垣間見えるだけに、重賞初制覇を飾ってもいい頃合いだろう。

マイネルウィルトスは、父スクリーンヒーロー×母マイネボヌール(母の父ロージズインメイ)。本馬も上記フライライクバードと同じ父となるが、3走前の札幌記念で4着、2走前のアルゼンチン共和国杯で2着と着実に力を付けていることが印象的。前走は不得手な瞬発力勝負で持ち味を活かせなかったが、底力を問われるタフな展開になれば、圧巻のパフォーマンスを披露した福島民報杯の再現があっても驚けない。


【血統予想からの注目馬】
クラヴェル ⑧フライライクバード ③マイネルウィルトス

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月30日()
根岸S G3
シルクロード G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月23日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 オジュウチョウサン 牡11
86,501万円
2 エフフォーリア 牡4
73,664万円
3 マカヒキ 牡9
63,008万円
4 デアリングタクト 牝5
50,038万円
5 ペルシアンナイト 牡8
46,790万円
6 エアスピネル 牡9
44,765万円
7 レシステンシア 牝5
41,599万円
8 メイショウダッサイ 牡9
38,495万円
9 シャフリヤール 牡4
36,573万円
10 ディープボンド 牡5
36,182万円
» もっと見る

3歳
1 セリフォス 牡3
10,500万円
2 サークルオブライフ 牝3
10,257万円
3 ドウデュース 牡3
9,527万円
4 キラーアビリティ 牡3
8,369万円
5 ナムラクレア 牝3
6,800万円
6 ウォーターナビレラ 牝3
6,283万円
7 ラブリイユアアイズ 牝3
5,917万円
8 オニャンコポン 牡3
5,784万円
9 マテンロウオリオン 牡3
5,371万円
10 キングエルメス 牡3
4,710万円
» もっと見る