最新競馬ニュース

【ズバリ!調教診断】京成杯オータムハンデキャップ 中京記念の覇者がサマーマイルチャンピオンに王手!同枠のロードカナロア産駒も侮れず!

ウマニティ

 1,948

【ズバリ!調教診断】京成杯オータムハンデキャップ 中京記念の覇者がサマーマイルチャンピオンに王手!同枠のロードカナロア産駒も侮れず! |競馬ニュース|ウマニティ

日曜日に予定されている京成杯オータムハンデキャップの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


プロディガルサン
1週前にオークス2着馬のカレンブーケドール、当該週は3勝クラスのアンティノウスと美浦坂路で併せ馬を敢行。パートナーに上級クラスの馬を迎えているのは実戦を強く意識しているからこそ。ただ、コンスタントに使われていた春先はレースの3週前から6本の追い切りを消化していたのに対し、約3カ月ぶりの今回の攻めは5本。そのあたりを踏まえると、幾分急仕上げではなかろうか。

ジャンダルム
栗東CWにて3週連続で併せ馬を消化。とりわけ2週前と1週前にレースでも騎乗する藤井騎手がまたがり、しっかりと追われているのは好感度が高い。自身の力を出せるデキにはありそうだ。しかし、日曜日の関東地方は台風接近の予報。馬場が渋ると良くないタイプだけに、天候の行方は気にかけておきたい。

カルヴァリオ
新潟の朱鷺Sから中1週なのを勘案しても、最終追いが美浦坂路で4F56秒1というのはいかにも控えめ。レースでは目下3戦連続2桁着順を喫している現状。この夏は5月26日の安土城Sから始動し、ここが5戦目。変わり身を望むのは酷だろう。

クリノガウディー
1週前にしっかり追って、当週終い重点というのは2着だった中京記念と同じパターン。1週前の4F51秒6、ラスト1F11秒9。そして、当該週のラスト1F12秒1というのは良い時計ではあるのだが、関東圏での過去4戦はいずれも掲示板外。テンションの高い馬だけにデキの良さをレースで発揮するには、輸送をどうクリアするかがカギになる。

ストーミーシー
久しぶりの勝利となった朱鷺Sから中1週。最終追いは美浦坂路で4F52秒5を記録。3歳1勝クラスに後れをとったものの、間隔が詰まるにもかかわらず、緩めず一杯に攻めた点を評価するべきだろう。自身の力は出せる状態にはありそうだが、左回りの広いコースがベターなタイプ。トリッキーな中山マイルで好走するには展開の助けが必要になってくるのではないか。

ヒーズインラブ
当該週の追い切りは栗東Pで3勝クラスと併せ馬。5F63秒5を刻み先着こそしたものの、Pコースの時計としては物足りなさを感じる。上積みに乏しいうえに、近走は精彩を欠く現状。中山マイルは重賞勝ちの相性が良い舞台とはいえ、激変までは期待しにくい。

ロードクエスト
当該週は新装開店となった美浦Wで6F81秒近辺の時計をマーク。ゴール前で気合いをつけられ、馬ナリに終始した中京記念関屋記念の栗東滞在時に対して、今回はゴール前で気合いを入れるなど変化をつけてきた。しかし、今年すでに9戦目。ほぼ月イチで使われており、これ以上の上がり目は望みにくい。

フローレスマジック
今週の本追い切りは美浦の芝コースで2歳新馬2頭を相手に併せ馬を実施。終いに気合いをつけ、ラスト1Fは11秒4を計時した。この馬なりに調整は順調に進んでいる様子。ただ、この春まで堅実に走っていたが、ここ2走は上位から差が開いた2桁着順。メンタル面をどこまで回復できるかがポイントになりそう。

グルーヴィット
9月4日に栗東坂路で4F51秒6、ラスト1F12秒1を馬ナリで記録。速い時計が出るコンディションだったとはいえ、勝った中京記念時と遜色ないタイム。好調とみて差しつかえない。サマーマイル王の座に手が届く態勢とみる。

トロワゼトワル
総じて時計が速かった今週の栗東坂路で4F54秒1。やや地味に感じるが、ラスト1Fは12秒1でまとめている。自身の力を出せるデキにはありそう。ラスト1F12秒台を常に記録できるようになってからは、条件戦とはいえ1着→2着→1着と結果もついてきている。3歳春以来の重賞挑戦ではあるが、侮れない存在だ。

ディメンシオン
1週前に速いところをやって、当該週は軽めという過程が同馬の調整パターン。今回は間隔が詰まっているせいか、1週前追いをソフト調整に切り替えてきた。関屋記念の状態キープに努めているということなのかもしれないが、上積みを見込めるかどうかについては疑問。前回を超えるパフォーマンスは望めないかもしれない。

ヤングマンパワー
1週前に美浦坂路、当該週はWコースで併せ馬を行ない、なおかつ一杯に追って元気の良さをアピールしている。だが、昨年の京成杯オータムハンデ(8着)を最後に2桁着順が続く現況。調教面から劇的な変化はうかがえない。今回も厳しい戦いになりそうだ。

プールヴィル
これまでも栗東坂路を馬ナリ主体で調整してきたタイプ。それゆえ、帰厩後の攻めが緩め中心なのは気にしなくてもいいだろう。当該週は強めに追って4F50秒3、ラスト1F12秒2を記録。負荷をかけ、一応の態勢は整えてきた。本当に良くなるのは先かもしれないが、相手なりにしぶとく走る馬。もつれるようだと馬券圏内突入も十分に考えられる。

レインボーフラッグ
中1週かつ再度の長旅を控えながらも、最終追いは栗東坂路でしっかり追われ上々のタイムを記録した。とはいえ、ここ2走の最終追いの内容と変わり映えはせず、調教面からの上積みを見込めるとは言い難い。よほど展開に恵まれないと、馬券圏内には届かないのではないか。

ハーレムライン
基本的に馬ナリ主体の調整でレースを迎えることが多い馬。その点、今回の1週前と当該週を強めに攻めているのは、重め残りを解消する意図があってのものだろう。ただ、その割に1週前のラスト1Fは12秒9、当該週は12秒7といささか平凡。本調子にはまだ足りないかもしれない。

キャプテンペリー
中6週で臨んだパラダイスSの中間時計は6本。それに対して今回の速い時計は4本。約2カ月半ぶりの実戦であることを考えると、物足りない印象を受ける。今春以降はいかにも頭打ちという成績。この攻め過程で現状を打破できるかどうかについては疑問符がつく。今回も苦しい戦いになりそうだ。



ウマニティ重賞攻略チーム

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月24日()
ジャパンC G1
京阪杯 G3
11月23日()
京都2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月17日()
マイルCS G1
11月16日()
東スポ2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る