オトナノジジョウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2016年4月11日生
調教師森秀行(栗東)
馬主内田 玄祥
生産者中地 広大
生産地新冠町
戦績10戦[2-0-0-8]
総賞金1,450万円
収得賞金900万円
英字表記Otonano Jijo
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
リャクダツアイ
血統 ][ 産駒 ]
チチカステナンゴ
メジロフランシス
兄弟
前走 2020/01/05 4歳以上2勝クラス
次走予定

オトナノジジョウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/05 中山 12 4歳以上2勝クラス 芝1200 1681534.0916** 牝4 51▲ 藤田菜七森秀行452(+12)1.10.6 1.836.6タイセイソニック
19/09/14 阪神 10 芦屋川特別 2勝クラス 芝1200 16612125.21514** 牝3 53.0 吉村智洋森秀行440(-4)1.08.9 0.835.9ブリッツアウェイ
19/08/17 小倉 10 戸畑特別 2勝クラス 芝1200 144516.2610** 牝3 52.0 山口勲森秀行444(+8)1.09.4 0.736.0キラーコンテンツ
19/07/27 小倉 12 3歳以上1勝クラス 芝1200 1581514.871** 牝3 52.0 松山弘平森秀行436(-4)1.08.6 -0.435.4トーホウビスカヤ
19/06/16 阪神 12 3歳以上1勝クラス 芝1200 1571333.3812** 牝3 51☆ 川又賢治森秀行440(-2)1.11.4 2.037.4ロードアクア
19/05/11 新潟 10 はやぶさ賞 500万下 芝1000 161221.3118** 牝3 54.0 団野大成森秀行442(+8)0.56.2 1.034.0--ナーゲルリング
19/03/10 中山 11 アネモネS OP 芝1600 1671433.1910** 牝3 54.0 松岡正海森秀行434(+4)1.35.5 1.136.6ルガールカルム
19/01/26 東京 10 クロッカスS OP 芝1400 1081023.688** 牝3 54.0 F.ミナリ森秀行430(-6)1.22.9 0.734.9ディキシーナイト
19/01/06 中山 10 ジュニアC OP 芝1600 104417.668** 牝3 54.0 岩田康誠森秀行436(-6)1.34.6 0.836.7ヴァッシュモン
18/09/29 中山 5 2歳新馬 芝1600 163672.881** 牝2 54.0 三浦皇成森秀行442(--)1.36.6 -0.035.1ココフィーユ

オトナノジジョウの関連ニュース

【Fレビュー】厩舎の話

2019年3月7日(木) 11:29

 アウィルアウェイ・高野調教師「戻ってからはいい調整ができている。肉体面がパワーアップ」

 アスタールビー・南井調教師「操縦性が高く、いいスピードがある」

 アズマヘリテージ・河内調教師「状態は上向き。前が流れれば」

 イベリス・角田調教師「引っ掛からないので乗りやすい。持ち前のスピードを生かしたい」

 ウィンターリリー・岩戸調教師「木曜に阪神に入りスクーリングする」

 ウォーターエデン・岡田調教師「中1週で馬なり。距離延長はいい」

 エイティーンガール・飯田祐調教師「先週しっかりやった。使いつつ体が増えているのもいい」

 オトナノジジョウ・高野助手「先週やって今週は軽め。ハナへ行く」

 キュールエサクラ・猿橋助手「ここ2走の勝ちっぷりが良かった。前走のデキは維持している」

 キュールエミヤビ・中尾調教師「動きは良かった。良馬場でやりたい」

 ココフィーユ・斎藤誠調教師「強めの調教後でもテンションが上がらず、落ち着いている」

 ジュランビル・寺島調教師「阪神7Fは3度目。攻め馬を積み、体つきが良くなってきた」

 ノーワン・笹田調教師「時計は出たし、好感触。舞台も合うと思う」

 プールヴィル・庄野調教師「予定より時計は速いが、反応は良かった。レースセンスがいい」

 ホウオウカトリーヌ・大野騎手「少し硬さを感じた前走よりもいいと思う。勝ちにいきたい」

 メイショウケイメイ・南井調教師「無理しないでこの時計。1400メートルでは安定している」

 ラブミーファイン・田所調教師「しまい重点。ひと息入れて、リフレッシュ効果を感じる」

 ラミエル・橋口調教師「使って雰囲気はさらに良くなってきた。1400メートルもこなせる」

 レッドアネモス・友道調教師「相変わらずいい動き。パワーがあるので馬場が渋ってほしい」(夕刊フジ)

★フィリーズRの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【Fレビュー】追って一言2019年3月7日(木) 05:08

 ◆アスタールビー・南井師 「いいスピードがある。操縦しやすいし、1400メートルも大丈夫」

 ◆アズマヘリテージ・河内師 「動きはよかったし、状態も上がっている。この距離で流れてくれれば」

 ◆イベリス・角田師 「放牧でリフレッシュして、いい雰囲気。折り合いもつくタイプで、距離も対応できそう」

 ◆ウィンターリリー・岩戸師 「状態は変わりない。木曜に阪神に移動し、スクーリングする」

 ◆ウォーターエデン・岡田師 「変わりなくきているし、距離が延びるのもいいと思う」

 ◆エイティーンガール・飯田祐師 「今週は整える程度。使いつつ体が増えて、いい状態」

 ◆オトナノジジョウ・高野助手 「先週しっかりやっているので、今週は軽め。理想はハナで、どこまで粘れるか」

 ◆キュールエミヤビ・中尾師 「馬場は軽かったけど、いい動き。良馬場でやりたい」

 ◆ジュランビル・寺島師 「反応もよく、いい動きだった。この条件で走っているし、前めにつけられるのも強み」

 ◆ノーワン・笹田師 「乗り役が乗って時計は出たけど、感触もよかった。舞台は問題ないし、権利を取りたい」

 ◆プールヴィル・庄野師 「予定より時計は速かったけど、反応はよかった。レースセンスのよさを生かしたい」

 ◆ラブミーファイン・田所師 「先週にある程度やっているし、しまい重点で。リフレッシュ効果は大きそう」

 ◆ラミエル・橋口師 「中2週だけど、使って雰囲気はさらによくなっている。1400メートルをこなしてくれれば」

 ◆レッドアネモス・友道師 「相変わらずいい動き。パワーがあるので、馬場が渋ればプラス」

★フィリーズRの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【報知杯フィリーズレビュー】特別登録馬2019年3月3日() 17:30

[もっと見る]

【2歳次走報】ブラヴァス、引き続き武豊騎手で若駒Sへ 2018年12月14日(金) 05:00

 ★阪神JF12着ローゼンクリーガー(栗・高橋亮、牝)は、フィリーズレビュー(3月10日、阪神、GII、芝1400メートル)とファルコンS(同16日、中京、GIII、芝1400メートル)のどちらかへ。

 ★エリカ賞2着ブラヴァス(栗・友道、牡)は引き続き武豊騎手で若駒S(1月19日、京都、OP、芝2000メートル)へ。

 ★2日の阪神未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったアーデンフォレスト(栗・藤原英、牡)は千両賞(23日、阪神、500万下、芝1600メートル)に向かう。

 ★8日阪神の未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったエスポワール(栗・中竹、牝)は、戸崎騎手とのコンビで1月5日中山の自己条件(500万下、芝2000メートル)に向かう。

 ★9月29日中山の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったオトナノジジョウ(栗・森、牝)は、紅梅S(1月14日、京都、OP、芝1400メートル)とジュニアC(同6日、中山、OP、芝1600メートル)の両にらみ。

★ブラヴァスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】ヴェロックス、東京スポーツ杯2歳Sへ2018年10月18日(木) 05:00

 ★栗東・中内田厩舎の動向は次の通り。野路菊S2着ヴェロックス(牡)は東京スポーツ杯2歳S(11月17日、東京、GIII、芝1800メートル)。9月16日の阪神未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったダノンファンタジー(牝)はファンタジーS(同3日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。8月19日の新潟新馬戦(芝1400メートル)を快勝したダノンジャスティス(牡)はデイリー杯2歳S(同10日、京都、GII、芝1600メートル)に向かう。

 ★6月17日の阪神新馬戦(芝1600メートル)を勝ったショウリュウイクゾ(栗・佐々木、牡)は引き続き浜中騎手で京都2歳S(11月24日、京都、GIII、芝2000メートル)を目指す。

 ★8月12日の札幌新馬戦(芝1800メートル)を勝ったミリオンドリームズ(美・藤沢和、牝)、僚馬で同18日の札幌未勝利戦(芝1800メートル)を圧勝したシェーングランツ(牝)はアルテミスS(27日、東京、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★7日の東京新馬戦(ダ1600メートル)を圧勝したメイクハッピー(美・新開、牝)はカトレア賞(11月24日、東京、500万下、ダ1600メートル)に向かう。プラタナス賞3着ラインカリーナ(美・武藤、牝)、14日の東京未勝利戦(ダ1600メートル)を勝ったセイカヤマノ(美・南田、牡)もカトレア賞へ。

 ★9月29日の阪神新馬戦(芝1800メートル)を勝ったゴータイミング(栗・松永幹、牡)は黄菊賞(11月11日、京都、500万下、芝2000メートル)と東京スポーツ杯2歳Sの両にらみ。

 ★13日の京都未勝利戦(芝1800メートル)を快勝したオールイズウェル(栗・佐々木、牡)は黄菊賞へ。ここには紫菊賞2着のロジャーバローズ(栗・中竹、牡)、3着ジョウショームード(栗・服部、牡)も参戦する。

 ★9月15日の阪神新馬戦(芝1600メートル)を快勝したビーチサンバ(栗・友道、牝)は藤岡康騎手と新コンビを組んでアルテミスSへ。ここには8月11日の札幌新馬戦(芝1500メートル)を圧勝したトスアップ(栗・池江、牝)も引き続き藤岡佑騎手で、9月9日の阪神新馬戦(芝1400メートル)を勝利したブラックダンサー(栗・高野、牝)も石川騎手と新コンビを組んで挑む。

 ★14日の京都未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったダノンシティ(栗・橋口、牡)は引き続き武豊騎手でベゴニア賞(11月25日、東京、500万下、芝1600メートル)へ。

 ★9月29日の中山新馬戦(芝1600メートル)を逃げ切ったオトナノジジョウ(栗・森、牝)はアルテミスSファンタジーSの両にらみ。

[もっと見る]

【2歳戦結果】ディアンドル、カンナS勝利 2018年9月30日() 05:02

 【中山】9RカンナS(OP、芝・外1200メートル)=ディアンドル(栗・奥村豊、牝、父ルーラーシップ)

 ◆モレイラ騎手 「ゲート内で集中させたのでうまく出られた。いいスピードがあって、しまいの脚もしっかりしていた」

 5R新馬(牝馬、芝・外1600メートル)=オトナノジジョウ(栗・森、父スクリーンヒーロー)

 ◆三浦騎手 「スタートして楽に行って逃げ切ってくれた。使ってさらによくなりそう」

 【阪神】9Rヤマボウシ賞(500万下、ダ1400メートル)=アールロッソ(栗・松下、牝、父サウスヴィグラス)

 ◆松山騎手 「馬なりでハナに立つくらいのいいスピードがあります。先々が楽しみです」

 *状態次第だが、エーデルワイス賞(10月16日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)が視野に

 5R新馬(芝・外1800メートル)=ゴータイミング(栗・松永幹、牡、父ディープインパクト)

 ◆武豊騎手 「まだ幼いけど、素質だけで勝った感じ。レースは思ったより流れに乗れて、きょうだいの中では一番レースがしやすかった」

 *全兄に今年の仏GIIIメシドール賞を制したジェニアル

 6R新馬(ダ1800メートル)=キンゲン(栗・松田、牡、父ゴールドアリュール)

 ◆池添騎手 「スタートは速くなかったけど、向こう正面では余裕をもって追走できました。初戦の内容としては良かった」

 2R未勝利(牝馬、芝・内1400メートル)=ドナウデルタ(栗・石坂正、父ロードカナロア)

 ◆ルメール騎手 「楽勝でした。この走りならマイルもいけそうです」

 *母はジェンティルドンナの全姉で2012年GIII京都牝馬S、同関屋記念優勝馬ドナウブルー(父ディープインパクト)

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

オトナノジジョウの関連コラム

閲覧 855ビュー コメント 1 ナイス 6



先週は、30(日)に中山競馬場でG1スプリンターズSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1スプリンターズS当日は、阪神競馬が中止(10/2に再延期し、開催)となるなど、迫りくる台風24号によって施行が危ぶまれる状況での開催。レース直前には本降りの雨が降りだす中、稍重発表で全16頭がゲートインの時を迎えます。今年の高松宮記念覇者ファインニードルが1番人気の支持を集め、2番人気にはナックビーナス。この2頭だけが単勝ひとケタ台という“2強”様相のオッズを形成し、以下3番人気ワンスインナムーン、4番人気レッツゴードンキ、5番人気に3連覇を狙うレッドファルクスが続く構図。
迎えたスタートでは、ラブカンプーナックビーナスワンスインナムーンあたりが好発進を決め、一方でダイメイプリンセスヒルノデイバローキャンベルジュニアといったところは後方から。きっちりとスタートを決めたファインニードルは、行きたい馬を行かせる格好で中団を確保。隊列は、しばらく併走状態が続いた後にワンスインナムーンがハナを奪い、2番手ラブカンプー。3番手以下は、ナックビーナスラインスピリットセイウンコウセイまでが先行集団を形成し、馬群が途切れてアレスバローズファインニードルヒルノデイバローラッキーバブルズスノードラゴンキャンベルジュニアと中団グループ。後方にかけてはダイメイプリンセスレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフが続き、最後方をムーンクエイクの追走となって全16頭が3コーナーに突入していきます。
逃げるワンスインナムーンのリードは3馬身ほど。ここから4コーナーにかけて、ラブカンプーを中心に後続が差を詰めにかかって馬群はひと塊に。ファインニードルは依然中団外目の位置取りで4コーナーを回って直線を向きます。粘り込みを図るワンスインナムーンの直後からは、内ラインスピリット、中ラブカンプー、外ナックビーナスの態勢で3頭が差を詰め、その後ろからはセイウンコウセイヒルノデイバローあたりが追撃。さらにその後方外を通って、力強い伸び脚で迫るファインニードル。最内からはダイメイプリンセスも脚色良く伸びてきます。
残り100mでラブカンプーワンスインナムーンを交わして堂々の先頭へ。そして、エンジン全開のファインニードルは、先頭から4~5馬身ほどのところまで浮上。徐々にラブカンプーが苦しくなると、射程圏に入れて猛追するファインニードルは貫禄の伸び。結局、その勢いのままにファインニードルがゴール直前で差し切りを決め優勝。スプリントG1春秋制覇を達成しています。クビ差2着に11番人気ラブカンプー。さらにそこから1/2馬身差の3着には、内で窮屈な競馬になりながらラスト50mで馬群を割って浮上した13番人気ラインスピリットが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロはははふほほほプロら計5名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
29(土)の中山5Rで、◎オトナノジジョウ(単勝72.8倍)-○ココフィーユ(単勝20.0倍)-△キャルスカイ(単勝26.6倍)で的中し、3連単6513.9倍を含む計68万510円払戻しのビッグヒットを記録しています。週間トータルでは、回収率161%、収支トップの28万8,400円大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
29(土)阪神9R、30(日)中山6R、2(火)阪神7Rなどで引き続きの好調予想を披露。しり上がりに調子を上げた先週は、開催3日間のトータル回収率107%としプラス収支をマーク。これで4週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
29(土)を、中山8Rなどの的中で的中率34%、回収率151%。30(日)を、中山2RG1スプリンターズSなどの的中含む的中率66%、回収率117%。2(火)を、阪神4R的中含む的中率54%、回収率119%と、3日間全勝を達成。週間的中率47%、同回収率145%の安定した成績で先週を終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
29(土)のG3シリウスSを◎○△の本線的中!計15万5,140円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。他にも、2(火)の阪神7R的中などで活躍を披露しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連単プリンスプロ(189%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(129%)、導師嵐山プロ(115%)、おかべプロ(106%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

オトナノジジョウの口コミ


口コミ一覧

やむを得ない事情

 イータン 2020年2月6日(木) 00:16

閲覧 358ビュー コメント 9 ナイス 98

オトナノジジョウなら競走馬で知っていますが、やむを得ない事情ってなんなんですかね?

【厚生労働省は5日、中国湖北省武漢市からチャーター便で1月末に帰国し千葉県のホテルなどに滞在している邦人のうち、計11人がやむを得ない事情で国内の自宅などに戻ったと明らかにした。健康状態の確認は続ける。厚労省によると帰宅したのは1月29日に帰国した第1便の1人、30日の第2便の8人、31日の第3便の2人。詳しい理由は明らかにしていない。】

無症状の保菌者は存在して人から人に移ること事が明らかになっているのに、やむを得ない事情で帰していいんですかね?11人も・・・。皆さんそれぞれ事情があり、帰りたくてもガマンしているのに・・・。きちんと明確なルールを設けるべきです。その事こそ「やむを得ない事情」ではないでしょうか。もし、この様な件で新型肺炎が国内に拡散した時はいったい誰が責任を取るのですかね。競馬どころではなくなってしまいます・・・。(゚o゚;;

 グラニースミス 2019年11月20日(水) 11:35
ネーミング ~ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス GⅢ~ 
閲覧 373ビュー コメント 15 ナイス 84

競馬の楽しみ方は、馬券を当てる以外にも色々とあります。
私は予想している時間が、実際のレースよりも楽しく感じます。現在と過去の競馬番組表を比べ、未来の競馬番組表を想像している時間は、至福の時間です。

また、馬名も楽しみのひとつで、小田切オーナーはとても有名ですが、特に ”オマワリサン”が逃げて勝った時は大爆笑しました。また以前日記にも書いた 内田玄洋オーナーの “オトナノジジョウ” 父スクリーンヒーロー 母リャクダツアイ は、静かに忍ぶ気持ちで追いかけています。最近の注目は、京都馬主協会のHPで、岡浩二オーナーが馬名募集のキャンペーンなどをされており、”ノストラダムス”はかなり熱く応援しています。

そういえば昔、高州院長の”イエスタカス” が審査却下の騒動があったけれど、今でも ダッシングブレイズの名前を見かけると、いつもクスクスしてしまい、ホリエモン(当時の馬主はあのお方)が走っていた時は、どーしてもアレルギー反応が起きた。電車の中刷り広告で、某超激安脱毛エステを見ると「昔はねぇ~」となり、今、密かに行く末を気にしている馬は、●汁●子の元馬です。(馬主さんが変わっているのでヤメときましょう)

~第6回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス GⅢ~
5回京都7日目 芝・右 2000m サラ系2歳オープン (国際)(指定) 馬齢
(このレースの条件変更などはありません)

ナリタブライアン、アドマイヤドン、エイシンチャンプ、ヴィクトワールピサ、エピファネイア と誰でも知っている馬たちが、京都2歳Sの時には輩出された出世レースでした。しかし、番組変更で、暮れのラジオNIKKEI杯(これも出世レース)と合体して名前が変わってから、5年間活躍馬が出なくなりました。なんて思っていたら、今年の京都大章典で、ドレッドノータスが11番人気で激走して勝ちました。

今年の秋の2歳重賞は、京王杯2歳S以外全て、1戦1勝馬が勝ちまくっています。
第5回 サウジアラビアロイヤルカップ GⅢ馬齢  サリオス → 新馬55 1着から直行
第8回 アルテミスステークス GⅢ牝馬齢 リアアメリア → 新馬54 1着から直行
第55回 京王杯2歳ステークス GⅡ馬齢 タイセイビジョン → 新馬54 1着 → GⅢ馬齢54 2着から
第24回 KBS京都賞ファンタジーステークス GⅢ馬齢 レシステンシア → 新馬54 1着から直行
第54回 デイリー杯2歳ステークス GⅡ馬齢 レッドベルジュール → 新馬54 1着から直行
第24回 東京スポーツ杯2歳ステークス GⅢ馬齢 コントレイル →新馬54 1着から直行

しかし、登録馬に1戦1勝馬は不在です。
さらに登録馬9頭のうち、他のレースと同時登録2頭、想定騎手が未決2頭で、なんとなく9頭での成立は難しそうなので、マイルール(枠連の発売しないレースは参加しない)で参加を回避しようかなぁと思います。

このレースは、名手に注目して観戦しようと思います。
2019年9月22日の阪神競馬場で行われたジョッキーフェスティバル内のトークショーで、ロックバンド「クイーン」の映画である「ボヘミアンラプソディ」にハマって、そこから名付けたと語っていました。当初は、ラプソディという名前で申請したらしいのですが、通らずフィーリングで、マイを頭につけてマイラプソディという名前になったらしいです。騎手が命名するのは、珍しいことじゃないですかね?

さっき、来年の新入社員の名簿を見ましたが、ひとりも名前を読めませんでした。(笑)


では

[もっと見る]

 グラニースミス 2019年10月29日(火) 12:35
ケープコッド ~ファンタジーS GⅢ~ 
閲覧 324ビュー コメント 7 ナイス 67

最近、あの” オトナノジジョウ “ から馬名の意味を調べることが趣味になりました。
やはり、馬主さんの考えや想いを知ることができ、新たな競馬の楽しみになりつつあります。
今週のファンタジーS出走のゴドルフィンの ケープコッドは エルメスのレディースの腕時計 不朽の名作と言われる「ケープコッド」にちなんでいるかと思っていましたが、JRAのHPでは馬名意味 マサチューセッツ州に存在する半島の名前 となっていました。

アメリカ合衆国東北部のマサチューセッツ州東端を形成し、バーンスタブル郡のほぼ全域に相当する腕の形をした半島一帯の高級リゾート避暑地のことです。

地名の由来は、移民の歴史を持つエリアでもあるため、過去には地名を決めるためにちょっとした争いごとがあったのだとか。
舞台は1680年のケープコッド。
この土地にイギリスから2隻の移民船がやってきて降り立ったそれぞれの船長は、自分の名前を入れた地名をつけようとしましたが、どっちも譲らず話し合いが長引いてしまいます。
なかなか地名が決まらないことに見かねた群衆の女性が、水中で泳いでいるコッド(タラ)を見て声をあげました。
「ねぇ、船長さん!私たちみんな腹ペコよ。ケープ(岬)コッド(タラ)村と呼ぶことにしましょうよ。」
船長や群衆はこの提案に賛成し、この土地は「ケープコッド」と名付けられたらしいです。
ゴドルフィンもエルメスもこの高級リゾート避暑地にちなんで、名付けたのではないかと推測します。
ケープコッドの雰囲気は、東京ディズニーシーのレストラン「ケープコッド・ クックオフ」で感じることが出きると思います。

競馬の話をすると、このレースは2013年まで5回京都3日目でしたが、2014年から、5回京都1日目に変更されました。変更された年に、14番人気のクールホタルビが1着になり、馬連20,040円の波乱となりました。2020年には、5回阪神1日目に変更されます。何かあるかもしれません。
ケープコッドは、新馬戦でレッドヴェイパーにハナ差負けました。未勝利戦勝利後、函館2歳Sを除外されて、すずらん賞を快勝しています。

登録を見ると、収得賞金1,000万は、ケープコッドとエレナアヴァンティ、900万ヤマカツマーメイドで、他は新馬か未勝利を勝った1勝馬です。ここは、スカッと勝って阪神JFに行って欲しいです。

では

[もっと見る]

⇒もっと見る

オトナノジジョウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

オトナノジジョウの写真

投稿写真はありません。

オトナノジジョウの厩舎情報 VIP

2020年1月5日4歳以上2勝クラス16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オトナノジジョウの取材メモ VIP

2019年8月17日 戸畑特別 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。